咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

落語家「春雨や落雷」師匠の口演から・・・

2014-04-30 21:09:15 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 先般、医師でありながら落語家で真打にまで昇進された「春雨や落雷」師匠をお招きして、元職場のOB会10周年記念口演を開演。
 なお、師匠は日本で唯一医師免許をもった真打の落語家。

 「お達者落語会」と銘打った落語と講話を年100回程度、全国でなさっているとのこと。
 その腕前は相当に磨きこまれたものである。
 口演会に参加した面々は、我を忘れて落語の世界に引き込まれ、お腹を抱えて笑っていた。
 もちろん、当方もその一人。

 師匠は子供時代から落語が好きであったとか。
 後年、医師を目指す傍ら落語家の夢が捨てきれなかったのであろう。
 医師としての腕前も一流。
 当方の娘も小学校時代、顔に無数のほくろがあり、レーザー手術で綺麗に除去していただいている。

 ところで、口演の方は、2部構成になっていた。
 楽しい古典落語の後は5分間の休憩。
 その後、健康講話が行われた。

 演目の内容は、“笑いと健康”である。
 テレビ番組とかメディア情報などにより、笑いがあれば病気も退散といった話を聞いたことがある。

 師匠の講話は、まさにそのことであった。
 人は笑うことによって、免疫細胞である「NK細胞(ナチュラル・キラーさいぼう)」が増えるとのこと。
 NK細胞とは、“腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要”な働きをする細胞とのこと。
 つまり、この細胞が増加するということは、人間の本来持っている自然治癒力を高めることにつながる。
 人間の身体には、毎日がん細胞ができて、毎日の食生活や運動などの日常生活でそのがん細胞が消滅しているとのこと。
 その消滅を手助けするのが、NK細胞などであるとか。

 「まじめ・融通が効かない・几帳面」な性格の人。
 「いいかげん・無頓着・ちゃらんぽらん」な性格の人。
 「自己犠牲型・相手のことばかり考えて行動・仏のようなと揶揄」のような性格の人。
 このような、タイプ別のグループとがんとの関係性・・・なども、分かりやすく話された。

 笑いと健康に関する数々の症例、全国を口演して歩かれた際の有意義な話。
 もりだくさんの内容をおもしろ、可笑(おか)しく話される。
 1日、何回か思い切って笑いなさい・・・と。

 参加者も、落語で笑い、健康講和でも大いに笑った。
 とても、いい勉強になった・・・感謝、感謝

 昔から、「笑う門には福来る」という諺がある。
 その意は、「いつもにこやかに笑っている人の家には、自然に幸福がやって来る」ということであろう。
 ・・・が、その福とは“健康である喜び”と、解釈したい。

 これからの人生は、眉間に皺(しわ)を寄せることよりも、眼尻に皺(しわ)を寄せる生活を楽しみたいものである。(夫)


(花でも愛でて・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

TBS情熱大陸「チーム・キズナ」・・・

2014-04-29 22:45:05 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 来る4日(日)、2マイルの長丁場である伝統の一戦“第149回天皇賞(春)”が開催される。
 開幕2周目の京都競馬。
 芝外回り、3コーナーの長い坂を2度も超えるタフなレース。
 競走馬と鞍上が人馬一体となって、他馬との駆け引きをしながら展開する見ごたえ十分のレース。

 ここに人気を背負いながら、2013年のダービー馬・キズナ(牡4 栗東・佐々木晶)が出走。
 父は史上2頭目の無敗のクラシック三冠馬・ディープインパクト。
 鞍上はデビューから2戦手綱をとった佐藤哲三騎手であったが、不運の落馬事故以来、武豊騎手に乗り替わっている。 
 昨年のダービーでは、父と仔2代にわたるダービー馬に輝き、その鞍上が同騎手であった。
 武豊騎手の思い入れも、人一倍大きいものであったと思われる。

 27日(日)TBS系列で放送された情熱大陸“チーム・キズナ”では、1年にわたって取材記録がなされたものであった。
 録画しており、じっくり観賞し堪能した。
 昨年の凱旋門賞に挑戦し4着、その年の有馬記念は体調不良で出走回避。

 今年の始動戦となる「産経大阪杯」を目標に、隣県にある大山ヒルズ(鳥取県伯耆町)において調教されている模様が克明に描かれていた。
 大山ヒルズで連日しっかりとケアされ、鍛え上げられたフォルムは輝きに満ちている。
 盛り上がるところに筋肉が盛り上がり、研ぎ澄まされた馬体の美しさに魅せられる。

