矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

独自独歩の生き方の中に否定反発拒否があれば得手勝手な我侭ワガママで無理していることになります。

2013年11月30日 | Weblog
昭和の高度経済成長の頃、然るに私が中高校生の時の遊び仲間の親が市役所の職員として勤務していたのですが、自らの意思で上級試験を受けずに永年勤務しその下っ端の使い走りのような職務をやり通して定年退職し相当額の退職金&恩給を受け取ったことからして世間では税金泥棒とまで噂されていました。

それを今思えば前世で悟りを開いたかのような、然るに誰彼が真似できないような、然るに出世には無縁の、また人の目も気にしない、見栄も世間体も気にしない、そんな独自独歩の精神力の持ち主だった事になります。

ところが現在も似通った公務員や一般職員が巷にチョコチョコいるようでして、然るに責任が問われるその職務役職に付きたくないことからして平社員でいたがるようです。

そんな人達の意識精神心を計り知ることは出来ませんが、
それは成り行きの必然のご縁を自らが断ち切ることになり、然るに自然体ではなくて否定反発拒否になります。

然るに頑固固守&執着し過ぎ、逆に無理し過ぎになり、また逃避になり、また自力自信の無さに当てはまると思います。

然るに私の場合は成り行きの必然ご縁があればそれに従います。
ちなみに日々暇で退屈しているくらいですからその時間つぶしや変化刺激になります。

然るにそれが最初から私に無理なことであれば絶対的にその必然のご縁はありません。
すなわち私に無理なく出来ることからしてその必然のご縁の巡り会わせが来るのです。

それでも使い勝手の良いことからして相手側の意識が次第に我侭傲慢になり欲張りだすと、当然ながら相当な無理を強いられますから、然るに過ぎた無理をしたくない私は(収入給与に関係なく)長続きしません、然るにその関係から離れて過去のご縁となります。

また私が成り行き任せだと言いながらも前もっての思惑や期待があればそれは欲絡みですから、当然その欲絡みの必然ご縁が仕組まれることにもなって然るにその分だけ無理することになったり失敗をすることになるかもしれません。

然るに己が意識が原因のその結果が出てくるわけです。
然るに現れ出たその結果事実からして自らの意識の有り様&生き様に気付くことができるのです。

然るに持ち前の精神力&意識力がものをいうその精神世界に身を置いて生きていれば気付けるのです。

だから無理をしていないと思っていてもその無理が表に出てきてその結果になり、そして自分が無理をしていた事に気付くわけです。
然るに自家菜園やヤギやニワトリの飼育などがそれに当てはまります。

そして(必然とされていないのに)身近な人様のことに手出し口出してそれが結果的に余計なことで無理したことになり無駄だったと気付くことが多いわけです。

然るに尚更に成り行き任せにするようにもなるのです。
然るに尚更に暇な時間が増えるのです。

それでも捜し求めずに(欲張らずに)して、その成り行きからの新たな仕組み&必然ご縁を「待つ」ことになるのです。
コメント

巷のあらゆる精神世界の裏も表もその矛盾を知ることが出来るブログです。

2013年11月29日 | Weblog
このブログに来られたのも、あなた方の意識が原因からして仕組まれたその必然のご縁になります。

然るにそのご縁からして完全真理と私の生き様を知ることになるのか、それとも入り口に立っただけで終わるのか、または途中で終わるのか、その選択もあなた方の意識次第ですから、
然るに今のあなた方の状況立場環境もあなた方の意識が原因のその結果&途中結果になります。

そして此れまでにも数々の必然ご縁の仕組みがあったはずですが、その仕組みに気付かなかったり、またその仕組みに乗ったものの途中で降り立ったのもあるでしょうが、その選択に中に金銭物質&欲の方を選んだことが多ければ、その結果の苦楽を味わうことが多かったはずです。

