矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

偽善の王様=矛盾偽善の事実真実に気付かずにして生きている愚かで哀れな人生

2018年08月19日 | Weblog
約20年前のNifty掲示板やHPやブログで完全真理を基本にしてこの世人間界の矛盾偽善の真実事実を多角的に書いていましたが、メールが有料になったり、パソコンが壊れて中古品に買い替えるとパスワードが承認されなくなる不具合が起きて撤退しそして現在のグーブログとなりました。

その当時…ない善よりもある偽善…のほうがいいとばかりに島田紳助のTV番組のなかで「カンボジアに学校を作ろう」が放映されていた頃ですが…
偽善から始まれば偽善の結果になることからして、また学校教育が教育格差となって必ずしも善とはならないことを根掘り葉掘り書いた経緯があります。
また貧困飢餓を援助救済することを善としていても同じく…
そんな学校教育や援助救済でもって立派な大人になっても、その大人が反勢力・抵抗組織・地下組織・ゲリラになって犯罪・人殺し・聖戦戦争の加担者になる可能性があるし、資本主義経済の企業戦士や侵略者となって活躍するかもしれないと書きました。

また24時間テレビなる催しで偽善を成していたことがあります。
だから民間テレビ放送が偽善を成して正当化することで…無いよりも有るほうがいい…と洗脳された人も大勢いると思います。

ちなみにマスコミによる災害ボランティア参加云々や援助救済となる寄付集めも偽善の宣伝広告布教になるのです。

そして加わった者たちが偽善なのに私は正しいことをしたと自惚れ慢心の自己満足となり、そして加わらなかった者たちを蔑み批判し差別して優越感を味わうことでしょう…

…この様に書き込んでいる私を批判している人もいることでしょう…

然るにこの世は人それぞれなのです…だから何事も否定反発していませんでその裏表の事実を書いているのです。

…何はともあれ…
世間で目立つ人やの特別人間を神の化身だの神の愛だの奇跡の人として崇めるのも…人によって人物が異なっています。

しかし過去の史実に登場する諸々の人物は偽善の王様になります。

…ところで…
数に限りがある有限の世界で欲張ることは罪になると…書いています。
また欲があるから生きていけるが欲張れば滅びるとも…書いています。

また素朴謙虚に生きる自己縮小の実践は…東西南北の老若男女の誰もが公平にして実践できる…と書いています。

そして仕組まれ続けて自己縮小となって欲張らない生活を実践していても…誰も神の化身や愛の人とは思わないでしょう…

然るに奇跡が如くのお仕組みの連続からして現在があるも…奇跡の人とは思えないでしょう…

またブログの時代となってブログを書いていることが…宇宙・神・愛から仕組まれた定め役割使命だとは思えないでしょう…

またストレスが万病の元と書くも、不平不満が諸悪の根源だと書くも…気にもなっていないでしょう…

また現在は途中結果であってその先行きは不確かですが老後となって死となるのは事実ですが…その老後や死と真剣に向き合い自問自答していないでしょうし…終わりに向けた活動・終活に関心はないでしょう…

また謎の発光体(飛行体・透明体)が10年連続にして現れていることからして異次元が事実だとしても…そう思えない不信感があるでしょう…まして異次元を事実にして見ているごく稀なる人とは認識されないでしょう…

また自然界の恵みの衣食住でもって生きているだけで十分だと書くも…納得できないことでしょう…

まして自然界の中で自然を味わっているだけで巷の人為人工的な変化刺激快感快楽が色あせて必要なくなることまでは…実感できないでしょう…

だから自然界に元からしてなかった人為人工的なものすべてが欲張った結果だと書いても…納得できないでしょう…

ましてそれが自然界を破壊し汚染し人類が墓穴を掘ることになっているとは…予想だにしていないことでしょう…

然るに…欲張っちゃダメよ…と書くも上の空でしょう…

それが不完全意識の人間たる証拠です…だからどうしようもないのです。

そしてあとは野となり山となるも…そのすべてはお天道様に任せるしかありません。
コメント

結果が出る前に「原因意識を修正」方向転換する。

2018年08月18日 | Weblog
宇宙・神・愛の仕組でもって天地が創造され地球に人類が誕生し人間の生殖本能からして人口が増え続けて東西南北に広がりながら集落が増えているのです。

ところが人が集まるとお山の大将になりたがる強欲な人が現れてリードすることになり、それが組織団体勢力となり、それがまた勢力争い侵略戦争になり、結果的に境界線が引かれ領土となり、その領主が集まれば国家社会となって、これまた勢力争いからして領土が広がったり狭まったりしながらもそれが国際関係となっていますが…
本来なら人種領土国家に関係なく人が集まってただ一緒に暮らしているだけなのです。

然るに日本国民と言うよりも同じ人間が集まっているだけなのに…皆して欲張っているからヘンテコな人間界となっているのです。

ちなみにお山の大将になりたがる強欲な者同士が一堂に集まって団栗の背比べをしながら・比較競争し合っていることが問題なのです。

しかも神の愛を説く古今東西の諸々までが人を集め金を集めながら皆して比較競争し合ったり勢力争いまで繰り返してきたのです。

そんな事は誰しも知っていることなのに…その比較競争がやめられないのです。

然るに欲張っちゃダメよと知りながら欲張っているのです。

この基本的なことが理解できなければ結果的には己の哀れな死に行く道筋を立てながらその墓穴を掘るのです。

となれば当然ながら死に至るまでの老後人生も穏やかなはずもありません。
然るに欲張って生きてきたことのしっぺ返しを…自らの意識精神からして招くこととなるのです。

ところが…人が集まっても…団栗の背比べをしなければ大した問題もなく皆と一緒に仲良く暮らせるのです。

ところがしかし…自分が欲張ることは正しいが他の人が欲張っていることは許せない…そんな得手勝手なところがあります。

何はともあれ人間は矛盾偽善に満ちているのです…だからどうしようもないのが事実です。

またその自覚認識がなければ自分が困ったこと(被害者)になるし、また己が人様を巻き込む(加害者)にもなるのです。

何はともあれ…どうしようもない人様のことはほっといて…御身の心身のために・穏やかな老後と安らかな死のために・欲張らない実践でもって生き続けていくしかないのです。

しかし縄文時代や徳川時代に戻るわけではありません。
今から欲張ることをやめて止まるだけでいいのです。

然るにこの先・いつしか止まる時が来る前に・強制的に仕組まれる前に・自らの意識でもって先駆けて止まるだけです。

然るに己の意識が原因でその結果が出てくるのですから…その結果が出る前に原因意識を修正方向転換していればいいのです。
コメント

幾多の矛盾偽善に気付くことで…生きている値打ち価値が見出せる…

2018年08月16日 | Weblog
良い悪いで判断する矛盾意識からして幼いころから「飴と鞭」「ご褒美と罰」「天国と地獄」の使い分けでもって…飼いならされてきたようなものです。

しかも欲張っちゃダメよと言いながら欲張り続けている。
だから喧嘩してはダメよと言いながら我先に取り合い奪い合っている。
然るに仲良くしなさいよと言いながら比較競争差別し合っている。

だから自由平等を言いながら差別しあい束縛制限支配され否定反発排除される。
だから平和を言いながらも守るために戦う戦争になっている。

そして勝てば官軍負ければ賊軍と呼ばれる。
そして私は正しいから正義聖戦となっている。
だから爆弾を抱えて敵陣で自爆するも正義であり聖戦となる。
然るに人殺や乱クーデター維新革命でもって英雄勇者聖者となる。

また天国を求めるから今が地獄に思えることにもなる。
すなわち満足を求めるから今が不満になる。
だから幸せの青い鳥を探しに行くと現実が不幸に思える。

ちなみに結婚は人生の墓場とも言われる。
だから結婚指輪は小さな手錠と言った人がいる。

幼い我が子の寝顔に至福を味わうも夜泣きに腹が立つ。
親の言いなりの時は可愛いが従わなければ憎くなる。

この世人間界の矛盾を書けばキリがありません。

ところが日々の生活の中での矛盾が気にならない人となると…それが結果的に嘘偽りの偽善で生きていることになるとは思ってもいない人が多いようです。
それどころか矛盾しているのに私は正しいと自惚れ慢心している精神的に無知な人も多いようです。
それも日ごろから精神世界を意識していないから当然のことです。

