行縢探検倶楽部

延岡市にある行縢山(むかばきやま)を気楽に楽しんでいる皆さんの情報交換の場ですのでお気軽に書き込みください

「はまぼう」の花が咲き始めました。

2012-06-30 17:37:31 | Weblog

延岡市の沖田川河口付近に群生している「はまぼう」に、今年も花が咲き始めました。 一見ハイビスカスを思い起こさせるような花ですね。今から見頃を迎えます。(fuka)

コメント

でんでんむし

2012-06-30 17:15:15 | Weblog

梅雨時になると、でんでんむしがアジサイの葉っぱの上などにいるのをよく見かけます。梅雨時以外は何処にいるのでしょうね。

子供の頃、習ったでんでんむしの歌は、「でんでんむしむし かたつむり おまえの頭はどこにある つのだせ やりだせ 頭出せ」というような歌詞ではなかったかと思います。

しかし、梅雨に似合う虫? 貝? ですね。 一体、でんでんむしは虫なのか貝なのか、どっちなんでしょうね。ご存知の方は教えて下さい。 (fuka)

 

コメント

今日(6月29日)の誕生日の花

2012-06-29 22:08:14 | Weblog

今日(6月29日)の誕生日の花は、「くちなし」、花言葉は、「私は幸せ者」だそうです。

くちなしの花は、関東から南にある花木で、花は八重のものと一重のものがあり、 実は、熟しても口を開けないので、「くちなし」と呼ばれているんだとか。

この「くちなし」の花、とっても良い香りのする花ですね。 なお、今日の一句の方は忘れました。  ラジオ深夜便より (fuka)

 

 

コメント

今日(6月28日)の誕生日の花と今日の一句

2012-06-28 23:14:49 | Weblog

今日の誕生日の花は「ささゆり」、花言葉は「希少価値」だそうです。 延岡に限らず、日本全国的に減少してきているそうです。 正に希少価値という花言葉がピッタリですね。

 

 

そして今日の一句は、 夏山や一足づつに海みゆる (一茶)

なんとなく情景が目に浮かびますね。

以上、NHKのラジオ深夜便からでした。(fuka)

 

コメント (2)

ムカタンクイズ(解答)

2012-06-27 23:07:24 | Weblog

ムカタンクイズの解答です。 

答は、「おにユリの実」でした。 

私はこの実は食べた事はありませんが、猪の大好物ではないかと思います。その証拠に畑の端っこ等に生えているユリの根は殆ど食べられているそうです。 したがって、この実も恐らく食べていると思います。確かにユリの根は人間様が食べても美味しいですからね。 猪の気持ちも分かります。 (fuka)

 

 

コメント

サロマ湖100kmマラソン引退レース

2012-06-26 09:32:48 | Weblog

6月22日(金)

今回は時間的余裕もあり、延岡から博多までは電車を利用。福岡から千歳へ飛び、苫小牧に宿泊。

その夜はエントリーしながらも仕事で出場できなくなった白老のK氏(フルマラソン記録3時間1分)

とホテル近くの居酒屋「なか善」で、サッポロクラッシック生ビールと旭川の銘酒男山を飲みながら、

つぶの刺身、本物の子持ししゃも、チップの塩焼きなど北海道の味を堪能、最後は海鮮丼で締めま

した。

K氏と別れ、ホテルに戻るもバッグに入れていた筈のホテルの鍵がない。居酒屋に忘れたと思い、

探すがない。フロントに紛失したことを伝え合鍵を貰い入室。入浴後、K氏から電話があり、K氏に

渡した土産袋に入っていたとのことで一件落着。

紛失時はドアノブの交換が必要となり1万円を請求されるところでした。

6月23日(土)

白老からY氏(サロマ18回完走、ベスト記録8時間)とN氏(サロマ4回完走)と合流。

更に千歳でT氏(サロマ11回完走)とK氏(札幌のマラソンクラブの事務局長・女性)

と合流し、受け付け会場の湧別に向かう。

岩見沢手前の交差点で信号待ちをしていたら、左から右折しようとしたRV車が縁石に

乗り上げ180度回転、居合わせた10人近い人で車を元通りに戻す。

幸いにもかすり傷程度で済んだ模様。

5月26日ムカタンメンバーと行った三俣山登山で、対向車が歩道側の縁石に乗り

上げ、センターライン側に横転しそうになり、自車と衝突寸前だった事件を思い出

した。

昼はいつもの砂川ハイウエイオアシス館で、いつもの醤油ラーメンを頂く。

湧別の受付会場に到着し、受付を済ませる。

通過タイムを測定するチップ(発振器)は、今回から2つシューズに取り付ける

ことになった。

昨年10回完走達成(サロマンブルーへ仲間入り)したので、その記念として

バッグをいただく。

ゼッケンは、サロマンブルーメンバーのみブルーです。

更に開会式で、サロマンブルー入りしたメンバーは、壇上で紹介を受けます。

前夜祭で、出される料理や日本酒、ビール、ワインを軽く食べ飲みして、会場

を後にする。

受付会場から札幌方面へ約25km戻り、毎年利用する遠軽の肉屋さんが経営

する食堂「YOSHIKAWA」で、いつも注文する生姜焼き定食を食べる。

味がよく、肉厚です。

尚 ここで、S夫妻(奥さんは応援)と合流。昨年初挑戦したが、途中リタイヤ。

今年は練習を積んでのリベンジです。(結果は見事11時間台でゴール)

