行縢探検倶楽部

延岡市にある行縢山(むかばきやま)を気楽に楽しんでいる皆さんの情報交換の場ですのでお気軽に書き込みください

屋久島のトイレ

2008-01-30 22:01:12 | Weblog
世界自然遺産の屋久島ですが自然環境を保護するために鹿児島県や屋久島町、観光協会などは4月から登山道沿いにあるトイレのし尿処理費用を利用者に負担してもらうため入山時に一人500円の協力金を求めるようになるそうです。
支払った人には証明書を発行するとか?
年間の収入見込みは4000万円とか、現在6箇所の汲み取り式トイレはし尿を近くに埋め立て処理しているそうで自然への悪影響が懸念されているそうです

そういえばトロッコ道の終点にある大株歩道登山口にびっくりするような環境対策トイレが出来ていました
でも山小屋のトイレはこのとおり悪臭でひどいものです。
yasu
コメント

行縢山頂からの景色(2)

2008-01-27 15:29:27 | Weblog
行縢山(雄岳)頂上から東方向を見ると、行縢山(雌岳)・可愛岳が見えます。
更にその向こうには島野浦島が見えます。天気がよければ、四国も見えるんですが、この日は残念ながら見えませんでした。
(fuka)
コメント

行縢山頂上からの景色

2008-01-26 21:26:13 | Weblog
今日(1/26)は、当初の予定(落水の滝)を変更して、行縢山に登って来ました。
登り、下りとも普通の登山道ではなく、けもの道見たいな所を歩きました。
詳しくは、またいつかこのブログで紹介します。
(fuka)
コメント

師走祭りの迎え火

2008-01-25 22:56:51 | Weblog
南郷の師走祭りの迎え火が見たくて行ってきました。
ところで師走祭りとは、朝鮮半島の古代国家「百済」にまつわる話らしい。要約すると、


西暦660年、朝鮮半島の古代国家「百済」は、唐と新羅(しらぎ)の連合軍に攻め滅ぼされたそうです。

追っ手を逃れ、日本へ亡命した王族や貴族は、一時は畿内に定住したものの大和政権の動乱から、海路で筑紫の国を目指しました。途中、瀬戸内海でシケに遭い、父・禎嘉王(ていかおう)は金ヶ浜(日向市)に、息子・福智王(ふくちおう)は蚊口浦(高鍋町)に漂着。その後、禎嘉王は美郷町南郷区へ、福智王は木城町に住んだそうです。

百済の一族は、それぞれの地で生涯を終え、亡くなったあと、村人によって神として祀られました。 これが、美郷町南郷区の百済伝説だそうです。


私が、神門に来て一番感激する事は、ここ神門神社にある「鏡」が奈良の正倉院にある「鏡」と同一だということです。このことは何を意味するのでしょうか?

これが縁で「西の正倉院」が出来たと聞いています。
しかし、古代のロマンが漂いますね。
コメント

フォックスフェイス

2008-01-23 18:29:40 | Weblog
「フォックスフェイス」とか「つのなすび」と呼ばれているこの植物、見ると狐のような形をしています。昨年の初夏の頃苗を買ってきて植えていたものが、黄色く色づき始めました。本来ならもう少し早く色づくはずなのに・・・。植えつけるのが遅かったのかな?
(fuka)
コメント (2)

幻の南蛮菓子「はるていす」

2008-01-22 21:45:55 | Weblog
大分の竹田で有名なお菓子といえば、「荒城の月」を思い浮かべる人が多いと思います。先日、某新聞の日曜版に、竹田のお菓子の老舗「但馬屋」で、幻の南蛮菓子を現代風に復元してみました。という記事が載っていました。お菓子の名前は「はるていす」、そう言えば何となく「かすていら」に似た発音ですね。

好奇心旺盛な私は、早速竹田までそのお菓子を買いに行きました。お値段は、5個で400円位でした。肝心のお味の方はと言えば、ニッケイ(シナモン)の香りもしてとっても上品な味でした。

関東方面からの問い合わせが多いんですよ。と店員の方が言っていました。
久住方面の山に登った帰りには、竹田に寄って幻の南蛮菓子「はるていす」をご賞味してみては如何でしょうか?
(fuka)
コメント (1)

ふきのとう

2008-01-20 20:19:29 | Weblog
春を感じる植物の一つに、「ふきのとう」があります。自分ではまだ直接取りに行ってはいませんが、道の駅で買ってきました。早速帰ってから、半分をフキ味噌に残り半分を天婦羅にして(してもらって)食べました。ほろ苦い味が何とも言えません。「ふきのとう」以外にもほろ苦い味はありますが、「ふきのとう」のほろ苦さが一番良いようで。ハイ。
(fuka)
コメント (2)

猫柳

2008-01-19 20:37:32 | Weblog
人は皆、色んなもの見てそれぞれの季節を感じることと思います。ある人は植物であったり、ある人は動物であったり、又ある人はデパートの飾りであったりと、人それぞれ違うと思います。私は、春を感じるものの一つに猫柳があります。今日、川岸を歩いていたら、もう猫柳が芽をふいていました。
(fuka)
コメント

可愛岳

2008-01-19 20:28:22 | Weblog
最近は手っ取り早く登山気分が味わえる愛宕山の防火帯を良く歩きます。家を出て20分で登山口着、40分で頂上着、下山は色んなコースがあるので、その日の都合で短時間で帰るコース、長時間歩くコースと使い分けます。
写真は、途中からみた可愛岳です。そう言えば、3年位前だったかな?行縢山から可愛岳まで道なき所をyasuさん、yukiさんと3人で縦走しましたよ。
(fuka)
コメント (2)

くちなしの実

2008-01-18 00:02:45 | Weblog
「い~までは指輪も~ま~わるほど~やせてやつれた~お前の姿~」とは、渡哲也が歌ってヒットした「くちなしの花」ですが、その花の実がこれです。栗きんとんや沢庵の色付けに使われていますよね。愛宕山の「老人ホーム登山口」から登っていくと登山道の脇に沢山あります。これって鳥の好物のようですよ。
(fuka)
コメント