また人様が成す奇跡超能力にご縁があった人もいるかも知れませんが、その他力絡みの奇跡はその時だけの一過性になりますが、あなた方に起きた奇跡とも言える必然ご縁の仕組みのその結果はそのままに続きます。

然るに他力絡みよりも、自らの自力&精神力&意識力からしての「気付き」の重要性を書いています。

また世間で起きている様々な結果もその意識が原因で仕組まれたその結果ですから、その結果事実を見てその原因意識に気付くことが出来れば、それもあなた方に起きた仕組みと同然になります。

然るに世間で起きていることはあなた方にも起こりえるその前触れ前兆として受け止めることが出来れば、然るに己の意識の有り様のその重要性にも気付きます。

然るにこの世の出来事は己の意識精神の学びになるのです。
然るに人間関係も互いに学び合うための形です。

然るに精神世界の集団組織団体に係わらずとも独自独歩で学び知り気付くことが出来るのです。

だからこそ人が集る所に欲が渦巻いているとか、神懸り奇跡の超能力霊力は人集め金集めのための客寄せパンダとも書けるわけです。

然るに巷のあらゆる精神世界の裏も表もその矛盾も知ることが出来るのです。
然るにそれも確かな実践があってのことになります。

然るに前もって学ぶことが先では無くして、自分の生き様&意識&精神からして実感で気付くのが先なのです。

そして不確かなことや違和感&疑問を解決するために巷の精神世界が役立つのです。

しかし不確かなことを「信じる」ことになれば、それは己の欲&裏心が出ていることになります。

然るに己に<欲>が無ければ信じることもまた信じて頼ることには絶対になりません。
然るにその欲からして様々な問題が続出しているのです。

然るにその欲は自分から出ていることだけに自分で解決するしかありません。
然るに自分のことを他力に頼ることからしてその問題が更に大きくもなっていることに気付かなければ如何なる精神世界をもってきてしても無駄で無理で余計なことになります。
コメント

私に奇跡を起こす超能力は無いが、その奇跡が如くのお仕組みからして導かれ現在があります。

2013年11月28日 | Weblog
私の過去を振り返れば、
肝心なことが成り行き任せからして最終学歴は夜間高校になり、就職は成り行きから総合食品問屋、そして成り行きから家業の米屋を継ぎ、結婚は7度目の見合い結婚、そして子育て家族生活も成り行き任せにしてきました。

その中の総合食品問屋において(昭和の高度成長期でしたので)目新しい食品(即席や冷凍)の流通販売の先駆けを経験してきました。
然るに趣味娯楽も目新しいものばかり味わってきました。

ちなみに初販のオープンリール録音再生機や最新式投げ釣りや初期のアクアラング潜水や水中8mmカメラやVTR&ビデオカメラやワープロにパソコンや初期のテレビゲームそしてボーリングやモーターボートがあります。
その中のビデオからしてビデオ撮影制作業になりそして最高潮の時期に面白く無くなり自主廃業しました。

その新物喰い好奇心からして仕組まれたのが宇宙エネルギー関係、それが縁で仕組まれて霊能者と繋がり神仏霊魂の霊界&想念の世界を知り、そして仕組まれ続けて過疎地暮らしが(先駆けるが如くに)始まり、そして耕栄さんの完全真理が仕組まれて今日があります。

然るに(仕組まれて先駆けた)単身過疎地暮らしが無ければ「聞くだけ言うだけ」の精神世界になっていたはずです。然るにブログの初期がそれに当たります。

だから柵シガラミから離れ開放された自由な過疎地暮らしからして次第に欲張ることが減り続けると同時に自己満足も減り続け、然るに今書いているような精神世界の中味を味わえるようになったのです。

