咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

ブログ開設2664日・・・

2016-12-31 21:55:25 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 2009年9月15日に開設の我が家のブログ。
 
 「娘のアドバイスを受けて、ブログを立ち上げました。
 娘夫婦と息子夫婦が、遠方にいるため、ブログを介して近況報告を、友人たちや多くの方々へ様々なメッセージを、と思いながら初めてのブログに挑戦しました


 と、書き込んでスタートしている。
 
 あれから、2664日(7年4ヶ月余)が経過。
 その後、毎日更新を自らに課して、ここまで続けることができている。
 過去のブログを読み返すと、下手な文章の羅列も目立っている。
 
 継続は力なり。
 いろいろな人たちのブログにも触れながら、文体も徐々に替えてきている。
 読みやすい文体。
 分かりやすい文体。
 簡潔明瞭の文体。

 そのように思いつつも、つい長い文体になっている。
 書き続けていると、あれも、これもと書き込む癖が治らない。
 困ったものである。(笑)

 特に競馬のコーナーでは、その結果を書き込む際、ついつい長々と書き込んでいる。
 もっと、簡潔明瞭にと思いつつも・・・。
 相変わらずの長文。
 
 飽きずにお付き合いいただいている皆さん、本当に感謝、感謝以外にはございません。
 2017年も、長文になりそうですけど、斜め読みでも構いません。
 どうか、来年もお付き合いのほど宜しくお願いいたします。

 良い、お年をお迎えください。
 1年間、ありがとうございました。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都金杯か、中山金杯か・・・マイネルハニー

2016-12-30 22:25:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 今週の中央競馬は、年末・年始でお休み。
 来る年、2017年1月5日(木)の中山金杯及び京都金杯で幕開けとなる。
 競馬関係者の皆さんは、僅かな正月休みも早々に出走各馬の調教に懸命であろう。
 変則開催となる正月競馬。
 荒れるレースも多数。
 祝儀馬券が舞い散ること請け合い。

 ところで、この東西の金杯に出馬登録の「マイネルハニー」。
 某スポーツ紙を見ると、京都マイル戦の金杯に出走するようである。
 馬場的には、中山があっていると思うけど・・・。
 いずれにしても、同馬の動向は気にかかっている。

 先般の阪神チャレンジカップで、早め先頭から押し切った「マイネルハニー」。
 9番人気ながら、初の重賞制覇。
 それまで、スプリングSでクビ差2着の惜しいレースもあった。
 前走は人気も落ちていたが、力量的には上位と思っていた。
 そのレース、最後まで渋太く初重賞制覇を目指していた。

 人気ウスの上に2、3着も伏兵陣が入ったから、大荒れのレース結果だった。
 今回は、開幕週のスピードが問われる京都コース。
 枠番によっては、先手か番手であろうか。
 ハンデ戦となる東西の金杯。
 56キロ程度のハンデ予想らしい。

 ここでも勢いのある同馬が、キッチリ勝利して酉年の2017年を大いに羽ばたいてもらいたい。
 距離的には、マイルから2000くらいまでが良さそうである。
 同馬にとって、京都金杯から飛躍の年になるのではないかと・・・勝手に思っている。
 最終追切が気にかかる。

 同年代のエアスピネルが最大のライバルであろうか。
 楽しみな一戦。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真田丸・・・総集編

2016-12-29 22:34:15 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 残すところ、3日となった2016年。
 最近では、あれもやっておけば良かった、これもやっておけばよかったと、思い起こすことがなくなっている。
 日々是平穏。
 そのような毎日を過ごしているためなのか、何事にも挑戦の意欲に欠けるのか。
 これが年金生活者の悲哀なのかも知れない。

 生と死が常に近くにあった戦国時代。
 いつ寝首をかかれるものか、忠誠と裏切りが交錯する時代。
 親兄弟であっても、いつどのような顛末になるのか、疑心暗鬼に包み込まれた時代。

 そのような時代からすると、現代では真逆の平穏な日常である。

 生と死の狭間の時代を力強く生き抜いた真田一族。
 家族愛と兄弟愛がこれほどまでに緊密な一族は、この時代にあって極めて稀なことであったらしい。
 その真田家の人々と、それを取り巻く時代を描いた「真田丸」。
 この1年間、第1話から第50話が一気に駆け抜けてしまった。

 明日、午後0時15分から夕方まで、総集編が4章に分けて放送されるとのこと。
 これは是が非でも録画しておきたい。 

 室賀正武(西村雅彦)の「黙れ小童」が、再び聞かれるから第1章の総集編あたりは注意して見ておきたい。
 この武将、鮮烈なデビューだった。
 あの頃、大いに話題になった台詞でもある。
 
 このドラマに登場の徳川家康(内野聖陽)、デビューの頃はいかにも滑稽で頼りなさそうに描かれる。
 今までにない家康像だった。
 関ヶ原前夜から、したたかな狸親父に変貌。
 やはり、天下が目前になったこと、やっと自らの時代がやって来たとの好機到来。
 これを逃すわけにはいかない。
 そのようなことであろう。

 一方、小豪族から大名へと上り詰める真田昌幸(草刈正雄)、そこまで辿り着くには凄惨な戦いもあった。
 知略に富んだ昌幸なればこそ、末代まで真田の家名を繋ぐ礎を築くことができたのであろう。
 「真田太平記」で丹波昌幸を間近に見て来た草刈正雄さん、最初はちょっと気負い気味だった。
 その後、徐々に草刈昌幸となっていた。
 
 そして、15歳から48歳まで、戦国時代を鮮烈に生き抜いた真田信繁(堺雅人)。
 今一度、総集編でじっくりと見ておきたい。(夫)
 


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猛威拡大の感染性胃腸炎・・・とか

2016-12-28 22:31:00 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 ここのところ、連日の雨と冬型の気象配置に嫌になっている。
 どんよりとした山陰独特の暗い天候。
 参ってしまう。(笑)

 ところで、冬期に流行の激しいノロウイルスによる感染性胃腸炎。
 先般来から、メディアを通して今冬の流行を懸念する報道があった。
 ここに至って、「10年ぶり警報レベル」になっているらしい。

 さらに怖いことに、「この冬のノロウイルスは、遺伝子変異により、感染リスクが高まっている可能性がある」との報道。
 特に今年の場合は、早くからこの問題が全国レベルで取り上げられ、その予防対策なども報じられていた。

