ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

ジビエの国策プロパガンダに要注意!①税金を使ってわざわざリスクの高いものを市民に食べさせようとする国 

2017-01-09 | 野生動物の問題

 https://en.wikipedia.org/wiki/Trichinella_spiralis  より

 

 

クマ肉食べたら食中毒 原因は旋毛虫、国内で35年ぶり

福地慶太郎2016年12月23日18時29分  朝日新聞

茨城県は23日、水戸市南町3丁目の飲食店「ビゴリ」で野生のクマ肉のローストを食べた客と経営者ら15人が発疹や発熱などの症状を訴え、食中毒と断定したと発表した。

 原因は旋毛虫(せんもうちゅう)という寄生虫で、国内での発生は4例目で35年ぶり。いずれの患者も命に別条はないが、医療機関に通院して治療を続けているという。水戸保健所は同日、飲食店を営業禁止にしたが、同店は18日から自主休業している。

 県によると、11月24日~12月8日、同店でクマ肉のローストを食べた27人のうち15人が症状を訴えた。この肉は北海道で捕獲された野生のクマ肉で、常連客が自宅で調理して店に持ち込んだもの。市場には流通していないという。

 旋毛虫は野生のクマやイノシシに寄生。人間の小腸の粘膜内で幼虫を生み、その幼虫が全身の筋肉に広がるという。腹痛や下痢、筋肉痛などの症状が出る。国内での過去の発生例は1974年の青森県(患者数15人)、79年の北海道(同12人)、81年の三重県(同172人)の3例。いずれも野生のクマの刺し身が原因だった。旋毛虫は加熱すれば死滅するため、県は、野生動物の肉は十分に加熱するよう呼びかけている。(福地慶太郎)

 

クマ肉で食中毒 せん毛虫原因

12/23 18:57 NHK茨城

水戸市の飲食店で、客が持ち込んだクマの肉を使った料理を食べた15人が発疹や発熱などの症状を訴え、保健所は動物に寄生する「せん毛虫」による食中毒と断定しました。
茨城県によりますと、せん毛虫による食中毒が確認されたのは国内で4例目だということです。
茨城県によりますと、11月24日から12月8日にかけて、水戸市南町の飲食店「ビゴリ」で提供された「熊肉のロースト」を食べた20代から50代の15人が、その後、発疹や発熱などの症状を訴えて医療機関を受診しました。
このうち1人が入院しましたが、すでに退院し、全員回復に向かっているということです。
提供されたクマの肉は、客の1人が北海道で捕獲されたものを知人からもらい受けて店に持ち込んだものだったということです。
水戸保健所で調べた結果、冷凍保管されていた肉から寄生虫の「せん毛虫」が見つかったほか患者からも「せん毛虫」の抗体が見つかりました。
このため保健所はせん毛虫による食中毒と断定し、この飲食店を当面、営業停止にしました。
「せん毛虫」はクマなどの野生動物や家畜に寄生し、その肉を十分に加熱しないで食べると発熱や腹痛などの症状を引き起こすということです。
茨城県によりますとせん毛虫による食中毒は珍しく、国内で確認されたのは4例目だということです。

 

(管理人より) 茨城県でクマの肉を食べ、寄生虫で食中毒が起きました。恐ろしいので調べておきます。あれほどジビエは危険だと言い続けているのに、呆れる話です。 

旋毛虫 

旋毛虫(Trichinella spiralis)のオスは体長1.4~1.6mm、メスは3~4mmの白い糸状の虫です。 宿主はヒト、豚、犬、オオカミ、イノシシ、キツネ、タヌキ、イタチ、クマ、ヒョウ、ネズミなどで、成虫は小腸に寄生(腸トリヒナ)し、幼虫は筋肉に寄生(筋肉トリヒナ)します。
幼虫は抵抗力が強く、燻煙、塩漬け、乾燥にも耐え、また、凍結しても死ぬことはありません。 豚肉などの生焼け、生煮えの加熱不十分な肉料理を食べると感染します。
感染すると、全身発疹や高熱、腹痛、下痢などの症状のほかに、ときには呼吸困難や心臓に障害を起こして死亡することもあります。
予防としては、肉はよく加熱して食べること。生肉や加熱不十分な肉は食べるのを止めることです。

 

