咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

良いお年をお迎えください

2014-12-31 22:44:40 | 日記
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 ブログをはじめて6年目。
 毎日更新を自らに課して、何があっても更新を最優先につとめてきた。
 2014年の午年も最終日、この1年間も無事、毎日更新を達成することができた。
 物事が長続きしなかった当方、継続は力なりと思いつつ取り組んでいる。
 この1年、つたないブログを応援していただき、ありがとうございました。
 来年も、宜しくお願いいたします。

 良い年をお迎えください。

 さて、先日のDVDから、アンジェリーナ・ジョリー大熱演の映画「ソルト」について、ちょこっと書き込みたい。

 アクションもバッチリのアンジェリーナ・ジョリー主演のこの映画。
 制作は2010年とのこと。
 CIAのエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)、ある時、ロシアの二重スパイの嫌疑を掛けられる。

 誰がその陰謀を張り巡らせているのか。
 その黒幕を探るため、元の仲間からの追跡を交わしながら、スリリングな展開が次々と巻き起こる。
 イヴリン・ソルトの幼少時代、両親が亡くなりロシアでスパイ教育を受けていたことが判明。
 米国にわたり、CIAのエージェントになったイヴリン・ソルト、ロシアの二重スパイなのか。

 誰が本当の二重スパイなのか。
 この映画の冒頭、北朝鮮でCIAのエージェントとして逮捕され、拷問をされるような荒々しいカットからスタート。
 見るも無残な姿になっているアンジェリーナ・ジョリー。
 汚れ役にも果敢に挑戦している。

 また、逃げ帰った自分の部屋にCIAの元仲間やFBIなどが追ってきた。
 その追跡を逃れるため、目もくらむようなビルの外壁伝いに隣室に移動する演技。
 スタントマンも使わないで、自らが演じていたとのこと。

 命綱のワイヤー1本が使われていたらしいが、命がけのアクションも淡々とやっているから、かけがえのないアクション女優であろう。
 高速道路におけるトラックの屋根上などのアクション。

 大きな威圧するような眼、厚い妖艶な唇。
 長い髪。
 長身の抜群のスタイル。
 父は「真夜中のカーボーイ」主演のジョン・ヴォイト。

 圧倒的なアクションのこの映画。
 アクション・サスペンスの見ごたえ十分。
 クライマックスでは、アッと驚く展開になっている。

 なお、劇場版とディレクター再編集版は、違う点が多々あり見比べるのも面白い。

 良い年をお迎えください。(夫)


(出典:Yahoo!映画 抜粋)

[追 記]~解説~
 二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクション・サスペンス。潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探し出すまでをスリリングに描く。メガホンを取るのは、アンジェリーナとは『ボーン・コレクター』以来のコンビとなるフィリップ・ノイス。共演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリーヴ・シュレイバー、『2012』のキウェテル・イジョフォー。CIAに立ち向かう孤高のヒロイン、アンジェリーナのリアルなアクションに注目だ。
(出典:Yahoo!映画 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

パソコンによる疲れ眼・・・解消なるか

2014-12-30 22:25:22 | 日記
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 7年前くらいに買い替えた遠近両用メガネ。
 連日、パソコンやスマフォと格闘している。
 夢中になると数時間も集中して操作。
 眼の方も相当に酷使。

 最近、パソコンを操作したあと、物が二重に見えることがあった。
 夏ごろから、あったように思う。
 ドライ予防の目薬を使うと楽になる。

 それ以上に遠近両用のメガネが、合わなくなったのかも・・・。
 メガネは結構お高いもので、そのうちにと思っていた。
 ある時、「眼鏡市場」の新聞綴じ込みに目が点になった。

 普段は、チラシなどほとんど興味もないけど、たまたま目に留まった。
 遠近両用メガネが、「フレーム、レンズ、ケース」一式で19,440円(税込)、25,920円(税込)・・・と、あった。

 これは、どういうことなのだろうか。
 これまで購入してきたメガネは、7~8万円以上であったけど・・・。
 フレームが相当安価なものか、その仕組みが分からない。

 物は試し、そう思って「眼鏡市場」に出向いた。
 すると、レンズの費用が0円とのこと。
 ただ、レンズカラーなどのコーティング加工は、プラス2,160円を要するとか。

 それにしても、驚きの価格である。
 ちなみに当方は、傷がつきにくいガラスレンズを愛用している。
 そのレンズもニコン製とのこと、これなら安心である。

 パソコンやスマフォを再三使うもので、ブルーライトをカットするレンズもお勧めらしい。

 眼鏡市場の話を“satochin”さんのブログにコメントしていたら、ご自分はパソコン用、スポーツ用、外出用であったと思うけど使い分けているとの話。

 なるほどね。
 思わずいいアドバイスをいただき、当方もパソコンなどのブルーライトをカットできるメガネも併せて作ってもらうことに決めた。
 ちなみにこのブルーライトカットは、プラスチックレンズ専用らしい。
 もっとも、フレームは以前の物に痛みがないとのことで、これにレンズを入れ替えすることとしていた。

 1週間後、レンズなどが入荷とのことで店舗に向かった。
 外出用のメガネが出来上がっていた。
 今回、少し乱視もあったので矯正してある。
 かけ心地も・・・バッチリ

 室内用のレンズをこれまでのフレームに・・・。
 ところが、レンズを支えているネジ山がつぶれていたらしく、どうにもならないようであった。
 結局、フレームからすべて買い替えとなった。
 ちょっと、サービスもしてもらったけどね。

