雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

鳥ならば影を残さず歌のうへきらめき掬ふ声で鳴かまし

2016-01-31 16:48:30 | Weblog


ふと



鳥になりたいなぁ、と。



どんな鳥?



メジロとか、コルリとか。白鳥。



大きな鳥でも。



永遠の瞬間を生きているイノセンス。








コメント

山口椿さんから

2016-01-31 10:03:16 | Weblog

この頃描き溜めたペン画の添削をいただきました。


言葉を選びながらも、厳しい指摘。


感謝です。







コメント

仄かなる微笑含ませ影を描く光なること誰も見ゆらむ

2016-01-30 19:45:14 | Weblog


大分仕上がってきた。


聖母子の後ろに何を見ようか?






何を描いてもそこには私が表れるという厳しさ。


感謝しつつペンを持つ。





コメント

雨音をいつか聴きたし海のうへしたには翼休めて並ぶ

2016-01-29 20:30:56 | Weblog

海に


まだ雨音。明日は雪の気配。




静かな日だった。


今ラジオでドビュッシーの「聖セバスチャンの殉教」を聞いたところ。

リラックスできるなあ~。大好きドビちゃん(ぇ






感謝。
コメント

愛の秘密は空いろなせり君の見る彩りのまま我はあらなむ

2016-01-28 20:54:33 | Weblog


ふと




良い一日だった。


感謝。




コメント

御母は永遠うら若してのひらを汝の背に添はす汝はゆるされむ

2016-01-27 15:29:55 | Weblog


また、聖母子。


コレッジオの模写だが、わたしの描いた貌はオリエンタルになった。


少しずつ描いてゆく。




コメント

梢にはひとひら舞へり物語る空に触れせぬ胸の音聞け

2016-01-25 20:10:41 | Weblog


星空に




良い一日だった。



感謝^ - ^






コメント

薔薇のなかちひさきものと愛撫せよと君はをさなき声になるらむ

2016-01-24 13:42:19 | Weblog

レオナルドの「白貂を抱く貴婦人」模写から。








原画を隅から隅まできっちり描くと重すぎる。

また、あえてシンプルなペン画を選んでいる佳さも表現できないだろう。だからイラストレーションの軽さに止めよう。


少女は、レオナルドの原画では、いかにも初々しい内向きな微笑を湛えて見える。清楚で用心深い美貌。

わたしの描いた少女のまなざしは、外の世界を見ている。なかなか胆っ玉の太い、陽気な少女の貌に、わたしには見える。


みなさんにはどうですか?


神に感謝^ - ^





コメント

冬銀河胸うら抜けて透きとほる歌ならばいつも側にあらなむ

2016-01-23 21:34:50 | Weblog


銀河に




良い一日だった。




感謝^ - ^




コメント

もの想ふひとの器はガラスさて少女の貌はきよらなるのみ

2016-01-22 16:17:55 | Weblog


今日の姿。




微妙に表情をニュアンスで彩ってゆく。






コメント

アルファポリス