だから矛盾偽善で生きていることが当たり前になっている。
そして夫婦関係や親子家族関係の不調和が当たり前になる。
またそれが不満となり不調和が次第に増す。
だから同じ屋根の下で共に暮らしながらてんでんバラバラになる。

そして老人となるほど家族から見放されたが如くの孤独感となる。
しかも(夫や妻が先立てば)親しい友がいなくて家に閉じこもることにもなる。
またお金があっても使い道がない…また苦労してためたお金だからもったいないと倹約する…持っているお金の価値が味わえない。
そしてテレビが友となるも…ながらテレビとなり…そして徐々に難聴となり…普通の会話が通じ難くなる…若者との会話ができなくなる…面倒くさくなる…そしてわびしさが漂う。
しかも寝たきりや車椅子での要介護となったり認知症となる可能性が大きい。

そんな将来を望んではいないはずです…
またそんなことになれば悔いが残りませんか…
だったらこれからどうしますか…

ゆえに本気になって精神世界を意識する時が来ているのではありませんか…

ちなみにこの世人間界の幾多の矛盾偽善に気付くだけでも(此れまで気付いていなかっただけに)何やら生きている値打ち価値を見出し、しかも気付くことの面白さみたいなのを味わえます。

時には…目から鱗が落ちる…一気に目覚める…神の声が聞こえたが如くになる…意識変わりが起こるかもしれません。
コメント

私は学校教育に洗脳されなかった一人です。

2018年08月15日 | Weblog
ちなみに戦後の義務教育では…良いことをしなさい・悪いことしてはダメと教えるのが当たり前でした。

そして薪を背負ってまでも学問に励んでいる二宮金次郎の銅像が校庭に設置されていましたし、蛍の光や窓の雪明りで勉強するくらいになれと洗脳されていました。

ちなみに私は学校教育の全科目が苦手でしたから定時制高校を卒業するも読み書きソロバンができるだけでした。

ちなみに体操の時間さえも体力体格背丈が乏しくて苦手でしたし運動して疲れるのもいやでしたから運動会やマラソン大会は苦手でした。

また音楽や絵画芸術文学・漢文英語となると全くの能無しでした。
しかし工作の時間だけは熱心でしたから版画彫刻で表彰されたことがあります。

とにかく背丈と学力は低いが遊び上手なことからして皆に一目されていました。
しかもビー玉やメンコの賭け勝負は上手でして大きな素麺箱にいっぱい貯めていました。

ところがそのことをご縁があった霊能者に話す時があったのですが…それは早くから世間に出ると潰されるから封じ込められていた・守られていたのです…と言われ…その霊能者も学友や友達も少なく独り立ちできるまであまり世間に出かけることもなく・その記憶もないから・どうやら家に封じ込められ守られていたようです。
ちなみに今で言う引きこもりのようなものです。

ちなみにUFOや奇跡や超能力はトリックで宗教はインチキ臭く思っていましたし霊界を怖がっていました。

ところが今では大きく様変わりしました。
だから押しつけ教育知識ではなくて自力でもって事実真実を知ることが重要になるのです。

また私としては世間の常識・特に冠婚葬祭や伝統風習や諸々の記念日に違和感があったから逃げていましたが、その代わりに習うよりも慣れろからして目新しいことばかり先駆けていました。

そして最終的にはビデオ撮影制作業を先駆けることとなり…この世の春を味わっていたのに…精神世界に目覚めたことからして現在があります。

ちなみに常識は世間の集合意識の塊だからいつの間にやら飼い慣らされたり思い込み刷り込み陶酔の自己洗脳となり自らを自縛することにもなり性格個性が発揮できなくもなるのです。

