ねもばーばのはっぴーらいふ

バーバの山歩き、花めぐり

10月31日 マレーシア;世界遺産・キナバル登頂 その1

2017年10月31日 | 海外山歩き
 2017年10月26日~10月31日《 ゆったりキナバル登頂6日間 》というツアーに出かけた。
 マレーシアを訪れるのも、4000メートル峰キナバル山に登るもの初めてのこと。
 熱帯雨林の中を歩き、花崗岩の一枚岩の大きな山を登った。
 今夜は最初の2日間だけだけ書いてみる。

 

     
 間もなくコキナバル空港へ  海岸よりに家が密集している。水上生活者の家らしい。
        
 水の下が白っぽく見えるのは珊瑚礁かな

 26日(木)成田発、マレーシア航空直行便組はコタキナバル14時、
       成田発、クアラルンプール経由組はコタキナバル21時に・・
 27日(金)コタキナバルのホテルを出て専用車でで2時間余りかけてキナバル国立公園へ。
     
 途中の峠道からキナバル峰を遠望する
  
 
 



  
 足元の草むらには
  

 
今回の仲間は女性5人とオン・ジ・アースで時々お世話になっているネイチャーガイド&山岳ガイドの植松氏

 この日はガイド兼ポータさん2人と合流し登山手続き、登山開始。
 ポーターさんに預ける荷物は一人5㎏まで、二人のポーターさんは6人分の荷物を分け合って背負ってくれた。水は上の小屋でも買えるので、余分な水は車の中に置いた。とにかく荷物は軽くというが・・
 今日は1866mからラバンラタ小屋3273mまで、熱帯雨林の中のトレイルを登るんだ。

 登録中;パスポートを提示し、サインする

  
  事前に申し込んだ者、一日200名だけがこの山に登ることが出来るという。
  自然を守り、世界遺産になるための必要な条件なのだろう・・
      

      

      

        



 登山道脇のいろんな蘭やシャクナゲの仲間を撮りながら
 
        



       


      

 

    

    

     

    
        

   
     

 

     

  ピンクの花は“Kinabalu Balsam”キナバルバルサム 愛称はミッキーマウス 

          
 
 
 これはあの食虫植物の‥・そう、 ウツボカズラ 思い出すの時間がかかりました




 ←学名


 
      

    



 
 2500m以上の高所になるとこの椿の仲間が美しく咲いていた
   
    

   

 
 3,273mのロッジはもうすぐ・・槍ケ岳より高いところまできたよ!ガンバ!

  

 
 この日は9時に歩き始め、ゆっくりと登り15:40に何とかロッジに到着。
 (この日の歩数;8400歩、消費カロリー1137㎉)


追加;
  
 休憩小屋の周りにはリスが寄ってきた
      


 
 “破れ傘”という葉っぱ
  

 
 こんな形の葉っぱもたくさん

コメント (2)

10月24日(火) 白馬山麓・塩の道を歩く

2017年10月25日 | 街道歩き
 公民館行事として、5月から塩の道・千国街道を総勢18名で歩いている。
 私は2回目と今回の4回目に救護係として関わった。

 今回のコースは小谷村の下寺~城の越~湯原~蒲原~葛葉峠~白馬温泉・白馬大仏

10:20 道の駅「小谷」から歩き始め、ここから山道入った。
  

  

 
 この講座の現地ガイド田中省三さん
 この方、塩の道ガイドの発起人と「小谷旅本」で紹介されている。(今、他のグループが飯田から木曽への古道・大平街道を歩いているが、そのガイド田中氏の伯父さまなのだ)

