咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

ノーベル化学賞・・・吉野彰さん

2019-10-10 19:43:43 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 昨夕、吉報が入った。
 日本人で27人目のノーベル賞受賞が決まったとの報道。
 「リチウムイオン電池」開発の旭化成名誉フェロー吉野彰さんとのこと。
 ちなみに日本の化学賞受賞者は8人目とのこと。

 昨夕から日本中が歓喜で沸いていた。
 各界から祝福の声が届いていたらしい。
 リチウムイオン電池の開発は、「Mobile-IT」社会の飛躍的な発展に貢献していると云われている。

 30年以上前ビデオ撮影に懸命であったころ、当時のバッテリーは「ニッカド(ニッケル・カドミウム)電池」であった。
 充電時間が短い上に電池を完全に使い切って充電しないと、100%の効果が得られないものだった。
 中途で充電するとメモリー効果が表れて、本来の効果が得られないなど問題も大きかった。
 ただ、改めて完全に放電して充電を行えば、大丈夫らしいけど。

 その頃、中途で何度充電してもメモリー効果の表れない、ニッカド電池よりも長い時間使用できる。
 つまり、ビデオ撮影時間もグーンと長くなるなど、使いが手の良い素晴らしい電池が世に出てきたものと驚いたものである。
 
 今ではスマートフォン、ノートパソコンなどIT産業を飛躍的に拡大し世界的な貢献をしている。

 さて、日本人として27人目のノーベル賞受賞、中国・韓国からねたまれることであろう。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

菓子の下に金貨・・・まるで時代劇のような

2019-10-03 21:04:15 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 『関西電力の経営幹部らによる3億円を超える金品受領問題で関西電力の岩根茂樹社長は午後2時から記者会見を開いています。幹部らは現金や商品券のほか小判型の金貨や金杯、アメリカ・ドルなどを受け取っており、常務と元副社長の2人は受領額がそれぞれ1億円を超えていたことが分かりました』(出典:NHK公式HP 抜粋)
 
 福井県高浜町元助役から関西電力経営幹部への金品受渡問題。
 俄かに信じがたい問題が報道され、昨日には関西電力・八木誠会長と岩根茂樹社長による記者会見が行われていた。
 
 同社長就任祝いとして、元助役から菓子箱が届いたが菓子の下に金貨が入っていたらしい。
 小判型の金貨。
 
 「越後屋、お主も悪よのう」と、云いながら奉行が悪徳商人から金品を手にする時代劇は、よく使われる物語の手法でもある。
 
 現代社会において、まさかに「菓子の下に金貨」とは・・・。
 思わず笑ってしまう話である。
 つまり、時代劇好きの元助役の思い付きの一つだったのであろう。

 いずれにしても原子力発電事業がスムーズに回るよう、地元有力者の元助役と関西電力経営幹部との極悪の関係だったのかも知れない。
 元助役をうまく使えば、原発反対陣営を抑え込みスムーズに物事が動くとのことで、いい関係を築いてきたのであろう。

 一方、元助役は男気を出すことで、地元の顔役として立ち振る舞っていたのかも。
 昨日の関西電力・岩根茂樹社長の会見では、故人となられた元助役が悪の総帥であちらの言いなりにならざるを得なかった。
 そのような言い訳じみた会見に終始していた。 
 『死人に口なし』、関西電力側は悪くない・・・ような自己弁護の多い会見だった。
 
 原子力発電の必要性はその通りであるが、このようなことが起きていたことで、原子力発電を悪玉にしてしまったようである。
 反原発グループには、格好の材料が舞い込んできたとほくそ笑んでいることであろう。
 
 今回の案件、どこへ落ち着くのであろうか。
 原子力発電は悪玉・・・と、ならないことを願っている。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

大停電の千葉

2019-09-12 21:49:40 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 関東方面へやって来た台風15号、千葉県に上陸し逃げ去ったあと、当該県では生活面に様々な悪影響が出ているらしい。
 大規模停電。
 それによって、断水や通信障害が発生しているとか。
 東京電力では社を挙げて、全面復旧へ懸命らしい。
 ところが、停電の規模の全容が解明されるにつれ、全面復旧は13日以降になるらしい。
 