 その症状は、嘔吐・下痢などが主なもの。
 特に高齢者とか、幼児の場合は脱水症状により、抜き差しならぬことになりかねない。
 老人施設とか、保育園・幼稚園などでは、手洗いやうがいなどが徹底されていると思える。
 
 当方も、ずいぶん昔のこと、魚介類によりキツイ感染性胃腸炎で苦しんだことがある。
 冬に生で食す岩ガキなど、出荷の際にはノロウイルス検査が行われている。

 感染性胃腸炎の主な原因物質のノロウイルスは、人の体内でのみ増殖するらしい。
 感染者の嘔吐物が、乾燥し気中に浮遊するウイルスを吸い込むことでも、感染するらしいからとても厄介なものである。
 ごく少量のノロウイルスでも、極めて感染力が強いとか。

 家庭内で感染者がいれば、嘔吐物、汚物処理には細心の注意をしなければならないらしい。
 さらにトイレのドアノブなども徹底的に消毒すべきとのこと。
 また、普段の生活の中では、石鹼などで手洗いを徹底的にすべきとか。
 その手洗いについては、爪の間とかかなり細かく徹底して行わないといけないらしい。
 
 ネットで検索すると専門家による予防法などが、こと細かく記載されており要チェック。

 いずれにしても、この時期は感染性胃腸炎予防対策が必要である。(咲・夫)


(ノロウイルス)

[追 記]~感染性胃腸炎・10年ぶり警報レベル~
 ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が拡がっています。最新の1週間の患者数は、10年ぶりに大きな流行を示す「警報レベル」を超えました。
 国立感染症研究所によりますと、今月18日までの1週間に全国の医療機関から報告されたノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者の数は、1医療機関あたり20.89人にのぼりました。1週間の患者数としては2006年以来の水準となり、大きな流行を示す「警報レベル」の基準値を超えました。
 この冬のノロウイルスは、遺伝子変異により、感染リスクが高まっている可能性があるということで、厚生労働省は、手洗いなどを徹底して感染を予防するよう呼びかけています。
(出典:Yahoo! ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017大河ドラマ「おんな城主 直虎」・・・

2016-12-27 22:51:35 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 この1年間たっぷりと見入っていた「真田丸」も、先般最終回を迎えていた。
 来年の大河ドラマは、異色の城主・「おんな城主 直虎」と、早くからPRが行き届いている。
 この直虎については、先ごろ「おんな」ではなくて、「おとこ」であったとか。
 そのような古文書が発見されたとの報道もあった。

 真意のほどはいかほどか、よく分からないが、このドラマを盛り上げるには前触れとして面白いと思った。
 もっとも、公式の見解が「おんな城主」でなかったとなれば、このドラマは架空の話になってしまう。
 ドラマ自体も成り立たなくなる。
 
 それは、ともかくこれまでの通説に基づいて、ドラマ展開がなされるからしっかりと見届けたい。

 実のところ、後の徳川四天王の1人で、赤備えの勇猛果敢な戦国武将・井伊直政を育てた人物の物語らしいが、全く知らなかった。
 少なくとも井伊直政に関しては、時代小説にも多く登場するからそれなりに知っていた。
 余談ながら、映画「切腹」、「一命」では、井伊直政の赤備えの甲冑と井伊家を揶揄したものだった。

 来年早々に始まるこのドラマ、井伊家の後継ぎが次々と亡くなることで、姫君が直虎と名乗って家名を存続するとのこと。
 幕末・彦根藩城主の井伊直弼に繋がる先祖の話。
 視聴者の1人としては、興味津々でもある。

 登場人物の相関図を眺めながら、基礎知識を植え付けておきたいが、初めての名前の人物ばかりである。
 ところで、井伊家取り潰しの陰謀を企てる海道一の弓取り、今川義元役に落語家・春風亭昇太さんが起用されたとか。
 城についてとても詳しいご本人、3度目の大河ドラマ出演。
 今回は大物武将役で、出番もメチャ多いであろうから、かなり張り切っての出演と思っている。
 これは、これで話題性タップリ。

 いずれにしても、「おんな城主 直虎」を来年1年間楽しみたい。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連覇ならず・・・ゴールドアクター

2016-12-26 21:13:35 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 中央競馬最終日、「有馬記念」と「2016ファイナルステークス」の勝負馬券を投票のためウインズへとんぼ返り。
 偶数月の前半までは、調子の良かった競馬予想。
 この3日間開催は、サッパリである。
 最終日は、この2レース分に集中的に精力を突っ込んでいた。
 前夜、あらゆる角度から検討し、マークシートをしたためていた。
 さすがにウインズ米子もこの日は、大盛況だった。
 いつもの土曜日の3、4倍の人の出入りがある。
 
 必要な馬券をポケットにねじ込んで帰路についた。
 有馬記念は、2番ゴールドアクターと心中の思いでもあった。
 馬単・馬連さらに6番サウンズオブアースとの2頭軸3連複、3連単などを投票。

 昼食後、好天でもあり気分転換にいつものグラウンド・ゴルフ場に向かった。
 いつものメンバーの人たちも来ている。
 家内と2人で1ラウンド練習後、6人で3ラウンドを回った。
 気持ちのいいくらいの好天、汗も出ないから快適だった。
 結果の方は、当方にもホールインワンが出て・・・納得の成績。
 
 競馬の方も気がかりで、当方らはホールアウト。
 我が家まで15分程度、車に乗り込むと有馬記念のファンファーレが鳴り響いてきた。
 ラジオから流れる競馬中継。
 先手を主張したのは、7番マルターズアポジーらしい。
 番手に1番キタサンブラック、3番手に2番ゴールドアクターが追走とか。
 
 大歓声のスタンド前、長い隊列になっているらしい。
 11番サトノダイヤモンドは中団から追走。
 6番サウンズオブアースは後方から、4番ヤマカツエースと8番ミッキークイーンはやはり中団あたりから追走・・・。

 1、2コーナーから向正面流しになったころ、スルスルとサトノダイヤモンドが馬なりでキタサンブラックを見ながら追走できる3番手あたりに上がったらしい。
 これは、まずいな。
 C.ルメールマジックか・・・。
 
