咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

今週の追っかけ馬(4月1日・2日)

2017-03-31 21:39:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日は、早朝から美保関町総合運動公園「多目的広場」(松江市)におけるグラウンド・ゴルフ大会に参加。
 366人の参加者だったとか。
 16ホールにて競った。
 赤・青・黄・緑の4コースのうち、当方らのチーム7人は青と緑コース。
 前半のスタート位置は青4番ホールから、後半のスタートは緑6番ホールからだった。
 プレーの方は、ホールインワンがないからどうにもならない。
 多い人は、3度もあった。
 ちなみにダイヤモンド賞(1ラウンドで3回ホールインワン)も出て、日本グラウンド・ゴルフ協会に申請し認定されるとか。
 その方は・・・何と、81歳の女性。
 とても、元気そうな活発なおばあちゃん。
 ベテランさんとか。
 凄いな、あの歳まで元気でいるよう見習いたい。
 この日の万歩計は、4,408歩だった。

 さて、競馬の話。
 初のG1レースとなった大阪杯。
 キタサンブラックの仕上がりは相当にいいらしい。
 何でも凱旋門賞に胸を張って行けるよう、キッチリ決めておきたいとか。
 ほぼ、間違いはなさそうである。
 追っかけ馬の2頭が際どく絡むといいけど・・・。(笑)

[土曜日の追っかけ馬]
中山9R グローブシアターが出走予定。
 シーザリオの仔で、エピファネイアの半弟、リオンディーズの全弟のグローブシアターであるが、前走の皐月賞トライアルで権利を獲ることはできなかった。
 これからは、次のステップを目指して、賞金を加算すべく勝ち上がって行かなければならないであろう。
 そのためにもここは何とか勝利し、次のステップに進んでもらいたい。
 叩き2走目で本来の力を発揮できないだろうか。
 同馬も良血の1頭だから・・・。

中山11R キャンベルジュニアが出走予定。
 前走は強い内容で再度オープン馬に上がっている。
 今回は、昨年のリベンジを誓って好調教を終えているとか。
 昨年は1番人気に支持され、最内から逃げの手に出て直線半ばで脚が上がって、0秒5差8着だった。
 その時と違って、からだに身が入っているとのこと。
 前走の反動も硬さも出ていないらしい・・・これなら。

[日曜日の追っかけ馬]
阪神6R ミキノトロンボーンが出走予定。
 1年以上の長欠明けから、0秒9差、2秒4差と後塵を拝している。
 今回は叩き3走目となる阪神コース。
 鞍上は減量騎手の森裕太朗騎手、3キロ減で末脚が生かされないかと・・・。
 元々末脚は確かな同馬、そろそろ好走してもいい頃と思われる。
 ちょっと、期待の1頭。

阪神11Rアンビシャス、ヤマカツエースの2頭が出走予定。
 昨年の覇者・アンビシャスが強力なメンバーを相手に勝負駆けする。
 今回はじっくり脚をためて、一気にゴール前へと突っ込んでくる。
 坂路でビッシリ追われたとか・・・51秒6。
 昨年勝利のローテーションで今年も臨んでいるとのこと。
 
 一方、ここに狙いを併せてきたとのヤマカツエース。
 その最終追切は、サンスポ評価AながらSに近いAとのこと。
 これまで以上にからだもしっかりデキているとかで、このコース0-0-0-4のデータを覆す可能性もある。
 初G1制覇に一発勝負の鞍上が・・・やってくれるか。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:阪神5R メイショウイッポン      
  日曜日:阪神5R サンマルアリュール、6R ミキノトロンボーン、7R ミトノグラス、12R カネトシヴィバーチェ

 今週は、メイショウイッポン、ミキノトロンボーン、カネトシヴィバーチェに期待するかな・・・。(夫)


(前日売で投票していた馬券・・・グッド)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週は「大阪杯」(G1)・・・

2017-03-30 20:04:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 はじまったばかりの春競馬、次週は「桜花賞」、その次の週には「皐月賞」が控えている。
 今期からG1レースに昇格した「大阪杯」、有力馬たちが出走予定とのこと。 
 ちなみに追っかけ馬も2頭(アンビシャス、ヤマカツエース)が出走予定。

 このレース、人気が集中しそうな馬は、キタサンブラックとマカヒキの2頭なのか。
 キタサンブラックはここから始動。
 年度代表馬でもあり、無様なレースは見せられないとの陣営。
 ハイペース必至とのこと、2、3番手あたりからの競馬で、直線早め先頭で押し切る態勢と思われる。
 ゴール前、同馬を出し抜くのは・・・。
 
 マカヒキが叩き2走目で、前進とのことらしい。
 鞍上はC.ルメール騎手が戻るとのこと。
 良馬場になりそうで、同馬にとってはいい傾向らしい。
 当方、凱旋門賞の大敗が・・・気にかかっている。

 昨年の覇者アンビシャスが、連覇達成を狙ってゴール前突っ込んで来る。
 今回はG1レースでもありさらに力も入る。
 G1レースには届いていない同馬であるが、テン乗りの福永祐一騎手がじっくり脚を溜めて直線で爆発させるか・・・。

 G1馬となったサトノクラウン、香港帰りの前走も強い内容で京都記念を連覇。
 重賞レースとなると、鞍上のM.デムーロ騎手は、際立って集中力を増す騎乗ぶりである。
 ここも大いに注目すべき1頭。
 
 今、最も充実している1頭と言えば、ヤマカツエースであろう。
 陣営も前走のレースぶりから、初G1奪取に狙いをつけているとか。
 勿論、鞍上の池添謙一騎手は、一発を狙った騎乗を・・・とのことらしい。
 ようやく狙い通りの身体が出来上がってきたとのこと。
 デビュー以来40キロも増加して、いい筋肉がついてトモもしっかりしてきたとか。
 これなら、阪神コース0-0-0-4でも大丈夫・・・であろう。

 そのほか、ミッキーロケットもいい感じでこのレースに臨めるとか。
 荒れるのか、順当なのか。
 当日までには、多くの最新情報が流されてくるであろう。
 さらにチェック、チェック。

 新たなG1「大阪杯」を制するのは・・・。
 興味が尽きない。

 本日は、久々のグラウンド・ゴルフ大会に参加。
 まずは、こちらを頑張りたい。(夫)
 
参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(2016ジャパンカップ・・・キタサンブラック)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

ドラマ「そして誰もいなくなった」

2017-03-29 21:39:00 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 このドラマ「そして誰もいなくなった」は、イギリスの女流ミステリー作家“アガサ・クリスティ”の有名な小説が原作となっており、25日(土)~26日(日)の二夜にわたってテレビ朝日系列で放送されていた。
 
 八丈島沖に浮かぶ孤島にある『自然の島ホテル』、そこに呼び寄せられた10人が次々と殺害されていくミステリードラマ。
 最後の10人目も殺害され、誰もいなくなった。
 果たして、犯人はどこへ行ったのか。
 犯人は一体誰なのか。
 密室状態の孤島、10人以外には誰も存在しないと思われる。
 11人目となる人物が、居たのだろうか。

 このドラマは、先ごろ亡くなられた渡瀬恒彦さんの最期の作品となったらしい。
 これは見ておきたい。
 ところで、民放のドラマは、合間々々にCMが入るもので見づらい面は否めない。
 録画してCMを飛ばして見るに限る。

 10個の兵隊さんの玩具。
 簡単には取り出せない重いガラスのケースの中、1人、2人と殺害されるに連れて玩具も消えてゆく。
 犯人はどうして取り出したのか。
 招待客と執事とその妻の10人。
 それぞれ人に言えない過去に傷を持っていた。
 犯人はそのすべてを知っていた。
 
 法で裁かれなかった10人が、私刑で裁かれてゆく物語なのか。
 
 招待客が殺害されるにつれて、お互いが疑心暗鬼になり、誰が犯人なのか重い空気が垂れこめる。
 次は私が殺されるのか。
 俺なのか。

 最後に残った白峰涼(仲間由紀恵)とケン石動(柳葉敏郎)の2人、どちらが犯人なのか。
 ところが、疑心暗鬼となった白峰涼が、ケン石動の銃を奪って殺害する。
 そうか、彼女が犯人なのか。
 でも、いろいろとアリバイもあるから、違うような気もする。
 
 その後、気が動転した白峰涼がホテルの部屋に帰り着き、首吊り自殺をはかる。
 いや、誰かに仕組まれている。
 結局、10人全員がさまざまな殺害方法で殺されてしまった。
 
 事件を聞きつけた警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也(沢村一樹)を筆頭に兵隊島の管轄・八丈島東署の警部補・多々良伴平(荒川良々)や警官隊が多数孤島に上陸する。

 独特な動きをする警部・相国寺竜也、それに翻弄される警部補・多々良伴平の珍コンビ。
 であるが、相国寺竜也は僅かな手がかりから、物事を推理しながらジリジリと真犯人の意図を探り、ついに事件の全貌を読み解いて行った。
 
 一体、犯人は誰だったのか。
 11人目の人物が居たのか。
 
 元東京地裁裁判長・磐村兵庫を演じた渡瀬恒彦さん、鬼気迫る演技に思わず感銘を受けてしまった。
 惜しい役者さんが、また1人逝ってしまった。
 とても残念である。(夫)

[追 記]~あらすじ~
 八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。
 七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。
 これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。
 それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき・・・?
(出典:テレビ朝日 公式HP 抜粋)


(出典:テレビ朝日 公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

ドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」(後編)

2017-03-28 21:26:12 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 去る23日(木)~24日(金)二夜連続で放送された同番組。
 どうやら、大好評のドラマだったらしい。
 前編については、既に本ブログ上においてアップしている。
 2011年3月11日、東北大震災の日に産まれた「リヤンドノール」、一流の競走馬に育てるため、松下雅之(役所広司)と長女の将子(新垣結依)は必至だった。
 1年後、震災の影響から町の復興は未だ遠い中、2人は育成牧場を探して北海道の地へ向かった。
 
 雅之の妻・佳世子(田中裕子)は、我が家もやっと住める状態なのに大金のかかる競走馬の育成には猛反対。
 それを押し切って雅之と将子は、動き回っている。
  
 福島競馬場において、元騎手・田島夏雄(勝地涼)を介して有名な調教師を紹介された雅之たちは、「リヤンドノール」の将来性を認めた調教師から北海道の有名な生産・育成牧場を紹介される。
 
 そのオーナー加山昌一郎(小林薫)、その名前を告げられた雅之は顔を曇らせていた。
 将子が父に詰問するも、父・雅之は何も語らない。

 日本の競走馬の生産牧場や育成牧場のほとんどが集中している北海道、かつて雅之は加山生産・育成牧場で競走馬の生産と育成を学んでいた。
 佳世子の反対を押し切って、雅之と将子は北の大地に降り立った。
 いろいろな牧場で断られた雅之は、意を決して加山生産・育成牧場に向かった。

 20年ぶりに加山昌一郎に会って、あの時の大失態について断りを入れた雅之は、土下座しながら「リヤンドノール」の育成を依頼する。
 娘の将子も土下座して懇願。

 翌日、昌一郎は雅之に20年前のことは、水に流すと告げる。
 ところが、震災の日に産まれた「リヤンドノール」は、受け入れられないと断る。
 原発事故による被爆の有無。
 例え、被爆していないとしても、風評被害によってそのような競走馬と同じ条件で育成することを嫌う馬主もいるから・・・との理由だった。

 そのような場面でも、風評被害のあることに落胆を隠せない雅之は、自ら育成することを決意する。
 未曽有の震災による厳しい現実、そのことがあらゆる場面にあることが描かれる。
 極めて不条理なことであるが、これも現実なのかも知れない。

 行き詰りながらも雅之は、塩害のあった牧場を再生するため昼夜を問わず働いた。
 佳世子の猛反対は続いている。
 幾多の困難を乗り越えて、ついに牧場を再生し「リヤンドノール」を競走馬にするための調教をはじめる。
 調教を務めるのは夏雄だった。
 
 翌年の6月、福島競馬場の新馬戦に「リヤンドノール」が出走できるまでになった。
 その鞍上は、騎手に復帰した夏雄。
 念願の出走にこぎ着けた雅之と将子は懸命に応援。
 今では、2人の執念を理解している佳世子も涙ぐみながら応援、勿論町の人たちも競馬場にやって来ている。
 
 レースがスタートした。
 大きく出遅れた「リヤンドノール」、全く走らない、動かない。
 どうしたことか、やっと動くもギャロップ・・・程度。
 このあたりの描き方が、理解できなかった。
 本当にゲート試験をキチンとクリアしたのだろうか。
 
 ちょっと、出遅れながらも馬群を追走するよう描かれるものと思っていたけど。
 なぜなのだろうか。
 雅之たちの前をギャロップするシーンでエンディングとなった。
 
 あのエンディングは消化不良。
 で、あるが、総体的に見ごたえのあるドラマに仕上がっていた。
 いい番組だった。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

狙い通りに「高松宮記念」・セイウンコウセイ

2017-03-27 21:56:30 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 いやはや、稀勢の里の勝負根性と責任感の強さには恐れ入った。
 前々日の土俵下、苦痛を堪える姿から、まさかその後の2日間に出場するとは・・・。
 その上、千秋楽の照ノ富士との一戦を勝利し、優勝決定戦に持ち込みついに逆転優勝を掴んでいた。
 決して諦めない、その意気込みと気合に感服。
 大いなる拍手を・・・。
 
 好天の昨日、いつもの姉夫婦からG・ゴルフの誘い。
 お昼前から昼食を入れながら、4ラウンドを満喫。
 玉湯町(松江)の難しいコースで、義兄がホールインワン。
 当方、後半の2ラウンドが乱れに乱れて、これまでにない最悪の打数だった。
 参りやした

 さて、競馬の話。
 G・ゴルフから帰宅後、クラブの手入れも終わって中京メイン「高松宮記念」をじっくり観戦。

 ゲートが開き、スタートした。
 狙いの6番セイウンコウセイは、好スタートを決めてスーッと4番手に取りついた。
 どうやら、折り合って追走。
 長い直線へ向いた。
 渋った力のいる馬場。
 先手主張の4番ラインスピリット、番手から9番シュウジ。
 それらを見ながら追走のセイウンコウセイ。
 残り200手前、脚いろのいいセイウンコウセイがスルスルと先頭へ躍りでた。

 よーし、いいぞ。
 インから1番人気の7番レッドファルクス、1番ティーハーフ、さらにラチ一杯に3番レッツゴードンキの鞍上のムチが入る。

 馬場の真ん中から、セイウンコウセイがグイグイと伸びてきた。
 馬場も渋っており、外が伸びるからアタマは決まった。
 問題は、2着、3着馬。
 
 レッツゴードンキとレッドファルクスの叩き合い。
 レッツゴードンキがグイーっと2着に上がったところがゴール。
 3着はレッドファルクス。
 やったね、馬連と3連複が的中。

 ブログ掲載のとおりに確定し、久々のG1レースを決めることができた。
 すると、えらいものである。
 引き続いて、阪神12レースと中山12レースの馬連を連続的中。
 最終レースすべて的中と目論むも、中京12レースは大荒れで不発だった。(笑)
 土日競馬を終えて・・・。
 結果は、回収率156%。
 
 ところで、セイウンコウセイの生産牧場・桜井牧場(新ひだか町)は、初の重賞勝利がG1レースとのこと。
 先日のNHKドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」が思わず蘇った。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他







下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第47回高松宮記念他・検討

2017-03-26 17:52:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 テレビの方は、連日森友学園問題で賑やかである。
 野党はこれを契機に安倍政権打倒と、戦々恐々の毎日である。
 時には、安倍首相夫人を犯罪者扱いにするような攻め立ても見られ、醜い物言いも目立っている。
 いい加減、うんざりさせられる。
 
 さて、競馬の話。
 本日から春のG1レースが4週連続開催される。
 クラシックレースももうすぐ、桜吹雪の中の阪神ターフで桜花賞。
 牡馬クラシック皐月賞も・・・。
 その前に混戦模様の高松宮記念、それを制するのはどの馬か。
 最高のレースが展開されるであろう。

予想レース

[阪神10レース・淀屋橋ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ)]
 ここは最終追いもよかったとの5番ナインテイルズを狙いたい。
 前走の休養明けの昇級戦、0秒3差4着と好走している。
 陣営もクラスの目途を立てたとの評価。
 ここは頑張ってもらいたい。

  5 ⇔ 2,6  及び  5 - 4,12,14  馬単4点及び馬連3点。

 不的中

[阪神11レース・六甲ステークス(4歳以上オープン)]
 ここも叩き2走目となる4番アスカビレンを狙う。
 このコース3-0-0-3、この距離2-0-0-4と相性もいいが、凡退もあるらしい。
 ただ、最終追切が動いたようだから、上位人気も必至であろう。
 一度叩いており、今回は力まずに動いてくれる方に期待している。

  4 ⇔ 3,6  及び  4 - 1,8,9  馬単4点及び馬連3点。

 不的中

[中山11レース・マーチステークス(G3)(4歳以上オープン・ハンデ)]
 ここはトップハンデ58キロも想定内との14番アスカノロマン
 ここ2走は、展開が向かなかったらしいが、今回は積極的な競馬をしてもいいと思われる。
 初の中山コースでも鞍上がコース熟知の木幡初広騎手に乗り替わるから、ウマく回って来るものと期待したい。
 人気も低いであろうが、実力を出し切れば楽しみとなる。

  6,11,14  及び  14 - 2,8,12,15  馬連7点。

 不的中

[中京11レース・高松宮記念(G1)(4歳以上オープン)]
 ここは馬場が渋っても前々で競馬ができる6番セイウンコウセイを狙いたい。
 人気も手ごろな5番手あたりらしい。
 鞍上と相性のいい厩舎の管理馬とか、テン乗りでも大丈夫との陣営。
 メンバー的にもチャンスあり・・・とのこと。
 相手は7番レッドファルクスなど。

  6 ⇔ 7,12  及び  6 - 2,3,4,13  馬単4点及び馬連4点。
               
 3連複なら
   6 - 7 - 2,3,4,9,10,12,13,17  3連複2頭軸流し8点。

 G1レース、久々に的中

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (3)

第65回日経賞他・検討

2017-03-25 13:32:13 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨夜のNHK総合「絆~走れ奇跡の子馬~」、じっくりと見ながら思わずジーンとくるシーンも。
 最後まで見入ってしまった。
 東北大震災から、懸命に復興しようとする松下雅之(役所広司)とその家族。
 家族と子馬の絆。
 被災した多くの町の人たちとの絆。
 それを取り戻したい寡黙な雅之。

 苦労の末に厳しいJRAの新馬戦に出走、ところが、ゲートが開いてもスタートができない。
 どうした、どうした「リヤンドノール」。
 松下拓馬(岡田将生)の生まれ変わりの同馬。
 雅之が、佳世子(田中裕子)が、将子(新垣結依)が懸命に応援。
 鞍上は騎手に復帰した田島夏雄(勝地涼)だった。

 さて、競馬の話。
 いよいよ、春のG1ラッシュとなる第1弾の「高松宮記念」も開催。
 そのレースは、核たる軸馬が不在なら、何が来ても驚けない。
 きっと、面白いレースになるであろう。

予想レース

[阪神9レース・君子蘭賞(3歳500万下)(牝)]
 ヤマカツエースの半妹・1番ヤマカツグレースを狙いたい。
 初の千八でも問題はなさそうな同馬、自己条件なら楽しみとの陣営。
 母のヤマカツマリリンはオープンで2度の2着もあったとかで、このクラスなら娘も容易にクリアするであろう。

  1 ⇔ 6,7  及び  1 - 2,4,5  馬単4点及び馬連3点。

[中京11レース・名古屋城ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ)]
 好枠ゲットの2番ドラゴンバローズ
 同馬もこのコース得意で、前々で競馬のできるタイプ、ここはイチオシで狙ってみたい。
 仕上がりの良さを感じるとの陣営。
 相手は、3番ナムラケイト10番マッシヴランナーなど。

  2,3,10  及び  2 - 5,14,15 馬単6点及び馬連3点。

[阪神11レース・毎日杯(G3)(3歳オープン)]
 前走のきさらぎ賞、道悪ながら0秒3差2着に追い上げたことで評価されている1番サトノアーサーが中心視される。
 荒れるか、順当かなら・・・後者であるとの下馬評。
 この舞台に強いとのダノンシャンティ産駒、ならば8番ガンサリュートが怖い存在。
 頭数も少なく、トリガミ覚悟の投票。

  1,8 ⇒ 全通り ⇒ 1,8  3連単フォーメーション12点。

[中山11レース・日経賞(G2)(4歳以上オープン)]
 ここは、応援する12番ゴールドアクターが、昨年に引き続き制覇する方に掛けてみたい。
 この距離3-0-1-0、このコース4-1-1-1と好相性。
 斤量も1キロ減で出走なら、恥ずかしい競馬はできないとか。
 頑張れ・・・ゴールドアクター

  12 ⇒ 6,9,14 ⇒ 5,6,7,9,10,11,14  3連単フォーメーション15点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 2016オールカマーの「ゴールドアクター」)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

ドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」

2017-03-24 22:29:15 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 競馬ファンにとっても期待のドラマ。
 それ以上に東北大震災で被災され困難と闘われている皆さんにとっても、見どころ一杯のこのドラマで感動を覚えられるものと思っている。
 ただ、悲しい思いが蘇り涙されるシーンもあるだろう、でもじっくりと作り込まれているので明日への希望を見出されるものと信じたい。
 
 福島県相馬市・南相馬市の伝統ある壮大な時代絵巻「相馬野馬追」、その圧倒的な迫力ありシーンからスタートするこのドラマ、冒頭から見ごたえタップリだった。
 その野馬追のシーンは、東北大震災が発生する前年の夏という設定。
 8ヶ月後の3月11日、想像だにできない大震災が発生。
 
 当然のことながら、そのシーンを活写することなく、被災者の方々に配慮した制作だったと思う。
 ドラマの中では、競走馬を育てる夢を持っている松下雅之(役所広司)とその一家が中心に描かれる。
 それ以上に震災の日に産まれた子馬「リヤンドノール」こそが主人公でもある。

 変わり者と見られている父・雅之の懸命な姿を見ながら、その跡を継ごうと小さな生産牧場で働く長男・拓馬(岡田将生)、ところが、震災の当日子馬の出産に一人で立ち会った拓馬は建物が崩れた下敷きとなって亡くなる。
 子馬は助かっていた。

 小さな生産牧場では、競走馬を育てることは無理とされ、周囲から反対される中、さらに息子の死を受け止めながらも、雅之(役所広司)が弱々しい子馬・「リヤンドノール」をG1を獲る競争馬に育てようと懸命に取り組む。
 亡き兄・拓馬が望んでいた生産馬でG1を獲るとの夢、それを果たそうと妹の将子(新垣結依)も帰京しないで子馬を育てようと決心する。
 
 母親の佳世子(田中裕子)は町の病院の看護師として働き、震災後はボランティアも兼ねて炊き出しなど懸命に動き回っている。
 
 相馬野馬追や小さいながらも生産牧場などの迫力あるシーンも多い、さらに悲しいシーンもあるが、総体的によくできているドラマであった。
 その前編もあっという間に終わった。
 
 本日も午後7時30分から、NHK総合で後編が放送される。
 小さな生産牧場出身の「リヤンドノール」、果たしてG1レースを獲ることができるのか。
 
 福島県相馬市、南相馬市、北海道新ひだか町の人たちも全面協力のようである。
 役者陣がとっても、頑張っているから見逃せない。
 今夜が楽しみ。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP抜粋)

[追 記1]~みどころ~
 東日本大震災で傷ついたひとつの家族が、様々な困難と闘いながら、震災の日に生まれた子馬を夢の競走馬へと育てていく姿を、福島県の相馬を舞台に圧倒的なスケールで描くスペシャルドラマです。

[追 記2]~スタッフ・出演他~
【放送予定】
 2017年3月23日(木)・24日(金)放送<前後編・各73分>
 総合  よる7時30分から8時43分
【出演】
 役所広司 新垣結衣 岡田将生 勝地涼 田中裕子 井上肇
 甲本雅裕 岩松了 佐々木すみ江 / 金田明夫 小林薫
【原作】
 島田明宏「絆~走れ奇跡の子馬~」
【脚本】
 金子ありさ
【テーマ音楽】
 富貴晴美
【制作統括】
 土屋勝裕(NHK)、浅野敦也(ドリマックス・テレビジョン)
【プロデューサー】
 橘康仁(ドリマックス・テレビジョン)
【演出】
 山本剛義
(出典:NHK公式HP抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

今週の追っかけ馬(3月25日・26日)

2017-03-24 22:27:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 23日(木)のテレビは、籠池泰典氏の証人喚問報道一色だった。
 どこまでが事実で、どこからが虚偽なのか。
 見ている当方らには、皆目分からないことばかり。
 いずれにしても、聞こえてくるのは恨み節ばかりであった。
 先般、籠池邸に野党の幹部が連れ立って出向き、様々な話にニンマリの顔が見られた。
 この御仁に政治家諸氏が、踊らされており滑稽にも思える。
 真実は一つ。
 ただ、深い霧の中にある。
 
 テレビにも飽きて、気分転換に外出。
 相変わらずG・ゴルフ愛好者が多く来ていた。
 当方らも存分に楽しんで帰宅。

 さて、競馬の話。
 今週は変則3日間開催もあったことから、火曜日が全休日で通常の水曜追いから、木曜日に変更した組も多かったらしい。
 そこらあたりが、レースの上でどのように反映されるものか・・・。
 いよいよ、今週からG1レースが次々と開催されていくので、毎週楽しみも膨らむであろう。

[土曜日の追っかけ馬]
中山11R ゴールドアクターが出走予定。
 昨年のこのレースを制しており、昨年と同じローテーションで臨んでいる。
 最終追切は3頭合わせで先着とのことで、いい動きだったらしい。
 得意の中山コースでもあり、このメンバーならここは連覇濃厚と思われる。

 「予定通り来ているし、体重も前回と同じくらいか、少し減るぐらいで出られると思う」とコメントの中川公成師とのこと。

中京1R スズカスマートが出走予定。
 減量騎手効果で好走の同馬、今回も森裕太朗騎手が騎乗らしい。
 前走は、逃げ・先行の有利な条件のレースでも、直線を大外から懸命に追い込んで2着馬に2分の1馬身まで迫っていた。
 メンバー最速の末脚は3走連続であったから、今回も末脚は確かと思える。
 あとは、展開次第で勝ち上がれるであろう。

[日曜日の追っかけ馬]
中山11R アスカノロマンが出走予定。
 前走は展開が合わなかったとのことで、大きく期待を裏切る結果となっていた。
 今回は初の中山遠征とトップハンデ58キロであるが、斤量は想定の範囲内らしい。
 鞍上も替わることから、巻き返しに期待したい。
 やはり、積極的な競馬をしてもらいたいもの・・・。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:阪神2R キングレイスター、6R ヴェリーゲイト、8R タイセイパルサー、12R マヤブリリアント 
      中京1R スズカスマート、6R サンマルアリュール、8R ピエノフィオレ、11R マッシヴランナー
日曜日:阪神12R ブリーズスズカ
    中京6R メイショウノボサン、8R スズカウルトラ

 今週は、ヴェリーゲイト、タイセイパルサー、スズカスマート、マッシヴランナー、メイショウノボサンに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今週もこのような画面を期待・・・している)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週は「第47回高松宮記念」・・・

2017-03-23 22:40:50 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 26日(日)、今年2度目のG1レース「高松宮記念」が開催される。
 次週から、春競馬も本格化してG1レースラッシュとなっており、競馬ファンには目が離せない季節到来。
 
 さて、その高松宮記念では、昨年の覇者をはじめ上位陣が不在のレースになるらしい。
 応援していたミッキーアイルの引退もあったから、今年のレースは混戦模様との下馬評。
 シルクロードSの覇者・ダンスディレクターも不在。
 
 と、なると、阪急杯で1番人気ながら、大敗を記したシュウジの巻き返しはあるのか。
 これは、気にかかるところである。
 最終追切は抜群の動きらしいが、問題は当日のテンションがどうなのか。
 前走はテンションがかなり高かったとのこと。

 オーシャンSを勝利したメラグラーナ、鞍上の戸崎圭太騎手も遅まきながら、エンジン全開で東西リーディング5位に上がってきている。
 最終追いもかなり良かったらしい。
 初重賞制覇の同馬が、勢いのまま3連勝で決めるか・・・。

 レッツゴードンキの動きも良かったらしいから、1年10ヶ月ぶりのG1レース2勝目を上げられるか。
 鞍上の岩田康誠騎手も長いスランプから、脱しつつあるようなので・・・注目してみたい。
 
 ソルヴェイグ、ヒルノデイバロー、レッドファルクス、セイウンコウセイ、クリスマスなども気にかかる。

 ちなみに水曜追いの中では、ソルヴェイグとセイウンコウセイのサンスポ評価が「S」であったらしい。
 な~るほど。
 上位拮抗でもあり、かなり接戦の面白いレースになりそうである。
 ちなみに昨年は馬連が890円、3連単は6,000円台と振るわなかった。
 
 今年は、荒れるか、順当か・・・。(夫)

 参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

これは美味い・・・「いか昆布」

2017-03-23 18:51:15 | グルメ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 22日(水)、早めに用事を済ませて珍しくWBCを観戦。
 先発の菅野投手が最高のピッチングをしていた。
 4回表、菊池内野手の後逸もあって1点献上。
 6回裏、その菊池内野手がライトスタンドギリギリのソロを放って同点。
 8回表には、1死2、3塁で3塁ゴロを松田内野手が、ジャックルしている間にホームを奪われ、2 - 1とリードされた。
 侍ジャパンは、打線が振るわず惜敗に涙。

 気分転換にG・ゴルフに向かった。
 多くの愛好者が来ていた。
 当方らと入れ替わりにほとんどのプレーヤーが帰り、残っていた2人のおっちゃんたちと4人で4ラウンドを回った。
 このお二方、とても上手いから、見習うことばかりである。
 お二方が2度のホールインワン、当方らが1度ずつ。
 気候もよくて大いに楽しむことができた。

 ところで、先般息子夫婦が送ってくれた「いか昆布」という、ふりかけが驚くほど美味しいものだった。
 沢山の数を・・・くれた。
 
 この商品は、「全国水産加工たべもの展」で農林水産大臣賞を受賞とのこと。
 スライスしたイカ、昆布、青ノリなどが入っている。
 味付けがとてもよくて、おにぎりからお茶漬け、あるいは湯豆腐、そのほか何にでも合いそうなふりかけである。
 
 毎食のご飯の友になってくれる。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

ここまで落ちるものか・・・

2017-03-22 21:38:25 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 今、クローズアップされている豊洲市場への移転問題。
 当該問題検証の都議会調査特別委員会(百条委員会)が開催されており、20日には石原慎太郎元東京都知事の証人喚問が行われた。
 その内容は、多くの都民や国民を幻滅させるようなものだった。

 東京都知事として多くの課題を改善・改革し、剛腕を発揮しながら多くの都民から支持を得ていた石原慎太郎元東京都知事。
 歯に衣着せぬ物言いで、次々と難題などに当たっていた頃の同元知事は輝いていた。
 その発言や考え方には、大いに賛同し溜飲を下げることも多かった。
 
 ところが、先般来からの記者会見や都議会調査特別委員会(百条委員会)における発言では、昔日の面影は皆無であり裏切られたような気分となった。
 漢らしく、漢であると思っていた方、それが一転責任転嫁に翻弄するただの老人に映ってしまった。
 実にガッカリするものだった。
 
 何も聞いていない。
 部下にすべて任せていたから分からない。
 豊洲移転問題は青島幸夫都知事時代から、引き継いだもので既定の路線だったというような発言も・・・。
 
 元部下のそれぞれの元市場長、側近中の側近と呼ばれた副知事らの発言などとの食い違いも多かった。
 一体全体、あの頃の有能であった石原元知事はどこへ行ったのか。
 
 一方、小池百合子都知事に対する恨み節のような発言は、極めて能弁であり元気がある。
 その石原元知事は、病のため「ひらがな」すら忘れたと、とぼける仕草の老人を演じている。
 その真意は、一体どこまでが本当なのか。
 最後までぼけ老人を演じ切るなど、したたかな面が垣間見られる。

 「あの当時は、豊洲移転が最良の策であり、最良の判断であった、そのどこが悪いのか分からない」くらいの居直りの元気さがあってほしかった。
 そして、もっと漢らしく自らの責任を認め、すべてを話されるものと期待していたもので・・・ガッカリしてしまった。
 単なる責任逃れの政治家の一人に過ぎなかった。
 
 あれほどの人物が、ここまで落ちるものか・・・。
 これまで、買い被っていたことが情けない。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

これは強い・・・ファンディーナ

2017-03-21 22:09:09 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 20日(月)、JRA3日間開催の最終日。
 前日の的中馬券を握りしめて、7レース分の馬券を求めてウインズ米子へ。
 中京7R、8R、10R、11R、12R、中山11R、12R。
 その足で伯耆町楽々福(ささふく)水辺公園(鳥取)のグラウンド・ゴルフ場へ。
 実は自宅を出る前、家内の実兄夫婦を誘っていた。

 広大な芝生に3コースが常設の楽々福(ささふく)水辺公園。
 Aコース、Bコース、Cコースをラウンド。
 その後、休憩に入った。
 すると、Aコースに15、6人の愛好者がやって来た。
 
 Bコースをさらに2ラウンド回った。
 そのBコースの3ラウンドで3回もホールインワン。
 これには、当方自身が驚いてしまった。
 馬券も的中ラッシュか・・・。
 そうは問屋が卸さない・・・3日間開催で回収率98%だったから。(笑)
 
 さて、競馬の話。
 中京7Rでは、応援するミキノトロンボーンが敗けてしまったが、縦目で押さえていた馬連(300円分)をゲット。
 ブログにアップの8Rは、1着、3着、4着にガッカリ。
 同じく、中京11Rでは狙いの6番オメガヴェンデッタが終始3番手から追走。
 ところが、残り400を過ぎると、脚が上がってしまったらしい。
 終わってしまった。
 
 一方、中山メインのフラワーカップ、敢えて狙っていた5番デアレガーロは、1コーナー入り口から掛かっていたのか、鞍上との折り合いが悪そうだった。
 それに比べて、ダントツの1番人気12番ファンディーナは、好スタート共にスーッと番手に付けて追走。
 
 4コーナーから直線を向くと、早くもファンディーナが先頭へ躍り出た。
 そして、何ということか、持ったままで後続を突き放しにかかった。
 これは強い・・・。
 残り200あたりで、余裕の鞍上はラチの内側のターフビジョンを見ながら軽く追っている。
 後続が止まっているかのように見える。
 追えばいくらでも伸びる・・・であろう。
 5馬身差の圧勝。
 本番では、ソウルスターリングを脅かす存在になりそうである。
 
 肝心のデアレガーロと4番サンティールは、サッパリだったから・・・残念。
 
 中京の最終レースでは、グラウンド・ゴルフから帰宅しており、既にウインズで投票の馬券を持っている。
 また、中京7Rの馬連が、即PATで的中(100円分)しており、これを元に中京12Rの馬連をウインズの馬券同様に投票。
 そのレース、軸馬として伏兵の2番レッドアフレイムを狙っていた。
 減量騎手による一発を期待。
 
 そのレース、4コーナーから直線を向いたところで、鞍上の荻野極騎手はインからアウトにレッドアフレイムを誘導しようと一瞬後方を見ていた。
 残り400を切ると、うまい具合に同馬の前がポッカリ開いた。
 すかさず、そこに同馬を誘導し右ムチを何度か入れると、同馬もグイグイと伸びており・・・よっしゃー。
 
 残り100を切ると早め先頭だった14番スナークスカイを交わしてゴールイン。
 大外から、一気に5番オメガタックスマンと4番エイシンミノアカが追い込み、僅かにオメガタックスマンが2着に上がったところがゴールだった。
 馬連を的中。

 ウインズと即PATのダブル的中(各200円分)だった。
 次週に繋がった瞬間でもある。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第31回フラワーカップ他・検討

2017-03-20 13:42:24 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 ここのところ、実にいい天気が続いている。
 昨日はウインズをとんぼ返り。
 帰りにグラウンド・ゴルフを・・・と、思っていたら、いつものコースは貸し切りで小さな大会が行われていた。
 好天のなか、大いに盛り上がったことであろう。
 30年近く前に住んでいた地域の同好会の大会らしい。
 昔の町内会の人もいたであろう。

 さて、競馬の話。
 昨日の阪神大賞典、サトノダイヤモンドがここらでは敵なしの楽なレースだった。
 3連単フォーメーション8点も7.4倍で・・・トリガミ。
 それでも、大いに楽しめるレースだった。
 
 一方、スプリングSは、狙いの2頭が共に最後方待機。
 流れも向かなかったらしいが、それ以上にM.デムーロ騎手と戸崎圭太騎手双方の駆け引きもあったのであろう。
 互いにけん制している間にこの2頭よりも前で競馬した勝ち馬たちが優位だったのかも。
 
 それでも、ブログ予想の方は、曲がりなりにも2レース的中。
 中山9レースの3連単は、万券に届かなかったが・・・まずまずの結果。
 ところで、阪神8レースでは、藤田菜七子騎手騎乗の4番コパノアラジンが、ゴール前渋太く伸びて5番トウショウコマンチをクビ差交わして2着入線。
 的中オッズが安価でも、とても嬉しかった。
 
予想レース

[中京8レース・4歳以上500万下]
 ここは、あの女傑だったブエナビスタの半弟・13番エルプシャフトで固いと思われる。
 ここらで止まってはいけない。
 再発進でオープンを目指してもらいたい。
 気性的に幼い面があるがこのメンバーなら・・・との陣営。
 
  13 ⇒ 1,2,4 ⇒ 1,2,4,7,9,11  3連単フォーメーション15点。

[中京11レース・夢見月ステークス(4歳以上オープン)]
 前走は積極的に出して行き、大きく止まらなかったとの6番オメガヴェンデッタ
 今度は行きっぷりも違ってくるとのこと。
 人気もないから、鞍上が再び積極策でやれば・・・ゴール前で渋太く食い下がらないか。

  6,12,13  及び  6 - 3,5,8,11  馬連7点。

[中山11レース・フラワーカップ(G3)(3歳オープン)(牝)]
 前評判の強い1頭がいるが、ここは敢えて中山コース2戦2勝、この距離も1戦1勝の5番デアレガーロを狙いたい。
 テンションが上がりやすいこともあるらしい、そこは鞍上がウマくなだめるであろう。
 3連単も検討してみたい。

  4,5,12  及び  5 - 1,3,8,10  馬連7点。
               
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 阪神8Rで2着・・ありがとう)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第65回阪神大賞典他・検討

2017-03-19 13:18:31 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 テレビドラマ「警視庁捜査一課9係」の主演を大好評で演じていた俳優・渡瀬恒彦さん、残念なことに4月からスタートする同番組に復帰することができなかった。
 先日、突然の訃報が報道されていた。
 役者魂一杯の俳優さんだった。
 かつてNHKで放送されていた敬愛する池波正太郎先生原作の「真田太平記」、その中で主人公・真田信之を好演し、これこそが信之と思い見ていたことを思い起こす。
 実兄の渡哲也さんの家族葬における渡瀬さんを惜しむ言葉、実にその無念さが伺えた。
 惜しい俳優さんだった。

 さて、競馬の話。
 昨日のブログ予想。
 残念ながら、メインレースをどちらも不的中。
 もう1つの予想レース、阪神10R「なにわステークス」では、ボックスの馬単を的中。
 ちなみにその3頭が3連単の1着から3着だった。
 時々、そのようなことがある。
 惜しいかな、3連単は投票していなかった。
 本日の東西の重賞レース、どちらも順当に終わりそうな予感。
 軽く投票し、じっくりと見るレースかも知れない。
 
 阪神初参戦の藤田菜七子騎手、本日こそ頑張って、がんばって

予想レース

[中山9レース・幕張ステークス(4歳以上1600万下)]
 前走は、惜しいレース内容だった10番キャンベルジュニア
 今回も好調教であり、このクラスでは力も上位とのこと。
 休養明けでも動ける態勢なら、アタマで狙ってみたい。
 相手は3頭と思って・・・。

  10 ⇒ 4,9,13 ⇒ 1,3,4,8,9,13  3連単フォーメーション15点。

[阪神11レース・阪神大賞典(G2)(4歳以上オープン)]
 今年はここから始動の9番サトノダイヤモンド、鉄板より硬いダイヤの輝きのこのレース。
 同馬の圧勝劇が見られそうである。
 相手候補の妙味は、7番ワンアンドオンリーの復活走もあり・・・と。
 トリガミ覚悟で観戦のレース。

  9 ⇒ 3,7 ⇒ 1,3,4,6,7  3連単フォーメーション8点。

[中山11レース・スプリングステークス(G2)(3歳オープン)]
 ここは、2歳王者9番サトノアレスが万全の態勢でここに臨んでいる。
 ただ、このレースは朝日杯FSとの相性は余りよくないらしいが、同馬なら突き崩すであろう。
 東西重賞でサトノダイヤモンドとアレスの2頭が制すことも十分あり得る。
 日曜日メインなら、またしてもM.デムーロ騎手の出番か、ならば11番トリコロールブルーにも注目。

  9,11 ⇒ 5,6,8,9,10,11 ⇒ 8,9,11  3連単フォーメーション16点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)