矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

教祖・師匠・先生・親を<超えて>恩返し&孝行することが人間の本命です。

2015年07月31日 | Weblog
野球選手のイチローが活躍することで、そのイチローを育てた指導者に恩返しが出来ました。
また産み育てた両親にも恩返し・孝行が出来ました。
だからオリンピックのメダリストも同じです。

然るに両親を超えた一角の人物になることで親に恩返し孝行できたことは「後付け」の結果で自然体の恩返し孝行になります。

ちなみに私を産み育てた両親を超えた精神力・実践力を持った私をあの世の親が喜んでいれば恩返しが出来たことになります。

だから釈迦やイエスを超える弟子が出ればその釈迦やイエスに恩返しをしたことになります。

となると否定反発の無い愛を教えてくれた霊能者や完全真理を説いた耕栄さんが成せなかった自己縮小の実践をしている私はその愛の霊能者や耕栄さんに恩返しが出来たことになる・・・と思っています。

ところが良く考えると私の自己縮小は仕組まれてのことであって私の精神力とは言い切れないところがあります。
しかしその自己縮小の実践が続いているからこそ誰もが書けないことまで(矛盾なく)自信たっぷりに書くまでなりました。

ところがそれも良く考えると精神世界の裏表矛盾ばかり書いているようで、その精神世界の確かな実践となると「欲張らずに楽に生きる」ことしかありません。

然るに皆さんは如何ですか、
矛盾の無い確かな精神世界を説き、その確かな実践を誰も皆が成せる公平な形の精神世界に関わっていますか、どうでしょう。

そんなの無いでしょう、
特別な差のある不確かな教えを説き、その実践も特別で公平さが無く、どちらかと言うと他力依存的なところが本命になっていませんか。

そんな形の精神世界を教祖・師匠・先生から教わっている限り中途半端でそこからは卒業できません。
然るに恩返しなど出来るはずもありません。いつまでも弟子のままです。

と言うよりも、あなた自身が精神世界を好き嫌いの趣味嗜好娯楽的にしていませんか、
また精神世界を恋愛感情が如くにして、好きなうちは続くが嫌いになれば離れる、そんな引っ付いたり離れたりの繰り返しをしてきませんでしたか、

然るに感情で精神世界を理解しようとしていませんか、

とにかく教祖・師匠・先生から教わるもその実践がなければ意味がありません。
しかしその実践が矛盾で偽善だからどうしようもありません。

何はともあれ教祖・師匠・先生を超えてこそ(過去を越えてこそ)人間意識の進化になります。

だから「止まって」はいられないのです。

だからこのブログを超えるものが出てきても当然です。

それが人間の本命です。
コメント

=この世人間関係は=「自分の為に」あるのです。

2015年07月30日 | Weblog
持って生まれた個人意識を消し無くすることは絶対的に無理です。
だからその自分さえ良ければの個人意識のままに、すなわち良い子ぶって偽善を積み重ねるよりも「自分の為」に生きていくしか他に道はありません。

ちなみに世界中の人が個人意識丸出しで自分の為だけに生きても(絶対的に)大掛かりなことにはなりません。
せいぜい「にらめっこ」「ドングリの背比べ」したり、ときたま口喧嘩や暴力沙汰になることが多いだけです。

ところがそんな中から世間に目立つ人が現れ、その人を仰ぎ奉る集団組織がいつの間にやら出来て、それらを支援する者がどんどん集まり、
然るにそれが過去の釈迦やイエスやヒトラーの類となっていくことからして大勢の人が巻き込まれて世界的な大騒動になったのです。

だから科学者・発明家・超能力者・宗教家・教祖・学者先生を含めた、それら個人意識の人が数人集まったところで世界を揺るがすことにはなりませんし、自然環境の汚染や破壊にいたることにはなりません。

だから各々が「自分の為」だけに生きていることで社会的な大問題にはなりません。
ところが「人の為」に良かれと思って、また「此れではダメだ」と思った人が自己主張し始めたことからして、それに賛同する欲な輩・邪な者同士が集まり始めて次第に大掛かりになったことから、それに相当する大きな問題にもなっているのです。