 逃げ込みを図るマルターズアポジーが、この3頭に次々と飲み込まれたらしい。
 ヤマカツエース、ミッキークイーンらも先団へ詰め寄ってきたようだ。
 残り200を切った。
 ゴールドアクターがキタサンブラックに詰め寄って、馬体を併せるもキタサンブラックが盛り返したらしい。
 そこにエンジンフル回転のサトノダイヤモンドが、外からかぶせるように2頭を包み込んできたようだ。

 ゴール直前、実況のアナウンサーの絶叫。
 外からサトノダイヤモンドが、キタサンブラックを交わしてゴールインとか。
 ゴールドアクターは、ゴール手前3着に落ちたとのこと。
 力・・・尽きたのか。
 残念
 1番人気、2番人気、3番人気の固い決着。
 荒れることを想定していたが、ゴールドより強いダイヤモンドにルメールマジックも炸裂の「2016年グランプリ・有馬記念」だった。
 
 帰宅後、じっくりとファイナルステークスを見ていた。
 イチオシの9番スーサンジョイが、残り200を過ぎたあたり、持ったままで先頭に躍りでた。
 このまま押し切るものと思った。
 ところが、それは一瞬の喜びに過ぎなかった。
 外から各馬が一気に押し寄せて・・・。

 この1年の競馬が終わった瞬間だった。

 今年は正月競馬から快調だったが、偶数月になると中だるみが多かった。
 奇数月になると右肩上がりの傾向にあった。
 その勢いが、偶数月の中途でそがれる傾向。
 この年末競馬も、中途から右肩下がりで終わってしまった。
 自らへ、反省の言葉とお疲れさんの声掛けをして慰めている。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

[追 記]~レース後のコメント~
1着 サトノダイヤモンド(ルメール騎手)
 「すごく嬉しいです。キタサンブラックは最大のライバルですし、スタンド前で外にいたのでポジションを上げました。そこからもう一度リラックスしてくれましたし、ゴール前、本当に頑張りました。ハーツクライの時は、日本での初GI勝利。今年、サトノダイヤモンドは人気でしたし、自信もありました。新馬戦からずっと乗ってきた馬で、今年、有馬記念を勝ててすごく嬉しいです。凱旋門賞はサトノダイヤモンドにいいと思います」

(池江泰寿調教師)
 「ゴールした時は勝ったかどうか分かりませんでしたが、勝ててホッとしました。状態はすごく良かったです。行く馬は分かっていましたし、枠は外。4~5番手からと思いましたが、少し後ろだと思いました。1コーナーから上がっていった時、大丈夫かなと思いましたし、厳しいレースになると思いました。それでも、手応えは良かったですし、前を捉えられるなと思いましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。この秋、春よりも断然良くなりました。それでも、背腰に緩さがありますから、そこに芯が通れば1つ2つ上のギアが入り、爆発力も出ると思います。来年は、凱旋門賞から逆算してのローテーションとなり、春は国内に専念します。来年秋、もっと良くなると思います。有馬記念は、幼い頃から大好きなレースです。何回勝っても嬉しいですし、これからもたくさん送り出して盛り上げたいと思います」

2着 キタサンブラック(武豊騎手)
 「2番手からは想定通り。最後もいいタイミングで差し返せたかと思ったのですが。3コーナーでサトノノブレスにつつかれたのが痛かったです。去年よりもよく頑張っています」

3着 ゴールドアクター(吉田隼騎手)
 「ロスなくイメージ通りに運べて、4コーナーでは勝てると思いました。それくらいの手応えだったのに、そこからギアが上がらず、前を差せずに後ろから差されてしまいました。夏に楽をさせたのが響いたのかもしれません。現状では力を出し切っているので悔いはありません」

4着 ヤマカツエース(池添騎手)
 「返し馬で状態の良さが分かりました。内々でロスなく追走出来て、直線で伸びるところで両サイドに閉じられてしまいました。切り返すロスがなければもっと走っていたと思います」

5着 ミッキークイーン(浜中騎手)
 「男馬の中で十分に頑張ってくれていますし、よく走ったと思います」

8着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手)
 「去年より馬が疲れていました。勝てるイメージでしたが、伸びませんでした」
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第61回有馬記念・・・検討

2016-12-25 11:52:45 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 今年もいよいよ大詰めとなってきた。
 この1年間もあっという間であるが、グラウンド・ゴルフに夢中になった1年でもある。
 少しはウマくなったと思っているが、考えるほどに上達してない。
 これが、高齢者の仲間入りの1つかも知れない。
 この1年間、健康管理の一助にと楽しんできた結果、健康に過ごせたことに感謝。

 さて、競馬の話。
 頭を切り替えて、1年の総決算ともいえる「グランプリ・有馬記念」を検討。
 これまで何度も記載してきたが、今年の漢字は「金」。
 クリスマスと言えば・・・サンタさん。
 その服装は・・・赤に白の縁取り。
 JRAの有馬記念のCMは・・・金色の「有馬記念」の文字、茶系の笑福亭鶴瓶さん、黒系の瑛太さん、赤系の有村架純さんたちの和服正装。
 米国の次期大統領・トランプ氏は、金髪に赤いネクタイがトレードマーク。

 ・・・など、を考えると。
 1枠、2枠、3枠あたりが中心視。
 
 つまり、これは1番キタサンブラック、2番ゴールドアクター、4番ヤマカツエース、6番サウンズオブアースを優位にピックアップさせるための我田引水。
 
予想レース

[中山11レース・有馬記念(G1)(3歳以上オープン)]
 この距離3-0-0-0、このコース4-1-0-1と抜群の成績を残している2番ゴールドアクター
 最終追切ではキッチリ動いて、前走と違って絞れてきているとか。
 昨年はとてもお世話になった同馬、ここで見限ることはできない。
 前走のJCで0秒6差と1番キタサンブラックに突き放され、人気も3、4番人気と落ちている。
 小回りのコーナー6回のこの条件は、同馬が得意とするところでもあり、巻き返してくれると思っている。
 勝負どころで前が詰まらないこと、さらに鞍上が連覇を意識しないことを願っている。

 いつも安定した走りで、シルバーメダリストの6番サウンズオブアース
 この条件では、ネオユニヴァース産駒が活躍とのこと。
 鞍上はここのところ元気がないが、重賞レースとなると集中力アップのM.デムーロ騎手。
 この1年間、同騎手に再三助けてもらっており、総決算で買わない手はない。

