咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

咲の部屋・・・・・大根が

2009-12-31 21:25:58 | 暮らし
 正月を目の前にして畑の野菜を収穫すると、思わず笑いのでる大根。
 小雨の降るなか防寒着を着込んで畑に出向き、サラダ菜、白菜、ネギ、キャベツなどの野菜類を次々と収穫、最後に大根を力強く引っこ抜くと太くて形の良いものが採れました。

 子供たちも帰ってくるので、この大きさなら満足と思い、もう一本に手を掛けると。
 さほど力も要らないですっぽり抜けて・・・・・・あれー






 



 なんとも不恰好な大根が、土の中から現れてきました。それではともう一本を抜くとこれもユニークな形の大根でした。
 料理すれば、同じだから、まあーいいか。





 変った形の大根なので、三本並べて写真撮影

 この大根は、子供たちも大好きな酢の物と炒め煮を作りました。


[酢の物]
 大根、柚子、人参、小口ネギ、練り物、黒ゴマなどをラッキョ酢で和える。

[炒め煮]
 大き目の長方形に切った大根を油でさーっと炒めて、これを煮物にして白ゴマを。(咲)


コメント

師走のひとコマ・・・・

2009-12-30 20:21:08 | 日記
 銀行へ行くとさすがに普段よりも人の出入りが多く、待ち時間も長い。
 お墓も新しいお花を持って行くと既に公園墓地は、多くの人がお花を持ってきており、我が家は遅い方。

 街中も配達の車、買い物客の車の往来で気ぜわしい一日、行きかう人も忙(せわ)しなく師走のひとコマ。

 市場では、正月用品を求める人と売り子の声で久しぶりに活気が出ており、この時ばかりは、不景気風も退散。

 ニュースでは、お正月を古里で迎える人たち、海外で迎える人たちなどが、空港や駅で忙しくしているいつもの光景が流れている。

 TV番組も年末恒例の一年の総決算ものが放映され、師走のひと時を感じる。


 昨日は、忙しい師走の最中、こんなハプニングも見受けられた。
 その日の午後から、ガソリンスタンドへ出向くとタイヤ交換、給油、洗車と行きつけのスタンドも戦場さながら。

 この一年畑通いと市内の用事で活躍した家内の車に満タン給油と洗車と清掃を頼み、スタンドの待合室でほかのお客さんたちとゆっくりしていた。


 暫くすると、スタンドの従業員さんが、何か手に持って気まずそうな顔をして入ってきて、「○○さん、大変申し訳ないことをしました。不注意でアンテナを折ってしまいました。」
 隣のテーブルのご年配の○○さんが、「えっー、折ったの・・・・!」と、がっくりした表情で、いささか声も震えていた。

 「直ちに取り寄せて、修理させていただきますので」と申し訳なさそうに従業員の方が。
 メーカーも休みなので年明けになるみたい。

 どうやら、ことの顛末は、洗車機に車を入れる際、アンテナを取り外すことを忘れたとのこと。

 年末にかわいそう!!

 猫の手も借りたい師走のひとコマ。


 マイカーは、明日の大晦日にでも給油に行こう (夫)



「お正月も目前」



コメント (2)

この一年・・・・・回顧

2009-12-29 17:50:58 | 日記
 丑年もあと三日で寅年にバトンタッチ。 '00年最後のこの一年を振り返ってみると多くの出来事がありました。

 社会全般を見渡すと抜け出すことのできない不況のどん底で、蟻地獄のようなすり鉢の底から、這い上がることができない日本。

 安全で安心できる社会、豊かな社会を願った国民から、その期待を一心に受けて政権交代が行われて100日過ぎるも。

 残念ながら外交・内政ともに不安感一杯で、“船頭多く船山に登る”がごとき新年を迎えることとなった政権、なんだかとても不安になってきた。


 さて、我が家の・・・・・・いえいえ“その夫”に関係するこの一年を回顧すると、総体的に“?の年”であったと。


十代ニュース風にまとめると

 1.長い間勤めた職場を定年退職

 2.初めての船旅“飛鳥Ⅱ”を満喫

 3. 我が家のリフォーム最終章

 4.ブログ開設“咲とその夫”

 5.DELLのパソコン セットアップ

 6.風邪で長期間ダウン

 7.有馬記念で涙する

 8.○○雀会にて旧交を温める

 9.禁酒・・・・・尿酸値アップで

 10.年金受給開始



 そのほか、娘夫婦、息子夫婦とそのご両親をあるイベントでご招待、OB会入会、市民大学参加、池波正太郎小説に再度没頭、写真撮影とフォトブック、映画・演劇鑑賞、農作業、登山など沢山あったが、日ハムリーグ優勝も。


 競馬研究・・・・・・力不足を痛感(いつものことでニュースにもならない!!)(夫)



「飛鳥Ⅱ・・・出航」




コメント

有馬記念・・・・レース回顧

2009-12-28 21:06:26 | スポーツ
 ‘09有馬記念のスタート、⑨ドリームジャーニーが出遅れて⑥エアシェイディと2頭が集団の1、2馬身後方を追走する展開。先団は⑧リーチザクラウンがスーッと飛び出してハナへ。

 1番人気②ブエナビスタは、今回は好位の5番手。中団馬群には⑪イコピコ。外に⑮ネヴァブションなど。

 ⑩スリーロールスは、7、8番手をゆったりと追走。後方集団には⑭セイウンワンダー、⑯フォゲッタブル。ドリームジャーニーはひとつポジションを上げて15番手。ポツンと1頭遅れてエアシェイディという隊列で、1周目の正面スタンド前を通過した。

 1コーナーに向かうまでもリーチザクラウンはペースを落とさなかったため、前半1000m通過は58秒半ばの厳しいペース。向正面に入ったところでは5馬身ぐらいのリード。

 ここからようやくペースを落とすも12秒台のラップが続き、後続集団も一貫して速い流れを追い続けた。向正面直線半ばでスリーロールスがズルズル後退するアクシデント。

 リーチザクラウンが依然として単騎で3コーナーへ向かうも、2番手のミヤビランベリらの手ごたえが早めに怪しくなり、替わって外からマツリダゴッホが持ったままの手ごたえでマクリに行った。好位追走のブエナビスタは、手ごたえ十分のまま4コーナーへ。

 そして外からはドリームジャーニーが抜群の手ごたえ、フォゲッタブル、最後方のエアシェイディも一気に前との差を詰めにかかった。
 
 最後の直線を先頭で入ったのはマツリダゴッホ。しかし、そこから突き放せず、逆にブエナビスタに交わされる。さらに外からドリームジャーニー。この2頭の脚色が完全に他馬を上回り、坂下から2頭の追い比べ。ドリームジャーニーがブエナビスタを半馬身ほど差し、先頭でゴールに飛び込んだ。

「出展:JRA-VAN NEXTレース回顧抜粋」


 これが、今年の有馬記念の流れ、3着には昨年同様エアシェイディが入った。今年のGⅠレースは、8歳馬の元気な姿が目についた。

 横山典弘騎手を超える乗り方をした池添謙一騎手の好プレーが際立ったレースで、春のドリームレースの覇者ドリームジャーニーが、名前のとおり年の瀬のドリームレースを飾った・・・・・・池添謙一騎手の涙に感動。

 '09.10.26京都5Rの伝説の新馬戦といわれた4頭、その中でこの有馬記念で2着を確保したブエナビスタの強さが光っていた。

 期待の1頭は、非常に残念なことに向正面で競争を中止した・・・・・・・思わず目を覆いたくなった。

 いろいろと考えた挙げ句、今年の菊花賞馬“スリーロールス”を中心に馬券を組み立てていたが本当に残念・・・・・・・これが競馬!!

馬にとっても関係者や多くのファンにとっても本当に残念。

 JRA発表では、「左前浅屈腱不全断裂」とのこと。バランスオブゲームなどもこれで引退している。

 
 忘れられない「有馬記念」になった!!


 '09JRAリーディングジョッキー 内田博幸騎手おめでとうございます。(夫)




(新ひだか町にて)


 気持ちを切り替えて、正月を迎える準備を・・・・・・しょう

コメント

有馬記念・・・・・この一頭

2009-12-27 12:00:00 | スポーツ
 今年のJRAリーディングは、26日現在で内田博幸騎手145勝、武豊騎手137勝、その差8勝。
 最終日の27日、両騎手とも9鞍に騎乗予定ながら、内田博幸騎手のリーディングは、ほぼ確定。
 二人の腕比べも楽しみのひとつ・・・・・・。


 有馬記念は、一年のうちでダービーに次いで楽しみのレースのひとつ。今年一年を表す漢字「新」、4歳馬が一頭も出場しないのは異例のこと。「新」ではないだろうか・・・・・?(調べていないので)
 強い世代といわれている3歳馬が7頭も出走、世代交代となるのか。
 伝説の新馬戦の4頭も気にかかる・・・・①アンライバルド、②ブエナビスタ、⑧リーチザクラウン、⑩スリーロールス。

