咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

スープ完成も・・・まんぷく

2019-01-31 21:32:23 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 家庭でも簡単に作れて美味しい、飽きない味の即席ラーメンづくりに懸命な萬平と福子夫妻。
 毎朝見ている朝ドラ「まんぷく」。
 
 萬平は発明家としての仕事に誇りを持っており、即席ラーメンを開発するとの意気込みは並々ならぬものがある。
 誰もが食べてくれるラーメンをつくるため、ありとあらゆるラーメン屋や屋台に出向いて食べつくして来た。
 スープはどのように作られているのか、麺はどうなのか・・・。

 ある程度の方向性も決まり、研究所らしきものを建てて、黙々と即席ラーメンづくりに勤しむようになった。
 塩づくり、健康食品づくりなどの二番煎じ的な研究小屋、いや研究所・・・のようにも見受けられる。
 であるが、まぁ、モノづくりに没頭する様子を表現するには仕方ない設定かも。

 即席ラーメン完成へ、ある程度の目星がつかないうちは、一人で黙々と研究を重ねるしかない。
 発明家・萬平の鬼気迫る姿が垣間見られる。
 試行錯誤の末にやっと、誰もが“美味しい”、後を引くようなスープが出来上がった。
 家族たちに何度も試飲させ、全員が美味しいと云うまで作り直して・・・。

 昨日は、遂に全員が認める味となった。
 そうなると、今後は麺づくり。
 そのスープに合う麺。
 
 スープに合う麺が完成すれば、いよいよ本番となる即席ラーメンづくりである。
 明日からは、2月に月日も変わる。
 残り2ヶ月間となった番組放映。

 果たして、いつ頃になったなら『即席ラーメン』が開発されるのか。
 これが萬平家族を一変させる新規の発明品である。
 
 『チキンラーメン』の呼び名は何という名称になるだろうか。
 そのパッケージは・・・如何に。
 NHK美術スタッフが、どのようなパッケージを製作するのか。
 
 残り2ヶ月間、いろいろと思いを巡らせながら朝ドラを見ていくであろう。
 我が家も待ちかねている。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

雑感・・・コース整備

2019-01-30 23:14:41 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 天気が少しでも良くなると、相変わらずグラウンド・ゴルフ場へ。
 再三通っている手角グラウンド・ゴルフ場(松江市)。
 このコースは、とても水はけがいいものだから、雨上がりなどで他のグラウンド・ゴルフ場が使えない時でも問題なく使用できる。
 そのため、ここのところ多くの愛好者がやって来ている。

 一昨日も、昨日もとても賑やかだった。
 少しでも天気が良ければ、愛好者の方々が自然に集まって来るようである。
 勿論、当方らも同様。
 昨日も出向くと既に駐車場も一杯だった。
 しばらく、練習をしてから、地元の愛好者の組に入れてもらって楽しむことができた。

 来月は、室内大会が出雲ドームで開催されるので参加予定。
 一方、この時期に屋外で行われる大会と云えば、気候の良くなる3月からである。
 そこに向けて、今から多くの愛好者が目標を持って練習に勤しんでいる。
 さらに各同好会の月例会で切磋琢磨も・・・。

 ところで、こちらのコースでは、平素から地元同好会のY会長らが、懸命にコース整備をされている。
 昨日も、プレーヤーの合間を縫って整備をされていた。
 山積みにされている真砂土。
 各コースの整備に使われており、それぞれのホールポスト周辺や、そこに至るコース上なども綺麗に整備されつつある。
 いつも気持ちよくプレーできるから、熱心に整備されるY会長には敬意を表したい。
 
 なお、整備中でもあり、これまでとはボールの転がりも違っている。
 そのため、最初にプレーする方のボールの転がり方をしっかりと把握。
 なるほど、なるほど。
 理解したつもりでも、そのようにボールを放つことができないところに面白さが介在する。

 目標をチェック、ボールをしっかり見ながら打つ、目は離さない。
 歩く、あるいは走る、考える・・・。
 最後まで誰が勝つのか分からない。
 ホールインワン1つで形勢が一気に変わる。
 実に健康的で爽快な生涯スポーツである。