 先日の有馬記念枠順抽選会、いい枠番ゲットで密かにガッツポーズの4番ヤマカツエースに騎乗する池添謙一騎手。
 距離がどうかと思うが、有馬記念3勝の同騎手がウマくコントロールすると面白い。
 さらに、このコース2戦2勝が光る。

 奇跡の1番枠ゲットの武豊騎手と1番キタサンブラック、今回は同型の7番マルターズアポジーもいること。
 小回りコースと有力各馬からのマークもキツイ・・・果てさて。

 今年の3歳馬は、相当強いとの下馬評も・・・凱旋門賞のマカヒキ、JCのディーマジェスティの敗退。
 3強の一角・11番サトノダイヤモンド、初の古馬相手にどうであろうか。

 いろいろと、悩んできたこの1週間、その答えは・・・午後3時25分。

  2,4,6  及び  2,6 - 1,7,8,11  馬単6点及び 馬連8点。

 さらに
   2 - 6 - (全通り) 2頭軸3連複総流し14点

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(暮れの大一番・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

第11回阪神カップ他・検討

2016-12-24 13:51:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨夜は、可愛い「鶴坊」の出てくるNHKBS金曜時代劇、その最終話をじっくりと見終えた。
 原案が山本周五郎作「人情裏長屋」とのこと。
 そのためか、悪人が出てきても最後は人情物の域で、物語が解決するから古き良き時代の小説の世界である。
 ふっとしたことから、赤ん坊の鶴之助を育てることとなった松村信兵衛(高橋克典)、子育て初体験の浪人である。
 でも、困った時には長屋の皆が世話をやいてくれる。
 ほのぼのとしたユニークなドラマ。
 鶴坊可愛さに毎週楽しみにしていた我が家だった・・・けど。

 さて、競馬の話。
 ここまで、いささか調子に乗っていた感もある競馬予想。
 昨日は、久々の完敗に手も足もでなかった。
 謙虚にあるべきと心得よ・・・だった。

予想レース

[阪神10レース・摩耶ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ)]
 来年は調教師になる武幸四郎騎手、騎乗機会も少なくなっている。
 ここは、武兄弟の2頭が人気と思われる。
 ・・であるが、このコースの走りがいいとの3番マルカウォーレンを狙いたい。
 同馬が、1番コクスイセン6番サージェントバッジの間に割って入る。
 
  3 - 1,4,6,7,10,12,13  馬連7点。

[中山11レース・師走ステークス(3歳以上オープン・ハンデ)]
 ここは、距離3-2-0-0、このコース2-1-0-0と好相性の実力馬・9番グレンツェントの中心視で仕方ない。
 相手にゴールドアリュール産駒の2頭(7番メイショウスミトモ10番イースターパレード)がくると嬉しくなる。
 2頭軸3連複で高配が引っかからないか。

  7 - 9 - 2,4,5,10,13  及び 9 - 10 - 2,4,5,13 3連複2頭軸9点。

[阪神11レース・阪神カップ(G2)(3歳以上オープン)]
 もっともパフォーマンスが生きるこの距離で、8番ミッキーアイルが後続を突き放すと思っている。
 前走のG1レースでは、他馬に大きく迷惑をかけているから、ここは鞍上も心して華麗に逃げ切るであろう。
 相手は内枠に入った昨年の1、2着馬などを2着付けに入れたい。

  8 ⇒ 3,4,5 ⇒ 2,3,4,5,6,15,16  3連単フォーメーション18点。
              
[阪神12レース・3歳以上1000万下]
 リーディングジョッキー争いも際どいものとなっているC.ルメール騎手、ここは降級の手ごろな相棒・14番サウンドアプローズが回ってきた。
 叩き2走目で巻き返し必至。

  3,13,14  及び  14 - 1,5,10,12  馬連7点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(本日は、是が非でも・・的中画面を)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016六甲アイランドS他・検討

2016-12-23 14:13:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日の糸魚川市の大規模火災、テロか爆弾でも落とされたのかというくらい衝撃的な映像が流れていた。
 年末年始を目前に被災された方々には、何とも言葉も見つからない。
 火の元には、十分気を付けるべきことと改めて思い知らされた。
 出火元は何が原因だったのか。
 実に恐ろしいニュースである。

 天候の崩れた昨日は、昼前から年賀状づくりにてんやわんや。
 筆王のバージョンアップのためだったのか、宛名印刷ができなくてしばし悩んでいた。
 いろいろ検討した結果、プリンターを再設定することでやっと問題解決となった。
 家内の分と、当方の分をそれぞれ宛名印刷。
 そろそろ、失礼してもいい賀状も数多くあるけど・・・。
 結局、ほとんどを印刷した。
 その後、裏面のデザインなども検討し、すべて出来上がったのは夕方だった。
 競馬エイトがコンビニの店頭に並んでいる頃・・・。(笑)

 さて、競馬の話。
 いよいよ日本中央競馬の開催日も残り3日間。
 心して挑戦したいものである。
 有馬記念までに破産しないよう、じっくり検討して投票を。
 本日のレースは、有馬記念までの軽い肩慣らしと思いたい。
 ・・であるが、軍資金が増えることも願っている。(笑)

予想レース

[阪神10レース・クリスマスキャロル賞(3歳以上1000万下)]
 ここは非常に難しい競馬であるが、このコース3勝敗けなし、この距離3-1-0-4と好相性で人気も手ごろな6番リリーウイナーを狙いたい。
 降級馬でもあり、鞍上がウマくさばけば勝ち負けできるものと。
 
  5,6,15  及び 6 - 2,3,4,7,13  馬連8点。

[中山11レース・グレイトフルステークス(3歳以上1600万下)]
 この舞台はステイゴールド産駒とか、ならば5番ディスキーダンスも狙えそう。
 頭数も手ごろなら前走のような不利もないであろう、さらにブリンカー効果が出ていたとのこと。
 集中して走れば・・・いけそうである。
 思い切って狙いたい。

  5 ⇒ 6,9 ⇒ 1,2,6,7,9  及び  6,9 ⇒ 5 ⇒ 1,2,6,7,9 3連単フォーメーション16点。
               
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

[阪神11レース・六甲アイランドステークス(3歳以上1600万下)]
 このレースも難しいと思えるレース。
 この舞台はハーツクライ産駒とのこと、2番アーバンキッドをまず上げたい。
 ジョッキーの進言もあってこの距離に駒を進めたとのこと。
 朝日杯FSで3着の実績のある5番シャドウアプローチ、このコースと相性もいい。
 そのほか、調教の良かった13番ワキノヒビキ15番オーヴィレールも気になる。