だから自分さえ良ければの個人意識丸出しで自分の為に生きるのならば、
そこで欲張り頑張り見栄張り余計なことに無理しないで、己が思うままの自由・独自独歩で「楽ラク」に生きてさえいれば(集団化しなければ)大きな問題にはなりません。

然るに「此れではダメだ」「何とかしなければ」と釈迦やイエスやヒトラーが立ち上がり同じ思いの仲間を集めだしたことが大間違いだったのです。

とにかく人それぞれの思い意識でもって個々に生きているは事実ですから、
ちなみに我が子や夫や妻さえも思うがままに出来ないのだから(どうすることもできないのが事実だから)そこでよからぬ邪魔しないでほっとけばいいのです。
ハッキリ言って「ほっとけ」なかったのが問題だったのです。

ちなみにその意識が原因で(成るようになって)その結果が出るだけですから、その自己結果と自己責任が(良しかれ悪しかれ)(誰も皆が公平にして)伴うだけです。
またそれが各々の今後の人生勉強&自力自信の精神力=「自分の為」=にもなるのです。

然るに=この世人間関係は=(釈迦やイエスやヒトラーの為ではなく)「自分の為に」あるのです。
それだけに欲張らない~頑張らない~見栄張らない~無理しないで「楽ラク」に生きることからして次の進化&次元上昇につながるようです。
コメント

大勢の人が孤独と自由がなくしてその<孤独感>でもって生きているようです。

2015年07月29日 | Weblog
人間は概ねにして肉体・感情体・精神体でもって生きています。
その中の精神体でもって生きるのが本命なのですが、それだけでは面白くないから肉体や感情体を使って今を生きていることを味わい感じています。

また孤独にして生まれ孤独にして育ち孤独にして死ぬのが人間なのですが、その孤独が寂しくて何かと人間関係を築き絆を深めようとするのですが、それが原因からして孤独の自由を失う羽目にもなっています。

だから皆さんは思うがままの自由にして生きていません。
然るにそれが不平不満の原因にもなっています。

それでは生きている気もしませんから、そこで肉体関係や恋愛感情や趣味嗜好娯楽でもっての変化刺激や快感快楽を味わうことからして、それで何とか人間らしく生きているようにも思えるのですが、その多くは肉体と感情体の自己満足ですから精神体では満足していません。

だから心の中が空洞になっていて何だか虚しく寂しいのです。
なのに持ち前の精神体を使わずにして人様の肉体や精神体と関わることばかり繰り返しているから尚更に心から満たされません。

そこで今度は巷の神仏霊魂・信仰宗教・精神世界、超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・カウンセラーなる他力依存的な形を趣味嗜好娯楽が如くの好き嫌いの感情で選び、その形に接し触れてみるものの、これまた恋愛感情が如くに自己満足や不平不満でくっ付いたり離れたりしているのですが、
しかしそれらすべてが矛盾の偽善に満ちていますから心の満足は得られません。

しかもそれら主催する諸々諸氏も精神的には(まだまだ未熟だから)心の中では大きな隙間があって虚しく寂しいから、その埋め合わせ代替に世間に目立つことをして、そこで多くの人の関心を集め華やか賑やかに振舞ったり、また人集め金集め物売り・メシのタネにまでにして自己満足・自惚れ慢心しているのです。

然るに精神世界に関わるも(どこ吹く風の如くの意識になって)精神体で満足し切れていないのです。

ちなみに自力自信の精神力で生きていたならば、笛や太鼓や客寄せパンダを使ってまで(面倒を持ち込むような)(どうしようもない意識の)人様を自らが呼び寄せたりしません。

然るに自力自信の精神力を磨き高めるために独自独歩でもって水面下で静かにして己の思うがままの自由にして(個人意識丸出しでもって)「自分の為に」生きています。
コメント

人それぞれに思いが異なる「本命」「手段」「おまけ」があるようです。

2015年07月28日 | Weblog
人は誰も皆が良い悪いで判断してその良いとこ取りをしたがる自分さえ良ければの個人意識・矛盾意識・偽善を持っています。
然るに皆が偽善者です。

だから世間に目立つことなく静かに生きていればいいものを、それではダメとばかりに言い出したことからして偽善の積み重ね上塗りの繰り返しが続きこの世が闇意識に覆われるまでになりました。

然るに神仏霊魂の信仰宗教に妄信が如くに信じ頼り・祈り願い・他力依存の如くになっているのや、
また精神世界を趣味嗜好娯楽が如くに思うマニアやオタクが寄り集まって、ああでもない・こうでもないと「言うだけ・聞くだけ」で終わっています。

また神懸り超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・カウンセラーなるものを施し成して、私は特別だと自己満足し自惚れ慢心している方々が見受けられます。

然るに私から見れば”皆さんご苦労さん、大変ですね、となります。

然るに何で偽善者だと自覚認識できないのでしょうか!
だからその苦楽・喜怒哀楽で生きていることに疲れていませんか!

孤独なら独自独歩の自由があるはずなのに、その孤独が寂しい虚しいと孤独感になっていませんか、
自殺願望やノイローゼ・ウツ症や認知症になりかけていませんか、
何とて先行きが見えていないから不安心配でしょう、

などと書きながらも、人の心意識はどうしようもないだけに、根堀り葉堀り何を書いても、多くが無駄になることを知りながらも書き続けてきました。

そして結果的には、頑張らない、欲張らない、見栄張らないためにも「楽ラク」に生きることは東西南北・老若男女の誰も皆が公平にして実践できることだとなりました。

然るに山あり谷ありの喜怒哀楽で生きてその偽善の積み重ねや上塗りをしないためにも、世間で目立つ事無く静かに独自独歩の孤独にして「楽ラク」に暮らすしか他に道は無いと書いています。

その欲張らない、頑張らない、見栄を張らずに、「楽ラク」に生きることの真意を理解し納得確信にいたり、その自己縮小の実践意識になるための手段・お手伝いをしているのがこのブログです。

だから自己縮小を本命としていながらの色恋沙汰や人情愛情の感動・変化刺激を味わうも、また趣味嗜好娯楽に興じるのも人それぞれに自由ですが、その分だけその苦楽・喜怒哀楽が伴うことになり、それだけ余計に心身が疲れることになると書いています。

然るにそんな世間や人間関係から離れた私の過疎地暮らしは自己縮小を実践するための手段になります。
だから暇で退屈しているときに書いているブログが本命ではありませんし、またパチンコに行くのは変化刺激を味わうための「おまけ」です。

何はともあれ欲張らない、頑張らない、見栄を張らずに、「楽ラク」に生きることの実践意識が強いほどに俗世間に染まることが少なくなるのは当然です。

そこで世間から離れたような田舎暮らしを始めたり、また結果的にフリーターやニートやホームレスの形になるのも、それが本命ではなくして手段と結果にすぎません。

然るに欲張らない、頑張らない、見栄を張らずに、「楽ラク」に生きることの実践意識・本命は見える形の外ではなくして、見えないところの内なる心精神の中にあります。
だから誰にも見ることは出来ません。
コメント (2)

釈迦やイエスの特別な能力は本命ではなく「付録・おまけ」でした。

2015年07月25日 | Weblog
巷の神懸り・奇跡と言われる超能力・霊力・念力などは人間の本質・本物ではなくして特別な「付録・おまけ」なのです。

そのことに気付かなかった過去の釈迦やイエスの類はそれが本命・本質・神技に思えたことからして道を間違えたのです。

ちなみに私が摩訶不思議の世界に興味を持っていた頃に超能力や霊力・念力を使って奇跡的な結果を出すことの事実・見聞を広めていましたが、それが違和感に変わったのが摩訶不思議な「結果」を出して見せて”世間で目立つため、人に自慢するため、一儲けするため、大勢の人を集めて何かたくらむつもり、何だか偉そうにしている風にも、何だか欲を隠しているように見えたのです。