 だから、止められない。
 楽しいから・・・。(咲・夫)


(出典:公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会 公式HP抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

楽しめそうな・・・2/17「フェブラリーS」

2019-01-29 23:30:03 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 女子テニス界の女王(世界ランキング1位)となった大坂なおみ選手、その過熱気味な報道が続いている。
 テニスに詳しい解説人たちが口をそろえて言っていることは、あの第2セットの第9ゲームのチャンピオンシップポイントから、ペトラ・クビトバ選手に大逆転を許し、精神的なダメージの大きかったことから、通常であればメンタル面を立て直すことは極めて難しく、終わったかなと思わせられた。
 ところが、コートを去ってから第3セットがはじまる時には、別人のような雰囲気でコートに戻り見事に頂点を極めた。
 尋常な事ではない、メンタル面の切り替えが早い、ゲームのたびにすべてが進化している。
 “なおみ”時代の到来との評価となっている。
 
 一方、競馬の話であるが、JRAの女性騎手となった藤田菜七子騎手が、デビュー以来これまでの女性騎手の記録を次々と塗り替えている。
 そして、G1レースに騎乗できる30勝の条件をクリアしていた。
 
 あとは、G1レースに騎乗依頼する馬主さんの登場が待たれていた。
 その機会が意外にも早く実現できることとなったらしい。
 フェブラリーステークスの前哨戦である「根岸ステークス」で、見事に勝利した“Dr.コパ”こと小林祥晃さんの所有馬・コパノキッキング、鞍上は欧州の天才ジョッキーと呼ばれていたO.マーフィー騎手だった。
 同騎手は昨年末短期免許で来日し、この日初重賞を制しこの日5勝の通算25勝で日本を去っていった。
 
 同馬のオーナー・小林祥晃さんが、早速フェブラリーステークスにおける騎乗依頼を藤田菜七子騎手と明言されて大きな話題となった。
 奇しくもこの日の中京8レース(500万下)では、同騎手がテン乗りでコパノピエールで逃げ切ってゴールイン。
 また、同オーナー所有馬と菜七子騎手の相性はかなり良かった記憶がある。

 いずれにしても来る2月17日(日)、東京競馬場で今年初のG1レース「フェブラリーステークス」が開催される。
 その週は・・・コパノキッキングと菜七子騎手の話題で持ちきりであろう、きっと。
 根岸ステークスからさらに1F(ハロン)伸びる距離、マイルの東京競馬場でどのようなレースを見せてくれるのか。
 ベストは1200とのことらしいが、陣営が究極の仕上げをして、JRA初のG1騎乗の女性騎手にすべてを託すであろう。

 今から、楽しみになっている。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 藤田菜七子騎手)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

コパノキッキングとO.マーフィー騎手・・・凄い、すごい

2019-01-28 22:38:30 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 午後から出向いたいつものコース。
 この日は駐車場も満杯で、大会でもやっているのかと思えるくらい愛好者が来ていた。
 早速、地元のメンバーの中に入れてもらって、夕方まで楽しくプレーできた。
 最終ラウンドの最終ホールでホールインワンが出たので、翌日以降に繋がるであろうと一安心。
 その2ラウンドで36打だったから、満足、まんぞく。
 
 ところで、前夜の全豪オープンテニス女子、大坂なおみ選手の優勝戦を全員が見ていたらしい。
 その話でも大いに盛り上がっていた。(笑)

 さて、競馬の話。
 G1レースに繋がる京都メイン「シルクロードステークス」と東京メイン「根岸ステークス」が気になっていた。
 京都メインでは、追っかけ馬でイチオシの2番ダノンスマッシュ、好位追走から直線へ。
 勝負どころで前が詰まって追い出せないが、鞍上はウマく外に出して一気に追い出した。
 すると、グイグイ伸びて後続に1馬身4分の1突き放しゴールイン。
 さすがである。
 ところが、伏兵が来てしまって・・・相手がいなかった。

