咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

第23回青葉賞・・・この一頭

2016-04-30 12:53:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 ゴールデンウイークの初日、さすがに行きかう車も県外車が多い。
 夕方、グラウンド・ゴルフ場に向かう時のことだった。
 ツーリングのビッグバイクの群れも・・・。
 低音のエキゾーストノートが、次々と通り過ぎて行った。 
 
 いつものコースは、一昨日の雨も上がって春らしい好天のため超満員。
 もう一か所の手角(たすみ)グラウンド・ゴルフ場に向かった。
 こちらは、当方ら2人だけだった。
 都合、5ラウンドをゆったりと回って帰宅。
 それぞれ、ホールインワンが1回ずつ出たから満足、まんぞく。

 さて、競馬の話。
 本日の京都競馬、10レースに7番ピオネロ、11レース12番サクラエールの2頭の追っかけ馬が出走。
 先週は、追っかけ馬マスクゾロといつも応援しているミキノハルモニーに助けられた。
 今週も、もう一丁・・・と、ならないか。(笑)

 日本ダービーのトライアルレース「青葉賞」を検討。
 この距離1-1-0-0、このコース0-1-0-0の6番ヴァンキッシュランを狙いたい。
 東京2着は1着降着になった前々走のレース。
 やはり、この距離を経験している同馬は、このメンバーなら有利に働くと思える。
 同馬もディープインパクト産駒の1頭、末脚も親の仔らしく大丈夫。
 好位追走から、ゴール前一気に伸びてくる。

 この舞台と血統欄によるとゼンノロブロイ産駒とか。
 2連勝でここに駒を進めてきた4番レッドエルディスト、同馬も終いの脚は確からしい。
 2走、3走と走るたびに良くなってきたとのこと。
 ゼンノロブロイ産駒なので、素直に狙っても面白い1頭。
 高速馬場にも対応可との評価。

 ゼンノロブロイ産駒のもう1頭・11番メートルダール、このコース1-0-1-0と相性もいい。
 前走の共同通信杯0秒3差3着だった。
 その勝利馬ディーマジェスティは、クラシック一冠・皐月賞を制している。
 メートルダールにとって、ここでは力上位の1頭に違いない。

 ディープインパクト産駒の13番レーヴァティン、同馬も距離・コースを経験しており侮れない1頭。
 鞍上がC.ルメール騎手なので、ヴァンキッシュランを上回る人気かも知れない。
 ただ、このレース内の方の枠が有利とのこと。
 鞍上がどのような騎乗をするものか、じっくり見ておきたい。

 そのほか、このコース2-0-1-0と好相性の7番マイネルハニー
 当日の落ち着きがポイントらしい。
 やはり、先手主張の競馬が合っていると思われる。
 今回もその手で・・・。

 デビュー前からダービーが念頭にあったとの12番プロディガルサン
 同馬もディープインパクト産駒、やはり末脚は堅実な1頭。
 大外から、権利取りに鞍上が仕掛けてくる。

 仕上がりは万全と陣営が推している伏兵・3番ロスカボス
 ゲート五分でスムーズな競馬なら・・・。

予想レース

 東京 11 R  6 ⇔ 4,11  及び  6 ― 13,12,7,3     馬単4点及び馬連4点。

      結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今週も、もう一丁・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

気分爽快の記事に・・・

2016-04-29 21:38:12 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 本日のローカル紙の記事、読んでいたら腹立たしくなった。
 「松江の中学教諭820万円着服」
 「本県中学校体育連盟の預金口座から4年間にわたり、少なくとも203回も現金を引き出し820万円余も着服」
 「2012年4月、中体連の理事長に就任。生徒や教員から集める会費や県の助成金を管理する会計を担当し、会長名義の4つの口座の通帳と印鑑を管理し、着服を繰り返していた」
 
 着服がばれないよう監査の時には、4つの口座のうち2つの口座の通帳の中身を偽造していたらしく、極めて悪質な犯罪である。
 ところが、県教委の記者会見には驚かされた。
 着服金を全て返済しているから、懲戒解雇処分とするも刑事告発はしないとのこと。
 
 窃盗を繰り返し、公文書を偽造したという公僕にあるまじき犯罪行為。
 お金を全て返済したから刑事告発しないとの見解。
 実に甘い対応にビックリ。

 児童・生徒に人として生きることの重要性を教える立場の人間。
 その者が、大きく道を外す犯罪行為をなしたのである。
 それでいながら、犯罪の重大性をキチンと処理できない部署。
 
 さらに驚くなかれ、同様の不祥事は2年前にも起きていたことである。
 「生徒、教員らの会費を含む口座からの着服は2014年にも安来市中体連でも発覚している」

 同じ過ちが繰り返されており、県教委の身内の不祥事を守ろうとする姿勢が見えみえの対応には・・・バカバカしくなった。

 一方、公僕のトップ、「舛添東京都知事の豪華な海外出張とか、この1年間ほぼ毎週末には、公用車で神奈川県湯河原町の別荘に通っていた」との報道。
 これにもビックリ。
 過去にはテレビ討論会とか、時事ネタの番組などに出演し、政治改革の第一人者と思われるような斬新な発言の数々。
 なるほどと感心させられる場面も何度も視聴してきた。
 ところが、大規模予算を抱えている首都・東京のトップに君臨した途端、何を勘違いしたものかこれまでの発言を撤回するような行動。
 
 権力の座に就くと、こうもいい加減な人間になり下がるものかと・・・驚きを隠せない。
 所詮、人間って云う輩は、ある一線を越えると生まれが出るものか。
 やはり、品格のない心の持ち主だったのだろうか。

 それに引き換え、石原元都知事は立派だったと思う。
 朝から、嫌な記事を眺めてばかりだった。
 
 すると、本日の産経抄。
 これを読んで、スパッと書き込んであり・・・。
 気分も爽快となった。
 
 公僕とはこうでなくてはならない。
 公僕ばかりではない、日本人とはこうあるべき・・・。
 まさにその通り。(咲・夫)

[追 記]~産経抄~
 江戸町奉行というのは、今でいえば、東京都知事と警視総監、東京地裁所長を兼ねたようなポストだった。警察の仕事のなかで、放火、盗賊といった凶悪犯を取り締まったのが、火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)である。
 ▼池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』シリーズで、時代劇ファンにはおなじみの役職であろう。役目に励めば励むほど、金がかかる。幕府から与えられた役料だけでは、とても足りない。主人公の長谷川平蔵は、家に伝わる書画骨董(こっとう)を売り払って、密偵たちに配る金を工面していた。池波さんはエッセーのなかで、現代の日本人にとっても、「身銭を切る」ことの大切さを説いている。
 ▼さて、平成の江戸町奉行、東京都の舛添要一知事はどうだろう。「週刊文春」のスクープ記事によると、この1年間ほぼ毎週末には、公用車で神奈川県湯河原町の別荘に通っていた。テロや大地震が起きても都庁に急行できない、危機管理上の問題も指摘されている。
 ▼舛添氏といえば、スイートルームとファーストクラスがセットになった、大名旅行のような豪華な海外出張が批判されたばかりである。身銭を切っての贅沢(ぜいたく)なら、誰も文句は言わない。知事が派手に蕩尽(とうじん)しているのは、れっきとした公費である。
▼池波さんは、戦後復員してからしばらく、脚本家修業をしながら、都庁の職員をしていた。税金の取り立てや差し押さえの仕事も任されていた。都民の血税のこんな使われ方を知ったら、もの申さずにはいられないだろう。
 ▼舛添氏は、公用車での別荘通いについて、「ルールに従ってやっており、問題はない」と述べている。たとえルール上問題はなくても、「『男の作法』には反している」。26年前に亡くなった、池波さんに代わって言いたい。
(出典:産経新聞4/29 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

今週の追っかけ馬(4月30日・5月1日)

2016-04-29 19:39:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日までの2日間、いい雨が降っていた。
 これで大気中の汚い黄砂なども流されたであろう。
 2、3日は、大気も洗浄されアウトドアも快適・・・。
 黄砂で汚れた車でも洗うかな。(笑)

 さて、競馬の話。
 藤田菜七子騎手、今週は土曜日が東京で4鞍。
 日曜日は初参戦の新潟で5鞍とか。
 早く2勝目が見たいと思っている競馬ファン、その期待に応えてくれるか。
 ファイト

[土曜日の追っかけ馬]
京都10R ピオネロが出走予定。
 このクラスは一度制している同馬。
 前走は逃げていた前の2頭が4コーナーで下がってきて、ピオネロの進路が一瞬ふさがった。
 それでも直線を向いて追い出すも・・・0秒7差3着。
 京都コース0-1-1-1の同馬、叩き3走目でそろそろ好走しないか。
 今回はハンデ戦でトップハンデタイの同馬、乗り替わった鞍上に決めてもらいたい。
 馬場の方は、良に回復するであろうが、渋っていても問題なさそうである。

京都11R サクラエールが出走予定。
 前走は中団後方から追走し、4コーナーでは大外から追い出してきた。
 直線半ば懸命に追い込むも、前が止まらないレースに・・・1秒差8着。
 そのレース、本命で応援もガッカリ。
 今回は1F(ハロン)の距離短縮と鞍上が乗りなれた幸英明騎手。
 3走前のような走りなら面白いけど・・。
 このメンバーなら勝ち負けにならないか。

[日曜日の追っかけ馬]
京都11R 17番ゴールドアクター、18番レーヴミストラルの2頭が出走予定。
 何と、何と追っかけの2頭が、仲良く大外の8枠に入ってしまった。
 この大一番は、内枠の先行馬が有利な傾向とか。
 大外枠に入った2頭、それぞれの鞍上がどのような騎乗をするものか。

 昨夏の函館の1000万クラスを勝ち上がって、暮れの有馬記念まで一気に上り詰めたゴールドアクター。
 走るたびに強くなっていた。
 5連勝目の前走は、58キロの斤量ながら3ヶ月ぶりもなんの強い内容だった。
 最終追切が抜群に良かったらしく、サンスポ評価も15番サウンズオブアースと同じ“”だった。
 17番枠に入ったことで1番人気を免れたらなら、鞍上も気楽に騎乗できるであろう。
 大外から、先行策で最後は渋太く伸びてほしい。

