咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

雑感・・・インフルエンザ流行

2019-12-05 23:32:00 | 日記

[ポチッとお願いします]

 本県においても例年より早く、インフルエンザが流行するようになったらしい。
 今のところA型が流行っているとか。
 報道によると予防接種がまだの人は、早めの接種なども呼びかけられていた。
 
 インフルエンザの予防については、毎年云われている通りである。
 予防接種、手洗い、うがい、咳エチケット、くしゃみが出ればマスクの着用など。
 また、平素から十分な睡眠や栄養をとることで体力維持に心がけること。

 一方、高齢者にとって、インフルエンザは致命傷にもなり得るから、罹らないよう平素から注意を怠らないようにすべきであろう。
 少々の無理ならとか、無理を承知の・・・などは、控えるべきと思う。
 
 そうかと云って、暖房の効いた室内でジーっとしているとか、ボーっとしていると、体温調節機能の劣化を招くなど、返って健康管理面ではマイナスとなる。
 雨さえ降らなければ、屋外で適度な運動を続けた方がいいであろう。
 
 ところで、我が家も先般、予防接種を受けておりインフルエンザ予防に一歩踏み出している。
 と、云いながらも油断大敵。
 インフルエンザ予防に心がけたいものである。(咲・夫)

(A型インフルエンザウイルス・電子顕微鏡写真とか)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

水を治める者は天下を治む

2019-12-04 22:10:22 | 日記

[ポチッとお願いします]

 天下・国家の一大事とも云える昨今の常軌を逸する自然災害の猛威。
 『水を治める者は天下を治む』とは、戦国武将が盛んに使っていたフレーズ。
 温暖化による異常気象が進展することで、何十年に一度の災害とか、いえいえ100年に一度起きるかどうかの災害とか、命を守る行動とか、神妙な言葉がすべからく現実化している。
 自然災害の猛威になすすべもない現代社会も、戦国武将が懸命に治水事業に着手した頃と全く変わっていないと思われる。
 
 群雄割拠の戦国時代と違って、現代社会ではまかりなりにも民主主義国家の体をなしており、三権分立によって国益が保たれている。
 その一つの政府機関が、国益を守るため様々な行動を起こしている。
 で、あるが、昨今の超異常事態を引き起こしている自然災害に太刀打ちするには、多くの課題も山積されているようである。
 例えば先の台風15号、19号による被災地では、未だに復興が遅れているらしい。
 
 一方、自然災害以上に警戒すべき近隣のアジア諸国の恣意的な軍事行動、国土と国益、そして国民の命を守るべき備えも未だに遅れていると思われる。
 今、そこにある危機、どこかで聞いたような文言であるが、そのことに係る危機意識の欠如が野党の国会議員諸氏には多いものと思われる。

 明けても暮れても政権転覆、政権の揚げ足取りに終始の日々。
 桜の会云々でも揚げ足取りの日々。
 どうでもいいようなさしたる問題でもない重箱の隅をつつくことを生きがいとしているようにしか見えない。
 果たして、それが国会議員の職責であろうか。
 相も変わらずそのようなことでは、野党が国を亡ぼすと云われても仕方ないと思われる。

 万年野党が政権を取った挙句が、空白の3年間を作ったという事実がある。
 天下・国家の一大事とも云える問題山積の現代、もっと建設的な意見や政権陣営への叱咤激励をすべきと思うけど・・・。
 
 今こそ、与野党が一致して、想像を絶する自然災害対応とか、反日を目論む近隣諸国からの脅威への対応など早急に手を打つべき時期と思うけど・・・。
 どうであろうか、このままでいいであろうか。
 国益と国民の命を守るべき最大の課題を遂行すべき国会議員諸氏、もっと真剣に日々取り組んでもらいたいものである。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

雑感・・・今年最後の大会参加へ

2019-11-27 21:55:44 | 日記

[ポチッとお願いします]