然るに今のブログに書いているように、私の違和感がまんざら間違いではなかったと実感納得確信となっています。

だから巷の不完全で矛盾・偽善が隠れている神仏霊魂・信仰宗教・精神世界、また超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・カウンセラーなるものを施し成している者を特別意識を持った邪な輩のリピート狙い・メシのタネにしている偽善者とも書いています。

とまで書いている私には特別な超能力・霊力・念力もないが、それでも摩訶不思議の世界の超常現象・超自然現象・異次元・奇跡現象など諸々を多く実際に見てきたことは事実ですが、しかし私にはそれらは大したことでもなく、この世で生きていく中での番外編、付録のおまけ程度にしか捉えていません。

そんな私なのに持ち前の成り行き任せからして仕組まれ続けて今では精神世界の根幹・裏表・矛盾なく書けるようになりました。

何はともあれ誰も皆が不完全意識丸出しで生きていることに変わりはありませんから、それだから尚のこと「個人意識」を隠さずにして、また「善人」ぶらないで、また「ドングリの背比べ」「にらめっこ」「いじめっ子」「恨めっこ」「憎まれっこ」をしないままにして、

つまり誰も皆が個人意識を持っているのだから、勝ち負けのない「あいこ」であって「お互い様・お陰さま」の「良いも悪いもない」人間関係として納得理解した上で、
そして頑張らないで欲張らずに見栄張らないで、無理をしないで少しでも「楽ラク」に生きる実践しかないと書いています。

その誰も皆が公平なる「楽ラク」に生きる実践真理でもってして、また不完全な人間関係を気にしないままに、己の思うがままの自由にして、独自独歩に生きていくしかないと書いています。

また私の思いや感じ気付いたことを装飾美化する事無く事実・裏表を明確に根堀り葉堀り書いていますし、
またこのブログに異論反論がある人がその実践をすることもないから何の問題もなく、
また納得していてもその実践となるとそう簡単ではないと確り書いています。

だからこのブログを読んだ人がそれぞれの思いで選択するだけですから、然るにそれが自力自信の精神力に掛かっているというわけです。

と言うことは私に関係ないところで皆さんが勝手に選ぶことですから、誰彼の性ではなくして、それを選んだ本人の自己結果・自己責任が現れ出るだけです。

然るに自由で公正な精神世界のブログだと確信しています。

ところでこのブログに日々100人~150人ほど来られて300~500p閲覧されていますが、先日は100人で1000ページを越え、次の日も130人で1000p超え、教も116人で1000p超えています。

ところが行き着くところまで来てしまった感があり、此れからは日々の更新は無理になりました。
コメント

過去の釈迦もイエスもヒトラーも元は孤独な一人でした。

2015年07月24日 | Weblog
感謝される人を目指すよりも感謝できる人柄になることで自己満足・偽善の積み重ねが違ってきます。

ちなみに感謝されると嬉しいからそれが自惚れ慢心にもなりますが、感謝できる人なら自分ではなくして相手を称えていますから己の自己満足にはなりません。

だから「私は凄い」と自惚れ自慢したがる人と「あの人は凄い」と人様を称える場合の違いもあります。

ちなみに釈迦やイエスの場合は大勢の人を集めて注目されていますから「私は凄いことをしている」「私は正しい」と自惚れ慢心があるようですし、また「あの人は凄いと」伝わり広まって集まってきた人もいますから、それも「私は凄い」「私は正しい」の自己満足につながります。

だからヒトラーが世間に注目され支持されることからしてあのヒトラーになりましたが、その元のヒトラーは孤独な一人でした。
ちなみに釈迦やイエスも元は孤独な一人だったのです。

そして感謝されて世間で目立つことを望まずにして、何かにつけ感謝できる人柄・謙虚さが備わっていたなら、わざわざ苦労を買って出ることもなく、自分に出来ることを当たり前如くにして独自独歩で静かに生きているだけですから、何かと世間を騒がすことにはなりません。