 一方、レーヴミストラルにとっては、18番枠になったから最短距離を折り合ってとはいかないであろう。
 距離が長いと思われるが、鞍上が折り合い重視で最後はロングスパートに持ち込めるものか・・・。
 それに同馬が応えてくれるものか。
 それは、それで鞍上の手綱さばきが気にかかる。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都6R メイショウノボサン  
        
 今週は、メイショウノボサン昇級3走目、うまく抜け出せるか・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(頑張れ、菜七子騎手)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週からG1レース6連戦・・・

2016-04-28 20:57:30 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 ウマくすれば、明日から10連休になるゴールデン・ウイークがスタート。
 サンデー毎日の年金生活者には、無用の長物の10日間。
 どこに動くにも大渋滞の日々がはじまる。

 もっとも、遠方に住んでいる孫たちには、嬉しい毎日かも知れないが親は大変であろう。(笑)
 
 さて、競馬の話。
 今週は天皇賞(春)、次週以降はNHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービー、安田記念と続くG1レース。
 天皇賞(春)以外は、すべて東京競馬場で開催される。
 ダービーの施行されるころは、柵の移動があるけど3、4コーナーあたりの芝もかなり痛むであろう。
 
 ところで、天皇賞(春)は2マイル、つまり3200の長距離レース。
 伝統の一戦であるが、競馬界ではマイルから2000あたりに強い馬を育てる方向にあるとか。

 それゆえに近年は、春よりも秋の天皇賞に有力馬が出走する傾向が強くなっているらしい。
 つまり長距離よりも中距離に主力がおかれるから、2マイルの天皇賞(春)は荒れる傾向にあるとか。

 1番人気の馬は戦績も良くない、2番人気以下の馬がいいらしい。
 今年の1番人気は、どの馬であろうか。
 追っかけ馬の1頭・・・ゴールドアクターかも。

 一方、菊花賞馬の活躍も目立っているとか。
 今年は、キタサンブラック、トーホウジャッカルの2頭が出走予定。
 取り分け、トーホウジャッカルが勝利した時の2着馬サウンズオブアース、3着馬ゴールドアクターも出走。

 今回、トーホウジャッカルが立て直して好走できるかどうか。
 とても気になっている。
 また、本来であればM.デムーロ騎手が騎乗するが、騎乗停止中のため再び酒井学騎手が手綱をとるらしい。

 今ではゴールドアクターとサウンズオブアースが人気馬となっており、トーホウジャッカルは後れをとっている。
 菊花賞男となった酒井学騎手が、再び栄光をつかむことができるか。

 6連勝でここに駒を進めてきたスクリーンヒーローの仔・ゴールドアクター、追っかけ馬でもある同馬とトーホウジャッカルのワン・ツーが最も望ましい。
 サウンズオブアースも入れたワン・ツー・スリーなら、あの菊花賞を彷彿できる。

 阪神大賞典組、日経賞組、産経大阪杯組もやはり要注意。
 さらに長距離路線の多彩な伏兵陣も乱戦。
 雨を待ちわびる馬もいるらしい。
 天皇賞(春)、好レースを見ることができればそれでいい。(夫)
 
参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

特殊詐欺・・・減らない

2016-04-27 20:36:36 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 高齢者の占める割合の多い山陰両県。
 公共交通機関の発達が未熟な地域も多いが、空気がきれい、海と山の産物に恵まれている。
 静かで時間がゆったりと流れるから、当方らには暮らしやすい地域。
 
 ただ、若い人たちの働く場所が少ないので、高齢化率が高まる引き金となっている。
 このことは山陰地域の自治体の悩みでもある。
 魅力ある産業の掘り起こし、魅力ある地域づくりが求められている。
 ・・であるが、人口減の歯止めとなる決め手が不足。
 それが問題点といえる。

 高齢化率が高いことを狙った悪い輩も暗躍。
 魔の電話攻撃。
 山陰両県に安易に電話すると、高齢者が何気なく電話に出てくる率も高いのかも・・・。
 それも、簡単に電話に出てくれるのかも知れない。

 親切心が強いから、電話の呼び出しで相手を待たせてはいけないと・・。
 さらに急いで電話にでるから、相手が言っていることを安易に鵜呑みにしやすいのかも知れない。
 高齢者の親切心を逆手に取った特殊詐欺グループには、草刈り場となるのだろうか。
 
 次から次へと、新たな手口の詐欺グループが暗躍している。
 本日のローカル紙。
 「浜田の80代女性  420万円搾取被害」との特殊詐欺が報道されていた。
 福祉施設入居をめぐる名義貸し・・・とか。

 このような事件が、再三報道されている。
 電話1本で安易にお金が増えるものなどない。
 電話1本でうまい話などあろうはずがない。

 あれほど、地元警察や報道機関、さらに金融機関なども特殊詐欺の注意喚起を行っている。
 どうしたものか、全く行き届いていない。
 恐らく地域の自治会なども、注意喚起していると思うけど。
 
 とに角、電話にでないこと。
 非通知ナンバーには着信拒否設定。
 少々お金が掛かっても、ナンバーディスプレーが必須要件。

 これで、未登録の見知らぬ電話番号にはでないで済む。
 
 万一、電話を取った場合。
 怪しい電話であれば・・・。

 「お宅の電話番号、○○○を警察に通報するようになっていますから・・・」と言うべし。

 特に独り住まいの高齢者のお宅には、地域の自治会などから、「見知らぬ電話番号にでないよう周知」し、地域を上げて高齢者を守るようにすべきである。

 「修身」という教科における25の徳目が、戦後70年で過去のものとなった。
 このことで、特殊詐欺集団のような人間が生まれ、高齢者を人とも思わぬ人間が育ったと思われる。
 子供時代から修身などの道徳教育が、一刻も早く構築されるべきである。