  2 - 5 - 3,4,8,9,13,15  及び  13 - 15 - 2,5  3連複2頭軸流し8点。

[阪神12レース・3歳以上500万下]
 前走はスタートが悪かったものの、着順ほど敗けていない12番ディープエクシード
 叩き2戦目の今回は、陣営も前進を期待しているご様子。
 先週は目立たなかった鞍上も、今週は暴れると思われる。

  3,10,12  及び  12 - 1,9,15,17  馬連7点。

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(好天なら楽しめるけど・・・手角グラウンド・ゴルフ場にて)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(12月24日・25日)

2016-12-22 21:37:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 21日(水)は、昼間の時間がもっとも短い「冬至」だった。
 この日に柚子湯に入ると風邪を引かないとか、我が家も柚子を浮かべた風呂でじっくり温まった。
 香りもいいから、気分一新。

 ところで、その日の夕刻は、有馬記念枠順抽選会がBSフジで公開生放送だった。
 午後からのグラウンド・ゴルフも4ラウンドを駆け足で回って、この番組を見たいものでそのほかの用事も手早く済ませた。
 プロ野球のドラフト会議を彷彿するような豪華な抽選会だった。
 騎手、調教師、馬主の皆さんたちが、それぞれ各円卓を囲んでいた。
 
 米大リーグ・ヤンキースの田中将大投手が、出走16頭の馬名入りのシールの入ったボールケースをランダムに選び、取り出した馬名を公開。
 その競争馬の騎手をはじめとする関係者が、A~Pのアルファベット枠にランダムに入っているボールケースを取りだすと、その中に枠馬番号が付したシールが入っている。
 その番号を公開することで、それぞれの枠馬番が確定。
 
 その結果に会場がどよめいた。
 次々と枠順が決まる中で、残り枠馬番が1番、2番、9番、16番だった。
 その直後、キタサンブラックの名前が・・・呼ばれた。
 武豊騎手と清水久詞師が登壇。
 武騎手が「B」のボールケースを取り上げると・・・。
 何ということか、幸運の1番枠を引き当てたのである。
 これには、同馬のオーナー北島三郎さんも破顔一笑。

 追っかけ馬のゴールドアクターは、15番目に呼ばれたが、その時点では2番と16番の2枠が残されていた。
 最後に呼ばれたマリアライトの関係者と同時にボールケースを開けると・・・。
 これまた、驚きの結果だった。
 マリアライトは昨年に引き続き16番枠。
 
 一方、ゴールドアクターは2番枠を引き当てたから、鞍上もホッとしていた。
 レース同様に公開枠順抽選会も、手に汗握るものだった。

[土曜日の追っかけ馬]
中山2R ブルネビラが出走予定。
 中団後方から追走の前走、直線を向くと大外から追い出していた。
 残り400あたり、大外から懸命に追い上げるも上位2頭には4馬身差の3着だった。
 それでも、4着以下には4馬身差だった。
 この時の2着馬も既に未勝利を脱出しており、ブルネビラも今回あたりは勝ち上がりを期待できまいか。

阪神11R ダンスディレクター、ミッキーアイルの2頭が出走予定。
 前走の勝負どころの最期の直線、一瞬前が詰まったことが良くなかったと思えるダンスディレクター。
 今回は、翌日のグランプリで好枠ゲットのキタサンブラックに騎乗の武豊騎手に乗り替わった。
 ベテランの天才騎手が、気負わずに楽に乗って一発を狙ってくることも・・・。
 スムーズな競馬ができれば、まだまだやれると思われる。

 一方、前走のマイルCSでゴール手前の直線で他馬に迷惑をかけたミッキーアイルと浜中俊騎手、騎乗停止明けのここは得意の距離でキッチリ決めてほしい。
 先手必勝の鞍上に期待。

 「前走からの距離短縮はプラス材料、それに逃げるレースに戻して成績も安定しています。今年の最優秀短距離馬を目指す意味でも頑張ってもらいたいですね」とは、音無秀孝師とのこと。

[日曜日の追っかけ馬]
中山11R 2番ゴールドアクター、4番ヤマカツエース、8番ミッキーアイルの3頭が出走予定。
 前走の2番ゴールドアクターは、太目残りが敗因の原因とも・・。
 今回は4-1-0-1と得意の中山コース。
 枠番もいいところに入っており、叩き2走目のここは連覇も可能と思われる。
 スクリーンヒーローの仔が、またやってくれることを期待している。

 昨日の枠順公開中継、4番枠を引き当てたヤマカツエースの鞍上・池添謙一騎手に密かなガッツポーズが出ていた。
 この寒い時期に体調もいいらしい。
 金鯱賞組も頑張っており、距離は少し長いかもとのことであるが、鞍上は一発を狙っている。
 
 8番枠に入ったミッキークイーン、牝馬の中では同馬が一番いいと思っている。
 陣営の願っていた偶数枠を射止めており、初の中山コースでも期待できそうな予感。
 一線級の牡馬相手になるが、この馬の力を出せばチャンスはあるとの陣営。
 
[今週の大橋厩舎]
  金曜日:阪神1R ナムラミルク、7R キングサムソン、10R ナムラボルト、マッシヴヒーロー
  土曜日:阪神1R ブルベアボア、6R アサケパワー、10R タイガークラウン
  日曜日:阪神10R タイマツリ

 今週は、ナムラボルト、タイガークラウン、タイマツリに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

手ごろな運動、「グラウンド・ゴルフ」

2016-12-21 22:44:33 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 3連休の最終日、競馬の一大イベントがある。
 世相を反映するとも云われているグランプリ「有馬記念」。
 このレースと縁のない当方、今年こそは久しぶりにキッチリ的中させたいと意気軒高。

 今年の漢字一字は・・・「金」。
 色では赤ヘル軍団・広島カープ優勝、大河ドラマ真田丸で平均視聴率が大幅にアップ、真田の赤備え。
 トランプ次期米国大統領の赤いネクタイも際立っていた。
 クリスマスの有馬記念、サンタさんの赤、中山競馬場も赤い飾りつけであろう。

