矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

この先=自分の身は自分で守る=時代が来ます。

2016年03月15日 | Weblog
人間が生きて行く為に最も重要な自然界がおかし気なことになっていますが、しかし今となってはどうすることもできません。
更に深刻になっていくだけです。

その責任は現在の高齢者や団塊の世代にあるのですが、それも国家社会・政治経済に踊らされた被害者でもあります。

然るにその反省を込めた生き様が、頑張らない・欲張らない・見栄張らない・無理しないで楽に生きることの実践です。

然るに生きているだけで善しとするその自力自信の精神力でもって日々を静かにして穏やかに生き続けることです。

ちなみに超高齢者社会になれば医療の面でも年金面でも介護の面でも厳しくなっていくのは当然です。

ちなみに医療制度も金持ちだけの制度が如くになって、多額の医療費が支払えない貧乏人はそこそこで切り捨てられることにもなり兼ねません。

しかも天変地異が起これば国家社会経済が破たんする可能性もありますし、混とんとした諸外国の政変・異変が我が身にも及ぶことでしょう。

しかも何を成せども偽善の積み重ね&苦楽の繰り返し&心身のストレスになるだけです。

更に国家社会・政治経済・医療制度・保証制度などの他力依存から抜け出さないと結果的には自分が困ることになるだけです。

然るに働いたら負けとか言うニートや山奥ニートやBライフ・サイレントテロなる形を先駆けている若者が増えていることが前触れ前兆かもしれません。

然るに=自分の身は自分で守る=時代が来ます。

それには心身の健全健康が第一になります。

その為にも素朴にして謙虚に生きて行くしかありません。

コメント (3)

苦労した甲斐がある、苦労した甲斐が無い、その何れが多いでしょうか、

2016年03月14日 | Weblog
皆さんの中で「苦労した甲斐があった」と満足できている人がいるでしょうか、

ちなみに皆が頑張り努力すればそれだけ己の入り口が狭くなりますから、尚更に頑張り努力しなければ負けてしまいます。

然るに受験勉強をして有名大学を目指し、また就職試験で頑張り、そして業績を上げることに努力し、その苦労をした甲斐があったでしょうか、

また努力によって様々な学科をマスターして成績を上げることが出来て、その学び知った様々な学科が現在も大いに役立っているでしょうか、
しかし人選でふるい落とすための教科学科同然だから多くが用無しの無駄になっているはずです。

また恋愛で苦労し、また結婚で苦労し、また子育て教育しつけで苦労し、何とか成人し独立するも、両者共にその苦労の甲斐があったでしょうか…
しかも途中結果ですから先行きは不透明です。

ところで過去の勇者や武将が計略策力でもって人をおとしめたり武力でもって制したり敵味方から裏切られたりする苦労もありました。

また様々な分野の巨匠と言われる人もそれだけの苦労をしてきました。

また天才と言われた人であっても苦労をしなければ社会の下隅で終わります。

また特別な超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・セラピー・カウンセラーなるものを施し成している者たちも、その成していることが偽善であっても、これまで努力し苦労してきただけに大事に守っていたいでしょう。

然るに「努力をした甲斐があって」公衆の面前でもって「志を持て」「為せば成る何事も」「苦労を買う」「努力を怠ってはならぬ」「怠けてはならぬ」「無理と思えどもやるだけやってみる」「神が手助けしてくれる」「誰かが後押しをしてくれる」「必ず正義は勝」などと得意満面になっている人がこのブログの来訪者の中にいるはずもありません。

せいぜいドングリの背比べで満足していることでしょう。
だから「苦労の甲斐があった」と自慢できることは殆どないでしょう。

また自慢できることが少しあっても既に過去のことです。
だから今の風勢・落ち目ぶりからして見栄で自慢しても大したことではないからそれで一巻の終わりです。
然るに自慢したことが自己満足で終わるならまだしも、聞く耳を持たない・関心の無い相手の反応からして己が哀れで惨めで虚しくなるだけです。

だったら此れからは世間のドングリの背比べから離れて、然るにそんな苦労することをやめにして楽に生きればいいのです。

それでも夫や妻や子らが「苦労してこそ甲斐がある」と言い張るなら好き勝手の自由にさせておくしかありません。

然るに私は苦労した甲斐があっても一時で終わることに気付き、
また苦労したのに何の甲斐も無く(評価されずに)終わる、
然るに相手に私の頑張り苦労が通じずに苦い思いをしてきました。

