行縢探検倶楽部

延岡市にある行縢山(むかばきやま)を気楽に楽しんでいる皆さんの情報交換の場ですのでお気軽に書き込みください

花見

2016-03-31 21:16:19 | Weblog

3月30日の日曜日パリの朝に消えた命一つフランシーヌ~・・・。 と言う歌が今から40年以上前に歌われていたと思います。  その3月30日(水曜日)に花見を行いました。 計画時には桜が満開の予定だったのですが実際は1部咲きにも満たないほどの開花状況でした。 延岡の今年の桜の開花は若干遅いようです。

 

残念ながら桜の花はチラホラとしか目に入りません。 

 

 

まずは乾杯!

 

花より団子。 つまみは、海の幸・山の幸、女子部員の自慢の手料理のオンパレードです。

 

岩ガキ・カラスグチは自己調達。  

 

これに自家製のレモン果汁をかけて食べました。 

 

カラスグチの蒸し焼き、春になり身もかなり肥えて来ました。

 

猪鍋です。 セリもいい香りでした。 猪鍋に入れた「うどん」も美味しかったです。

 

タケノコの和えたもの、山椒の葉っぱもいい香りでした。 イチゴも美味しかったです。

 

ツワブキも春の味を演出。

 

最後のしめは「いなりずし」 やっぱりご飯が一番落ち着きます。

 

桜の花はほんの少ししか咲いていませんでしたが、食べ物は美味しいし話は弾むしで、とても楽しい花見でした。 元気で友と語らい酌み交わす酒は最高です。 健康に感謝! (fuka)

 

 

コメント

行縢山(雌岳)のアケボノ情報(3月30日)

2016-03-30 11:35:56 | Weblog

今日は開花宣言が出来るかな? と思って行縢山のアケボノツツジ標本木の群生地へ出かけてみました。 

 

どんよりと雲っている今日の天気、花曇りといったところでしょう。 山桜は満開です。

 

駐車場には私も含め3台、帰りには6台に増えていました。

 

第二駐車場から登ってくる橋の所にあるダラの芽、ちょうど食べ頃になっていました。 4本ゲット。

 

沢の水を見ると何故か落ち着きます。

 

滝見橋から見上げる雌岳の岩峰

 

雌岳の岩峰にあるササユリも順調に大きくなっています。

 

登山口から50分位で標本木群生地に到着、 満開と思いきや・・・・。  3月24日時点とあまり変化はありませんでした。 寒い日が続いたからでしょうか?

 

手に届くところにあるものはまだまだ固い蕾でした。

 

この調子だと、ただ今蕾が膨らんでいるものは今週末位にはきれいに咲くのではないかと思います。 他のものは蕾が膨らむ程度でしょうか? 行縢山のアケボノツツジの開花は今年は例年に比べ若干遅いようです。  (アケボノ調査員 fuka)

 

 

 

 

 

コメント

鹿児島市内

2016-03-29 09:03:21 | Weblog

3月26日(土)と27日(日)鹿児島に行ってきました。

電車で3時間半かかりました。

鹿児島中央駅西口駅前広場には、薩摩切子を使ったモニュメントがあります。

切子燈(きりことう)と呼ばれ、モニュメントは、鹿児島の伝統工芸・薩摩切子を

イメージしたものだそうです。

島津重富荘から桜島

鹿児島中央駅からバスで向かう途中噴煙を上げて爆発している桜島を見ました。

錦江湾の中央に甲羅干しをしている潜水艦です。

2年前も同時期にみました。

天候に恵まれ、薩摩富士(開聞岳)が見えました。

写真の右1/4に頂上付近が見えます。

築160年の島津重富荘です。

鹿児島に来たらこれでしょう。

夜は黒豚のしゃぶしゃぶです。

そばつゆで食べました。

焼酎が多品種ありました。流石鹿児島です。

翌日は鹿児島水族館へ

春休みの日曜日とあって混雑していました。

イルカショーは立ち見でした。

アザラシショーはパスしました。

ジンベエザメ

水族館4階からの桜島です

市電

線路廻りの芝生の色が肉眼で見ると写真以上に映えます。

これまで鹿児島市内は中継地点として利用していたのですが、今回は久々にゆっくり滞在することができました。(sakarun)

 

コメント

別府オルレ・小鹿山

2016-03-27 15:25:39 | Weblog

オルレとは韓国で人気のある里山歩きのことだそうです、別府にもいいオルレコースがあるということで歩いてみました。

スタートは志高湖、今日は晴れて向かいの由布岳がよく見えます。

ここから反時計回りに進みますが、まずは切り分けられた防火帯のような快適な登山道を進みます、目の前は鶴見岳です。

やがて風景は変わっていき谷を横切ります、由布川渓谷の源流あたりになるのかもしれません。夏はひんやりして気持ちいいでしょうね。

綺麗な棚田を見ながらさらに進みます。

古い歴史がありそうな神社です、杉の木が迫力ありますね。

かなり周回してきました、全長約12kmのうち2/3は来たのではないかと思います。休憩ポイントも所々に設置されています。

神楽女湖に到着、ショウブの時期にはきれいです。

このまま志高湖に戻るのはちょっともったいないので、小鹿山の方へ足を伸ばしてみました。

オルレコースからは外れます。見事なしだれ桜の下を通りましたが開花はあと2~3日でしょうか。

ハアハア言いながら急登を登って15分くらいでしょうか小鹿山山頂です。

別府湾が一望できます。空気が澄んだ日は四国まで見渡せますが今日は少しかすんでいました。

志高湖の方へと下っていきます。

スタートの志高湖へ帰ってきました、湖畔ではキャンプをしている人がたくさんいます。

桜はちらほら咲き始めていましたが、来週あたりが見ごろではないかと思います。来週末はイベントも計画されているようでした。

所要時間約5時間のんびりしたトレッキングを楽しみました。  yasu

 

