矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

この世人間関係の表向きは過去最高の時を迎えてはいますが、その内面たるや過去最低の状態になっています。

2015年04月21日 | Weblog
この世人間関係の表向きは過去最高の時を迎えてはいますが、その内面たるや過去最低の状態になっています。

然るに過去ほどに自然が豊かで人間性もありました。

ちなみに貧しいながらもお互い様・お陰様の人間関係があり、皆が困っている中で共に助け合うことが多くありました。

然るに現在の優しさ思いやりは(概ね)富む者が貧しい者に施していますから、お互い様・お陰様の意識も軽薄です。

また施しの授受関係に見栄や世間体などのプライドが絡み合っていますから、お互い様やお陰様の意識は薄く、また他力の形が多く揃っていますから身近な者同士の助け合い協力もあまり必要としていません。

そして過去ほどに巷の精神世界・神仏霊魂の世界・信仰宗教また魔術師・占い預言者なども自らが貧するほどに素朴で謙虚でした。

ところが時代と共に精神世界を食い物・売り物=生業=にする輩がどんどん増えてきて、それが生業どころか名誉名声・権威権力・組織勢力拡大の野望まで持つことにもなり、然るに表向きの形が目立ち進化発展するも、その内面たるやお粗末な限りに下落してきました。

その根底にあるのが「他力」依存関係ですから、然るに人間たるその「自力自信」の精神力が劣っていくわけです。

然るに表向きの形が良くなるほどにそれだけ内面の心精神が悪くなるのです。

然るに「同じ穴の狢」同士が寄り集まって互いの墓穴を掘っていることになるわけです。

然るにそれが自然界の崩壊であり、また人間関係の崩壊であり、然るに地球人類の破壊崩壊の道に繋がっているのです。

だから過去ほどに「楽ラク」に生きることが念頭・念願だったのに、今や「楽ラク」を通り過ぎて「楽しく生きる」ことが念頭・念願になっています。

然るに一生懸命に稼ぐのは、今よりも少しでも楽しく過ごしたいと欲張っているからです。

だからその他力依存から脱して自力自信の精神力を養い高めていかなければ人間たる資格も無くなり、死んだも同然の生き方になるのです。


PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント