咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

横綱日馬富士引退会見・・・

2017-11-30 21:40:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 「この度、貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し、横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます。国民の皆さま、相撲ファンの皆さま、相撲協会、伊勢ケ浜の後援会の皆さま、親方、おかみさんに大変迷惑をかけたことを、心から深くおわび申し上げます」

 29日(水)午後、横綱日馬富士が大相撲から引退するとの会見があった。
 同席の伊勢ケ浜親方の挨拶が冒頭あったが、いささか目が潤んでいた。
 もっと、いろいろと云いたいこともあったようであるが、そこは言い訳になるから2人ともグッと口を閉ざした部分でもあろう。

 礼儀、礼節を教えるために行き過ぎた行動をとったことに対し、横綱として責任を感じており、その責任を取って引退するとのこと。
 
 なお、日本相撲協会にはこの日既に引退届を出して、受理されている。
 
 この暴行問題が報道されてから、マスコミ各社は連日のようにあれやこれやと報道合戦に明け暮れていた。
 ただ、国民の目線からすると、その真実はどうなっているのか未だ不明瞭な部分も多すぎる。
 被害者側の貴乃花親方の取っている一連の行動も、何とも不可解であり日本相撲協会との亀裂が生じたままである。
 そのため、この案件は複雑怪奇にもなっている。

 このような分かりにくい今回の出来事の責任を取って、日本相撲協会からの処分に係る判断が出る前の引退決意であった。

 記者会見の席上、各マスコミ機関からの質問も出される中、代表してNHKから質問が行われその後、各社からの質問が行われた。
 その中で、同じような内容の質問をしつこくする場面もあり、テレビを見ている方もいささか食傷気味にもなっていた。
 すると、伊勢ケ浜親方の方から、その種の質問は先ほどお答えしているからと制止する場面もあった。

 まぁ、この問題はどのように落ち着くのか、横綱の引退により鳥取県警と検察がどのように処断するのか。
 日本相撲協会と貴乃花親方の出方は・・・。
 などと、マスコミも飽きることなく報道を続けるのであろう。
 
 暴力沙汰は確かによくないが、そのような結果を招いたとも思われる貴ノ岩はどうなるのか。
 喧嘩両成敗となるものか、否か。
 
 もはや、当方には全く興味のない話題である。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

一昨夜の「クローズアップ現代」・・・キタサンブラック

2017-11-29 21:53:40 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 27日(月)夜、「サブちゃんとキタサンブラック~知られざる日本一への道~」と題したNHK総合「クローズアップ現代」に見入った。
 
 まるで息子のように可愛がるサブちゃんこと北島三郎さん所有の競走馬・キタサンブラック。
 今では、名馬と呼ばれるJRA競走馬。
 
 『神様が俺にプレゼントしてくれた贈り物かな』とのこと、まさにサブちゃんの名言であろう。
 
 同馬は、血統的に必ずしもいいものではなかった。
 そのため、買い手が付かなかったらしいが、サブちゃんは同馬の眼がとても気に入り買い付けることとしたとのこと。
 
 皐月賞では4番人気で0秒6差3着。
 ダービーは・・・二桁の着外と大きく敗けてしまっていた。
 その後、立て直しセントライト記念を勝利。
 サブちゃんへ初のG1をプレゼント、それもクラシックの「菊花賞」だった。

 翌年の2016年春から鞍上は武豊騎手に乗り替わり、その後G1レース5勝するなど快進撃が続いた。
 
 ここまでに成長するため、厩舎スタッフや調教を買って出た黒岩悠騎手が、今日まで地道に調教を行ってきたらしい。
 勝てないレースが続く、勝てないから騎乗依頼が激減するなどの悪循環。
 失意にあった同騎手、思わずキタサンブラックに出会い、調教を担当することで同馬から多くのことを学び、再び騎手として頑張ろうと思うようになったとのこと。
 
 男気のあるサブちゃんこと北島三郎さん、先日のジャパンカップの後の食事会の席上、長い間キタサンブラックに調教をつけてくれたと、黒岩悠騎手を大きく称えていた。
 その時の同騎手、感激し思わずジーンときたように見えた。
 このシーンは、とても印象的だった。
 
 ところで、同馬の坂路調教は、かなりのスパルタ式だったらしい。
 坂路調教は通常1日1本のところ、同馬は3本も行うなどハードトレーニングで鍛えたらしい。
 
 この話を見ていたら、今から25、6年前に活躍したミホノブルボン(8戦7勝2着1回のクラシック二冠馬)のことを想い出した。
 同馬もあまりいい血統ではないが、坂路調教などで鍛えに鍛えて強い馬になっていた。
 皐月賞、日本ダービーの二冠を制し、8戦目の菊花賞は2着だった同馬。
 
 いよいよキタサンブラックも残り1戦。
 有馬記念でG1レース7勝タイを目指す暮れの大一番。
 案外、アッサリと有終の美を飾るようにも思える。
 この番組を見たことで、改めて有馬記念が楽しみになってきた。
 
 いろいろと、感動する番組に組み立てられていた。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

雑感・・・退屈な1日

2017-11-28 21:53:12 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 前夜からの雨で路面も少し濡れていた。
 それでも、午前中のコーヒータイムの頃から日差しも出てきた。
 午後は気温も上がってちょっと暖かい、そのような昨日は、取り立ててすることもない1日だった。
 早朝から新聞を隅々まで読み、読みかけの池波小説も読み終えている。
 
 家内とコーヒーを飲みながら、実りのない雑談に終始。
 前日の競馬では、思わぬ大敗もあったから・・・やはり、元気が出ない。

 すると、ピンポ~ンと玄関のチャイムが鳴った。
 先般の競馬でプラスが出たとき、「モンベルmont.bell」に注文していたパンツが届いた。
 “サウスリム・パンツ”(カラー:ガンメタル)。
 超耐久撥水加工のナイロン・バリスバンで出来上がっており、コットンのようなサラサラとした風合いながら、耐久性に優れ、速乾性とのこと。
 重量418gで「尻とひざ部分は生地を二重にして補強」されている。

 ちなみに股下〇〇cmとお願いしていたから、裾上げ加工のため時間を要していた。

 3年前購入の「尻とひざ部分は生地を二重にして補強」された竹繊維の素材のパンツも使っているが、これはこれでとても重宝している。

 午後、家内に誘われていつものグラウンド・ゴルフ場(松江市手角町)へ。
 早速、そのガンメタのパンツで向かった。
 すると、本日の大会参加の4人組が、懸命に練習中だった。
 先般、富有柿を戴いたMさんたちだった。
 
 当方らも、4ラウンドを満喫。
 2ラウンドを終えた頃、少々汗ばんできた。
 とても、心地よい天気であり、中海からの微風も心地よい。
 20.5打平均の当方と21.5打平均の家内。
 ホールインワンが当方に1つ・・・。
 
 帰宅後、いい運動ができたから、“退屈な1日”でありながら、気分爽快な1日でもあった。(咲・夫)


(出典:モンベルmont.bell 公式HP 抜粋 サウスリム・パンツ)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

ここまで強いとは・・・シュヴァルグラン

2017-11-27 21:59:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 1着賞金3億円の国際招待レース「ジャパンカップ(JC)」。
 良馬場で開催された東京競馬場。
 入場人員は、前年比122.1%で10万人強の大幅アップとか。
 このレース、強い牝馬の活躍も目立っている。
 今年のオークス馬・8番ソールスターリングの勝ちタイムは、かつてJCを連覇したジェンティルドンナのオークスの勝ちタイムに次ぐ優秀なものだった。
 
 また、この時期の3歳馬は古馬よりも斤量の恩恵がある。
 良馬場なら、ゴール前一気に伸びてくるものと鞍上・C.デムーロ騎手の凄腕にも期待していた。
 
 観覧席前の凄い歓声を受けながらレースがスタートした。
 狙いの8番ソールスターリングは、中団やや前の好位の馬群の中にいる。
 よし、よし・・・。
 先手は残り2戦となっている4番キタサンブラック。
 マイペースの流れを作っている。
 前半1000m通過は60秒2とのこと。

 相手筆頭の今年のダービー馬・2番レイディオロ、中団後方から追走している。
 今期G1レース7勝目の記録がかかっているM.デムーロ騎手騎乗の12番サトノクラウンは、後方4、5番手からの競馬だった。

 4コーナーから直線へ。
 逃げる4番キタサンブラックが二の脚を使って、後続を突き放しにかかっている。
 残り400を切った。
 軽快に逃げる4番キタサンブラック。
 
 馬群を割って終始好位追走の1番シュヴァルグランが、坂を上がって来た。
 その直後、進路を探っていた8番ソールスターリングが、同じところから伸びそうに思えたが・・・。
 う~ん、古馬陣について行けない。
 ジリジリと伸びるが、期待の末脚が見られない。
 メンタル的なことであろうか、ちょっと残念。
 
 大外に回した2番レイディオロと12番サトノクラウンも追い出している。
 ところが、12番サトノクラウンは2番レイディオロに突き放された。
 残り200を切ると、逃げ込みを図る4番キタサンブラックに1番シュヴァルグランと2番レイディオロが迫って来た。 
 この3頭の競馬となった。

 残り100を切ると、外の1番シュヴァルグランが4番キタサンブラックを交わして先頭に躍りでた。
 さらに外から2番レイディオロも4番キタサンブラックを交わし、1番シュヴァルグランを懸命に追うものの・・・。
 1馬身4分の1迫ったところがゴールだった。
 
 8番ソールスターリングは1秒2差8着、追っかけ馬の16番ヤマカツエースは1秒3差9着だった。
 ガッカリ
 
 それにしても、大魔神こと佐々木主浩氏所有の馬は、大舞台に強いと改めて思い知らされた。
 1番シュヴァルグランとH.ボウマン騎手、ここまでとは恐れ入りやした・・・。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋)

