足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

米連銀は利下げ打ち止めに入る

2019-10-30 17:28:49 | 投資戦略
米連銀が利下げに踏み切る。
金融緩和政策にはいってから3回目で、先行きは一服の姿勢をとるが、来年末までには複数回の利下げを断行すると見る向きも多い。
失業率が極めて低い段階での行動である。景気の動向の先行きは警戒的で今回の利下げで打ち止めになるとみる向きは少ない。来年末までに金利水準は複数回の利下げが行われ低金利時代にはいる。現在の株価水準は高値近辺にあるだけに相場の動向をみれば利下げは異例である。投資家の間では「連銀の動向は読み難くなってきた」という声が聞かれる。
金利の先物相場では、これまで利下げを催促してきたが、今回の利下げは景気展開に合わせて行われるだけに、金融政策は休養の時期にはいる。
連銀は「当面は手元の政策は出尽くした」という確信を持ち、しばらくは様子見の態度をとる。
市場の目先の関心事は企業業績の展開に集中する。
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週は材料が豊富・・・NY株 | トップ | NY市場の強気筋が持ちこたえ... »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事