また釈迦やイエスが下に集まった人たちにたいして熱心に精神世界を説き語りするも、しかし集まった人たちの顔ぶれがいつも殆ど同じ人であれば、然るに説教を聴くだけで誰もが実践できていない証だと(実践が無理だと)気付きますから、
そんな自力自信精神力が弱い他力依存の人たちを相手にしていることよりも、先ずは自分の精神力を磨き高めるために孤独の自由にして人知れずに水面下で歩んでいく道を選ぶはずです。

ちなみに有名スターがうるさい支持者に行く手を邪魔されないように隠密行動したり変装して世間に出掛けるのと同じです。

なのに世間に目立つがままに終えたとすれば自己満足・自惚れ慢心の偽善の積み重ね上塗りの人間人生で終わったことになります。

ちなみに巷の神仏霊魂・信仰宗教・精神世界、超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・カウンセラーなるものを施し成して世間に目立っている者も自己満足・自惚れ慢心の偽善の積み重ねや私は正しいとして偽善の上塗りをしていることにもなります。

然るに人様から感謝されることに自己満足・自惚れ慢心しています。
しかもそれらのリピートでもってメシのタネにしている邪な輩が大勢います。

そこで自らが自己縮小し素朴に生きていることからして何かと「感謝できる」立場の人になれば(それで十分満足できますから)自己満足を欲しがることにもなりませんから、然るにその裏の不平不満も減り続けます。

そして頑張ることも欲張ることも見栄張ることも無理する事も無く素朴にして「楽ラク」に生きることにもなりますから、尚更にちょこっとした事でも喜び感謝の心につながります。

然るに感謝される人間を目指したことからしてこの世人間界がヘンテコなことになったのだから、此れからは「感謝できる」人間として生きて、今生きていることに心から感謝できるようになればいいと思っています。
コメント

人は見掛けによらぬこと、だから内なる心意識を読み取るだけの精神力が必要になるのです。

2015年07月23日 | Weblog
同じ集落の60代の独身男性が難聴の母親の世話をしていますが、その人が神戸でサラリーマンしているときの話ですが、
同僚がホームレスに対する思いやりの言葉で”毎日たいへんですね、と声かけると”たいへんなのはお前のほうだろうが、毎日朝早くから夜遅くまで働きづめだろうが、と矛先が跳ね返ってきたことに驚くも何だか納得させられたと思ったそうです。

然るに人を見掛け・先入観で判断することの間違い。
すなわち姿形ではなくして=肝心なのは心意識にあり=となるのです。

ちなみに過疎地で品疎な暮らしをして、洗いざらしの古ぼけた着衣を着て、髪はバサバサでひげは伸び放題で、糞はポリバケツに座って用を足し、洗顔手洗いはお風呂に入ったときだけの、まさにホームレスに間違えられそうなかっこをしています。

そんな私が暑いさなか草刈でもしていたなら、たまたま側を通りかかった人が”たいへんですね、ご苦労さん、と声をかけることがあっても、
その人の内心では”あんな風な生き様にはなりたくない、と否定的な感覚でいて、
然るに私がどんな意識でもって今を生きているとか、15年余り精神世界のブログを書き続けているとは思いもよらないことでしょう。

また自らの意識で家族と離れての、独自独歩にして、自力自信の精神力でもってして、ちなみに感謝される立場よりも感謝できる立場になること、そんな自己縮小の実践となる、独居年金暮らしであることや、また闘病生活するよりも、白骨死体で発見されたり孤独死・無縁死を望んでいるとは気付きもしないでしょう。

またそんな会話が出来たとしても私が本気であることが理解できないでしょう。

だからこのブログの中にも時々ホームレスやフリーターやニートが登場してくるのです。

ちなみにヤフー検索で=NHK「多摩川の猫とおじさん」=引き出して読めば参考になると思います。
コメント

否定反発の無い関係、お陰さまとお互い様の関係、自由な関係であれば、欲張らないで生きていけます。

2015年07月22日 | Weblog
ただ生きているだけでは面白くないから趣味嗜好娯楽でもって自己満足を求めることにもなっています。
そして肉体・感情体で味わい感じる変化刺激・快感快楽の自己満足があります。
また精神体で味わい感じる巷の神仏霊魂・信仰宗教・精神世界の類も趣味嗜好娯楽・変化刺激が如くの自己満足になっています。