 「金」なら、追っかけ馬のゴールドアクター。
 「赤」なら、レッドの冠の馬と思ったが未出走、ならば3枠の赤。
 「赤」の補色は「青」なら、サウンズオブアース・・・アースは青い星・地球。
 「赤」と「黒」も大いに映える色合いだから、キタサンブラック。
 
 一方、追っかけ馬・3頭も今回は活躍しそう。
 寒い時期に絶好調とのヤマカツエース、牝馬が活躍の有馬記念ならミッキークイーン。
 本日の枠順確定も気にかかる。

 ところで、この1年間、競馬予想と共に熱心に続けてきたグラウンド・ゴルフ。
 この春手に入れた当方の「花梨4クラブ」(ハタチ)。
 今では、かなり使いこなせるようになってきた。
 手ごろな重量もあって、クラブ全体のバランスがとても良い。
 大事な、大事なクラブでもある。

 家内は両面打ちのお気に入りのクラブ、「デュアルフェイスクラブ」(ハタチ)。
 グラウンド・ゴルフから帰宅すると、家内のクラブと当方のクラブの手入れを欠かさない。
 洗浄後、専用のクリーナーワックスで磨き上げている。(笑)
 
 昨日、午前中の小雨も上がって午後から日差しも出てきた。
 気分転換にグラウンド・ゴルフに向かった。
 この手角のコース、新しい砂や土などを入れてローラーを掛けてあった。
 とても、打ちやすいコースに変身。
 このラウンドを20打、家内は8ホール目にホールインワンも出て18打。
 1ラウンド終えたところで、知り合いとなったSさんがやって来て、一緒に回ることとなった。

 その内、Mさんも入って4人で回った。
 何と、なんと、家内が同じホールで都合3回のホールインワン。
 当方も1回。 

 Sさんの最終ラウンドが凄かった。
 7ホールまでオール2打、最後の8ホールが圧巻だった。
 家内がホールインワン、するとSさんも決めた。
 続いて、当方もホールインワン。
 何と、Sさん8ホールオール2打の快挙と思っていたら、ホールインワンのおまけ付きの12打だった。
 この日の当方は、20.4打平均だから・・・まだ、まだである。

 ところで、暇さえあれば通っている手角グラウンド・ゴルフ場(松江市)。
 先般、管理人の会長さんから、この1年間よく通って貰ったお礼とのことで、サランラップを戴き、思わず家内も喜んでいた。
 とても、いい雰囲気の中、この地域の人たちとも親しくしてもらっており、まさにグラウンド・ゴルフの精神を享受している日々である。

 1日1人100円でプレーが満喫できるこのコース。
 天気さえ良かったなら、いつまでも通い続けて健康管理の一助にしたいと思っている。(夫)





下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

狙うは家康ただ一人・・・真田丸

2016-12-20 22:04:40 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 18日(日)夜、この一年間見続けてきた「真田丸」もいよいよ最終回だった。
 女々しい信繁(堺雅人)と書き続けてきたが、関ヶ原以降九度山に幽閉され、その後父・昌幸(草刈正雄)の他界。
 その直後から、やっと主役の信繁改め幸村も武将らしい姿が目覚めてきた。
 
 いざ、大坂城へ。
 豊臣方に請われて九度山から入城した幸村、多くの牢人のいる中で武将である幸村が、徳川方との戦(いくさ)に挑む。
 祖父・幸隆、父・昌幸のDNAを受け継いだ幸村。
 いわゆる真田三代。
 譲り受けた知略を駆使した戦上手(いくさじょうず)の幸村、大坂城五人衆の筆頭として大坂冬の陣と大坂夏の陣を戦い抜いた。
 
 城内には徳川方に通じている者も数知れずいたとのこと。
 今回の真田丸では、織田有楽斎(井上順)と大角与左衛門(樋浦勉)がクローズアップされていた。
 
 勝ち戦(いくさ)だった大坂冬の陣、ところが、徳川方の放った一発の砲弾が運よく天守閣を直撃したことから、一転和睦の道を選択した淀殿(竹内結子)と秀頼(中川大志)。
 これには、思いもよらないことが待ち受けていた。

 裸城とさせられた大坂城、翌年には再び開戦となるも、野戦の道を選択する幸村たちだった。
 道明寺における徳川との決戦、当日の深い霧のため後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)や幸村との連携がうまく回らず、又兵衛軍が壊滅的被害を受けて敵方に討たれてしまった。
 
 最終回では、起死回生の一発として・・・「狙うは家康ただ一人」の意識のもと、赤備えの真田幸村を筆頭とする軍団が、家康(内野聖陽)の陣地にあと一歩のところまで迫った。
 この時、家康はこれで最期と覚悟したらしい。

 今回の真田丸では、最後の最後に幸村ただ一騎が、家康に対峙しお命頂戴と馬上短筒を向けた。
 三谷幸喜氏は、幸村の執念を描きたかったのであろう。
 結局、仕留めることのできなかった幸村は、佐助と共にこの戦場を逃れて、天王寺の安居神社境内で力尽きる。
 
 定説では、越前松平家鉄砲組頭の西尾仁左衛門によって、討ち取られるとのことであるが、今回は、武士らしく切腹し佐助が介錯する設定だった。
 戦に長けた戦国武将として、その最期を武将らしく描きたかったのであろう。
 これは、これでいいものであると思った。

 池波正太郎小説「真田太平記」では、疲弊し傷ついた幸村は、安居神社の社殿に額ずき、抱角(だきづの)の兜を脱ぎ自決する覚悟であった。
 死に場所の裏手の木陰に回ると、長年の配下だった向井佐平次の屍があった。
 その佐平次を抱きかかえていると、池の向こうの木陰から人影がひとつあらわれた。
 「手柄にせよ」と薄れる意識の中で云いながら、後ろに倒れ込んで息絶えた。

 ・・・と、このように描かれている。
 それぞれの作家が、「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と、謳われた幸村の最期をどのように描くべきか考え抜いたものであろう。
 
 真田丸における幸村の最期も、印象に残るものになった。
 来年の「おんな城主直虎」は、どのような印象に残るシーンがあるものか。
 期待しつつ、楽しみにしている。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋 「狙うは家康ただ一人」)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バテテしまった・・・ミスエルテ

