そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

嘘と誤魔化し、隠蔽と改竄を重ねる子々孫々にツケを回す安倍晋三

2018-10-30 | 安倍晋三

昨日(29日)の東京新聞を見て驚いたが、当然であろうという気持ちである。『防衛予算で戦闘機やミサイルなど高額兵器を導入する際、費用を複数年度に分けて支払う「後年度負担」の残高が2018年度予算で初めて5兆円を突破し、2019年度は5兆3千億円に達する見込みであることが分かった。輸送機オスプレイなど安倍政権で急増した米国製の高額兵器導入が、大きな要因となっている。兵器の輸入拡大に伴い、毎年の後年度負担の支払いも増加しており、防衛費の大幅増につながっている。』と報じている。
本ブログで昨年、武器を買いたいだけとFMSについて強く批判した。およそ通常の商取引ではあり得ない、言われるままの金額で購入しなければならないFMS取引が、異常に伸びていることが判る。
FMSとは、「Foreign Military Sales」即ち「対外有償軍事援助」と訳されている。が、実態は企業取引きではなく、アメリカ政府との取引である。価格交渉はできず提示価格そのまま、前金で支払うことになっている。購入後のメインテナンスも販売企業から受けなければならない。地位協定を思い起こさせる内容である。この未払が未払全体の30%を超え、全体で膨らんだ防衛予算を超える勢いである。このFMSという馬鹿げた取引は、これまで封印されていたのを安倍晋三がパンドラの匣を開けたのである。アメリカのやりたい放題を日本の政府が認めたのである。
これから1基200億円とこれまでの倍の価格にあげられたオスプレイや、イージスアショアなど、金がいくらあっても足りない、アメリカからの兵器購入が待っている。結局は、消費増税はこれに持ってゆかれる。虚偽の増税理由に国民はほんろうされる。

澤藤統一郎氏の発言が安倍晋三の手口を言い当てて正しい。澤藤氏は、『・・・森友・加計学園に典型的にみられる権力の私物化、「働き方改革」のウソ、外交交渉の内容の捏造等々、ウソとごまかしによる「ポスト真実」の政治を許せず』と書かれている。
安倍晋三は、(本ブログでは9条の会の大江健三郎氏の呼びかけでこの男に敬称は付けていません)”には真摯に対応する”と言って、時間稼ぎをして別の問題が起きた頃に、対応しているふりを見せてもみ消す。これが常とう手段である。その誤魔化し方も、時間が経てばさらに大きくなって顕在化する。その典型が上記の防衛費である。
森友加計問題がいつまで経っても火が消えないのは、安倍晋三と取り巻きが嘘を延々と重ねているからである。
天文学的な負債を地ゼ台に積み残し、虚偽と隠蔽を重ねても、誰も責任を取らない。哀れな政権と国家である。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« トランプの言い訳を他国には... | トップ | 禁じ手”行政”に不服審査申し... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2018-10-31 21:08:46
一体いつまでアベシンゾなる嘘と誤魔化しの輩が日本の首相の地位と権力とを保持し続けるのだろうか。ジミンコーメなるいかさま嘘つき政党も然りである。必ずや天誅が彼らに降りかからんことを願う。もう二度とけっしてこんな不徳不正な輩達に権力を握って欲しくない。今のままなら、日本と善良な人々は彼らによって完全に潰されてしまうに違いない。
Unknown (W)
2018-10-31 23:57:06
全体の予算の45%が給料などの人件費に使われていますからNATOの防衛費はGDPの2%ですから日本もGDPの2%
まで増やすべきでしょう。
w様 (そりゃないよ獣医さん)
2018-11-02 21:01:12
それを軍拡競争と言います。相手国も同様に考えていては、人類は破滅へ進むだけなのです。
戦争について (Unknown)
2018-11-02 22:34:46
戦争は国家間のエゴ、侵略等によって起きる。
先の大戦は、国の一部の指導者のエゴ狂愚によって起きた。
戦争は国家による国民の大量虐殺。そこに、国民個人の生命も人権尊重も全く無い。
この何百万、何千万の血の犠牲の上に、歴史の負の遺産の上に、現憲法の、平和主義、国民主権、基本的人権が生まれた。
故に現憲法は多くの犠牲を経て得た人類の叡智と言うべきもの。
戦争とは何かを考える事と現憲法を考える事は表裏一体。
武器によって平和は訪れない。今の政権は歴史に学ばず又この愚を繰り返すのか。平和を作り出すものは叡智である。

「剣を取る者は剣で滅ぶ」(バイブル)
軍拡どころか玩具の軍隊 (mars)
2018-11-03 19:31:00
軍拡どころか酷いことになってます。
まずは減ったもの
機甲師団>消滅
回転翼機>自然消滅
要撃機>減数
給与>実質削減
消耗品>壊れたまま
無駄に増えたもの
オスプレイ(未亡人製造機)
イージスアショア(イージス艦より高価、船は?)
水陸両用車(不良在庫、増強するとして新規生産は韓国製の棺桶)
SM3(何故か日本の技術が一周回って米国とイスラエルのパテントに)

まず安倍をクビにして「専守防衛」に戻すことです。
オスプレイの配備をやめて回転翼機(警察、消防民間と互換性のある機体)の充足と飛行艇の配備。
イージスアショアは不要…欲しけりゃイージス艦にキャタピラかタイヤ付けたらいい、アショアでは配置変更出来ない。
水陸両用車は不要、専守防衛には戦車が必須。
三式弾(中SAM)のファミリー化で国産ミサイル防衛網を作る。
唯一博打に勝ったF35の導入は実は「民主党の仕業」だったりします。
つまり安倍政権は日本の防衛に寄与どころか「全敗」です。
Unknown (M)
2018-11-05 21:44:38
専守防衛というのは、中曽根内閣の時のただの閣議決定です。そんなものは閣議決定をやり直しすれば、簡単にひっくり返せます。

コメントを投稿

安倍晋三」カテゴリの最新記事