 一方、東京メインは11番コパノキッキングをイチオシで応援。
 終始中団前あたりから追走し、長い直線に向くと鞍上が大外から一気に押しだした。
 いい脚で上がってきている。
 メンバー最速の35秒4の末脚で、鞍上のO.マーフィー騎手が懸命に追っている。
 距離がどうか、とのこともあったが、鞍上の気合に応えるようにインから先に動いた2番ユラノトをゴール前でキッチリ捉えてゴールイン。

 来日初重賞制覇のO.マーフィー騎手、土日で7勝し本年17勝とただ今リーディングジョッキー。
 さすが、天才ジョッキーと呼ばれるだけの大活躍。
 若い騎手なのに大したものである。
 ちなみにフェブラリーステークスの優先出走権をゲットのコパノキッキング、そのG1レースでは藤田菜七子騎手が騎乗するらしい。
 オーナーのDrコパこと小林祥晃さんが明言とか。
 JRA女性騎手初のG1レース騎乗で、その日は大いに盛り上がるであろう。

 当方、馬連をゲット。
 さらに僅かな残金で追加投票の3連複ボックスを的中。
 まずまずの戦績だった。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (4)

第33回根岸ステークス他・検討

2019-01-27 13:57:13 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日は、心配されていた積雪もなくてホッとしている。
 昨夕の全豪オープンテニス、女子決勝戦は素晴らしい試合だった。
 日本中の多くのテニスファン、俄かテニスファンが、ライブ映像に釘付けであったことだろう。
 俄かテニスファンの我が家も同様だった。

 世界ランキング4位の大坂なおみ選手が、同6位のペトラ・クビトバ(チェコ)選手と歴史に残る熱戦を繰り広げた。
 第2セット5-3とした第9ゲーム、40-0とチャンピオンシップポイントを奪っていたが・・・。
 何と、なんと。
 勝負事は実に分からないものである。
 
 絶体絶命のピンチから、ペトラ・クビトバ選手が驚異の粘りで逆転勝利。
 セットカウント・・・1対1。
 第3セットでの決着となった。
 
 勝利の女神が目前にまで迫っていながら、遠のいてしまって精神的にもかなり動揺していた大坂なおみ選手だった。
 ところが、強い精神力で見事に立て直して、最後はサービスエースで6-4とし、勝利の栄冠を手にした。
 世界ランキングも1位。
 日本列島を熱狂させたことであろう。

 さて、競馬の話。
 本日は、それぞれのG1レースに繋がる重賞レースが東西で組まれている。
 どちらも、面白そうである。

予想レース

[京都11レース・シルクロードステークス(G3)(4歳オープン・ハンデ)]
 ここは千二の距離を使って2勝、2着1回と底を見せていない2番ダノンスマッシュを狙いたい。
 ロードカナリア産駒の追っかけ馬である。
 今回は好枠に入っており、最終追い切りもグッドとか。
 コース相性もあって、ここは勝ち負けと思われる。
 体型も以前は牝馬のようだったが、付くべきところに肉がついて、雰囲気が違ってきたらしい。
 ここはキッチリ決めてほしい。
 
  2 ⇔ 1,7  及び 2 - 6,10,14,16  馬単4点及び馬連4点。

[東京11レース・根岸ステークス(G3)(4歳オープン)]
 ここは1F(ハロン)伸びる千四でも、来日初の重賞勝利を目論むO.マーフィー騎手騎乗の11番コパノキッキングが、鞍上のアシストで重賞を連勝すると思われる。
 前に行っても、追い込んでもいいのが持ち味との陣営、そこは鞍上が好判断するものと・・・。

 相手候補には、昨年2着の12番サンライズノヴァ、またこのコース大得意の伏兵10番レッドゲルニカあたりを中心視したい。
 
  10,11,12  及び 11 - 1,2,6,9,16  馬単6点及び馬連5点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋 サンライズノヴァ・右の最終追い)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (4)

第56回愛知杯・検討

2019-01-26 13:39:20 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 西日本の日本海側、大雪注意報も出ている。
 京都競馬場の夜間発売が中止されていた。
 冬型気圧配置が強まっているとか。
 