2016-12-19 21:41:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 久しぶりの好天の中、グラウンド・ゴルフを満喫。
 いつもの兄姉夫婦とお昼前から、いりすの丘(出雲市斐川町)に集合。
 持ち寄った昼食も楽しみ、賑やかなものだった。
 この日は、近隣から多くの愛好者が入れ代わり立ち代わりやって来ていた。
 
 中には若い人たちのグループも・・・。
 手軽なスポーツなので、誰にでもすぐにできるから人気も高いのであろう。
 午後2時半頃に終了し、帰宅の途についた。
 
 丁度、中山メイン「ディセンバーステークス」がスタートしていた。
 狙いの6番ツクバアズマオーが、4コーナーを回ると大外から捲ってきた。
 直線半ばで外から一気にやって来た同馬が、先頭に躍りでる脚いろ。
 インから相手候補、後方からやはり相手候補が上がってきて、2着、3着の際どい争いだった。
 配当は・・・安い方が的中(12.6倍)。
 
 中京メインを逃した後、阪神メイン「朝日杯FS」がスタートした。
 13番ミスエルテもまずまずのスタート。
 ところが、向正面でやや鞍上と喧嘩しているように思えた。
 パドックでは2人引きで終始チョンチョンと、気合なのか入れ込みなのかという雰囲気だった。
 
 テンを叩いたのは、400勝目前の松山好平騎手騎乗の4番ボンセルヴィーソ。
 全G1勝利の掛かっていた武豊騎手騎乗の5番タガノアシュラが、先手か、番手かと思っていたら・・・控えて後方からの競馬。
 17番サトノアレスは中団後方の競馬だった。
 
 馬群が一気に凝縮してきた4コーナーから直線。
 外からイチオシの13番ミスエルテが追いだしているが、イマイチ動きが悪い。
 その直後に17番サトノアレスが上がって来た。
 
 先頭の4番ボンセルヴィーソの脚いろが、以外にもよさそうである。
 番手追走の18番トラスト、直後の6番クリアザトラックなども懸命に押しているが・・・以外にも伸びて来ない。
 
 残り200手前の坂の下、17番サトノアレスが一気に加速し見る間に逃げ込みをはかる4番ボンセルヴィーソを交わした。
 さすが・・・ディープインパクト産駒。
 サトノアレスと共に伸びるかと見ていたミスエルテ、ついて行けないで突き放されていた。

 大外後方から、グイグイと10番モンドキャノンが伸びてきて、ミスエルテやボンセルヴィーソの2頭も交わして番手に上がった。
 距離に不安視もされていた同馬、ゴール前では勝ち馬・サトノアレスに半馬身差まで迫っていた。

 2着もなくなったミスエルテ、せめてボンセルヴィーソを交わせ、交わせ・・・。
 懸命に応援するも、伸び脚も悪いままアタマ差まで迫ったところがゴールだった。

 馬単も、3連複もなくなって・・・悲しみの不的中にガッカリ。
 
 その後、中山12レースと阪神12レースを投票しているから、何とかならないかとテレビ観戦
 すると中山12レースの最後の直線、残り100を切った。
 3連複の軸の1頭・4番オートクレール(6番人気)が、逃げる1番ジャストフォーユー、番手の2番エクラミレネールを交わしてゴールイン。

 2着には、相手候補の2番エクラミレネール(5番人気)が、1番ジャストフォーユーを交わしてくれた・・・。
 問題は、3連複の残り1頭の軸馬・9番ルグランパントル(2番人気)、懸命に追い込んできて1番ジャストフォーユー(10番人気)に並びかけたところがゴールだった。
 
 ストップモーション映像、クビの上げ下げ・・・。
 外の9番ルグランパントルの勢いはあった。
 微妙に同馬が先着しているようにも見える。
 先週日曜日の阪神12レースでは、2、3着争いが写真判定で同着となり、配当金が半分になったもので・・・。
 
 ここも、同着か、同着はかなわない。
 写真判定の結果、狙い馬が3着に入線して・・・2頭軸3連複が的中(74倍)。
 
 さらに阪神12レースの馬連ボックス的中だった。
 こちらは、1番人気と2番人気で決着(8.5倍)。

 昨日の競馬、8レース予想で3レース的中。
 回収率は64%だった・・・。
 結局、今週はJRAに貯蓄をすることとなった。(夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

[追 記]~レース後のコメント~
1着 サトノアレス(四位洋文騎手)
 「私自身久々のGI制覇で嬉しいです。初めて乗るので、藤沢調教師とは外枠が嫌だなと話していました。しかし、終いはいい脚を使うので、じっくり行こうと思っていました。道中は余裕で、直線では本当にいい手応えでした。いい脚を見せてくれました。藤沢調教師も2週続けて勝たれて、里見オーナーも今年はすごいので、あやかることが出来ました。終いの切れ味はこの馬の良さです。来年は大きいところを狙えると思います」

(藤沢和雄調教師)
 「秋になってまた馬が良くなってきて、今日も想像以上でした。いつになく落ち着いていましたし、よく頑張ってくれました。丈夫でたくましい馬だな、と思って調教してきましたし、来年も頑張ってくれると思います」

2着 モンドキャンノ(M.バルザローナ騎手)
 「折り合いだけ気をつけて、という話を聞いていました。前半少し行きたがったのですが、折り合いはついていました。直線も外から末脚を伸ばしてくれましたが、勝ち馬が外に流れてきてまっすぐ追えませんでした。あれがなかったら、とも思いますが、外回りの1600mをこなせたことは大きいです」

3着 ボンセルヴィーソ(松山弘平騎手)
 「イメージ通りでした。極力ペースを落として行こうと思っていましたし、思った通りの競馬でした。力をつけていますし、まだまだこれからです」

4着 ミスエルテ(川田将雅騎手)
 「競馬の前のテンションが上がっていて、使うごとに我慢できなくなっています。競馬自体はスムーズに、我慢できていたのですが・・・。今日のような力のいる馬場も苦しいのかもしれません。スピードの出る、軽い芝の方がいいのかなと改めて感じました」

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第68回朝日杯フィーチュリティステークス他・検討

2016-12-18 10:13:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 前日ほどでもないが、昨日もかなり寒かった。
 本日は、昼前から気温も上がるらしい。
 いつもの兄姉夫婦と久々にグラウンド・ゴルフが楽しめるようだ。
 競馬も気にかかるが、前夜既に投票済。(笑)