 ギャロップの消去法大作戦では、⑦マツリダゴッホ、⑨ドリームジャーニー、⑩スリーロールス、⑮ネヴァブションの4頭が残るとか。
 
 JRAリーディングを争ってきた、内田博幸騎乗の⑪イコピコ、武豊騎乗の⑧リーチザクラウンの勝負も。

 そして、追っかけ馬の②ブエナビスタ、⑪イコピコ、⑯フォゲッタブルも・・・・気にかかる。


 結論、ドリームレース・・・・・悔いのないように!!

 自在に立ち回れる、時には上がり33秒台の足が使える、スタミナがある、中ほどの枠で立ち回りやすい、春先はパンとしないので夏を放牧にあてたことがベスト(菊花賞馬)であったことなどから ⑩スリーロールスを狙いたい。
 今回うまくいかなくても、これを機に追っかけ馬の1頭に据えたい


 阪神12R ’09ファイナルSは、追っかけ馬に騎乗の岩田康誠騎手が締める。相手も追っかけ馬。


予想レース

 中山10R ⑧⑩⑪        ウマレン3点。
      ⑩⇔⑨②⑦、⑩⇒⑮  ウマタン7点。
 
 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)



「見学できる馬」(社台スタリオンステーションにて)


土曜日の追っかけ馬、それぞれ1着でウマタンをゲット


コメント

中京日経賞・・・・・この一頭

2009-12-26 09:54:36 | スポーツ
 土曜日のレースで面白そうな“中京日経賞”(1000万下・ハンデ)を検討。前走の最終レースの伊吹山特別で、ウマレンを頂いた“⑦ヤマカツマリリン”を再度狙いたい。
 
 小島貞博厩舎の娘婿田嶋翔が騎乗し、いいレースが続いており前走は抜群の伸び。中京競馬場1200芝コース、このメンバーでの持ち時計二番目。

 枠番もいいところで、自在に立ち回れるのでは・・・・・・・と。小島貞博調教師は、騎手時代いろいろと苦労されたが、ミホノブルボン・タヤスツヨシでダービージョッキーに。
 チョウカイキャロルのオークスでは、バカ勝ちの記憶があり、好きな騎手の一人でした(古い話)・・・・・・そのためか、小島貞博厩舎の馬に目移りが。

 相手は、持ち時計一番、調教も良かった⑱アドマイヤプルート、持ち時計もあり軽量の⑫ユメイッポ、左廻りがいい⑥キヲウエタオトコなどを厚く。
 そのほか、⑬リーチコンセンサス、①ラヴァーズテーラー、⑭マヤノロシュニなども。


 中山11Rは、大井の戸崎圭太騎乗の③フサイチピ-ジェイが逃げ切る。

 阪神11Rは、一番人気の③ヴィクトワールピサを猛追するだろう⑬コスモファントムを・・・・・・・調教抜群で狙う。


予想レース

 中京11R ⑦⇔⑱⑫、⑦⇒⑥⑬①⑭  ウマタン8点。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)



「キングカメハメハ」(社台スタリオンステーションにて)

コメント (2)

今週の追っかけ馬(26・27)

2009-12-25 22:38:46 | スポーツ
 先日のNHKスポーツ大陸「夢をかなえるために~騎手 内田博幸~」最高。
 野武士の風格“内田博幸”騎手の競馬に対する姿勢と弛まぬ努力、食い入って見ておりました。この番組を見たことで、リーディング争いがさらにおもしろく・・・・・・・・・。
 土・日ともに武豊騎手と同じ競馬場での熱戦


[土曜日の追っかけ馬]
阪神8R ⑭フロムスクラッチが出走予定。
 阪神コース1-0-1-2と同条件を一度勝っており、当該レース出走馬中で持ちタイムが一番。
 休養明けであるが、連まで期待。佐藤哲三騎手、今週は体調も回復していると信じて。


阪神10R ⑤ブロヴィナージュが出走予定。
 阪神芝コース0-0-0-1、ダートでは、0-1-0-1の戦跡。持ちタイムも下位、厳しいと思われ・・・・・・・掲示板なら。


[土曜日の結果]
阪神8R ⑭フロムスクラッチ・・・・・1着

阪神10R ⑤ブロヴィナージュ・・・・・1着



[日曜日の追っかけ馬]
中山10R「有馬記念」②ブエナビスタ、⑪イコピコ、⑯フォゲッタブルの三頭が出走予定。

 ②ブエナビスタは、調教時計6F83.9、3F39.4、1F12.1・・・・・単走追いで、好時計をたたき出したとの情報。
 3歳牝馬であることから斤量53kg、3歳牡馬と2 kg差、古馬の牡馬と4kg差は大きな魅力。
 ただ、2番枠に入ったことで今までのように後ろから行くと抜け出すことができないことも、その辺はジョッキーの乗り替わりで横山典弘騎手がうまく捌くと思うが。小回りの札幌競馬場で2着以来、不運なレースが続いている。また、コーナーを6回も廻り直線の短い中山コースが心配・・・・・・・3着までは確保。
 
 ⑪イコピコは、坂路調教で4F53.6、1F12.0と最後1Fを追ってキッチリと時計が出たとのこと。TV画面からも坂をまっすぐ駆け上がっていた・・・・・・これなら。
 今回の鞍上は、内田博幸騎手に乗り替わり・・・・・・一年を締めくくるか。
 マンハッタンカフェの子、神戸新聞杯のような上がりで・・・・・・・連を期待。

 ⑯フォゲッタブルは、調教時計6F80.6、3F36.1、1F11.6・・・・と抜群の追い切りとの情報。
 出るか、ルメール マジック・・・・・・と、スポーツ紙に文字が踊っている。枠順発表で大外枠の⑯番が気がかり・・・・・・・であるが、超良血と超優秀騎手で。
 3着までは確保・・・・・と。


 2008.10.26京都5R・・・・・・伝説の新馬戦といわれたレース。そこに出走の上位4頭が顔を揃えた。
 今年最後のGⅠを“⑧リーチザクラウン”が、王者武豊鞍上で奪取するか。①アンライバルド、②ブエナビスタ、⑩スリーロールスなどが、またしても取るのか?
 興味が尽きない・・・・・・・・今年の有馬記念

 狙いは、絶好枠の⑩スリーロールスと思っているが・・・・・・。


阪神11R メガリスが出走予定。
 連闘で臨むも厳しいと思われる。


阪神12R キャプテンベガ、フィフスペトルの二頭が出走予定。
 キャプテンベガは、前走の府中キャピタルステークスで七番人気ながら、2着に食い込み馬連をいただいた。今回は、有馬記念に行けず阪神で荒稼ぎの岩田康誠騎手が二度目の騎乗。
 ハンデ頭の57kgでも阪神の同コースで1着のある岩田康誠騎手がもう一度・・・・連は固いと。

 フィフスペトルは、マイルまでなら十分通用するとみているが、三歳になってからの成績が・・・・・・・・疑問?
 暮れの阪神で好走のきっかけとならないものかと・・・・・・・掲示板かな。


中京10R オークヒルズが出走予定。
 前走は、もう一頭の追っかけ馬スタッドジェルラン(一番人気)とこの馬(12番人気)を1着に並べた3レンタンフォーメーションで、スタッドジェルランが、逃げるオークヒルズを直線半ばで捉え、オークヒルズが2着に残る。馬券は、3着に入ったタガノアッシュを押さえており、高配の3レンタンをゲット。

 今回は、人気すると思うが、内枠を引き当てて前で競馬を、秋山真一郎騎手の好騎乗で単まで突き抜けてくれないものか・・・・・・・中京1700ダートの持ちタイムNo1。

 相手は、タガノアッシュ、ルティラーレ、ヒカリコーズウェーなど。(夫)


[日曜日の結果]
中山10R②ブエナビスタ・・・・・2着
    ⑪イコピコ・・・・・・・8着
    ⑯フォゲッタブル・・・・4着

阪神11R⑨メガリス・・・・・・・5着

阪神12R③キャプテンベガ・・・・5着
    ④フィフスペトル・・・・2着

中京10R②オークヒルズ・・・・・3着



「ノーザンホースパーク にて」



コメント

今どきのプリンター・・・・・その2

2009-12-24 20:58:19 | デジタルアイテム
 Canon PIXUS MP990を手に入れてから一ヶ月余りが過ぎる。このプリンターでできることは、購入時にも書いたが次のようなことである。

 ①メモリーカードからの印刷 ②コピー ③スキャン ④DVD/CDに印刷 ⑤写真に手書き文字を印刷 ⑥写真やフィルムからの印刷 ⑦パソコンからの印刷 ⑧そのほか、デジカメ/携帯電話からの印刷など、大方のプリンターが可能とする印刷ができる。ただし、フィルムからの印刷は特筆ものかと。
 




 プリンターサイドから操作をする場合、重宝するのが液晶モニターで、これが3.8型TFTと大型で見やすい。また、扱いやすい操作ボタンや中央に位置する“イージースクロールホイール”は、指でまわすことも、矢印方向を押して操作することも可能でとても便利である。





 忠実な色再現性を求めるインクは、6色で“イエロー”“マゼンタ”“シアン”の3色に“ブラック”が2種類・・・・・・「W黒(ダブクロ)」。
 写真をキレイにプリントする染料系の黒インク、文字をくっきりプリントする顔料系の黒インクの両方。


 もう1色は、“グレー”のインクが特徴である。
 カラープリントにおいて、豊かな表現力と色安定性を実現。また、モノクロプリントでは、階調部分の粒状感を低減し、ざらつきのない安定したグレーバランスを実現。


 確かに写真の仕上がりは、感心するほどの出来ばえ・・・・・・・ベースとなる画像データがしっかりしている必要性があるが(笑)


 おかげで、今年の年賀状は、これまで以上にすばやく印刷。

 無線LANは当たり前になっているが、これも大変便利で助かっている。販売店の店員さんの薦めもあって求めた「Canon PIXUS MP990」、絶賛の機種と思っている。

 Windows7とPIXUS MP990・・・・・・これで鬼に金棒

 インクの値段が、少しでも安価になればと思いつつ・・・・・・・。(夫)



コメント

冬至とかぼちゃ

2009-12-23 18:22:34 | 暮らし
 昨日は、一年で昼が一番短く、夜が一番長い日・・・・・・冬至でした。

 スーパーの入り口には、“かぼちゃ”が山積みになっており、飛ぶように売れていたと・・・・・・・。

 その夜、我が家でも“かぼちゃ”を食べましたが・・・・・・・なぜ?
 
 調べてみると次のようなこと・・・・・でした。


 日本では、この日に“ゆず湯”に入り、“冬至がゆ(小豆がゆ)”や“かぼちゃ”を食べると風邪をひかないと言われている。
「出展: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」


 江戸時代中期頃、野菜不足を解消するためと風邪予防を兼ねて、保存のよくきく“かぼちゃ”を食べる習慣が根付いたとか。

 “ゆず湯”に入る理由は、冬至と湯治をかけたこと。なぜ“ゆず”なのか、融通が利くようにとのこと・・・・・・でした。
 
 特に“かぼちゃ”は、「カロテン、ビタミン類」を多く含む緑黄色野菜で、先人の知恵には驚かされることばかり・・・・・・・ですね!!





 がん予防十二か条の一つに“食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多くとる”すなわち、「緑黄色野菜をたっぷりとる」とあるように。


 ゆず湯に入って、かぼちゃを食す・・・・・日本人に生まれて良かった!!(咲・夫)

 “かぼちゃ”スープもいいですね




コメント

坂の上の雲・・・・その2

2009-12-22 22:37:16 | レビュー
 毎週日曜日、この番組を見るのがとても楽しみになっている。配役も昔の映画でいうならばオールスターキャスト。

 ストーリーは勿論のこと、本当に実力ある役者さんたちが、それぞれの持ち場を固め、演技と演技のぶつかり合いがとても面白くワクワクする。

 日清・日露の戦争がベースにあるので、男性の役者さんの出番が多いが、正岡子規の妹“律”を演じている菅野美穂、芯の強い明治の女性を演じきって抜群の好感度。

 三人の主役、阿部寛・本木雅弘・香川照之もすばらしいはまり役と思う。“天地人”の阿部寛、“おくりびと”の本木雅弘、“剣岳”の香川照之も素晴らしかったが、今回のドラマは、三年間で完結することもあり、それぞれの演技をたっぷりと見れる楽しみがある。

 明治維新から近代国家へと新たな国づくり、祖国を大切にしたいという気概がひしひしと伝わりドラマの中に引き込まれる・・・・・・・・すごいの一言。

 海外ロケ、国内ロケも盛りだくさんで、特に第4回「日清開戦」における戦闘シーン、紫禁城のセット・・・・・・中国側の協力を得た映画以上のカットの連続。


 「第4回「日清開戦」では北京のオープンセットや内モンゴルで撮影したシーンが登場。大がかりなロケで迫力ある映像を実現。」(出展:NHK HP抜粋)


 内モンゴルでの撮影は、俳優・スタッフとも寒さで大変だったとか。現地スタッフやエキストラの協力に感謝されたようである。




「内モンゴルの大地に沈む夕日。日本では見られない雄大な風景に現場の誰もが目を奪われた。」(出展:“写真と文”NHK HP)


 このような重厚で大掛かりなドラマがよく撮影され、できあがったものと感心している。そのためか、NHKハイビジョンと総合で2回も見ている。

 今年は、残り1回の放映・・・・・・・以降は来年まで、三年間楽しみが続く(咲・夫)
コメント

NHK“スポーツ大陸“・・・必見

2009-12-21 17:58:07 | スポーツ
 今年の競馬も残すところ二日間、内田博幸騎手と武豊騎手のリーディング争い、その差9勝の行方は・・・・・・?
 王者武豊騎手の逆転があるのか・・・・・・その熱戦振りに

 メディアの方でも内田博幸騎手のすごさを余すところなく追っかけ、今夜午後11時00分~11時45分、“スポーツ大陸“で放映予定。

「夢をかなえるために~騎手 内田博幸~」









 内田は1989年、南関東・大井競馬所属騎手としてのデビュー以来、通算3000勝、年間勝利数の日本記録更新など、数々の記録を樹立。さらに南関東リーディングジョッキー、海外のトップレース「ドバイ・ワールドカップ」出場など、チャレンジ精神で多くの壁を乗り越え、のし上がってきた。地方競馬の人気向上を担う存在だったが、「安泰な道を選んで後悔したくない」と中央に進出したのだ。
「出展:NHK HP抜粋」


 競馬ファンならずとも年末に開催される最後のGⅠレース“有馬記念”は、ご存知でしょう。普段“馬券を買わない人もこのレースだけは買う“と言った話は良く聞くところ。

 今週のスポーツ紙は、“有馬記念”に関する記事が目白押し、有馬記念ウィークの月曜日に「夢をかなえるために~騎手 内田博幸~」(スポーツ大陸)の放映。

 是非、見ましょう!!(夫)



[番組を見た結果]
 とてもいい番組でした・・・・・内田博幸騎手の努力に感激。
 有馬記念は、イコピコで・・・・・・好調教を!!

コメント

ローズキングダム・・・視界良好

2009-12-21 16:12:05 | スポーツ
 朝日杯FSの⑧ローズキングダム・・・・・本当に強かったですね。小牧騎手もにっこり!!
 
 レースの方は、①バトルシュリイマンが引っ張る展開のなか、⑧ローズキングダムはスタートよく、好位の7~8番手を追走し前を行く⑫エイシンアポロンを見ながら・・・・・いつでも抜け出せるような手ごたえ。

 直線に入ってからは、⑫エイシンアポロンが抜け出すも、うまく追い出した⑧ローズキングダムが、決勝線手前の坂あたりで、あっという間に⑫エイシンアポロンを”1馬身1/4 ”差でゴールに飛び込んだ・・・・・・・最後は抑える余裕の 1分34秒0。


 朝日杯FS過去5年のデータでは、二番人気が4勝、一番人気は、3着が4回と分が悪い。
 しかし、この良血馬は見事にGⅠを制覇・・・・・良かったよかった


 母のローズバドは、オークス・秋華賞・エリザベス女王杯の2着が最高、華麗なるバラ一族に待望のGⅠをプレゼント。

 小牧太騎手おめでとうございます

 その前の10Rでは、土曜日阪神5Rで、負傷した福永祐一騎手の替わりに⑪ダノンプログラマーに急遽乗ったものの出遅れてしまった・・・・・・・大外を猛追するも4着が精一杯。

 メインレースにこの出遅れがイメージとして残らないことを祈ったが、そんな心配はいらない快勝。
 
 今から来年のクラシックが楽しみに・・・・・・・・なってきました。


 今週の競馬界は、有馬記念一色・・・・ですね。(夫)



「牧場見学」(社台スタリオンステーション)

コメント

今週の追っかけ馬(19・20)

2009-12-20 16:35:47 | スポーツ
 今年のGⅠもあと二戦、今週も内田博幸騎手と武豊騎手のリーディング争い、その熱戦振りが期待されます。
 土曜日は、二人とも2勝をあげて、その差は9勝で変わらず

 
[土曜日の追っかけ馬]
中山10R ⑧メガリスが出走予定。
 1600万下の昇級戦で、2秒近くも離された着外で足踏み状態が続いている。ゴール前の最後の直線に坂のある阪神コース3-1-1-3、1200mダート4-1-1-6で、最後の直線に坂のある中山コースの二戦目に少し期待し・・・・・・・掲示板確保なら。


中京11R ⑭トールポピー、②メイショウベルーガ、⑥リトルアマポーラの三頭が出走予定。
 ⑭トールポピーは、阪神JF及びオークスとGⅠを2勝しているが、その後勝てないレースが続いている。今回も難しいのでは。
 ②メイショウベルーガは、前々走準オープンを勝ち上がり、前走6番人気のエリザベス女王杯(GⅠ)に挑戦し5着と健闘。中京コース0-0-0-2と相性が・・・・。また、持ちタイムも中程度ながら、3着以内なら・・・・・どうか。

 ⑥リトルアマポーラは、昨年のエリザベス女王杯の覇者、今回の調教時計もよいとのこと、ただ、他馬よりも0.5kg重い56.5kgを背負わされるが、3着以内なら・・・・・どうか。
 中心は、⑧ムードインディゴあたりと思われる。

[土曜日の結果]
中山10R ⑧メガリス・・・・15着
中京11R ⑭トールポピー・・・・・・・ 16着
     ②メイショウベルーガ・・・・・3着
     ⑥リトルアマポーラ・・・・・・1着
 2着に伏兵が来て・・・・・がっかりでした。
 

[日曜日の追っかけ馬]
中山10R ⑪ダノンプログラマーが出走予定。
 新馬戦から未勝利戦は、6戦目に勝ちあがり、500万下、1000万下と順調に勝ってきた。
・・・・が、前走の1600万下では、5番人気で軸馬に推してこれを絡めた馬券を・・・・・購入も14着と期待を裏切られた。
 持ちタイムも決してよくないが、小牧太騎手(福永祐一騎手怪我でさらに乗り替わり)への乗り替わりでいい面がでないだろうか・・・・・掲示板確保なら。


中山11R ⑧ローズキングダムが出走予定。
 前走も逃げるサンディエゴシチーを直線に入って捉え、トーセンファントムとの叩き合いでアタマ差抑えて人気に応える強い内容。今回の調教も小牧太騎手絶賛で、「小牧“惚れぼれ”と書いといてください。・・・・」とのこと。バラ一族の大物と期待のかかる馬、単で狙いたい・・・・・。


中山12R ②エックスダンスが出走予定。
 中央の水に慣れるまで4戦し、5戦目に勝ち上がり、1000万下では、2着三回の成績(降級の利もある)。
心配は、トップハンディの57kgであるが・・・・・・・安藤勝己騎手の乗り替わりで・・・・・・連を期待。


阪神9R ①メイショウジンムが出走予定。
 500万下をもたもたしながら、前走米国のマラージ騎手の手綱捌きで、6戦目に勝ちあがった。今回は、昇級戦ながら強豪を相手に勢いに乗れるか・・・・・3着以内なら。


阪神11R ③アーリーロブスト、②キンシャサノキセキの二頭が出走予定。
 ③アーリーロブストは、前々走の毎日放送スワンS(GⅡ)16番人気で好走、キンシャサノキセキの2着となり、前走は、1F短い1200m戦4番人気でレースに臨むも、終始厳しい流れに先行馬総崩れで13着敗退。
 今回はベストの調教とか、二走目の武豊騎手、1F長い1400m戦の阪神コース、内田博幸騎手の上を行くためにも自分のペースを守って、是非、突き抜けてほしい。

 ②キンシャサノキセキは、距離1600mまでなら良いが、阪神コース0-0-1-4の成績が懸念される。
 デムーロ騎手の巧みな手綱捌きに期待・・・・・・・・3着以内はどうか。


中京11R ⑦オリオンスターズ、⑰ワールドコンパスの二頭が出走予定。
 ⑦オリオンスターズは、一年ぶりの出走予定。ダートから芝1200m戦に替わり3連勝の離れ業、長期休養明けだけにいきなり走ることが可能か・・・・・・・心配。
 中京芝1200m戦の持ちタイムはメンバー中一番、昇級戦でも力的には、十分通用すると思えるが、長期休養が懸念・・・・・・・3着以内確保を。

 ⑰ワールドコンパスは、距離的に1600mあたりを得意としており、前走の1200m戦は一番人気の支持を裏切る11着敗退。初の中京コースながら、新潟や東京で活躍しており左回りも大丈夫。
 持ち時計もなく、前走のこともあり・・・・・・掲示板確保かな。(夫)



[日曜日の結果]
 中山10R ⑪ダノンプログラマー・・・・4着
 中山11R ⑧ローズキングダム・・・・・1着
 中山12R ②エックスダンス・・・・・・3着
 阪神9R ①メイショウジンム・・・・・6着
 阪神11R ③アーリーロブスト・・・・ 17着
      ②キンシャサノキセキ・・・・1着
 中京11R ⑦オリオンスターズ・・・・・7着
     ⑰ワールドコンパス・・・・ 16着  でした。
 


「牧場にて」(新ひだか町)

コメント

朝日杯FS(GⅠ)・・・・・この一頭!!

2009-12-20 12:40:18 | スポーツ
 リーディング争いは、土曜日にそれぞれ内田博幸騎手2勝、武豊騎手2勝と、その差9勝は変わらなかった。
 ・・が、内田博幸騎手2着4回、武豊騎手2着1回と、内田博幸騎手がリーディングを決定付けるチャンスを逸したことで、武豊騎手もツキが残っているのか・・・・・・残り三日間がおもしろくなってきた。


 朝日杯FSの傾向、過去5年のデータによると二番人気が4勝と・・・・・一番人気(前日売り)の⑧ローズキングダムを肩入れする身にはよくないデータ。
 しかし、母の父がサンデーサイレンスで、キングカメハメハとローズバドの子ならそのジンクスも覆すものと・・・・・確信へ

 相手は、前走叩き合いをしてアタマ差2着の⑮トーセンファントムを、ただ、母の父がトニービン・・・・・中山より左回りの府中の方が・・と思い2、3着候補。

 前々走のデイリー杯2歳Sを2着、前走の京王杯2歳Sを快勝し力のあるところを示し、調教も抜群の⑫エイシンアポロンを・・・・・・今のところ二番人気。

 そのほか、1番枠の逃げ残り(人気薄す)を期待して、①バトルシュリイマン、前で競馬の②ダイワバーバリアン、前走レコードの⑥キングレオポルド、中山コース2戦2勝の⑯ニシノメイゲツなどを・・・・・・既に購入済み!!


 阪神カップ(GⅡ)は、追っかけ馬二頭のうち武豊騎乗の③アーリーロブストを主力に②キンシャサノキセキとの折り返し馬券。

 調教時計の良かった⑦ワンカラット、力のある④マルカフェニックス、関東からやってきた調子のいい⑮アーバニティを・・・・・・既に購入済み!!


予想レース

 中山11R ⑧⇒⑮⑫⑥②⑯①  ウマタン6点。

 阪神11R ③⇔②、③⇒⑦④⑮  ウマタン5点。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)



「牧場見学」(社台スタリオンステーション)

コメント (2)

愛知杯(GⅢ)・・・・・この一頭!!

2009-12-19 10:37:28 | スポーツ
 追っかけ馬の⑥リトルアマポーラは、後入れの枠順もよく、調教時計8点(競馬エイト)とすばらしい動きとのこと。ハンデ頭であるが、小回りコースをうまく乗りこなす中館騎手が勝ち負けまで・・・・・持ち込むか。

 同じく②メイショウベルーガは、前走から2kg減の54kgとハンデにも恵まれ、最近は左周りもスムーズ・・・・・との下馬評も。先のエリザベス女王杯の最先着馬・・・・・・1.0秒差の5着。

 新馬戦では、中京1着デビュー、前々走は、強いメンバーが揃った府中牝馬S(GⅢ)を快勝した⑧ムードインディゴを狙いたい。
 追っかけ馬の二頭とこの馬の三つ巴を中心にした馬券で・・・・・・・勝負!!

 実力のあるもう一頭の⑭トールポピーは、一年以上未勝利でここ二走1秒以上の着差、復活を期待したいが・・・・・・・・今回は?

 軽ハンデの二頭、①ヒカルアラマンサス、④ラフレッシュブルーを穴馬で、さらに関東からの二頭、⑦ウェディングフジコ、⑱ニシノブルームーンを加えた予想を。


 阪神11Rは、調教時計も良かった⑪ケイアイテンジンを狙ってみたい。

 中山11Rは、一番人気と思われる内田騎乗の⑦ゴールデンダリアを狙ってみたい。


予想レース

 中京11R ②⑥⑧ ⇒ ①②④⑥⑦⑧⑱ ⇒ ②⑥⑧  3レンタン30点。

  ②⑥⑧ 及び ⑧ ⇒ ①⑦  ウマタン8点。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)



「ばんえい競馬の調教風景」(帯広競馬場にて)

コメント