然るに私には奇跡を起こす超能力は無いが、しかし必然ご縁の巡り会わせの奇跡が如くのお仕組み&道先案内の連続からして導かれて現在があるのは事実です。

またそのお仕組み&道先案内を迷わずに進めたのは物質金銭的な欲よりも精神面を重要にしていたからです。

然るに現在書いていることは知識に裏づけされたことであってもそれが思惑や理想目的や期待では無くして、然るに自己縮小を先駆けていたことからして気付いた「後付け」のその実感事実でもって書いているのです。

然るに良い悪いで判断するのもその良いとこ取りしたがるその欲が原因であること。
然るに欲張らなければ自由があり、その自由を味わっているから欲張らずに済んでいるその事実を書いています。

ところが不完全意識に変わりがないことからして問題なのは暇な時間が多いことです。
然るに(食ってばかり寝てばかり出来ませんから)一日の多くが時間つぶしになっているのです。
だから先ほどに書いた過去の経歴からしてみればまったく考えられないような暇人の生き様になっているのです。

そこで暇な時間を上手く活用するその手立て、然るに人間関係を主にして仕事や趣味娯楽を色々と考えることもあるのですが、結局は(皆が同じ不完全意識がゆえに)「どうしようもない」その事実からして何の手立ても無いのも事実です。

またその人間関係があっても不完全なだけに結局は時間つぶし同然になるし、しかも相手が人間だけにその喜怒哀楽でもって静寂なる精神を乱します。

然るに「どうしようもない」ままにほっといて、然るにその成り行き任せに生きながらにしての必然ご縁のその仕組みに従って生きていくしか他に術はないようです。
コメント

先に理屈をこねるよりも、欲張らないで自由を味わいながらその楽にして生きる実践が先です。

2013年11月27日 | Weblog
人間は生まれた時からして生きる知恵を学び知り気付きその自力でもって生きていくことが出来ます。
然るにそれが縄文時代でも現代でもまったく同じですから、仮に今の私たちが縄文時代に生まれても生きていけます。
然るに極寒の地でも灼熱の地でもジャングル地帯や山岳や草原地帯でも南海の孤島でも何とか生きていけます。

だから生まれたからには生きていくことは皆同じなのです。
ただ時代が進化するほどにその形が変わっているだけでその本質は同じなのです。

然るに(いつの時代でも)前もって教育を受けなくても、然るに今は必要ない見聞知識や技能能力が無くても、然るに生きるための知恵があれば何とか生きていけます。

だから近代化を見慣れた私がその時代に取り残されたが如くにして人力自力を多く使っている人々の微笑み笑顔を映し出している映像を見るたびに何か心が洗われたかのようになります。

然るに近代化していなくてもまた学校教育を受けていない無学であっても微笑み笑顔でもって生きることが出来るのです。

ちなみに私が住む家の持ち主だった故人は幼少の頃から貧しくて家族ともども日々を生き抜くことに精一杯だったので親も無学でその子も学校教育を受けていません。
しかしそれだけに山間僻地で生き抜くその知恵や技などの自力を使うことは人並み以上だったそうです。

然るに私は遊ぶことが大好きからして学校には遊ぶために通っていたようなものですから、然るに英数となるとローマ字の読み書きとソロバン程度の計算しか出来ません。
それでも子供遊びや山遊び川遊び海遊びには長けていましたし、また見よう見真似とその創意工夫からして若い頃から大工さんや電気屋さんの真似事も出来ました。

然るに「習うよりも慣れろ」が私のモットーになりました。
だから知識よりも(教科説明書よりも)実際に触れてみる実践が先にありました。

然るに精神世界も同じくその道の専門的知識が先では無くして必然ご縁からしていつの間にやら始まったことからですから、然るにその自らの生き様&実践からして(遅まきながら後で)気付くのが主です。

そんな私からすれば学校教育や子供のしつけは「おしつけ」に思っています。
然るに前もって教えるよりも必然からしてその道を学び知るのが本物になるのです。
そして自力と自信のある個性豊かな生き様にもなるのです。

