ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

カンボジア;アンコールワット ⑥

2010年01月31日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 豊かな胸に引き締まった腰、厚い唇に優しい笑みを浮かべた天女たちいました。
コメント

カンボジア;アンコールワット ⑤

2010年01月31日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 何世紀にも渡ってこのように変化してきた自然の脅威。
コメント

カンボジア;アンコールワット ④

2010年01月31日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 アンコールワットは良くこんな写真が紹介されている。発見当時はガジュマルやパンヤノキが茂り密林が建造物を覆っていたという。今もそのままの寺院があるというが、アンコールワットは修復中だから一部分がこんな状態で残されていた。
コメント

カンボジア;アンコール トム

2010年01月31日 | Weblog
午前中はアンコール・トムをまわった。アンコールは「都市」、トムは「大きい」という意味でその名が示すように周囲3km×3kmの堀で囲まれた大きな寺院だった。
寺院に彫刻された巨大な顔は周囲を圧倒していた。どの方向からカメラを向けたらこの魅力的な顔が入るか迷った。
コメント

カンボジア;アンコールワット ②

2010年01月31日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 青いビニールシートで覆われた部分は現在修復中の部分という。日本チームやドイツ、フランスなどいくつかの国が担当場所をきめて行われている。日本が担当しているところを見てきたが、今年度終了の予定というがとても追いつかない様子だった。
コメント

カンボジア;アンコールワット

2010年01月31日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 1月15日(金)観光最終日 この日は1日中、世界遺産のアンコールワットを周った。
今朝は5時に起きてアンコールワットの向こうから光が差す日の出を拝み、写真に撮ろうと“ここが一番いい”という場所に案内され、スタンばった。そのとおりきれいな写真がとれたが、このブログが受け付けくれないのです・・・。残念。
この写真は、午後に再度出かけたときにアンコールワット前の池を入れて撮った一枚。
胸にぶら下がっている白いカードは通行手形;アンコールワットに入る前には写真つきのカードを作り、必ず携帯しなければならない。

 シェームリアップ到着から現地guide、男性の“プティ”さんが巧みな日本語で案内してくれている。日本へは1回もきたことが無いというが、教師の経験があるというからきっと勉強家なんだろうと、感心してしまった。
アンコールワットの歴史について、クメールの歴史について解説してくださったが、勉強不足の頭にはなかなか入っていかない。長大な歴史を持つアンコールワットについて、おおいに付け焼刃な、未消化な状態でレポートを書くのを躊躇しているが、沢山の写真の中から数枚だけ使ってアンコールワットのことを少しだけ書くことにする。
コメント

カンボジア;シェムリアップ②

2010年01月30日 | Weblog
 これは男性の踊り
コメント

カンボジア;シェムリアップ/Siem Reap

2010年01月30日 | Weblog
 ハノイから隣の国カンボシアのアンコールワットの玄関口シェムリアップへ移動した。飛行機で1時間、カンボシアも日本との時差は2時間で、時計の調整は必要なかった。
夕食はホテルの外の大きな演舞場と大食堂を兼ねたに出かけた。周りのホテルのお客さんをまとめて面倒見ましょうというわけだ。
カンボジア料理も“フォー”などベトナムと似たお食事で美味しかった。
しばらく食事を愉しんだ後、この伝統芸能「アプサラダンス」を観賞した。
女性だけのダンス、男性だけのダンス、男女一緒に踊るダンスなど、お話によっていろんなダンスがあった。脇では古典楽器と歌のお囃子がついている。
コメント

ベトナム;ハノイ・アオザイ ②

2010年01月29日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 緑色のアオザイを着たこの方は、シルクのお店の店員さんです。
スカートの脇のスリットは腰まで開いていますが、その下にはスラックスをはいていますからとても品のよい感じがします。安心してみることができます。???
何とくらべてそんなことを言っているいるのかな・・(形が似ているチャイナ服は脇のスリットは少ないのですが、スラックスをはきませんからドキッとすることがありますから)
コメント

ベトナム;ハノイ「アイザイ」

2010年01月28日 | Weblog
 この写真の「アオザイ」姿の女性は、街の中では見かけなかった。ベトナム航空のスチュアーデスさんと(高級な)シルクの店の店員さんだけだった。
私の箪笥の中に眠っている“日本の着物”と同じ運命だね。
コメント

ベトナム;ハノイ・ホーチミン廟 ③

2010年01月28日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 この黄色い花は、マメ科の花。
去年“アンデスの少女”という名で売られていて、その名に惹かれて買ってきた花、その花がハノイに大樹となって咲いていた。
コメント

ベトナム;ハノイ・ホーチミン廟 ②

2010年01月28日 | Weblog
 写真の中のホーおじさん。
コメント

ベトナム;ハノイ・ホーチミン廟

2010年01月28日 | Weblog
 ホーチミン廟に参ったというより、見学したというほうがいいのかもしれない。
ベトナムを独立に導いたホーチミン“ホーおじさん”は現在のホーチミン市(サイゴン)に眠っているのでなく、ここハノイに廟を造られ、永久に腐らない方法で処理され、ガラスの棺に安置され、衆人の目にさらされていた。
これでホーチミンさんは安らかに眠っているのかしら・・・と、私は複雑な思いで棺の周りを廻ったのでした。
コメント

ベトナム;ハロン湾 ⑤

2010年01月27日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 クルーズ船
2時間のクルーズで鍾乳洞をみたりして、湾を一回りした。昼食は船の上で、食事が終る頃には食堂がお土産屋さんに早替わり・・・。
コメント

ベトナム;ハロン湾 ④

2010年01月27日 | 山 自然 花 登山 信州 ボランティア
 また、買ってしまった。子供には弱いのだ。
コメント