 昨日も寒かったが、寒風の中、午後からいつものコースで5ラウンド。
 6人で回った。
 地元の方々も12人が、元気よくボールを追っておられた。
 後期高齢者の皆さんがとても元気がいい。
 寒いけど、いい運動ができた。

 さて、競馬の話。
 今週から東京、京都競馬が開催される。
 寒い中、競走馬たちの華麗な走りが見られるであろう。

予想レース

[中京11レース・愛知杯(G3)(4歳以上オープン・ハンデ)(牝)]
 ハンデ戦の牝馬限定レース。
 荒れそうである・・・。
 思い切って軽ハンデ馬から向かってみたい。
 この距離2-1-1-0、このコース1-0-1-1と相性のいい6番レイズアベールを狙いたい。
 ハンデは50キロで格上挑戦の1頭であるが、最終追切が良かったらしく、競馬エイトでもピックアップされている。
 その点が後押ししてくれる。
 さらに鞍上との相性もいいとのこと、頑張ってほしい。
 
  1,6,9  及び 6 - 4,5,8,11,12  馬単6点及び馬連5点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今週も、的中マークが・・・ほしい)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

今週の追っかけ馬(1月27日)

2019-01-25 19:49:40 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 国家の体をなしていない韓国、反日で一本化されている左翼政府と文在寅大統領にはうんざりしている。
 左翼系裁判官、さらに韓国軍までもが反日意識が強くなっている。
 何でもかんでも、反日で凝り固まっている政権。
 慰安婦財団の一方的解散、徴用工問題、韓国軍の自衛隊機へのレーダー照射問題など、国際社会に通じないような行為ばかりである。
 もはや、韓国なんぞ相手にしないこと。
 韓国に出ている日本企業の撤収。
 国交断絶へ・・・。
 と、我が国政府もそのくらい強い姿勢があってもいいだろう。

 ところで、昨日も用事をすべて終えてから、G・ゴルフ同好会のメンバーらと6人でプレーを満喫。
 この日は、2組17人くらいがプレー中だったから、賑やかなことだった。
 4ラウンドを行い、6人中5人がホールインワン。
 当方も、家内も出て良かった。(笑)

 さて、競馬の話。
 今週の土日はところによって大雪とか、西日本もその中に入っている。
 競馬開催が無事に行われることを願っている。

京都11R ダノンスマッシュが出走予定。
 今もっとも騒がれているロードカナロア産駒の活躍、追っかけ馬のこちらも同産駒である。
 スプリント戦に的を絞って、1、2、1着と好走し前走は初重賞を制していると評価もうなぎ上りらしい。
 最終追いもグッド、あふれるスピード感と坂路12秒6でサンスポ評価Aとのこと。
 今回のハンデ戦では、56.5キロを背負うらしいが、問題ないであろう。
 鞍上との呼吸もピッタリなら、今回も期待しておきたい。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都2R マッシヴレジェンド、5R ザプリオレス、11R カネトシビバーチェ、12R スズカスマート
      中京7R キングザムソン、ヴァリーゲート  
  日曜日:中京1R スズカスパイカー、11R キングブラック

 今週は、カネトシビバーチェ、スズカスマート、キングブラックに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント

雑感・・・財布騒動

2019-01-24 22:57:22 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 1年振りであろうか、「楽楽福(ささふく)水辺公園」(鳥取・伯耆町溝口)のグラウンド・ゴルフ場へ出向いた。
 我が家が米子市界隈で用事があって出向いていた。
 その用件を終えた頃、家内の兄姉夫婦と某所で落ち合う予定だった。
 全員で昼食を終えて、グラウンド・ゴルフ場へ向かった。
 
 冬場の期間は、3月末まで3コースのうち、1コースが閉鎖されているらしい。
 残りの2コースのうち、1コースは予約者たちが大会か何かで使用するらしく、残された1コースでプレーに専念。
 こちらも12、3人が使っており、その合間を縫って当方ら6人もプレー開始。