 さて、競馬の話。
 昨日の中山メインでは、軸馬がキッチリ勝利。
 ところが、連は無理と切っていたレッツゴードンキが、後方一気にやって来た・・参った、まいった。
 阪神メインでは、3連単フォーメーションの2着候補の3頭が揃って1着から3着。
 これにも参ってしまった。

 一方、狙いに狙っていた中京メインのシゲルノコギリザメも、ミキノドラマーも・・・ゴール前、お呼びではなかった。
 9レース予想も、2レース的中で回収率38%程度。
 先週までの勢いに陰りが見られるのか。
 
 本日は、果たしていかなる結果に・・・。
 G1レース・朝日杯FSの的中を目指しているけど。

予想レース

[阪神10レース・ペテルギウスステークス(3歳以上オープン)]
 ここは抜けた人気の1頭がいるが、初ダートの2番ドレッドノータスに興味が沸いた。
 前走は8番人気ながらイチオシで狙い、キッチリ馬券になってくれた。
 今回はダート戦に初挑戦とか、陣営もまんざらでもないらしい。
 狙うなら・・・今回かも。
 
  2 ⇔ 1 及び  2 ⇒ 3,5,8,9,10  馬単7点。

[中山11レース・ディセンバーステークス(3歳以上オープン)]
 距離・コースとも好相性の6番ツクバアズマオー、前走の重賞でも0秒2差の3着。
 オープンのここなら、威張れると思っている。
 気性的に久々も苦にしないとの陣営。

  6,8,11  及び  6 - 2,4,5,13  馬連7点。

[中京11レース・三河ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ)]
 ここはどこからでも狙えそうなメンバーであるが、コース相性のいい3番ゴールドスークに魅せられる。
 中京の千四はベストとのこと、斤量も1キロ減でもうひと伸びに期待。

  3 ⇔ 6,11,13  及び  3 - 1,10,12  馬単6点及び馬連3点。

[阪神11レース・朝日杯フィーチュリティステークス(G1)(2歳オープン)]
 ここは、先週の阪神JF(G1)を袖にして果敢に牡馬に挑戦の13番ミスエルテを狙いたい。
 何と、やはり1番人気に支持されている。
 怪物フランケルの仔が・・・ここでもやってくれるのか。
 最終追切も持ったままで、インから軽く抜けていた。
 レースでは、気負わないことを願っている。
 折り合いさえつけば、まず敗けないであろう。
 ディープ産駒の1頭・17番サトノアレスとの2頭軸3連複も・・・。

  13 ⇔ 6,17  及び  13 - 5,8,15,18  馬単4点及び馬連4点。
               
 さらに  13 - 17 - 4,5,6,8,10,15,18  3連複2頭軸7点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016リゲルステークス他・検討

2016-12-17 16:58:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 今季初の降雪のあった我が街。
 それでも、昼前には消えてしまったが、寒さは厳しいものだった。
 一転、本日から数日は好天の予報。
 有馬記念前後に荒れそうな予報も・・・。
 
 昨夜の鶴坊の出ている「子連れ信兵衛」、可愛いあの子の笑顔に癒される。
 次回でお別れとのこと。
 家内共々、名残惜しいことである・・・と、言っている。(笑)

 さて、競馬の話。
 3場開催も今週で終わり。
 最終週の中京競馬、どのレースも荒れそうな予感。
 本日は、中京競馬を中心視して馬券を組み立ててみたい。
 荒れ相場にウマくハマってくれないか。

 淡い期待を抱きながら熟考予想も、最後は・・・「エイ、ヤー」で決断。

予想レース

[中京6レース・2歳未勝利]
 再び減量騎手を確保して前進が期待できる13番アサケハーツ
 スムーズなら面白いとの陣営。
 強そうな2頭がいるが、それらを抑え込むことも考えられる。
 
  4,11,13  及び 13 - 1,5,7,17  馬連7点。

  的中:13 ⇒ 11 ⇒ 7   7番がもう少し頑張ってくれたらさらに良かったけど。

[中山11レース・ターコイズステークス(重賞)(3歳以上オープン・ハンデ(牝))]
 このレースも波乱傾向との下馬評。
 それでも、軸馬には10番マジックタイムをチョイスしたい。
 牡馬相手でも好走している同馬、鞍上との相性も良さそうである。
 左回り得意の同馬であるが、右回りも1-2-0-3と連帯率50%。
 伏兵と一緒にゴール板を駆け抜けてほしい。

  10 ⇔ 3,7  及び  10 - 6,9,11,12  馬単4点及び馬連4点。

  不的中:10 ⇒ 13 ⇒ 1

[中京11レース・中京日経賞(3歳以上1000万下)]
 ここは、叩き2走目の10番シゲルノコギリザメに魅力を感じている。
 このコースの重賞でも好走実績、あの時は恩恵を受けたものである。
 今回のレースも大荒れの予想らしい。
 ならば、応援しているミキノの冠・8番ミキノドラマー、前走は枠に泣いた競馬だったが、コーナー2つなら我慢できないか・・・。
 下記の馬連のほか、この2頭軸の3連複流しも、手広く投票してみたい。

  8,10 - 8,9,10,12,16  馬連フォーメーション7点。

  不的中:5 ⇒ 9 ⇒ 16

[阪神11レース・リゲルステークス(3歳以上オープン)]
 このレースも荒れるとのことらしい。
 それでも、このコース持ちタイム一番の追っかけ馬・2番ダノンリバティを狙いたい。
 若き鞍上が好位に取りついて、最後はスルスルと抜け出して来ないか。
 最終追切も競馬エイト評価7点なら・・・ナイス。

  2 ⇒ 3,8,9 ⇒ 3,5,7,8,9,12,16  3連単フォーメーション18点。

  不的中:8 ⇒ 9 ⇒ 3  2着候補の3頭で決まるとは・・・
               
[中京12レース・高山特別(3歳以上500万下)]
 そろそろ何とかしたい3番ピースマインド
 このコース1-1-0-1と相性も悪くない。
 未勝利戦のこのコースで快勝の鞍上が、久々に騎乗しクラス突破をアシスト。
 思わぬ高配の使者を伴ってくると・・・グッド。

  3 ⇔ 4,6  及び  3 - 7,8,9  馬単4点及び馬連3点。

  的中:3 ⇒ 9 ⇒ 4

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:NHK公式HP 「可愛い鶴坊と信兵衛」)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加