然るに知識だけでは何ともしがたいのに、その知識の豊かさ(言うだけ聞くだけ)を追求するような形では生きる知恵は身に付きません。
然るに金銭物質や医科学やまた国家社会の仕組みや人様の他力に依存することが多くなり、然るに有事に弱い人間になります。

また精神的にも弱いところがありますから他力依存や神仏祈願することにもなりやすいのです。
然るに邪な集団組織団体にも惑わされるのです。

そして安全だと思って乗っている船の見掛けは立派でも中身が隙間だらけの張りぼてだったり、また侵略略奪や戦地に向かう船だったり、また理想目的があってもそこには絶対に辿り着けることもなく漂うことになるのに、その事実に気付かずにして乗り続けることにもなります。

だから人様に惑わされないためにも精神世界を独自独歩で進み、そして自らが実感でもって気付き悟ることが出来ればそれからしてまた新たな気付き悟りにつながるのが精神世界です。

然るに自らが先生であり生徒なのが本物になるのです。

然るに私が思うには(ブログの初期の頃のように)理屈をこねるのが先では無くして(言うだけ聞くだけ&知識が先では無くして)簡単シンプルな事柄から実践するのが一番です。

然るにそれが自己縮小の欲張らないことであり、然るに自由を味わうことであり、然るに楽にして安心安全に生きるその実践になります。

然るに祈り願い期待する形や神懸り奇跡に魅せられての他力依存&他力願望やその期待感を持たずにして、また聞くだけ言うだけにしての精神世界から卒業して、然るに自らが先生&生徒の独自独歩の自力実践にして歩むしかありません。
コメント

欲と自由がポイント

2013年11月26日 | Weblog
「すべてはひとつ」ですから、その全てが繋がって(ループして)います。
然るに宇宙を説けば神を説くことになりその愛を説くことになりますが、その後先は関係ありません。
然るに宇宙&神&愛と書いていますし、また宇宙&神&愛意識とも、また宇宙&神&愛エネルギー(全知全能)とも書いていますが、皆同じことです。

また自由&平等&調和も同じことでその後先は関係ありません。

そして不完全意識の人間だけに自由と孤独と欲も繋がっています。
然るに欲張れば自由&孤独にはなれませんし、孤独無くして自由にもなれませんし、自由が無いということは欲張っているからです。

また自力&自信&精神力も同じことですしその後先は関係ありません。

そして他力依存&他力願望があればその自力も自信も精神力も劣ります。
だから自力自信精神力があればその分だけ他力を必要としません。

また不信感があれば守り戦うことになりますし、そうなれば私は正しいと言い訳正当化したり主張堅持します。
然るに主張堅持→言い訳正当化→私は正しい→守り戦う→不信感ともなるし、その何れか一つから書き始めてもその全てに繋がります。

然るにその原因の全ては不平不満に繋がり、その原因は良い悪いで判断していることにありますし、その原因に欲がありますから、然るに自由&平等&平和&調和&幸せもありません。

然るに欲と自由がポイントになります。

そのためにも執着の無い呑気気楽&質素素朴でもって「楽に生きる」ことであり、

然るに欲張る他力の集合よりも、自力を多く使う独自独歩(役割個性)になります。

然るに自由があり、然るに欲張らずにすみます。
だから欲張らなければ自由があり、自由があれば欲張らなくなるのです。

然るに(呑気気楽の)楽チンにして(孤独感&不信感&執着心の無い)安心安全の心持でもってずーっと生きていけるのです。

その実践の実感&事実をブログに書いているのです。
コメント

<自由>無くして、何とする。

2013年11月25日 | Weblog
心身ともに自由の重要なことを事細かく様々に書いていますが、しかし読んだだけでは実感できないことが多いでしょう。
然るに私とて孤独からして実際に自由を味わってから気付いたことが多いからです。

そして真の自由を味わえない人生で終わるならば生きているその価値が相当に薄れます。
しかも自由無くして(孤独ならぬ)孤独感を味わうなんて馬鹿げたことになります。
然るに生きているが死んだも同然になります。
だから自らが死にたくもなるのです。