 何しろ、使用料金は無料のため、好天になると次々とプレーヤーがやって来るらしい。
 転がりの悪い芝のコース、4ラウンドを回ったけど、かなり疲れるコースである。

 この日は、どうしたものか。
 我が家にはホールインワンが全くでない。
 義兄宅は5つ、義姉宅は3つも出ていた。
 参った、まいった。
 
 夕方の4時近くなって、解散することとなった。
 5時過ぎに帰宅。
 荷物などを車から降ろし、夕食までにいろいろと雑務に取り掛かった。
 風呂とか夕食を終えて、一段落した頃のこと、本日の買い物に使っていた財布と布製のバッグが見当たらない。
 
 思い当たるところを懸命に探すも見当たらない。
 確かに車から降ろしたと思うけど・・・。
 今一度、車内などをチェック。

 家内も想い出せないとか。
 数時間探すも・・・。
 夜遅くなって、今一度探すと。
 やっと、見つかった。
 思いもよらないところに家内が仕舞い込んでいたらしい。
 無意識だったようで・・・。

 でも、あらゆるカードも入っており、見つかって良かった、よかった。
 大事な物もあるため、見つかってホッとしている。(咲・夫)


(楽楽福水辺公園・春季の画像)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

視聴率が・・・「いだてん」

2019-01-23 23:49:35 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 異色の大河ドラマ「いだてん」がスタートし、第3話が終了している。
 結構面白いと思いつつ見ているけど。
 何でも視聴率は、かなり悪いらしい。
 どこが、どうなのであろうか。

 やはり、『大河ドラマ=時代劇』の構図が崩されたためであろうか。
 もっとも、時代劇ファンの当方であるが、やはり現代劇よりも時代劇の方がいいに決まっている。
 であるから、来年の『麒麟(きりん)がくる』が楽しみであり、待たれる大河ドラマである。
 
 それでも、来年が2度目の東京オリンピック開催であり、その前に前回の東京オリンピックとそこまでに至る舞台裏の分かる今回の大河ドラマは興味津々。
 第1話から、展開が早く昭和と明治を行ったり来たりしながら進む手法。
 よく見ていないと困惑するが、面白い導入手法と思いながら見ていた。

 特に昭和30年代の大掛かりなセットなど、ディテールまで見入らせられるから古き良き時代背景が思い出される。
 大河ドラマとして潤沢な予算でドラマを制作しており、美術スタッフも抜かりなくセットを組んでいる。
 そこらあたりを見るだけでも、郷愁を誘われるから嬉しくなる。
 
 であるが、視聴率は下降気味らしい。
 聞き取りづらいナレーション。
 活舌の悪いナレーション。
 などとの批評もあった。
 
 確かに、聞き取りづらいシーン、ナレーションであることは間違いないと思える。
 であるが、全体の流れにはいろいろな部分で新たな面が見られるから、団塊世代の当方らには興味津々と思っている。
 
 高視聴率を稼ぐ宮藤官九郎さんの脚本、どこかできっと巻き返してくると思いつつ見続けたい。
 日本のオリンピックに関わる舞台裏、知らなかった事柄がそれとなく分かってくるならそれでいいと思っている。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (6)

雑感・・・昭和30年代「大河と朝ドラ」

2019-01-22 22:39:11 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日は、1年振りの人間ドック受診だった。
 早朝から出向き、心電図、エコー、胃カメラ、血液検査等。
 胃カメラ検査では、鼻からのカメラ挿入である。
 既に何年も受けているから慣れてはいるが、やはりちょっと気持ちの悪いものである。
 であるが、胃の中などをキチンと見てもらえるから止むを得まい。
 昼前に帰宅し、昼食を終えたころ・・・。
 グラウンド・ゴルフの誘いがあった。

 同好会のH夫妻だった。
 T会長にも声がけしいつものコースへ。
 すると、地元同好会や常連さんたち8人がプレー中だった。
 
 当方らも5人でスタートしていると、顔見知りの女性もやって来て6人でプレー・・・あかるく、楽しく、元気よく。
 この日は、Tさんにホールインワン3つ、女性のYさんに2つ・・・。
 寒空の下、時おり震えながら夢中になっていた。