 悪魔の潜む日本、このままであればいずれ国が滅んでしまう。(夫)

[追 記]~特殊詐欺とは
 振り込め詐欺と、それに類似する手口の詐欺の総称。
 振り込め詐欺とは、「オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺及び還付金等詐欺」
 振り込め詐欺に類似する詐欺とは、「金融商品等取引名目の詐欺、ギャンブル必勝情報提供名目の詐欺、異性との交際あっせん名目の詐欺など」


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

「あさが来た」スピンオフ・・・

2016-04-26 21:34:12 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 23日(土)、NHKBS午後9時から「あさが来た」のスピンオフドラマが放送された。
 今回の主人公は、加野屋の中番頭・亀助(三宅弘城)。
 物語の最後の方で、あさ(波留)と新次郎(玉木宏)も顔を出していた。

 九州の炭鉱に勤務している亀助は、妻のふゆ(清原果耶)と暮らしているが、娘も大きくなっている。
 亀助は、ふゆの父・日野彦三郎(上杉祥三)に正式に許しを得ていないことが、いつも気になっていた。
 
 このスピンオフの物語では、彦三郎に亀助夫婦が認めてもらうことができるか、どうか・・・。
 そのことが、骨子になっていた。

 加野屋に帰ってきた亀助は、美和(野々すみ花)のレストランで彦三郎に会う約束をしていた。
 その場で彦三郎に正式に認めてもらおうとしていた亀助は、大番頭の雁助(山内圭哉)に彦三郎になり切ってもらって、彦三郎と対面する練習をしていた。

 美和のレストランを舞台に繰り広げられる今回の物語。
 ドタバタ喜劇風に作られていた。
 吉本新喜劇の風にも・・・。(笑)
 さすが、関西のノリで制作なのか。

 美和のお稽古ごとの先輩の姉さん・サツキ(ともさかりえ)が、この日は美和に相談事があってやって来ていた。
 ところが、このサツキは、人の難儀を見たら黙っていられない性分。
 お節介が過ぎるくらいの女性。
 ついに亀助の心労をくみ取り、思わぬことをやって見せる。
 
 ところが、この人はお酒が滅法弱いときた。
 亀助がお礼と称して、サツキにビールを飲ませたから・・・。
 その後、大変な騒動に発展。
 ほんに、ほんに・・・。

 そこに彦三郎が現れて、一気にクライマックスになった。
 ところで、サツキが美和に相談していたことは、サツキの主人の不貞の話だった。
 この話には、面白いことに思わぬオチもあった。

 最後は、めでたし、めでたし。
 主人公の亀助役の三宅弘城さん、長い台詞もなんのその堂々の演技。
 さすがは、役者さん。
 さらにサツキを演じたともさかりえさんのコメディーぶり。
 これには、思わず目を奪われてしまった。

 加野屋の面々が登場するから、視聴率の高かった「あさが来た」を想い出すこともできる。
 我が家では、とても楽しく見ることができた。
 是非、総合テレビで再放送されることを・・・。
 抱腹絶倒のスピンオフ。
 最高(咲・夫)



[追 記]~あらすじ~
 主人公は、加野屋で中番頭を務める亀助(三宅弘城)。加野銀行の開業にむけて、加野屋の面々は準備に追われていた。そんな中、亀助には、気になっていることがあった。それは、妻であるふゆ(清原果耶)との結婚を、ふゆの父・日野彦三郎(上杉祥三)に許してもらっていないことだった。
 亀助は、美和(野々すみ花)のレストランで、雁助(山内圭哉)に、ふゆの父を演じてもらい、思いを伝える練習をする。すると、たまたま店にいたサツキ(ともさかりえ)が練習とは気付かず、仲裁に割って入ってきてしまう。
 サツキは、夫とうまくいっておらず、家出して美和に話しを聞いてもらっているところで、他人事ではなかったのだ。サツキの相談に乗っていると、彦三郎が現れる。サツキと亀助の関係を勘違いした彦三郎が、怒り出したところに、加野屋のよの(風吹ジュン)、榮三郎(桐山照史)、うめ(友近)、そしてあさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)も現れ大騒動に!

【原案】古川智映子 【脚本監修】大森美香 【脚本】三谷昌登 【音楽】林ゆうき
【語り】杉浦圭子アナウンサー
【出演】三宅弘城、ともさかりえ、山内圭哉、友近、桐山照史、野々すみ花、清原果耶、上杉祥三、風吹ジュン、波瑠、玉木宏 ほか
(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

「桃山ステークス」で、にんまり・・・

2016-04-25 23:05:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 23日(土)東京1レースで落馬の藤田菜七子騎手、24日(日)のレースでは元気に騎乗していたとのこと。
 恐らく、打撲部分も痛いと思われたけど・・・。
 人気者だから、休む暇もないであろうが2度目の落馬を経験しており、萎縮しないようこれからも頑張ってほしい。

