ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

群馬の産廃倉庫の火災。屋根の上のソーラーパネル、倉庫の中の廃プラスチックが燃えた煙で体調不良者

2017-02-26 | 産廃火災

(管理人より)アスクル倉庫火災があったばかりなのにまた群馬県で倉庫火災。今度は産廃の倉庫です。廃プラスチックの中間処理業者。

産廃火災や倉庫火災の原因を「放火」ではないかとあれやこれや考えることは本質的な問題を見えなくするので、私はそういう見方をしません。 産業廃棄物が火災になりやすいという現実から離れることのほうが不自然です。 発火しやすい危険物を内包した廃棄物、その溜め場の状況を考えることの方が大切です。

 群馬の倉庫で火災、消火難航 2017年 02月 24日 11:54 JST  共同通信

24日午前7時ごろ、群馬県玉村町川井36の3、産廃中間処理業「みやま運輸倉庫」で「黒煙が出ている」と119番があった。地元消防によると、火の勢いが強く消火活動が難航し、約1500平方メートルが全焼する恐れがある。けが人や逃げ遅れの情報はない。

 消防車や救急車など計16台が出動。屋根が焼け落ちる危険性があるなどとして倉庫内に入れず、重機で外壁を壊し、外から放水するなどの消火活動を続けている。 県警によると、建物は鉄筋スレート建ての平屋倉庫。燃えやすい廃プラスチックなどが保管されていたという。現場は工場や倉庫が立ち並ぶ工業団地の一角。

 NHKによると 主に廃プラスチックを細かく砕いたチップ600トンほどが保管されていたそうです。黒煙☟


この倉庫の屋根にもソーラーパネルが設置されていました。

 

倉庫全焼、鎮火見込み立たず…産廃中間処理業 群馬  より


ソーラーパネルと廃プラスチックが燃えた有害な煙が広範囲に流れて行きました☟


産廃中間処理業「みやま運輸倉庫」の火災は倉庫が全焼していました。つまり屋根に乗せられていたソーラーパネルも燃え落ちたということです。それなのに報道はヘリも飛ばしているのにもかかわらず伝えませんでした。FNN JNN NNN NHK 共同通信もニュースの動画で一切それを言わない状況は一体何でしょうか。

 

体調不良の訴えも 廃プラスチック倉庫で大規模火災(2017/02/24 10:32) ANN

群馬県玉村町にあるリサイクル業者の倉庫で大規模な火事があり、現在、消火活動が行われています。 警察などによりますと、24日午前7時ごろ、玉村町にあるリサイクル業者の倉庫で「黒煙が上がっている」と近所に住む男性から119番通報がありました。消防車など16台が駆け付けて消火にあたっていますが、廃プラスチックを保管している鉄筋の倉庫が1500平方メートル焼け、出火から3時間以上経った現在も延焼中です。周辺に黒い煙が広がっていて、消防によりますと、近くにいる人のなかには体調不良を訴えている人もいるということです。現場は工業団地の一角で住宅街からは離れていて、避難勧告などは出されていません。

 せめて「窓を閉めるように」という広報車両は出ていたのでしょうか。分かりません。

 

 

玉村町の倉庫火災 鎮火 NHK群馬  02月24日 18時26分

24日朝、群馬県玉村町の産業廃棄物の保管倉庫で火災があり、およそ10時間半後に火は消し止められました。けが人はいませんでした。

24日午前7時前、群馬県玉村町川井の廃プラスチックなどを保管する倉庫から火が出て、炎や黒い煙が高く上がりました。
消防車など20台余りが出て消火に当たった結果、およそ10時間半後の午後5時半に火は消し止められました。
けが人はいませんでした。
会社や消防によりますと、火災があった倉庫は、広さ1500平方メートル余りで、主に廃プラスチックを細かく砕いたチップ200トンほどが保管されていたということです。
町内に住む60代の男性は「黒い煙が出ていて心配です。埼玉県でも大きな火災があったので、早く収まってほしいです」と話していました。
現場は、JR高崎線の神保原駅から北におよそ4キロ離れた工場や倉庫が集まる地域で、警察と消防が出火原因を調べています。
02月24日 18時26分

 

結局10時間半も燃え続けました。この倉庫の目の前にはメガソーラー、後ろには金属スクラップの溜め場がありました。延焼したらさらに厄介なことになるところでした。

他の局は「体調不良を訴える人がいた」と報じてるのにNHKは報じませんでした。

今回の群馬県玉村町の火災は午前中に起きたので、こうして状況がニュースで流れました。報道ヘリも飛んでいましたし、市民も黒煙の流れる様子を画像にとってツイッターで共有できました。もしこの火事が真夜中に起きていたら、記事としてはもっと小さな扱いしかされなかったのではないかと思われます。

アスクル倉庫も産廃倉庫も屋根のソーラーパネルが燃え、この産廃倉庫の火災では体調不良者も出ているというのに・・・・

産廃の倉庫の屋根にソーラーパネルをのせるなということを、もうずっと言い続けてきました。

アスクル火災の記事はある程度、拡散しましたが、途中でネトウヨが内容をパクって記事にしていました。もううんざりします。

このまとめ記事も、誰も書かないと思うので、背中が激痛ですがどうにかまとめました。

昨年のブログ記事

産廃リサイクル工場の火災。屋根に設置されたソーラーパネルが燃えても伝えないメディアの愚

 

 

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« <アスクル火災>鎮圧と発表... | トップ | 漁網に魚と一緒にポリ袋やペ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

産廃火災」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事