  
 塩の道では馬頭観音より、牛の隊商を組んで峠を越えたので、牛を祀った石仏がおおい
 

 
 姫川を挟んで狭い谷向こうの尾根は大網峠越えの古道がある
 この尾根に上がると雨飾山や火打や妙高山などの頚城山塊が見える・・
  







 この大きな花房の薊はフジアザミ  富士山系に多く自生している。

 
 「クサギ」紅い実が弾けて、紺色の実がなっている。木の実で染色すると藍と同じ色に染まると・・
 葉や実を触ると匂うことからこんな名前が付いたという。
           


 道の真ん中にこの苔むした石は“休み石” 昔、ボッカ・歩荷が疲れた体を置いたのだろう・・


 歩荷がこの木陰で休んだという大きな栃の大木
               

  

 
 数珠なりのなめこ茸が見つかった・・
        

  
 向こうに見えるのは「明星山」新潟県の山 


  
 この辺りの田圃はイノシシの被害にあって・・実らなかった


 この日のゴールはこの大仏像となった。
 

 


 

15:00 歩きを終え、迎えのバスに乗り、予定の時間に帰着した。17:00

 
 白馬村からみる夕方の五竜岳


 歩いた距離は10㎞弱
 この日の歩数;10990歩 速歩7分 消費カロリー359㎉
コメント

10月24日(火) 台風が雪を連れてきた

2017年10月24日 | 信州
 台風21号の爪痕についてテレビや新聞で知らされ驚いている。
 今日は公民館事業で「自然と歴史に親しむ講座➄」で塩の道歩きに同行した。
 お天気は雲が多いものの、夕方までは何とか持ちそうだった。
 
 8:00 岡田公民館を出発し田沢から明科に出た途端・・・
 真っ白くなった常念山脈~白馬連峰までが目に飛び込んできた。
 
 走るバスの窓越しに初冠雪の山々を撮ってみた・・
 
 常念山脈はその北のアルプスに比べ白くないが・・台風が北から雪を連れてきたのだ
       


 爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳・五竜岳

     
 大町市街から鹿島槍ヶ岳

 
 蓮華岳




  
 仁科三湖の青木湖あたりから白馬連峰
      


 
 白馬の松川橋から 白馬三山を
    

    




 小谷村から金山と天狗原山(7月に花を訪ねて登った山)



 続きはまた明日
コメント (2)

10月23日(月) 台風21号が去って

2017年10月23日 | 信州
 各地で暴れた台風21号、ここ松本は強い雨と風が吹いただけで通り過ぎていった。
今日は一気に北海道に移動して雪を降らすようです。

 南風で吹き寄せられた落ち葉を掃き、畑で倒れた小菊やホトトギスを集めて切り花をつくった。
 いつもの三才山峠を越えていく病院ボランティアは風がおとなしくなるのを待って10:30に出た。

   
 姫沙羅・夏椿の梢の葉が飛ばされて青空が良く見える
           

              

  
 柿の木も梢の葉がなくなり、残っている実が数えられる
           



  
  三才山峠の登り口、稲倉(しなぐら)を流れ下っている川は女鳥羽川の上流
  昨日からの大雨が泥流になっている・・その前も何日も雨が続いていた影響もでている
      


  
 山の神橋で常念岳を観たが、アルプスはまだ雲が厚い
 雲の下のアルプスは多分白くなっているはず・・ 午後、帰り道でも見えなかった。

  
 丸子からみる浅間山も裾野だけ見える、その上は雲の中

  
  長和町からみる蓼科山もこのとおり、奥にちょっぴり・・
 
  
 町に入ってボランティア先の病院とその脇を流れる依田川 
 ↑上流、源流は八ヶ岳~蓼科山。山は豪雨だったんだ・・

 ↓下流へ 下って行くと上田市で千曲川に合流する。
    
 夕べのテレビで上田市や長和町も避難勧告が出ていた・・大丈夫だったらしく、今朝はその気配がない

 切り花で2週間ぶりに3杯を活けた。先週は東京湾クルージングに行ったのだった

 
 13:30に戻って南をみる。 鉢伏山~高ボッチ~塩嶺峠


  
 キアゲハは4匹とも見当たらない。空になった葉っぱを
       



     
 この小さな幼虫は1匹残って、一生懸命人参を食べている
      




コメント (2)