 ところで、毎週日曜日に見ている新たな大河ドラマ「いだてん」。
 じっくりと見ていないと、昭和と明治が交錯しながら物語が展開する。
 うっかりするとこんがらがってくる。
 テンポも早いから、ついて行くのも大変。
 まるで、マラソンに参加しているようでもある。

 前半は明治時代に重きが置かれている。
 そのため金栗四三を演じている中村勘九郎さんが、迷うことなくご本人になり切って一生懸命演じており思わず応援したくなった。
 豪華俳優陣が物語を盛り上げており、来年の東京オリンピックを盛り上げようとの意気込みが伝わってくる。
 思わず、こちらも懸命に見入っている。

 先般放送の昭和の時代は、35年頃が描かれていた。
 30年代となると、少年時代でもあり何とも懐かしさがこみ上げてくる。
 
 すると、毎日見ている今回の朝ドラ「まんぷく」、またしても破産してどん底生活を味わう主人公夫妻。
 叩かれても、叩かれても立ち上がって来る「萬平と福子」家族。
 昨日放送時の昭和の時代は、昭和32年とか云っていた。
 
 図らずも、大河も朝ドラも昭和30年代を扱っている。
 その時代、一方では初の東京オリンピック招致に懸命だった頃が描かれており、もう一方では、インスタントラーメン開発に邁進しはじめる「萬平と福子」の苦労が描かれる。
 昭和は遠くになりにけり・・・。
 その域にある昭和30年の時代背景。
 
 2つの番組における昭和30年代を見比べていきたい。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

強い、強い・インティ「東海ステークス」

2019-01-21 23:07:20 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 珍しく、全日本卓球の準決勝、決勝を見てしまった。
 女子シングルスは伊藤美誠選手の2年連続優勝。
 男子シングルスは、同じ木下グループの水谷隼選手と大島祐哉選手の決戦。
 もの凄い、プレーに見入ってしまいながら、水谷選手の優勝奪還の執念を見た思いでもある。
 第1ゲームを11対13で獲られるも、そこからが本領発揮で3ゲームを連取。
 特に第4ゲームは連続9ポイントを奪取するなど、圧巻のプレーが見られた。
 凄いプレーを見てしまったと何度も思った。
 結局、4-2で大島選手を撃破し、13年連続決勝進出で通算10回目の優勝。
 前人未到の偉業達成の瞬間だった。

 さて、競馬の話。
 競馬の世界でも圧巻のレースを垣間見ることができた。
 中京メインレース「東海ステークス(G2)」で、1.5倍の超1番人気に支持された4番インティが出走。
 デビュー2走目の未勝利戦、先手を主張しそのまま押し切って後続に7馬身差をつけていた。
 500万クラスでは、4馬身差で逃げ切り。
 降級戦の同クラスでは、先行策から早め先頭で4馬身差の勝利。
 1000万クラスでは、10馬身差の圧巻の逃げ切り。
 1600万クラスでは、番手からの競馬であったが、ここでも先頭に躍りでると5馬身差で押し切ってゴールイン。
 
 未勝利戦から5連勝で臨んだ昨日のレース、スタートを決めるとスーッと先手を主張し、マイペースで4コーナーから直線を向いた。
 その時点で鞍上の武豊騎手は、持ったままであった。
 
 さほど、手を動かさなくても後続を突き放しにかかった。
 終始4、5番手から追走の3番チュウワウィザードが、懸命に追いすがるもどうしても交わすことができない。
 残り200を切ったあたりでインティの鞍上が、軽くムチを入れた程度だったから、どえらいダート馬の出現と思えた。
 チュウワウィザードに2馬身差、3着以下にはそこからされに7馬身差だったから・・・。
 どこまで強いのか。
 
 フェブラリーステークスの優先出走権を得た同馬、次走はそのまま出走するのか。
 G1の流れになるとまた厳しいものが想定されるが、頂点に立つ確率も高いであろう。
 敗けるまで応援したくなった。
 