『千葉市を含むエリアは12日中、成田市と木更津市を含む残りのエリアは13日以降になるという見通しを発表』

 『台風15号の影響で11日午後8時現在、千葉県のおよそ39万4100戸で停電が続いています』(出典:NHK公式HP 抜粋)

 9月に入っても異常気象により、真夏日、猛暑日が全国各地に続いている。
 千葉県内でも同様に厳しい暑さが続いており、停電のため熱中症で病院へ搬送される人も多いらしい。
 
 通信障害もあることから、各戸の様子が分からないとか。
 各戸では、停電復旧までにどのくらい掛かるのか、通信障害復旧は、断水回復は・・・など、様々な情報が入ってこないジレンマがあるようだ。

 数年前のこと、当地の近隣では豪雪で停電となって、暖房器具が使えなくて大変であったと聞いていた。
 もっとも、復旧が早くて助かったとのことであったけど。
 台風シーズン、これからも油断できない。
 さらに冬の突然の大雪、豪雪など、気がかりなことは大いにあり得る。
 
 いずれにしても、千葉県の1日も早い停電の全面復旧が急がれる。
 また、各自治体をはじめ関係機関、各戸で緊急時の対応策を検討すべきと思われる。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます



コメント

どうなの、日産自動車経営陣

2019-09-11 21:22:21 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 当方が自動車運転免許を取得して49年くらいになるが、マイカーに乗りはじめてその殆どの40数年間、ニッサン車を乗り継いできておりお気に入りの車両群でもある。
 これまで一体何台のニッサン車に乗ってきたであろうか。
 14、5台くらいであろうか。
 
 マイカーと云えばニッサン。
 そのような強い印象と好感度を持っている。
 マイカーを供給してくれてきた日産自動車の本体がゴタゴタしているが、ここでまたもや衝撃的な報道があった。

 『ブルータスよ、汝もか』ではないが、西川広人社長が16日付で辞任するとのこと。
 不正報酬問題が露見とか。
 株価連動報酬を不当に上乗せして受け取っていたことに対する引責辞任とか。

 昨年の金融商品取引法違反容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン被告、この一件が決着しない状況下にあって、またしても総責任者の不祥事問題露見・・・。
 
 ニッサン車ファン、購買層、国民をも裏切る行為である。
 国民を愚弄する行為に思える。
 
 一体全体どうなっているのだろうか。
 当方らには、内部で何が起きているのか、どのような経営体質なのか、皆目分からないが・・・。
 余りにもお粗末な話である。
 
 いい車を世に送り出している自動車会社なのに・・・。
 好印象で乗り継いできたけど。
 ここにきて、悪評ばかりにガッカリさせられる。

 ただ、現在乗っているノート e-POWER、大変満足しているだけに嫌なニュースに幻滅する。
 根本的な立て直しには時間を要することであろう。
 信頼回復が急がれる・・・が。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント (2)

怪しいメール・・・多発とか

2019-08-27 21:23:12 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 『NTT お客様がご利用の電話料金が大変高額になっております。下記URLでご確認が必要です。http://・・・』
 
 昨夜のNHKニュースを見ていると、標記のショートメッセージがスマホに届いて、うっかり相手サイトをクリックすると、IDやパスワードを盗み取ろうとするらしい。
  
 スマホで購入後、携帯料金に上乗せして代金を支払う“キャリア決済”を狙ったものとか。
 実際に被害のあった方もあったが、その被害額は補償されなかったらしい。
 何でも“キャリア決済”では、被害額であってもそれを補償することはできないらしい。
 契約上は不正利用があっても、携帯会社側に過失がない限り、補償をすることはないこととなっているらしい。

 携帯大手3社を中心にこのようなフィッシング詐欺が、横行しているらしいから利用者は厳重に注意しなければなるまい。
 
 ところで、半年くらい前からか、ちょっと思い出せないが、我が家のパソコンメールにフィッシング詐欺メールがやってくる。
 
 こちらは『Amazon』を装ったメールである。
 何でも、契約しているクレジットカードの期限切れが近いので、更新をしてもらいたいと云った内容だった。
 ズーッとほっていたら、最近は期限が切れたから再度更新手続きを・・・と、催促のメールが届いた。