 そして、「産経大阪杯」に出走するため、大山ヒルズから馬運車に乗せられ多くのスタッフに見送られ一路栗東トレーニングセンターへ。

 そのレース、7頭立てながら菊花賞馬のエピファネイア(牡4 栗東・角居勝)、オークス馬のメイショウマンボ(牝4 栗東・飯田祐)などが出走。
 阪神の芝内回りの2000メートルのレース、直線が短いコース形態。

 ところが、キズナは最後方からの競馬。
 後方3番手のエピファネイアをマークしながら追走。
 3、4コーナー中間でも先団を形成する3頭と後団の4頭は10馬身も離されている。
 4コーナーから直線に向くと一気に馬群も圧縮され、先にエピファネイアが追い出してきた。

 最後方のキズナも追い出しにかかった。
 残り200の坂下から、メンバー最速の33秒9の末脚でキズナが、エピファネイアや先頭で逃げ込みをはかるトウカイパラダイスなどの各馬をごぼう抜き。

 終わってみれば後方待機のキズナが、2着馬トウカイパラダイスに1馬身2分の1の着差をつける快勝でゴールイン。
 1番人気のエピファネイアは、0秒3差の3着に敗退。
 キズナのオーナー、大山ヒルズの調教スタッフ、厩舎関係者などの歓喜の声援が画面を包んでいた。

 天皇賞(春)では、1番人気に支持されるものと思われる。
 今回はイチオシで応援するかな・・・。
 鞍上もここのところ、気力充実なのか昔の武豊騎手に戻ってきている。

 至福の30分番組であった。(夫)


(出典:JRAVAN NEXT抜粋・・産経大阪杯勝利馬キズナ)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

土日のブログ予想的中・・・良かった

2014-04-28 22:30:11 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 春のG1レースの谷間となっていた27日(日)、東京と京都において重賞レースが組まれていた。

 東京競馬場のメインレース「フローラS」。
 関西版・サンスポの競馬欄の一面に同レースの馬柱が掲載。
 異例のことであるが、さすがは同社の冠レース

 ところで、その前のレースで1番人気のマジックタイム(牝3 美浦・中川公)の鞍上・後藤浩輝騎手が、落馬負傷のハプニング。
 そのため、杉原誠人騎手に急遽乗り替わりとなった。
 一瞬、ブランネージュ(牝3 栗東・藤原健)にチャンス到来の文字が浮かんだ。

 各馬ゲートイン。
 ファンファーレが鳴り響いた。
 イチオシのブランネージュが、最良のスタートを決めてインの3番手に控えた。
 追っかけ馬のサングレアル(牝3 栗東・松田博)は、マイナス4キロで414キロの馬体重。
 ブエナビスタの半妹の同馬、パドックでちょっと細いかなと思うも・・・元気はいい。
 鞍上の岩田康誠騎手は、後方5、6番手に控えて末脚を温存する競馬。

 マイネグレイヴィル(牝3 美浦・和田道)が、大方の予想の通り先手を主張。
 鞍上乗り替わりのマジックタイムは中団後方から追走。
 ハピネスダンサー(牝3 栗東・高野友)、マローブルー(牝3 美浦・堀宣)は、早めの5番手から・・・。

 最初の1000メートル1分0秒7の平均ペース。
 4コーナーから直線に向いた馬群の中から、ブランネージュが先頭に躍りでるような脚いろ。
 残り400でマイネグレイヴィルを交わしにかかった。
 あと200、ブランネージュが先頭で坂を駆け上がる。
 よし、よ~し・・・タレるな。

 後方に控えていた白帽子のサングレアルが、大外から一気に追い込んできた。
 2頭の馬体があって、ゴールまで叩き合いが続いた。
 ウマレンは決まった。
 差されるな、辛抱、辛抱・・ブランネージュ。
 う~ん、サングレアルが僅かに交わしたように見える。
 さすがは、ブエナビスタの半妹である。

 前の2頭を目で追っていた当方、3着には橙の帽子が残ったようにも一瞬見えた。
 ところが、8枠17番のとんでもない牝馬が突っ込んでいた。
 上位3頭がオークスで、ハープスターに挑戦することとなった。

 それでも、高配のウマレンゲットなので・・・まずまず。
 一昨日、昨日とブログが的中し一安心。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

[追 記]~マイラーズC~
 京都競馬場のマイラーズCでは、今年からその1着馬に安田記念の優先出走権が与えられるとのこと。
 出走各馬にとっては、権利獲りのためガッシュで挑んでくる。
 1番人気のフィエロ(牡5 栗東・藤原英)、この距離4-0-0-1、このコース1-1-0-0でほぼ当確と睨んでいた。

 レースの方も、鞍上がうまく5、6番手につけて追走。
 最後の直線、早めに動いたワールドエース(牡5 栗東・池江寿)を直線半ばで交わして、ゴールインと見ていたが・・・。
 武豊騎手が、フィエロに懸命にムチを入れて追い出すも、脚いろが同じになっている。
 結局、0秒2差(1馬身4分の1)の2着とは・・・。
 A.シュタルケ騎手の好騎乗で、レコード決着のワールドエースが安田記念への切符をつかんだ。