[追 記]~JCの売上・入場人員アップ~
 ジャパンCの売得金は前年比107.4%の221億8536万7100円とアップした。入場者数も豪華メンバーの集結と好天の影響か、昨年よりも同122.1%と大幅アップの10万8522人。 
 東京競馬場の徹夜組は同123.7%の735人、開門時に並んでいた数も同128.5%の6,592人といずれも昨年を大きく上回った。
(出典:JRA-VAN NEXT抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第37回ジャパンカップ他・検討

2017-11-26 15:04:45 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日、自宅で競馬観戦も軸馬が3着、4着、さらに着外などウマくハマらない。
 結局、メインレースを見る気も失せて・・・グラウンド・ゴルフ場へ。
 午後3時半過ぎから、4ラウンドを回った。
 この日も貸し切り状態。
 どうやら、同好会の皆さんは、午前中に来ているらしい。
 この日の戦績。
 当方:24打、21打、20打、20打。(ホールインワン・・なし)
 家内:18打、22打、21打、21打。(ホールインワン1つ)

 1ラウンドはミスショットとミスパットが目立っていた。
 その後、立て直して奮起もトータルで家内に3打差で敗けてしまった。
 ホールインワンが1つでもあれば良かったけど・・・。
 それでも、安定しているからいいであろう。

 さて、競馬の話。
 「JC」は、外国招待馬もいるなど、やはり難しいレースに違いない。
 斤量有利な3歳馬の巻き返しに期待することとした。
 天皇賞(秋)の上位馬2頭は、激走もあって目に見えない疲れが残されているかも知れない。
 でも、切ってしまう勇気もない。(笑)


予想レース

[東京11レース・ジャパンカップ(G1)(3歳以上オープン)]
 狙いたい馬が多すぎるが、斤量53キロ(牡馬換算55キロ)と古馬に比べて有利な8番ソウルスターリングをイチオシで応援したい。
 良馬場で切れる脚を繰り出して、ゴール前差し切るものと思いたい。
 この距離はオークスで快勝しており、3戦目で最高のデキにあるとの評価。
 鞍上・C.デムーロ騎手の好騎乗に期待。
 相手は、同じく3歳馬のダービー馬・2番レイディオロなど。

  8 ⇔ 2,4,12  及び 8 - 1,11,16   馬単6点及び馬連3点。

 さらに
  2- 8- 1,4,6,11,12,13,16 3連複2頭軸7点。

[京都12レース・京阪杯(G3)(3歳以上オープン)]
 ここは格でやや劣ると思える追っかけ馬・8番ナリタスターワン
 鉄砲1-0-1-2、このコース3-0-1-4とまずまずの結果を残している。
 鞍上も前走に引き続き騎乗する。
 前走の大駆け再現”との穴評価も後押ししてくれる。
 ここは、無理を承知の思い切った狙いとしたい。
 縦目も入れた馬連を手広く。
 
  6,7,8  及び 8 - 4,5,9,10,15   馬連8点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 ”頑張れナリタスターワン”)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

2017キャピタルステークス・検討

2017-11-25 11:45:54 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 大相撲が連日満員御礼らしい。
 土俵の外では、日馬富士暴行問題があれこれ騒ぎ立てられているが、虚実の実態は深い闇の中にあるようで・・・。
 全く分からない。
 ところで、1敗の白鵬を追う八角部屋の2人の兄弟力士が2敗で懸命に食らいついている。
 郷土力士・隠岐の海もその1人。
 あと、2つ勝ってほしい。
 
 さて、競馬の話。
 明日のジャパンカップの資金を造成するためにも、本日は午後から挑戦してみたい。
 京都メインレースは、順当なレースと思われるけど。
 2歳馬なもので、どうであろう。

 一方、東京のメインレースに追っかけ馬が2頭出走。
 頑張ってもらいたい。

予想レース

[東京11レース・キャピタルステークス(3歳以上オープン)]
 ここは、追っかけ馬の12番マイネルハニー16番ダノンリバティに奮起してほしい。
 取り分け、前走1番人気に支持されながら、早め先頭から最後バタバタとなって1秒以上も離される敗退・・・5着入線。
 多少の荒れ馬場なら我慢できるも、前走は極悪馬場に泣かされたとのこと。
 東京コース2-1-2-2、この距離1-1-1-2の同馬。
 ここで巻き返しても驚けない。
 鞍上・柴田大知騎手が、長い直線をどのように渋太く後続を突き放しにかかるものか。
 巻き返しに掛けてみたい。
 
  12,13,16  及び 12 - 2,4,9,14  馬連7点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(2016.12.10チャレンジC・・・マイネルハニー)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週の追っかけ馬(11月23日・24日)

2017-11-24 22:16:50 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 先日、小雨混じりの寒い1日、グラウンド・ゴルフ大会に参加。
 翌日は兄姉夫婦と泊りがけでグラウンド・ゴルフ、その夜賑やかに酒を酌み交わしていた。
 宴会も終わり部屋に帰るとき、右足の大腿部が痛くなってきた。
 やや、右足をかばうような歩き方。
 寝床で右横に寝ると痛む。
 あくる日もグラウンド・ゴルフのとき、やはり治っていないのか、走ることができなかった。
 雨にもあい足元もやや寒い。
 すべての日程を終えて帰宅後、その夜はさらに痛むようになって、自宅の階段を上がるのも辛くなり家内に相談。
 
 すると、それは坐骨神経痛だから、冷やすと良くないから温めて血流をよくしないといけないとのアドバイス。
 元看護師なので、医学的な面ではいつも的確にアドバイスしてくれる。
 その夜から、登山などで使っていたタイツを取り出してはいている。
 昨日、ビタミン剤も購入。
 
 すると、えらいものである。
 その日の午後から、痛みがほとんどなくなった。
 夕刻前のいつもの時間帯、グラウンド・ゴルフ場にも行くことができた。
 4ラウンドを回って帰宅、全くというほど痛みがなくなっていた。
 いつまでも若いつもりであったが、どこか身体も替わってきているらしい。(笑)
 
 さて、競馬の話。
 ジャパンカップもいろいろと検討。
 面白いレース展開になりそうである。

[土曜日の追っかけ馬]
東京11R ダノンリバティ、マイネルハニーの2頭が出走予定。
 重賞レースで0秒2差、0秒3差とそれぞれ3着入線と頑張っているダノンリバティ。
 今回は東京のマイル戦、中距離を走れる能力を有するこのコースとのこと。
 鞍上には、リーディング2位の戸崎圭太騎手を配してきた。
 同馬には何度も騎乗しており、好位からの競馬で最後はゴール前で好勝負であろうか。
 
 一方、前走より1F(ハロン)短縮のこのレース、重賞1勝のマイネルハニーが出走する。
 主戦の柴田大知騎手もそろそろ同馬に勝鞍をアシストしないか。
 2走、4走前では0秒2差、0秒1差2着の惜しいレースだった。
 今回も先手か、番手からの競馬であろう・・・か。
 このコースを逃げ切るのは、かなりキツイと思われるから、番手か3番手からの競馬かな・・・。
 
[日曜日の追っかけ馬]
東京11R ヤマカツエースが出走予定。
 前走の天皇賞(秋)、最終追いも良かったからかなり期待もしていた。
 ところが、雨が降るなかの不良馬場、この極悪馬場があわなかったとのこと。
 今週は、良馬場でできそうな予報。
 最終追い切りも相当にいいらしい。
 鞍上の池添謙一騎手は、「いい馬場なら力上位のところを見せられると思います」と、コメントらしい。
 頑張れ・・・。

京都12R ナリタスターワンが出走予定。
 前走は0秒1差2着と惜しいレース。
 今回8月以来3ヶ月半ぶりとなるが、鉄砲1-0-1-2とまずまずの戦績。
 前走に引き続き騎乗の幸英明騎手、ここはゴール前際どく差し切ってほしいところである。
 「入念に乗ってきたので、当週は軽め。京都は向いている」と、高橋亮師のコメントとか。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:東京10R カネトシビバーチェ
  日曜日:東京9R アサケパワー
      
 今週は、カネトシビバーチェ、アサケパワーに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 サトノクラウンの最終追い切り・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週は「第37回ジャパンカップ」・・・

2017-11-23 21:08:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 日馬富士暴行事件の真相については、どうなっているのか。
 一般人には分からないことばかりである。
 報道されるたびに内容も二転三転。
 被害者・貴ノ岩の怪我の様子もよく分からない、その上貴乃花親方の行動も当方にも理解しがたい。
 どこが、どうなっているのか。
 閉鎖社会の一端を再び垣間見るようでもある。
 
 一昨日からいつもの兄姉夫婦と1泊2日のグラウンド・ゴルフと早めの忘年会だった。
 家内の実兄夫婦の紹介で、自炊付きの宿泊施設「やくもアグリパーク」(松江市)にて宿泊。
 八雲中央公園(松江市)でグラウンド・ゴルフを4ラウンド満喫後、兄姉夫婦らがいろいろと材料を準備し、家内も手伝って6人全員で乾杯の後、賑やかにスキヤキをつついた。
 翌朝は、家内の実兄夫婦手づくりの餅で美味しい雑煮を食べた。
 
 その後、グラウンド・ゴルフをもう一度・・・。
 ところが、1ラウンドの終盤から冷たい雨に見舞われて止む無く中止。
 それでも楽しい2日間だった。

 さて、競馬の話。
 今週は37回となるジャパンカップ、外国馬の参戦は4頭とのこと。
 その実力はどの程度なのか・・・。
 日曜日までの情報収集で決めたい。
 
 もっかのところ、日本勢優勢とみてキタサンブラックが、ここでも役者が上と思わせるかも・・・。
 鞍上・武豊騎手がさすがの騎乗ぶりを披露するであろう。

 鞍上・C.ルメール騎手が神騎乗だったダービー馬・レイディオロが古馬を撃破するか。
 何しろ、今年の3歳馬はとても強いとの印象もあり、古馬を相手にどのようなレースをするか。
 とても気になる。
 