 以前応援していたこともある2番アスカノロマン、離されながらも掲示板を確保できていた。
 もうひと踏ん張りして3着に来てくれたら面白かったけど。
 いいレースを見ることができた。(夫)

 参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 強い・インティ)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

第36回東海ステークス・検討

2019-01-20 14:41:41 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 全日本卓球、10代男女の元気がいい。
 2020年東京五輪、打倒中国へ大きく前進できる予感。
 本日は男女シングルスの決勝らしい。

 テニスの全豪オープン、錦織圭選手と大坂なおみ選手ともにベスト16へ。
 こちらも熱戦が続いており、日の丸を背負って頑張ってほしい。
 
 昨日、午前中は絶好の天気だったが、いろいろと用事もあったから、午後を回ってからいつものコースへ・・・。
 と、思っていた。
 14時半ころから出向こうとしたところ、冷たい小雨が落ち始めた。
 結局、自宅にて競馬観戦の傍ら、いろいろと雑務をしていた。
 競馬の方は、久々に万券などをゲットで・・・回収率123.2%。
 


予想レース

[中京11レース・東海S(G2)(4歳以上オープン)]
 未勝利戦から、500万、降級の500万、1000万、準オープンと連戦連勝でオープン入りの4番インティの上昇度に1票を投じたい。
 すべて、メンバー最速の末脚を発揮しており、いきなりの重賞レースでも楽しみが優先する。
 常に大きく着差をつけており、逃げても控えても最後はキッチリ結果を出している。
 どこまで勝ち上がるものか、ここも通過点であろう。
 伏兵でも連れてくると面白いけど・・・。

   4 ⇔ 1,7   及び  4 ⇒ 2,3,5,6,10  馬単9点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

すばるステークス(L)他・検討

2019-01-19 12:51:51 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日、昼下がりまでにすべての用事を終えると、格別することもなくなった。
 我が家の美味しい珈琲を飲み終えて、いつものグラウンド・ゴルフ場へ。
 美味しい珈琲とは、毎回当方が入れているものである。
 退職後購入したデロンギ社のコーヒーメーカー。
 アロマを十分引き出して、飲む珈琲はやはり美味しい。

 午前中に相当雨が降っていたらしい。
 水はけの良いコースも、やはり重馬場傾向だった。
 地元のY会長が一人で練習中だった。
 2ラウンドをご一緒した。
 帰り際、取り立ての大根を戴いたから美味しく戴ける。(笑)

 さて、競馬の話。
 今週から、中央競馬開催も平常通りとなってくる。
 正月競馬の余韻が残されているかも・・・。

予想レース

[京都9レース・祇園特別(4歳以上1000万下)]
 ここは、超1番人気の1頭がいるが、このクラスを1度は勝ち上がっている5番トゥザクラウンをイチオシで狙いたい。
 あと一押しが欲しいレースも多いが、絶好調ジョッキーにお任せであろう。
 体調は決して悪くないとの陣営。
 ここは決めてほしい。
 
  5 ⇒ 6,8,11 ⇒ 3,6,7,8,11  3連単フォーメーション12点。

[京都11レース・すばるステークス(L)(4歳以上オープン)]
 7F(ハロン)戦はベストとの評価のある3番ヴェンジェンスを狙いたい。
 ここも鞍上はC.ルメール騎手であるが、大いに期待している。
 少し力む面もあるらしいが、そこは鞍上がそつなく騎乗するであろう。
 オープン特別で7F(ハロン)戦、条件も好転との評価もある。
 ここは縦目を抑えながら、じっくりと観戦したいところである。
 
  3,5,8  及び 3 - 2,6,7,15  馬単6点及び馬連4点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 「POGも楽しい・・・」)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

今週の追っかけ馬(1月19日・20日)