10月22日(日)柿の秋

2017年10月22日 | 庭の花

 雨が降りづづく中、渋柿はどんどん赤くなる・・
 
 昨日は雨が小降りになったので、手の届く枝を切ったところ、50個あまり。
 日影の枝はまだ青い物もあったが、剥くことにした。

  
 夜、炬燵の上に並べてみた。
 大小いろいろなので測ってみると・・赤くて大きいもの250g、青っぽくて小さいもの130g

 
 風通しのいい縁側に吊るしたので、早く雨があっがってほしい

   

    
 残りは11月になってから植木屋さんに頼んで収穫しようか・・
 でも、昨年枝を思いっきり切ったので、少ししか成っていない。



 <選挙>
 9時に衆議院選挙に公民館にいった。雨が激しくなったので車で・・
 出口調査のお嬢さんの足元が濡れていて寒そうでお気の毒だった。
 調査に協力を‥と請われたら応じようかなと思ったが、前の方が時間がかかっていたのですり抜けて帰った・・
 第2次世界戦中に生を受け、戦後の貧しさの中で育ててもらった私の選択の主な視点は
 平和憲法を守ること、原発のない社会に戻ることに本気で取り組んでくれる人と党だ。
コメント (2)

10月20日(金) 雨の合間に;キアゲハの幼虫など

2017年10月20日 | 庭の花
 今日もしとしと雨、こんな天気が来週火曜日まで続くようです。
 台風21号の影響はここはあまりしんぱいしていないのですが・・どうでしょう?


 前回「青虫の幼虫」をアップしたところ
“相澤かすみ”さんから「それはキアゲハよ」とコメントをいただきました。
 そしてキアゲハの幼虫の期間は2~3週間で、蛹の期間は2週間とも教えていただきました。

 確かに気がついてから1週間になる今日もまだ幼虫4匹が人参を食べていました。
 雨も平気なのですね。
 
  

        

  

        


 そしてまた、もう少し小型で模様がちがってみえる幼虫も2匹います。
 

        



 今、庭に咲く小さな花は
  
 ユウゼンギク
    



 
 ホトトギス
    




 ヤマゴボウ
    



 寒い日が続き庭の紅葉も少しずつ進んでいます

 






  

  

    
  
      

  
 ↑垣根越しに見るお隣の柿の木
コメント

10月18日(水)人参の葉に青虫

2017年10月18日 | 庭の花
  4日前、雨の合間の畑で青虫・・蝶の幼虫が4匹、人参の葉っぱで動いているのをみつけた。
 この人参は来春に白いレースフラワーを見たくて残しておいたもの・・だから全部食べないでねって声をかけた

   そのあとなんやかんやと忙しくてあの青虫がどんなきれいな蝶になったか確かめなかった・・

  











コメント (4)

10月16日(月)東京湾クルージング

2017年10月17日 | Weblog
 かって、勉強も遊びも寝食を共にした友人たちと「13回生クラス会」だった。
 今年は東京・横浜・千葉に住む3人が幹事。計画してくれたのは“東京湾をクルージングしながら美味しい食事を楽しむ”というもの 
 信州組は松本駅11時のあずさで東京へ向かい、総勢11人が品川プリンスホテル・メインタワーロビーに集合。


 18:30にタクシーで雨の街を走り、港に向かう
 

 
        

           
 スタッフにピンボケに撮ってもらった・・75才~76才の11名のクラスメイト










 照明を落とした船内の食堂の灯りの下では美味しいメニューも美味しく映っていないので一部だけ出します・・
         
 スープ クリームポティロン
       
        