 気になると云えば、今期のG1レースの花形役者、千両役者のM.デムーロ騎手、今回は引き続きサトノクラウンに騎乗するとのこと。
 前走の天皇賞(秋)では追っても、追ってもクビ差を詰めることができなかった。 
 年間G1勝利の記録もかかっているM.デムーロ騎手、どのような攻め口でゴール前詰めてくるであろうか。
 興味津々。
 
 G1レース2勝のソウルスターリング、ここ2走は古馬の壁に跳ね返されている。
 鞍上はC.デムーロ騎手が騎乗とのこと、ちょっとレースぶりに注目したい。
 かつて、桜花賞におけるアユサン(C.デムーロ騎手)とレッドオーヴァル(M.デムーロ騎手)のような、デムーロ兄弟のワン・ツーもありか・・・。

 前走は不良馬場に泣かされたとのヤマカツエース、最終追い切りは抜群の動きだったらしい。
 池添謙一騎手も復活走へ、力の入る一戦であろう。

 是非とも良馬場のG1レースになってほしいものである。
 本番まで残り3日間。
 チェック、チェック(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋 好時計のヤマカツエースとか)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

地上波初放映の「シン・ゴジラ」

2017-11-22 21:13:00 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 先般地上波で放送された映画「シン・ゴジラ」。
 録画しており、あまりに多いCMをすっ飛ばして観た。
 総体的に感動も、見入ってしまうこともなく、アッサリと見終えた。
 つまり、当方には、ただ長谷川博己さん演じる内閣官房副長官(政務担当)矢口蘭堂が、危機感を持って早口でまくし立てるところ、それだけが耳に残ったくらいである。
 
 危機管理能力に劣るとの国政を風刺した場面も描かれている。
 政権内部とか国会内、様々な会議の様子なども綿密な取材に基づいて映像化したとか。
 群像劇が延々と描かれる。
 形式ばったやり取り、自衛隊出動に関しても戦闘態勢に入っていいものか、条例との照らし合わせとか、手続き論とか・・・。
 直面する危機に対してのうろたえぶりが風刺される。
 なお、防衛省と自衛隊の協力もあったらしい。
 
 怪獣のゴジラは、全編CGで描かれたとか。
 また、攻撃ヘリなども・・・。

 そのゴジラに変身するまでの「ツチノコ」のような怪獣の登場、ナニコレ、アニメの延長線上の映像に思わず観ることを止めようかとも・・・。
 早送りで観てしまった。(笑)

 「ツチノコ」のような怪獣が、ひと暴れして東京湾に帰って核のゴミを食しゴジラに脱皮したのか。
 
 いよいよ、見慣れたゴジラの登場。
 そのゴジラを打ち倒すため、核攻撃以外の最新の攻撃は通用しなかった。
 このため、米国をはじめとする国連軍などは、都心にいるゴジラへの最終攻撃として核攻撃を進めようとしていた。
 
 ゴジラの破壊力でもって、現政府も壊滅し臨時政府を樹立しながら、核攻撃以外の対抗措置を巨大不明生物特設災害対策本部の矢口蘭堂たちは思いつき、血液などを一瞬のうちに凍結する作戦を樹立。
 果たしてウマくいったのか。

 因みにゴジラの動きをCG化するための動きは、モーションキャプチャ-として野村萬斎さんが行ったらしい。
 どこが、どうであったのか、いささか分からなかった。

 全般的に「シン・ゴジラ」の新とは・・・。
 ベースは、これまでのゴジラ映画と同じように思えたけど。
 膨大な製作費が費やされたようにも見受けられるこの映画、面白いとか、感動したとか、心に残ったとか。
 そのようなものが・・・残念ながらなかった。
 
 やはり、子供時代に映画館で観た「ゴジラ」(1954)の鮮烈な記憶を打ち破ってくれるゴジラ映画はない。
 そのように思っている。(夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

小雨混じりのグラウンド・ゴルフ大会

2017-11-21 22:26:50 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 さすがに寒かった昨日、最高気温は9℃だったらしい。
 午前中の曇り空の寒い中、35人が集ったOB会の同好会(家内の元勤務先)のグラウンド・ゴルフ大会。
 社会人の出勤時間帯の頃、我が家を出発すると何年振りかのラッシュアワーに遭遇。
 途中の路上に設置されている気温計は、4℃を表示しているから体感温度も厳しいだろう。
 春と秋の年2回の大会。
 今年は、初冬のこの季節だから防寒対策もバッチリ。
 モンベルのダウンジャケットが活躍する。



 午前8時過ぎ現地に到着、会場はいつもの「八雲中央公園」(松江市)。
 同好会の和気あいあいの大会なので、開会式まで自在に練習も・・・。
 15mがいきなりホールインワン。
 如何、いかん、不思議と練習でホールインワンが出ると本番で出ないから。
 結果は・・・やはり、そうだった。
 
