ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

<アスクル火災>鎮圧と発表されたあとに再燃。倉庫火災の消火の困難さを示す

2017-02-26 | 公害

アスクルHPを見ると、22日に鎮圧したと言っておきながら。まだ完全には鎮火してないんですね。

2017年02月26日 弊社物流センター火災に対する対策について(第10報)  



NHKのアスクル火災についての報道

アスクル倉庫火災 国の専門家が消防と原因調査
アスクル倉庫火災 国の専門家が消防と原因調査 2月23日 17時52分
NHKはこれ以降、報じていません。
ですが実際は

2017年2月24日(金) 埼玉新聞 <アスクル火災>3階で再び炎、強風影響「全体の鎮火、数日遅れる」

 三芳町上富の事務用品通販大手アスクルの物流拠点「アスクルロジパーク首都圏」の倉庫火災は24日、発生から丸8日が経過した。この日も残火処理に当たったが、午後6時現在、鎮火には至っていない。

 入間東部地区消防組合によると、同日朝、強風の影響により空気が入り込み、倉庫3階東側で炎が出た。3階は屋根が落ち込んで消防隊員が近づけない場所が多く、商品も山積みになっていることから、機械で熱源を探索しながら放水。1、2階はほぼ鎮火しているものの、今回の再燃により「全体の鎮火は数日遅れる見通し」としている。

 

アスクル火災、3階でまだ炎…残り火に放水続行

2017年02月25日 07時02分 読売新聞

埼玉県三芳町のオフィス用品通信販売大手「アスクル」物流倉庫の火災で、入間東部地区消防組合は24日、消防車4台、消防隊員16人を出動させて、倉庫内の残り火の消火活動を行った。

 1、2階はほぼ鎮火しているものの、3階では、この日も2か所で炎が上がり、同組合が放水を行って消火した。

 同組合によると、最初に炎が確認されたのは早朝で、倉庫3階東側スロープの接続部近く。消防隊員が内部に進入して、消火作業を行った。さらに、午後にも、この近くで、天井の一部が崩落した場所から火が出ており、はしご車からの放水で消火した。

 同組合では、倉庫内の温度を調べる作業と、3階を中心とした残り火の消火作業を25日も続ける方針。鎮火後に安全が確認されてから、東入間署と実況見分を行って、倉庫の詳しい構造や出火原因、延焼経路などを調べる。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« (アスクル火災)「有毒ガス... | トップ | 群馬の産廃倉庫の火災。屋根... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

公害」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事