受付会場から札幌方面へ更に約15km戻り、秘湯「セトセ温泉ホテル」

に19時に到着。苫小牧を10時に出発してから9時間の旅でした。

走行距離約450km

ここは泊まるだけで、食事はありません。宿代は3675円です。

温泉が魅力ですが、20時から21時の時間帯は掃除のため

20時までに、風呂を済ませる。

21時に就寝。

6月24日(日)

2時に起床。昨日コンビニで買ったおにぎり2個とカップ入り味噌汁を腹に詰め込んで

2時50分に40km離れたスタート地点湧別に向かう。

外は霧雨、大雨にならないことを車中で祈る。

2週間飲み続けている咳止めの薬が効いたのか、スタート30分前になり、睡魔が

襲ってきたので、いつもストレッチをする柔剣道場の畳の上で、10分間横になる。

柔剣道場を出たが、雨の上がる様子はなく、棄権したい気持ちが頭をよぎる。

気持ちを持ち直して、スタートラインに並ぶ。

スタート風景の写真をとる予定だったが、忘れたので、2005年に撮影した宗猛

監督との写真を掲載します。尚この時、宗監督は現役を引退した佐々選手が走る

ので、その応援に来ていました。

今年の参加者は、100km3600名、50km500名、計4100名

レース前の天気予報

スタート時の気温8度、最高温度13度、降水確率50%

しかし 霧雨は途中から上がり、一時期晴れ間も見える絶好のコンデイションとなり、

完走することができました。

記録は12時間04分

サロマンブルー達成者には、ゴール地点にある常呂陸上競技場の外壁に下の写真

の様な氏名、メッセージ、足型が入った陶器が飾られます。

但しこの内足型だけは、場所の関係で今年から無くなりますが。

アルコール・軽食付きのさよならパーテイーには、参加せず、約50km離れた

宿のある生田原に向かう。

買い出しはホテル近くのセイコマートです。

(yasuさんの北海道ツーリングの旅に出てくるあのお世話になったコンビニです)

田舎町に立派なホテルがあります。

ホテル ノースキング

シングル朝食付きで6450円

温泉に入り、完走祝賀会で盛り上がり、爆睡でした。

 

 

6月25日(月)

宿を8時に出て、千歳空港に向かう。

丸瀬布から旭川までの高速道路の区間は、無料です。

距離して約70km。全線開通していないから無料?

高速道路から左手に見えるのは大雪山系です。

遭難事故のあったトムラウシ山もこの中の一つでしょう。

夏山と思って安心してはいけません。

北海道の山で注意するのは、ヒグマだけではありません。

 

12時に千歳空港へ到着

空港内にあるラーメン道場で、旭川ラーメンの味噌ラーメンを

頂く。(今度食べられるのは、いつかなあ)

千歳から福岡へ飛び、博多から延岡は電車で、22時半延岡に無事到着。

2001年からサロマに挑戦し、今年で12年目の最終レースを完走で

飾ることができ満足でした。(sakarun) 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)

浜木綿の花

2012-06-25 06:33:01 | Weblog

夏の花、浜木綿が咲き始めました。 とっても良い香りがします。 そう言えば、「浜木綿子」という綺麗な女優さんがいましたね。確か、今、歌舞伎界で話題の方のお母さんでは?

コメント

ムカタンクイズ

2012-06-24 09:45:26 | Weblog

またまたクイズです。 

この黒いものは何でしょうか? 黒く熟れていて食べたら美味しそうですね。 写真からだと大きさが分かりにくいですね。 丸さは大小様々ですが、大きいものでサクランボ位の大きさでしょうか? (fuka)

コメント (2)

北京・故宮博物院展

2012-06-23 19:53:58 | Weblog

北京・故宮博物院展が、日中国交正常化40周年記念として、宮崎県立美術館で開催されています。 もっと早く行く予定でしたが、ようやく本日(6月23日)行ってきました。明日6月24日が最終日です。 (fuka)

 

コメント

五月晴れ

2012-06-23 08:40:23 | Weblog

昨日(6月22日)は、爽やかな五月晴れでしたね。 田植の済んだ風景を思わず写真に撮りました。 本来、五月晴れとは梅雨の合間の晴れた日の事を言うのですが、最近は、太陽暦の5月の晴れの日を五月晴れと言う人が多いような気がします。

他にもよく聞いていると昔からの日本語の表現が変わって来ているようですね。いずれ、昔はこのような言い方をしていたようです。 な~んてことになるのでしょうか?

国語辞典を引いてみても、ええっ? と言うような事が書いてあることがあるから、言葉もどんどん進化と言うか変化と言うか変わってきているのでしょうね。 ま、世の中、数が多いほうが勝ちですから仕方ありませんが・・・。 (fuka)

 

 

コメント