この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

別府に行ってきました。その2。

2019-08-14 14:20:44 | 旅行
 近くのパチンコ屋の駐車場に車を停め、亀正くるくる寿司に戻ってきたのは12:15ぐらいでした。
 万が一にも遅れるわけにはいかないですからね。
 そしたら先に用紙を確認したまささんが「全然無理」と言いました。
 全然無理って???
 まささんが名前を記入した用紙を確認すると、まささんの名前は用紙の三枚目にあり、バツ印がついているのはまだ二枚目の半ばでした。
 確かに15分後に自分たちの番が来るとは思えない。
 誘導員のおじさんはかなりテキトーなことを言ったってことですね。
 そりゃまぁ確実な待ち時間なんてわかるはずないけどさ・・・。
 仕方なく自分とまささんはさらに時間を潰すことにしました。
 二人でオートバックスに行ったり、別行動でまささんはパチンコをして、自分はベスト電器に行って、、、そうやって時間を潰して亀正くるくる寿司に戻ったのは13:20ぐらいかな。
 そしたら何と!自分たちの名前は13:10に呼ばれてました・・・。
 結局自分たちがお寿司にありつけたのは13:30でした。
 およそ二時間半待ったことになりますね。
 これでありつけたお寿司がしょーもなかったらブチ切れものですが、、、ではお待たせしました、これが別府の亀正くるくる寿司です!!


   

   

   

 上から中トロ、太刀魚、ハモです。
 お世辞抜きで二時間半待った甲斐がありました。
 中トロでも380円、ハモなんて京都では高級魚なのにここでは130円ですからね。
 何でそんなに安いのか?と聞きたくなるぐらいです。
 もぅめっちゃ食いました。
 普段回転寿司であればとりあえずお腹が満たされればそれでよし、という感じなんですけど、この日はこれでもかというばかりに食いまくりました。
 通常の回転寿司だと生臭くて食えないことが多いウニやデザートのプリンさえ美味しかったです。

 メニュー表の写真を貼っておきますね。


   

 一つ心残りだったのは関サバ関アジが売り切れていたことでしょうか。
 関サバ関アジはいつかリベンジしたいです。


                                                 続く
コメント