 3コースで3ラウンドがこの日の競技。
 当方の組は5番ホールからスタート。
 ホームコースのToさんと同じ組でスタートだった。
 ミスショットもすかさずリカバリー、さすがのプレーヤーである。
 途中で冷たい雨と風となった。
 その雨も降ったり、止んだり、今度は日差しが出るなど目まぐるしく変わる天候だった。
 
 それでも、ボールの走りは良かった。
 ホールインワンがキター・・・と、思ったら、中央の鈴に当たりながらコロリとホールポストから転がりでた。
 そのようなことが2度あるなど、ウマくハマらないジレンマ・・・。
 
 3ラウンドを終了。
 20打、22打、20打。(総合11位)
 家内は、別の組でプレー。
 ホールインワンが1つあったらしい。
 22打、17打、22打。(総合8位)

 ちなみにこの日の1位は、ホールインワン2つのHuさんだった。
 1位:52打(20打、15打、17打)(H2)
 2位:56打(17打、17打、22打)(H2)
 3位:56打(16打、19打、21打)(H1)
 
 なお、飛賞もいろいろあって、当方は運よく11月の「当月賞」(本みりん1.8L)とのことだった。
 何でもいい、賞がいただければ・・・嬉しい。
 家内のホールインワン賞は、当市のごみ袋(2枚)。

 参加賞1人分は、トイレットペーパー(24ロール)と美味しい紅梅醤油(500ml)。
 参加賞は2人分だから・・・トイレットペーパーは当分買わなくていい。(笑)
 家庭で使う物ばかりなので、主婦には人気の賞品とのこと。
 なお、参加費を上回る参加賞を出しているとのIs会長挨拶だった。

 12月下旬から1月並みの寒さのなか、高齢の参加者の皆さんも元気ハツラツ。
 家内の元勤務先のOB会同好会なので、プレー中は笑いが絶えなかった。
 いつもながら、楽しい大会に終始しており、次回の春季大会はさらに盛り上がるであろう。
 役員の皆さん、お疲れ様でした。(咲・夫)


(初年度の大会・・2015.5.18)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

遠いG1・・・エアスピネル

2017-11-20 21:50:05 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日は、とても寒い1日だった。
 冷たい雨が降る。
 日が照ってくる。
 目まぐるしく変わる天気、北西の冷たい風が流れていた。
 
 一方、天候と馬場が気がかりだった京都競馬場。
 重でスタートした芝コース、5レースから稍重に変更されていた。
 パンパンの良馬場は望めそうもないらしい。
 
 と、なると、「マイルCS」でイチオシの11番エアスピネルにとっては、戦いやすい馬場と思える。
 午後3時40分、京都競馬場にG1レースのファンファーレが鳴った。
 スタートした。
 大方の予想の通り、8番マルターズアポジーが先手を主張。
 11番エアスピネルは、中団のやや前の方で折り合って追走。
 1番人気の12番イスラボニータは、中団後方から11番エアスピネルを見ながら追走していた。
 大外枠の18番ペルシアンナイトは、後方4、5番手からの競馬を余儀なくせざるを得ない。
 
 先団が4コーナーから直線を向いた。
 その時、11番エアスピネルはスーッと中から外に進路を取った。
 これは難なく抜け出せそうな絶好位である。
 後方にいた18番ペルシアンナイトの鞍上・M.デムーロ騎手は、直線入り口でインへ突っ込み、11番エアスピネルや4番サングレーザーなどの直後に付けていた。
 今期、G1レース絶好調のM.デムーロ騎手の神騎乗であろう。

 終始好位追走の9番レーヌミノルが、残り200あたりで抜け出そうとするところへ、外から11番エアスピネルが交わしにかかってきた。
 7番レッドファルクスも進路を探りながら、懸命に追い出している。
 
 残り100を切ったところで、先頭に躍りでていた11番エアスピネルが、初G1制覇のゴールへ向かって鞍上のR.ムーア騎手の手が動く・・・。
 すると、同馬に一気に迫ってきた同じ勝負服の18番ペルシアンナイトと4番サングレーザーの3歳勢・・・。
 何と、勝利を確信したと思えた11番エアスピネルにゴール寸前で、18番ペルシアンナイトが一気に伸びて僅かに交わしたように見える。

 おッ、お、お・・・何ということか。
 またしても、G1レースを目の当たりにして、初制覇の夢が打ち砕かれた。

 神騎乗のM.デムーロ騎手、とに角凄いのひと言。
 大外枠からの勝利は、この10年間の記録にないらしい。
 さらに3歳馬の勝利も17年ぶり4頭目の快挙とか。
 今年のG1レース6勝目はタイ記録らしい。
 
 3歳馬が、1着、3着、4着と掲示板に輝いていた。
 今度こそ、エアスピネルの初G1制覇間違いなしとも思っていた。
 どうしたものか、エアスピネルにとっては、遠い、実に遠いところにあるらしい。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋  遠いG1制覇のエアスピネル)


(何とか的中のこのレースだった・・・)

[追 記]~レース後のコメント~
1着 ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手) 
 「ゴールの瞬間は勝ったのかどうか分かりませんでした。勝てて良かったです。いつも頑張って走りますが、馬の間に入るのを気にするところがあります。今日もよく頑張って走ってくれました。大外枠でしたがスタートも良く、道中はリラックスして走れました」

2着 エアスピネル(R.ムーア騎手) 
 「馬はとてもいい状態で、いいレースをしてくれました。ただ反応が良すぎて、速めに前に出てしまう形になりました。とても能力が高く、GIを勝てる力のある馬です」

3着 サングレーザー(福永祐一騎手) 
 「イメージ通りのレースが出来ました。エアスピネルの後ろの位置から外に出すタイミングも良く、直線ではジリジリと追い詰めることが出来ました。夏まで条件馬だったことを考えると大健闘でしょう。来年が楽しみです」

5着 イスラボニータ(C.ルメール騎手) 
 「直線で外の馬とぶつかってバランスを崩しました。そこからもう一度頑張ってくれたのですが、トビの大きい馬なので、バランスを崩してから伸びるのに時間が掛かります。あのロスが大きかったです」

7着 クルーガー(A.シュタルケ騎手) 
 「もう少し前の位置でレースをしたかったのですが、スタートでなかなか進んで行きませんでした。道中はリズム良く走れたのですが、上位の馬との差は外を回った分もあるでしょう。能力は高い馬です」

8着 レッドファルクス(C.デムーロ騎手) 
 「道中はずっといい感じでした。仕掛けてからの反応も良かったのですが、残り1ハロンで止まった感じです。距離が少し長いのかもしれません」
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第34回マイルチャンピオンステークス検討

2017-11-19 14:10:14 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 先日、筆王のヴァージョンアップと共に「ソースネクストeSHOP」で手に入れたワードと表計算ソフト(Thinkfree office NEO)。
 MicrosoftのWordとExcelと互換性がある製品。
 価格が約8分の1程度とのこともあり、手に入れて使っている。
 今のところ”Word”については、特段の問題もなく使えており・・・グッド。

 恐らくジェネリック医薬品のような感覚であろう。 
 もう1台のノートパソコンに入っているWordとExcelは、2007年版でありMicrosoft社のバックアップもそろそろ終了らしい。
 そのようなこともあって、乗り換えたものである。(笑)

 ところで、本日の最高気温はついに1桁台に突入らしい。
 山間地では初雪の便りも聞こえてくるだろう。
 自宅にて細々と競馬観戦程度である。

 さて、競馬の話。
 今年の競馬は、年末の有馬記念終了後の4日後に「中山」と「阪神」で1日開催とのこと。
 JRAも売り上げアップであれこれと策を練ってくるようである。

予想レース

[京都11レース・マイルCS(G1)(3歳以上オープン)]
 この距離4-2-1-1、このコース2-1-1-0と好相性の11番エアスピネル、これまでG1レースに届きそうで届かないレースが続いている。
 ところが、前走のように力のいる馬場の方が、持ち味が出るのかも知れない。
 昨日の京都競馬場は、最後まで芝コースは重馬場だった。
 本日の京都は晴れるとかで稍重まで回復見込みらしいが、これまでの週末の悪化した馬場の影響もあって、稍重であっても力のいる馬場と思われる。
 そうなると、初G1制覇のかかっている同馬にとっては、絶好のめぐり合わせと思える。
 さらに鞍上には、R.ムーア騎手を配している陣営の勝負気配が漂う。
 ここは、素直に信頼して投票したいところである。
 伏兵も入れて・・・。(笑)
 
  11 ⇔ 7,10  及び 11 - 2,4,8,12,18 馬単4点及び馬連5点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第22回東スポ杯2歳ステークス他・検討

2017-11-18 14:19:35 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 本日から3日間、冬型の気圧配置で12月の気候になるとか。
 傘マークがついている迷惑な天気予報。
 月曜日の午前中は降ってほしくないけど・・・。
 日差しのあった昨日も、いつもの時間帯に軽運動に向かった。
 4人の高齢の男女が楽しそうにホールを回っていた。

 当方らも、4ラウンドを満喫。
 グラウンドも乾燥しており、ボールが走っていた。
 満足のいく結果で終了し、帰り際「道の駅本庄」にて野菜類などを買い求めた。
 コンビニで「競馬エイト」も。

 さて、競馬の話。
 本日は良馬場が懸念される京都競馬場。
 マイルCSの明日は・・・良馬場であってほしい。


予想レース

[京都11レース・アンドロメダステークス(3歳以上オープン・ハンデ)]
 ここは好枠をゲットした京都コース(2-1-0-0)得意の1番ウインフルブルームを狙いたい。
 今期絶好調の鞍上・和田竜二騎手は、年間100勝まであと10勝である。
 ここも、渋太い競馬で追っかけ馬を好リードするであろう。
 馬場が渋っていても問題はなさそうである。
 