        
 オードブル、お魚料理、お肉料理、ワイン、カクテル、デザートなど・・
 夜景を楽しみながら美味しいお料理でお腹もいっぱいになりました。


お食事中にピアノの静かな生演奏が続いて落ち着いた幸せな気分に・・
 

  外は雨で煙っている・・
 


 
 5階の甲板は雨で滑る、危ないネと・・引き返した~
        

  

 2時間半の夜のクルージングを愉しみました。


 
 ホテル28階から見下ろした品川駅周辺

        
 朝の品川駅 遠くに東京タワー

↓ 東京タワーをズーム
        


 朝8時からホテル1階のメインレストランでバイキング方式の朝食を再びお腹いっぱいに。
 幹事を含め5名の皆さんは歌舞伎の観劇に(10時から当日券を売り出すという)

 私は午後の予定があったので10時のあずさで戻る予定。同行の4人さまも一緒に帰るというので新宿駅に向かう。駅で皆さん、お土産を買い込んでいるうちに10時のあずさは出発・・11時のあずさに。

 13:45の松本駅、タクシーで信大病院へ。
 13時~17時「病院ボランティアの研修会と懇談会」に遅れて出席した。
コメント (4)

10月14日(土) 親子ウオークラリーに参加して

2017年10月14日 | ウオーキング
 <親子ウオークラリー>を楽しんだ日
 雨は朝方止み、7時に空を見上げると雲がいっぱいだが、雨は大丈夫だろう

 今日は「親子なぞときウオークラリー」岡田地区子ども育成会と岡田公民館の行事があった。
 50人近い親子が6つのグループに分かれて歩きます。
 救護係として参加した私は最後のグループに、尻尾から歩きます。
 今回は速さを競うラリーでないので、ゆっくり問題と答えを探しながら歩こうと説明されている。

 
 
 最初のゲーム;パターゴルフ?のボールがホールインしたグループから歩き始め!


      

 
 この地図と「岡田三択問題」というグイズを解きながら歩きます

      
 岡田保育園の横を通って・・

 
 岡田神社の参道に入って・・
 コースは間違えてない?
       

 
 岡田郷の歴史に関する標識が所々に設置されている・・グイズはこの中に隠れていたリする
 気が付かずに通りすぎるグループも
       


 問題「三の鳥居は何でできている?」
        


  

      
 問題;建物は東からどの順番で並んでいるかな?
      

 
 問題「拝殿の前にいるこま犬。口を閉じているのはどっち?
       

 

 ここは普門院=矢諸観音堂
 問題「ここは何の神様?」 さあこの中に答えがあるよ
       

 いくつかのグループがここのりんご園の中でで迷った・・
  

     
 美味しそうなリンゴがたくさん
    

     


 その先に新しい歴史をつくっている「ヤマト牧場」
 サラブレッドのヤマトが待ってる
 

       

       
 “そのりんごちょうだい!”
    




 
 見晴らし台から岡田が良く見えるよ
        



 そこを過ぎたら第4チェックポイント
 
 ここで岡田歴史研究会のセンセイから塩蔵の歴史を聴く
     

       
 下級生にはちょっと難しいお話だった?

   

     



  
 問題「ずばり、何の仏様?」「この仏様はいつ頃できたと考えられている?」

     



 


ここからは自動車道を通るので交通事故に気を付けてほしいので、クイズはなし。

 岡田神社の一の鳥居まで戻ってきた

 ここで問題「一の鳥居は何でできてるの」
       「一の鳥居の入り口にある大木は、何という木?」
       「北側にある大木の周りは、およそ何メートルくらいある?」
 ここを何気なく通り過ぎたグループは答えられない・・でも毎朝ここを通っているので適当に答えられるようだ。 
        


 
 みんなが帰り着いた後は、係りのお母さん方が作ってくれた美味しい煮込みうどんご馳走になった。

 そのあと答え合わせと成績発表!と表彰式!!をにぎやかに楽しんだ!

