goo

今日のドライブ 茅野市公園→ビーナスライン沿い



今朝、今年初めて庭の「シモバシラ」に華が付いた。



で、前回、アップした「シモバシラの華」が出来ているかもと、公園を再訪。
出来てはいましたが、小さい。どれも5cmあるかないか。
前回は紅葉の落ち葉が白い「シモバシラの華」を飾っていましたが、今回は回りの落ち葉もすっかり茶色。



ミズバショウの新芽でしょうか?



代わりに,霜柱が沢山出ていました。



こちらも、なかなか面白い被写体。



つけまつげ。



ビーナスラインを霧ヶ峰まで回って帰宅。

スキー場では,スノーマシンがフル稼働。



望遠レンズを持っていないので、大きな鳥も小さく写るだけですが「ノスリ」



ようやく、空が青くなり始めて、南アルプスがきれいに見えました。
晴の予報でしたが、空はいままで曇り空。



途中の蓼科山を望む小さな鳥居には、いつの間にか、お賽銭が置かれています。
設置財産区の次回「御柱貯金」でしょうか?






コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

「霜の華」 発見



茅野市の公園で、



「霜の華」発見。



小さいが、結構、群生している。



庭にも植えてあるが、標高900では、まだ、「霜の華」は付かない。



時々、来てみよう。



苦手な、冷え込んむ朝に。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日9時45分、部落からの景観



雲一つ無い空。

東側
「蓼科山」



「八ヶ岳」



南側
「甲斐駒ヶ岳」
この左には、富士山も見えていました。



北側
霧ヶ峰への、登り口。部落の紅葉も、そろそろ終わります。




10月30日、蓼科湖にて。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

野辺山からの帰りの寄り道



往きは、清里の清泉寮に寄り、ソフトクリームで一休み。おいしい!
この日は、ここで1泊しようと、前に予約申し込みをしたのですが満室でした。



その後、この日の目的地、野辺山へ。



ここでのイベントで、国立天文台野辺山見学と星のワークショップに参加が目的です。
1年に一度、この天文台が夜間開放され、星を写せる日があります。
申し込みが殺到し抽選になるそうですが、今年は残念ながら雨で中止になり、当選された方々が、ガッカリしてFacebookにアップしていました。



曇ったり、天の川が少しは見られたりという星空でした。山は、八ヶ岳。



翌日は、松原湖に寄り、



紅葉を眺め、白駒池回りで、帰ることになりました。



途中、いつもの茅野市からの八ヶ岳とは、全然違う様相の八ヶ岳を見ることが出来ました。



登ったときはいつもガスの中だった硫黄岳の爆裂口が、大きく口を開いています。中央右の黒い部分。



落葉松の葉が、輝いています。



紅葉の終わった白駒池では、フィッシュアイで写したり、



ブリーチバイパスで写したりと遊んできました。





秋を満喫。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

今日の部落からの夕景



お隣が「蓼科山が綺麗」と、カメラを持ち出したので、私もまねして写しに出ましたが・・・。



夕焼けには、なりませんでした。


甲斐駒ヶ岳。



かろうじて、富士山も・・・。



八ヶ岳。



夕焼けはここだけ。



庭では、2度目の「フクロマンテマ」



家の中では、シンビジューム「あんみつ姫」が、咲き始めました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

奥蓼科 王滝



昨日、久し振りで、奥蓼科の王滝に行ってみた。



駐車場には、いつの間にか展望デッキが出来ていて、大勢の人がくつろいでいた。
歩いて旅する会のMさんに似た方がアルピコのバスのステップに足をかけていたが・・・。

展望台からの眺望。



王滝へ。









最近、病葉を写し始めている。



そのうち、組み写真にしたい。



今日は、ここだけが夕焼け雲。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

東京都庭園美術館



次回写真展の候補作品として、以前、クラブに東京都庭園美術館の内部を写した写真を持って行った。
その時の講師のアドバイスで、外側を写しに行くことにした。
だが、ここの美術館は、私には外から見た感じは、あまり感動がない。
今回で外側撮影2度目ですが、さて、どうしたものでしょう。
フイッシュアイで写したり、ブリーチバイパスを用いたり、でも、なんかなぁ・・・。

庭から。






塀のアクセント。



日本庭園。






玄関横。



庭。



このガラスがお気に入りですが、前回写した右からだと、ガラスが割れていました。



今回は左から写したり、いろんな角度から再挑戦。
これは、ガイド板が、映り込んでしまいました。で、ボツ。



前回写した庭からの写真には、左の方に私が映り込んでしまいました。
またまた、ボツ。写真は、難しい。



夕焼けになるかと、閉館時間ぎりぎりまで粘りましたが、夕焼けにはなりませんでした。
また、リベンジかな。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ある日の訪問者


昨晩は、オリオン座の流れ星を見たいと2時まで頑張りましたが見ることは出来ませんでした。
標高900mでは、今朝、霜が降りたとのこと。
そんな日に、庭に来た訪問者です。



ハナムグリに、とまっているのはチョウでしょうか?ガでしょうか?