 最終的に外出用と室内用の2つを購入。
 それでも、これまでの費用を思うと大幅な削減。
 今まで使用していたメガネは、農作業などの専用に決めた。

 それにしても、「眼鏡市場」の接客態度、的確なアドバイス、保証期間などに関して十分に満足するものであった。
 年金生活者にとっては、朗報となる驚きの価格でもある。
 このようなメガネ店があるとは、認識不足も甚だしいものであった。

 早速、パソコン専用ともいえる室内用を使って、ブログを作成している。
 眼の疲れの度合いも少なくなるであろう。
 眼をいたわりながら、これからもブログを続けたいと思っている。(夫)


(出典:眼鏡市場 公式 HP抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

有終の美飾る・・・ジェンティルドンナ

2014-12-29 22:19:19 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 「日曜日までの中山競馬場付近は、天候も崩れそうにないとの予報。
 暮れの大一番、馬場もよさそうなので、小回りでも女傑のディープインパクトの仔・4番ジェンティルドンナが有終の美を飾ることも・・・。」

 25日(木)、初の枠順ドラフトの中継を見ていた。
 その日のうちにアップしたブログ「有馬記念枠順ドラフトで確定・・」。
 その時考えていたことが、現実となった2014有馬記念。

 ディープインパクトの仔が、中山コースでは苦戦を強いられている。
 そのデータに重きを置いて、女傑ジェンティルドンナを6番手以下に下げた当方が恥ずかしくなった。

 その「有馬記念枠順ドラフトで確定・・」のJRAVAN-NEXTの馬柱でも、◎ゴールドシップ、○ジェンティルドンナ、▲ジャスタウェイ、△ワンアンドオンリー、△トゥザワールド、△エピファネイア、×トーセンラー、×ウインバリアシオン。

 ・・・と、していた。

 その後、金曜日、土曜日で再考した結果、ジェンティルドンナの評価を下げた。
 引退する牝馬、メイチの競馬をして故障でもしたら・・・など、野暮な考えであった。

 なお、この距離は微妙でいささか長いのではと思っていたトゥザワールドのレースぶりにも脱帽。

 一方、同じ追っかけ馬の3歳馬。
 ワンアンドオンリーの走りに期待していた。
 中団より前の好位で折り合っていた同馬、スローの展開に泣かされたのか、勝負どころで外から次々と被せられていた。

 さすがの鞍上もなすすべもなかったようである。
 速い流れになっていれば、インからスルスルと上がって来られたであろう。
 競馬になっていなかったから、次走以降に大いに期待したい。

 それにしても、中山とか阪神のように最後の直線にある急坂、ゴールドシップのパフォーマンスは素晴らしいものである。
 やはりこのようなコースは、実力を発揮しやすいのであろう。

 また、15番枠に入ったジャスタウェイ、終始外々を回って短い直線をメンバー最速の33秒4で上がってきており・・・。
 中ほどの枠であったなら・・・。
 ドラフト抽選の日、福永祐一騎手や岩田康誠騎手の苦笑いが、いつまでも浮かんでくる。

 今年も最後を締めくくることができなかった。
 3強牡馬とも言われていた有馬記念、「ゴールドシップ、ジャスタウェイ、エピファネイア」。
 3~5着で掲示板を確保。

 1週間後には、東西の金杯がはじまる。
 今は思考力もない。
 明日から頭を切り替えて、年末年始の行事に没頭したい。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

[追 記]~レース後のコメント~
1着 ジェンティルドンナ(戸崎騎手)
 「今日はジェンティルドンナの最高のパフォーマンスをファンに見せようと思っていました。前回の天皇賞(秋)で賢くて乗りやすい馬だと分かりましたし、枠順も良く、不安なくレースに臨めました。
 レースでは先行してしぶとさを生かすことを考えていましたが、前に壁が作れず、初めは多少気負うところはありましたが、我慢してくれていいリズムで行けました。先頭に立ってからは後ろからの馬の足音も聞こえてきましたが、最後の力を振り絞って頑張ってくれました。最高の牝馬だと言っていいと思います。
僕自身は、今年GIを勝てずに悔しい思いをしていましたが、ジェンティルドンナに助けられました。これで引退しますが、今後もこの馬を見守って欲しいと思います」

2着 トゥザワールド(ビュイック騎手)
 「調教の感じが良かったですし、間隔があいてリフレッシュ出来ていました。今日は落ち着いていて、スタートこそ遅れましたが、好位からスムースに行けて、馬群でも怯むことなく伸びてくれました。素晴らしい馬です。中山より東京や京都の外回り、メイダンのようなコースが合っています。ドバイシーマクラシックに出走するなら、是非乗りたいです」

3着 ゴールドシップ(岩田騎手)
 「これだけの馬に乗せてもらって、結果が出せずに残念です。ゲートを出てくれたのですが、スタートから4コーナーにかけて遠慮してしまったのが悔やまれます。位置を取りに行けば良かったです。馬自身はやる気がありましたし、遠征の疲労もありませんでした」

4着 ジャスタウェイ(福永騎手)
 「改めてすごい馬だと思いました。ゴールドシップの後ろにいましたが、勝負どころで離されてしまいました。直線でエンジンが掛かったのですが、届きませんでした。この馬の競走生活に関われたことはこれからの財産になります。感謝しています」

5着 エピファネイア(川田騎手)
 「よく我慢してくれました。ペースも良かったですし、しっかり動けていたと思います。結果が伴わなかったことは申し訳ないです」

13着 ワンアンドオンリー(橋口弘次郎調教師)
 「トーセンラーの位置が欲しかったのですが、うまく行きませんでした。その後は見ていただいたとおりです。残念でした」
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

第59回有馬記念・・・この一頭

2014-12-28 12:49:45 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 年末年始の天候が心配になってきた。
 日本海側は、大荒れの予報が出ている。
 久々に孫たちが帰って来るけど、大雪にならないことを願っている。