 ところで、昨日の京都メイン「マイラーズC」、1番人気の7番フィエロは大外に出して追走していた。
 4コーナーから直線、外に大きく振られながらも懸命に伸びてきた。
 ところが、開幕週の最高の馬場コンディション。
 インでじーっとしていた2番、1番、4番で決まった。
 フィエロは、位置取りが敗因の一戦。
 0秒4差4着・・・とはね。
 鞍上がM.デムーロ騎手だったら、どのように騎乗したであろうか。

 一方、追っかけ馬の14番ダノンリバティ。
 中団後方から追走し、大外を回って来るも3、4コーナー中間あたりで脚いろも怪しくなってきた。

 ところで、京都10レース「桃山ステークス」について・・・。
 昨日、第2弾のブログ「勝負レース・・・京都10レース」をアップしていた。
 このレースには、追っかけ馬の“8番マスクゾロ”、さらにいつも応援している“9番ミキノハルモニー”の2頭が出走。
 ブログ「今週の追っかけ馬」でも書き込んでいた。

 当方にとって、このレースのイチオシはミキノハルモニー。
 これまでのレースぶりから、末脚の確かな同馬がゴール前を突き抜けるイメージを持っていた。
 同馬からの投資額・・・6,000円。
 単勝もしっかり投票していた。
 
 レースがスタートした。
 1番人気の10番サクセスグローリーが先手を主張。
 9番ミキノハルモニーは、後方3番手あたりから追走。
 8番マスクゾロは、中団の馬群の中にいる。
 
 サクセスグローリーが、後続を大きく引き離して早くも3コーナーへ。
 3、4コーナー半ばあたりから、後続が一気に詰め寄ってきた。
 直線を向くと、あれあれサクセスグローリーの脚いろが一気に悪くなった。
 
 外からスルスルとマスクゾロが番手に上がってきて、残り200の手前で一気に先頭に躍り出た。
 そのマスクゾロは、そのまま後続を突き放しにかかった。
 後方から追い出したミキノハルモニー、外からあっという間に番手に上がってマスクゾロを追った。

 よーっし。
 取り合えず、馬単の裏が決まった。
 1着になってくれ・・・。

 残り100を切った。
 4馬身先にマスクゾロ。
 ゴール前3馬身くらいまで詰め寄ったが、交わすことはできなかった。
 前走から3キロアップの斤量もよく頑張っていた。
 次走に期待

 それでも、レース前に願っていた追っかけ馬「マスクゾロ」とのワン・ツーに・・・思わずにんまり。
 
 さらに、3着には「競馬コンシェルジュ」(グリーンチャンネル)の津田コンシェルジュイチオシの2番トラキチシャチョウが入線。
 3連複も的中と相成った。

 ところで、ミキノハルモニーが1着だったなら、倍額以上のプラスだったけど・・。(笑)
 結局、この日もこの1レースのみ的中。

 ちなみに前日の土曜日は、京都6レースの3連単のみが的中。
 2日間で2レースのみの的中だったが・・・グッド、グッド。

 今週から、G1レースがスタートするが余裕で挑戦できる。
 天皇賞(春)では、ゴールドアクター、トウホウジャッカルに頑張ってほしい。(夫)








(出典:JRA-VAN NEXT他 抜粋)

[追 記]~レース後のコメント~
1着 マスクゾロ(秋山真一郎騎手)
 「去年このクラスを勝っているようにもともと力のある馬です。今日は強いレースでした。いい時に乗せてもらいました」

2着 ミキノハルモニー(藤岡佑介騎手)
 「だんだんこの馬のレースのスタイルができてきました。今日はいい脚を使ってくれました」

3着 トラキチシャチョウ(松山弘平騎手)
 「距離も1900mでしたし、2走前に2着したイメージで道中はじっとしていました。この馬の脚は使っています」

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

勝負レース・・・京都10レース

2016-04-24 14:05:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日から山陰地方は、視界不良となる大量の黄砂が飛来。
 全国的な傾向であろう。
 併せて、PM2.5もやって来ていると思われる。
 洗濯物を屋外に吊るせない。
 車の中にも黄砂が飛び込むような気配だった。
 とても、仲良くできる大国ではない。

 さて、競馬の話。
 本日の京都競馬10レース「桃山ステークス」。
 追っかけ馬の8番マスクゾロが出走。
 さらに、応援している9番ミキノハルモニーも出走。
 
 前夜のグリーチャンネルの津田コンシェルジュは、2番トラキチシャチョウを推奨。
 人気の方は、5頭が単勝10倍以下となっている。
 狙いの2頭は、ミキノハルモニーが7番人気。
 マスクゾロが9番人気。

 ここは、準オープンの流れにも慣れてきたミキノハルモニー。
 クラスにめどは立ったとの陣営。
 さらにロスのない競馬で上位を狙いたいとのこと。
 ちょっと、謙虚なコメントに思わず・・・狙いごろ。

 同馬を軸に相手4頭の馬単折り返しを投票したい。
 追っかけ馬のマスクゾロとのワン・ツーなら・・・大喜び。
 
予想レース

 京都 10 R   9 ⇔ 1,2,8,10       馬単8点。

       さらに 9番の単勝・・・も。
                
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第47回マイラーズカップ・・・この一頭

2016-04-24 11:58:11 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日、京都6レースからウインズに出撃。
 自宅で検討していた1番からの馬連6点。
 到着後、ヒラメキもあって3連単に切り替えた。
 これが功を奏して、思わぬ配当の3連単をゲット。
 

(10⇒2⇒4 428.3倍)

 京都10レースのシゲルノコギリザメ、福島11レースのハピネスダンサーで勝負するも・・・ガックリ。
 中途から義兄も合流、結果はう~んとか。
 義兄のゴルフ仲間のMさん、調子が良くてプラス計上でご帰還。
 当方あれから、守りに入って最後まで不的中。
 それでも、初っ端の幸運でプラス計上。

 さて、京都メイン「マイラーズカップ」を検討。
 そのレース、追っかけ馬2頭が出走。
 7番フィエロ14番ダノンリバティの2頭に頑張ってもらいたい。
 フィエロについては、重賞制覇目前で足踏み状態が続いている。
 得意の距離とコース、特に京都コース1-5-2-0と好相性も2着が多い。
 今回こそ決めてくれるか。
 鞍上は、再三調教をつけている鮫島良太騎手に乗り替わった。

 一方、前走の六甲Sでは、テイエムイナズマを抑えて勝利のダノンリバティ。
 時計的にも好レースであったとか。
 同馬も重賞制覇にかなり近づいており、追っかけの2頭のワン・ツーが理想。
 鞍上もここ2走ですっかり手の内に入れており、大いに期待できる。
 
 この2頭の前に立ちふさがるのは、この距離4-2-0-2、このコース2-2-1-1の9番ネオスターダム
 3連勝で一気にオープン入り、上昇傾向の同馬が面白い。
 折り合って、脚をためられるようになったと期待の陣営。

 ここ2走のレースぶりが際立っている3番テイエムイナズマ
 鞍上との相性もいいから、ここでも好勝負必死。
 コース替わりがプラスに働くとの評価。

 そのほか、距離・コースも好相性の15番サンライズメジャー
 外から折り合って、スムーズな競馬なら期待できるとか。

 京都コースは合うとの6番エキストラエンド
 今度は上位にくる番であろう。

 近走はスムーズさを欠いて、結果が出ていないとの1番ダノンシャーク
 いつ走られても文句は言えない実力馬。

予想レース

 京都 11 R   7,14 ⇒ 3,7,9,14 ⇒ 1,3,6,7,9,14,15    3連単フォーメーション30点。
                
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

第13回福島牝馬ステークス・・・この一頭

2016-04-23 11:26:50 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 次週から5週連続のG1レースがはじまる。
 最終週には、競馬の祭典日本ダービーが組まれている。
 それが終わると、来年のダービーを目指して2歳馬たちが出走する季節。
 競馬界の新たな1年のスタート。
 今週はG1レースの谷間。
 土日には重賞レースが3場で組まれている。

 本日、東京1レースでエレナバレーに騎乗した藤田菜七子騎手、4コーナー手前で騎乗馬が前の馬に触れて落馬競争中止。
 骨折はないらしいが、右手打撲で痛いらしく・・・残りの6鞍は乗り替わりとなったとか。
 明日は8鞍騎乗予定になっているが、大事に至らねばいいけど。


 ところで、本日の京都10レース。
 外枠ながら、12番シゲルノコギリザメの活躍が楽しみ。
 前走は馬場のキツイ中京で番手追走から、最後は渋太く粘ってくれた。
 単勝及び複勝で応援していた。

 さて、本日の福島メイン「福島牝馬S」を検討。
 1着馬にヴィクトリアマイル優先出走権が与えられるこのレース。
 通常の狙いなら、大外に入った16番シャルールを軸馬に選定すべきかも。
 この距離3-1-0-1、このコース0-1-0-0の同馬、昇級戦でも3連勝でここに駒を進めている。 
 今の充実ぶりなら楽しみはあるとの陣営。

 ・・であるが、ここではさらに狙ってみたい1頭がいる。
 前々走、前走の重賞レースで0秒2差5着の9番ハピネスダンサー
 ハンデ戦であったが、重賞の流れにも慣れてきた。
 4走目の今回は、重賞制覇が近づいている・・・と、思える。
 ちなみにこの距離の持ちタイムはメンバー中1番。
 狙う価値あり・・・。

 次いで持ちタイムもいい12番メショウスザンナ
 前走のレースでは、後方から追走しながらも直線一気に伸びて0秒1差3着。
 伏兵人気ながら、一時の不振から脱した感もあるとの評価。
 状態の上積みがあるとの陣営。

 そのほか、最終追いがよかったとの7番リーサルウェポン
 広いコースの方がいいらしいが、この舞台はディープ産駒が好走とかでチョイス。

 鉄砲実績(2-1-1-0)のある15番カレンケカリーナ、ここのところ右回りでもいいらしい。
 暖かくなって動けるとか。
 
 スタートを決めて、前々で競馬をすれば面白いとの2番フレイムコード
 
予想レース

 福島 11 R   9 ⇔ 16,12  及び 9 ― 7,15,2     馬単4点及び馬連3点。
      
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

咲の部屋「大輪の牡丹」

2016-04-22 22:47:00 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 色とりどりの花の季節。
 牡丹の花も大きく咲きはじめている。
 例年よりも少し早いと思えた。