 幸いお天気は持ってくれ、どなたも怪我をすることもなく、かわいい子どもたちと一緒に愉しい時間過ごした。




 夕方から浅間温泉で打ち上げ花火の音がしている。
 御射神社春宮例大祭の宵祭り「たいまつ祭り」だ。
 秋の収穫を見届けた神を煙に乗せて山に送るというもの・
 大きななわら束に火を付けて引っ張る男の子たちは真っ黒になってるだろうな
 以前、息子たちも参加させてもらったが、もっと寒くなってからだったようなきがする・・

 2階に上がって撮ってみたが。。どの画面も電線が入ってしまった・・
  

    

   
 
コメント (2)

10月13日(金) ツワブキ・石蕗が咲く

2017年10月13日 | 庭の花
 先週からツワブキ・石蕗が元気に咲いている。キク科
   
 花の名は、葉の表面に艶があり葉の形が蕗に似ていることから・・艶蕗ツヤフキがなまって

“石蕗”と書くのは海岸の岩の上や礫地に生えることからという
 日比谷公園などや都会の道端にたくさん咲いているのを見かけるので丈夫な花らしい。


  ちょうど雨に濡れて葉の特徴が良く出ているかなと思って撮ってみた

 咲いたのは今年も1本だけ、ずいぶん前に植えたのだがなかなか増えない
 植えた場所が半日蔭のせいかもしれないと以前から思っているのだが・・
 へたに動かして絶えてしまうのも怖いのでそのままにしている。

  

コメント (2)

10月12日(木)天気は下り坂

2017年10月12日 | ボランティア
 昨日からお天気は1週間崩れるという予報。

 昨日、ボランティア先の病院から撮ったアルプスはこのように何とか見え、空には秋の筋雲
 
 (撮影はいつもの屋上でなく、室内からガラス窓にレンズを押し当てて撮っている。室内灯の光が入らないように工夫したつもりだが・・変な影が映ってしまった)

       
 常念山脈の後ろ、上高地の谷から雲が沸き上がってきた
    
 立体駐車場の向こうは付属小中学校の林、その奥に乗鞍岳という位置関係だが・・乗鞍は霞んでいる
 朝は暖かかったのに10時頃から玄関先から入ってくる風が寒くなった。

 今日は山は全く見えず、12時ころ、患者さんをタクシー乗り場にお送りした時には小雨が落ち始めていた



 昨日の切り花はもう同じ花しかない・・患者さんに喜んでもらえるような取り合わせを考えて切る
 来週からの活け花は小菊が主体になる。
コメント

10月10日(火) 今日の常念岳&浅間山&蓼科山

2017年10月10日 | 日本百名山
 8:30 快晴の朝
 今日の切り花はホトトギス主体にしてそれを引き立てる花白い秋明菊、水引草などを用意して出発。
 
 
 山の神橋から常念岳 上高地の谷から雲が沸き上がっている
     


 
 丸子・東内から見る浅間山  今日は火口からの噴気が元気いい?

     


 
 武石から見た蓼科山
       

 持参した花を三つの花瓶を並べて活けていると、お爺様さまの患者さんに「今日もいい花だね・・俺も花が好きだからいつも楽しみにしているよ」と声をかけてもらった。

 常念岳下山中の事故から10日経った。頸部の症状は軽快したが背中の痛みは当時の5分の1くらいになったが残っている。そのことを主治医にメールで報告した。
 すっかり良くなるのには1ヵ月はかかるよといわれている。
 今日のランチはマーボー豆腐ラーメン、美味しくご馳走になり早帰りした。
 美ケ原へつづく尾根も標高1500mくらいがきれいになってきている。



  庭の夏椿やドウダンツツジ、柿など一足先に秋が進んでいる

       



        

 

       
コメント (2)