然るにこの世の矛盾偽善からして何か事を成す事自体が苦労になるのです。
そしてどんな特別なことであってもその苦労の甲斐も無く終わるのが偽善の世界だけに当たり前なのです。

そんな過去があるから今が心地よいのです。
然るに過去を引きずらないで自由に生きることに目覚めたとも言えます。

然るに苦労の甲斐・生甲斐なんてものは要らないのです。

そんな自己満足・自惚れ慢心・虚栄心・見栄よりも、そんな世間から離れた自己縮小&孤独の自由にしての不平不満にならない生き様のほうが私には似合っていたのです。
コメント

自己拡大の特別な生き様の裏が出た=普通とは異なる=特別な老後と死が待っています。

2016年03月13日 | Weblog
この世に生まれて飢餓貧困&悩み心配&苦悩から人を救うために生きているのではありません。

然るに時代の勇者や武将になって困っている人を救うことがあっても、その裏では敵対する者を殺しています。

また文化文明や発明で多くの人の為に役立つも、その裏では人が困ることにもなっています。

また貧困飢餓を救い教育を施すも、その裏が出ると犯罪や人殺しや戦争に関わることになったり、中には爆弾を抱えて自爆するテロリストになるかもしれません。

あれこれと書けばキリがありませんが、
自分さえ良ければの個人意識・矛盾意識・偽善意識を持っているのが人間です。

だから上記に書いたように何を成せども矛盾偽善があるのです。
然るにどうしようもないのです。

だったらその矛盾偽善の積み重ねをしない自己縮小にして頑張らない欲張らない見栄張らないで無理しないままに楽に生きて行く方が結果的には(先ほど書いたように)世の為にも人の為にも災いを起こさないで穏やかに済むのです。

そして生きているだけで善しとなる生き様になることで欲が出なくなり、
その不平不満や不安心配や恐れ憎しみ嫉妬を持つことにならず、

また世間離れした関係からして孤独の自由になるも、その自由のありがたさが身にしみて判るだけに、人様を否定反発排除・束縛制限支配することにはなりません。

然るに自由平等を味わえることになり、

その精神力にして何事も無く暇で退屈するも、しかしそれが精神の安定であり、心身の健全健康につながり、

その穏やかな心にして衣食住に恵まれた地上の天国を味わえるとしているのがこのブログです。

しかしこのブログを何度読んでも実践が無ければ=何事も無い普通の生活=心意識の平常心=地上の天国を味わえません。

然るに人様に見せびらかして自慢する超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・セラピー・カウンセラーなる技能能力があるわけでもないし、
皆が褒め称えるような特別なことができるわけでもなく、
大したプライドがあるわけでもなく、
ほんのちょこっとだけ欲を出して特別なことを望んでいるような一般庶民が多いのがこの世です。

だったら自己満足と不平不満の喜怒哀楽の矛盾偽善の積み重ねをしない生き様になるのもそう無理ではありません。

しかもこの先は誰もが老いていくだけですし、その先にはすべてを捨てる死が待っています。

だったら今の内から自己縮小の実践をしていってもおかしくはありません。

然るに自らの先行きを自らの先覚者意識でもって先取りしていくだけのことです。

それも苦楽の原因である伝統風習や趣味嗜好娯楽から離れて行くことでその人間関係から縛られることが無くなり、また自らが選んでいた不自由不平等の自縛からも解放されるのです。

それを躊躇していると世間一般で見られるような闘病生活の老後や認知症の要介護で面倒なことになったり、
またウツや引きこもりや寂しさ虚しさ孤独感を味わいながら死に至る時がくるだけです。

然るに生きていることを十分に味わいながら何事も無い穏やかな普通の老後と死となるか、
それとも特別の生き様の裏が出たその特別な老後と死になるか、
その選択の時が今なのです。
コメント