 それに引き替え、昨日は風もなくて穏やかな天候であった。
 この気候が1週間遅れであったなら・・・。

 さて、競馬の話。
 このコーナーで土日の予想など、前日に検討したものを掲載している。
 いわゆる、勝負馬券ともいえるもの。
 これが思うようにいかないから、悩みのタネでもある。
 昨日の競馬、馬連を購入すると軸馬が3着以下。
 3連複なら軸馬が4着以下。

 これではどうにもならない。
 本日は如何なる結果となるであろう・・・か。

 中山競馬第10レースで行われる「有馬記念」。
 昨日と同様に良馬場であろう。
 中山巧者、特異なコース形態、スピードよりもスタミナ。
 コーナー6つの小回りで、器用さのある方がよりいい。
 ・・・と、言いながらも強い馬は、強いと思わざるを得まい。

 やはり、新趣向の枠番ドラフトの抽選で最後まで残った13番、14番、15番は一歩抜きんでていると思える。
 まともに走れば、これら3頭の三つ巴であろう。
 ・・・が、何という神の悪戯か、不利と言われる外枠に入ってしまった。

 これで、内のいいところに入った2014年のダービー馬、ワンアンドオンリーにもチャンスが生まれる。
 ちょっとした展開のアヤで、競馬は何が起こるか分からない。

 1週間のスポーツ紙の競馬欄、競馬中継に登場する競馬評論家諸氏のコメント。
 さらに、日本一の相馬眼を持つと呼ばれるマイネル軍団総帥岡田繁幸氏、昨日はBSイレブンに出演されていた。
 同氏や競馬評論家諸氏の意見も参考に、自らの考えも入れて狙いたい馬を決定・・・。

 1番手に・・・14番ゴールドシップ。(G1乗り替わりの岩田康誠騎手の勝率、ステイゴールド産駒)
 2番手に・・・3番ワンアンドオンリー。(中山コースを知り尽くしている鞍上、ハーツクライ産駒)
 3番手に・・・15番ジャスタウェイ。(世界一のレーティング、ハーツクライ産駒)
 4番手に・・・10番フェノーメノ。(タフな長距離に強い、ステイゴールド産駒)
 5番手に・・・13番エピファネイア。(前走が圧勝も、乗り替わりで引っかかることも)
 6番手以降に・・・4番ジェンティルドンナ6番トゥザワールド1番トーセンラー9番ウインバリアシオンなど。

 結論、ここ2年間7枠で1-0-1-0のゴールドシップ、今回2枠3番を選んだワンアンドオンリーの2頭が、3着を外さないと見た。
 これが1年の総決算である。
 ウマくいくといいけどね。

予想レース

 中山 11 R  3,14 ― 1,4,6,10,13,17   2頭軸3連複7点。(総流しもありかも・・

       あるいは、
         3,14 ⇒ 3,10,14,15  馬単6点。
                
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 [元気に到着の2014ダービー馬とか])

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

いい映画は、心に響く・・・

2014-12-27 22:26:55 | 日記
映画「リンカーン」・・・
 エイブラハム・リンカーン大統領というと、奴隷解放を行った信念の人。 有名な言葉、 「人民の、人民による、人民のための政治」 くらいしか思い浮かばない。 次の台詞は、劇...


 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 昨年の今ごろ見た映画「リンカーン」。

 「同じものと等しいものは
           互いに等しい」

 スティーブン・スピルバーグ監督作品であり、配役陣もいいからリアリティのある映画であった。
 
 今、米国では白人の警察官による黒人への過度な取り締まりが続き、人種差別かとも受け止められる事態が起きている。
 先進国である米国の恥部を垣間見ることができる。

 改めて、この映画の原点に立ち返るべきかと・・・。

 もっとも、人間のすることは、いつまで経っても。
 何年、何十年、何百年、何千年経っても少しも変わっていないように思われる。

 我が国を顧みても、似たようなことはいくらでもある。
 それが、人間というものかも知れない。

 いつもの話、池波小説の世界でも読みとれる。

 さて、明日は「有馬記念」。
 好きな馬から投票するかな。(夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第9回阪神カップ・・・この一頭

2014-12-27 13:25:15 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 有馬記念を翌日に控えた本日、阪神で開催される重賞レースに挑戦。
 その「第9回阪神カップ」には、追っかけ馬が3頭も出走する。
 それぞれが有力馬と思っており、3頭のワン・ツー・スリーとなればさらに楽しい。
 ・・・と、思っているが、競馬はそうそう甘くない。

 控える競馬はこの馬には合わないから、今回はハナを主張するとの6番ミッキーアイル、今週はBコースに変更だから、逃げ屋には絶好の馬場。
 ハナを叩くには、これまでと違っていい枠に入っており、鞍上がうまくリードするであろう。
 ところが、その3枠からの勝ち馬0頭、ここで初の勝ち馬がでるやも知れまい。
 もっとも、同型もいるからハイペースの予想となっている。
 “テン良し、なか良し、しまい良し”のミッキーアイルなら2走前のように辛抱できる。

 阪神コース4-1-0-0の10番ハクサンムーンも、スタート五分なら番手あたりからの競馬をすると思われる。
 時折り、出遅れることがあるのでちょっと不安がよぎるも、鞍上の戸崎圭太騎手も3走目となり手の内に入れているであろう。
 実績は夏場に集中も、じっくり乗り込んで仕上がっているとの陣営。
 ちょっと、人気も落ちており・・・狙い頃。

 昨年3着馬の16番クラレント、着差は0秒1の惜しい内容。
 前走は、プラス体重が響いたらしい。
 叩いた上積みは見込めるとの陣営。
 2-0-0-1の田辺裕信騎手が、気合を入れるであろう。

 ミキーアイルと同世代の14番ロサギガンティア、古馬との対戦にも慣れてきたとのこと。
 0秒4差7着、0秒1差4着、0秒1差2着と詰めてきている。
 今回も腕っ節の強い外国人のG.ブノワ騎手が騎乗し、中団から追走し最後の直線一気に迫るであろう。
 1F(ハロン)短縮のこの距離も合いそうとのこと。

 そのほか、大外に入った18番コパノリチャード、鞍上の武豊騎手がどのように騎乗するか。
 やはり、テンを叩きに一気に行くのであろうか。
 それでも、大外は厳しいから控える・・・かな

 前走が復調気配の走りとの3番ダイワマッジョーレ
 鞍上は、本日から短期免許で来日のM.デムーロ騎手の弟・C.デムーロ騎手、何かやりそうである。
 明日の有馬記念では、ラキシスに騎乗する。

 同じく外国人騎手が騎乗する8番リアルインパクト
 ミッキーアイルとのテン争いに加わるのか、2、3番手に控えるのか。
 控えると思って、投票したい。

 と、言ったところで、関東馬を2頭加えて勝負にでてみたい。

予想レース

 阪神 11 R  6,10 ― 6,10,14,16   馬連フォーメーション5点。

   もしくは  6,10 ⇒ 3,6,8,10,14,16,18 ⇒ 6,10,14,16     3連単フォーメーション30点。
                
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

今週の追っかけ馬(12月27日・28日)

2014-12-26 22:54:05 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 昨日、中央競馬史上初となる枠順ドラフト制が、有馬記念に適用されライブ中継されていた。
 抽選を待ち望んでいる美浦と栗東のトレーニングセンターの陣営。
 もっとも、美浦からはフェノーメノのただ1頭で寂しそうであった。

 さて、今年の競馬もあと2日。
 それでも、最後の1勝を積み重ねようとの陣営、騎手の駆け引きが随所に見られるであろう。

[土曜日の追っかけ馬]
阪神11R クラレント、ハクサンムーン、ミッキーアイルの3頭が出走予定。
 昨年の同レース0秒1差3着のクラレント。
 重賞レースを連勝で臨んだ前走のG1レース、終始大外を回り最後の直線懸命に追うも大きく敗退。 
 「前走はプラス体重もあった」、さらに今回は「たたいた上積みは見込める」との陣営。
 と、なると叩き2戦目で昨年並みのレースが見られないか。

 前走のハクサンムーン、まずまずのスタートから番手追走。
 良馬場発表も小雨混じりの脚を取られるような馬場だったのか、4コーナーから直線を向くと先頭に躍り出て、外の馬場のいいところを探しているような鞍上。
 残り100まで踏ん張るも、そこまでが精一杯の内容。

 今回はじっくり立て直し、得意の阪神コースに出走・・・4-1-0-0。
 東西リーディングジョッキーの鞍上、明日の有馬記念では枠順ドラフトで1番手に選出された女傑ジェンティルドンナに騎乗。
 二日連続のメインジャックも夢ではない。

 栗東坂路調教で一番時計を叩いたミッキーアイル。
 前走は、激しい先手争いに巻き込まれ、3歳馬には厳しい流れで敗退。
 1F(ハロン)短縮の距離は、前々走のスワンSを逃げきっており、巻き返しも大いに期待できる。
 前走は力んでいたが、番手はやはり合わないから、逃げたほうがいいので行きますとの鞍上・浜中俊騎手。
 今回は楽しみである。

[日曜日の追っかけ馬]
中山9R ティルナノーグが出走予定。
 前走の重賞では1番人気に支持されながら、終始後方のまま終わってしまった。
 今年は東西リーディング10傑に入っている武豊騎手。
 ここのところ、絶好調の天才騎手の騎乗ぶりが垣間見られる。
 最後の直線に坂のあるコースは、阪神で経験済み。

 中山競馬場におけるディープインパクト産駒の成績はよくないらしい。
 今年は使われていないことで、芝の痛みが少ないとか、ならば絶好調の鞍上がうまくリードする。

中山10R 3番ワンアンドオンリー、6番トゥザワールド
 ドラフト5巡目で引きあてられたワンアンドオンリー。
 4枠以降の偶数馬番を嫌って、先入れの奇数2枠3番に決めた橋口弘次郎師。
 希望の内枠を射止めたことで、脚をためて馬場を知り尽くした鞍上の好リードに期待。
 今年のダービー馬で、中山得意のハーツクライ産駒の一発も・・・。
 前走は初の古馬にもまれた。
 今回はその経験が生かされるであろう。

 ドラフト2巡目で引きあてた3枠6番トゥザワールド。
 池江泰寿師は、勝ち鞍も多く昨年のオルフェーヴルと同じ馬番を指名。
 同馬にとってこの距離は、ちょっと長いような気もするけど・・・。
 そこのところが、どう出るか。

 マイルから二千くらいがもっとも実力を発揮できると思うけどね。
 もっとも、これは素人判断。
 陣営と鞍上がうまくやってくれるであろう。(夫)

[今週の大橋厩舎]
  日曜日:阪神2R カネトシスキーム

 今週は、カネトシスキームに期待するかな・・・。


(出典:RA-VAN NEXT 抜粋 スワンSのミッキーアイル)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

嬉しいブログを・・・

2014-12-26 21:42:55 | 日記
文豪の味手帳~池波正太郎が愛した食の世界~
 一昨日夜、BS朝日午後7時から9時までの2時間、久しぶりに至福の時を味わった。 「人間は生まれた瞬間から、死へ向かって歩みはじめる。死ぬために、生きはじめる。 そして、生き...


[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 池波正太郎狂の一人とも思っている当方、昨年は願ってもいないテレビ番組を見入っていた。
 同先生の生き様がドキュメンタリー風に描かれていた番組。
 朝から心待ちにしていた。

 あれから1年が経っている。
 師走の声を聞きながら、この番組を見ていたことを想い出す。

 相も変わらず、池波小説を読み漁っており心の糧にしている。
 また、ブログなどを書く際の参考にしているが、先生のようなほとばしるような素敵な言葉は見つからない。

 それはともかく、池波先生の小説群の虜になっていることに満足、まんぞくの毎日である。
 これからも池波小説に浸り続けて行きたい。

 眉間にしわを寄せないで、眼尻にしわを寄せるよう生きたいものである。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

「有馬記念」枠順ドラフトで確定・・

2014-12-25 22:43:15 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 JRAのレースを締めくくる暮れの大一番「第59回有馬記念」の枠順が決まった。
 今年はJRA60周年と言うこともあって、初の枠順ドラフト制を採用。
 25日(木)12:00~12:55、フジテレビにて実況中継。
 美浦トレセンと栗東トレセン、それにフジテレビのスタジオを結んでいた。

 16頭の枠選択の順番を決める抽選が初の試みとして行われ、ヤンキース田中将大投手と松山康久元調教師の手によってくじが引かれた。

 スペシャルゲストの両名によって、抽選ポットからくじが引かれた。
 田中投手が最初に引きあてたのは、何とこのレース後に引退するジェンティルドンナ。
 会場やトレセンから歓声が・・・。
 鞍上の戸崎圭太騎手のガッツポーズも見える。
 石坂正調教師は2枠4番を指名し、最高の笑顔が見られた。

 2巡目に松山元調教師が、引き当てたのは当方の追っかけ馬の1頭トゥザワールド。
 池江泰寿調教師は、3枠6番を指名している。
 この馬番は、昨年のオルフェーヴルが勝った馬番。

 4巡目に松山元調教師が、トーセンラーを引き当てると、鞍上の武豊騎手は、すかさず1枠1番を指名。
 同騎手もニッコリで・・・秘策があるかのような雰囲気。
 ここのところ、絶好調の鞍上がちょっと怖いと思えた。

 5巡目に田中投手が、追っかけ馬の2頭目のワンアンドオンリーを引き当てた。
 内の偶数枠が埋まっており、橋口弘次郎調教師は2枠3番を指名。

 次々と抽選が進む。
 6枠まで埋まってしまった段階で、有力各馬が呼ばれていない。
 ジャスタウェイ、ゴールドシップ、エピファネイアたち。

 何と13巡目に田中投手が、やっと引き当てたのがゴールドシップ。
 鞍上の岩田康誠騎手は、苦笑いで席を離れ7枠14番を指名。
 出たとこ勝負との鞍上。
 ちなみに昨年の3着時が7枠14番、一昨年の1着時には7枠13番であった。
 同馬にとって、7枠はラッキー枠順かも知れない。

 14巡目に松山元調教師がエピファネイアを引き当て、鞍上の川田将雅騎手が7枠13番を指名。

 残された8枠には、15巡目にジャスタウェイが引き当てられ、福永祐一騎手が苦笑しながら8枠15番を指名。
 最後にステイゴールド産駒のオーシャンブルーが引き当てられた。

 JRAの競馬史上初の枠順ドラフト制は、マスコミ陣も詰めかけて盛大に行われた様子が実況されていた。
 いいところを選択できた陣営。
 残りくじで引き当てられた陣営。
 いかなるレース展開になるであろう・・か。

 28日(日)15:25スタートで、中山競馬場で開催される。

 日曜日までの中山競馬場付近は、天候も崩れそうにないとの予報。
 暮れの大一番、馬場もよさそうなので、小回りでも女傑のディープインパクトの仔・4番ジェンティルドンナが有終の美を飾ることも・・・。

 3頭の有力どころが、大外に入っており、大荒れの一番になるかも知れない。
 中山得意のラッキー枠の14番ゴールドシップは、主軸から外せないと思える。
 最終追いも良かった。

 残り4日間、検討する時間もタップリある。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 現時点の予想)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

映画「ツーリスト」・・・面白い

2014-12-25 19:08:19 | レビュー
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 ちょっと古いが、4年前に制作されたフランス映画のリメイク版の米国映画「ツーリスト」が思わず良かった。
 もっとも、ネット検索の結果リメイク版と分かった。

 レンタルショップでいろいろと見ていたら、主演の2人が良くて思わず手にした。
 ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーだから、きっといい筋立てであろう・・・と。

 列車の中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられたアメリカ人の数学教師・フランク(ジョニー・デップ)。
 フランクは、イタリア旅行のため列車に乗っていた。
 その美女の誘惑につられて、ベニスの超高級ホテルに滞在。
 すると、翌朝思わぬ事態に遭遇。

 美女エリーズの彼氏の“アンドレア・ピアース(正体不明)”は、マフィアのボス“ショー”(スティーヴン・バーコフ)の大金を盗んで行方を晦ましている。
 エリーズと行動を共にしたフランクは、ピアースと間違われてマフィアから追われるハメになった。

 一方、ピアースを追っているロンドン警察とイタリア国際警察は、エリーズを懸命にマークしピアースとの接触を待っている。
 なお、警察の方はフランクをアメリカの数学教師と把握しているから、干渉するつもりはないが、捜査の邪魔になることもあって・・・。

 ちなみにジョーンズ主任警部役で007をやったことのあるティモシー・ダルトンが、いいところで出演しており懐かしくなって見入った。
 出番は少ないが、元気な姿が見られる。

 ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの豪華顔合わせで、ラブ・ミステリーは大いに盛り上がる。
 このタイトル、映画の最後になって納得できる。
 ちょっと、コメディータッチな場面もあるが、ハラハラ・ドキドキもたくさんあって実に面白く・・・あっと言う間の103分。

 最後は思わぬ展開が待っている。(咲・夫)


(出典:Yahoo!映画 抜粋)

[追 記1]~解 説~
 ハリウッドを代表するトップスター、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーの初共演が実現したロマンチック・ミステリー。イタリアを訪れたアメリカ人旅行者が、謎の美女に翻弄(ほんろう)され、知らないうちに巨大な事件と陰謀に巻き込まれていく。監督は、『善き人のためのソナタ』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。共演はポール・ベタニー。撮影地であるベニスやパリの美しい映像や大胆なラブシーンも見ものだ。

[追記2]~あらすじ~
 傷心を癒やすためイタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる。魅力あふれるエリーズに誘われるがまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、それはすべて仕組まれたわなだった・・・。
(出典:Yahoo!映画 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

2014グラウンド・ゴルフと有馬記念・・

2014-12-24 22:20:30 | 日記
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 まずは・・・気になる競馬の話。
 中央競馬も残り2日間、最終日には総決算となる「有馬記念」。
 狙いたい馬たちは、いろいろあり悩みのタネでもある。

 中山コースに強いステイゴールド産駒とハーツクライ産駒を狙いたいと思っている。
 ただ、世相を投影する思わぬ展開にも・・・。
 あるいは、悔いのないように平素から応援している騎手とか、馬を選ぶべきか。
 答えは一つでも、その答えを導き出す方法はいく通りもある。

 どうやら、ゴールドシップの仕上がりがいいらしい。
 今回の鞍上は岩田康誠騎手、乗り替わった際のG1レースの勝率が高い。
 馬場が渋れば、これかも知れない。

 昨年天皇賞などでお世話になったジャスタウェイ、距離が持つか否かであるが、雰囲気は最高とのこと。
 内のいいところをドラフトで引き当ててほしい。

 2014JC馬のシンボリクリスエス産駒のエピファネイア、鞍上がプレッシャーに打ち克つなら・・・年度代表馬になるであろう。
 追っかけの3歳馬・ワンアンドオンリーにも1票を投じたい。

 ハーツクライ産駒のウインバリアシオンとフェイムゲームにも触手が動く。
 いずれにしても、本日の調教が楽しみ。

 ところで、昨日は久しぶりに日差しもあって、前日よりかなり暖かい。
 それでも、冬至が終わったばかりで夕暮れも早い。
 本年最後のグランド・ゴルフに向かうこととした。

 家内も干支のパッチワーク作りで疲れ気味とか。
 気分転換には、外出が一番とあって、クラブを車に積み込んだ。
 いつもの競馬でいえば“ダートコース”のグランド・ゴルフ場に到着。

 すると、駐車場には車が一杯。
 「大会ですか」と、聞くと大会ではなくてグループで来ているとのこと。
 早速、プレー料を支払って、本年最後となるグランド・ゴルフに挑戦。
 競馬用語なら「稍重」のダートコース。

 ほぼ、1ヶ月ぶりにクラブを握った。
 それでも、プレーをするうちに感覚が戻ってきた。
 1ラウンドは、当方が2打差で勝利。
 2ラウンド目は、山岳コースで家内に3打及ばず・・。

 3ラウンド目は、1打差で当方が勝利・・・。
 手が冷めたいからと、はじめてグローブを使っておりイマイチ感覚がつかめないとの家内の弁。

 最終ラウンドに思わぬことが起きた。
 当方、最終ラウンドの苦手な山岳コースの15Mにて、それぞれ2度もホールインワンを達成。
 その時の打数は、14打であった。
 この日の家内はプレーする人も多く、待ち時間もあって集中力に欠けていたらしく・・ガックリ。

 ところで、これまでは16打がもっともいい打数であったが、14打は初めてのことである。
 もっとも、上手い人ならホールインワンを2度すれば、10打前後であろうけどね。

 それでも、5月下旬から本格的にはじめたグラウンド・ゴルフ、本年最後のラウンドを14打で上がったので・・・。
 “終わりよければすべてよし”

 この集中力を土日に持ち越して、競馬の方も“終わりよければすべてよし”と、こうありたいもの。(夫)


(出典:生涯スポーツ応援団 公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント

満足・・・軍師官兵衛

2014-12-23 23:08:32 | レビュー
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 この1年間、NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」を最後まで見届けた。
 その主役官兵衛・如水を最後までキッチリと演じた岡田准一さん、大変おつかれさまでした。
 ・・・と、拍手を送りたい。

 播磨の小豪族の家に生まれた官兵衛。
 戦国のうねりの渦中にあって、天性の知略と強い心を堅持した官兵衛が、大きく成長し天下を動かす軍略家となるまでの生涯が描かれていた。

 秀吉の軍師となるまでには、謀略の渦の中「黒田」の家の生き残りをかけた幾多の困難もあった。
 時には、得意の調略で敵方を翻弄し、味方に引き込むなど徐々に軍略家としての生きるすべを体得。

 いつ、味方と思う者が寝返りをするか分からない時代。
 よほどの胆力と気力がないと生きていけない時代でもある。

 日本の歴史の中でも、もっとも過酷な時代とも思われる。
 そこに投げ込まれた人々は、生死がもっとも身近にある時代ゆえに、誰について行くべきか、誰が信頼できるか迷いに迷ったと思われる。

 戦国乱世にあって、天下は織田信長から豊臣秀吉へ、そして天下泰平を成した徳川家康へと受け継がれ、長い戦国時代の終焉を迎えた。
 この時代、官兵衛が生き残るために次々と決断を下し、厳しい戦国時代を生き残ったことは稀代の軍略家なればこそであろう。

 官兵衛を演じきった岡田准一さん、その演技も“本能寺の変”以降にタイトル名の「軍師 官兵衛」そのものになり切っていた。
 これ以降、軍略家としての生き様が視聴者をくぎ付けし続けたと思われる。

 眼による演技が印象的であった。
 鋭く将来を見極める英知、それを眼で演技しているから視聴者を唸らせていた。
 家内共々、岡田准一さんの演技力アップに絶賛。

 ちなみにここのところ読んでいる池波小説「戦国幻想曲」、本能寺前夜から関ケ原、徳川幕藩体制確立までが舞台となっている。
 その小説の主人公は、「槍の勘兵衛」と異名をとる渡辺勘兵衛。

 「織田から徳川に至る激動戦乱の世を、槍一本で豪胆颯爽に生きた男の一代記」と、記してある。

 「軍師 官兵衛」を見ながら、この「槍の勘兵衛」が描かれた池波小説を読みつつ、戦国時代を瞑想している。

 ところで、来年の大河ドラマが正月明けからスタートするが、その一年後にはじまる真田物の方がさらに楽しみである。
 時代劇が放送されることに感謝している古い人間の一人である。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)

第66回フューチュリティS・・・反省

2014-12-22 22:24:11 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 昨日の阪神競馬、前日の不良馬場から重馬場に回復してスタートしていた。
 ところが、メインの「阪神FS」の頃には、稍重になっていた。
 それでも、スタミナのいる馬場に変わりない。

 オルフェーヴルの全弟・アッシュゴールドなら、難なく克服するものと思って期待していた。
 パドックでも気合が入っており、これはいい・・・と、見ていた。

 返し馬の時間帯となった。
 すると、カッカ、カッカするように頭を上げて、口を割って鞍上と喧嘩するような仕草で返し馬に移っていた。
 オルフェーヴルもこのようなところがあったから、仕方ないのか・・・な、と思っていた。

 それにしても、いつまでも口を割っているから・・・ちょっと、不安にもなった。
 輪乗りの頃の映像は、落ち着いている。

 レースがスタート。
 アッシュゴールドもまずまずのスタートをきった。
 2馬身くらい離れた後方から追走している。
 3コーナー手前。
 勝ち馬のダノンプラチアムが、押し上げて馬群のなかに突っ込んでいる。
 その直後にいるアッシュゴールドはまだ動かない。

 3コーナー中間から4コーナー。
 アッシュゴールドが、大外から押し上げて中団まで上がってきた。

 阪神の外回りのコース。
 馬群が横に広がって直線へ向いた。
 外に出したダノンプラチアムが、ブライトエンブレムと馬体を併せて上がってきた。

 アッシュゴールドも懸命に追い出している。
 ちょっとヨレながら、鞍上が懸命に追っている。
 馬場が、馬場なので思うように伸びないのか・・・それでも、2位タイの35秒5の末脚。
 結局、0秒6差8着でG1レースへの挑戦が終わった。
 全兄・オルフェーヴルも本格化は、年明けの春のスプリングSからであった。
 アッシュゴールドも3歳になってから、本格化するものと・・・思いたい。

 レースの方は、ただ1頭のディープインパクト産駒のダノンプラチアム(1番人気)が快勝。
 鞍上は阪神JFでもディープ産駒のショウナンアデラで大外一気に決めた蛯名正義騎手。
 柳の木の下に・・・。
 それは、ないであろうと思っていた当方も完敗。
 恐るべしは、ディープ産駒。

 2着には、馬群をうまく捌いたデイリー杯2歳S4着のアルマワイオリが突っ込んだ。
 人気のクラリティスカイは、惜敗の3着であった。

 実に惜しいレースをしたのは、インで出遅れたネオルミエール。
 最後の直線、馬群を捌いてアッシュゴールドと同タイムの35秒5の末脚で0秒4差4着に入線。
 前走もゴチャつく馬群をかき分けるように上がって、2着に入線しており・・・今後も要注意の良馬である。

 次週はいよいよ、本年最後のG1レース「有馬記念」。
 超豪華メンバーが揃っており、最高のレースが見られるであろう。
 今週のスポーツ紙も、丹念に見ておきたい。(夫)

[追 記]~若さがでた~
 3冠馬オルフェーヴルの弟アッシュゴールド(牡、池江)は、若さが空回りして8着に敗れた。「この馬は難しい」。偉大な兄たちを知る池添騎手は、首をかしげながら引き揚げてきた。
 返し馬から力み、発走直前のゲート裏でも小走りになってたてがみを振り乱していた。「無駄に体力を使ってしまった。気性がまだ若い」と悔やんだ。
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

第66回フューチュリティS・・・この一頭

2014-12-21 12:26:50 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 阪神競馬に変更となった2歳牡馬王者決定戦。
 馬場の方は、昨日の段階で芝コースも不良馬場。
 本日のメインレースの頃までに、どこまで回復するであろうか。
 重か稍重まで回復するとしても、力のいる馬場と思われる。

 このレースも、ディープインパクト産駒がめっぽう強いが、阪神JF同様に偶然ながら、同馬の産駒はただ1頭のみ。
 しかも、鞍上はショウナンアデラと同じ蛯名正義騎手が騎乗。
 柳の木の下に・・・とのこともあって、2番ダノンプラチナムも前日売で1番人気に支持されていた。

 馬場の悪化と重賞経験のない抽選組の同馬にとっては、ちょっと荷が重いものと思える。
 狙いを下げたい。

 これまでの同レースは、波乱傾向にある。
 一方、阪神に替わって広い外回りなら、実力馬が勝ち上がると思える。
 ところが、馬場の悪化でスタミナも要求されるから・・・波乱か、どうか。

 人気も手ごろな超良血の9番アッシュゴールドの出番となれば、嬉しいけどね。
 全兄オルフェーヴルは、重賞4戦目から快進撃。
 その上の全兄ドリームジャーニーは、このレースを制している。

 今回のアッシュゴールド、最終追いでは同時期のオルフェーヴルと違って、坂路をヨレることもなく上がっているとか。
 こうなると、渋った力を要する馬場でも・・・難なく、楽勝するかも知れない。

 相手には、前走のレースをレコードで上がった14番クラリティスカイを上げる。
 クロフネ産駒でもあり、時計を要する渋った馬場もこなすものと思われる。
 また、鞍上もタガノエスプレッソよりも、クラリティスカイを選んだところに魅かれる。
 もっとも、前々走で騎乗してはいるけど・・・。
 馬込みでの競馬を経験したことがないので、外めの枠で良かったとの陣営。

 前走の札幌2歳Sを完勝の16番ブライトエンブレム、その時の3着馬のレッツゴードンキは先週の阪神JF2着馬。
 ネオユニヴァース産駒なら、重い馬場でも問題はないであろう。
 最後の直線で、大外から伸びて「アッシュゴールド」、「クラリティスカイ」らとの三つ巴も・・・ありか。

 そのほか、前走位置取りが悪くなって後手を踏んだ8番ナヴィオン
 伸びシロもあるから、鞍上が巻き返しを狙って乗ってくるであろう。

 前走は馬群の狭いところを割って、渋太く伸びてきた1番ネオルミエール
 この勝負根性は、気持ちもいいものである。
 また、ブライトエンブレムと同じくネオユニヴァース産駒。

 伏兵として重上手の3番コスモナインボールを上げておきたい。
 人気もないから、鞍上が気楽に乗ると面白いと思う。


予想レース

 阪神 11 R  9,14,16  及び  9 - 1,3,8     馬単ボックス6点及び馬連流し3点。

     3連単なら・・・。

         9,14 ⇒ 1,2,3,8,14,16 ⇒ 1,9,14,16   フォーメーション30点。

  結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)

最後伸びて2着・・・ミキノトロンボーン

2014-12-20 23:02:00 | スポーツ
 
[ポチッとお願いします] 
人気ブログランキングへ

 20日(土)、雨中を突いて早めにウインズに出撃。
 この日は、応援している厩舎と冠名ミキノの馬の新馬戦。
 中京5レースに出走予定の6番ミキノトロンボーン(牡2 大橋)、フサイチコンコルド産駒でもあり・・ちょっと期待していた。
 ところが、人気の方は、案外のブービー人気。
 9頭出走中の8番人気。

 今月初めのこと、昇級戦で11番人気ながら、際どい2着であったミキノグランプリ・・・21日(日)阪神7R出走予定
 そのようなこともあって、ここでもトロンボーンが好走すればと投票。
 PATの方では、馬単ボックス馬券を少額購入。

 ウインズの大画面でその走りも見たくて、普段より早く出向いたものである。
 レースがはじまった。
 まずまずのスタートも口を割って鞍上としっくりいっていないのか、中団から追走も後方2番手まで下がっている。
 鞍上が気合を入れながら追走。

 4コーナーから直線、鞍上の岩崎翼騎手が懸命に押している。
 残り200を切ると、1頭抜けた単勝1.6倍の9番マウントハレアカラが、圧勝の逃げ切り態勢。
 ミキノトロンボーンの鞍上が、左ムチを入れると、最後の直線大外からグイグイと伸びてきた。
 思わず声も出る。
 ゴール前、2番手集団に取りついて、ゴール前グイ~ッと伸びたように見えた。
 キター


(馬連:6番、9番)

 早く来た甲斐があったのか、中京7Rの3連単を8点、阪神7Rの馬単を3点でそれぞれ的中だから調子も上がってきた。

 その後、鳴かず飛ばずのレース観戦。 
 いよいよ、ブログ掲載の「愛知杯」が迫ってきた。
 稍重スタートの中京も、雨のためメインの愛知杯の頃、ついに重馬場にまでなっていた。

 メインレースの重馬場を確認後、ウインズにて改めて検討。
 パドックも参考にしながら、ブログ掲載の馬単フォーメーションを購入することに決めた。
 ただ、重の上手、下手もあるから・・・。
 軸の2頭のフーラブライドとディアデラマドレは、父からも力のいる渋った馬場はいいだろうと思っていた。
 一方、ディープ産駒は厳しいと思い、キャトルフィーユの投資額を削った。

 さらに3連単フォーメンションにも色気が出てきた。
 ブログ掲載分の各馬に重の上手そうな16番と17番も入れた。
 3着候補には、軸の12番、13番、それに追っかけの14番。
 当初予定の2番を切って、17番を入れたところ・・・これがハマった。

 残り200をきって、13番ディアデラマドレが馬群を割ってグイグイ伸びてきて、先に抜け出した2番キャトルフィーユを交わしてゴールイン。
 2着には重がどうかと懸念の2番キャトルフィーユが粘り込んだ。

 そして、後方待機の人気ウスの17番スイートサルサが、大外から一気に伸びてきた。
 インのシャトーブランシュを交わして、3着に上がったから・・・。
 思わず、ヨッシャー。

 イチオシのフーラブライトも大外に出して、ジリジリと伸びてきていたが、0秒4差6着でゴールイン。

 本日は、午後から6レース的中で・・・グッド。
 次週の有馬記念の資金もできた。
 残り、3日間の今年の競馬、終わりよければすべてよし・・・を、目指したい。(夫)


(愛知杯・・・13番、2番、17番)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント