MrKのぼやき

煩悩を解脱した中年男のぼやき

2021年4月新ドラマ

2021-03-27 12:18:47 | テレビ番組

感染者数の減少は鈍く依然コロナ禍が続いているが、

ようやく各局とも “with コロナ”体制で

(自分的には“apart from コロナ”という言い方が良いと思うのだが)

元の鞘(クール)に収まり、一時の混乱は脱したようである。

中でもTBS は『天国と地獄~サイコな2人~』

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の2本で高視聴率をゲットし、

堅調ぶりが伺える。

いい味を出していた柄本佑(TBS『天国と地獄~サイコな2人』より)

 

この先ワクチン接種が進み、コロナ禍を脱することができるのか。

希望に膨らむクールとなることを期待して各4月ドラマを

チェックしてみたい。

 

 

 

フジ月9 4/5 ~ 『イチケイのカラス』 竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎、桜井ユキ、水谷果穂、中村梅雀、升毅、小日向文世、草刈民代、他

弁護士や検察官の双方に恐れられる自由奔放で型破りな刑事裁判官が主人公のリーガルドラマ。原作は2018年の浅見理都によるコミック『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)。『イチケイ』とは竹野内豊演じる主人公の刑事裁判官・入間みちおが所属する東京地方裁判所第3支部第1刑事部、『カラス』は裁判官が身につけている公平さを象徴する黒色の法服のこと。自由奔放で型破りな入間と、彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍が描かれる。入間は絶対に冤罪を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い事件の真相を明らかにすることを信条とする異端な刑事裁判官。ひげを生やし、服装はカジュアル。ゆるい空気をまとい、とぼけた発言をすることもしばしば。しかし、しがらみや偏見、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官たち両方から恐れられているクセ者。250件前後の事件を抱える刑事裁判官には迅速かつ効率的に事件を処理することが求められるが、マイペースで事件を深掘りしていく入間に、周囲のイチケイメンバーたちは振り回される。そんな入間と真逆タイプの裁判官なのが黒木華演じる坂間千鶴。男性社会の法曹界において若くして特例判事補(裁判官として実務を5年以上経験し判事と同等の権限を有する判事補)になった優秀な女性。東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物タイプ。そんな坂間がイチケイに異動になった理由は、事件の処理件数が信じられないほど少なく、会社なら倒産レベルの赤字状態であるイチケイを立て直すためだった。迅速さと効率性を求める坂間にとって、現場検証を何度も行い、じっくりと事件の真相を深掘りしていくみちおの仕事スタイルは全く理解ができずイライラが募るばかり。しかし赴任当初は反発してばかりだった坂間も、事件をただの“案件”ではなく“一人一人の人生”として扱うみちおの信念に気づいたとき『判決を下すだけではなく裁判官として何ができるのか』という問いに直面することになる。一方、物語の展開とともに、入間が弁護士から裁判官となった転機となる過去のある事件が明らかになっていく。この2人に加えて、裁判所書記官の石倉文太を新田真剣佑が演じる。裁判所書記官は、裁判の記録や調書などを作成・保管するほか、裁判所主導の現場検証を行う際にはスケジュールを調整したり、検証に立ち会って記録したりと、縁の下の力持ちとして裁判官を全面的にサポートする役割を担う。彼ら3人を中心にイチケイチームの活躍が展開される。伝説の裁判官・駒沢義男に小日向文世、お人好しの主任書記官・川添博司に中村梅雀、3つ子の母親でもある書記官・浜谷澪に桜井ユキらがキャスティングされている。

 

 

フジ(関西テレビ)火9 4/13 ~ 『大豆山とわ子と三人の元夫』 松たか子、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平、豊嶋花、市川実日子、高橋メアリージュン、石橋静河、近藤芳正、岩松了、他

坂元裕二脚本によるオリジナル・ロマンチックコメディ。建設会社の社長に就任したばかりのバツ3の女性と、その女性を忘れられない元夫たちの物語。松たか子が演じる主人公・大豆田とわ子(だいずやまとわこ)は、3回結婚して3回離婚したバツ3の女性。建設会社『しろくまハウジング』の社長に就任したばかりの40歳。とわ子はとりわけ変人というわけではなく、洋服が好きで、明るく、お茶目で、ちょっとせっかちで、どこかとぼけていて、いろんなところがちょっとずつ面白い、そんな女性である。最初の夫・田中八作(松田龍平)との間に生まれた中学3年生の娘・唄(うた)(豊嶋花)と二人暮らしをしている。八作は東京・奥渋谷にあるレストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン、40歳。女性に自動的にモテてしまい、ときどき面倒なことに巻き込まれてしまう。二番目の夫はファッションカメラマン・佐藤鹿太郎(かたろう)(角田晃広)(45歳)。業界では有名で腕もいい。とわ子のことが今でも好きで好きでたまらないが、とにかく器が小さい。三番目の夫は岡田将生演じるエリート弁護士・中村慎森(しんしん)(31)。とわ子の会社『しろくまハウジング』の顧問弁護士。理屈っぽくて、ひねくれ者。口癖は「それ、いります?」。周囲からは冷静で合理的な人間とみられていた慎森がとわ子と結婚し、離婚した理由は不明。とわ子とこれら3人の元夫が、坂元裕二お得意の掛け合いで織りなす一風変わった日常がどのように展開されるのかが見どころか。ターゲットとなる視聴者はやや高めの年齢層となりそう。

 

 

TBS 火10 4/20 ~ 『着飾る恋には理由があって』 川口春奈、横浜流星、夏川結衣、丸山隆平、中村アン、向井理、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、他

『恋はつづくよどこまでも』の金子ありさによるオリジナルドラマ。着飾ることで自分の居場所を得ていた女性が、価値観の違う人々と1つ屋根の下で恋愛を繰り広げ、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きていく姿が描かれる。主人公は、川口春奈演じる“着飾る女”真柴くるみ(26)。インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー『el Arco Iris』(エル・アルコ・イリス=スペイン語で“虹”の意)の広報として、プレスリリースやメルマガの作成、メディアの取材対応、広告宣伝のPR活動を担当している。彼女は同社を興した社長・葉山祥吾(40)(向井理)からも一目置かれている。会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSでは10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍。会社のため、フォロワーのため、そして密かに想いを寄せる葉山社長のため、『憧れの存在』であり続けようと背伸びし努力する日々を送っていた。しかし、日々業務に追われマンションの契約更新を忘れていたため部屋を追い出されてしまう。彼女に手を差し伸べたのは、カフェでバイトしていた頃に仲良くなった常連さんで、真柴の唯一の女友達であり、「姉御」と慕う人気フードスタイリスト・早乙女香子(さおとめこうこ)(夏川結衣)50歳。香子の計らいで真柴が行き着いた先は、表参道の一等地に建つ彼女のマンション。表参道の高級マンションで優雅な一人暮らし! と思いきや…まさかまさかの知らない人たちとのルームシェアだった!そこにいたのは既成概念を覆す個性豊かなメンバーだった。自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人で、シンプルな生活を追求する超マイペースな性格のミニマリスト・藤野駿(26)(横浜流星)。そして、駿のはとこでオンラインカウンセラーとして悩み相談を請け負っている関西人・寺井陽人(てらいはると/36)(丸山隆平)。さらには、近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをする傍ら、現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵・羽瀬彩夏(はせあやか/33)(中村アン)。この3人に真柴と香子が加わって、縁もゆかりもない、年齢も職種もバラバラの5人暮らしが始まることとなる。しかしそれぞれ考え方や好みの異なる他人同士の共同生活のためトラブルが多発。他人の評価を気にして生きてきた真柴は、中でも共同生活において自分らしく自由に生きる駿と過ごすうちに価値観が変わっていき2人の距離は急速に縮まっていく。とりあえず本ドラマ、得意の短縮タイトルは『きかこい』とでもなるのだろうか?あまり現実的なストーリーではないようだし、数字の獲れない女・川口春奈主演というのも心配の種だ。

 

 

テレ朝水9 4/7 ~ 『特捜9 season 4』 井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、中村梅雀、佐野史郎、他

リーダーの浅輪直樹(井ノ原快彦)を中心に、新藤亮(山田裕貴)、小宮山志保(羽田美智子)、村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)、矢沢英明(田口浩正)らが協力しながら難事件を解決していく刑事ドラマ、本ドラマも第4シーズンに突入。シーズン3では全く不可解な言動ばかりだった班長の国木田誠二(中村梅雀)がようやくまともに?仕事をしてくれそうである。

 

 

日テレ水10 4/14 ~  『恋はDeepに』 石原さとみ、綾野剛、大谷亮平、渡邊圭祐、今田美桜、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、橋本じゅん、他

徳尾浩司によるオリジナル脚本ドラマ。愛する魚オタクの女の海洋学者と巨大マリンリゾート開発に人生をかけるロンドン帰りのツンデレ御曹司が対立しながらも恋に落ちていく物語。石原さとみ演じる渚海音(なぎさみお)は海洋学者で芝浦海洋大学・海洋学術センター・鴨居研究室の特任研究員。海を愛する魚オタクで、なんでも魚にたとえて語り、周囲を驚かせる。いつも明るく笑顔で、誰にでも優しいお人よしな性格だが、家族や過去のことは語りたがらず謎が多い。プラスチックゴミ等による海の汚染を嘆いていてマリンリゾート開発の阻止に使命感を持っている。一方の綾野剛演じる蓮田倫太郎(はすだりんたろう)は、リゾート開発をしている家族経営会社『蓮田トラスト』の三兄弟御曹司の次男。仕事に厳しく、近寄りがたい雰囲気で周囲に恐れられているが実は無邪気で純真な少年のような心の持ち主。ロンドンの有名コンサル会社に勤めていたが父親の体調不良をきっかけに帰国し、『蓮田トラスト』のマリンリゾート開発事業を任される。立場上対立するこの2人がお互いに惹かれ合うようになるのだが、ある秘密から『禁断の恋』となってしまうという展開。鴨居研究室の特任研究員・宮前藍花に今田美桜、蓮田三兄弟の長男・光太郎に大谷亮平、蓮田三兄弟の三男・榮太郎に渡邊圭祐がキャスティングされている。このところ視聴率が低迷している石原さとみの逆襲なるか?

 

 

テレ朝木9 4/15 ~ 『桜の塔』 玉木宏、広末涼子、仲里依紗、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平、他

武藤将吾によるオリジナル脚本ドラマ。警視庁の頂点、警視総監を目指し巻き起こる野望と正義が入り乱れる組織内のパワーゲームが描かれる。主人公は玉木宏演じる警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになる。ゆくゆくは、警視総監にと考えている。そのためまずは自らが属する派閥のトップが警視総監になることが出世の近道と考えた彼は、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行し野望の階段を駆け上がろうとする。漣の幼馴染で警視庁捜査一課の水樹爽に広末涼子。正義感に燃える彼女は野心に燃える漣と対立しながらも、密かに彼を想っていて、漣の野心に火を点けた過去を知っている。一方、警視庁刑事部長を父に持つ女性・千堂優愛に仲里依紗。欲しいものは何でも手に入れてきた彼女は、漣の魅力に取りつかれ固執していく。警察幹部の面々には、『東大派』の警務部長・吉永晴樹に光石研、『薩摩派』の警備部長・権藤秀夫に吉田鋼太郎、さらに『外様派』の刑事部長・千堂大善に椎名桔平らがキャスティングされている。そのほか、漣に徹底マークされる銀行強盗事件の被疑者・蒲生兼人を森崎ウィン、漣の情報屋として暗躍する刈谷銀次郎を橋本じゅん、漣を気にかける銀座の高級クラブのママ・小宮志歩を高岡早紀が演じる。警察内部のすったもんだなど、あまり興味が湧かないのだが…。

 

 

フジ木10 4/8 ~ 『レンアイ漫画家』 鈴木亮平、吉岡里帆、片岡愛之助、木南晴夏、竜星涼、岩田琉聖、他

漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷちアラサー女子、恋に不器用な二人が織りなすラブコメディ。原作は2010年から2012年にかけて連載されていた山崎紗也夏の漫画『レンアイ漫画家』(講談社モーニングKC刊)。脚本は松田裕子。鈴木亮平演じる主人公・刈部清一郎(かりべせいいちろう)は、人付き合いが苦手の変わり者で、外に出ることもほとんどなく、常人には理解できない思考回路を持つ天才漫画家。アシスタントもつけず一人きりで、少女漫画の金字塔と呼ばれる大ヒット漫画の連載を続けている。顔出しは一切せず、女性名のペンネームで正体を隠し、そのプライベートは謎に包まれていた。そんなある日、弟の忘れ形見を引き取る羽目になり、孤高の生活が乱されることに。一方、夢なし、彼なし、仕事なしのアラサー女子・久遠あいこ(くおんあいこ)は、初恋の人の葬儀で、その兄の清一郎と衝撃の出会いをする。清一郎は『俺のためにレンアイしろ!』と、あいこにとんでもない仕事の依頼をする。それは、漫画のネタのために疑似恋愛のミッションをする、というものだった。このため、あいこは疑似恋愛相手と淡い恋に発展したり、発展しなかったりの悲喜劇を繰り返す羽目に。清一郎と喧々諤々(けんけんがくがく)、丁々発止を繰り広げていく。吉岡里帆が恋愛不器用・彼なし・仕事なしのアラサー女子といわれても全くピンとこないのだが。

 

 

TBS金10 4/16 ~ 『リコカツ』 北川景子、永山瑛太、高橋光臣、白洲迅、大野イト、平岩紙、宮崎美子、酒向芳、三石琴乃、佐野史郎、他

泉澤陽子脚本によるオリジナルドラマ。運命的な出会いを果たして交際ゼロ日でスピード婚した夫婦が、価値観の違いから新婚早々に離婚に向けた活動(リコカツ)を始める。北川景子演じるファッション雑誌の優秀な編集者・水口咲は大手広告代理店勤務だった父と美魔女モデルと呼ばれる母を持ち、現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性。そんな咲と運命的な出会いをしたのが永山瑛太演じる緒原紘一(おばらこういち)。紘一は航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員で、厳格な自衛官一家で育った絵に描いたようなカタブツ人間である。自由奔放と生真面目。まるで正反対な二人は、運命的な出会いをきっかけに交際ゼロ日でスピード結婚する。華やかな結婚式を終え、幸せな新婚生活が始まると思われたが。同じ家で暮らし始めた二人は、互いの生活習慣の違いや結婚生活に求める価値観の違いで意見が食い違い、大喧嘩に。売り言葉に買い言葉で、新婚早々離婚を決意する。しかし、職場や家族・友人から盛大に結婚を祝福され、将来を期待される新婚夫婦は、周囲になかなか離婚の決意を切り出せない。そこで水面下で離婚に向けた活動、『リコカツ』を始めることになる。咲の会社の後輩・三本木なつみに大野イト、咲の元カレ・青山貴也に高橋光臣、紘一の両親に宮崎美子・酒向芳、咲の両親に三石琴乃・佐野史郎らが配役されている。久々に瑛太をテレビドラマで見るような気がする。

 

 

テレ朝 金23:15 4/30 ~ 『あのときキスしておけば』 松坂桃李、麻生久美子、井浦新、三浦翔平、岸本加世子、MEGUMI、猫背椿、六角慎司、阿南敦子、他

大石静脚本によるオリジナルドラマ。不運な32歳独身男性が、失った最愛の人が見知らぬおっさんに入れ替わったと告げられるSFラブコメディ。主人公は松坂桃李演じる、壊滅的にポンコツで、夢もなく覇気もなく生きていたスーパーの従業員・桃地のぞむ。勤務先でも失敗ばかりで出世願望も恋愛願望も特になし。唯一の趣味が漫画を読むことだった桃地は、ある日、スーパーのレジでクレーマーに絡まれていたところを大好きな漫画『SEIKAの空』の作者・蟹釜ジョーこと唯月巴(麻生久美子)に助けられる。その後二人がなんやかんやといい感じになり始めたころ、巴に押し倒されてキスされそうになったのをやんわり拒否しキレられてしまう。それでも桃地は沖縄旅行に誘ってもらうことになり心躍らせていた矢先、巴は事故で帰らぬ人になってしまう。桃地が悲しみに打ちひしがれ涙にくれていると、見知らぬおっさん・田中マサオ(井浦新)が現れ、衝撃的な言葉を発するのだった。「モモチ、私が巴なの」。いとしの彼女はおじさんの中に魂だけ入ってしまったのである。最愛の人を失った上に、見知らぬおっさんにわけのわからないことを言われてしまった桃地は奇想天外な出来事に次々と見舞われることに。そして物語が進むにつれ、マサオの正体も明らかになっていく。“入れ替わりもの”ということなら『天国と地獄~サイコな2人~』に先を越されてしまった感じ。二番煎じ以下に終わらなければよいのだが…。

 

 

日テレ土10 4/17 ~ 『コントが始まる』 菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音、他

金子茂樹によるオリジナルドラマ。解散を決意したコント師の3人の男たちと、やる気のない姉妹の「大失敗」の人生を歩む20代後半の男女5人の物語。高岩春斗(菅田将暉)、朝吹瞬太(神木隆之介)、美濃輪潤平(仲野太賀)の3人は子供の頃に描いていた思いとはかけ離れてはいたが、売れないお笑いトリオ『マクベス』で頑張っていた。そんな3人も20代後半となりトリオの解散を決意する。一方、中浜里穂子(有村架純)は、一流企業に就職しOLとして頑張っていたが、理想とのギャップからOLを辞めて抜け殻となりファミリーレストランでウエイトレスのアルバイトをしていた。里穂子の妹・中浜つむぎ(古川琴音)も悶々とした日々を過ごしており、姉の世話を言い訳にして目標もなく夜の街で働いていた。ある日、里穂子はトリオの3人がネタ合わせに使うファミレスで出会うことになる。3人の様子に里穂子は忘れかけていた大切なものを思い出し彼らを応援していくことに。ドラマは毎話、売れないトリオによる取り留めのない『ショートコント』で幕を開けるが、それはそれに続くドラマの『前フリ』になるとか?まだ20代後半という若さながら人生に大敗したと感じている男女が思いも寄らない未来に遭遇する群像劇が繰り広げられる。

 

 

NHK日8 放映中 『青天を衝け』 吉沢亮、竹中直人、草彅剛、堤真一、満島真之介、橋本愛、岡田健史、上白石萌音、深川麻衣、博多華丸、他

吉沢亮は予想外に好演している(一方、草彅の演技は、というと…あんなものか)。順調なスタートを切ったようであるが、やはり時代が江戸末期から明治維新なので毎話、重大な事件が描かれるわけではない。大きなイベントを期待する人たちには回を重ねるごとに間延びした感じになるのではないだろうか。

 

 

TBS日9 4/25 ~ 『ドラゴン桜2』 阿部寛、長澤まさみ、及川光博、江口のりこ、早霧せいな、佐野勇斗、高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、他

2005年7月クール、金曜ドラマ枠で放映された『ドラゴン桜』の続編。原作は週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房の漫画『ドラゴン桜2』。前作で倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校を超進学校に生まれ変わらせた弁護士・桜木建二の16年後が描かれる。阿部寛が演じる主人公の桜木は、元暴走族の弁護士。前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としていた。今回、前作から16年後の龍山高校に戻ってくる。偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去ったあとは下降の一途を辿っていた。その窮地を脱すべく、同校は再び桜木にオファーを申し入れる。入試制度改革が行われる今、再び東大受験を目指す新たなドラマが展開される。ただ現代の大学受験は大きな転換期を迎えていた。これまでの知識詰め込み型の“記憶力試験”から“実践的な学力を測る試験”へと移行。これは、DX(デジタルトランスフォーメーション)などに代表されるように、社会で必要とされる力が変わってきたことによる。また今作では、生徒たちが抱える現代ならではの悩みを描きながら、大人が抱える子育ての悩みや、口を開けば“パワハラ”だと騒ぐ部下へのうっぷんなど、様々な問題に桜木が向き合うことになる。今回、桜木がかつて受け持った“東大クラス”の教え子・水野直美(長澤まさみ)が弁護士として桜木の経営する法律事務所に入所し生徒たちと関わっていく。また、桜木たちに学校再建を依頼した学園の教頭・高原浩之に及川光博、桜木たちに反発・抵抗する同学園の理事長・龍野久美子に江口のりこ、桜木法律事務所のNo.2・岸本香に早霧せいな、らがキャスティング。そのほか“東大専科”の生徒役に南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎、平手友梨奈、高橋海人らが選ばれている。前作では、山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣らが生徒役で出ていたようであるが、今回もキャストから新たなスターが生まれるか?

 

 

日テレ日22:30 4/11 ~ 『ネメシス』 櫻井翔(主演)、広瀬すず(主演)、石黒賢、山崎紘菜、真木よう子、仲村トオル、勝地涼、中村蒼、富田望生、江口洋介、他

複数の小説家からの脚本協力によるオリジナルドラマ。ポンコツ探偵の男性と天才すぎる女性による、凸凹バディが難事件を解決するミステリードラマ。タイトルの“ネメシス”はドラマの舞台となる探偵事務所の名前、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神の名からつけられている。ポンコツだが人望の厚い探偵・風真尚希を櫻井翔、無鉄砲だが天才の助手・美神アンナを広瀬すずが演じる。ドラマは一話完結のエピソードが毎話描かれるが、全話を通じてアンナの父を探し出すのが2人の目的となる。父につながるヒントを見つけ出そうとするたびに新たな謎が生まれていき、各話が複雑に絡み合ってつながっていく。2人はやがて全ての謎を解く鍵が20年前の“ある事件”に隠されていることを知る。アンナの父親・美神始に仲村トオル、探偵事務所『ネメシス』の大黒柱・栗田一秋に江口洋介がキャスティングされている。かなり入り組んだ内容の様なので、一話でも見逃すとついて行けなくなるのではと心配。

 

 

大河ドラマを除く12作品中9作品がオリジナルドラマ。

昨年あたりからオリジナル作品が増えてきておりいい傾向である。

(韓流・医療ドラマはゼロ!)

“遠い世界の物語”風な設定が多いのが気になるが、

バラエティには富んでいるようである。

楽しみにしたい。

コメント

耳・鼻燃ゆ

2021-03-24 16:24:18 | 健康・病気

3月のメディカル・ミステリーです。

 

3月20日付 Washington Post 電子版

 

 

Her flaming ears foretold a diagnosis that terrified her

燃える耳は彼女を恐怖に陥れた疾患の前兆だった

 

By Sandra G. Boodmanm,

 2019年6月の蒸し暑い午後、北バージニアで最も車が混雑することで悪名高い道を運転中、ぴたりと流れが止まったとき、Grance Brenner(グランス・ブレナー)さんはケータイを取り出し、自身の最近の奇妙な症状に似た画像を探し始めた:耳がビートのように真っ赤で触ると熱感があるというものである。

 現在33歳になる Brenner さんは、その数年前からブラジャーをつけられないほど持続性の胸郭の疼痛、間欠的な皮膚の発疹、あるいは不可解な鼻の腫脹などの複雑な症状に悩まされていた。

 2、3週間前に職場で座っていたときBrenner さんの右耳の先端が痛み始めた。最初、その原因は強い日差しかもしれないと考えた。しかし、ブラインドを閉めても変わりがなく、暗く空調の効いた部屋の中にいても彼女の耳は深紅色を呈したままだった。数日のうちにその発赤は左耳へと広がった。

 しかしそれが何であれ深刻なものとは思えなかった;誘因は不明だったが、アレルギー反応かもしれないと考えていたことを Brenner さんは覚えている。しかし、あの車の座席で彼女が見つけたものは、彼女をひどく動揺させた。

 

Grace Brenner さんは、この数年間、ブラジャーをつけられないほどの胸郭の持続する疼痛、間欠的な皮膚の発疹、あるいは不可解に鼻の腫脹などの複雑な症状に悩まされていた。

 

 数週間後、彼女の医師が下した診断は、自分には当てはまらないと Brenner さんが強く願っていたものだった。しかし時が経つとともに恐怖は減じてきたように思われた。

 「最初、それは私を心底震え上がらせるものでした。私を愛してくれる人と交わさなくてはならないすべての辛い会話を受け入れることができませんでした」と Brernner さんは言う。

 

Is this a heart attack? これは心筋梗塞?

 

 2012年、当時 American University(アメリカン大学)の法学部2年生だった Brenner さんは、長く続いていた頸部痛を和らげるために理学療法を受けていたが、突然、胸が押しつぶされる感覚を自覚した。彼女の肋骨と胸骨の右側の連結部位がひどく痛み、発赤し腫れていた。

 「あまりに痛みがひどかったので、『これは心筋梗塞?』と思いました」そう彼女は思い起こす。

 療法士は Brenner さんの治療を担当していた physical medicine specialist(理学療法医)を呼んだ。彼女のバイタルサインを取り、心筋梗塞や胸部の外傷を除外したあと、彼は costochondritis(肋軟骨炎)が疑われると彼女に告げた。これは軟骨に炎症が生ずるもので、症状が心筋梗塞に似ている、通常自然に治癒しうる良性のよく見られる疾患である。これに似た疾患である Tietze syndrome(ティーチェ症候群)は罹患領域に腫脹を伴うものである。

 Brenner さんによると、この数年間、胸郭にかなり圧痛がありブラジャーがつけられなかったという。しかし処方用量の抗炎症薬により彼女は活動できていた。「何かを持ち上げるのにかなり注意しなければなりませんでした」と彼女は言う。「そして、下着を重ね着しなくてはなりませんでした。またある種の運動ができませんでした」

 ただ薬の量を減らすたびにその痛みは再燃していた。

 2014年、Brenner さんの右の股関節に痛みを伴う腫脹が生じ、理学療法医は lupus(ループス)を疑うと彼女に告げた。これは炎症を引き起こし、皮膚、関節、心臓などの複数の器官を侵す自己免疫疾患である。彼はリウマチ専門医に彼女を紹介した。

 自身の組織や器官を攻撃する自己免疫疾患は家族内で発症することがある。Brenner さんも例外ではなかった:両方の祖父に1型糖尿病があったのである。

 彼女の病歴と、免疫系が活性化していることを示唆する抗核抗体の検査であるANA の検出を含めた血液検査の結果に基づいて、そのリウマチ専門医は彼女がループスであると結論づけた。この疾患は予測不能に症状が一進一退することがある。Brenner さんによると、肋軟骨炎あるいは Tietze syndrome ――その診断は確定的ではなかったが―― は、時に自己免疫疾患の患者で肋軟骨炎がみられることはあるが、彼女の場合には無関係のようだと彼から告げられたという。

 Brenner さんは自己免疫疾患の主要な治療薬である抗マラリア薬の hydrosychloroquine(ヒドロキシクロロキン)の内服を開始した。これはコロナウイルスの予防や治療において無効もしくは有害な可能性すらあると研究者らが結論づけられてしまったが、パンデミックの最中に一時的に有名になった薬である。

 数ヶ月のうちに彼女の健康状態は改善した。

 

Burning ears 燃える耳

 

 2018年までは、「ずいぶん調子は良かったのです」と Brenner さんは言う。肋骨の痛みは最終的に消失しており、ループスもコントロールされていたようだった。別のリウマチ専門医にかかるようになっていた Brenner さんは hydoxychloroquine の内服を中止し、抗炎症薬の処方も中断した。

 「『自分の人生を取り戻したかも』と思いました」そう彼女は思い起こす。

 一時的な改善は約1年続いた。

 しかし 2019年4月のある朝のこと、Brenner さんは軽度の鼻出血と、鼻の発赤、腫脹で目が覚めた。「息をするのが少し辛かったのです」と彼女は言う。彼女は耳鼻咽喉科医を受診したが、その医師は彼女の鼻に傷がある様子はなく、病変があるとしても鼻を構築し形態を保持する軟骨が侵されている他にはないように思われ困惑した。その医師は、腫脹が消失した後も鼻に変形がみられるようなら再び受診するよう助言した。2週間後、彼女の鼻は外見上問題なく正常に感じられた。

 「それについてはあまり考えませんでした」と Brenner さんは言う。

 ところがその 2ヶ月後、彼女がスマホをスクロールしていたとき、映し出された画像を見て高まる動揺を抑えようと努めた:それは身体が自身の軟骨を攻撃する深刻な進行性疾患である relapsing polychondritis(RP:再発性多発軟骨炎)の患者の写真だった。

 この疾患は単に polychondritis(多発軟骨炎)とも呼ばれ自己免疫疾患と考えられている;典型的には耳と鼻が標的となり、前者ではだらりと下垂し、後者では軟骨が崩壊し再建手術が必要となることがある。重篤なケースでは、心臓、血管、あるいは気道が障害され、致死的となりうる傷害を生じる。

 Polychondritis は男性より女性に多く、一般には20歳から60歳までの年齢にみられる;100万人に約3人が罹患すると推定されている。治療法はわかってなく特異的な診断的検査もない;診断は症状をベースに行われる。

 治療は、攻撃の軽減、再発の予防、軟骨の温存に重点が置かれる。ループスの患者と同様に、RP の患者は、この疾患の多彩な症状に対処するために多岐にわたる専門医を受診することが多い。

 メリーランドのリウマチ専門医 David Wolfe(デイビッド・ウォルフ)氏のもとを受診した Brenner さんは鼻が腫れるエピソードについて詳しく話し、炎症を起こした写真を彼に見せた。すかさず Wolfe 氏は彼女が恐れていた病名を確定した:彼女にはループスとともに RP の特徴的な症状がみられていたからである。Polychondritis の患者が一つ以上の自己免疫疾患を持っていることはまれではないと彼は言う。

 「それはボヤのようなものです」polychondritis の最初の徴候について Wolfe 氏はそう話す。「それを消火できなければさらに大きな火事へと進む可能性があります」

 Wolfe 氏はBrenner さんに methotrexate(メトトレキサート)の内服を始めるよう勧めた。この薬は、ある種の癌や自己免疫疾患の治療に用いられるが、免疫系を抑制する作用がある。

 Brenner さんは尻込みした。「私は何もしないという、すべきこととは正反対のことをしました。私は(薬の)副作用が怖かったのです。要するにそれは拒絶でした。『そうよ、もし私がその薬を飲めばそれが現実のものとなる』そう私は考えました」

 

A different crisis 異なる危機

 

 しかし1ヶ月間発熱が続いたため Brenner さんは、副作用がより少ないと考えられる薬を内服することに同意した。彼女はまた、オンラインの支援グループに参加した。それは彼女にとって恐ろしくもあったが助けにもなった。

 数週間後、高血圧クリーゼ(高血圧緊急症)に見舞われ北バージニアの病院を受診した。血圧が 180/120 まで急上昇し、心拍数も200 で正常上限の2倍となっていた。彼女は高血圧、および心拍数が増加した状態である洞性頻脈と診断された。

 彼女は心臓内科医の受診を始め、心拍数と血圧を下げる薬が処方された。さらにメトトレキサートの内服が始まったが、これによりループスと RP のコントロールは良好となった。

 Wolfe 氏によると、心拍数の増加も、法学部在学中に最初に表面化した高血圧と同様に、彼女の自己免疫疾患とは無関係のようであり、通常関連はみられないという。Brenner さんによると、彼女の心臓内科医は頻脈に関しては関連があるかもしれないと考えていると彼女に話しているという。

 今までのところ彼女には polychondritis で生じうる深刻な肺や目の障害が起こっている徴候はみられていないと Wolfe 氏は言う。「メトトレキサートの効果が続くとすれば彼女の予後は良いだろうと思います」と彼は話している。

 Brenner さんがいつ RP を発症したのかは不明である。鼻や耳の炎症は通常最初の兆候となる。肋軟骨炎が前兆となることもありうるが疑わしいと考えていると Wolfe 氏は言う。

 「RP はそれとなく症状が現れます」と彼は言う。「そのため簡単にこれを除外できないのです」

 Brenner さんは、たとえ試みることのできる他の薬剤があるとしても、もし病状がより重篤化したり、メトトレキサートが効かなくなったりした場合に起こるかもしれないことについて心配しないようにしているという。

 彼女は数年前にワシントン地区に転居し現在は両親と一緒に暮らしている。両親は70歳代であり Brenner さんは彼らの健康管理の支援をしている。しかし、彼女自身の健康状態を取り巻く不確定性について彼らに打ち明けなければならないことはむずかしい問題だった。

 「でも彼らは、他の人たちと同じようにそれにうまく対処してくれています」と彼女は言う。

 

 

再発性多発軟骨炎(relapsing polychondritis:RP)については

慶応義塾大学病院の医療・情報健康サイトに詳細な説明が

あるのでご参照いただきたい。

 

RP は全身の軟骨組織に特異的に慢性かつ再発性の炎症を来たし

進行性の軟骨破壊を来す難治性疾患である。

原因はわかっていないが、Ⅱ型コラーゲンなどの

細胞外マトリクスに対する自己免疫反応の関与が示唆されている。

根本的な治療法はない。

稀な疾患で、米国では100万人に3.5人と報告されている。

本邦では2010年の調査で400~500例が確認されている。

全年齢に起こるが 40・50歳代に多く性差はないとの報告が多い。

RP の1/3 の症例が全身性血管炎や、他の自己免疫疾患、

骨髄異型性症候群などの血液疾患、悪性腫瘍などを合併する。

ベーチェット病との併存例は特別に

MAGIC 症候群(Mouth And Genital ulcers with Inflamed

Cartilage syndrome:炎症性軟骨をともなう口腔と陰部の潰瘍)と

呼ばれている。

 

初発症状としても、全経過にみられる症状としても最多は

耳介軟骨炎であり(全経過にて78%)、次いで、

気道軟骨(同50%)、鼻軟骨(39%)、関節軟骨(39%)等の炎症が

みられる。

耳介病変は、多くは両側性で、当初は1週間程度で軽快するが

その後反復し次第に耳介軟骨が軟化し下垂する。

内耳軟骨や聴覚神経、前庭神経を栄養する血管に炎症がおこると

感音性難聴や耳鳴り、めまいがみられることがある。

鼻軟骨炎を繰り返すと軟骨が崩壊し鞍鼻(鼻の陥没変形)となる。

気道病変では嗄声、咳嗽、喘鳴がみられ、

進行すると気道の狭窄や閉塞が起こり呼吸不全をもたらす。

眼症状は約半数に認められ、強膜炎、上強膜炎、結膜炎、

角膜炎、ブドウ膜炎が中心であるが、まれに視神経炎を伴い

失明など重症化することがある。

口腔内アフタ、結節性紅斑、皮膚血管炎、脂肪織炎などの

皮膚粘膜症状のほか、頻度は低い(10%以下)が弁軟骨炎による

心弁膜症による重症化もみられる。

さらには、末梢及び中枢神経症状が10%程度にみられる。

血管炎により脳神経が障害されたり、片麻痺、けいれん、

髄膜炎などが多彩な病変を呈することがある。

特徴的な関節炎として、胸鎖関節や肋軟骨など胸骨周囲に

病変がみられる。そのほか指、膝などの関節にも炎症が起こる。

稀に腎臓病変を合併することがあり、メサンギウム増殖性腎炎、

巣状壊死性糸球体腎炎などがみられる。

 

本疾患に特異的な検査所見はない。

病勢を血液検査、CT、MRI、ガリウムシンチグラフィー、

骨シンチグラフィーなどで評価する。

抗核抗体はしばしば陽性で、リウマトイド因子も陽性のことがある。

 

治療として副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬が使用されるようになり

予後の改善がみられている。

副腎皮質ステロイド単独療法で治療抵抗性で減量困難な例では

メトトレキサートが用いられる。

メトトレキサートにも抵抗性を示す場合には、

アザチオプリン、ミコフェノール酸モフェチル、シクロスポリン、

シクロフォスファミドなどの免疫抑制薬を選択する。

近年、従来の治療法で効果が得られない場合、

関節リウマチ治療に用いられる、インフリキシマブ、エタネルセプト、

アダリブマブなどのTNF阻害薬、インターロイキン-6 阻害薬である

トシリズマブなどの生物学的製剤が有効との報告が出てきているが、

現在は保険適応外となっている。

 

現在でも1割程度の死亡例が存在し、その約半数は呼吸器関連が

原因となっている。

高度の気道病変は副腎皮質ステロイド単独では抑えられないため

呼吸器障害合併症例では早期より免疫抑制薬の使用が推奨されている。

気管・気管支軟化症が進行した場合は、気道閉塞を予防する目的で

気道内留置ステントが行われることがある。

また心臓の弁閉鎖不全に対しては弁置換術、動脈瘤に対してはステントや

人工血管形成術が行われている。

全身管理の向上により徐々に生存期間の延長が得られてきているという。

 

本疾患、軟骨がターゲットになっているのは間違いないようだが、

いまだに詳細な発症機序が不明とは…。

早期の病状の解明が待たれるところである。

コメント

わたしって、クレイマー?

2021-02-27 16:00:14 | 健康・病気

2月のメディカル・ミステリーです。

 

2月21日付 Washington Post 電子版

 

A woman’s laborious search uncovered the probable cause of her searing abdominal pain. Getting a doctor to help was much harder.

女性の根気強い探索により自身の締め付けるような腹痛の推定される原因が見つかった。しかし、助けてもらえる医師を得るのははるかに困難だった。

 

By Sandra G. Boodman,

 Timothy M. Whitney(ティモシー・M・ホイットニー)氏は Juliane Potter Marx(ジュリアン・ポッター・マークス)さんの第一印象を覚えている。それは、2020年4月15日にワシントン州 Bellingham(ベリンガム)にある彼の診療所で彼女が書類の束を掴んで重そうな身体で壁に寄りかかって立っていた時のことである。その新患は、座るのはひどく辛いのだと彼に言った。

 「彼女は “eyeball test”で不合格でした 」医師が患者を評定するのに用いる即座に行う全体評価の用語を使って、この形成外科医はそう思い起こす。Whitney氏は「この患者が実に厄介である」ことは明らかだったという。

 Whitney氏は、当時69歳の Marx さんのことをそれまでに耳にしたことがあった。扱いにくい患者、あるいはそれよりもっとたちが悪いという残念な評判が先行していた。2年半の間に彼女は23人の医師を受診していたが、そのほとんどは Seattle(シアトル)と Vancouver(バンクーバー)の中間にある人口9万2千人の町 Bellingham の医師だった。

 彼女は、上腹部に生じる鋭い痛みを和らげようとして、様々な検査、画像診断、および治療を受け、麻薬を含めた20数種の薬が処方され、何ヶ月もの間、理学療法や心理療法を行った。

庭で薪を切っている Juliane Potter Marx さん(家族写真から)。彼女の必死の探索によって彼女の締め付けるような腹痛の原因が判明したが、多くの医師らはそれを認めることを拒絶した。

 

 彼女の粘り強い探索により可能性のある診断名が浮かび上がったが、その診断名を、あるいは彼女自身を真剣に受け止め有効な治療にゴーサインを出してもらえる医師をつかまえることはことごとく失敗に終わっていた。

 医師らはそれを、ある一人の言葉を借りれば“crazy idea(ばかげた考え)”と却下するか、そんな病気は聞いたことがないと言った。あるいは、その診断はもっともらしいかもしれないが、彼女がどこで治療を受けられるかわからないと言うものもいた。Marxさんの生真面目すぎる態度や増大する必死さがさらに彼らを遠ざけてしまったようだった。

 「私に傲慢なところはなかったはずです」と彼女は言う。「私は助けを求めていたのですが、私が薬を欲しがっている人間であるとの噂が広まっていたように思います。非常に屈辱でした」

 しかし Whitney 氏は違っていた。彼はMarx さんが精神的あるいは薬物的問題を持った人物であるという印象を持たなかった。「私は快く耳を傾け、“憤怒型患者”事案にムカつかない経験がありました」と彼は言う。

 Marx さんによるとWhitney 氏の心を開いた姿勢と思いやりが自分の命を救ってくれたと確信しているという。

 

No diagnosis 診断はつかず

 

 2017年9月、カナダとの国境から12マイル南の、Bellingham 郊外の田舎の海岸地区に住む Marx さんは、薪の半分の束を割り終わったとき、上腹部に電撃的な衝撃を感じた。彼女は肉離れを起こしたと思ったが、温熱治療やマッサージで効果はなかった。

 その後6週間でその痛みは増強した。ある晩、痛みがあまりに強かったため、未亡人である Marx さんは近くの緊急室に一人で受診した。MRI検査で何も見つからなかったためプライマリケア医は彼女を胃腸科医に紹介した。

 Marx さんはそれまでの人生で複数回腹部の手術を受けていた:11歳のとき虫垂切除術、2度の帝王切開の後の不妊症に対する検査のための手術、49歳で乳癌に対する乳房切除後に新たな乳房を再建するために腹部の筋肉が採取された TRAM flap (transverse rectus abdominus myocutaneous flap、横軸腹直筋皮弁法)手術、そして、その5年後の胆嚢切除術である。

 「これらはどれも問題ではありませんでした」と Marx さんは言う。現在彼女は運動のためにウエートトレーニングをしている。

 当初、医師らは彼女が癒着を起こしているのではないかと考えた。これは、術後に腹部で形成される帯状の瘢痕組織によるものであるが、それは除外された。

 それからの4ヶ月間、Marx さんは彼女の家庭医と二人の胃腸科医の間を行ったり来たりした:一人は大腸内視鏡検査を行い、二人目は肝、胆管、および膵臓の内視鏡検査を行った。いずれも正常だった。

 「その痛みは消化器官由来ではないと繰り返し説明しようとしました」そう Marx さんは思い起こす。彼女には下痢、胸やけ、あるいは嘔吐などの症状がなかったからである。彼女の痛みは、腹部の右側の肋骨直下の特定の部位に限定されていた。座ると激痛が走った:左を下に横になると多少痛みが和らいだが、ほんのわずかでも苦痛がない状態を得られる唯一の方法は頻回に体位を変えることだったとMarxさんは言う。ウォーキングは有効だった。

 2018年2月、Marxさんは3人目の胃腸科医を受診するため Seattle に向かった。その医師は閉塞、あるいは腸内細菌異常増殖をチェックするため gastric emptying study(胃排出能検査)とhydrogen breath test(水素呼気試験)を行った。両試験は正常で、その医師は彼女にもっと多くの食物線維を摂るよう助言した。

 3月、彼女の新たな家庭医は腹部と肝臓の超音波検査を依頼し、MRIを再検した。異常は見つからなかったため彼は抗うつ薬を処方した。

 「私は過剰なまでに検査されましたが、結局診断はつかなかったのです」と Marx さんは言う。

 医師やそのスタッフとの彼女のやり取りは徐々に嫌な雰囲気になっていった。Marxさんの記憶によれば、彼女がどこかがおかしいはずだと主張したとき、ある胃腸科医は肩をすくめたという。また、彼女が以前に受診した専門医に診てもらおうとすると、そこのスタッフが予約を拒否することもあった。

 5月、彼女の家庭医は麻薬のオキシコドンを処方した。Marx さんによると、数時間でも睡眠ができるようにオピオイド系鎮痛薬の内服を仕方なく始めたのだという。しかし、しばしば痛みからの恐怖で2時や3時に目が覚めると、気を紛らそうとして数時間自宅の周りを歩いた。

 7月、家庭医に「私に抗うつ薬を処方する理由を説明できていない」と彼女が言ってその薬の内服を止めた Marx さんは週一回行われる6ヶ月間の心理療法セッションを開始した。さらに彼女は数ヶ月間の理学療法を受けることになった。

 「それらはかなり助けにはなりました」と両者について話すが、彼女の痛みの緩和には役に立たなかった。

 同月、元 medical transcriptionist(医学記録転写士)でボーイング社のテクニカルライターも務めていた彼女は自身で探索を始めた。「自分自身で救いを見つける以外に望みはないと感じていたのです」と Marx さんは言う。彼女はそれから数週間、医学サイトを詳しく調べ、医学雑誌の記事の入手に400ドル以上を支払った。

 彼女が見つけた研究論文の中に、Philadelphia(フィラデルフィア)の外科医 John Carnett(ジョン・カーネット)の1926年の報告があった。彼は慢性腹痛の部位の特定に有用な簡単なベッドサイドの検査をあみ出していた。腹壁由来の疼痛は一般的に特定の場所に限局しているという;それはしばしば見逃されたり、内臓痛と間違われたりする。内臓痛は腹部のより深い場所に由来するものでびまん性(広範囲)の傾向がある。その結果、医師らは本質的に誤った部位に注目してしまうことからしばしば、原因を見つけることのできない無益で高額な精密検査に繋がることになる。また往々にして、原因不明の腹痛は精神的障害のせいにされてしまう。

 Carnett’s test (or sign)(カーネットテストまたはカーネット徴候)は腹壁の痛みを内臓の痛みと鑑別するのに役立つ科学的に有用な方法である。患者を仰臥位とし、医師は疼痛部位を圧迫しながら、患者に台から足を持ち上げさせたり、頭部を起こしたりさせる。腹壁の痛みがある患者ではその痛みが増強する:他のタイプの痛みを持つ患者では一般に痛みは減弱する。

 見逃される慢性腹壁疼痛の原因疾患、angerior (or abdominal) cutaneous nerve entrapment syndrome (ACNES; 前皮神経絞扼症候群)は腹壁に向かう肋間神経の枝が、腹直筋(別名“six pack” muscle:“6つに割れた”腹筋)を覆う線維性の筋膜を通過する箇所で絞扼されることで起こる。開腹手術の既往、妊娠、あるいは外傷などが ACNES の発症に関与する可能性がある。

 この疾患には麻酔薬の注射が行われるが、注射が失敗に終わった場合には手術によって治療される。

 慢性の腹痛で緊急室を訪れる50人に1人が ACNES である可能性があると推定されているが、調査研究によると多くの医師がこの疾患をよく知らないとみられることが明らかにされている。理学的診断の質の低下が一因となっているかもしれない;医師らは、カーネットテストのような簡便な技術を教わらない傾向にあり、そういった診断手技は、費用のかかる高度技術による診断法に取って代わられてきたからである。

 Marx さんは最初疑っていた。「『うん、そうなのか』と思いました」そう彼女は思い起こす。しかし読めば読むほど、自分が ACNES であると強く確信するようになった。

 しかし医師らを納得させるのにそれからさらに18ヶ月を要することになったのである。

 

Searching for a fix 治療を求めて

 

 自身の探索によって気持ちを持ち直した Marx さんは、彼女の家庭医に局所麻酔薬のリドカインを用いたトリガーポイントへの注射をするよう頼んだという。彼は気乗りしないようだった;Marx さんによると、それdめお彼女が“懇願することで”彼は折れたという。その注射で痛みは2時間止まり、Marx さんはそれを“奇跡的に”感じたという。しかしその後ひどい痛みがぶり返したためさらに2度試みられたが同じような結果だった。彼は疼痛治療を専門にしている麻酔科医に彼女を紹介した。

 神経ブロックの処置中、その麻酔科医は誤って坐骨神経に当ててしまった。Marx さんによれば、それにより“激しい苦痛”が引き起こされ、結果生じた痛みを抑えるために ER への受診を余儀なくされた。

 次の目的地は Seattle の疼痛治療チームだった。数回受診したとき、Marx さんは TAP block(TAP ブロック:腹横筋膜面ブロック)を受けた。この注射は前側の腹壁を麻酔する注射手技である。これを行った麻酔科医は彼女に、その結果から ACNES の診断が確定されたと説明した。

 その時までに、手術が自分にとって最善の策であることを確信するようになっていた。注射は有効だったが痛みはすぐに再発していたからである。Seattle のチームは彼女をどこに紹介するべきかわからないと彼女に告げた。

 そこで Marx さんは国内で有名なある紹介病院に受診予約を求めたが、2度断られた。彼女は ACNES の患者を手術するオランダの外科医を見つけ海外への渡航を計画したがパンデミックにより旅行が禁止となった。

 2020年3月、彼女は Bellingham の一人の外科医を受診したが、その医師は ACNESのことを全く知らず、Marx のために何ができるか分からなかった。その受診が我慢の限界だった。

 Marxさんは彼女の家庭医との面談を予約し、彼女が何年もの間、「はねつけられ、屈辱を受け、無視され、子供扱いされ、不当な扱いをされてきた」ことから、“永久的な解決”すなわち自殺を考えていることを彼に話した。

 そこで彼は、彼女が集めていた研究論文を読むことに同意した彼の共同経営者の一人に彼女を紹介した。それからその人物が Whitney氏に彼女を紹介したのである。21年前、彼女に TRAM flap を行っていたのが Whitney 氏のかつての共同経営者だった。

 

Is it possible? そんなことが起こりうる?

 

 「実際、それについて聞いたことがありませんでした」Whitney 氏は ACNES についてそう語る。「私は腹壁の多くの手術をしてきましたのでそれには少し懐疑的でした。しかし、『彼女にそんな絞扼が生じているなんて解剖学的に起こり得るだろうか?』とそのとき私は自問したのです」

 Marx さんの研究資料を読み、彼自身も検索を行ったところ、その答えはイエスというのが Whitney 氏の結論だった。

 Whitney 氏は形成外科医として25年間、800の TRAM flap 再建術を行ってきた。「彼女に何が行われてきたかわかっていました」と彼は言う。「その領域の神経末端周囲に瘢痕組織が存在しうることは道理にかなっていたのです」

 「見てみることはできますが、悪くしてしまう可能性がありますと私は彼女に言いました」そう Marx さんに通告したことを彼は覚えているが、彼女は引き下がらなかった。

 彼女の推測が正しかったことが証明された。

 Marx さんの TRAM 手術の際、腹直筋に向かう肋間神経の複数の枝が剥離されていた。一部の神経が瘢痕化しているのを Whitney 氏は確認した。あたかも切れて捻れた木が伸びて、内部でこれらの神経を引き裂いて痛みを生じているようだった。

 5月5日、Whitney 氏は障害された神経の絞扼を解除し移動させ、3ヶ所の traumatic neuromas(外傷性神経腫)を切除した。これは損傷後に発生する神経終末の球状の瘢痕である。

 「まだ、肋骨骨折の治りかけのような感覚がありますが、改善は明らかです」と Marx さんは言う。彼女の難治性の痛みは消失し彼女はウェイトリフティングを再び始めている。

 「彼女の態度はすっかり変わりました」と Whitney 氏は言う。彼は2ヶ月前にフォローアップの受診で彼女を診察した。彼女は彼とスタッフのためにクッキーを持参した。「彼女は現在確かに良い状態ですが、5年間は彼女がどのような状態にあるか見たいと思います」それはこの改善が永続的なものかどうかを評価するためだという。

 あれほど多くの医師が Marx を信じることを拒んだのはなぜなのか?

 Whitney 氏によると、何年もの間に、彼女がその態度に不快感をもたらす怒りっぽい患者であるという評判が広まっていたことが一つの理由になっているという。

 一方、Marx さんから見ると、その気づかいや広い心から Whitney 氏を希少な人物と捉えている。

 「ほとんど相手にされない患者という情報は膨大な量の診断ミスにつながります。これによって私は危うく殺されるところでした。実際には私はかなり表面的な疾患だったのです」と彼女は言う。

 

 

ACNESの詳細については2017年の日小外会誌の論文あるいは、

GIMさんのブログを参照いただきたい。

 

慢性腹痛の原因として内臓痛と腹壁痛がある。

後者の腹壁由来の痛みの原因として最も多いのが

anterior(またはabdominal)cutaneous nerve entrapment

syndrome(ACNES)である。

記事中にもあったように、腹直筋を緊張させることで

圧痛が増強するCarnett’s test(カーネットテスト)陽性の

所見が腹壁痛を強く示唆する所見となり重要である。

本疾患概念は1926 年にCarnett とBates(ベイツ) らによって

報告されている。

腹壁の知覚は第7胸神経から第12胸神経からの

肋間神経前皮枝と側皮枝が司っている。

この神経は腹直筋(割れた腹筋)の後鞘(後ろ側の膜)で

腹直筋の外側1/3 の部位で血管とともに線維組織の管の中を

通って同筋を貫通し皮膚に達し腹壁の知覚に関係する。

この部位で何らかの原因により神経が圧迫され痛みが生じる

とACNES となる。

原因として、外傷や手術瘢痕、急激な運動、

腹壁筋の筋力低下・肥満・腹水・妊娠などによる腹壁の

緊張などが考えられている。

小児から高齢者まで幅広い年代にみられ女性に多い。

慢性腹痛の患者の30%程度が腹壁由来であり、その

10~20%が ACNES によると推計され意外と多い。

これまで心因性や原因不明といわれていた慢性腹痛患者の

相当数が本症である可能性があると考えられている。

診断は除外診断が中心となるが、理学所見にて、

腹直筋外縁で2 cm2 以下の範囲に痛みが限局し、

前述の Carnett’s test が陽性であればACNES を疑う。

診断的治療として局所麻酔薬の1%リドカインを

5~10 ml 局注することで痛みが軽減するか否かを確認する。

この処置により80%以上の症例で痛みが軽快する。

ACNESの治療法としては局所注射と手術療法がある。

局所注射の場合は1%リドカイン4 ml とステロイド剤の

メチルプレドニゾロン1 ml(40 mg)を超音波ガイド下に

腹横筋と内腹斜筋腱膜の間に局所注射する。

局所注射で改善がみられない場合には手術療法を考慮する。

手術は神経が腹直筋を貫く部位で神経切除を行う。

この治療により61%で長期に症状の改善が得られたとの

報告がある。

繰り返し腹痛を訴え続ける慢性腹痛の患者を診た場合には

本疾患の可能性を常に念頭に置いておく必要がある。

“うっとうしい患者” “精神的な問題” などと

簡単に排除してはならないのである。

コメント

剝がすことのできないレッテル

2021-01-28 16:19:44 | 健康・病気

1月のメディカル・ミステリーです。

(昨年12月のメディカル・ミステリーは総説でしたのでパスしました)

 

1月24日付 Washington Post 電子版

 

 

Not ‘just depression.’ She seemed trapped in a downward mental health spiral. The real cause was a profound shock.

‘ただのうつ’ ではなかった。彼女はメンタルヘルスの負のスパイラルに陥ってしまったようだったが、真の原因は深刻で衝撃的なものだった。

By Sandra G. Boodman,

 

 Blaine Butler(ブレイン・バトラー)さんは明らかにどこかがおかしかった。しかし研究部門の科学者をしているこの 39歳の女性の気分を害したくないと思った家族は、2018年のクリスマス・イヴのお祝いの間、それに気づいていないふりをしようと懸命に努めた。

 「彼女はひどい顔をしていました」妹の Brittney Butler(ブリットニー・バトラー)さんはそう思い起こす。「彼女の片方の目は内側を向いていて、食べた後、ズボンで両手を拭き続けていて、言っていることが意味を成していませんでした。私は何も触れたくなかったし彼女の気分を害したくなかったのです。彼女のうつが実際に悪くなったのだと思いました」

 数ヶ月前に Blaine さんは10年間勤めた仕事を退職していて、負のスパイラルに陥っていたようだった。5歳年下の Brittney さんは12月30日に、彼女らが住んでいる Charlottesville(シャーロッツヴィル)で結婚式を挙げることになっていた。花嫁付添人を務める Blaine さんは婚前の行事を欠席したが、それは大学院生時代以降克服できていたうつが増悪した徴候だった。結局、結婚式に出席することなく、Blaine さんは精神病院に行くことになり、そこに6日間入院した。

9月に Richmond で行われた結婚式の際の Blaine Butler さんと Kyle Gumlock(カイル・ガムロック)さん。治療後彼女は、以前楽しんでいた活動を再開した:ボート漕ぎ、料理、そして犬の散歩などである。

 

 退院後2週間も経たないうちに、彼女とその家族は、ショッキングな告知に直面し、最近のことだけでなく、何年も遡ってのできごとについて大きな再評価が求められることとなった。

 「私は自分の足で踏み出し、先に進むことができることを喜んでいます」Blaine さんは最近そう語っている。

 

Episodic depression 発作性のうつ

 

 Blaineさんの最初のうつの発作は2002年に起こった。それは、彼女が、Santa Barbara(サンタ・バーバラ:カリフォルニア州サンタ・バーバラ郡の首都)にある University of California(カリフォルニア大学)の材質科学博士課程の一年目のことだった。

 授業に行くことができず、2、3ヶ月間、彼女の故郷であるRichmond(リッチモンド)に戻った。彼女はProzac(プロザック、SSRI型の抗うつ薬)を処方され回復しカリフォルニアに戻った。しかし6ヶ月後、彼女は学校を完全に退学し、コーヒーショップでのフルタイムの仕事を見つけた。

 2005年までにリッチモンドに戻った Blaine さんは高分子フィルムの会社で研究員として働き始めた。さらに 2007年、グラフィック・デザイナーとして妹の Brittney さんが働いていた Charlottesville に移り好条件の仕事に転じた。

 「その当時、私は常時(うつ病の)薬による治療を受けていましたが、切り替えることにしました」Blaineさんは、薬を調整してくれる精神科医だけでなく、話し合い療法(トークセラピー)を受けるため定期的に心理学者を受診することにした。

 彼女の病気はあるパターンに従っているようだった:2、3年するとどういうわけか抗うつ薬が効かなくなるため精神科医は新しい薬を処方、そして彼女は良くなる、というパターンである。数年間にわたって彼女は10種類以上の薬を内服した。

 迫りくる状態悪化の警告兆候は Blaine さんや彼女の身近にいる人たちには認識できていた。

 「歩く速度が遅くなっていることに自分で気づき始め、人の目をちゃんと見なくなるのです」と彼女は言う。そして、彼女は、J.K. Rowling(J.K.ローリング)作の Harry Potter(ハリー・ポッター)や J.R.R. Tolkien(J.R.R.トールキン)作のHobbit(ホビットの冒険)などの本を執拗に繰り返し読もうとするのだが、彼女によるとそれは「集中できると思えたのがそれらしかなかった」からだという。

 2008年、彼女は研究部門の科学者として就職した。彼女はその仕事を楽しみ、うまくやっているように見えた。

 しかし2013年に彼女の精神状態は悪化した。「調子が悪かったのです」と彼女は振り返る。「職場で、デスクの下に這いつくばりたくなったのです。集中することができませんでした」。彼女は短期間休暇をとり、コーピング法に取り組み、なんとか職場に復帰した。

 4年後、彼女の破綻はより深刻となり、回復もこれまでより遅かった。そのときには3ヶ月間の労務不能休暇をとった。「彼女はいつもこう言っていました。『本当に疲れている』と。そして、彼女は仕事に関するストレスで非常に参っていました」2014年に彼女と出会ったボーイフレンド Kyle Gumlock さんはそう思い起こす。

 2018年2月に Blaine さんは仕事に復帰、プレッシャーのかからない職場への異動を希望した。しかし、彼女が10周年を迎える直前、上司が彼女に選択を迫った:自ら退職するかそれとも解雇されるかと。

 彼女は前者を選び、Charlottesville の色々なレストランで接客係として働き始めた。

 しかしこれらの仕事は最長でも 2、3ヶ月以上続けたことはほとんどなかった。客の注文を受けたり、配膳することを忘れてしまうためそれぞれの店から解雇されていた。「私はこう考えていたことを覚えています。『ウェイトレスすらできないなら死んでしまいたいと』」そう、彼女は思い起こす。

 彼女は昔からの療法士と精神科医への受診を続けた。しかし「彼らがしていることはすべて、様々な組み合わせの薬を彼女に投げつけているだけのように思われました」と Gumlock さんは言う。

 夏の終わりまでに、Blaine さんには、彼女が片頭痛とみなしている頭痛が頻回にみられるようになっていて(彼女の妹にも同じ症状があった)定期的に Excedrin(エクセドリン, 解熱鎮痛薬)を内服していた。時々彼女は平衡感覚を失い、視力が悪化したと訴えたため新しい眼鏡が必要になった。Gumlock さんは彼女に医師を受診するよう促した。

 「当時のことの多くは曖昧なままです」と彼は言う。Gumlock さんは、その前年に二人が買った家の住宅ローンを返済しようとして二つの仕事を掛け持ちしていたからである。12月初旬、Blaine さんは精神科の薬の内服を中止した;有効とは思えなかったからである。

 

"Getting used to the medication" “薬剤に慣れていたため”

 

 クリスマス・イヴのディナーから数日後、それほどまでに彼女が精神的に落ち込んだのを見たことがなかった Gumlock さんは Blaine さんが自殺に走るのではないかと恐れた。母親は Richmond から車でやってきて、Blaine さんの心理学者に勧めに従って病院の緊急室に連れて行った。数時間後、医師らは彼女を入院させることにした。

 「『それで自分が良くなるのならいい』と思いました」そう Blaine さんは思い起こす。Charlottesville にベッドがないため 75マイル離れた Richmond の病院に行くことになるとわかったとき、彼女はあまり気乗りがしなかった。それでも彼女は救急車で12月28日の午前2時に運ばれた。

 カルテによると、彼女を入院させた精神科医は Blaine さんを『治療に協力的、身体的には健康、医学的に安定….非常に前向きな態度』と記載していた。彼女は片頭痛があることを伝えると、必要に応じて Excedrin の内服が許された。

 「彼らは私の薬を再開しました」と Blaine さんは言う。「でもそこは幼稚園のような感じでした。そこの人たちが、良くなることをどう期待しているのかわかりませんでした。私はできるだけ早くそこから出たいと思いました」

 Brittney さんは毎日電話をかけ自身がハネムーンに出発する前にも訪ねたが、姉は彼女らしからず混乱しているように見えたという。「以前彼女が落ち込んでいるのをみていますが、質問に答えられないことはありませんでした」と彼女は言う。

 Gumlock さんも毎日訪れたが、彼女を家に戻したいと思った。

 「彼らは彼女に薬を与えること以外何もしていないようでした」と彼は言う。彼女の眼はいまだ調子が悪いように見えたし、めまいがして一度転んだと Blaine さんは彼に話した。彼女が過量投薬されているのではないかと彼は心配した。

 彼女が退院する前日の 2019年1月2日、その病院の精神科医は彼女の抗うつ薬の量を2倍にした。そしてその翌日、彼女は Charlottesville の心理学者と精神科医を受診した。

 彼女が自宅に戻って3日も経っていなかったが、Blaine さんが Gumlock さんとキッチンにいたとき、彼女が突然倒れて嘔吐し始めた。彼は911をコールした。Blaine さんは ER に運ばれたが、そこで‘vasovagal episode’(血管迷走神経発作)と診断された。これはストレスなどの特定の誘因によって引き起こされる失神である。Gumlock さんによると Blaine さんの精神科医から、以前は問題なく彼女が薬を内服できていたのは「彼女の身体が薬剤に慣れていたからだ」と考えていると言われたという。

 その2日後、同じことが再び起こった。Brittney さんによると医師らは Blaine さんが尿路感染症を起こしている可能性を疑ったという。しかし、姉妹2人が ER にいた数時間の間に、Brittney さんは姉が奇妙なけいれん様の手の動きをしていることに気づいた。医師らは彼女を帰宅させたがったが Brittney さんは異議を唱えた。

 「彼女の目が歪んでいるが、前からこんな感じだったと、そして、彼女の顔と両手に奇妙な動きがみられると彼らに言いました」そう話したことを Brittney さんは覚えている。

 彼女と母親が医師らにもっと詳しく調べてほしいと求めたところ、けいれんを起こしているのかどうかを確認するために Blaine さんを入院させることに彼らは同意したと Brittney さんは言う。

 脳波検査では発作を捉えることができなかったが、入院の2日後に Blaine さんは脳のMRI検査を受けた。彼女が右目を動かすことができず複視を訴えたためにオーダーされたのである。

 結果認められた画像は厳しいものだった:オレンジの大きさの腫瘍が Blaine さんの右の前頭葉を占拠していたのである。彼女によると、ある医師はそれを“脳の表面に浮かぶ氷山”に例えたという。脳が正常の位置からはみ出し、致命的ともなりうる状態である脳ヘルニアの兆候がみられた。

 その腫瘍が papilledema(うっ血乳頭)を起こしていたのである。これは視神経の浮腫のことで彼女に複視をもたらしていた。さらにそれは彼女の奇妙な眼位の原因でもあった。その腫瘍は他の一連の症状にも関与していた:錯乱、意識消失、嘔吐、頭痛、そしておそらく彼女の最近の重症のうつ症状も挙げられた。

 彼女には脳の手術が必要である、しかも早期にと医師から告げられた;それが脳腫瘍のタイプを確定的に同定する唯一の手段だった。

「彼らが彼女に説明したとき私も一緒にいました」と Brittney さんは思い起こす。それは衝撃的で、まるで映画で起こることのようでした」

 一方、Blaineさんは異なる反応だった。「私は非常に大きな安堵を感じました」彼女の症状の悪化に器質的原因が関与しているのを知ったことについてそう語り、「ただのうつ病ではなかったのです。しかしそれが悪性腫瘍かもしれないとは考えもしませんでした」

 

A frightening finding 恐ろしい結果

 

 10時間に及ぶ手術で University of Virginia(ヴァージニア大学)の Ashok Asthagiri(アショク・アシュタギリ)氏は grade 2 astrocytoma(アストロサイトーマ [星細胞腫] グレード2)と呼ばれる進行の遅い悪性腫瘍を摘出した。彼によると「それは何年間も存在していた可能性があった」という。

 4つのグレードがあるアストロサイトーマは年間、米国民の約15,000人がその診断を受けている。グレード2の腫瘍は急速進行性とは考えられていないが、グレードの高い腫瘍と同じように再発する可能性がある。一方、glioblastoma(グリオブラストーマ、膠芽腫)として知られている星細胞腫グレード4は最も致死率の高い脳腫瘍の一つである(John McCain [ジョン・マケイン]、 Edward M. Kennedy [エドワード・M・ケネディ]、Beau Biden [ボー・バイデン、バイデン大統領の息子] らもこの病気の犠牲者である)。

 グレード2の腫瘍は通常手術で治療され、しばしばその後に放射線治療や化学療法が行われる。この腫瘍は周囲の領域に浸潤する傾向があるため、脳や身体機能への障害を避けるためにその全体を摘出することが出来ないことがある。

 Blaine さんの視覚を歪ませたうっ血乳頭は「恐らく数週間から数ヶ月間は存在した」と Asthagiri 氏は言う。彼女を検査した医師らがなぜそれに気づかなかったのかは不明である。

 しかしこの腫瘍が Blaine さんのうつの原因となっていたのかどうかを知ることは不可能だと彼は言う。

 彼によると、かなり大きくなることがあるアストロサイトーマでは、うつや行動変化はよくみられる症状であるという。「一般に脳腫瘍はきわめて稀な疾患です」と付け加える。一方、対照的にうつはありふれた疾患であり、米国成人の約7%が罹患していると推定されている。

 しかし「精神疾患においては精査が行われるべき症状でも軽視されがちです」と、この神経外科医は警鐘を鳴らす。「医師は慎重であるべきです。患者はひとたびレッテルを貼られると、すべてが精神疾患と見られてしまうのです」

 手術から回復すると、Blaine さんは放射線治療と化学療法を受けた;そして2019年12月に治療が終了した。現在彼女の腫瘍は制御されており、4ヶ月毎に MRI 検査を受ける予定になっている。

 科学助成金申請ライターとして一年働いた後、先週に Blaine さんはバイオ企業に研究者として採用されている。そして彼女がかつて楽しんでいた活動を再開した:ボート漕ぎ、料理、そして犬の散歩である。昨年9月には彼女と Gumlock さんは結婚した。

 彼女の心理学的健康状態は顕著に改善し、彼女の新しい精神科医は抗うつ薬の中止を目指している。自身のうつを引き起こしたり悪化させたことに脳腫瘍がどれほど大きく関与していたかについて知ることは Blaine さんには叶わないままである。

 「誰かがスイッチを入れてくれたような感じです」Gumlock さんはその変化についてそう述べている。「意見が一致しているのは、今はもう彼女はうつではないということかもしれません」

 彼女の頭痛や視覚障害があったときそれに関して医師を受診するよう Blaine さんに強く主張しておけばよかったと後悔していると Gumlock さんは言う。そして、彼女が受診した医師らはなぜ考えもなく彼女の症状を精神的問題のせいであるとしたのか疑問に思っている。

 「それはもっと早く見つけられていたと強く感じています」と彼は言う。「もしうつの治療に当たっていて患者が治療に反応しない場合には、何とかしてさらに詳しく調べてもらえないものかと思います」

 

 

脳腫瘍の約20%を占める星細胞系腫瘍は、脳の支持細胞である

星細胞(アストロサイト)から発生する腫瘍をいう。

増殖速度の遅いものもあるが浸潤性に広がり再発も起こりやすいため

そのほぼすべてが悪性腫瘍と考えられている。

膠芽腫(こうがしゅ、グリオブラストーマ)と呼ばれるグレード4は

最も悪性度の高い腫瘍で高齢者に多く、様々な治療を行っても

長期の生存期間を得ることは困難である(5年生存率8%以下)。

グレード2はびまん性星細胞腫と呼ばれ、比較的若い成人に多い。

初発症状はてんかん発作が多いが、行動異常や人格の変化といった

精神疾患様の症状で発症することがある。

またゆっくり進行する軽い症状で発症することもあり

診断まで時間がかかる場合がある。

中には10年経過してもほとんど大きくならない増殖速度の遅い例や、

小さい腫瘍では手術で完全に取り切れる例もあるが、

重要な機能を司る脳の領域に浸み込むように広がっている場合には

すべてを取り切れないため、術後に放射線治療、

場合によっては化学療法を行う必要がある。

なおグレード2でも経過中にグレード4に変化する場合がある。

いずれにしてもできるだけ早期に診断し、

綿密な画像診断によって適切に治療することが重要である。

東京大学医化学研究所附属病院のHP を参照)

 

本ケースでは Blaine さんのすべての精神症状の原因が

すべて脳腫瘍にあるとは考えにくいが

精神疾患との合併例では診断の遅れが懸念されるという

教訓的なケースであるといえそうだ。

コメント

2021年1月新ドラマ

2020-12-30 14:52:06 | テレビ番組

年の瀬もいよいよ押し詰まり、明日を残すのみとなった。

2020年は新型コロナウイルスの流行で散々な一年だった。

もちろんテレビドラマ界も大混乱。

感染はまだまだ収束にはほど遠い状況だが、

ドラマの方はウィズ・コロナでなんとか足並みが揃いつつある。

 

いつもなら2020年秋ドラマについての総括をするところだが、

今一つ頭が整理できていないので、

今回は2021年1月ドラマのチェックのみとさせていただいた。

ご参考いただけたら幸いである。

 

©フジテレビ

 

フジ月9 2020/11/2 ~ 放映中(2クール) 『監察医 朝顔2』 上野樹里(主演)、時任三郎、風間俊介、加藤柚凪、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、戸次重幸、坂ノ上茜、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明、他

2020年11月2日から始まり月9では異例の2クールにまたがっての放映中。各話で主人公の法医学者・桑原朝顔(上野樹里)が、遺体に関連する事件、事故と向き合う一方、縦軸には東日本大震災で行方不明となった母への思い、刑事の夫・桑原真也(風間俊介)の職務上のトラブル、老いとともに娘の死を受け入れようとする祖父・嶋田浩之(柄本明)の姿などが描かれていく。取り扱う事件一つ一つには大きなドラマはなく付け足しのような内容のため毎話スッキリ感は今一つだが、ドラマの狙いはそこではないのだろう。2クールの長丁場でちょっと退屈になってくるところもあるが、後半の展開に期待したい。

 

 

フジ(関西テレビ)火9 1/12 スタート 『青のSP(スクールポリス)~学校内警察・嶋田隆平~』 藤原竜也、真木よう子、明日海りお、山田裕貴、泉澤祐希、たくませいこ、渋谷謙人、智順、兒玉宣勝、金沢雅美 、音尾琢真、石井正則、須賀健太、遠藤雄弥、峯村リエ、升毅、山口紗弥加、高橋克実、他

日本の中学校で初めて導入されるスクールポリスが、SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、盗撮事件などに取り組んでいくオリジナルドラマ。学校内に警察官が常駐しトラブル対応や予防活動を行う制度を取り入れた赤嶺中学校に、警視庁捜査一課の敏腕刑事だった嶋田隆平(藤原竜也)が自ら志願し配属される。この中学、表向きは何の変哲もない公立校だが、スクールポリスによって様々な問題があぶり出されていく。SNS、薬物、盗撮、さらにはマタハラやセクハラなど学校に潜む様々な問題に嶋田は想像を絶する方法で対処していく。法に触れれば、教師であれ、生徒であれ容赦なく逮捕。常に冷静で毒舌な嶋田が、学校にはびこる“悪”を痛快に成敗する。嶋田が配属される赤嶺中学校の国語教師・浅村涼子に真木よう子、校長・木島敏文に高橋克実、英語教師・水野楓に山口紗弥加、数学教師・一ノ瀬悟に石井正則、そして所轄の少年係刑事・三枝弘樹に山田裕貴らが配役されている。『この学校の生徒に守る価値があるのか確かめたかった』と意味深な言葉を放つ嶋田がスクールポリスとなった目的と知られざる過去が徐々に明らかになっていく。

 

 

TBS 火10 1/12 スタート 『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』 上白石萌音、菜々緒、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、間宮祥太朗、山之内すず、橋爪淳、宮﨑美子、高橋ひとみ、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア、亜生(ミキ)、高橋メアリージュン、なだぎ武、久保田紗友、秋山ゆずき、他

安定志向の平凡女子が東京の大手出版社のファッション誌編集部で鬼上司などに向き合いながら恋や仕事に悪戦苦闘する。上白石萌音演じる主人公・鈴木奈未は、その名の通り『仕事も恋愛もほどほどに。人並み で普通の幸せを手にしたい』というイマドキの安定志向の持ち主。地方の田舎町で生まれ育った奈未は、夢もやりたいことも特にない平凡女子。東京で暮らす幼馴染で片思いの健也を追いかけるため、東京の大手出版社の備品管理部の求人募集を見つけ、採用されるが、配属されたのは備品管理部ではなくファッション雑誌編集部。そこで出会うのは、菜々緒演じる最年少編集長である宝来麗子。彼女は24時間仕事モードのまさに『バリキャリ』で、『超敏腕』『毒舌・冷徹』な鬼上司だった。麗子は生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。それを理不尽に感じていた奈未だったが、麗子の仕事に対する姿勢を間近で見ているうちに、奈未の仕事への意識が変わっていく。さらに、運命的に出会った玉森裕太演じる子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介から突拍子もない提案を受ける。鬼上司だけでなく子犬系御曹司にも振り回されることになった奈未は夢を見つけ、前に進むべく変わっていく。一方、御曹司の方も、元々超天然でマイペースだったが、奈未の優しさや温かさに触れるうち、自身にとって大きな一歩を踏み出す勇気を持てるようになる。さらに間宮祥太朗演じる出版社の先輩編集者・中沢涼太も奈未の真っ直ぐな心に惹かれていくことに。田舎育ちの女の子が上京して恋愛モードに突入という内容はまさに『恋は続くよどこまでも』の出版社版?

 

 

テレ朝水9 2020/10/14 ~ 放映中(2クール) 『相棒 season19』 水谷豊、反町隆史、川原和久、山中崇史、山西惇、石坂浩二、杉本哲太、仲間由紀恵、柄本明、浅利陽介、篠原ゆき子、他

2002年から続く人気シリーズ、19シーズンの後半クール。きわめてマンネリな内容だが、数あるテレ朝刑事ドラマの中ではやはり秀逸。

 

 

日テレ水10 1/13 スタート 『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』 菅野美穂、浜辺美波、福原遥、沢村一樹、川上洋平、岡田健史、大地伸永、長見玲亜、有田哲平、中川大輔、東啓介、中村雅俊、他

北川悦吏子・脚本によるオリジナルドラマ。恋愛小説家の母とオタクの娘のトモダチ母娘の二人が、それぞれ恋愛を始める。菅野美穂演じる売れっ子恋愛小説家でシングルマザーの水無瀬碧(みなせ あおい)の悩みの種は、浜辺美波演じる20歳の一人娘・空(そら)が筋金入りのオタクで、漫画やコスプレに夢中で彼氏ができないこと。一方、空の悩みの種はいい歳をして天然、暴走、世間知らずの三拍子が揃った『天然のアラフォー』の母親・碧。人にも男にもすぐ騙されてしまう。そんな天然の母としっかり者のオタク娘が、とある理由から突如「恋をしよう!」と恋活をすることを決意する。碧の幼馴染・ゴンちゃんに沢村一樹、碧の編集担当者・橘漱石に川上洋平、空の通う大学の同級生・入野光に岡田健史、漱石の恋人・伊藤沙織に福原遥らが配役されている。今の状況にはちょっと軽すぎる感じのドラマ。

 

 

テレ朝木9 1/21 スタート 『にじいろカルテ 』 高畑充希、北村匠海、井浦新、安達祐実、真島秀和、水野美紀、光石研、西田尚美、泉谷しげる、モト冬樹、半海一晃、池田良、他

岡田惠和・脚本によるオリジナルドラマ。とある病で秘密を抱える女ドクターが、山奥の小さな村の診療所で男2人の外科医・看護師とシェアハウス生活をしながら個性的な村人と暮らしていく。東京の大病院の救命救急の現場で働く医師・紅野真空(高畑充希)は“ある病気”が発覚したため仕事を辞め山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってくる。降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していた。やがて案内された診療所で、『本業は農家だ』と豪語するツナギにサングラスのヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)、超優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)とともに一つ屋根の下で暮らすことになる。真空は医者でありながら患者でもあるという新たな人生と向き合いなら、徐々に虹ノ村にとってなくてはならない愛される存在へと成長していく。スーパードクターとはかけ離れた医師たちが織り成すチーム医療の成長譚が繰り広げられる。テレ朝木9では異色の内容。

 

 

フジ木10 1/7 スタート 『知ってるワイフ』 大倉忠義、広瀬アリス、瀧本美織、松下洸平、おかやまはじめ、森田甘路、川栄李奈、片平なぎさ、佐野ひなこ、安藤ニコ、猫背椿、生瀬勝久、他

 

原作は韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018 年8月~9月に放送された同名ドラマ。恐妻家の男がある日突然大学時代にタイムスリップし、幸せな結婚生活を求めて人生を変えようとする。結婚生活5年目、夫も妻も相手への気遣いができなくなっていく頃、唯一の共通の思いは『なんでこの人と結婚してしまったのだろう』。銀行に勤め、結婚5年目で2児の父親である剣崎元春(大倉忠義)は、職場では上司から叱責され、自宅では妻・澪(広瀬アリス)から罵声を浴びせられる、そんな肩身の狭い毎日を過ごしていた。そんな時、大学時代“女神”と呼ばれ男子学生のあこがれの的だった後輩・江川沙也佳(瀧本美織)と偶然再会。沙也佳は巨大企業・西急グループの令嬢。彼女から『実は好きだった』と打ち明けられた元春は『彼女を選んでいたら』と強く後悔する。そんなある日、元春は街中で話しかけられた男からもらった500円硬貨がきっかけで突然大学時代にタイムスリップする。望んでいた人生を手に入れた主人公がどんな思いでやり直していくのか。“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを追求する。いかにも韓流ドラマらしいSFタイムスリップもの。

 

 

TBS金10 1/22 スタート 『俺の家の話』 長瀬智也(TOKIO)、戸田恵梨香、荒川良々、桐谷健太、平岩紙、永山絢斗、江口のりこ、三宅弘城、羽村仁成(ジャニーズ Jr.)、井之脇海、秋山竜次(ロバート)、他

工藤官九郎・脚本によるオリジナルドラマ。プロレスラーを引退し、能楽の人間国宝である父の介護をすることになった男が名家の遺産相続と介護で激しいバトルをする。主人公はプロレスラー・ブリザード寿こと観山寿一(みやまじゅいち)(長瀬智也)。寿一は幼少時代、二十七世観山流宗家にして重要無形文化財「能楽」の保持者である父の観山寿三郎(西田敏行)から一度も怒られたことがなかった。一緒に悪さをしても、怒られるのは弟子で芸養子となった寿限無(桐谷健太)のみ。しかし寿三郎は、初舞台以降「神童」と讃えられた寿一を褒めることもなく、それが幼い彼の心を傷つけていた。やがて寿三郎には反発した寿一は、母の死後、家を出てプロレスラーの道へ進む。時は流れピークを過ぎたレスラーとなってしまった寿一の元に寿三郎危篤の知らせが飛び込んでくる。急いで病院に駆け込んだ寿一は、久しぶりに会った弟の踊介(永山絢斗)と妹の舞(江口のりこ)から、一昨年に寿三郎が脳梗塞で倒れたことを聞かされる。別れの挨拶は2年前に済ませたと言い遺産や相続の話を始める弟妹に寿一は激昂する。そして寿一は二十八世観山流宗家を継承すべく、プロレスラーを引退することを決めた。しかし引退試合を終えた寿一を待っていたのは、寿三郎が退院したという知らせだった。寿三郎は一門の幹部、そして家族を前に、これまでの威厳はどこへやら、デイケアサービスで寿三郎の担当介護ヘルパーだった志田さくら(戸田恵梨香)と結婚すると言い出す。呆気にとられる寿一ら家族を余所に、自身の余命とすべての遺産をさくらに相続すると告げ混乱の渦へ。観山家を舞台に介護と遺産相続をめぐる壮絶バトルが勃発する。

 

 

テレ朝金 11:15(金曜ナイトドラマ) 2020/10/9 ~ 放映中 『24 JAPAN』 唐沢寿明、仲間由紀恵、佐野史郎、木村多江、筒井道隆、でんでん、栗山千明、池内博之、桜田ひより、高橋和也、神尾佑、前川泰之、桜井淳子、朝倉あき、片瀬那奈、他

物語が一話あたり1時間しか進行しないので非常にじれったい。唐沢寿明演じる主人公・獅堂現馬が孤軍奮闘するのだが、テロ対策ユニットの一員として総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画阻止のために奔走するというよりも、人質に取られた自分の妻と娘を救うことが最優先で、そのために他の誰かが命を落とすことになってしまうという、あまりに自己中心的な振る舞いから主人公に全く共感することができない。テロ実行チームも層が薄く、テレ朝の気合いが入っている割にチープなドラマになってしまった(原作が怒るのでは?)。

 

 

日テレ土10 1/23 スタート 『レッドアイズ 監視捜査班』 亀梨和也、松下奈緒、趣里、シシド・カフカ、松村北斗、木村祐一、他

国内に500万台ある監視カメラなど最新の科学情報捜査を行う特別捜査官が、愛する恋人を殺した連続殺人鬼を追うオリジナルドラマ。最新鋭の監視システムを駆使して犯罪捜査に当たるKSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、捜査官たちがリアルタイムで犯罪者を追跡するサイバークライムサスペンス。亀梨和也演じる元神奈川県警捜査一課の刑事だった伏見響介は神奈川県警と協力して捜査を行う民間の捜査機関KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官に転身、民間捜査員として過去に犯罪歴がありながら天才的な頭脳を持つ人物たちを招集し、最新の科学情報捜査で難事件に挑みつつ、KSBCの捜査能力を駆使して愛する恋人を殺した連続殺人鬼の行方を追う。KSBCセンター長・島原由梨に松下奈緒、同所属情報分析官・長篠文香に趣里、KSBC 所属の元犯罪者の捜査官には、元大学教授で詐欺師の山崎辰二郎に木村祐一、ハッカーの小牧要に松村北斗(SixTONES)、元自衛官の湊川由美子にシシド・カフカが配役されている。

 

 

NHK日8 放映中 大河ドラマ『麒麟がくる』 長谷川博己、染谷将太、佐々木蔵之介、風間俊介、尾野真千子、伊藤英明、川口春奈、他

コロナ禍で調子が狂ってしまったが、なんといっても舞台は戦国時代。物語は徐々に盛り上がりを見せてきた。ただ、大仰で奇妙なセリフ回しをする一部のおっさん(堺○○とか片○○太郎)らのおかげで拍子抜け。最終回は2月7日だそうで、いよいよクライマックスは近い。

 

 

TBS 日9 1/17 スタート 『天国と地獄~サイコな2人~』 綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑、北村一輝、溝端淳平、中村ゆり、迫田孝也、林泰文、野間口徹、吉見一豊、馬場徹、谷恭輔、岸井ゆきの、木場勝己、他

森下佳子・脚本によるオリジナルドラマ。どん詰まりな女性刑事とサイコパスな男性殺人鬼の2人の魂が入れ替わり、複雑な世界が始まる。綾瀬はるかが演じる警視庁捜査一課の刑事・望月彩子(もちづき・あやこ)は努力家で正義感が強く、気が強く、融通が利かない、それに加えて上昇志向も強いが、慌てん坊で失敗も多い35歳。物事を「〜 すべき」「〜であるべき」と考える“べき論”タイプ。そのためその物言いや性格が上司や周囲の人たちに煙たがられている。とにかく融通が利かず一直線で、頑張りすぎて失敗も多い存在。そんな彩子は自分を馬鹿にする周囲に一矢報いるためには、大手柄をあげるしかないと意気込んでいた。そんなある日、独自の捜査でかき集めた証拠を手に、ある殺人事件の容疑者となる男を、自らの手で逮捕する大チャンスが到来したのだが、そんな矢先に彩子は不運にもその男と魂が入れ替わってしまう。そんな彩子と幸運にも?魂が入れ替わるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(ひだか・はると)を高橋一生が演じる。日高は、表向きは化学畑の研究者であり、若くしてベンチャーを立ち上げた、やり手の経営者。頭の良い人間にありがちな「上から目線」などまったくない超スマートな好人物だ。しかしそんな日高の本当の姿は、その類いまれなる頭脳と知識を駆使したサイコパスな殺人鬼だった…。この二人のほかの登場人物には、まず、彩子の家に居候中の、のんびり屋なフリーター・渡辺陸(わたなべ・りく)に柄本佑。陸は家賃、光熱費、食費などは一切払わず家事だけを担当する、彩子の完全なヒモ状態の男。それでも普段から敵の多い彩子にとっては、唯一の心の拠り所。さらに、彩子の先輩であり天敵とも言える刑事・河原三雄(かわはら・みつお)を北村一輝が演じる。河原は刑事としての能力は高く、結果も出すが、 そのためのやり方は何でもありという危険な匂いの漂う人物。しかしその裏では上の人間の弱みを握っているとも、便宜を図っているとも囁かれており、正義感の強い彩子はそのやり口を認めることができない。彩子にとってはまさに目のかたき。日高と入れ替わり、外見が殺人事件の容疑者となってしまった彩子を、河原はその独特な嗅覚で追い詰めていく。一風変わったSFドラマ。

 

 

日テレ 日10:30  1/17 スタート 『君と世界が終わる日に』 竹内涼真、中条あやみ、笠松将、飯豊まりえ、大谷亮平、笹野高史、安藤玉恵、マキタスポーツ、他

池田奈津子・脚本によるオリジナルドラマ。舞台は三浦半島の南端に位置する三浦市。事故でトンネルに閉じ込められた男が4日後に脱出すると、突然に警戒区域として封鎖された街でのサバイバルが始まる。自動車整備工の間宮響(まみやひびき)(竹内涼真)は、同棲中の研修医の恋人・来美くるみ(中条あやみ)にプロポーズするつもりだったその当日、通勤途中に謎のトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。数日後、命からがら脱出した響が目にしたのは、夜になると凶暴化し、生き血を求めて人間を襲う恐ろしい“生ける屍”だった。響は急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた。生存者を探す響は近くの消防署にたどり着く。しかしそこで同級生で警察官の等々力(とどろき)(笠松将)から銃を向けられる。陸の孤島となった消防署に身を寄せていたのは等々力の他、その上司、本郷(大谷亮平)。女子大生・佳奈恵(飯豊まりえ)、三原紹子(安藤玉恵)と小学生の娘・結月ゆづき(横溝菜帆)の親子、屈強なバイク便ライダー・吾妻(鈴之助)、引っ越しアルバイトの韓国人・ミンジュン(キム・ジェヒョン)とその上司の甲本(マキタスポーツ)。そして、壮年の男性・宇和島(笹野高史)。響はそこで、化け物に噛み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし避難指示が出ていることを知る。しかし救助に来るはずだった“避難所”とは前日から音信不通になっていた。化け物に占拠された街で極限状態の中、来美が“避難所”にいると信じる“世界イチ諦めの悪い男”間宮響の、死と隣り合わせの壮絶なサバイバルが始まる。日曜日の夜にはあまり見たくない内容だ。

 

 

全体にロケの少ない、カネのかからないお手頃ドラマが

主体のようである。

とはいえ一時に比べオリジナルドラマが増えてきているのは

いい傾向のように思う。

2021年が、じっくりドラマ・ウォッチできる

穏やかで明るい年になることを心から願いたい。

コメント