 いよいよ、寒さの方も初冬らしい風も流れ、朝夕の気温も最高気温も平年並みの気候になってきた。
 昨日午後は、同好会メンバーやいつものコースの常連さんなど8人で夕方までグラウンド・ゴルフを満喫。
 場を和ます先輩諸氏の笑い声。
 ホールインワンがあれば、さらに掛け声も大きくなってとても楽しい時間を過ごすことができた。
 
 1打、1打に集中しながらのプレー。
 それでも、ウマくできる時と、ミスを犯す場合もあるから面白いのである。
 意のままにボールコントロールができれば、問題はないがそれであれば面白さも半減するかも・・・。
 意のままにならないところにジレンマもあるが、それによって向上心も高まるから面白いのであろう。
 
 8人中6人にホールインワン。
 その中に家内共々入っていたから・・・一安心。(笑)
 
 プレーの合間の休息タイムも楽しいひと時。
 グラウンド・ゴルフ談義、全く別の話題。
 たわいもない話。
 珈琲を飲みながら、糖分を補給しながらの雑談。

 そして、プレーが始まった。
 前半の2ラウンドは平均点。
 後半の2ラウンドはホールインワン1つあって、40打をきる38打・・・。
 超ベテランプレーヤーのSさんと同打点。
 
 そのほかの皆さんは、40打をきることができなかった。
 難しい丘コースの2つのホールで苦戦だったから・・・。

 さて、明日は松江総合運動公園でグラウンド・ゴルフ大会が開催される。
 600人前後であろうか、今年最後の大きなグラウンド・ゴルフ交歓大会であろう。
 プレーが行われている時間帯に傘マークが出ている。
 降ったなら冷たい雨になるらしい。
 最後の大会ならせめて雨が落ちないことを願っている。
 
 雨なら転がらない芝コースに悪戦苦闘かも。
 慎重の中にも攻めの姿勢で臨みたい。
 悔いのないように・・・。(咲・夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

コメント

寒さがやって来る

2019-11-14 21:12:00 | 日記

[ポチッとお願いします]

 11月ながら暖かい日々が続いていたが、本日から気温も急激的に下降し晩秋から初冬の寒さになるとか。
 昨日よりも10℃も低くなるらしい。
 これまでは、好天続きでもあり気持ちよくグラウンド・ゴルフもできていた。
 昨日も、一昨日も大会に参加。
 時おり、汗ばむようなこともあった。
 
 これからは、日1日と寒さが迫って来るのであろう。
 まぁ、これが本来の季節感であろうから・・・。
 もっとも、急激な気温の上下には、高齢者取り分け後期高齢者には堪えるものがあろう。
 
 ところで、本日はグラウンド・ゴルフ2級・3級普及指導員の大会が出雲ドーム及び多目的広場にて開催される。
 大会参加3日目。
 ここまで、本来の調子が発揮できていない。
 何とか、浮上の切っ掛けを掴めたらと思っている。

 果たして。
 明日も出雲ドームで大会参加。
 さらに日曜日も大会参加・・・。
 今月は10回も・・・。
 
 寒さに負けない体力づくりも必要。
 健康寿命延伸のためにゆっくりと歩を進めたい。(咲・夫)

(いよいよ、今週が最終話・・・面白く見ている)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

コメント

雑感・・・干し柿

2019-11-12 21:03:12 | 日記

[ポチッとお願いします]

 9日、10日と関西にいる娘夫婦が帰省。
 夏以来の帰省に家内が喜んでいた。
 普段は当方との二人暮らしのため、賑やかになって良かったらしい。
 
 その夜、夕食を終えた娘たちは、美保関町(松江市)の燈籠小路が美しいとの情報を得て向かって行った。
 我が家から3、40分くらい。
 想像以上に美しかったとのこと。
 
 帰宅後、息子夫婦にラインを入れていた。
 凄い、すごいとの反応だったようだ。






 翌10日は、当方が町内対抗のG・ゴルフ大会に出向いていた。
 その間、家内と娘が干し柿作りを行ったらしい。
 前日、1袋(38個入のMサイズ)購入していたもので・・・。
 次週には、あと1袋購入し干し柿作りを行う予定。