その自己満足を求める裏には不平不満が隠れています。
だから喜怒哀楽の繰り返しになっています。

そんな苦楽の伴う生き方から卒業するには~欲張らない、頑張らない、見栄張らないで、無理しないで「楽ラク」に生きる実践を書いています。
然るに少しでも良くなりたい、少しでも楽しくしていたい思い・欲から卒業して「少しでも楽に生きるため」の実践です。

ところが面白く楽しく喜びに満ちた生き方、変化刺激に富んだ生き方をしてきただけに、何か物足りなさを感じると思います。
然るにそれが不平不満の原因なのです。

ところが実際に実践していると変化刺激が少ないだけに尚のこと食って寝て糞をしているだけのような単調な生き様の中にも喜び楽しさを味わい感じることが出来るようになります。

然るに「食べる」ことの出来る喜び楽しさ、「寝る」ことの出来る喜び楽しさ、「糞が」出る健康の喜び楽しさ、
然るに人間本来の<今を生きている>ことの喜び楽しさが味わい感じることになります。

ちなみに私は15年間毎日毎回食事のメニューがあまり変わりませんが美味しくいただいていますし、一晩に2回から3回夢を見ていますから、それが眠りの中で変化刺激を味わっていますし、健康だから虫刺されや水虫が気になる程度で体調は良好です。

そして出来ることなら(望むとしたら)否定反発の無い人間関係となって「共に食べる」「共に寝る」「共に遊ぶ」ことが出来る、その共に喜び楽しみ共有できる素晴らしさを味わい感じることが出来ればと思っています。

そうなれば此れまでの共にいるだけの価値観ではなくして、互いの心に届く本物の価値を味わい感じることが出来ると思います。

そして欲張らない関係からして不平不満も出てきません。

また束縛制限し合わない関係からして互いが自由ですから思い思いに生きていけます。

そして暇で退屈な時間を共に過ごすことになれば自然界の中に出掛けていって散策したり、四季折々を鑑賞したり、自然界の恵みを採取収穫してそれを味わったり、日の出や夕焼けや星空や月夜を共にすごしたりしながらも、ふと互いの目線が合ったときに微笑み合えるようにもなります。

然るに生きている価値を十分に味わえますから、他の特別な趣味嗜好娯楽・変化刺激・快感快楽に執着依存することにはなりません。

だから欲張らずに楽に生きることを理解し納得した者同士が寄り添えば否定反発することも束縛制限し合うことも無くなります。

然るに自由平等にして調和のある人間関係で共に生きていくことになります。

だから個人意識丸出しながらもお陰さまとお互い様の関係で何事もなく穏やかな生き様を味わえます。

しかしながら否定反発しない自由意識とお互い様とお陰さまの平等意識でもって、尚且つ欲張らないで楽に生きることを望んでいるような人が身近にいないだけに、やはり私一人の独自独歩で生きていくしかないのです。

しかしそれでも、時たまに私の意識に似通った人との交流やメール交換や電話での会話関係がしばらく続けば、それが生きている中での「付録のおまけ」だと思っています。
コメント

”私は違うぞ”の「否定反発」が無くなれば諸悪の根源・闇意識の原因である不平不満が無くなります。

2015年07月21日 | Weblog
人間は自由にして公平でなければなりません。
だから否定反発・束縛制限支配してはなりません。

然るにそれが「愛」と言われています。
だから人それぞれが思うがままに自由にして生きていくことが出来ます。

ところが皆が公平では面白くないとばかりに、私は”人とは違うぞ”とばかりに特別なことを始めだした輩がいます。
その多くが占師・魔術師・摩訶不思議を成す特別な者たちです。

そして特別な術を成して神業の如くに思い込ませ、そんな私は神の如くに正しいとばかりに思い込ませ、それを(神仏)信じているか否かを試すが如くのようにして残酷な人身御供・人柱・生贄を供えることを言い出した輩が過去にいるように、

だから先祖供養や親孝行や善行奉仕を説いたりして、その善と悪・天国と地獄・幸福と不幸を説いて、然るに飴とムチを使い分けて人心を惑わし、そして自分の都合がいいように操って組織拡大や勢力拡大にしたり飯のタネにしたり世間で目立ちたがっているのです。

しかも個人意識で生きていることを”そんなことではダメ”恥を知れ”とばかりに説教して、それとは異なる特別なことを美化・美徳にして、それを成さなければならないように思わせたのです。

だから皆さんも”私は違うぞ”とばかり特別なことをしないで、お互い様・お陰様の人間関係に気付き、”にらめっこ”恨めっこ”ドングリの背比べ”のない、自他共に否定反発の無い穏やかな心でもって、自由と差のない公平の精神でもって生きていくことです。

とにかく”私は違うぞ”の「否定反発」が無くなれば、諸悪の根源・闇意識の原因である不平不満にもならないのです。

ところが何度も書いているように、多くの人が否定反発するのが当たり前の如くになっているこの世人間関係だけに、やはり「どうしようもない」人様のことを気にする事無くほっといて、己の思うがままの独自独歩の自由にして世渡りするしか他に道が無いのです。
コメント

巷の精神世界が「昼メロ」が如くになっています。

2015年07月20日 | Weblog
過去ほどに食って寝て糞をしながらにして生きて行くことさえもままならない時代でした。
そんな弱い人たちに神業が如くのことを成して見せて神仏霊魂の精神世界を説いた輩が人を集め金を集めて飯のタネにしたり組織拡大してその勢力や権力や名誉名声を手にしてきました。

然るに過去の歴史が物語っています。
だから巷の精神世界は始まりからして偽善に満ちていたのです。

そのことに気付いた者たちが別な精神世界を説くもそれらも同じ偽善でした。
その原因が”何とかしたい、その「欲」から始まっているからです。

だから”何とかしたい輩と”何とかなりたい輩が、互いに引き寄せ合いながら集団化したのが間違いだったのです。
然るに皆さんも同じような思いで巷の精神世界に足を踏み入れたことでしょう。

何はともあれ現在では食って寝て糞をしながらにして生きて行くことが「楽ラク」になったことからして、今度は少しでも「楽しく」生きていきたいとなり、然るにそれら趣味嗜好娯楽・変化刺激・快感快楽に興じることになりました。

しかしそれら自己満足の裏には不平不満が隠れていますから、その苦と楽の喜怒哀楽が伴って満足し切れないばかりか苦悩苦労ばかりが残ります。
だから尚更に自己満足を欲しがりますから、更にそれら趣味嗜好娯楽が進化し拡大してきたのが現在です。

そこでまた”此れではいけない、”何とかしなければ、と手当たり次第に手がけるも欲ですから、結果的には欲絡みの偽善になっています。

そこで個人意識を無くすることでもなく、また少しでも良いことをすることでもなく、その自分さえ良ければの個人意識丸出しでもって生きるも、
欲張らない~頑張らない~見栄張らない~、無理しないで少しでも「楽ラク」に生きることをブログに書くことになりました。

然るにどんな精神世界に関係なく昔から望んでいた「少しでも楽になりたい」その実践を書いているブログになりました。

しかしそれでも”何かしたい、じっとしていられない、そんな貧乏根性が出てくるのも、精神的に貧しい=自力・自信・精神力が弱い=からです。

そして結果的には巷の趣味嗜好娯楽に興じる時間が多くなるのです。

そればかりか巷の精神世界までも趣味嗜好娯楽の類にしている有様です。

だから暇なご婦人方が昼メロを見るが如くに大勢参加しています。

だからこのブログを読んで何となく納得はしたものの「欲張らない」実践は無理なようです。

然るにこのブログも無用の長物になります。

そしてまた彼方此方のスピ系を楽しんでいたいようです。

だから人間だけは「どうしようもない」となるのです。

そしていつしか成るようになって人間の断末魔を味わうことにもなるようです。
コメント