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

咲の部屋・・・牡丹も開花

2014-04-27 22:00:00 | 日記
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 今年も紅白の牡丹が、暖かい陽気に誘われて次々と開花した。
 それぞれの株に蕾(つぼみ)が11個も付いていたから・・。
 満開になると何とも豪華。
 家の横にあるため、居間からは見えず、切り花を飾り楽しんでいる。

 前日は、姉たちと親戚の山で筍を収穫。
 昨夜から、その始末が大変
 それでも、旬を楽しめるから・・・。(咲)


(今年の写真)


(昨年の写真・・切花の前)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント

第49回サンスポ賞フローラステークス・・・この一頭

2014-04-27 14:35:41 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 ゴールデンウィークの前半に入った昨日、ダイハツ自動車のCMで一躍有名になった「ベタ踏み坂」。
 ゴールデンウィークの期間中は、人出も増えるとのことで臨時駐車場もオープン。
 すると、早速たくさんの車で埋まっていた。
 ウインズの行き帰り、物凄い人出に遭遇。
 ところが、信号のない横断歩道の中途で立ち止まって写真を撮るから、渋滞の原因ともなっている。
 マナーが守れない輩がいる

 さて、競馬の話。
 昨日の東京メイン「メトロポリタンS」、応援しているミキノバンジョーが果敢に先手を主張。
 前半の1000メートル1分1秒7の平均ペースに持ち込んで、逃げ脚を伸ばしている。
 4コーナーから直線に向かった。
 イチオシのラブリーデイが、残り400の手前で追い出しをかけるが、フラついてエクスペディションに接触。
 鞍上のA.シュタルケ騎手がバランスを崩すも、何とか立て直し強烈な末脚を発揮。
 インでは、逃げるミキノバンジョーを終始番手追走のアドマイヤバラードが捉えて先頭に・・・。
 ミキノバンジョーも久々に先手を主張し、最後まで踏ん張っていたが・・・0秒9差の8着。

 残り200を切ると、外から一気にやってきたラブリーデイが、あっという間にアドマイヤバラードを交わして、そのままゴールイン。
 2着がアドマイヤバラードでは・・・いかん、いかん。
 すると、大外後方から、ピンクの帽子の2頭が、グングンと追い込んでくる。
 外のプロモントーリオの脚いろがいい、あっという間に2着に上がった。
 ちょっと、不可能かと思われる位置から追い込んできた。
 よーし、3着はアドマイヤバラードでも、外のダービーフィズのどちらでもいい。

 本日は、サンスポ賞という冠のフローラS。
 サンスポ・エイトファンの当方・・・的中したい。
 1着馬がオークスに優先的に出走できる。

 ここは、仕上がりのいい人気上位馬がいるが、イチオシには前走の競馬が最高によかった5番ブランネージュに決めた。
 前走終始3番手から追走。
 最後の直線、内と外から寄られて前が詰まっている。
 ところが、怯むこともなく、少し開いたところをこじ開けるように割り込んで、一気に加速しそのままゴールイン。
 あの勝負根性に惚れた。
 ここは、何としても権利をとってほしい。

 相手筆頭は、仕上がりのいい人気馬7番マジックタイムを狙いたい。
 ここでキッチリ勝ち上がり、今度こそオークスでハープスターを倒したいとか。
 折り合いの心配はないので、距離はOKとのこと。

 追っかけ馬の2番サングレアル、1勝馬にとっては何とか権利を獲りたいところ。
 ブエナビスタの半妹なもので、POG`13の指名馬の1頭。
 力はあると思っており、頑張ってもらいたい。

 二千で2-0-0-0の6番ハピネスダンサー、無理なくいいところにつけられる好枠をゲット。
 最終追い切りも時計を出しているとか。
 これはいいね。

 そのほか、デビュー戦でマジックタイムを抑えている8番マイネグレヴィル
 開幕週なら、マイペースで逃げて渋太く粘り込まないか。

 ディープ産駒の15番マローブルー16番イサベルの2頭。
 外枠過ぎるが、脚をためて大外一気でどこまで・・・。


(我が家愛用・デロンギ社のコーヒーメーカーで美味しい珈琲を・・・)


予想レース


 東京 11 R  5 ― 7,2,6,8,15,16     ウマレン6点。

     もしくは

         5 ⇔ 2,6,7 ⇒ 2,6,7,8,15,16     3レンタンフォーメーション30点。

            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


[追 記]~京都マイラーズC
 昨日の京都メインで1番人気を裏切った武豊騎手。
 本日のこのレースでも1番人気5番フィエロに騎乗。
 ここは、アタマ固定で間違いないと思っている。

 相手は、4,6,7,10,11,12の6頭。
 特に10番カオスモスには・・・厚くいきたい。
 同馬には、念のため裏表。


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (4)

東京競馬「メトロポリタンS」・・・この一頭

2014-04-26 10:59:20 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 一昨日、OB会10周年記念の特別口演、“春雨や落雷”師匠の落語と健康講座。
 大いに笑った楽しい時間、その後の懇親会。
 この日は、参加者も多く賑やかな会となった。
 その流れで、有志で二次会へ。
 帰宅すると午前様寸前の時間帯、そのため昨日は頭がボーっとしていた。
 午後を回ってから、畑の雑草取り。
 前夜の不摂生で、かなり、きつい仕事に思えた。

 さて、競馬の話。
 東京競馬場のハンデ戦のオープン「メトロポリタンS」、芝の2400で行われる。
 ここに追っかけ馬が2頭出走。
 そのうちの8番ラブリーディの前走、終始中団から追走し直線に向くと外に出して追い出した。
 外からやってきた勝ち馬と馬体を併せての叩き合い。
 内からも1頭突っ込んできた。
 結局、内と外に挟まれる格好で、伸びきれずハナ、クビ差の際どい3着。
 今回はオープン特別の1戦。
 ここなら、連を外すことはないであろう。

 「厩舎で乗り込んできたが、引き続き動きはいい。重賞の前走でも差のない内容。折り合いさえスムーズならチャンスはあると思う」とは、陣営の意気込みである。

 相手には、この距離2-1-0-0、このコース2-0-0-1と相性もいい11番プロモントーリオ
 ハンデも54キロと手ごろなところ、昇級のここでもうまく流れに乗ってゴール前詰めてほしい。

 トップハンデ対の3番サトノアポロ、人気上位の同馬なら仕方ない。
 前走久々のレースで、今回2走ボケも懸念とする評価もあるけど・・。

 もう1頭の追っかけ馬4番ミキノバンジョー、今回は1キロ減の55キロは歓迎。
 久々の前走が、着順以上の内容との陣営。
 暖かくなって、走れる態勢になっているか・・・。

 そのほか、オープン特別なら力的にも十分チャンスありとの9番エクスペディション
 開幕週の馬場にも期待とか。

 ハンデも54キロと手ごろな10番ダービーフィズ、オープン特別なら好戦必至とか。

 昇級戦となる2番アドマイヤバラード、斤量53キロなら侮れない1頭。




予想レース


 東京 11 R  8 ⇔ 3,4,11 ⇒ 2,3,4,9,10,11     3レンタンフォーメーション30点。

            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

今週は、G1レースの谷間・・・

2014-04-25 23:30:15 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 いよいよ本格的な春の到来、最高気温もグーンと上がってきている。
 庭先の牡丹の花も蕾(つぼみ)から、大輪の花へと楽しませてくれる。
 松の木陰には春蘭の可愛いやつも・・・。
 我が家の小庭も、徐々に華やかになるだろう。

 さて、競馬の話。
 今週は春のG1レースも一休み、その代り次週から7週連続G1レースが組まれている。
 サンケイスポーツ、競馬エイトなどフジサンケイグループの各紙を読んでいる手前、東京競馬場で行われるサンスポ賞フローラSには興味が湧く。
 27日(日)に開催の同レースは、オークスの前哨戦となるもので、3着までに優先出走権がもらえるとのこと。

 出走登録のメンバーを見れば、500万下クラスの賞金400万組から、900万、1600万以上の賞金を持ったメンバーが出走とか。
 ほとんどの面々が、3着までに食い込んで権利を獲りたいところである。
 レースの方も俄然緊迫し、展開も面白くなるであろう・・・。

 「後藤振り落した  追い切り 向かう途中」の見出しがデカデカのマジックタイム(牝3 美浦・中川公)。
 サンスポ調教評価Sは・・・水曜追いの段階でただ1頭。

 同馬は、先の桜花賞を蹴飛ばしてオークスに照準を合わせてきているとか。
 その前哨戦となるここでは、賞金的には間に合っているであろうが、キッチリ決めてハープスターに挑戦したい意向とのこと。

 イキのいい最終追い切りも、5F(ハロン)67秒1、ラスト1F12秒8と絶好の動きらしい。

 このレースでは、フラワーC組の活躍も目立つとのこと。
 そのレース2着であったマイネグレヴィル(牝3 美浦・和田道)の最終追い切りもグー・・・とか。

 「これぐらいやろうと思っていました。指示通りですし、体調はいいですよ」と、コメントの和田正道師とか。

 栗東組もいい動きのメンバーがいる。
 追っかけ馬でブエナビスタの半妹・サングレアル(牝3 栗東・松田博)も良かったとか。

 「いい調整ができた。少し間隔は開いているけど、小柄な馬だし、仕上がりはいい」と、コメントの松田博資師とのこと。
 はやり気になる血統背景の同馬、ここは賞金加算のためにも・・・頑張ってほしい。

 当方がもっとも気になる馬は、先週ついに801勝を達成した秋山真一郎騎手が騎乗するブランネージュ(牝3 栗東・藤岡健)。
 同馬もサンスポ調教評価Aの1頭。
 シンボリクリスエス産駒の同馬、東京のこのコースも相性はいいかも・・・。
 桜花賞を除外になったが、気配は文句なくこの距離もいいとの評価。

 そのほか、木曜追いの関東馬のマローブルー(牝3 美浦・堀 宣)は、ディープの仔で鞍上もいい。
 軽快な追い切りであったとのハピネスダンサー(牝3 栗東・高野友)など、気になる馬たちも多数出走で楽しみである。

 日曜日の京都メイン「マイラーズC」も好メンバー集結とのこと。(夫)



参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

ブログの毎日更新とランキング・・・

2014-04-24 23:14:10 | 日記
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 本日は、夕刻からOB会の10周年記念と定例総会。
 イベントとして医師で落語家である「春雨や落雷」師匠の口演を予定。
 健康問題が題材と思われる。

 当方が勤務していた職場は、41年前に創立の団体で昨年は40周年記念行事が執り行われた。
 したがって、退職者会も産声を上げて・・・やっと、10年ということ。
 現役の皆さん、懐かしいOBの皆さんとの親睦となろう。
 そして、懇親会で打ち上げとなる。

 さて、午年の今年に入って、イの一番にブログに書き込んだ抱負。

 「ブログの毎日更新とブログランキング、1度でいいから1位になろう

 とにかく、毎日、毎日朝起きるとアクセス状況をチェック、夕刻までには翌日のブログのネタ探しとブログ作成が日課となっている。
 今年も早いもので、4ヶ月も終わりに近づいた。

 ここまで、取りあえず毎日更新を続けることができている。
 それは、取りも直さず健康であるからできること、そのことに感謝している。

 昨日、家内は元の会社のOB仲間のお誘いで、何度もグランドゴルフの練習に出向き、いよいよ本番の大会に出かけていた。
 昨年は600人くらいが参加であったと聞かされたらしい。
 今年も、凄い数の高齢者の皆さんであったと、帰宅後話していた。

 健康で元気であるから、沢山の高齢者の皆さんが参加できる。 
 一夜漬けのグランドゴルフの技では通用しなかったが、健康のありがたさを感じたとのこと。

 健康であるから、ブログも書ける。
 ブログをアップすることで、遠方にいる娘や息子の家族も安心しているらしい。
 明日以降も連日更新を・・・・

 ところで、昨秋から人気ブログランキングに本格的に参加。
 そのほかのランキングでも、これまでは2位が最高位であった。
 そのため、今年の抱負の一つに「1度でいいから1位に・・」なりたいと目標を掲げていた。

 それが、1ヶ月位前から、思わず1位に成れるようになってきた。
 本日は、遅れをとっているけど・・・。
 これもひとえにご訪問いただいた皆さま方のおかげであると・・・感謝、感謝です。

 お読みいただいて、何か心に残るものをと思いつつ書き込んでいるが、そうそうウマくいかないところが悩みのタネ。

 なお、抱負に掲げていた・・

 「競馬のブログ、3回に1回は的中させたい」

 このことは、至難の業であるが、何とか、何とか一歩でも近づきたいものである。

 今後とも、「咲とその夫」宜しくお願いいたします。(咲・夫)


(昨年の“なんじゃもんじゃ”の可憐な花・・・今年も蕾(つぼみ)がきている)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

続編が待たれる「妻は、くノ一」であった・・

2014-04-23 22:39:36 | レビュー
ドラマ「妻はくの一」・・・やるね
 昨日、久しぶりの農作業でいい汗をかいた。相変わらずの雑草には泣かされっぱなし・・・とは、家内の弁。 ところで、このブログでは、時代劇の事を何度も書いており恐縮である。時代劇フ...


ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 このドラマ、歌舞伎界のホープ・市川染五郎さんが演じる平戸藩士。
 その意外性のあるキャラクターが良かった。
 この役柄をいとも簡単に飄々と演じている染五郎さん、我が家では大ファンとなってしまった。
 何とも言えず、いいのである。

 また、元妻で実は隠密の妻を演じた瀧本美織さんのアクションにはびっくり・・・。
 うまい、うまい。
 お上手である。
 この女優さんは、隣県の出身ということもあって、贔屓目で応援。

 このドラマの続編が制作されるとの話しもあるとか。
 それは、楽しみなことである。(咲・夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント

韓国旅客船「セウォル号」事故から1週間・・・

2014-04-23 20:52:25 | 報道・ニュース
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 韓国の旅客船が転覆事故を起こして7日以上が経過。
 「23日午前11時現在、乗客乗員476人のうち死者は150人、不明者は152人となった」とのこと。
 修学旅行中の高校生が多数乗っており、行方不明者家族にとっては苦痛のおもいであろう。

 その大参事の実態も徐々に解明されている。
 分かればわかるほど、運航会社のずさんな運航管理と安全管理の欠如が露呈。
 事故対応に関わっている政府、海洋警察などの多くの機関の報道発表に再三の訂正があり、まことにお粗末である。
 このことは、行方不明者家族に不安と動揺を加速させるもので、我が国では到底考えられない。

 海難事故に対する豊富な知識と経験のある我が国の海上保安庁が、事故直後、韓国の海洋警察庁に救助活動支援を打診したところ・・・

 「申し出はありがたいが、現在、特段支援を要請する事項はない」と断られたらしい。

 人命救助優先どころか、他国のそれも反日の日本の手は借りられないという、現政府のつまらないプライドからであろうか。
 日本の支援を素直に受け入れていれば、もっと多くの韓国民が救われたと思われる。

 また、「セウォル号」の船長をはじめとする乗組員が、乗客の救助や避難指示をほったらかしで真っ先に逃げていたとのこと。
 我が国では、考えられない事態である。

 昨日の報道にこのようなものがあった。

 「珍島(チンド、韓国南西部)沖で転覆した旅客船『セウォル号』の運航会社が、乗組員に定期的に義務付けている避難訓練などをほとんどしていなかった実態が浮上している。韓国の捜査当局も運航会社のずさんな安全管理態勢が被害拡大につながったとみて捜査を本格化させる方針だ。一方、転覆状況が類似しながら犠牲者を一人も出さなかった日本での旅客船事故が韓国メディアで話題になっている」(出典:msnニュース抜粋)

 危機管理能力のない船舶運航会社、反日が一番で人命は二の次の時の政府。
 これらの犠牲になった多くの若者が、あまりにも可哀そうである。

 中国と連携して反日むき出しの韓国は大嫌いであるが、愚かな人間のために犠牲となった多くの若者たちの尊い命を思うと、とても痛ましいことである。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」・・・いいね

2014-04-22 22:39:11 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ

 19日(土)午後9時から、このキャッチコピーではじまった5回シリーズの「ロング・グッドバイ」。
 思わず、唸った。
 いいね、実に最高。
 どのように表現していいか分からない。
 映像がとに角、映画のように素晴らしい。
 初回「色男死す」を見終えて、1本の映画を見たような錯覚。
 もっとも、このタイトルはどうかと思ったけど・・。

 挿入されている音楽も最高。
 ハードボイルドのこのドラマ、まさに男のドラマを盛り立てている。

 平成26年度NHKが満を持して送り出したとの土曜ドラマ。

 「ハードボイルドの最高傑作と呼ばれ、フィリップ・マーロウという名探偵を世に送り出したアメリカの小説『ロング・グッドバイ』(レイモンド・チャンドラー作)のドラマ化」とのこと。

 制作者側も日本でドラマ化するなら、孤高の私立探偵はこの人以外には考えられないと指名。
 俳優・浅野忠信さん

 血は争えないものである。
 原作が米国の小説でもあるから、外国の雰囲気が全体に流れているが、浅野忠信さんがものの見事に演じている。
 違和感がまったくない。
 さすがである・・・制作者の意図が伝わってくる。

 脇を固める癖のある配役陣が、凄いからストーリー展開もうまくいっている。
 それ以上にドラマの舞台をつくり込んでいるNHKの美術スタッフ、物の見事なまでの完璧主義がディテールにまで行きわたっている。
 そのために演じる役者さんも・・・敗けていられないと意気込んでいるようだ。

 第1話を見終えて、次回以降のドラマ展開にも深みと謎を残しており、主人公の本当の活躍が見られるものと思っている。

 さすがに本物志向で作り込まれたドラマ、とても印象的で見ごたえがある。
 26日(土)の夜も楽しみになってきた。(夫)

参考資料:NHK 公式HP 他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

イスラボニータ・・・皐月賞戴冠

2014-04-21 22:20:20 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 これまですべて、左回りの広いコースで成績を残していたイスラボニータ。
 重賞2勝の同馬であるが、初の右回りでパワーを要すとされる荒れた中山コース。
 ここよりも府中2400のダービーの方が、向いているのではないかと思って4番手以下に下げていた。

 鞍上の中山芝2000の勝利数と連帯率が高いとのことを認識しつつも、いきなりここでクラシック制覇をするにはどうかと・・・思っていた。
 皐月賞のゲートが開いた。
 内枠から好スタートのイスラボニータ、1、2コーナー中間ではすかさず外にだして、終始中団から追走している。
 イチオシのトゥザワールドもスタートを決め、先手を主張したウインフルブルームの3番手に上がっている。

 最内枠を引いたワンアンドオンリーは、行き脚つかなかったらしく最後方から追走。
 ところが、平均ペースの流れもあってか、向正面から3コーナーに向かう直線で大外にだして中団へと上がって行った。
 1000メートルを60秒2の平均ペースで、レースが流れていた。
 4コーナーから直線に向くと、イスラボニータが楽な手応えで、先に動いたトゥザワールドに馬体を併せてきた。

 インで逃げ込みをはかるウインフルブルーム、そこへこの2頭が迫って先頭を奪う勢い。
 終始番手追走のアジアエクスプレスも懸命に頑張っている。
 後方から徐々に追い上げていたワンアンドオンリーが、一気に末脚を爆発させて先団へ・・・メンバー最速の34秒3。

 トゥザワールドとイスラボニータの2頭の叩き合い、一瞬トゥザワールドが盛り返すも、脚いろのいいイスラボニータがゴール前で突き放した。
 1馬身4分の1で2着のトゥザワールド。
 同一年の桜花賞と皐月賞を制することができなかった川田将雅騎手・・・残念。
 お疲れさん。

 皐月賞を制した蛯名正義騎手は、初の牡馬クラシック制覇とのこと。
 おめでとうございます。

 となると、1ヶ月以上先の競馬の祭典日本ダービーでは、二冠への道が大きく開いたことになろう。
 何しろ、得意の左回りの東京競馬場。
 2F(ハロン)伸びても、引っかかることもないようだから、ダ―ビー制覇も夢ではないかも・・・ね。
 そこに、トゥザワールドが立ちはだかることを願っている。

 馬券にならなかったことを悔やむも、今週も手に汗握る熱戦を見ることができた。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

第74回皐月賞・・・この一頭

2014-04-20 14:09:06 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 本日の中山競馬を最後に12月まで開催がないとのこと。
 年末には、改装された中山で暮れの大一番「有馬記念」が施行される。
 JRA60周年記念・第74回皐月賞をしっかりと眼に焼き付けておきたい。

 昨日のアンタレスSのイチオシ12番ニホンピロアワーズ、少なくとも2着は外さないと思っていたが・・・アタマ差の3着。
 最終の阪神12レース、3レンタンフォーメーションでは、武豊騎手が騎乗したオソレイユがハナ差で3着・・・。
 2着に残っていれば的中なのに、大きな魚を逃がしたショックを抱えながら、車に乗り込んだ。

 さて、クラシック三冠への第一歩「皐月賞」は、単勝10倍以下が6頭もいて、本当に難しいレースとなっている。
 有能な馬たちがこぞって出走、ここにバンドワゴンがいたらさらに混迷であろう。
 能書きはここまで、一番手の狙いは追っかけ馬17番トゥザワールドに決めた。

 「追い切りは3頭併せで内を回って先着。いい感じに仕上がった。前走は早めに動く形でややいっぱいになったが、改めて能力を示してくれた」とは、池江泰寿師のコメントとか。

 前走の弥生賞で直線一気の1番ワンアンドオンリーに詰め寄られながらも、そこはキッチリ抑えたところが素晴らしい。
 3、4コーナーから直線に向くと早めに動いたトゥザワールド、終始同馬をマークしながら追走し、一呼吸おいて一気に末脚を爆発させたワンアンドオンリー。

 番手には、最内枠に入ってしまったそのワンアンドオンリーを上げたい。
 関東圏域の中山競馬場なら、インコースでも鞍上・横山典弘騎手が好判断を示して、前走同様にゴール前一気に詰め寄る。

 一方、スプリングSを制した11番ロサギガンティア、データからも皐月賞を制する可能性が高い1頭。
 馬群の密集した中でもハミを噛み過ぎることもなく、ニュートラルな状態で鞍上の指示を受けることができるとの陣営。
 前走はM.デムーロ騎手の好騎乗もあったが、今回はベテラン柴田善臣騎手に戻って戴冠も・・。

 当方は、この3頭の巴戦と決断して攻めてみたい。

 そのほか、能力的にもかなり高いと思われる2番イスラボニータ、ここまで広い左回りのコース実績。
 初の小回りの右回りで、戸惑ってしまわないか。
 それでも、3着にはくるであろう。

 ここまで、6戦して着外なしの3番クラリティシチー、前走も0秒2差3着と渋太く権利を獲得。

 藤澤和雄厩舎2頭出しの内の紅一点、14番バウンスシャッセは中山コース2-0-0-0、この距離も1-0-0-0。
 斤量55キロであるが、牡馬換算57キロ。
 それでも、持ちタイムは一番であるから、牡馬を相手に厳しいが・・・3着にでも食い込むと面白い。

 2歳王者の16番アジアエクスプレス、前走から1F(ハロン)延長のこの距離がどうかであるが、陣営は大丈夫とのこと。


(目指せ・・七冠馬)

予想レース


 中山 11 R  1,11,17     ウマタン6点。

もしくは
        1,11,17 ⇒ 1,11,17 ⇒ 1,2,3,11,14,16,17     3レンタンフォーメーション30点。

            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント

お花たちも・・もう少し

2014-04-19 22:32:25 | 日記
咲の部屋・・・我が家の花々
 季節毎に咲く花を楽しみに庭の片隅に植えていたら、なんと30数種類もあった。 「春~秋までは水やりと草取り・・」「秋は冬に備えて鉢物の取り入れ」「冬から春は寒肥(追肥)」など。...

ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 小庭に霧島ツツジが少しずつ咲き始めている。
 モミジは、先日から綺麗に広がってきた。

 昨年の今ごろと比べると、全体に少し遅いように思える。
 小さな庭も可憐な花々が咲きそろうと気持ちもいいものです。
 
 今日も1日暖かい日差しに包まれて、穏やかな気持ちで過ごせるでしょう。(咲)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント

第19回アンタレスステークス・・・この一頭

2014-04-19 12:58:45 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 本日はとても暖かくなりそう・・。
 こうなると、PM2.5と黄砂も飛来するから、何とも困ったものである。
 中国の大気汚染対策は、一向に改善する気配もない。
 本当に迷惑千万な国であることは間違いない。

 一昨日、洗濯機の排水口騒動で、腰も少々かったるい。
 疲労をためすぎないよう気をつけないと。
 ギックリ腰を誘発するから・・くわばら、くわばら。

 さて、競馬の話。
 明日は、皐月賞が開催される。
 最内枠を捌くことの上手い横山典弘騎手が、騎乗する1番ワンアンドオンリー。
 栗東坂路を駆け上がる姿、胸前の筋肉の盛り上がりにホレたね。
 今回も外枠に、桜花賞のようにあせらず、男気のある騎乗の川田将雅騎手が、17番トゥザワールドを好リードするであろう。
 この2頭にどの馬が絡んでくるかと、今夜はその検討に没頭するであろう。

 その前に本日の「アンタレスS」を検討して、明日の資金づくりをしたい。
 ・・と、いうことで、ここはやはり58キロを背負っても、12番ニホンピロアワーズが中心。
 強敵のいないここでは、主役を張れる存在。
 昨年は斤量59キロで0秒1差2着、同馬にとって今回の58キロは問題外。

 最終追いに跨った酒井学騎手、「馬がうなっていた。日程的にも、がっつりやる必要はないでしょう。G1で戦ってきているアワーズの力を信じて乗るだけです」と自信たっぷりのコメントとか。

 相手には、最終追い切りがとても良かったとの16番ゴールスキー、大外枠に入っているが、このレースの8枠はデータ的にもいいらしい。
 人気もそこそこなので、面白い存在。
 あと1F(ハロン)、頑張ってもらいたい。
 鞍上も本日あたり、勝ち鞍増産のころかも・・。

 小牧太騎手を背にCWで一番時計を叩いたとの10番ナムラビクター
 当方、同騎手との相性が悪くて、3番手に下げてしまった。(笑)
 今の同馬なら、逆転も大いに考えられる充実ぶりとか。
 斤量据え置きの56キロも魅力との評価。

 阪神コース4-1-0-0と、連を外していない8番エアハリファ、距離も3-3-2-1とバッチリ。
 斤量は1キロ増の56キロであるが、相性のいいコースでハジけると思いたい。

 そのほか、斤量2.5キロ減で動ける態勢との11番グランドシチー
 鞍上が怖いもので・・。

 心身ともに成長してきたとの13番ソロル
 日本の競馬も慣れてきたと思われるが、成績がイマイチのE.ペドロサ騎手の奮起に期待。

 同型の多い中、最内で先手を主張してどこまで行けるか1番トウショウフリーク、馬券の対象に渋太く残ってほしい。


(あと1週間もすれば、我が家も牡丹が咲く頃・・・昨年の牡丹)


予想レース


 阪神 11 R  12 ⇔ 8,10,16 ⇒ 1,8,10,11,13,16     3レンタンフォーメーション30点。

            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (4)