 当方、数年前『Amazon』で本を購入した経緯があるものの、クレジットカードを利用していない。
 代引きだったから、明らかに不審メールである。
 また、メールのドメインは、『Amazon』ではなくて明らかに似せたものだった。

 実に厄介な時代である。
 詐欺グループ、外国人なのか、日本人なのか。
 日本人なら地に落ちたものである。(夫)

(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

あおり運転・・・罰則強化すべき

2019-08-22 21:36:12 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]

 先般来の高速道路上での執拗なあおり運転、あげくに被害者を停車させて暴力沙汰に及んだ事犯。
 その容疑者は、別の外国車でもあおり運転をやっていたとか。
 指名手配されていたが、先日、やっと逮捕されたとの報道。
 
 同容疑者の素行について、その後のさまざまなメディア報道によると、正気の沙汰ではない常軌を逸した様子が明らかになりつつある。
 一体全体どこでどうなったら、このようなことになるのか。
 
 薬物使用でもしているのではとの報道もあり、警察の方でも薬物検査も行うらしい。
 
 あおり運転や無謀運転で事故に巻き込まれることもあるため、その防御策にドライブレコーダーが売れに売れているらしい。
 当然と云えば、当然のこと。
 今回の事犯でもドライブレコーダーの威力が遺憾なく発揮されていた。
 
 ところで、この忌まわしきあおり運転は、報道されないけど全国で毎日のように行われているとも云われている。
 
 先のあおり運転と暴力沙汰の事犯、『数キロにわたって繰り返していたあおり運転について、警察は悪質だとして、より罰則の重い暴行の疑いで立件する方針で捜査を進めている』(出典:NHK公式HP抜粋)
 とのこと。
 
 “あおり運転”に係る罰則については、さらに厳しい罰則に格上げすべきと思われる。
 人命にかかわる悪質な行為でもあり、罰則強化は必然と思われる。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

吉本興業と芸人の闇営業騒動

2019-08-01 21:22:12 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]

 闇営業問題で大騒動になっている吉本興業と芸人。
 加熱する新聞や雑誌報道とか、テレビなどの報道。
 傍観者である当方には、どこまでが真実で、どこからが虚偽なのか。
 いずれも全く分からない。
 
 それにしても、高齢者からあの手この手でお金をむしり取る詐欺集団、その一団の中で芸を見せてお金を受け取っていた、受け取っていなかったとか。
 ところが、どうやら金銭授受も明らかになったらしい。
 
 率先して闇営業を行い、芸人仲間に声をかけていた芸人は、真っ先に吉本興業をお払い箱になっているらしい。
 
 いささか疑問に思ったことは、闇営業問題の中で「詐欺集団とは知らなかった」との各芸人たちのコメントがあるが、そんなわけないであろう。
 きっと知っていたであろう。
 なぜかそのように勘ぐってしまう。
 
 それにしても、あの芸人たちが高齢者をイジメ倒している集団から金品を・・・。
 これは許せないことである。
 
 今、吉本興行内ではてんやわんやの騒動になっているとか。
 どこへ落ち着くものか、いささかも分からない。
 
 当事者である芸人たちは、疑問視される部分などをすべてをつまびらかにして、謹慎期間を経て一から出直したらどうであろうか。
 また、吉本興業本体も感情論で右往左往しないで、襟を正すべきは正し、これまでの不備な点を根本的に改善し、芸人たちとの契約関係も理路整然とすべきと思う。
 
 まぁ、部外者であり傍観者の当方らが、口をさしはさむべきことではないが、一刻も早いゴタゴタを解決すべきと思われる。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント

さよなら・・・ディープインパクト

2019-07-31 22:35:44 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]

 30日(火)、突然の訃報が流れていた。
 無敗のクラシック三冠馬、G1レース7勝を挙げた稀代の名馬・ディープインパクト(牡17)が急死したらしい。
 無敗の三冠馬は、シンボリルドルフ以来21年ぶりで、この2頭以外には出現していないとのこと。
 
