ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

マーガレット・ヘファーナン: 「意図的な無視」の危険性  Heffernan: The dangers of "willful blindness"

2013-09-28 | アスベスト

マーガレット・ヘファーナン: 「意図的な無視」の危険性

TEDxDanubia 2013、字幕 Kazunori Akashi、字幕校正 Emi Kamiya

動画はこちら⇒http://www.ted.com/talks/margaret_heffernan_the_dangers_of_willful_blindness.html  より

Margaret Heffernan: The dangers of "willful blindness"  14:38 Posted: Aug 2013

【字幕 文字おこし】 

アメリカ北西部、カナダ国境のすぐ近くにモンタナ州リビーという小さな町があります。松林と湖、そして美しい野生動物と天まで届くような巨大な木々に囲まれています。こんな環境に囲まれた小さな町リビーを訪れたのですが、なんだか寂しいところで孤島のようでした。リビーにはゲイラ・ベネフィールドという個性的な女性がいます。

ロシア系の彼女は人生の殆どをこの町で暮らしてきましたが、常に自分は人と違うと感じていました。学生時代、女子で機械製図を選択したのは彼女だけだったと私に話してくれました。その後、ゲイラは就職し、家を一軒ずつ回ってガスや電気の計量メーターを検針する仕事を始めました。昼の仕事でしたが、彼女が気になったのは昼間なのに男たちが家にいることでした。

それも40~50歳代の中年の人たちで、かなりの人たちが酸素ボンベをつけていました。彼女は何か変だと思いました。数年後ゲイラの父親が59才で亡くなりました。年金の受け取りが始まるわずか5日前のことでした。鉱夫だったので、きつい仕事の結果だとゲイラは思いました。ところがその数年後、今度は母親が亡くなります。母の死は一層奇妙に思えました。

なぜなら母親の一族は、永久に生きると思うほど長生きの家系だったのです。実際ゲイラの叔父さんは今も元気でワルツを習っています。自分の母親が若くして亡くなる理由が見つかりませんでした。その死は「異常」だったのでゲイラは悩んだのです。

考えるうちに、いろいろ思い出しました。例えばこんなことがありました。母が足を骨折して病院に行ったとき、レントゲン写真を何枚も撮られました。2枚の足の写真は当然としても胸部の写真が6枚もあるのは不可解でした。彼女は自分と両親の人生のあらゆる瞬間を思い出しながら考えて、自分が目にしたものを理解しようとしました。

自分の町のことを考えました。町にはバーミキュライトの鉱山がありました。バーミキュライトを土壌改良土として使うと植物はより早く大きく成長します。屋根裏の断熱にも使われました。大量に屋根裏に入れると長いモンタナの冬でも暖かく、バーミキュライトは公園にもフットボール場にも、スケートリンクにもありました。

ゲイラはこの問題に取り組んで初めてバーミキュライトに非常に有害なアスベストが含まれていたことを知りました。謎を解いた彼女は皆に伝えようとしました。何が起きていたのか、そして彼女の両親や酸素ボンベをつけて昼間も家にいる人々がどんな仕打ちにあってきたか。ところが彼女は驚愕します。

皆が事実を知れば何かが始まると思っていたのに、誰も知りたがらなかったのです。この話を近所の人や友人やコミュニティーの皆に伝えようとすればするほど嫌がられるようになり、とうとう住民の一部がステッカーを作って誇らしげに車に貼るほどでした。こんなスッテカーです。

「故郷はモンタナ州リビー。でもアスベスト症にはかかってない」

それでもゲイラは諦めず調査を続けました。インターネットの普及が調査を後押ししました。できるだけ誰とでも話し、論争を重ねるうちに、とうとう幸運をつかみます。ある研究者が鉱山史の調査で町を訪れることを知ったのです。彼女はその人に話をしました。最初は信じてもらえませんでしたが、その研究者がシアトルに戻って調査する過程で話が本当だとわかったのです。こうして仲間ができました。

それでも住民は知ろうとしません。彼らの言い分はこうです。

「そんなに危険だったら誰かが教えてくれるはずだ」「それが皆が死んでいく本当の理由だとしたら医者が警告したはずだ」

過酷な労働に慣れた男たちはこう言いました。

「犠牲者になんて絶対になりたくない、でもどんな産業にも事故はつきものさ」

それでもゲイラはあきらめず、とうとう町に連邦政府機関を呼んで、住民1万5千人の健康診断にこぎつけたのです。それでわかったことは、この町の死亡率がアメリカ全体の死亡率の80倍にも上ることでした。2002年のことでした。でもその時でさえ、進んで警告を発する人は誰一人いませんでした。

「あなたの孫が遊んでいる公園を調べてごらん、バーミキュライトだらけだよ」などと言う人はいませんでした。これは無知のせいではありません。

意図的な無視によるものです。「意図的な無視」とは法律用語で、知り得るだけでなく、知るべき情報なのに、知らずに済まそうとする場合、法律上は意図的な無視とみなされます。知らずにいることを自分から選択したのです。最近、意図的な無視の例が身の回りにたくさん見られます。

お金のない人々に住宅ローンを売りつける人が何千人もいるのは、銀行による意図的な無視です。金利が操作されていると誰もが知りながら、わざと放置していたのも銀行の意図的な無視です。カトリック教会内の児童虐待が何十年にも渡り、放置されていたのも意図的な無視です。

意図的な無視はイラク戦争の準備段階でも見られました。このように意図的な無視は大規模に存在する一方、ごく小規模のものが、家族や家庭やコミュニティーまたは組織や団体にも見られます。企業の意図的な無視を調査するときには、こんな質問をします。

「職場に社員が指摘するのを恐るような問題がありますか?」

研究者がアメリカの企業を対象に調査したところ、こうした質問に85%の人が「はい」と答えました。85%もの人が問題の存在を知りながら何も言わないのです。私がヨーロッパで同じ質問項目を使って同じ調査をしたところ、まったく同じ割合になりました。85%です。とても多くの沈黙。

とても多くの無視です。面白いと思ったのはスイスの企業に行くと、「これはスイス特有の問題です」と言われ、ドイツに行けば「これはドイツ病です」と言われ、イギリスの企業では「イギリス人が苦手とするところです」と言われます。でも本当は人間固有の問題なのです。

環境がそろうと私たちは誰でも意図的な無視をします。調査で明らかになったのは、恐怖や報復への恐れから無視する人もいれば、目を向けることは無駄でどうせ何も変わらないから無視する人もいることです。

例えばイラク戦争に抗議しても、「何も変わらない、やるだけ無駄、見ないほうがいい」と思うのです。私が繰り返し耳にするのは人々のこんな言葉です。「目を向ける人々はタレ込み屋で奴らがどうなるか誰だって知っている」 内部告発する人については根深い誤解があります。 

まず彼らは「頭がおかしい」という誤解です。

私が世界中を巡って内部告発者と話して気づいたのは、彼らがとても誠実で保守的な人も多いことです。自分が所属する団体への深い忠誠心を持っています。彼らが声を上げる理由、目を逸らすまいとする理由は、その団体を心から大切に思い、健全であってほしいと願っているからです。内部告発者についてこんなことも言われます。

「奴らの活動は無意味だ。奴らの身に何が起こったか見るがいい。潰されてしまうんだ。誰だってそんな経験はしたくないだろう」

一方、告発者達に話を聞くと、彼らの口調には常にプライドがあります。例えばジョー・ダービーです。誰もがアブグレイブ刑務所の写真を覚えているでしょう。世界を震撼させイラクで行われた戦争がどんなものだったかを示したのです。でもジョー・ダービーは記憶にあるでしょうか。

従順で優秀な兵士だった彼が例の写真を発見して告発したのです。以前、ここハンガリーに来た時には存在しなかった自由です。そして投票の自由。特に女性にとっては闘わなければ得られませんでした。いろいろな人種や文化背景、性的志向を持つ人々が望み通りに生きる自由・・・。

でも自由は行使しなければ存在しません。ゲイラ・ベネフィールドのような内部告発者達の行いは、自分たちの持つ自由を行使することに他なりません。彼らは起こりうる事態への覚悟を決めています。

「これから議論が起こり、隣人や同僚や友人たちと言い争うことになるだろうが、こんな争いにも強くなろう」

「否定的な人々の相手もしよう、彼らが私の主張をもっと優れた強固なものにするのだから」

「よりよい活動にするために、反対の立場の人とも協力しよう」

彼らはとても粘り強く、強い忍耐力をもち、無視も沈黙もしないと決意しています。私はモンタナ州リビーに行ったとき、アスベスト症診療所を訪れました。ゲイラ・ベネフィールドのおかげで生まれたものです。最初は治療を必要として助けを求めに来た人でさえ裏口から入ることがありました。

彼女が正しいと認めたくなかったのです。私が食堂の席から外を眺めていると幹線道路をトラックが行き来するのが見えました。家々の庭から土を運び出し汚染のない新しい土と入れ替えていたのです。

