ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

「上関お魚おまかせパック」の魚は原発推進派の漁師さんの魚?「祝島の魚は売っておりません!(高島氏)」

2014-12-28 | 上関原発問題を調べる

 

 

 


 (管理人より) 上関原発反対運動で有名な高島氏に関するニュースが飛び込んできました。長周新聞2014/12/26の記事です。

高島氏が行っている魚の仲買についての記事ですが、こういった魚の通販を高島氏がしているということは私は知りませんでした。

高島氏の祝島の生態系の調査で、多くの人と祝島の生き物や自然に関する情報を共有し、また生物多様性について学ぶことができましたが、今回の問題とは別の話です。

 

事実確認はできませんので、ネット上で調べた情報をもとに考察してみます。

まず、問題の「上関お魚おまかせパック」ですがこのような和光大学のシンポジウムの資料がありました。原発事故後に書かれたものです。

http://www.wako.ac.jp/_static/uploads/contents/managed_html_file.name.a11df9c0ce7c5582.3032342d3033302de58e9fe799ba2de9ab98e5b3b62d3034e6a0a12de69c80e7b582572e706466/024-030-%E5%8E%9F%E7%99%BA-%E9%AB%98%E5%B3%B6-04%E6%A0%A1-%E6%9C%80%E7%B5%82W.pdf

抜粋します。赤線部は管理人。

 

 

 

「お魚おまかせパック」の魚は、原発推進派の漁師さんの魚と書いてあります。

ということは、結局、原発推進の人を応援することになるのではないでしょうか? 

 

 地元びいきというサイトにも掲載されています。赤字、マーカーは管理人。

〈山口県〉奇跡の海の贈り物 

山口県上関町にある長島周辺の海は、国の天然記念物・カンムリウミスズメやスナメリをはじめとする、世界的にも希少な生きものたちの宝庫。
そんな奇跡の海が今、原発建設予定地になっています。

安全・安心な海といのちを、いつまでも守りたい。そんな想いから始めた上関お魚おまかせパックは、地元の漁師さんがその日に水揚げした新鮮な海の幸をつめあわせた産地直送のお届けサービスです。たくさんのいのちが暮らす瀬戸内の優しい海に育まれた恵みを、毎月お届け!

この小さな地域では原発建設予定地となって以来30年以上もの間、漁師さんの間でも推進派と反対派に分かれて暮らしているそうです。
美味しいという消費者の声に後押しされながらスタートしたこの「おまかせパック」。今は100件近くのお客さんにお魚を届けています。
原発建設推進派だった漁師さんも消費者からの「美味しい」の声を聞くことで、漁業を続ける必要性、大切さを感じ反対派への気持ちが変わってきている方もいるとのこと。

〈お魚パックが届くまで〉
1:コースとお届け回数を選びFAXかメールでご注文
月のお届け回数(月一回/月二回/初回お試し) コース(3,000円/5,000円)をお選びください。

2:お魚が届く
月末締め、翌月どこかの金曜日に発送いたします。

3:振込にてお支払
お届けより一週間以内に商品代金と送料をお振込みください。
振込先と代金は請求書にてご案内いたします。
※送料目安:関西700円/関東900円

お魚の種類は届いてからのお楽しみ!

お申込・お問い合わせ
メール:midori.t@crocus.ocn.ne.jp
FAX:0820-62-0710

 

 

チラシには「地元の漁師さん」とかいているだけで、祝島の原発反対している漁師さんとは書いてありません。

 

 ツイッターで「上関お魚おまかせパック」を宣伝している人を検索してみると 脱原発有名人が二人です。

 https://twitter.com/eda_neko/status/325579976931946497  より

枝元なほみ氏は自然エネルギー推進 ⇒ http://kokucheese.com/event/index/149844/

 

 

https://twitter.com/takemurahideaki/status/290011846344331264 より 

 

 そして 竹村英明氏は自然エネルギー推進。エナジーグリーングリーン社副社長 ⇒ http://www.ene-paso.net/misc/index.php

 

高島氏は祝島自然エネルギー100%プロジェクトの賛同者 http://www.wwf.or.jp/activities/2011/01/961819.html  

 

高島氏は高木基金からも助成金を得ています。 http://www.takagifund.org/admin/img/sup/rpt_file10149.pdf

 

 

福島みずほ対談30 高島美登里さん「上関原発を止めさせよう」

 


福島みずほ議員は社民党=自然エネルギー推進

夫は弁護士・海渡雄一 海渡雄一氏はISEP顧問 http://www.isep.or.jp/about_outline  =自然エネルギー推進

 

さらに高島氏は新社会党の集会でも「お魚おまかせパック」の宣伝。 http://toyoichi.blog.so-net.ne.jp/2013-12-09


 

「原発は生態系を壊す自然破壊だから上関原発に反対」という、高島氏とその周辺の人たちが、自然破壊である”自然エネルギー”を推進することの矛盾。

高島氏は、国会議員、環境NPO代表、映画監督などの自然エネルギー推進有名人とのつながりがあることは明白です。

自然エネルギーが原発をなくすことにつながっておらず、原発を温存する仕組みであることは、このブログではずっと取り上げ指摘して来ました。

この「お魚パック」問題は、原発をなくしたいと本気で願う市民の気持ちを「二重の意味」で欺くことになっていると私は思いました。

 

さて、みなさんはこの事実をどうお考えでしょうか?

 

 

コメント