私が過疎地で独り暮らしが続くのも心身ともに自由があるからです。
だから二度と過去(自己拡大)の生き方に戻ることも無いわけです。
しかもその人間関係&家族関係の矛盾に気付きそれを実感しているのです。

然るに自由無くして平等平和&幸せは絶対にありません。
また自由の無い精神世界は不完全ですから、然るに余計なことを無理してそれが無駄になります。

また自由になるために見栄や世間体&プライドを捨てなければなりません。
また物質金銭に執着していれば決して自由にはなれません。
然るにそれらを守っていれば当然ながら不自由になります。

然るにそれが悩みにも困ったことにもなるわけです。
そして執着するほどに(どうしようもないことからして)(解決する事無く)やけくそになって自己破壊&他者破壊に進むのです。

また人が集る所に欲が渦巻いていますから、その不完全な人間関係から離れなければ個人の自由はありません。
然るに他力に依存することの無い自力と自信の精神力が必要になります。
だから自分に適した独自独歩の生き方になります。

然るに欲を出していれば絶対に自由はありません。
然るに何かと不都合&不自由しているのは<欲>が原因です。

然るに欲がある所に真の精神世界はありません。
然るに欲から離れた生き方を独自独歩で実践するしかありません。
然るにその実践が出来なければ生きている価値を見出すことはできません。

だから趣味嗜好娯楽で憂さばらしするしかありません。
然るに喜怒哀楽で生きることになっているのです。
だから安心安全で楽チンな生き方を味わないままに人生を終えるのです。
コメント

欲は見えませんが、その欲から離れることでその欲の正体が形となって明らかになり惑わされません。

2013年11月24日 | Weblog
良い悪いで判断してその良いとこ取りすることが欲になります。
然るに良い悪いで判断する原因は<欲>にあったのです。

そこで(頭の中で)良い悪いで判断しても、その良いとこ取りしたがるその欲を(外へ)出さなければそれで何事も無く終わりそのことを忘れます。

その欲の正体を知るには自己縮小して自らが欲張らなくなるほどにその欲の正体が形となって明らかになります。
そして「欲は魔物」「諸悪の根源」だと気付き悟ります。
然るに無理して欲張り頑張り見栄張りすることが無くなり、然るに安心安全の楽チンにして生きていくことが出来ます。

然るに「人が集る」のも欲絡みだと気付きます。
然るにその欲が無ければ人と出会っても(そのままに)(引き寄せられ集る事無く)すれ違うだけで終わります。

しかし中には好奇心や怖いもの見たさでそこへ集る人がいますがそれも欲になります。

また好き者同士&志す者同士が集りまた引っ付き合うこともありますが、それも自分に都合がいいその欲からですし、それが嫌いになれば当然ながら離れ離れになりますがそれも自分の都合からしての(裏側の)欲になります。

然るに独りだと自分&自力で何事も成さなければなりません。
そして欲張れば疲れますから長続きしません。

だから自分に出来ることを無理なく続けていくことしかありません。
そしてその先々は成り行きの必然ご縁のその仕組みに任すしかありませんし、その仕組みからして起きたことを欲張らなければ何とか成りながらも穏やかに生きていけます。

そこでその欲からして二人になれば互いに補い合い助け合い協力して効率も良くなりますが、しかしその成果を分かち合わなければなりませんから、そこで依存関係でありながらその身分の上下関係や取り分などの差からしていつも問題を抱えます。
然るに欲で集り、そしてその欲からして自分が少しでも都合良くなるように欲張るからです。

然るに自分の足下に多くの人を集めたがる輩ほど欲が深いわけです。
それが精神世界ともなると摩訶不思議な超能力にして人を集めるのが手っ取り早く、しかも憧れ慕う者が多くいますから更に宣伝までしてくれるので好都合なわけです。

然るにそれら欲絡みの集団組織団体によって自由平等になる人は誰一人いません。
それどころか問題ばかりが浮かび上がっています。

だから他力依存や他力願望からして(欲からして)自由も平等も絶対にありません。
然るに自分のことは自分&自力で成さなければならないのです。

また自分の能力からして他の人にちょっかい出してもその結果は矛盾のある不完全なままに推移しますから、然るに中途半端でどうしようもないことに気付きます。
然るにほっとくしかありません。

また摩訶不思議な見えない世界&神仏霊魂の世界&精神世界を生業にして(食いものにして)人を集めることも、また世間に目立ちたがるのも、それは欲ですから、
然るにそれを自覚して、その欲の正体を自らして気付き悟ることができれば、然るに良い悪いで判断してその良いとこ取りするその欲から離れた生き様が可能になります。

然るに無理の無い安心安全な心持でして生き続けることが出来ます。
コメント

執着しないで諦めるのが上出来ですが、最初から欲張らなければ何事も無く穏やかな心持で過ごせます。

2013年11月23日 | Weblog
あなた方に今困っていることがありますか、
然るに困っていることが有ればそれはあなた方が欲張ったからです。
だからその欲を引っ込めればその困ったことが即座に消えます。

また何か悩んでいても同じですから、然るにその欲を出さなければその悩みも無くなります。
然るに困ったことも悩みも自分の中にあることですから自らが解決するしかありません。

然るに執着しないで諦めるのが上出来ですが、然るに最初から欲張らなければ何事も無く穏やかな心持で過ごせます。
それが肝心要だと気付いていますか。そして実践意識でいますか。

しかしそれを他力依存からして解決することになれば、然るに悩むたびに他力にすがるようになりますから、然るに悩むことから抜け出すことが無理になります。
然るに困った困ったを連発する生活になります。
そしてそれを誰かの性にしてうっぷん晴らしをすることになるかもしれません。

私が家族等の柵シガラミから離れたことでその家族を気にすることはありません。
ところが例えば妻のことが心配で何かと気にすれば、然るに(過去の事例からして)その妻のエゴからして困ったことがあれば必ず私に押し付けてきます。

しかしそれをほっとけば妻は妻なりに(絶対的に)その自力でもって何とかしたがりますから、然るにその自力も付きます。
然るに妻が執着していることを自らが諦めることができれば上出来になります。
だから困った本人が自分で何とか解決することが出来るのです。

然るにその妻が親戚兄弟などの他力でもってして何とか解決しようとすれば、それは妻の他力依存の得手勝手な我欲になります。
そしてその他力依存が上手く行かなければ(その相手を)此れまでのご縁やその恩儀も忘れた薄情者や裏切り者に思うことになるかもしれません。

そこで私の経験からして書くのですが(夫婦家族を含めて)身近な人が困っているのを見かねて少しでもと誠意善意を示せば気分よく自己満足出来ますが、然るにその誠意善意だけで終わればいいのですが、しかし誠意善意を示したことで(身近なだけに)相手が他力依存からして更に甘えてくることもあります。

それが最初は小さなことだったのが次第に大掛かりな無理なことになってそれ以上は付き合いきれないで断る事になるのであれば、然るに最初から程々にして(相手の自力自信&自立心のためにも)断ち切っておくべきだったと後悔します。

然るに善意(良いことが)が後悔(悪いこと)にもなるのです。
しかも断る以前の善意誠意さえも(雨やんで傘を忘れるが如くに)忘れているかもしれないし、更に断ったことで何かと逆恨みする人もいます。

然るに人様の事に立ち入らないで(程々にして)(気にしないで)ほっとく事にしたのです。
然るに不完全意識が原因だけに何を成してもその結果も不確かでその裏表が出るのです。
然るに「どうしようもない」のです。
コメント

過去では考えもしなかった、予想だにしなかった、然るに暇を愛する暇人ならではの生き様になっています。

2013年11月22日 | Weblog
自分さえ良ければの良いとこ取りをしたがるその欲からして成り立っているこの世&人間関係からして人が集れば何かと問題が起こるその事実からして、然るに孤独の自由にして呑気気楽に欲張らず頑張らず見栄を張らずに楽チンにして生きるしかないと書いている私ですが、
しかしその実践をしているからとて不完全意識を持っていることに変わりは無く、然るに欲張ることが無くても人が集る所にいると何かと良い悪いで判断することも多く、然るに私が正しいの思いが出て来ます。

しかし私が出向く所といえば温泉風呂とスーパーの買い物と牛舎のパート程度ですが、その大型温泉風呂で我が物顔で入浴マナーに反している人が目障りになります。
またスーパーへ買い物に行ったとき賞味期限の関係からして奥の方の製品を引っ張り出している人や青果物などを次々と持ち替えて選別している人がいると、何でそこまでやるのよと冷めた目で見ている私がいます。
また牛舎では前日の担当だったオーナーのやり放題の乱雑さからしてその後始末に翻弄されて嫌な思いになっているときがあります。

然るに過去の生活の中であればその他にも様々な事に出くわしていたわけですが、しかしその当時は自分のことでも人のことでも「そんなことくらい」と軽んじていたのですが、しかし裏では潜在的な遺恨や精神的なストレスとなって(その具体性が脳裏から消えていても)何かと積み重なって蓄積されていたその事実に自己縮小してから気付いたのです。

だからこのブログでは(気にし過ぎと思えるほどに)(自己縮小のし過ぎと言われるほどに)事細かく書くことが多いわけです。
然るに小は大の原因でもあるのです。

ところで私は必然ご縁以外は人様と係わらない孤独からして会話の無い日が数日続くこともあります。然るに急用以外電話も鳴りません。

だから人間関係に会話が重要なことは我が身でもってして自覚納得確信し悟っていますが、しかし精神世界にまつわる会話が出来る人は極限られています。
然るに精神世界や摩訶不思議絡みの会話になると何時間でも続きますが、それが世間話となると興味が無くまた苦手なだけに早めに切り上げます。

ところがその世間話さえも何かと聞き間違えてや解釈の違い誤解や意見の相違からして不愉快な思いをさせたりしていることにも気付いたのです。
然るに「沈黙は金なり」の諺があるわけです。

しかしその会話が精神世界が分かり合える仲間とならば(心を開いて)何でもありの会話が出来ますから、然るに会話が楽しめるわけですし、そんな会話が出来ることを願っているし、その重要性を認識しているわけです。

然るにその会話が山道の散歩であったり、共に景色を眺めながらの休息であったり、目の前から上る満月であったり、同じく目の前に繰り広げられる朝焼けの太陽やまた夕暮れの夕焼け空であったり、純白な雪景色や月夜に照らし出された雪景色であったり、暗闇の中で光る星空だったりすれば更に申し分ないのですが、
然るにそのチャンスは此れまで数少なく、然るに夜とか早朝ともなればまったくありませんでした。
然るにそれが数々の超自然現象や超常現象&異次元&摩訶不思議ともなれば私一人のことになりますので少し残念な気もします。

また互いの心意識が分かり合える者同士だと例え会話が無くても互いを感じ合えることからして至福の時を味わえます。
然るにそれが私の願いでもあります。

ところで最近になって(小便で庭先に出て)気付いたのですが、風のない穏やかな夜中に何一つ物音がしない(枯葉が落ちる音もカエルも虫も鳴かない)時間帯が時々あって、然るに完全な無音&静寂なときがあります。
またこの季節は夜に虫も鳴きませんから離れた所の時計の秒針を刻む音がはっきり聞こえるくらい静寂です。

何はともあれ自然界の中での静寂孤独は味わい深いものがありますから、然るに人間界での孤独とは違っていますから、然るに孤独感を感じなくて済むのです。

それゆえに不完全意識の人間界で繰り広げられる複雑でややっこしい事柄が如何にも(はた迷惑な余計な)騒音雑音のように思える時もあるわけです。

然るに過去の生き様では絶対的に味わえていなかった、然るに全く違ったことを今は味わえているのです。
然るに趣味嗜好娯楽がどんどん色あせていいるし、然るに面白くも楽しくも無くて然るに食って寝て糞をしているだけでも十分なのですが、
しかし有り余る時間を如何にしてしのぐのか、それが何やら試練にも思えるときがあります。

然るに過去では最先端の趣味嗜好娯楽を様々に先取りしていたその経験からして何もしないでボケーッとしていることが苦手なだけに今は周囲の草刈やめったに車が通らないその山道の路肩保全&降雪対策&安全運転のために生い茂った雑木を刈り払う作業をしています。
また冬場のダルマストーブや囲炉裏の薪作りにも精出しています。

然るに一般的な生活をしていた過去ではまったく考えもしなかった、予想だにしなかった形、然るに暇を愛することのできるその暇人ならではの生き様をしっかり味わっています。
コメント

人間関係は共に<学び合う>関係であって、共に「依存し合う」関係ではありません。

2013年11月21日 | Weblog
良い悪いで判断しないその完全真理の実践は絶対無理だとなりました。
然るに宇宙&神&愛を説くのが真実本物であっても未熟な人間にはその実践が無理だったのです。

また巷の信仰宗教は特定の神絡み&偶像崇拝にして、然るに人集め金集め組織拡大の欲絡みにしての嘘偽り偽善の形があります。

また巷の神懸り奇跡の超能力や霊感霊力からして客寄せパンダの如くにして人集め金集めをしたり、また不確かな予言予知を示すことで世間に目立ちたがる輩も、然るに欲絡みの不完全意識でもってして矛盾のある結果形になります。

そんな不完全意識の人間界で何を成そうともその結果も不完全なのだから、然るに結果を出そうとすることよりも成り行き任せの自然体にして無理なく生きる、然るに不完全意識ながらも欲張り頑張り見栄張りせずに楽チンにして生きることを書くようになりました。
然るに誰にでも容易く実践できることなのに何か見えない壁に邪魔立てされているかのようにして、然るにそう簡単ではないようです。

然るにその壁が不完全な人間関係であり、その柵シガラミでもありますが、しかし見栄や世間体のプライドや自力自信の無さからして、然るに自らの都合欲目からして実践できないだけです。
なのにそれを人様の性にして言い逃れ責任転換&言い訳正当化&自分を偽ることで納得しているようです。
然るに精神世界&意識の世界に己を委ねて生きることよりも今を何とか守っていたいその欲があるからです。

然るに宇宙&神&愛意識の意識の世界&精神世界が単なる知識だけであって己の中で実在する本物になっていないのです。
然るに宇宙&神の愛の仕組みで生かされ生きていることが実感では無くして単なる知識で止まっているのです。

然るに此れまで自己拡大を味わっているのですから、そこで己の意識からして自己縮小を味わうことでこの世の裏表を味わったことになり、然るに自己拡大よりも自己縮小で生きることのその真価価値に目覚めることが出来れば次のステップに進めるのです。

そして人間関係は共に学び合う関係であって然るに共に依存し合う関係ではないことに気付きますから、然るに自力を多く使うことにもなりそしてその自信も出てきます。

然るに自分のことは自分で成しますから、然るに生きていることを味わえることからして不足に思うことが減り、然るに趣味嗜好娯楽の必要性が減り、次第に自己縮小がどんどん進むのです。

然るに欲心を持っていてもその欲が出て無理することにはならないのです。
然るに楽チンにして安心安全の心持でもって生き長らえることができるのです。
コメント