 ディープインパクトの走法は、空を飛ぶように走ると形容されていた。
 当方が大好きだったナリタブライアンは、沈むように走ると云われていたが、同馬も既にこの世にはいない。
 ディープインパクトは憎らしいほど強い、強い競争馬だった。
 そして、多くの競馬ファンに愛された。
 
 種牡馬としてもこの上ない大活躍、様々な記録更新。
 現時点で産駒たちが中央平地G1レース50勝を挙げているとか。
 競馬界の至宝が天国に召された。
 何とも残念なことである。
 
 『管理していた牧場によりますと、ディープインパクトはけい部を痛めたため、ことし3月ごろから種付けを中止し、28日、けい部の手術を受けましたが、29日午前になって突然、起き上がることができなくなり、30日朝、レントゲン検査でけい椎に骨折が見つかり回復の見込みがないとして、安楽死の処置をとったということです』(出典:NHK公式HP抜粋)
 
 引退後の間もない頃、社台スタリオンステーションにて元気な姿を見ることができた。
 今ではいい想い出となった。
 
 ご冥福を祈りたい。(咲・夫)
 
(出典:NHK公式HP抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます



コメント

雑感・・・やっと、梅雨入り

2019-06-27 20:06:00 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]

 当地を含み、中国地方がやっと梅雨入りしたとのこと。
 平年より19日遅く、統計の残る梅雨入りでもっとも遅いものとなったらしい。
 梅雨入り、ジメジメした嫌な気候がついにやってくる。
 次週も、その次の週もG・ゴルフ大会が目白押しとなっている。
 で、あるが、しばらく練習も出来そうにない。
 これまで、蒸し暑い日が少なくさっぱりとした暑い日が続いていたが、向こう1ヶ月間くらいじっとりと過ごしにくい日々であろう。
 日本独特の気候の到来、仕方あるまい。
 
 ところで、梅雨入りに併せて熱帯低気圧の動きも気がかりである。
 令和になって最初の台風に発達しそうであるとか、西日本から東日本の太平洋側を北上し相当量の雨(大雨)をもたらすとの報道。
 本県では西部地方で激しく降る時間帯があるらしい。
 災害にならないといいけど。
 
 大阪では明日からG20が開催されるから、梅雨入りと共に台風の影響がどうなるであろうか。
 俗にいう、雨降って地固まるとなって、G20が成果を上げることを願っている。
 
 一方、政治の世界では国会が閉会したことで、参議院選挙の選挙ムードに一気に突き進みはじめた。
 野党陣営は安倍一強内閣打倒を掲げ、何でもありの様相である。
 特に立憲民主党の枝野何某代表の昨今の言い分には、理解しがたいことばかりである。
 共産党と結託するなど幻滅する。
 空白の3年間を構築したことへの反省の欠片もない。
 
 7月下旬の参議院選挙が終わるまで、誹謗中傷合戦となれば閉口である。
 野党も何でも反対を撤廃し、建設的な意見と現実的な政策論争をすべきと思うけど。
 もっとも、実力不足の今の野党陣営には無理なのかも知れない。
 梅雨空のようにスッキリしないことが多すぎる。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


コメント (2)

理念なき戦いの野党陣営・・・

2019-05-30 13:12:31 | 報道・ニュース
[ポチッとお願いします]

 2ヶ月後に行われる夏の参議院選挙。
 打倒安倍政権が合言葉なのか、ただそれだけのためなのか、訳の分からない政策で国政を担うためには何でもありの野党陣営。
 理念なき戦いを繰り広げようとしているのだろう。
 まさに『烏合の衆』とでも云えるのではないか。
 
 立憲民主党、国民民主党らが基本政策も理念も全く違う共産党と共に定員が1人の『1人区』で、候補者を一本化するとのこと。
 既に野党5党で30の選挙区において、候補者の一本化を決定したとの報道。
 
 衆参同時選挙があったとして、万一野党連合が大きく躍進し政権を取ったと仮定して、どのような政策で国政運営を行うのであろうか。
 根本的に相いれない党派が、烏合の衆として政権を担っても国の行方をもてあそぶだけのことと思う。
 