秋の蝶




テングチョウ



キタテハ



ヤマトシジミ



ベニシジミ



ヒョウモンチョウ



優雅に舞うアサギマダラ



昆虫たちがいなくなった夜には、とんでもない訪問者が現れたようです。
いただいた冬菜の種を蒔くのに、藁を入れその上にぬかを播いて土をかぶせました。
双葉が出てきたと喜んでいたら、ぬかの臭いが強いのでしょうか、すっかり掘られてしまいました。
いたずらしたのは、誰?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

車山で星空撮影


衣替えの10月1日。
昼間お天気が良かったので、久し振りに夕焼けになるかと車山へ行ってみた。




ゲエロッパラでは、草紅葉が始っている。



ススキが綺麗に、見頃を迎えている。



生憎、夕焼けにはならないし、風が強く、ススキの穂はぶれぶれ(この写真は、シャッター速度を遅くしてぶれを大きく写したものではありますが)。



星を撮って、帰ろうということになりました。
左の方に、流れ星2つ。



星を撮るときは、他の方の撮影の邪魔にならないように、小さなペンライトの明かりをつけるのにも、すごく気をつかいます。
いきなり、車のライトを付けて走り出ていく車がいます。
写している人の写真は、ライトの明かりで、こんなになってしまいます。



何はともあれ、天の川も見ることが出来ましたし、この日は、久し振りで星を写せました。
左下の横線は、飛行機の軌跡。



帰宅後、写した星の名前を調べます。
国立天文台のホームページに、「長野県の今日の星」と入れると、このように主な星の名が出てきます。
天の川を表示するようにすると、その左は?右は?と名前が判ります。



2日後、今度は星を撮る予定で夕飯後に車山に行きました。
ところが、下では、星が見えていたのに、山に着いたら雲に隠れてしまいました。

一周して帰ろうということになり、白樺湖の上に来たら、なかなか良い夜景です。
次はこの夜景と撮ろうと、初めてのソフトフィルターの練習。
ソフトフイルターを付けて写すと、明るい星の光をぼかすので大きく写り、今回の写真のようにどこにどんな星があるかわかりにくいということ無く、識別しやすくなるようです。
この夏は、星の出る日が少なかった。
秋になったが、次は、何時、星を写せるのだろう。




コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

歩いて旅する会 甲州道中ウォーキング 11


今日は、朝から雨が降っている。
なんとか曇り空でもってくれた20日に、歩いて旅する会のメンバーと甲州街道を歩いてきた。



今回は、勝沼宿から石和温泉まで右も左もブドウ棚の中を歩く。



おみごと。一つの棚に、何種類も、這わせてある。




沿道のその他の植物。




バラのオープンガーデンが、似合いそうな素敵な門。



11時15分、日川郵便局通過。




空き家になると、たちまち草が・・・。草の勢いで、アルミサッシが、外れています。




ブドウ畑も放置されると、こんなになってしまいます。
草に覆われていない左のほうには、巨峰がたわわにぶら下がっていますが、通りがかりにいただけば、やはり、ブドウ泥棒になるのでしょうね。
もったいない!



笛吹川



甲州桃太郎街道。沿道のぶどう園で、トイレ休憩をかねてブドウ購入。



往きの車中では、メンバー自家製の立派な「シャインマスカット」も廻ってきた。
我が家には、高価すぎる「シャインマスカット」。
今まで買うことも出来ず、初めて口にしましたが、やはり、おいしい!
ごちそうさまでした。

こちらも、メンバー自家製で、我が家のお気に入り。
先日、呑兵衛さんに差し上げたら、とても喜ばれた。



この成分表を見ていて、「黄麹」って何?と、検索しました。(←クリック)
よく、お勉強している研究熱心さんです。

最後は「かんぽの宿 石和」に入浴して帰路に。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