 今年は肥料を十分に与えたので、花の数が格別多いかしら・・・。
 10年以上も前、数本の苗木をもらっていた。
 1本に8個くらいの花がきている。
 
 早めに切って、玄関に無造作に生けてみました。
 暖かい室内のためか、大輪の花が綺麗に花開いた。
 家の中もパッーと明るくなったみたい。
 
 庭木の下にひっそりと、春蘭なども可憐な花をつけている。
 寒い冬を超えて、待ち望んでいた春。
 やはりいいもの・・・です。(咲)





下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

今週の追っかけ馬(4月24日)

2016-04-22 21:51:12 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨夕はOB会の幹事会、総会、懇親会だった。
 元の職場からも管理者側、労働組合側から6人の来賓。
 懇親会は大いに盛り上がった。
 会計担当の当方、会計監査も無事終わり、総会にて決算報告と予算案の承認を得て一安心。
 他人様のお金を扱うもので、不備があってはいけない。
 いささか、飲みすぎのぼんやりした頭で、朝から新年度の会計処理をしていた。

 さて、競馬の話。
 今週はG1レースの谷間。
 5月に入ると月末の日本ダービーまで、毎週G1レースが組まれている。

[日曜日の追っかけ馬]
京都10R マスクゾロが出走予定。
 映画「マスクオブゾロ」(主演:アントニオ・バンデラス)が好きだったから、同馬の“マスクゾロ”の走りに魅了された。
 馬名はやはり・・・「怪傑ゾロ」からきているらしい。

 500万、1000万、準オープンもあっさりクリア。
 重賞レースに挑戦も厚い壁が立ちはだかっていた。
 さらに準オープンの降級戦も長いブランクからだったのか、オープン再昇級が阻まれていた。

 再びじっくり、立て直された4ヶ月半ぶりの今回は、動けることに期待している。
 ここには、応援しているミキノハルモニーも出走。
 2頭のワン・ツーなら・・・。

京都11R フィエロ、ダノンリバティの2頭が出走予定。
 ここ2年、同レースを2着、3着のフィエロ。
 マイルCSでは、2年連続2着だった。
 本番のマイルCSに照準を合わせているが、ここでも無様なレースはできまい。
 3走連続騎乗のM.デムーロ騎手は皐月賞で騎乗停止、そのため鞍上が乗り替わっている。
 「一つ歳を取りましたが、体力、精神的にはまだまだフレッシュです」との陣営。
 さらに「今年が集大成と思っている」とのこと。
 鞍上は替わるが、3着以内を確保してくれるものと思っている。

 一方、4歳のダノンリバティは、芝のオープンの前々走でタイム差なしの4着。
 ところが、前走は巻き返して、その時の勝ち馬テイエムイナズマを抑えて勝利。
 京都コース0-1-0-2ながら、着外も0秒2差、0秒3差とそれほど敗けていない。

 鞍上の松若風馬騎手も、同馬の能力の高さを信じているらしく、自信をもって騎乗するとのことらしい。
 楽しみ。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都1R タマモパフィーム、4R スズカウルトラ、12R カトラス    
  日曜日:京都1R マヤブリリアント、2R ブリーズスズカ、8R キングサムソン、10R ミキノハルモニー
      東京12R サンマルアリュール
               
 今週は、スズカウルトラ、ブリーズスズカ、ミキノハルモニー、サンマルアリュールなどに期待するかな・・・。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT トウホウジャッカルの天皇賞は酒井学騎手とのこと。)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」・・・やっと見る

2016-04-21 21:45:25 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 連続テレビ小説「あさが来た」の大ファンだった我が家、ただ今放送中の「とと姉ちゃん」にはさほど興味を示していなかった。
 そのため、時々見る程度だった。

 それが不思議なことに、東京深町編になったらドラマの雰囲気が一気に変わったように思え、家内ともども思わず見入るようになった。
 チャキ、チャキの江戸っ子。
 これまでの暗いイメージが吹っ飛ぶような雰囲気。

 このドラマは、昭和の初め頃の静岡県遠州地方が舞台となっていた。
 主人公・小橋常子(内田未来・高畑充希)は、責任感の強い3姉妹の長女。
 浜松の染物工場の営業部長の父・竹蔵(西島秀俊)は、懸命に仕事に打ち込む傍ら家族をとても大切にしていた。
 ところが、常子が11歳のとき、最愛の父が結核で死去。
 そのため、生活も一変する小橋家。

 母・君子(木村多江)は新たな生活の糧を求めて、疎遠にしていた実家の母・滝子(大地真央)を頼る決意をした。
 常子らにとっては、祖母となる滝子は、東京深川で200年以上も続く材木問屋・青柳商店の大女将だった。
 君子の幼少のころ、躾に厳しかった滝子。
 
 長い間、疎遠にしていた君子。
 君子は過去において、滝子の意に沿わない何かがあったのだろう・・・。
 
 祖母の滝子を始めて知った常子たち。
 これからの物語の展開、とても活気もあってスピーディになりそう。
 
 ところで、青柳商店の筆頭番頭・隈井栄太郎を演じている片岡鶴太郎さん、生粋の江戸っ子で歯切れがとてもいい。
 ナイス。 
 「あさが来た」の番頭・雁助(山内圭哉)や亀助(三宅弘城)とは、大きく違ったタイプ。
 関西の番頭さん、関東の番頭さんを比較しながら見るのも楽しい。
 