10月9日(月・祝) 買物walking

2017年10月09日 | ウオーキング
 夕方、買物がてらデイバックを背負ってwalkingに出た。


 この畑の蕎麦も黒い実になっている。間もなく収穫かな・・


 買物を終わって帰る頃は、城山に陽が沈んでいた
 夕陽は夏は横通岳だったのに、だんだん南に移って今は鍋冠山と鉢盛山の間
   

 

 
 西の山は暗くなっている
  
 常念岳をズーム 




 
諏訪~伊那谷・南アルプスの上は夕焼け雲に染まっていた

 



   
  
   
ご近所の庭にはこの花が夕焼けで更に濃いピンク色になっていた
       
  

 今日の歩数;4,903歩 速歩3分 消費カロリー139㎉
 デイバックにはキャベツや牛乳、ブロッコリー、卵など重い物を入れて、夕焼けを楽しみながら歩いているので速歩が少ない・・
コメント

10月7日(土) 第14回信州・松本 そば祭り

2017年10月07日 | 信州
 <そば祭りを楽しんだ一日>

 今日から「安静」を解き、軽い活動を開始した。
 昼食はお蕎麦でということで、11時にSちゃんの車で松本城へGo!
 混雑を予想して、車は知り合いのお家の庭へ置かしてもらった

      
  西の外堀から入った

 
 欅の紅葉は日当たりのいい枝先から始まっている


 夕べからの雨は上がったが、山の雲は厚く”ここからの城とアルプス”が売りになっているが・・
 今日は見ることが出来ない




 今日は本丸庭園は無料開放されていた。お城に上がるのに長い行列で待っている様子だった




 





 全国そば祭りゾーンには19店のテントがあった。


 まず、私たちは最初にお馴染みの福井県の「越前おろしそば」
 いつもの美味しい私好みの味を確かめた




 

 
 次は江戸流手打ち蕎麦 鵜の会では5種類が用意されていたが私は「冷のカボスそば」を注文
 カボスの爽やかな酸味が効いた出汁が細切りそばと合わさってとても美味しかった。
       



 

 
 山形村の「やまっちそば」細く切った長芋を絡めてたべる蕎麦。
 以前「双体道祖神」を巡って歩いた時、食べたこの「やまっちそば」が美味しかったので今日も・・と
 やっぱりつるつると美味しくいただいた




 
 地元の愛好家で作っているそば道場“美蕎楽”の蕎麦も美味しかった
 食べ終わるころ写真を撮った二八蕎麦 
 
 一回りしてその後、今日の相棒はここの十割蕎麦を食べました。
 結局、私は4杯、Sちゃんは5杯たべ、おなかがポンポンになり・・また明日にする?
 昨年までは3杯だったのに・・・今年、選んだそばは全部美味しかったね・・という感想


 帰り道で

 松本のマンホールは「松本てまり」
 
 この一重の秋明菊は我が家とちょっとちがうナ・・
  


 
   


 地場産市で買い込んできたもの

 普通のりんごの横に並んでいる〇小さな姫りんごは「アルプス乙女」お菓子の飾りに使われることが多い? 最近食べていない・・紅玉を小さくしたもので味も似ていて美味しい。
 〇ぶどうは私が好きな「シュチュ‐ベン」。最近作る人が無くなって、お店に出なくなっていた。
  今日はうれしくて4房1パック買ってきて、さっそく口の中へ・・優しい甘酸っぱさ
 〇小瓶は「完熟コンコードのジュース」美味しそう思って・・.まだ味わってない。
  これから冷やしていただきましょう。
コメント (6)

10月7日(土) 雨上がりの花たち

2017年10月07日 | 庭の花
 昨日から降り続いた雨も9時ころ上がった。
 雨の雫が残った10月の花を撮っておこう

 


       


    

         

 
            


  


 

          


 
 遅咲きのフジバカマ

       

 


  

      


  


  
 シュウメイギク・秋明菊は丈夫な花 
        


 


       



 
 来春に咲く準備が整った椿
         



 
 ゼラニュウムの花とカクトラノオの残り花
        
コメント