 あの悪夢の民主党政権は、もはや不要なものである。
 時間の止まった、時間に逆行した悪夢の3年間、二度とそこには帰ってもらいたくはない。
 
 理念なき野合、これでは何のための選挙であろうか。
 現実に即した政策理念もない輩の集団だから、いつまでたっても伸びきれない党派、それゆえに支持率低迷なのであろう。
 
 実に情けない。
 安倍長期政権で十分である。(夫)
 
[追 記]~夏の参院選~
 夏の参議院選挙に向けて、立憲民主党など野党5党派の党首らが会談し、全国に32ある定員が1人の「1人区」のうち、すでに決定している選挙区も含めて、合わせて30の選挙区で候補者を一本化することで合意しました。
立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党、それに衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」は、全国に32ある「1人区」で候補者を一本化するための協議を続けていて、これまでに11の選挙区を決定しています。
 そして29日、野党5党派の党首らが会談し、新たに19の選挙区を決め、合わせて30の選挙区で候補者を一本化することで合意しました。
 また残る宮崎と鹿児島の2つの選挙区の調整を急ぐことも確認しました。
(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 
コメント (2)

何とも、痛ましい交通事故

2019-04-24 22:25:25 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
 
 ここのところ、痛ましい交通事故が発生しどうなっているのかと云いたくもなる。
 東京・池袋の10人死傷事故。
 本当に可愛そう、母子が死亡とのこと。
 87歳の高齢ドライバーによる超スピードの暴走事故だったとか。
 またしても高齢ドライバーなのかと・・・。
 アクセルとブレーキの踏み間違えではないかとのこと。
 社会生活には欠かせなくなっている車が、凶器となって無差別に人を撥ねる。
 どうにかならないものか。
 
 そのようなことを思っていたら、今度は神戸市三宮にて、市バスが横断歩道で人々を撥ねて8人が死傷。
 若い男女が死亡、6人が重軽傷。
 こちらは、64歳のプロのドライバーによる暴走事故。
 これには唖然とするばかり、言葉も見つからない。
 
 そうこうしていたら、昨日午前中に千葉県・木更津で登校中の小学生が、横断歩道で車に撥ねられて、女子が1人死亡、1人が重症とのこと。
 49歳の男、信号を無視して事故を起こしたらしい。
 『ボーっとしていた』らしい。
 
 『ボーっと生きてんじゃねぇ~よ』。
 まさにその通り・・・。
 
 車の運転には、細心の注意が必要である。
 基本中の基本がおろそかにされているのかも。 
 上記の高齢ドライバーの場合、日ごろから危なっかしい運転だったとの証言が報道されていた。
 もっと前に何とかならなかったものであろうか。
 自損事故ならば、まだしも人身事故はいただけない。
 
 当方も高齢者の仲間入りから6年、運転は好きな方であるがより安全運転を心がけねばと肝に銘じる事故ばかりであった。(夫)
 
 
下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 
コメント

いい人材が・・・県知事

2019-04-09 21:49:00 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
 
 保守王国と云われている本県の知事選挙が終わった。
 今回の知事選では、保守分裂と呼ばれるものだった。
 本県選出の自民党国会議員らが中心となって推薦の候補、ちなみに同候補は当地出身の候補だった。
 本県出身者がもてはやされるところが保守性の根強い地域と目されている。
 
 一方、自民党県議団の22人中若手の14人が結束して推薦、野党(共産党は別)議員団が相乗りする形のオール島根の候補との事実上の一騎打ち戦だった。
 同候補は福岡県出身で3年間総務省から本県へ出向。
 本県の行政経験があることで、若手自民党県議団が押していたとのこと。
 進取の気性の人物とみ立てられたのであろう。
 
 当方らも雨あられ、雹も落ちる日の立会演説会に出向いたが、その時の勢いから勝利を確信して帰宅。
 どちらも東大出身の官僚上りだったが、そのようなことはどちらでもよい。
 