 いずれにしても、我が家も遅ればせながら、「とと姉ちゃん」をじっくりと見るであろう。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

ささふく水辺公園にて・・・

2016-04-20 22:08:55 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 先週、ささふく水辺公園(鳥取県西伯郡伯耆町)にグラウンド・ゴルフに向かったところ、大会のため場所を変更してプレーした。
 ささふく水辺公園も素晴らしいロケーションのコース、今一度そちらでプレーがしたくなっていた。
 昨日、いつもの兄姉夫婦3組で改めて出直した。

 この日は、広々とした芝の3コースに20人くらいが来ていた。
 風も吹いていたが、愛好者の皆さん楽しそうにプレーに夢中。
 当方らも早速、プレーの準備。

 ・・と、その前に昼食を摂った「農園レストラン・シャトーおだか」を紹介。
 知る人ぞ、知るレストランとのこと。
 山陰道を東に向かって、米子ジャンクションを降りて大山方面へ向かうと間もなく大きな看板が目に留まる。
 
 このレストラン、以前は「米子ハイツ」という名称だった。
 大山登山の帰り道、ここに立ち寄って入浴していたことを想い出した。
 10年以上も昔の話。
 
 現在は「大山やすらぎの宿・シャトーおだか」とのこと。
 午前11時半から、70分の時間帯で食べ放題の農園レストラン。 
 兄姉夫婦らは、何度も来ているとか。

 70歳以上が、1人あたり590円。
 70歳未満の一般は690円だった。
 何と、なんと、次々とものすごい数の人たちがやって来るから驚いた。
 平日なので高齢者がほとんどだった。



 野菜は近隣の農家が生産した新鮮な物が使われているらしい。
 だから、「農園レストラン・・・」。
 料理の品数も驚くほど多かった。
 そちらでお腹を満たし、グラウンド・ゴルフ場に向かった。
 20分くらいで到着。

 桜の木々がたくさん植わっているが、既にソメイヨシノは終わっている。
 今は八重桜が満開だった。
 とてつもなく広い場所。
 通常であれば、2コースは十分にとれる広さに1コースの設計。
 うまくやれば、3コースはとれるかも。
 
 3ラウンドを終了すると、かなりの距離を歩く計算だった。
 芝のコース、起伏もあってボールの転がりもばらつく。
 休憩も入れて5ラウンドを堪能。
 通常の7~8ラウンドを行ったような運動量。
 最高のグラウンド・ゴルフ場だった。
 ちなみに使用料は無料とのこと・・・届け出が必要。

 広々としたコース。
 全員が堪能できた。
 またいずれ・・・。(咲・夫)





下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

そろそろ、アブラコウモリの活動期・・・

2016-04-19 21:52:00 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 11月から3月の冬期、住宅地で冬眠に入っていたアブラコウモリ(通称イエコウモリ)。
 暖かくなってきたこの季節、いよいよ春の陽気に誘われて、ねぐらから飛び出して活動するころとなったらしい。
 もっとも、5月ころ幼獣が産まれ、8、9月ころに幼獣も外を飛び回るようになるから、このころが数も多くなるとのこと。
 日没前後に一斉にねぐらから飛び出して、昆虫類を捕食に一晩中飛び交うらしい。
 ただ、ある程度長らく飛び回っては、当分の間休憩するとか。

 捕食する場所が、住宅地なら家屋の窓枠とか屋根の下、壁などとまり易いところで休憩するとのこと。
 昆虫の捕食、今ごろの季節なら河川などの付近を飛び交うことが多いかも知れない。

 ところで、何年もの長い期間、10数年になるかも。
 アブラコウモリに悩まされていた我が家、コウモリ駆除を県内業者に依頼するも根本的な解決に至らなかった。

 そのため半年前の10月、県外のコウモリ駆除専門業者に依頼して、多くの手間をかけて駆除作業が終了
 それまでの長い期間、家屋への出入り口付近には、ネズミの糞のような黒い糞が見られていた。

 昨秋、その駆除作業が終わって、1、2週間もすると冬眠期間になっていた。
 もっとも、駆除作業と言っても、益獣とのことで殺処分はできないらしい。
 つまり、室内(壁の間、天井など)の巣から放逐することだった。

 あれから、半年が経過。
 アブラコウモリの活動期がやってきた。
 いろいろと、チェックするも侵入している気配もない。
 また、黒い糞が見られていた壁とか、出窓、屋根などにも全く見られなくなった。

 当の専門業者によると、「昆虫捕食の合間、休憩のため壁にとまりに来るかも知れません」
 「そのため、壁などに糞がつく場合もあります」とのことだった。
 どうやら、今のところその懸念もないらしい。
 ホッとしている。

 そのコウモリ駆除専門業者、“イタチ、ネズミ、蜂、ハクビシン”などの駆除にも大わらわとのこと。
 特にイタチやネズミの被害でお困りの家屋、社屋なども相当な数らしい。
 これには驚きである。
 特にネズミの場合、天井内とか壁の間の室内配線をかじられると、漏電の原因にもなるから困ったものとか。

 コウモリ、イタチ、ネズミなどで困ったなら、やはり専門業者に相談が一番であると思い知らされた。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)