私は12歳の娘を連れて行きました。ゲイラに会わせようと思ったのです。

「なんで?」と娘が聞くので私はこう言いました。「ゲイラは映画スターでもセレブでも専門家でもないし、ゲイラ自身が言うとおり聖人なんかじゃない。でも彼女が普通の人だということがとっても大事なの。彼女は私達と同じ普通の人。自由を持っていてそれを行使しようとした」

ありがとうございました。


 

見て見ぬふりをする社会
マーガレット ヘファーナン
河出書房新社

目次

似た者同士の危険
愛はすべてを隠す
頑固な信念
過労と脳の限界
現実を直視しない
無批判な服従のメカニズム
カルト化と裸の王様
傍観者効果
現場との距離
倫理観の崩壊
告発者
見て見ぬふりに陥らないために

 

内容(「BOOK」データベースより)

企業の不正や事故のリスク、過重労働、児童虐待もみんな見て見ぬふり。波風を立てたくない、心配をかけたくない、苦しい決断をしたくない、自分の信念を捨てたくないといった心理から起こる傍観者の態度を詳しく分析。
 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヘファーナン,マーガレット
受賞経験もある企業の社長であり、著述家であり脚本家。アメリカ・テキサス州生まれ。ケンブリッジ大学卒。BBCラジオで5年間ドキュメンタリーやドラマの制作に携わったのち、テレビのドキュメンタリー番組のプロデューサーも務めた。ソフトウェア業界やインターネット業界での経験もある
コメント

粉塵をかぶりながら中国の鉱山で働く15歳の少年の日給2.2ドル~中国の癌村より

2013-04-15 | アスベスト

『中国の癌村』                     ※翻訳は当ブログ読者の方によるものです。ありがとうございます。

中国の癌村は、「忘れ去られた片隅」と呼ばれている。中国共産党が改革開放を高らかにうたった30年の発展の一方で、農村は廃棄物とゴミが堆積される場となった。淮河をはじめとする多くの深刻な汚染のある河川が、沿岸に住む農民たちに奇形、中風(半身不随)、知的障害、各種癌などの異常な症状を集中的に引き起こしており、農民たちの生命を残酷に脅かしてる。ある統計によると、全国の農村の少なくとも3億人が安全な水を得ることが困難であり、癌がまるで疫病のように絶え間なく広がっているとのことである。 

科学的廃棄物が黄河の浅瀬に打ち上げられている。

工場と村は一枚の壁で隔てられているにすぎない。 

村人にはこの状況に既に慣れてしまっている。 

工場の廃棄物が河川に流れ込んでいる。 

広東省―湖の中には固形の廃棄物が散在している。 

住民は顔を抑え有毒なガスをさけている。 

下水道は、黄河の廃棄物を押し流している。 

大量の工場と汚染処理工場が長江の岸辺にある。 

ここは内モンゴルの石炭火力発電所。 

汚染された工業用地は長江にある。 

内モンゴルの工業地区から出た液体廃棄物は黄河に流れ込む。 

工場から毎日大量の化学物質の含まれた排水が長江に流れ込んでいる。 

河北省,冶金工場の汚染は深刻で現地の住民の健康に害を及ぼしている。 

当該工場の敷地は絶え間なく拡大している。 

100を超える化学工場が江蘇省の沿海地区に存在している。 

工場の排水の一部が直接海に廃棄されている。 

工業廃水が長江に直接流れ込む。 

山西省―中国で最も環境が劣悪とされる場所の一つ。 

山西省は先天性の奇形を持つ子供が中国で最も多い。 

この写真の農家では17人の障害のある子供を引き取って育てている。 

黄河付近の悪臭に羊飼いは鼻を覆う。 

甘粛省の15歳の少年、2年生で学校を退学し黒竜江省へ出稼ぎにやってきた。 

不衛生な環境で働く彼の収入は一日16元($2.2)。 

内モンゴルの工業地区は鉱山(石炭)労働から帰ってきた農民。 

多くは没落した地域からの移民で、過剰に塵埃を吸うことによって1~2年以内に病気になる。 

汚染水が原因で64歳の汪包嵊は2003年から癌を患っている。 

体の傷口の痛みで横になって眠ることができず、座ったまま眠らなければならない。 

45歳の孫暁軍もまた被害者だ。彼女は手も足も動かすことができない。治療も意味がない。 

66歳の趙昆は末期の食道癌だ。妻は癌で亡くなった。彼は今も貧困の中にある。 

綿花畑で数時間仕事をした後、農民は鉱山労働者となる。 

汚染地区の子ども。 

健康を損なった賠償を求め、被害者たちは自らの血をもって署名した。 

雲南省の農村では、毎年癌によって20人が死亡している。 

11歳の徐力は骨癌を患っている。 

河北省の村では50数名が癌を患っている。 

4歳の少女と祖父が少女の母の墓に墓参りにやってきた。彼女の母は胃癌で亡くなった。 


中国癌症村について動画検索していて見つけたものですが、上の画像、あどけなさの残る15歳の少年が鉱山で働かされています。この画像を見て2重の意味で本当に辛くなりました。この鉱物はなんでしょうか?白っぽい岩石なので石灰岩かな?と思いましたが、何かわかりません。マスクもつけずに真っ白になって粉塵をかぶって働いています。この少年が相当粉塵を吸い込んでしまっていると思うとたまりません。小さいハンマーを持っています。ゴーグルをしていますので石を割る作業なのでしょう。破片が飛んで目に入る危険性もあるということです。

児童労働の問題と、鉱山などにおける健康被害の問題。貧困や差別の問題もあると思います。

粉塵自体が健康を害す元であることは、当ブログでは繰り返し記事にしてきました。動画の解説の中にはどこの鉱山で何の鉱山かは書かれてなかったのですが、もしかしてアスベスト鉱山ではないかと思って調べてみました。

労災被災者の権利のためのアジア・ネットワーク
サンジ・パンディタ
The Asian Network for the Rights of Occupational
Accident Victims (ANROAV)  

http://worldasbestosreport.org/banjan07/grassroots.pdf  より

アジアからのアスベストはインド・中国産がほとんどということがわかりました。船舶の解体時に出るアスベストの問題は初めて知りました。結局、リサイクル時や産廃の問題・・・原発、がれきやクリアランス問題と似てますね。

 

中国のアスベスト利用状況の検討 (長崎大学工学部研究報告 第37巻 第68号 平成19年1月)http://www.lb.nagasaki-u.ac.jp/reports/kougaku/pdf/37_68_08.pdf  より 

(1)中国では、アスベストの発現と利用歴史が早い。中国は早い時期にアスベストを発現し、人類の生産活動に利用した。その歴史は2500年以上である。
(2)中国のアスベスト資源が豊富である。今の年産量は世界3位になる。その中、温石綿が大部に占める。
(3)中国のアスベストの利用が広い。アスベストのいろいろな特性があるため、中国のアスベスト利用が幅広いである。今なおアスベスト製品は3000種類以上がある
(4)中国のアスベスト被害がひどい状況になっている。アスベストが広い範囲で利用されているため、被害がひどいと考えられる。統計のデータより、もっと多い被害者がいたあるいは出ていると考えられる。
(5)中国のアスベストの被害意識がまた浅い。現在、中国は青石綿の利用だけ禁止しているが、温石綿が生産活動中に非常に幅広く利用されているため、その利用があまり禁止されていない。
角閃石石綿を原料としての石綿スレートなど建築材料を使用禁止する。2001年に角閃石石綿(青石綿)の製品を淘汰する。

 

インドのアスベスト鉱山の実態はこちら⇒http://www.ide.go.jp/Japanese/Serial/Photoessay/201105.html

http://d-arch.ide.go.jp/idedp/ZWT/ZWT201105_011.pdf

 

アスベスト対策情報 http://park3.wakwak.com/~banjan/index.html 

日本石綿協会 http://www.jati.or.jp/

いろいろ検索してみると、「石綿ムラ」が存在することに気づきます。ひと握りの人の富のためにたくさんの弱者が犠牲になっているしくみは、原発ムラと全く同じ。

私たちが住んでる家や、公共の建物、職場、自動車、船舶などに石綿が使用されています。自宅で使っていなくても「自分に関係ない」ということはありません。施工業者、現場作業者だけが吸入の危険が大きいのだからと、目を伏せますか?それとも、「管理されていれば大丈夫」というバイアスでいきますか? 

4/13淡路島震度6の地震が起きました。 巨大地震が起き、家屋が倒壊すれば大量のアスベストが飛散します。津波で沿岸部工場が流されても、スレートなどのがれきに含まれるアスベストが飛散します。被災者になれば、現場作業者でなくても鉱山労働者でなくても吸い込む危険は十分にあります。

日本では2006年に禁止になりましたが、それまでにたくさんの労働者が犠牲になりました。今でも呼吸器などの病気で苦しんでいる人がたくさんいます。↓

石の綿―マンガで読むアスベスト問題
神戸大学人文学研究科倫理創成プロジェクト,京都精華大学機能マンガ研究プロジェクト,松田 毅
かもがわ出版

上の画像の15歳の少年が働いているのが、結局何の鉱山かはわかりませんでしたが、このような状況を許している今の世の中の仕組みそのものに疑問を感じます。 

 

コメント