自己縮小の必要性を自覚納得確信するだけでも善しとなります。

2016年03月12日 | Weblog
自らの自己縮小の実践が出来なければ、その苦と楽の喜怒哀楽&変化刺激快感快楽で生きることになります。

然るにこの世で生きている限り避けて通れないのが悲喜こもごもの対人関係・家族関係・人間関係があります。

然るにこの世の常識・伝統風習や道徳に巻き込まれて生きることになります。

だから見栄や世間体絡みの冠婚葬祭や伝統風習に巻き込まれ続けます。

また子供らの教育指導や学業成績の苦楽を味わうことになったり、また子供のいじめ関係や不登校や引きこもりや将来性に悩む親も多くいます。

また自らが事故や犯罪の加害者や被害者になったり、そんな人様の原因意識とその結果に巻き込まれて面倒なことにもなります。

また同じ屋根の下で暮らせども互いの意識の疎通がなくて虚しくもなるし、また否定反発されたり束縛制限されて自由=愛が失われます。

赤の他人同士が結ばれる結婚になれば、その夫婦仲の苦楽を味わいながらも、それが浮気不倫や離婚別居となって家族親族関係までがややっこしいことになるかもしれません。

書けばキリがありませんが、
然るに巷で起きている有事に翻弄されることが多くなります。

ところが前回に書いたように
自己縮小の極めからして食って寝て糞をしながらにして生きているだけの暇で退屈な日々が
それが事故犯罪や災害被害や何事も無いままにして、また不平不満や苦しみ悲しみ苦悩も無いままの=穏やかな精神安定にして健全健康に生きていた証であり、
それがこの世の衣食住に恵まれた=地上の天国を幸せにして味わっていることになるのです。

然るに何れの生き方を選ぶかは自らが選択することですが、それが自己縮小の選択を選んでも、簡単なようで簡単でもなくなるのが自力と自信の精神力ですが、ただ思い考えるだけでは自力自信にはなりません。

それでも自己縮小の実践の必要性を自覚納得確信できれば、その意識が原因からして矛盾偽善に気付くことが多くなり、
然るにゆっくりながらも自己縮小が進んでいく結果になるでしょう…
コメント

愛には喜怒哀楽がありません…だから誰もが幸せになれるのです…

2016年03月10日 | Weblog
結果が出てそれが自己満足になったり不平不満になっていますが、自己縮小を極めれば結果の無い世界と同じですから、
然るにそのまま・このまま・あるがままの愛、否定反発排除・束縛制限支配しない愛、然るに自由平等の愛があります。


然るに愛には喜怒哀楽がありません。
そして上下左右の差が無い普通の幸せがあるだけです。

ところが自己縮小していくと苦と楽の変化刺激が無くて何やら味気なく思うのですが…しかしそれだけに尚のこと=自己縮小していく中に=趣味嗜好娯楽=から離れて行く必要があるのです。

そしてそれが次第に板についてくるとテレビも新聞も雑誌も著書や芸術・文化・音楽・競技スポーツも必要なくなり、
そして今ある物を使い切ることにもなり、
然るに金銭の出費が概ね食って行く為だけになります。

然るに食って寝て糞をしながらにして生きるだけになります。
然るにホームレスや山奥ニートやBライフ・サイレントテロなる形と似た様な生き様になってきます。

ところが女性のホームレスやニートやBライフ・サイレントテロなる形になるのは稀マレです。
だから多くは男性だけの孤独と自由になりやすいようです。

また孤独の自由に憧れるもセックスレスになることからして躊躇する人も多いはずです。

然るに自分の都合からして他力依存の人間関係にもなるのです。

とにかく自己縮小を極めて行けばただ生きているだけのようになりますが、
それだけに尚更その生きていることを十分に味わえるようにもなるのです。

とは言っても元からして不完全なだけに、自己縮小すればするほど暇で退屈になるのもしかたのないことです。
それでも何とか続けている内にもっと奥深い味わいを感じるようにもなっていくのです。

そして諸々の人工的なものがどんどん味気なくなりますから、尚更に元の生活に戻ることなく自己縮小が続くことにもなるのです。

そして毎日がグータラですから…過去の記憶が無くて…まるで認知症になったような感じになります。
然るに昨日も一昨日もその前も一体何をしていたのか=特に思い出せる出来事さえも無くなるのです。

然るに日々「生きていた」=その積み重ねだけが月日で確認できるだけです。

しかしそれが事故犯罪や災害被害や何事も無いままにして、また不平不満や苦しみ悲しみ苦悩も無いままの=穏やかな精神安定にして健全健康に生きていた証になるのです。

そしてこの世の衣食住に恵まれた=地上の天国を幸せにして味わっていることになるのです。

然るに此れまで誰もが公平にして手に出来る幸せを見逃していて(錯覚勘違いしていて)誰もが手に出来ない理想目的を追いかけていたことに気付くことができる、この世に稀マレなるブログなのです。
コメント

このブログが間違いではなく、この世が間違っているのです。

2016年03月09日 | Weblog
このブログは完全なる宇宙・神・愛の仕組みに沿った完全真理を基本にして書いていますから矛盾が無く、その異論反論のコメントがありません。

然るに常識離れ、世間離れした事を書き続けていますし、世間から見れば変人が如くに思われる実践を平然としていますが、それが道理理屈・摂理・真理に合っていますから文句のつけようがありません。

然るにこのブログが間違っている事を書いているのではなくして、この世人間関係のほうが矛盾偽善からして間違っているのです。
このことが肝心要なのですが…果たして理解できているでしょうか…

最近では「生きている」だけで世の為人の為になるお役を果たしていると書きました。
然るに「お互い様・お陰様」の関係になっているから被害者や加害者の立場を超えた関係で共に生きて行くことを何度も書いています。

そして自己満足と不平不満の繰り返しで生きているのが人間だと書いて、その満足と不満の無い・苦楽の無い生き方になることが原点基本だとしています。

ところがこの人間関係が矛盾偽善に満ちていることからして個人の自由&孤独の自由にして他力に依存することのない自力自信の精神力でもって生きて行くしかないとも書いています。

その自力も誰もが持っている、人間として生きて行く為の力ですから、一切の特別はありません。
然るに人それぞれに果たす役割・個性が違っているだけですから、何処にも差はなく平等です。

そして世間で言われる神懸かり超能力なども己の役割を果たしながら皆が一緒になって自由と平等の人間界にするための自力ですから、他の人の自力と同じであって特別な差はないのです。

また世間一般の人より劣る自力・個性しか出せない人が居ても、その自力・個性を使いながらしっかり生きて行くことが役割使命になります。
然るに安易に人様の力・他力を使わない自力で生きてこそ、その生きている価値を見出し味わえるのです。

然るに過去の如何なる時代であれ人間は生きてきました、然るに南極や北極や極限の地や過酷な所であっても生きていることは同じなのです。

だから飢餓貧困の世界であっても、その状況環境をしっかり味わっていれば生きていることの喜びが味わえるのです。
だから太古より人間は生き続けてこれたのです。

ところがいつの時代も特別に欲張る人が出て来て、己の自力を超えたことを成すために人の他力を集めて、それをうまい具合に操りながら大掛かりなことを成して、その操った人たちを配下にして君臨してきたのが過去現在のピラミッド形人間関係です。

とにかく自問自答すれば誰もが答えを出せる当たり前のことを書いているのがこのブログです。

なのに信じるか否かの不確かな矛盾偽善があるブログの世界やその著書や物品や集会に銭を出してまで関わりたがるのでしょうか…

然るに特別意識の輩に集まりたがる特別大好き人間が大勢いるから、その特別な世界が賑わっているのです。

そして束縛制限支配したがる形や否定反発排除したがる輩の元に集まっては自らの自由を見失って自縛した形になっているのです。

それで何で精神の安定した日々の生活が得られるでしょうか…
然るにこのブログを読みながらにして自問自答すれば先行きが灯台の明かりが如くに見えてくるはずです。
コメント

老後を孤独の自由にして悠々自適に過ごすには自力自信の精神力が必要です。

2016年03月08日 | Weblog
国家社会・政治経済・教育指導・文化文明などに関わる諸々の働き仕事に自信自力があっても、内面的な心精神といったことに自信自力がある人は数少ないと思います。

だから自己満足と不平不満の苦楽・喜怒哀楽の繰り返しで生きているのです。

然るに伝統風習や道徳や巷の冠婚葬祭から卒業したくても、それが無理なのも自信の無さです。

欲張ることで自分の身を亡ぼすかもしれないと思いつつも、皆が欲張っているからと言い訳しているのも自信の無さです。

然るに金品よりも健康が大切だと思いつつも、しかし無理し頑張り欲張り見栄張りしているのも精神力・自信の無さです。

名声名誉・肩書よりも悠々自適の暮らしを望むも、それが実行できなくなるのも精神力・自信の無さです。

何はともあれ多くの人が定年退職したのちの老後を楽しむことを思い描いていることでしょう。
だから一財産持っているご老人が多いのです。
なのに暇で退屈だからと働きたがる人も大勢ます。

然るに老後とは言えども金を使えば減るのは当たり前だけに、万が一のために思いその金を多く使わずにして、支給される年金やパートで生活することになっている人も多いはずです。

ところで国の生活補助を受けている人が130万人を超えているそうですが、その中の80%が高齢者だと言うことですが…なんか変ですね、しかし何が原因なのか知りませんから何も書けません。

ちなみに私は自動車のガソリン代で月5千円から1万円、タバコで月1万円以上使っているしパチンコでも1万円は使っていますが、それでも月5万円の年金が残って溜まっています。

また最近では一部の若者が就職もせず、結婚もせず、住居となる家族を持たずに、自動車に乗ることも無く、孤独の自由にして月2万円程度で生活しているようです。

とにかく誰も皆が公平にして老後を迎えますが、その老後の生き様に大きく影響するのが先ほどに書いた内なる心精神です。

だから巷の変化刺激に引き込まれたり、邪な輩の他力依存的な神仏霊魂・信仰宗教・超能力・霊力・念力、手かざし・チャネリング・ヒーリング・セラピー・カウンセラーなどに惑わされないで、
とにかく素朴謙虚にして心静かに生きて行くことになればいいのです。

だから他人事のように構えているのを卒業して、皆して赤信号を渡るのをやめにして、今の内に己の自力自信の精神力を磨き高める必要があるのではありませんか。

あなたの老後の為にも、あなた自身の精神の安定の為にも、何で私がこんなことになるのよと惨め哀れに思ったり悔やまないためにも、他力依存的な生き様をやめて自力自信の精神力を磨き高めることが賢明ですよ。

その為にも孤独の自由・個人の自由・己の力で生きていく取り組みが必要にもなります。
コメント

個人の自由を行使する為に=自らが其処から離れて行くことになる道理があります。

2016年03月07日 | Weblog
私は個人意識丸出しだけに、妻のため子のためと言うよりも、自分に都合が良いことならば、そこで皆といっしょになって行動を共にしているというような感じでやってきました。

また自分のやりたいようにやっているその自己満足で十分でしたから、あえて妻や子や人様に対して何かと求めることもありませんでした。

然るに自分は自分で満足しているから、身近な人を巻き込むほどに欲張らなかったのです。

だから自分の成したことで満足することが多くても、他力依存からしての満足も不満も無かったから、結果的には満足することだけですから、然るに納得人生にもなっているのです。

その自分のやりたいようにやれる己の自由の為にも妻や子の自由に任せていましたから、
然るに束縛制限・否定反発しない成り行き任せにして放任していました。
それがのちに家族に対する愛だと知ったわけです。

ところが自力が無くて他力依存の人となれば、その満足と不満の苦と楽を味わうことからして、然るに中途半端で納得人生にはなれないのです。

然るに他力依存の人が自己縮小することで、その苦と楽の無い暮らしになるのに、ところがその自力自信なさからして難しくもなっているのです。

それでもこの先には様々な有事や真坂の有事や自然界の猛威脅威が待ち構えていますから、まずは他力依存から早く卒業しなければ尚更に生きずらい結果になって納得人生で終わることが難しくなります。

とにかく個人意識丸出しの個人の自由を行使するのに自らが其処から離れて行くことになるのが基本にあります。

だから孤独の自由にしての過疎地暮らし・山奥ニート・Bライフ・サイレントテロなる形やホームレスにもなるのです。

ところで最近ほど究極の「極めつけ」を根堀り葉堀り判り易く詳細に書いているのですが、残念なことに、その内容が如何にもシンプルで軽いから単に読むだけで理解できることからして、そんなに奥深く理解し記憶することなく端的・単純にして終わっていると思えます。

然るに(書いている私の立場からしては)趣味嗜好娯楽が如くに読んで時間つぶしで終わるには勿体ないとして、じっくり腰を落ち着けて何度でも読み返すくらいの気構えが欲しいのですが、
そこまでいかないのがブログの世界ですから、既にあきらめの境地ながらも、他にすることが無いから時間つぶしに書いています。
コメント

元から持っている「孤独」と「個人意識」を否定反発しないで=自由=に生きるのが人間の基本。

2016年03月06日 | Weblog
人間は元からして(生まれながらにして)孤独なのです。
それも元からして自分さえ良ければの個人意識を持っているからです。

だから元から持っている孤独と個人意識を否定反発しないで自由に生きて行けばいいのです。
そうなれば気おくれ気兼ね遠慮することなく大いにこの世に用意されている諸々の仕組みやその結果&真実事実を様々に味わえて納得できるようになるのです。

なのに孤独や個人意識はダメとばかりにあれこれ言うからおかし気な世の中になっているのです。

また孤独が孤独感になるのも自由を味わっていないからです。
然るに人様のことを気にし過ぎたり、然るに気兼ね遠慮することが正しいとして自分・個性を正直に出せないでいるからかもしれません。

然るに人それぞれの個性性格を否定反発する者や自らが此れではダメだと自縛する人がいるのです。

それも集合意識からして正しいと決めつけている常識や伝統風習や道徳が原因にあります。

そして誰も皆が同じ偽善者なのに、善行奉仕することが正しい、人に親切にするのが良い人だ、相手のことを思って対応するのが賢い人だ、また先人の思想哲学や教訓・訓示などを引き出して偉そうに宣う(のたまう)人が居たり、
また賢い人・一角の人・人気のある人・名声名誉のある人、世間に出しゃばる人、目立ちたがっている人、然るに普通とは違う特別意識の人たちがいますが、
それら全員も当然ながら偽善の人なのに、あえて己の粗食や粗末さ謙虚さ素朴さを見せる等して、その見せ掛けの謙虚素朴を見せたり人が集まるところで私は正しいと言って聞かせたりしている人が居るのも原因です。

然るにそれら集合意識からして常識化していたり、また思い込み洗脳が如くになっていたりするから、それらに反することはダメだとなり、そして自責からして私はダメ人間だとなったり、自縛にもなるのです。

また反対に偽善の積み重ね上塗りになることも気が付かずにそこで一生懸命に頑張り無理し努力することで世間に認めて欲しがる人が増えるのです。

そして勝ち組や負け組に評価されることにもなっているのです。

だから不登校や引きこもりやウツで閉じこもったりする者や、
その反発からBライフ・サイレントテロなる形や山奥ニートが出てくるのも当然なのです。

こんな事を根堀り葉堀り書けるのも個人意識丸出しでもって孤独の自由を精一杯味わっているからです。

然るに皆さんも如何ですかとブログで促しているのです。
コメント

このブログを読むことで巷の邪な偽善者が成す事に惑わされることが無ければ善しとなります。

2016年03月05日 | Weblog
このブログに訪れている人の中に自由の重要性を自覚認識できている人も多いとは思いますが、いざ孤独の自由になるには八方ふさがりに思えている人ばかりかもしれません。

そして夫や妻や家族や柵シガラミに縛られていると思っているとは思いますが、実は自らが自縛しているのです。
何故なら個人意識からして自分のしたいことを成すことが出来るのに、その自力自信の無さからして責任転換していたり言い訳正当化しているだけなのです。

然るに偽善者が偽善の上塗りをしているのです。

そんな中にタイミング待ちの人もいるかもしれませんが、そのタイミングも人様絡みで自分は蚊帳の外でいたがるところもあると思います。
然るに弱気で自らがタイミングを作れないでいるのです。

それが見栄や世間体やプライドであることは間違いありません。

然るに「習うよりも慣れろ」からして自信自力は実践している内に身に付くものなのです。

然るに冠婚葬祭でも仕方なく・いやいやながら対応じているはずです。
然るに先陣を切って走れないので様子をうかがっているのです。
だから二番煎じ三番煎じの後回しにしているのです。

しかも諸々の趣味嗜好娯楽となると更に後回しにしていたいのです。

と言うことからしてこのブログに関係ないところの人が、人それぞれに取り組んでいるのです。

ちなみにブログの世界であれこれさ迷って時間つぶしをしているだけなのです。

だから他力本願からして、自らが実践するとなると中々本気になれない人が集まるところがブログの世界とも言えるのです。

またそのブログを書いているブロガーも自分の出来ることに満足しているから自分の偽善にも気づかなかったり、また善なる心からして気付いてもその偽善の積み重ねをすることからは中々離れられないのです。

ちなみに勇み足からして先陣を切ったものだから途中で引き返す勇気も無いのですが、それが見栄・世間体・プライドなのです。

然るに自分の自由よりも人様に関わって自己満足する方を選ぶのです。

だからブロガーながらも人間の根幹である自己満足や不平不満に対するしっかりした説明も無く、束縛制限・否定反発の無い愛を書く事も無く、まして真の自由&愛を書く事にもなりません。

ちなみにこのブログを理解できる人は既に自己縮小をして小さく生きることの喜び楽しさを実感でもって味わっているのです。

しかし其処まで辿り着けなくても、
このブログを読むだけで巷の邪な偽善者が成す事に惑わされることが無ければ善しとなります。
コメント