 早めに干し柿作りを行ったところ、暖かかったことでカビが来たとの話もある。
 冷たい風が吹き始めたから、我が家は大丈夫であろうけど。
 ウマく、出来上がりますように。

 もっとも、この38個は、娘や息子たちに送るもの。
 今回は、娘自らが手伝ったから、出来上がれば美味しさも倍増かも知れない。
 楽しみにしながら、帰って行った。
 
 家内はちょっと寂しそうであった。(咲・夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

コメント (2)

雑感・・・ありがたいこと

2019-11-07 22:13:13 | 日記

[ポチッとお願いします]

 好天の日であれば、いつも通っているグラウンド・ゴルフ場。
 行ってみるといろいろな方とプレーもできる。
 いつもひょっこりと練習に来られるNさん、出会うとご一緒にプレーする日々でもある。
 
 また、市内の大会(花冠の里)に出向くと、当方の加入している同好会のメンバーが陣取る場所の近くに時おり一人でいらっしゃることがある。
 ある時、声かけをして珈琲などを差し上げた。
 
 いろいろな場面で出会った際にも同様である。
 練習でご一緒する場合も、持参の珈琲を差し上げることも多かった。
 1ヶ月前のこと、当方が2、3日いつものコースに出向かなくて久々に出会ってプレーをご一緒した。
 この日もグラウンド・ゴルフを大いに楽しみ、すべて終わった頃、Nさんが「お前さんに渡したいものがあるから10分ほど待っといてくれ」と。
 
 暫くすると戻って来られ、イチジクや栗を戴いた。
 どうしてなのか。
 特に云われなかったが、平素の応対が良かったのであろうか。
 さらに当方らが主催の月例会にお誘いしたことが良かったのだろうか。

 その後、出会うといつも声がけしてご一緒している。
 昨日のこと、グラウンド・ゴルフ場に来られたが、運動靴ではないからどうしたものか。
 何と、なんと。
 先般「ちょっとミスって肋骨を骨折してしまった」とのこと。
 見学なのかな・・・。
 すると、当方が呼ばれた。
 「上げたいものがある」とのこと。
 
 美味しい合わせ柿の西条柿を戴いた。
 わざわざ、当方に渡すため出向かれたようである。
 感謝、感謝。
 もっとも、先般こちらもお返しをしておいた・・・。

 地元同好会の方から、野菜などを戴くこともあるから、本当にありがたいことである。
 仲良くグラウンド・ゴルフをすることで、親近感が巻き起こるから素敵な生涯スポーツであると思っている。
 
 いい人間関係に感謝の日々でもある。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

雑感・・・グリーンサーキット高野へ

2019-11-05 20:03:20 | 日記

[ポチッとお願いします]

 3連休の最終日、1年振りに松江道高野ICから2分程度のところにあるグラウンド・ゴルフ場、『グリーンサーキット高野』へ向かった。
 高野ICの『道の駅たかの』にて、兄姉夫婦と合流することとなっていた。
 ところが、こちらはいつも人気のスポットである。
 3連休の最終日なのか、駐車場も満杯、大変な人出であり大混雑。
 
 りんごの産地でもあり、アップルパイも人気の一角。
 待ち時間の合間にアップルパイを食べると、これが美味しいのである。(笑)
 
 3組が揃い、『グリーンサーキット高野』へ。
 起伏にとんだコースが2コース、平坦なコースが1コース。
 到着後、早々に2ラウンドを回った。
 立木の並ぶ間のコースは、落ち葉が多くてボールの転がりの悪いところもあった。
 兄姉夫婦との久々のプレー、さすがに賑やかであり、和気あいあいの楽しいひと時でもある。
 