旋毛虫症 

トリヒナ症ともいい、人獣共通感染症である。旋毛虫幼虫の寄生した不完全調理あるいは生の獣肉を食べることにより感染し、小腸上部で幼虫を包んだ袋が消化され、脱出した幼虫は3~5日で成虫となり、雌は腸粘膜内に幼虫を産出する。いちじに多数が侵入すると腹痛や下痢、ときに血便などの消化器症状を呈する。しかし、おもな症状は筋肉内に侵入した幼虫によるもので、高熱、発疹(はっしん)、目の周囲の浮腫(ふしゅ)、筋肉痛などがみられ、末梢(まっしょう)血中における好酸球の増加は診断の手掛りとなる。潜伏期は通常10~20日くらい。急性期で重症の場合には、横隔膜、肋間(ろっかん)筋、心筋などが侵されて死亡することもまれではない。
 診断としては、食べた肉の検査をはじめ、筋生検のほか、患者血清による免疫学的検査が行われる。治療としては、メベンダゾールとステロイド剤との併用投与が有効である。欧米では古くから知られ、現在では世界的な規模で分布しており、アジア地域ではとくにタイ北部が最大の流行地である。日本でも1974年(昭和49)以来、青森県や三重県などで、ツキノワグマやヒグマの刺身、輸入ブタ肉による発症例がある。[山口富雄]

  

ここを見てください。横浜市のHPです。たいへん詳しく書いてある。

旋毛虫感染症(トリヒナ症)について

19世紀中ごろ、旋毛虫( Trichinella spiralis )の生活史を明らかにしていったのは、ドイツの病理学者 Rudolph Virchow でした。Virchow(ウィルヒョウ)は、白い斑点でいっぱいになった筋肉をもった人の死体とめぐり会いました。白い斑点でいっぱいになった筋肉に顕微鏡で旋毛虫( Trichinella spiralis )の幼虫を多数認めました。この旋毛虫( Trichinella spiralis )の幼虫でいっぱいの筋肉をイヌに与えたところ、イヌは数日で死亡しました。このイヌの解剖の結果、イヌの小腸に、旋毛虫( Trichinella spiralis )の成虫を認め、イヌの死亡の原因を旋毛虫( Trichinella spiralis )だと考えました。また、旋毛虫( Trichinella spiralis )の幼虫を含んだ筋肉を摂氏58.33度以上で10分以上加熱すれば、感染力がなくなることを Virchow は、明らかにしました。Virchow は、旋毛虫( Trichinella spiralis )の生活史についての研究成果を本「トリヒナに関する学説の発表」(”Darstellung der Lehre von Trichinen ”; Verlag von Georg Reimer; Berlin; 1864年)にまとめました。そして、ハムや豚肉製品をよく加熱することの大切さを、国中を熱心に説いて回りました。

 

<シカ目撃急増>害獣駆除に若手確保急務   

河北新報 2017年01月09日月曜日

青森県内でニホンジカの目撃が急増し、農作物などの食害が懸念される一方、ハンターの高齢化による駆除の担い手不足が深刻だ。県は若手ハンター獲得を目指し、昨年から「狩猟体感バスツアー」を実施。猟の実演や銃砲店の見学、野生鳥獣肉を使ったジビエ料理の試食などを通し市民に狩猟を身近に感じてもらう取り組みを進める。過去4回は毎回、定員30人を超える希望者があり、狩猟免許取得のきっかけになったケースも出ている。

<71%が60歳以上> 
 「狩猟は気むずかしそうな男性が1人でするイメージだった。和やかな雰囲気やチームプレーに驚いた」。津軽地方で昨年12月4日にあった県のバスツアーに参加した青森市の女性デザイナー(39)が振り返る。
 狩猟犬で標的を追い込んで狙い撃つキジ猟を見学し、座学で狩猟の基礎を学んだ。女性は「こういう機会でもなければ窓口が分からなかった。垣根の高さを感じる」と指摘した。
 県猟友会によると、2015年度の会員1053人のうち約71%が60歳以上。60~69歳が517人で最も多く、次いで70~79歳が201人と狩猟人口の高齢化が進んでいる。
 ハンターになるには一定の初期投資が必要なことも若い人をちゅうちょさせる。ツアーに参加した青森市の会社員向山充さん(36)は「やってみたいが、道具をそろえるのがハードル」と語った。
 県猟友会の柴谷孝悦事務局長は「(猟銃の購入などには)補助制度があり、若い人でも始めやすい環境が整っている。銃は正しい扱い方さえ学んで徹底すれば誤発砲による事故も防げる」と懸念の払拭(ふっしょく)に躍起だ。

<食害増加を懸念> 
 県が若手ハンターの確保に乗りだした背景には、食害増加が懸念される現状がある。県のまとめでは本年度の県内のニホンジカ目撃数は昨年12月9日時点で84件。データのある2010年度以降で最多だった昨年度の年間実績(81件)をすでに超えている。
 県はツアーに定員を上回る申し込みがあることに手応えを感じている。自然保護課の村松栄一総括主幹は「自然を楽しみながら、青森県の農業を害獣から守る担い手として活躍する人が増えてほしい」と話す。

 

「ジビエは美味しい」「農業を害獣から守る」 この二つの看板を掲げて、国策ジビエプロパガンダが凄まじい状態になっています。

そもそも日本は福島第一原発事故で世界一の放射能汚染国になったので、野生動物の肉は、放射性物質の濃縮を考えると危険な食材。

2016年3月12日でこの状態 ⇒ イノシシ、シカの9検体、放射性セシウム基準値超 栃木県検査


当ブログではイノシシ問題を取り上げ記事にしてきました。

チェルノブイリ事故後のロシアの汚染イノシシが18万7000ベクレル/kg。日本にはそれを超えるイノシシも

「原発がイノシシを増やした」 個体数管理という理由で年間1万頭以上のイノシシ捕獲。駆除という理由で殺す

【汚染イノシシ問題】近くのゴミ焼却施設に運べば駆除を奨励する市から1頭当たり2万円の報償金(福島

福島県相馬市にイノシシ専用焼却施設が稼働。イノシシを殺し燃やし続けるレベル7の日本

福島県の野生イノシシの革製品、ネームホルダーから赤ちゃん用の靴まで試作されている事実。補助金の事業 

 

クマ問題も☟

秋田県鹿角市十和田大湯でクマ襲撃による死亡事故多発。近くに風力発電所、クマ肉出荷停止


野生動物は何を食べているかわかりませんし、衛生管理もされていません。さらに、鉛の散弾、E型肝炎、今回のような寄生虫といった大きなリスクがあります。

それなのに膨大な税金を投入して、どうにかして市民の口に入れようとしています。 学校給食にも使われているということは以前のブログ記事にも書きました。

学校とメディアは猛省すべき(2)危険をおかしてまで学校給食で「ジビエ料理」を食べさせてはいけない。 


「ジビエ」という言葉を知らない人もいますが、そういった呼び方もグルメ、食通っぽい印象を与えています。

国策ジビエに税金が投入されていますから、雑誌にも取り上げられています 。

dancyu 2016年2月号 にジビエの特集があります。この内容が恐ろしいです。こういう雑誌を見た自称「グルメな」人が、軽いおしゃれな感覚で、ジビエを食べてみようとするのでしょう。

刷り込みがあちこちで行われています。

 「最近、日本のジビエがおいしくなっています」 「日本のジビエを知ろう 熊/猪/鹿/雉/真鴨」など・・・


 

私は日本では、もうリスクの高すぎるジビエは食べてはいけないと思います。国策で税金を投入してすすめるものではありません。

それなのに、学校給食などで食べさせられている異常。

有害鳥獣を捕獲しジビエで村おこしという国策(6次産業化)は放射能汚染国では、そもそも無理な話。

「ちゃんと加熱すれば」「産地を選べば」という人間がいます。「命を感謝して頂く」などと言いジビエの加工品を販売する人間もいます。

セシウムが検出されていないイノシシやシカ肉があってもそれはサンプリングに過ぎません。他のストロンチウムや放射性銀などの核種を調べてはいません。

野生動物は何を食べているかわからないということを無視しているのです。

まだらに汚染された日本列島は福島第一原発からおよそ1200kmの範囲に位置する島国。 チェルノブイリから1600kmのドイツですら今でもイノシシの肉が高濃度に汚染されているのに。

日本の森のどこにホットスポットがあるかわかりません。そこにはえたキノコは放射性物質を吸い上げてピンポイントで濃縮します。

木の皮やミミズも高濃度に汚染されています。イノシシやシカの食べるものを考えたら汚染してないとは言えないはずです。

植物と動物との間で放射性物質は循環し、濃縮します。イノシシやシカなど野生動物の肉の放射能濃度は年が経つにつれ、増えていく可能性すらあります。

 

国が国民に野生のイノシシやシカを食べるのを給食などで強制してはならないと私は思います。

 野生動物の肉を常食にすると内部被曝が進むということは既に調査されています。

にもかかわらず放射能汚染国となった日本で原発事故後、イノシシ・シカなどジビエを食べることが国策で推進されている異常さに気づかなくては。

 

1962年夏ハンフォード研究所一行がアラスカ海岸や内陸五箇所のイヌイット部落(原文:エスキモー)で五百余人の全身放射能測定を行ったところ、同じ夏アメリカのワシントン州で測定した結果にくらべて、はるかに多量のセシウム137をイヌイットの体から検出した。サイエンス誌1963年10月号

どうしてそうなったのか?放射能降下物を含む地衣をカリブーという野生動物が食べ、その肉をエスキモー(原文)が常食にするからだろうという。カリブー肉を食べない人間は同地域にいてもセシウム137が少ない。(沈黙の春~解説より) 


 

コメント

秋田県鹿角市十和田大湯でクマ襲撃による死亡事故多発。近くに風力発電所、クマ肉出荷停止

2016-05-23 | 野生動物の問題


クマに襲われたか 2人死亡 現場近くの道路通行止めに
5月23日 4時10分 NHK

秋田県鹿角市の山林で21日から22日にかけてタケノコ採りに入った男性2人が相次いで死亡し、いずれもクマに襲われたとみられることから、鹿角市は22日夜から現場近くの道路を通行止めにしてクマの出没に注意を呼びかけています。
秋田県鹿角市十和田大湯の山林では、21日、タケノコ採りに入った79歳の男性が死亡しているのが見つかったのに続き、22日は、1キロほど離れた山林でタケノコ採りをしていた秋田市の78歳の男性が死亡しているのが見つかりました。2人にはいずれもクマにかまれたり引っかかれたりしたような傷があったことから、警察は、クマに襲われたとみて調べています。
2人の死亡を受けて、鹿角市は、22日午後7時すぎから現場近くの道路を通行止めにしました。立ち入りを規制する柵の近くには看板を設置してクマの出没に注意を呼びかけています。通行止めはタケノコ採りのシーズンが終わる来月上旬ごろまで続けられる予定です。鹿角市は21日から付近の山林5か所にクマへの注意を呼びかける看板を設置しています。
鹿角市農林課の小野寺裕一主幹は「現場の山には近づかないでほしい。タケノコ採りに出かけるときは、音の出るものを身につけるなど安全対策を徹底してほしい」と話しています。
また、現場近くの山では、22日、山菜採りに入った57歳と83歳の女性2人の行方が分からなくなりましたが、午後になっていずれも無事に発見され、けがはないということです。 

 

“クマ”襲撃被害相次ぐ タケノコ採りの男性死亡

テレビ朝日系(ANN) 5月21日(土)17時41分配信

 各地でクマとみられる動物に襲われる被害が相次いでいます。21日午前7時ごろ、秋田県鹿角市の山林で、高瀬佐市さん(79)が死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、高瀬さんの顔や体にはクマに襲われたとみられる傷がありました。高瀬さんは20日、タケノコ採りに出掛けて行方が分からなくなっていて、近くでは21日もタケノコを採っていた人がクマに襲われてけがをしています。

 クマに襲われた60代女性:「(タケノコ)採っていたら(クマが)目の前にいた。何にも音はしなかった」
 クマに襲われた女性の夫:「げんこつで(クマの)頭をたたいて、わーわー騒いだら逃げていった」
 鳥取県でも、午前7時半ごろ、山の中でランニングをしていた男性(57)がクマのような動物に襲われました。男性は右手の指を折るなどのけがをしましたが、自力でその場から逃げて無事です。町では、付近に立て看板を設置したり町内放送で注意を呼び掛けています。
最終更新:5月21日(土)17時41分テレ朝 news

 

タケノコ採りでクマに遭遇、男性死亡 秋田
日本テレビ系(NNN) 5月22日(日)20時35分配信
 秋田県鹿角市の山にタケノコ採りに出かけ、クマに遭遇した男性が遺体で発見された。死亡したのは、秋田県秋田市の高橋昇さん(78)。警察の調べによると、高橋さんは22日午前7時半ごろ、妻と2人で鹿角市十和田大湯の熊取牧場近くの笹やぶにタケノコ採りに入り、クマと遭遇。妻に「危ないから逃げろ」と言ったあと、行方がわからなくなった。

その後の捜索で、入山地点から約200メートルの場所で高橋さんの遺体が発見された。高橋さんの頭や脇腹にはクマにひっかかれたりかじられたりしたような痕があったという。

現場近くでは、21日にもタケノコ採りに出かけてクマに襲われたとみられる男性(79)が遺体で見つかっている。

 (管理人より) 秋田県ではついに人がクマに襲われて二人亡くなりました。今までもクマはいたわけですが、凶暴化しています。場所は「鹿角市十和田大湯の熊取牧場近く」です。

熊取牧場の東側には9基の風力発電があります。

地図

ストリートビュー を見るとケイセキ採取場もあります。

 

秋田県内の再生可能エネルギーを利用した発電の導入状況 より 鹿角市における 風力発電 地熱発電 水力発電 の位置です。

風力発電所が一番近いですね。

H14.11 運転開始 株式会社ユーラスエナジーホールディングス

田代平風力発電所(鹿角市十和田大湯字田代平110) 850kw× 9 基   ヴェスタス(デンマーク)

秋田県内にも100基を超える風力発電所があります。

http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/case/pdf/pref_05.pdf

 

 

さらに 鳥取県若桜町の近くにも、風力発電があります。一番近くが

2005年12月 鳥取県企業局 鳥取市 1000kw 3基 三菱重工業

 

動物たちが山を降りてきたり、凶暴化して人を襲ったり・・・・ 再エネが急増する2000年以降、一気に増えていることです

 

山に再エネ発電所の急増(風力発電所、メガソーラー、中小の野立てのソーラー)

動物たちが山を降りてくる

人間とのトラブル(農作物被害、襲われるなど)

有害鳥獣認定

ハンターを増やし、動物を駆除という名前で殺す

ジビエを国策化して、国民(給食も含む)に食べさせる  ⇒イマココ

 

体制側は因果関係を否定するでしょうが、私はもうこれ以上、再エネ発電所を作るべきではないと、強く主張するものです。

風力発電の低周波音の振動で人間の体調もおかしくなるわけですから、野生動物の体や行動に変化が起こったとしても何も不思議はありません。

台湾では風力発電の近くの家畜のヤギが死んでいます。

 2009年澎湖諸島 風力発電所が”台湾のヤギを殺す” 海外で健康被害出てるのになぜ日本に?

 

さらに言うと、クマ自体が放射能汚染されていた食べ物を食べていた場合、どうなるかということです。人間も中枢神経の異常が出ます。

タケノコをクマも食べています。

秋田県のクマ肉についてのデータ

クマ肉については平成24年9月10日付で、国から岩手県の全域を対象とした出荷制限の指示がありました。
 
出荷制限の指示後も、基準値を超過する放射線物質が検出されています。

http://www.pref.iwate.jp/houshasen/torikumi/19116/002879.html

岩手県内で捕獲された野生鳥獣肉の放射性物質検査結果 【平成27年度分(H28.2.8現在)】 

 

 追記 http://kumamori.org/news/category/%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8Anews/32737/   より転載青文字

4月25日岩手日報webニュースより

クマに襲われ3人重軽傷 西和賀の仙人山

24日午前10時40分ごろ、北上市と西和賀町にまたがる仙人山(882メートル)で登山者3人が子連れの母熊にかまれたり爪で引っかかれるなどして重軽傷を負った。現地は、7合目付近の尾根でささやぶがあ るブナ林。北上市は広報車で周辺集落に熊出没を知らせるとと もに25日に登山口に注意喚起の看板を設置する。西和賀町では、5月末まで春グマ狩り中。 

5月9日岩手日報webニュースより

クマに襲われ男性負傷 岩泉、山菜採り中に

岩泉署と岩泉消防署によると、5月8日、子連れの母熊が午後0時半ごろ、1人で山菜採りをしていた男性を2メートルほど突き飛ばした後、頭や顔面をひっかいた。男性は自力で下山し親類に連絡した。岩泉町では6日にも龍泉洞付近で子グマが目撃されており、同署や同町はパトロールや広報などで警戒を呼び掛けている。 

 

秋田と岩手は隣同士。クマが山を移動することを考えれば、秋田のクマ肉の汚染が低くても安心はできないと思います。

 

 

http://www.forest-akita.jp/data/sansai/kuma-taisaku/kuma.html   より転載 青文字

6月はタケノコが食事の中心

山は、初夏ともなればタケノコ採りで賑わうが、タケノコはクマの主食である。5月下旬から7月上旬頃まで、1ヶ月余りにわたってタケノコを主食に食べ続ける。

クマによる人身被害

2004年以降、全国的に人身被害が急激に増加している。そのうち秋田は、全国の約1割を占め人身被害の数が多い。

1980年~2000年 死傷者数5人~42人
2004年 死者2人を含む111人(秋田11人)、2006年 死者5人を含む150人(秋田16人)、2010年 150人(秋田10人)

 

熊森協会がアップしていた統計のキャッシュ画像です。

コメント