だからブログでもって矛盾偽善離れ常識離れすることも必要なのです。

然るに変人ではなくてまっとうな人間に戻れれるのです。
コメント

善悪優劣損得の矛盾で生きていることに価値はないが…しかし…

2018年08月14日 | Weblog
この世人間界の誰も皆が一人残らず良い悪いで判断し、好き嫌いで選り好みし、損得勘定で生きている事実があります。

然るにその矛盾で生きていることは…どっちでもない・どっちにもコロコロ変わる・定まりのない・いい加減な生き様になります。

だから生きているようで生きていない・死んだも同然の生き方になります。

然るに生きている価値がない・生きている価値を見失った・愚かな人生一生となります。

しかもそれで止まらずにして防衛本能と攻撃本能からして守るために戦うという矛盾があり、それが勝てば官軍負ければ賊軍呼ばわりされる矛盾もあります。

ちなみに天草四郎が引き起こした島原の乱が天草四郎の勝ち戦となりそれが次第に全国に広がればやがて宗教国家となっていたかもしれません…

ところがしかし島原の乱で戦ったのは多くの庶民やその他大勢の下級武士です。
然るにフランス革命や明治維新も同じです。

ちなみに映画ドラマで描かれているように突撃するほうも守備するほうもバッタバッタといとも簡単に人間人生が終わる・戦死しているさまを見て…
正義が勝っただの聖者の勝利となるシーンを見て…
その大勢の戦死者や負傷者があなたや兄弟身内友人であればどうでしょう…
またその罪は誰のものでしょう…

またモーセの海割れ現象で溺れている騎士があなたであれば…そのモーセを聖者に思えますか?…命令に従っている追手のあなたに何の罪がありますか…
また911で高層ビルに激突するも艦隊に体当たりする神風特攻隊も同じようなものです。

不意打ちの真珠湾攻撃も原爆投下もどっちもどっちでは…

書けばキリもなく事例がありますが省きます。

何はともあれ善悪優劣損得で判断していることは矛盾だけに白黒つけたがりますが、それを長い目で見ればどっちもどっちの結果になるのです。

ところが「私は正しい」となると事と次第がどんどん大きくなって喧嘩にもなるし傷害沙汰にもなるし人殺し戦争にもなります。

然るに<執着>すればダメよとなるのです。

だから人間本能の欲が出て執着すれば<欲張り>になるのです。
そして欲張れば欲張るほど事と次第が大きくなっていくのです。
然るに大は小から始まっているのです。

だから欲張っちゃダメよと書いているのです。

何はともあれ先ほど書いたように善悪優劣損得の矛盾で生きていることに価値はないが…
しかし…矛盾で生きていることに気付きそれが自覚認識となれば(死んだも同然からして蘇り)生きていく価値が見いだせるのです…ちなみに私の過去が当てはまります…

またそれが人間として生きている役割使命だと思っています。

しかも小から大となっている事実からして日々の些細な矛盾に気付いていけば大ごとにならずに済むのです。

ところがあなた一人の世界ではありません。
また欲絡みで集まっている人間関係だけにあなたの力量で何とななるような簡単なものではありません。

そこで長々と書くのをやめにして結論から言えば…
自分さえ良ければの個人意識からして(自分のために・己の精神のために)孤独の自由になって己の自力と自信と自己結果と自己責任の独自独歩で生きていくしか他に道はありません。

しかもこの世人間界が矛盾に満ちているからには何を成せども同じ矛盾の結果になることからして…いま以上に欲張らずにして…自分にできる当たり前のことを成しながら…世間の片隅で心静かに生きていけば矛盾から離れた生き様にして…心身のストレスから解放された生活となります。

そして欲から離れるごとに人間関係が少なくなり孤独の自由が本物になります。

ちなみに人間関係があるよりも孤独の自由がいいのもなんか変ですね、
また戦争で簡単に死んでいく様からして命が安っぽく思いませんか、
また有史以来繰り返されている維新革命戦争ごとに物質文化文明が進化発展するのもなんか変では、

その原因は一体何でしょうか…自問自答すればどうでしょう…
コメント

娘が「私の道先案内」のお役を果たしたから…皆さんの道先案内のブログを書くことになりました。

2018年08月13日 | Weblog
世間一般では己が思い描き理想目的でもって目指しそれが叶うか否かで一喜一憂しながら人生を歩むのが常道です。

ところが私が過疎地で暮らすようになったのは何度も書いているように仕組まれ続けた結果ですから…私が前もって思い描いた結果ではありません。

そして数々の仕組まれの中に娘との縁があります。
と言うもの…田舎暮らしを目論んでいた私の娘夫婦のために廃屋を探し理想的な物件を購入することが決まったところが…諦めていた娘の妊娠がわかり…結果的に購入を決めた私にお鉢が回ってきた経緯があります。