コメント

わらび

2016-03-27 05:36:14 | Weblog

ワラビを獲る為に愛宕山の防火帯コースを歩いて見ました。

 

鉄塔までは急登です。

 

登山道脇には、つつじや馬酔木の花が咲いていました。

 

 

尾根を進んで行くと小さなピークに着きます。 

 

ピークには山桃の木が1本立っています。 このピークから支尾根伝いに歩いてワラビを探します。 最近はシダが大きくなり歩行困難になって来ています。 そういう場所に慣れていない方は行かない方がいいと思います。  木立越しに、右手には延岡湾、左手には行縢山の稜線が見えます。

 

既に取られたあとがありましたが沢山獲れました。

 

あく抜きをした後はみそ汁にして春の香りを楽しみました。  私は、あく抜きしたものを適当な長さに切って、電子レンジで1分位温めて柔らかくし、マヨネーズと唐辛子と醤油をかけて食べるのも好きです。

 

 

 

コメント

レンゲの花

2016-03-25 08:30:57 | Weblog

田んぼの中を散歩していると満開のレンゲの花が目に入って来ます。 レンゲの根には空気中の窒素分を蓄える働きがあるので、レンゲを田んぼの中にすき込むと窒素肥料をやったのと同じことになるんですね。 花は匂いもいいし、何よりもミツバチの大事な蜜元になるわけですね。

 

 

夕方散歩に出ると帰って来るころには薄暗くなります。 たまたま丸い月が出て来ていました。

 

コメント

行縢山のアケボノツツジ開花状況(3月24日)

2016-03-24 17:45:12 | Weblog

3月24日(木)、仕事が休みだったので行縢山(雌岳)のアケボノツツジの開花状況を確認して来ました。 

 

いつもの場所からの行縢山

 

駐車場には私も含め3台

 

沢の水を一口飲んで登って行きます。

 

たきみばし、立派な橋ですね。

 

”たきみばし” から見る行縢の滝

 

山の神に行く少し手前から右に曲がって雌岳へと向かいます。 約5分で標本木がある場所につきます。 ”行くな”の木が置いてありますが乗り越えて行きます。

 

一番日当たりのよい所にある標本木は蕾の先端がピンク色になっていました。

 

日陰のものやその他の標本木は、まだまだ蕾は固いようです。

 

岩ツツジ?は咲いていました。

 

この場所からは滝がきれいに見えます。

 

下山時に第二駐車場の橋のそばにある”ダラ”の芽の状況を確認しました。 あと何日かで食べ頃ですね。 どなたの口に入るのでしょうか? この木に「3つ」もう1本の木に「1つ」ありました。

 

きょうの蕾の状況からだと、アケボノツツジの開花は、日当たりのよい場所のものが3月末頃、その他はそれから更に1週間後位ではないかと思います。

 

 

 

コメント

愛宕山の春

2016-03-22 19:23:08 | Weblog

日本各地にある「愛宕山」という山、一体どの位の数あるのでしょうか? 振替休日の月曜日に延岡の愛宕山を歩いて来ました。 至る所で鳴いている「うぐいす」、声は聞こえど姿は見えずです。登山道や林道の脇には、ツツジや山桜が満開、ソメイヨシノは気の早いのがちらほら咲いている程度、ふと足元に目をやるとワラビも顔を出していました。 山はまさに春爛漫です。

 

ツツジの花です。 写真奥に青く見えるのは日向灘。

 

 

大ツツジ、この木だけ異常に早い開花です。

 

木の名前は知りませんが新芽がこんなに出ています。

 

山桜

 

ソメイヨシノは見頃になるまでにはもうちょっと日にちが必要です。

 

黄緑色をしたシダの葉がとても柔らかそうできれいです。

 

延岡湾、10年ほど前になりましょうか? 写真中央付近の大きな建物付近に上陸した「竜巻」がそのまま一直線に北上し、甚大な被害を与えました。

 

地球は丸いんです。 残念ながら写真だとそのようには見えませんね。

 

林道から見える「行縢山」、奥に見えるのが「大崩山系」の稜線です。

 

アケビの花

 

足元には「ワラビ」が。

 

帰り道、堤防には「つくし」が沢山出ていました。

 

 

 

コメント

延岡の里山は山桜が満開です。

2016-03-21 07:40:39 | Weblog

3月10日前後から咲き始めた延岡の里山の山桜、今、あちこちの里山で満開です。  山桜と言えば、子供頃、山桜の皮を剥いで弁を作り、水を連続的に飛ばす水鉄砲を作っていたことを思い出しました。

山桜は花そのものも綺麗ですが、若葉も花に劣らずきれいだと思います。

コメント

ダラの芽

2016-03-20 07:40:28 | Weblog

散歩途中に知人の畑がありますが、そこに植えてあるダラの木にちょうど食べ頃の芽が出ていました。 毎年春の彼岸頃になると芽を出します。 季節は確実に春に向かっています。

 

コメント