南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

ウマノオバチ メス

2016-05-25 15:41:54 | ハチ

ウマノオバチのメスを過去に何回か撮影していたのだが、なかなか良い写真をじっくりと撮ることができなかった。

ところが、先日八王子西部で、伐採木が積んであるところでカミキリを探していたら、ウマノオバチが目の前の飛んできてとまった。

 

 

いないかと探している時は、なかなか出会えないのだが、目の前に向こうから飛んでくるとは・・・

やはり、産卵管の長さには驚き、なんでこれほどの長さが必要なのかと思う。

歩き回っていたのだが、やがて一つの穴に興味があるようで入っていった。

 

 

なかなか出てこなかったのだが、やがて出てきた。

 

 

入ってから、4分30秒後だった。

別に測定していたわけではないのだが、出てくるのを待って撮影したので、撮影時刻からわかった。

シロスジカミキリの幼虫でも探していたのか?

やがてさらに少し歩いて止まった。

 

 

この状態で30秒位ほどじっとしていたが、この時産卵していたのだろうか。

その後少し歩いて休憩。

 

 

横から見ると腹の白い部分が膨らんでいるので、まだまだ産卵したいのだろうか。

顔の部分も近寄って撮影してみた。

 

 

なかなかかわいい顔をしている。

今回は飛翔が撮れなかったが、まあ偶然目の前に来てこれだけいろいろと撮れたので、満足である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フチグロヤツボシカミキリ

2016-05-23 18:48:05 | カミキリムシ

先日、Mさんとフチグロヤツボシカミキリを求めて八王子西部に行った。

しかし、見事に空振りだった。

ところがなんとその数日後、Mさんは南大沢近辺でフチグロヤツボシカミキリを見つけてしまった。

さらに、次の日も複数個体を。

まさか、このあたりにいるとは思っていなかったのだが・・・・

そこで、さっそく出かけてみたものの、私にはどうしても見つけられない。

今日も、じろじろとホウノキの大きな葉の上をかなり探したが見つけられないので、Mさんにメールしてみた。

すると、今日もいたという。

この辺というところを見ると、いた。

 

 

やや遠いので、300mmで撮影。

やがて、太陽の光が当たって、スポットライトのようになった。

 

 

最大に近づいて撮ったものをトリミングしてみた。

 

 

素晴らしい色だ。

でも、後ろ姿ばかりなので、枝を引いてマクロレンズで撮影した。

 

 

真上からフラッシュ撮影したところ、あの青緑の色ではなく黄色みが入ってしまった。

横からも撮ってみたが、少しピントが悪かった。

 

この後ポロリと落ちてしまった。

残念。

しかし、数年前からずっと探していて見つけてしまったMさんに感謝です。

まだまだ、見つけられていないカミキリやゾウムシはたくさんいそうだ。

まあ、ゆっくり探しましょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アカシジミ

2016-05-21 18:48:21 | チョウ

長池公園でアカシジミが出始めた。

自然館前のヤマボウシの花にいくつも来ていて、目の前でゆったりと翅をすり合わせながら吸蜜中である。

 

ヤマボウシの花でのアカシジミは撮影したことがあったかな。

なかなかいい感じ。

 

 

マクロレンズでかなり近寄っても平気である。

 

 

葉の上で休憩中のもいる。

 

 

これから、次々とゼフィルスが出てくることだろう。

楽しみだ。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ヨツボシヒラタシデムシ

2016-05-20 20:43:39 | その他の甲虫

 

シデムシというのは黒いものだと思っていたが、こんな色彩のがいるとは知らなかった。

 

 

Mさんが、近所の公園で見たことがない虫を見つけたというのを白バックで撮影してみた。

15mmほどの大きさで、シデムシのようだが、こんな色のがいるのかなと思ったが、ヨツボシヒラタシデムシだった。

樹上でも見られて、幼虫を食べるということなので、公園の樹の幹に放して撮影した。

 

今までシデムシなどは撮影を遠慮していたが、こんなのもいるのだと改めて驚いた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニカミキリ?

2016-05-18 19:13:24 | カミキリムシ

5月も半ばとなり、カミキリムシも活発に動き始めた。

1週間ほど前の晴天の日、長池公園のガマズミでは何種もカミキリが見られたが、ベニカミキリはてっぺんの方で飛び回っていた。

 

 

なかなか近くに降りてはこない。

 

 

ベニカミキリそっくりで前胸部が黒いムモンベニカミキリを見つけに、少し離れている別の公園に行ってみた。

ここでも、陽があたっている高い遠いところにベニカミキリがいた。

その中に、前胸部が黒く見えるのがいた。

 

 

これは前胸部が黒い。

ムモンベニカミキリだ。

もう少し見やすい位置で撮ったのを帰宅後拡大してみると、前胸部が赤く側縁はとがった部分もある。

 

 

ムモンベニカミキリは前胸部側縁には棘状突起がないはずだが。

「ベニカミキリは前胸背板の黒色斑紋に個体変異が大きく、全体が黒色となる個体もある。」と書いてあるサイトを見つけた。

どうやら、ベニカミキリの個体変異のようだが、いかがでしょうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加