 7日(日)投開票後、初の県外出身者の県知事が誕生した。
 大いに歓迎すべき結果となって、大満足の我が家でもある。
 
 49歳の丸山達也知事誕生だった。
 官僚の国家公務員の地位を投げうってまで立候補、生半可な考えでは行動できないこと。
 その度量の大きさ、度胸の良さに感服。
 閉塞感漂う本県へ、新たな血を注ぎ思い切った行政手腕を発揮するには、若くて行動力のある知事誕生は県民が歓迎すべきことであろう。
 
 同じ山陰地方の鳥取県では、県外出身の知事が次々と誕生し大きく飛躍する起爆剤にもなってきていた。
 『とに角挑戦してみたい、まずはやってみてから・・』と、行動を起こす県民性がある。
 
 一方、『人がやってから、良かったなら・・』と、率先して行動しない県民性の本県との違いがあるのであろう。
 
 そのためか、現知事の動向から『国が物事を示してから、まずは国が、国が・・』の言葉と消極的な姿勢に県民もうんざりしていたと思う。
 自民党の若手県議団もその思いが強かったから、進取の気性のある県外の県知事候補を選択したのであろう。
 
 保守王国、自民党国会議員団や古参の自民党県議団を相手に丸山達也新行政が稼働するが、本県民と本県の疲弊打破に向かって、今後はノーサイドで新たな時代が切り開かれることを願っている。
 
 令和の時代に本県が大きくクローズアップされ、島根に行ってみたい、自然豊かな島根で暮らしてみたいと思われるよう丸山新知事が積極的に動かれんことを願っている。
 そして、多くの県民や各議員団、本県行政と地域行政が新知事を支えるべきと考えている。
 
 
 閑話休題。
 今ごろになって、平成の次に来る時代『令和』について、6つの新元号候補から今回の元号が誕生するよう安倍政権が仕組んだかのような専門家(どこかの左翼系大学教授)らの懸念の声が報道されるようになっている。
 全くもって、情けない発想である。
 あの社民党又市党首の発言にも嫌になっていたけど・・・。
 
 令の字、和の字を名前に持っている皆さんも喜んでおり、それに水を差す冷酷無比の発言でもある。
 実に情けない。(咲・夫)
 
下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 
コメント (7)

食べ歩き自粛条例・・・鎌倉

2019-04-04 22:32:32 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
 
 昨日の報道によると、観光客でにぎわう神奈川県鎌倉市では、「混雑した場所での食べ歩きや危険な場所での撮影などの迷惑行為」をしないよう促す条例を今月1日から施行したとのこと。
 マナーの悪い行為などが、SNSやその他の媒体を通じてもてはやされる昨今の傾向もある。
 
 もっとも清潔好きで、礼儀正しく、規律を重んじるのが日本人の美徳であり長い間に培われた日本人像でもあった。
 それが無条件降伏し敗戦を味わった日本、欧米から押し付けられた民主主義。
 その民主主義のいいとこ取りをして、自由のはき違えも横行しているのであろうか。
 
 また、戦後教育では、且つての日本人が学んできた修身教育を封じ込められ、軍国主義に直結するとか、何とかで・・・、それが今日の無節操な日本人を多く育て上げてしまったものと思われる。
 改めて修身を紐解くと、人間としてもっとも大切なことが沢山書き込まれている。
 これがどうして学んではいけないのだろうか。
 
 今の日本人の中には、身勝手極まりないあの手この手の詐欺集団が、本来は大切に寄り添い人生観を学ばなければならない高齢者を騙すなど許しがたい輩が多すぎる。
 あるいは、無節操なイジメ、無節操な殺人行為。
 一方、日常生活におけるマナー違反・・・。
 子供時代から、修身の中身を存分に教育すれば、今日のような日本人が育つことも激減するものと思われる。
 
 まぁ、それはとも角、観光客のマナー違反(日本人もかなり多いらしい)を抑制する鎌倉市の事例は、とても良いことであると思われた。(咲・夫)
 
 「年間2000万人以上の観光客が訪れる神奈川県鎌倉市で混雑した場所での食べ歩きや危険な場所での撮影などを『迷惑行為』と定め、観光客らにマナーの向上を呼びかける新たな条例が、今月施行されました。
 条例は、観光客のマナーをめぐり鎌倉市に苦情が多く寄せられていることから制定され、混雑した場所での食べ歩きや線路周辺など危険な場所での撮影、それに山道で歩行者を走って追い越す行為などを『迷惑行為』と定め、これらを行わないよう求めています。
 以下略」
(出典:NHK公式HP 抜粋)
 
下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 
コメント

新元号・・・『令和』

2019-04-02 23:16:16 | 報道・ニュース
 
[ポチッとお願いします]
            
 いよいよ、1ヶ月後に平成の終わりと共に新元号が制定される。
 その新元号が昨日の昼前に発表されて、日本列島が祝賀ムードに沸き立った。
 号外を求めるもの凄い数の人々の映像も流れていたが、待ちに待たれたものであった。
 
 これまでの元号は、中国古典が典拠だったらしいが、今回は初めて日本の古典が典拠になったらしい。
 7世紀後半から8世紀後半に編纂された万葉集とのこと。
 日本人にとっては、大歓迎の元号である。
 
 万葉集序文の一節。
 
 『時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す』
 
 その意味は・・・。
 「時は、初春の令月(何事をするにも良き月、めでたい月)、空気は美しく風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉(おしろい)で装うように花咲き、蘭は身を飾る衣に纏(まと)う香りのように薫らせる」
 
 『令和(れいわ)』。
 とっても、いい響きの元号である。
  
 安倍首相の談話によると・・・。
 『令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている』とのこと。
 
 当方にとっても響きのいい元号のはずである。
 家内の名前の一文字が使われているから・・・。
 新元号発表後、いろいろな人からメールや電話もあった。
 嬉しい限りである。
 
 我が家や子供たちの家族は勿論、多くの友人、知人さらには日本国民にとって、いい時代の到来となってもらいたい。(咲・夫)
 
(出典:Yahoo!ニュース 号外に殺到する人々・新橋駅前とのこと)
 
下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます
 
 
コメント (6)

産経新聞販売網などが・・・

2019-03-19 22:35:35 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 朝から鶯の鳴き声が聞こえている。
 近所の庭の木にでも来ているのであろう。
 春の訪れを知らせてくれている。
 ただ、いささかぎこちない鳴き声も混じっている。(笑)

 ところで、先日のローカル紙のコラム欄を見ていたら、思わず「えっ・・」と、声が出てしまった。
 西部地域における産経新聞の販売が廃止になるとのことだった。
 これに伴って、スポーツ紙なども廃止となるらしい。
 要は、販売しやすい都会地を中心視することのようである。
 効率化なのであろう。

 東西に長い本県、中央部の大田市以西は西部と呼ばれる地域である。
 出雲部に対する石見部である。
 県庁所在地のある松江市などは、東部と呼ばれる地域に入る。
 
 本県の場合、西部地域は人口流出が収まらないため、過疎化が進んでいるところも多くなっている。
 各自治体も厳しい行政対応が行われ、UターンやIターンなどの施策も講じられているが決め手となるものが見つからないのが現状であろう。
 
 そのような厳しい状況下だから、産経新聞などの購読数も激減していたのであろう。
 そのうち、他紙にも影響が出るのだろうか。
 このようなことが徐々にまん延すると、益々地方切り捨てにもつながりそうである。
 
 当方、昔から「モノ言う新聞」としてのモットーのある産経新聞。
 読み進めるにつれ、我が家の物の考え方にとても似通っており、愛読者として今でも読み続けているから、いささか寂しいニュースだった。
 
 また、スポーツ紙のサンケイスポーツ(通称:サンスポ)、競馬専門紙の競馬エイトなども昔から愛読している。
 
 西部地域に住んでいる多くの知人、友人たち・・・スポーツ紙や専門紙が読めなくなると寂しいであろう。

 一方、雑誌類などの販売に関して、当地を含め1日遅れになるとの報道もあった。
 この地域の書店経営も厳しいものとなるかも。
 
 昨今は、通販で何でも手に入る時代となっており、雑誌や書籍も同様である。
 地方にあっては、経営環境も厳しさを増すばかりであろう。
 
 西部地域の産経新聞販売網廃止、思いもよらないコラムに愕然としたものである。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (4)