 一方、重・不良でも動ける13番グァンチャーレが相手候補で妙味。
 この2頭による3連複総流しも面白いであろう・・・。

  1,13,15  及び  1 - 5,7,8,9  馬連7点。

 さらに
   1 - 13 - 全通り    3連複13点。

[東京11レース・東スポ杯2歳ステークス(G3)(2歳オープン)]
 ここはクラシック候補に名乗りを上げたい追っかけ馬の3番ワグネリアン、前走は重馬場も問題なしの快勝だった。
 初の長距離輸送でも、ディープの仔なら問題もないであろう。
 このレース向きの決め手を秘めているとの評価もある。
 同馬を負かすなら、7番ルーカスただ1頭との下馬評。
 それでも、まず敗けないと思っているけど・・・ネ。

  3 ⇒ 4,7 ⇒ 1,2,4,7  及び 7 ⇒ 3 ⇒ 1,2,4   3連単9点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋 キッチリ差し切ったデビュー戦のワグネリアン)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週の追っかけ馬(11月18日・19日)

2017-11-17 22:32:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日から、早朝冷え込むようになってきた。
 また、日中も気温が低く冬が一歩、一歩近づいている。
 それでも、いつもの時間帯にいつものコースに出向いた。
 中海からの風がやはり冷たさを感じるなか、グラウンド・ゴルフを3ラウンド楽しむことができた。
 プレーヤーは、当方ら2人だったから貸し切り状態。

 来週の月曜日は、加入している同好会の大会。
 38人くらいが参加らしい。
 賞品がいいものだから頑張らねば・・・。
 それには、”ホールインワン”が欠かせない。
 雨が降らないことを願っている。

 さて、競馬の話。
 今週も京都競馬場でG1レースが組まれている。
 マイルCSであるが、雨馬場にならないようお天道様に祈りたい。
 狙い馬が多すぎて困っている。(笑)

[土曜日の追っかけ馬]
東京11R ワグネリアンが出走予定。
 前走の重馬場も全く苦にしない強い内容だった。
 父譲りの末脚の確かな同馬、頭数も少なくてまぎれのないレースができる。
 今回はどのような勝ち方、競馬をするものか。
 クラシック候補の1頭と思っている。

京都11R ウインフルブルームが出走予定。
 前走のダート戦は思わぬ敗退。
 今回は芝のレースに戻して臨むらしい。
 鞍上も和田竜二騎手に乗り替わるとか。
 同騎手が騎乗したこれまでの成績は、1-3-1-0と好相性である。
 これなら夏場以来の好勝負が期待できそうである。
 先手必勝の可能な枠に入ることを願っている。

[日曜日の追っかけ馬]
京都12R スミレが出走予定。
 昨年のこのレース、稍重の馬場でメンバー最速の34秒9の末脚で追い込み勝利している。
 残念ながら、それ以来未勝利のレースが続いている。
 降級3走目となる今回は、鞍上にC.ルメール騎手を確保。
 前走も着順ほどは敗けていない。
 今回は、鞍上込みで最終レースを締めくくってほしいものである。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都7R サンマルエンパイア 
      福島8R ミトノグラス
  日曜日:京都6R パワーアッシュ、マッシヴコマンダー、9R ミトノレインボー

 今週は、サンマルエンパイア、ミトノグラス、ミトノレインボーに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(相変わらず笑ってしまう・・・面白さ)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

徳川家最大の試練・・・

2017-11-16 21:43:34 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 毎週日曜日、多少の文句も言いながらも見入っている大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
 最近では、主役の直虎(柴咲コウ)が、霞んで脇役に回ったような演出になっている。
 まぁ、それは物語の流れから仕方ないこと。
 後の井伊直政・万千代(菅田将暉)を中心に展開される流れのなか、先週と今週は徳川家最大の試練ともいえる事件が起きている。
 
 家康(阿部サダヲ)の嫡男で岡崎城主・信康(平埜生成)と正室・瀬名(菜々緒)を成敗しなければならない羽目にあっている。
 苦難・苦行の家康。
 信康が有能であったがゆえに信長(市川海老蔵)が、将来の織田家にとって禍根を残さないよう始末しようと考えたのか。

 信康の正室・徳姫からの手紙を切っ掛けに絶好の好機と思いめぐらせた信長が、家康に打った謀略なのか。
 天下人目前の信長に逆らうことのできない家康、苦しい立場に追い込まれながら徳川家を守るため、信康と瀬名・築山殿の命を取ったのであろう。
 何でも、家康と信康親子の不仲説により、家康が謀殺したとの新説もあるとか。

 それはともかく、19日(日)と26日(日)2日間の放送では、家康の苦悩が描かれる。
 母・瀬名は信康の命を守るため、一身に罪をかぶり悪女として裁かれる。
 つまり、暗殺されるらしい。

 残り3、4回であろう。
 直虎が亡くなるまで描かれるのであろうから、駆け足で物語が展開すると思われる。
 最終回が近いこともあって、今ごろになってこのドラマも充実化して面白くなっている。
 特に次回の展開は見逃せないであろう。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)