また過疎地暮らしが始まってまなしに娘が崇拝していた完全真理の山田耕栄さんの講演会録音テープ100本近くを持ってきて…暇しているのだから聞けばためになるとなり…それが縁で完全真理のブログを書き始めたのが現在まで続いています。

と言うことは必然のご縁から…娘が原因となり…「私の道先案内」を果たしたことになるのです。

またそれが…逆は真なりの常識離れしたこの世に稀なるブログを書く…その役割を果たすことになったのです。

手短に書けば…幾多の奇跡が一本道に仕組まれ現在の私があることは…この世に生まれた私の役割使命がこのブログなのです。
…このブログを書くために仕組まれ続けたのです…

そして(せん越ながらも)必然ご縁で来られた人の道先案内を果たすことになるブログなのです。

そして物事の裏も表も根掘り葉掘り書いてはいるものの…結論は…
欲が出ても欲張らない、だから拘り執着しない、成り行き任せの自然体で生きていくことになります。

此れだけでは物足りなければ根掘り葉掘り書いている数々の本文を開いてください。

そして納得確信し自覚認識となれば先行きの道先案内になるはずです。
コメント

自分さえ良ければの個人意識でもって個人の自由を精出し行使する…

2018年08月13日 | Weblog
天地創造の宇宙・神・愛の仕組みからして人類が登場しましたが、ところが神ならぬ自分さえ良ければの自己中心の個人意識が仕組まれていました。

然るに仕組まれ持っている個人意識を無くして消すことは絶対にできません。

ちなみに消すことが可能であれば此れまでに大勢の人が神意識になっているはずですがしかし誰一人実在していません。

なのに神の代理人・神の化身・神の愛を持つと言われる偽善者があちこちに出てきて我神なるが如くの神がかり奇跡を見せて大勢の人を集めそして個人意識はダメ・世のため人のために尽くす愛に人になれとばかりに説教したのが大間違いだったのです。
…個人意識を否定したのが大間違いだったのです…

然るに偽善者だけに…完全なる宇宙・神・愛の仕組みに…気付かなかったのか、
また自惚れ慢心からして完全本物を知ろうとしなかったのかもしれません。

何はともあれ…何故に誰も皆が公平にして個人意識を持っているのか?…
その仕組み原因がどうやら自覚認識できていなかったようです。

なのに己の持つ特別な能力からして(私は正しいと思い込み)己が神の化身が如くに思い陶酔して…その己の思いを神の思い神の愛だと偽り言い聞かせ信じさせ従うように企てたのです。

何はともあれ個人意識を持って生まれたのは…自分のために生きていく、人のことはほっといても自分が思うがままに生きていく…その個人の自由にして生きていくために仕組まれたことですから…矛盾のない完全なのです。

ちなみに…自由なくして平等調和の平和には絶対になりません。
だから個人の自由は絶対的に必然なのです。

なのに個人の自由を放棄してまで(洗脳されたが如くに)恋人のため・夫や妻のため・我が子のため、また親のため親戚のため世のためと犠牲になることで善人ずらしていたいのです。

ちなみに矛盾偽善意識のものが如何に善に思うことを成しても(原因が原因だけに)偽善に変わりはないのです。
またこの真理・道理・理屈が理解できていない人が多いようです。

然るに過去の釈迦やイエスやサイババが心を込めて神を説いても…矛盾偽善のものが神を説いても…結果は矛盾偽善になるのです。
…だから人様を巻き込まないで己一人に止めておくことだったのです…
…そして自らが神の愛に近づく道筋を孤独の自由にして歩んでいけばいいのです…

ちなみに私は個人の自由にして(放任的に育ち)幼いころから遊びほうけていましたから学識知識学歴教養に劣っています。
…小中高校も勉強よりも遊び心で通っていました…
…学ぶより慣れろからしてそれが自力自信になりました…

ちなみに結婚生活や子育家庭も自己中心でしたから…妻や子のためというよりも、妻がいれば自分に都合がいいから・特にセックスが満たせるから、
また妻や子の喜ぶことが私の喜びになるから、だから自分だけではなく妻や子らと共に遊びに出かけることが多くなりました。

そして結果的にはスイッチポンとなり更に贅沢三昧となりました。

ちなみに親孝行とかの思い意識もなかったから父親や母親が死んでも涙の一粒も出てきませんでした。
それだけに葬儀法要・先祖供養・仏壇お墓なんかは最も苦手でした。

だから過疎地に来てから20年あまり冠婚葬祭先祖供養仏壇お墓や神社仏閣にご縁がありませんし、しかも全く気になりませんし、正月お盆も記念日もありませんし、人間関係もその時々の必然ご縁に限っていますから、毎日暇する有様です。

何はともあれ…仕組まれ続けて妻や子から離れた過疎地暮らしになったのも「自分のため」ですから…その孤独の自由を十分味わっています。

ところで最近になって…過去の世間的ではない健康食品・環境製品・摩訶不思議エネルギーグッズ・波動浄水器などを…これは良かれと思って販売促進したことを後悔しています。

ちなみに信じるか否かのあるごく稀なるものを良かれと思って宗教が如くに布教宣伝したことになるからです。

然るに此れは良かれと思っても自分だけで留めていれば人を巻き込まずに済んだのにと悔やんでいるのです。

…何たってデパートで選り好みしながら買い物をするのとは大違いですから…
…私は知っているぞとばかりに自慢して人を呼び込む・先を見る感性があり賢く見せかける・善人ぶったことになる…

そして結果じゃないよ原因だよに反する行い・未熟者だったことに気付いて今更ながら恥じているのです。

となれば…このブログはどうでしょうか…人集めして巻き込んでいるのでは…
しかし今となっては引っ込みがつかないし・暇するし、
このまま惰性的に続けるのか思案中ですが…削除する気は全くありません。
何たって内容は自信に満ちているからです。
となればこのまま続くことにもなります。

何かアドバイスがあればよろしくお願いします。
コメント

欲張ることは誰もが公平なる調和の仕組みに反する

2018年08月12日 | Weblog
あの手この手と品を変え根堀り葉掘り書き続けるもなかなか伝わらないのが…何もせずにグータラしているときの精神安定の時間が幸せだということです。

すなわち暇しているときが精神安定にして穏やかな時を過ごしていることであり、それが長く続くほどに過去の変化刺激に満ちた生活が愚かになり次第に色あせてきたのです。

そして今では二度と過去に戻りたくなくなったのです。

だから過去の変化刺激に馴染んでいた時には暇することが何ら役に立たな怠け者に思えたし、つまらない事であり面白くもなかったのですが…
それが映画ドラマで言えば…神の声が聞こえてきて・神の愛を知って…意識変わりし生活が様変わりしたことになります。

だから皆さんも素朴謙虚にして心静かに暮らしていれば、その暇しているときの精神安定の真価価値に気付くことになります。

ちなみに一時の心やすめ仕事休めからして暇するのと違って…ずーっと暇することに慣れてしまえばそれが当たり前になり俗にいうグータラ生活が身に付くのです。

そして過去の頑張り見栄張り欲張って無理し自慢していたことが相当な心身の疲労になっていたことにやっとこさ気付くのです。

また変化刺激や快感快楽に惑わされていたからこそ頑張り続けることができたと真摯に気付けます。

しかも何やら・いつの間にやら洗脳されていた・思い込み・刷り込み・自己陶酔していた・飴と鞭で踊らされ縛られていた・集合意識や世間の常識からして自縛していたことなどにも気付きます。
…とくに「思い込み」でもって自縛していたことに気付きます…
…しかも学識知識教養に富んだ有能な人ほど思い込みが多いと思います…

だから非常識で逆は真なりのこの世に稀なるブログに馴染めない人が多いように思っています。

ちなみに先日のコメントに…欲を抑えていたら不自由なのでは?と書き込まれていたので…逆は真なりのコメントでもって返答しました。

だから簡単端的に読んで簡単に解釈すればブログの奥深さが読み取れません。
だから自問自答しながら読み返すくらいの力量があれば理解も早まります。

何はともあれ…完全なる宇宙・神・愛の仕組みからして…不完全なものが欲張って得をすることは絶対にありません。

またこの世の常識からしても…神を信じる者が欲張ることは…罪を犯すことになります。

然るに欲張ることは…誰もが公平なる宇宙・神・愛の調和の仕組みから反することになります。
コメント (1)

知らなかった様々な事実を書いている本物のブログです。

2018年08月11日 | Weblog
楽しさを追求するよりも、本来の人間性を追求するのが本筋です。

その楽しさを追求すると衣食住を極め、肉体を極め、セックスを極め、感情を豊かにし、好きなことを極め、人間関係を豊かにし、芸術関係を豊かにし、センスを極め、世間的には人間性を豊かにすることになります。

何はともあれ…楽しく生きることが生き甲斐になります。

ちなみに過去の私は世間一般の人たちよりも楽しく過ごすことが多かったです。

何たって遊ぶために仕事をしていたようなものだし、父親譲りの江戸っ子気質で宵越しの金を持たずに遊びほうけ、金は天下の回り物とばかりに貯蓄するよりも前借することが多かったです。

そして好奇心旺盛なこともあって戦後の高度経済成長からして出てくる新製品を次から次と先駆けていました。

ちなみに第一次投げ釣り・海釣りブームの先駆けをし、出始めたばかりのアクアラング潜水になり、水中撮影になり、出始めのビデオ撮影機となり、その遊びから始まったビデオが大金をつぎ込む先駆け事業となり…まさにこの世の春を味わってきました。

また夫婦円満・セックス円満・家族円満・仕事円満にして我が人生を謳歌してきました。

ところが好奇心旺盛なことから60歳を過ぎて摩訶不思議エネルギーに関わりそれが縁で自然体の愛を説く霊能者とのご縁が仕組まれたことからして思いもよらない方向性になり…現在に至りました。

然るに楽しさを追求していたのが様変わりして人間本来の精神面からして人間性を追求することになったのです。

そして前頭に書いた肉体を極め感情を豊かにすることよりも精神が肝要と書くようになり…結論的には…欲張らない実践を書くことになったのです。

然るに神の愛を説く真理や宗教や霊能者やスピ系を離れて…通り超えて…欲張らなければすべてよしとなったのです。
…ごちゃごちゃ思い考えるよりも…とにかく欲張らなければいいのです…

何でと言えば…現れ出た結果じゃなくその原因だよとなり、その原因となる矛盾意識からして何を成せども同じ矛盾のある結果になるという事実からして…
ならば頑張り欲張り見栄張り無理しないで食って寝て糞をするだけのような楽ちん生活のほうが心身のストレスにならずに済むのです。

そしてストレスが万病の元であり、不満が諸悪の根源であることからして言えば…
此れではダメだの不満と何とかしなければの欲から離れた生活をするしかないとなったのです。

そして欲張らない実践をし続けていることで尚更にこの世人間関係の矛盾偽善が明らかになりましたが、
皆さんがこのままに推移し繰り返していれば本来の人間性が失われ精神的に路頭に迷うことからして自分で自分の墓穴を掘ることになり、
結果的には「人間やめますか」となるのです。

然るに…言うだけ・聞かせるだけ・書くだけではなくして…裏表の矛盾を事実にして数多く味わっているものが書く本物のブログなのです。

ところがやはり精神世界よりも…まずはお金がなければとなり、そして金さえあればとなって、何よりも金儲けに先駆け先走っていませんか…
となれば欲張ることが先駆けになっていませんか…
そしてスイッチポンの生活を先駆けることになっていませんか…
しかも見栄や世間体や自尊心を高めることを先駆けていませんか…

しかしそれで本当に大丈夫なのかと…誰よりも本気で先駆けて…自問自答してみれば如何でしょうか…
コメント

宇宙・神・愛意識に一歩近づく

2018年08月10日 | Weblog
ギャオ無料映画ドラマ「パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡」が事実をもとにした内容だけに…どんな奇跡が起こるのか暇つぶしに見ましたが…番組の終わり近くになって…サーファーが毒クラゲに刺されて救急車で運ばれ応急処置を受けるも心肺停止でもって死を宣告されるがしかし、サーファーが救急車の中で神に許しを乞うたことが幸いして蘇生し戻ってくるという内容であり、その神の許しでもって蘇ったことを教会などで講演し今も多くの人に神の存在を知らしめる役割を果たしているようです。

然るに雷に打たれて死ぬところが蘇ったことで奇跡を起こせる超能力者や教祖になった人もいるようですし、完全真理の山田耕栄さんも重病からして命が助かり超能力が身に付いたと言っています。

だから何かのきっかけからして超能力者になった人があちこちにいても不思議ではありません。

ところがサイババの奇跡をトリックだのと言う人がいるように摩訶不思議を否定反発する人も多いようです。

しかし宇宙・神・愛の仕組みに計り知れないものがあるのは事実です。
そして同じく人間の頭脳能力にも計り知れないものが秘められているはずです。

だからそれらがマッチしてこの先に摩訶不思議が不思議ではなくなる・奇跡が奇跡ではなくなる…意識が原因の必然ご縁で仕組まれ…成るようになっただけで特別ではないとなるでしょう。

然るに予想外の「何でもあり」が(計り知れない)(高次元界)宇宙・神・愛の仕組みなのです。

ちなみに私は小学三年生のころ製綿所の息子の悪戯からして2m~3m下に突き落とされ転落し、しかも糸巻き機械の部品である鉄芯が並んでいるところに後頭部から落ちたために、その鉄芯が私の首筋に刺さり、あと数ミリ違いっていたら死に至るところでしたが、その後遺症が残る中で元気に生きてきました。

また成人してからのアクアラング単独夜間潜水で二度三度水中での事故に遭遇しましたが動揺しないで冷静に対処し工夫し何とか窮を脱し死なずに済みました。

然るに奇跡と言えば奇跡でもあるが…「未だ死ぬ時」ではなかったから助かったと思っています。
またそれだけに…死ぬ時が来たら素直に死ねばいいと…単純に思っています。

ちなみに…奇跡が如くに運良く助かった人の事例が多いはずです。
…私とご縁があった人で奇跡が如くの人が三人ほどいます…

ちょっと横道にそれたかもしれませんが…
人それぞれですから奇跡を成す人も野菜を作ったり魚をしている人も同じです。
ただ自分にできる内容仕事役割が異なっているだけです。

また人為による奇跡的な恩恵を受けて有頂天になっている人もいますがそれで己の意識が目覚め修正改革されるわけではありません。
それどころか思い込み陶酔妄信自己洗脳からしてヘンテコなことになるかもしれません。

ところが先ほどの映画ドラマが如くに真面目真剣本気でもって奥深く後悔反省すれば目覚めたが如くなって意識変わりとなる場合はあるようです。

またそれは神とかの他力ではなくて…己の意識が奥深く達して(内在神)自らが本心で見直し気付く自問自答などの自力で成したことなのです。
…ちなみに神の声が聞こえたというのは思い込み刷り込み現象また幻や錯覚や自己陶酔などの部類で…しかも格付け・後付け・理由付け・装飾されたものかもしれません。

何はともあれ…宇宙・神・愛の仕組みの中で特定の人間の声や言葉が出てくることは絶対にありません。

ただ人と人とのテレパシー以心伝心があるのは間違いありません。

また念じれば結果が出ることがあるのも事実です。

だから宇宙万物すべては意識でつながっているのです。

そして…この世は意識が原因で結果が出る…意識の世界なのです。

ところが人間意識に矛盾があるからヘンテコなことになっているのです。

それだけに…この世の矛盾を自覚認識する必要があるのです。

然るに…この世の矛盾を知らずにして何を知る…となるのです。

また矛盾を知ることで宇宙・神・愛の完全を知ることにつながるのです。

そして…完全意識になるのは無理だから…そこで不満と欲から離れるために欲張ることをやめにすれば…宇宙・神・愛意識に一歩近づくことになるのです。
コメント