2019-01-18 22:39:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 冬の風が冷たい、昼食を兼ねた臨時のOB会幹事会を終えて、いつものグラウンド・ゴルフ場に向かった。
 G・G同好会会長Tさんからの誘いだった。
 OB会幹事長でありG・G同好会員のYさん、家内と当方の4人だった。
 すると、同好会員のH夫妻もやって来て、地元の方など7人で寒風の中4ラウンドを回った。
 時おり、雨粒も舞い降りるなど手先がかじかむ寒さだったが、皆さん元気そのものである。
 当方とH婦人にホールインワン。
 寒くても、風が冷たくても、やはり楽しい時間である。

 さて、競馬の話。
 先週の3日間開催は、変則日程の正月競馬の名残なのか、荒れるレースも多かった。
 難しいレースが続いている。


[土曜日の追っかけ馬]
京都3R ワダツミが出走予定。
 デビューから4走、1番人気から4番人気の間で出走している。
 着差は0秒3差から0秒7差。
 前々走は、0秒3差の惜しい内容のレース。
 今回は、昨年のリーディングジョッキーで次々と記録を塗り替えたC.ルメール騎手が騎乗するとか。
 陣営も良血馬を何としても軌道に乗せたいとの思いであろう。

京都9R トゥザクラウンが出走予定。
 叩き2走目の前走は期待していた。
 番手追走から、今度こそと思いつつ応援。
 逃げるメイショウオーパスを最後の直線で捉えるかと思っていたが、残り100を切ったあたりで脚が上がったらしい。
 後続に一気に抑え込まれた。
 叩き3走目の今回こそ・・・。
 このクラスは勝利しており、降級の形にある。

京都10R ショウリュウイクゾが出走予定。
 前走は後方からの競馬だったが、どこかチグハグナ走りのように思えた。
 勝負どころで懸命に追い出すも、フォームもバラバラに思える走り・・・。
 結局、人気通りの5着だったが、1秒0の着差はまずいであろう。
 今回は、オープンのレースであり、強敵も少なそうだから、本来の走りを通せば勝ち負けと思えるけど・・・。

[日曜日の追っかけ馬]
京都11R レインボーフラッグが出走予定。
 前走、5着でも着差は0秒2でありもうひと踏ん張りの域にある。
 前々走は0秒3差・・・。
 ここのところ、常に1番人気か2番人気にある同馬、あと一押しがほしいジレンマ。
 今回は和田竜二騎手がテン乗りでやって来る。
 最後の一追いが求められるから、中団あたりで折り合って末脚を温存し一気に爆発してくれないか。
 あるいは、これまでと違った積極的な騎乗がいいかも知れない。
 どう乗るか、じっくり見たい。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:中京9R サンマルエンパイア  
  日曜日:京都3R タイガーアチーヴ、10R タイセイパルサー

 今週は、サンマルエンパイア、タイセイパルサーに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)

『一片の悔いもない』・・・

2019-01-17 22:42:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 横綱稀勢の里がついにと云うか、やはりと云うか、現役引退を表明との報道が流れた。
 『一片の悔いもない』との表現だったらしい。
 
 大相撲のことは、あまり詳しくないけど、あの時の大怪我(新横綱での春場所)が大きな要因であろう。
 新横綱として、あの怪我を押してまさに満身創痍での優勝。
 綱を張るものとしての責任感全うが、これほどまでに大きな代償となったのか・・・。
 
 日本人横綱としての重圧、素人の当方らには到底及びもつかないものだったのであろう。
 勝てないつらさ。
 勝てないから精神的にも追いつめられる。
 何とか、何としても1勝を掲げたい。
 とに角、1勝すれば道は開かれるとの思いだったろう・・・。
 
 焦りに焦ったと思われる。
 眼もうつろな土俵。
 焦点の合わない眼。
 
 その重圧は並大抵なものではないだろう。
 日本人としてただ一人の横綱ゆえに。
 相撲界も、相撲ファンからも期待を掛けられていた。

 引退におけるその言葉、『一片の悔いもない』とは本心ではないように思われた。
 悔しさ一杯、歯がゆさ一杯。
 きっと、辛い言葉を選んだように思われる。
 
 当方には「お疲れ様でした」、その言葉しか思い浮かばない。
 惜しい力士が、また一人土俵を去った。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)