 コース横のレストラン「森のサラダ館あしび」にて昼食。
 久々にステーキランチを満喫。
 ニュージランド牛であるが、格別違和感もなく美味しく戴いた。
 店舗内の入り口に『王林』と云う黄色のリンゴが出ていた。
 店の方に聞くと、今年のリンゴは例年よりも少ない収穫が予想されているらしい。
 天候の関係であろうか。
 “ふじ”は今月下旬らしい・・・。



 昼食後、2ラウンドを回って解散。
 今週から気温が下がっているとか。
 高地のため、あちらは肌寒い。
 最高気温15℃前後であろうか、とに角吹く風は冷たく寒い・・・。
 雨が降らないからよかった。

 来月から3月末まで、積雪の関係もあってグラウンド・ゴルフ場は閉鎖されるらしい。
 今月下旬には、G・ゴルフ同好会の面々と再度こちらに出向く予定。
 その時は、サンふじも出回っているであろう。
 帰りはゆっくりと我が家へ向かった。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

コメント

G・ゴルフ、変則グリップが人気

2019-10-30 22:35:22 | 日記

[ポチッとお願いします]

 我が家が加入している「あかるく 楽しく 元気よく」がモットーの同好会。
 会員のOさんのグリップ、初めて見た時はちょっと変則なので、思わず目を見張ってしまった。
 通常右打ちの場合、利き手の右手は左手の上段にくる。
 右打ちのOさん、利き手の右手は左手の下段にするグリップである。
 この打法は、真っすぐ転がることが多いようである。
 その後、Oさんの変則打法について、格別見入ることもなくなった。
 
 すると先般のこと、Okさんがあの変則打法に挑戦しているとのこと。
 ラウンドを共にしたところ、新打法に挑戦中だった。
 慣れるまで一生懸命。
 
 昨日のこと、海辺のG・ゴルフ同好会のメンバーのOoさん、Okさんが変則新打法に挑戦中と分かり、Ooさんもその打法が気に入ったらしい。
 懸命に挑戦中だった。
 利き手の右手を左手の下段にすることで、左手がクラブを引っ張ることでボールの転がりが真っすぐになってきた・・・とか。

 すると、その打法を見ていたSさんも興味を抱いたらしい。
 3ラウンド目から、懸命に取り組んでいた。
 暫くすると慣れてきたらしい。
 
 この打法による50mの距離、慣れるまでに暫くかかるとはOoさんのコメントだった。
 Sさんは、特段苦にならないらしい。
 不器用な当方、打法を全く変えると迷いが多くなるので未挑戦である。(笑)

 女子ゴルフを見ていると、パターの際にこのような打法を用いていた。
 なるほど、ボールコントロールが容易になるのであろう。
 
 ここのところ、仲間内にちょっと人気の新打法である。(夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

学生時代のいい仲間たち・・・

2019-10-29 23:10:32 | 日記

[ポチッとお願いします]

 令和元年10月27日~28日、今年も学生時代のいい仲間、楽しい仲間が集合。
 今回は、本県の中央部の片田舎に集うこととなった。
 「いこいの村しまね」(邑智郡邑南町高水)、且つてこの近くまで何度か来ているが、高台にあるこのような宿泊施設があることは知らなかった。
 
 大阪、神戸、北九州の友人たち、いつものように夫婦連れである。
 神戸在住の名幹事・Kくんが、今年もいい企画を立案してくれた。
 27日、天皇賞(秋)が開催されている。
 不的中を確認した後、ホテルに到着。
 部屋に入って、しばらくすると京都最終がスタート。
 どうやら馬単が的中らしい。
 
 これで気分も良くなって、定刻の18時スタートの会食へ・・・。
 1年ぶりの再会である。
 6人全員、元気そうである。
 前菜、魚料理、肉料理、天ぷら・・・。
 多くの種類の料理が次々と出てくる。
 久々の酒もススム。
 
 会話の方も賑やかにススム。
 それぞれの1年間の出来事も・・・。
 あっという間の会食、その後幹事K君の部屋にて二次会がスタート。
 たわいもない昔話が飛び交う。
 いつものパターン。
 翌日、グラウンド・ゴルフを行った。
 香木の森公園にある「石見グラウンド・ゴルフ場」。
 ちよっとした大会(70人前後)が行われていたが、その合間を縫ってプレー可とのことだった。

 2ラウンドを満喫後、近くのレストランで昼食。
 里山イタリアンAJIKURA.。
 どうして、田舎町にこのようなレストランが・・・と、思えるところだった。
 
 昼食後、解散。
 1年後の再会を・・・。
 楽しい2日間、あっという間に終わってしまった。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます






コメント

雑感・・・改めていいクラブ「花梨V」

2019-10-17 22:14:22 | 日記

[ポチッとお願いします]

 昨朝、いつも誘っていただく海辺のGGCの皆さん、当方加入の同好会のT会長をはじめ会員4人。
 総勢8人で8時半から、昼前迄みっちりとプレー。
 1年以上ぶりのグラウンド・ゴルフ場。
 変則なコース形態もある本庄グラウンド・ゴルフ場に集合だった。

 T会長、この日が「花梨V」の初打ちだった。
 第1打、第2打・・・。
 初打ちの結果、これまでのクラブと違って飛距離が伸びるとのこと。
 ホールポストに近づいたボール。
 確定に近い2打目が3打に・・・。
 短いところの微妙なボールコントロール、慣れが必要だねとのこと。
 感触的には、とても面白くいいクラブとの評価。

 通常、クラブを新調すると慣れるまで、1ヶ月程度を要するとも云われている。

 同クラブは、通常のものよりヘッドが一回り小さくなっている。
 重心が下にあり楽に振り抜ける。
 フェイス部分には、二層構造のパワードリッジフェイスが用いられ『最高の反発性能』が実証されているとか。
 ソール部分は、通常のクラブではアルミが用いられるが、アルミより3倍重いステンレスが用いられ耐久性を強化しているとのこと。
 ステンレスとヘッドの間には、『耐衝撃性の特殊合成樹脂』を用いているとか。

 『花梨の木目にステンレスのシルバー、樹脂のブラックという素材コンビネーションも、デザイン的に最高にカッコいい』

 ハタチこだわりの花梨。
 花梨のヘッドを用いる5代目のクラブ。 
 美しい木目に黒の樹脂、ステンレスのシルバー、
 ヘッドには、アクセントとして入れてある黒い溝がある。
 これが美しさと共に堅牢で力強いヘッドデザインとなっているとのこと。

 『力強さと美しさを兼ね備えたハタチの最高傑作』

 
 T会長に頼まれて、当方がネットで注文していた一品
 相当にお気に入りになられたようである。
 プロジェクトノートの「花梨V 開発秘話」にあるようにハタチが最も力を入れている花梨シリーズである。
 実戦的にも、デザイン的にも優れたクラブ。

 ところで、4ラウンドを終えたところで、昼前となって解散となった。
 久々のコース、和気あいあいと楽しいプレーができた。(咲・夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

雑感・・・トイレ詰まり

2019-10-16 21:55:55 | 日記

[ポチッとお願いします]

 14日午後、グラウンド・ゴルフから帰宅後のこと。
 2階のトイレを使用すると、ちょっと様子がおかしい。
 水を流すと水位が高い状態から徐々に水位が下がった。
 これは、トイレの詰まりの現象であろう。
 
 どうすべきか。
 ホームセンターへ出向きスッポンを購入。
 いろいろと試してみるが思うようにいかない。
 トイレが使えないから、1階のトイレを使用。
 夜中、トイレに行きたくなると1階まで下りなくてはならない。
 
 昨日、自宅を建築した業者に連絡。
 専門業者も多忙で本日、午後にやって来るらしい。
 昨夜、トイレ詰まりの件を娘夫婦、息子夫婦のグループラインに入れた。
 すると、息子の妻がライン。
 孫の女の子がトイレを詰まらせたことがあったとか。
 嘔吐とトイレットペーパー。
 重曹を入れて翌朝、スッポンを使ったら解消したらしい。

 早速、ネットで検索。
 すると、重曹、クエン酸、お湯で解消する方法が出ていた。
 ただ、排水管で詰まっていれば効果はないらしい。

 何はとも角、早速やってみた。
 効果があるものか。
 明け方もやってみるが効果なし。
 どうやら、排水管で詰まっていると思われる。
 
 午後から専門業者がやって来ることとなっていた。
 
 先ほど、専門業者が到着。
 薬剤を入れて、業務用のスッポンで数回作業すると開通した。
 トイレットペーパーを流して、完全に排水することを確認しあっという間に終わってしまった。
 キツネにつまれたようなものだった。
 それでも、大工事とかにならなくて一安心。
 良かった、よかった。(咲・夫)


(出典:トイレ画像より・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

雑感・・・どこかおかしい「表現の不自由展」

2019-10-09 20:44:00 | 日記

[ポチッとお願いします]

 『愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、同展の異様さが改めて浮き彫りとなっている。元慰安婦を象徴する少女像などに加え、昭和天皇の肖像を燃やすような動画が展示されていたためだ。「表現の自由」をめぐる議論が活発化する中、特定の政治性を帯びた侮辱や冒涜(ぼうとく)、ヘイト(憎悪)とも受け取られかねない作品に批判が相次いでいる』(出典:産経ニュース抜粋)

 中止となっていたこのイベントが、昨日再開されたらしい。
 恐れ多くも「昭和天皇」の肖像をガスバーナーで燃やし、それを踏みつける行為の動画が流されているとか。
 さらに『元慰安婦を象徴する少女像』の展示。

 特に我が国、日の本は天皇を中心とした国造りが長い、長い歴史の中で培われてきた。
 皇室制度を重んじるのが日本人であり、日本人の生き方でもある。
 戦争犯罪人として昭和天皇を押し上げたいのであろうか。
 全くもって日本人としてあるまじき行為である。
 
 表現の自由という綺麗ごとの言い回しでもって、何をやってもいいというものでは決してない。
 
 一方、国家の体をなしていない韓国を助長するかのような「表現の不自由展」、彼の少女像までも展示しているとか。
 何とも、昨日は入場制限により、抽選で1回目30人、2回目30人の併せて60人限定だったらしい。
 そこまでして、やるべきものであろうか。
 疑問符満載である

 企画展再開に関して、名古屋市の河村たかし市長が10分間の抗議の座り込みを行ったらしい。
 同市長のこれまでの行動や言動に突飛なことも多々あったが、今回の行動は立派なものである。
 まともな考え方と行為であろう。
 
 愛知県による企画展の後押しについては、何とも考えられないことである。
 河村たかし名古屋市長の行動を見習うべきである。(咲・夫)


(出典:産経ニュース抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます





コメント (2)

消費税率10%時代へ

2019-10-02 22:48:00 | 日記

[ポチッとお願いします]

 昨日、10月1日より消費税が8%から10%へ引き上げられた。
 ちなみに軽減税率(8%)が適用されるものは、飲食料品(酒類、外食を除く)や定期購読の新聞らしい。
 さらに経過措置の適用される品目もあるとか。
 何とも複雑で一朝一夕には理解しがたいように思える。
 
 また、中小の店舗でキャッシュレス決済を行うと、5%分のポイント還元が行われるシステムになっているようだ。
 消費税率アップによる景気の冷え込みを抑える手法らしい。
 ただ、このキャッシュレス決済とは、セキュリティなどの面で大丈夫かいなと云う思いが大きい。
 ポイント還元システムは、複雑で分かりづらいとか。

 ところで、昨日グラウンド・ゴルフ大会があり、ガソリンも半分以下を示していたので、消費税率引き上げのことは念頭になかったが、偶然にも前日の9月30日に給油していた。
 2%アップで計算すれば、76円前後のお得だった。
 僅かなことである。

 そのほか、ちょっとした物を9月末までに購入していたが、消費税引き上げ分の差額は290円前後のお得感だった。
 ガソリン代も含むと366円前後・・・が、浮いたことになった。

 よく考えると・・・あまり気になることもないと思われる。
 それ以上に無駄遣いをしている面があるのかも知れない。
 8%と10%の差額2%分に絞り込むと大したことはないが、これからは10%の消費税を支払うと考えると・・・無駄遣いはできないな。
 そのように思えてくるから、不可思議なものである。

 まぁ、全体的に引き締めて生活しなければならないであろう。(咲・夫)

(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます



コメント

グラウンド・ゴルフの名プレーヤー逝く

2019-10-01 22:33:00 | 日記

[ポチッとお願いします]

 一昨日のこと、いつも通っているグラウンド・ゴルフ場。
 どなたかお亡くなりになったようである。
 すると、グラウンド・ゴルフをはじめた頃の5、6前のこと、その当時通っていたグラウンド・ゴルフ場において、はじめて声をかけていただいたMさんがお亡くなりになったらしい。
 その後、現在まで通っているグラウンド・ゴルフ場において、ご一緒にプレーする機会も多くなっていた。
 いつも優しいまなざしで、グラウンド・ゴルフに関して話してくださっていた。

 今春の3月中旬、同好会月例大会が開催された。
 近隣の愛好者も集う大会である。
 この時の優勝者がMさんだった。
 3ラウンドを終えて、ホールインワン4つの45打だった。
 運よく同じ組でプレーすることができた。
 この記録は、これまでの月例会で破られていないものである。
 
 平素の練習の際にご一緒することもあって、とても楽しそうにプレーをなさっていた。
 ところが、大会となるとこれまでと違って、1打、1打への集中力が全く違っていた。
 練習で見ていた姿とは、全く違って技術力もさることながら精神力が凄いと改めて教えられたものである。

 なるほどこれまでも大きな大会で、優勝や入賞なさっていたからそのすざまじい集中力には感服するものだった。
 見習うとて、簡単なことではない。
 グラウンド・ゴルフ場がすぐ近くということもあって、練習量も並外れたものだったらしい。
 何でも15mのホールでは、ホールインワンが入るまで粘り強く練習されていたとか。

 当方らの同好会が主催の近隣地区の皆さんと共に実施する月例会、3月の大会を最後に欠席なさっていた。
 あれ以来、練習でもほとんど見かけることがなかった。
 いささか体調を崩されていたらしい。

 夏頃だったか、いつものコースにいると体調がよくなったら月例会にまた出かけたいとおっしゃっていた。
 あの言葉が最後だった。

 独特のプレースタイル、堅実なコントロール。
 的確なショットとパット。
 惜しい名プレーヤーが早逝された。
 享年83歳とか。
 昨朝、出棺に立ち会えて良かった。
 ご冥福を祈りたい。(咲・夫)




下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

横断歩道で・・・

2019-09-28 22:06:45 | 日記

[ポチッとお願いします]

 先日のこと、と、ある横断歩道。
 何げなく、右手の方向の歩行者が横断したいような雰囲気が伝わってきた。
 横断歩道上における事故防止に力を入れている本県の警察本部・・・。
 
 思わず、一時停止をして歩行者がやって来て渡りきるまで待っていた。
 それを確認後、発進するとその先の電柱地中化点検整備ボックスの陰に私服の警察官、右手にトランシーバーを所持・・・。
 
 しばらく行った先の建物の横に白バイ隊員の制服警官が待機。
 おっと、危ない、あぶない。
 信号機のない横断歩道、いつも注意しながら走行している。
 あの時、警察官のお世話にならなくて良かった、よかった。

 先般、おばちゃんがその横断歩道の先で覆面パトに停止させられたその時を現認している。
 どうやら、歩行者が渡るそぶりなのに一時停止しなかったらしい。
 
 路面上のひし形の白いマークの2つ目先には、横断歩道があるというお知らせ・・・。
 これからも、注意しながら安全運転を目指したいものである。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント