足立 真一のTriton Blog

株式投資の実践、グローバルな視点での投資戦略。
銘柄選択は、成長株、中・小型株、新興市場株にバイアスを置く。

電気自動車テスラ

2020-03-22 17:50:07 | 投資戦略
電気自動車で躍進する新進自動車会社のテスラ(TSLA)はコロナウィルス問題で売上が一時は停滞したが、需要も復調し、2月には増資に踏み切り市場から20億ドルを調達した。
大株主のエンロン・マスク&Coが$767で新株発行に応じた。
調達した資金は2022年までの設備投資に投じる。投資のタイミングは見事で調達した資金は製品の販売の運転資金に充当する。
中国市場が好調で電気自動車の3分1のシエアを獲得、2月には4,000台の販売を達成した。
コロナウィルス問題の発生で世界の自動車市場も停滞しているが、同社は新ビジネスを先ず中国市場で浸透する作戦を打ち出し、苦戦してきた中国市場に成長の弾みが出てきた。計画通りの拡張トレンドに弾みがつき、最近の販売動向の好調なことに成長の手ごたえを感じている。
エンロン・マスクは今後の成長路線の拡張に自信をつかみ、コロナウィルス問題は一過性の問題で終わるとみて、成長路線の達成に資源を投入、いまのころ初戦では計画通りの業績の達成に自信を感じ始めた。
コロナ問題で世界の株価が暴落したが、その影響を受けてテスラ株も大幅安になった。
株式公開いらい始めての試練である。
長期投資には買い場を提供しているとみる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 先行きの見方が「本格調整」... | トップ | コロナウィルスとの戦い »

コメントを投稿

投資戦略」カテゴリの最新記事