雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

薔薇の咲く港さかみち帆に立てばますぐに恋し君ぞ恋しき

2012-05-21 20:30:44 | Weblog


 港が見える丘公園の薔薇園周辺を歩いて。

 



















 いろんな薔薇が今をさかりと咲き乱れ、きれいだった。


 高みからは、レインボー・ブリッジが見えた。
コメント

あたらしい石鹸のごと半月の透る夜明けに匂ふ母の日

2012-05-13 10:02:59 | Weblog


 母の日に。



 しらじらと、月の名残もまだ見える明け方、鎌倉山のあたりをひとあるきして。




 みはるかす相模灘、入り江のさ青、空より深く澄んできれいだった。





































コメント

新緑の水湧きのぼる汝(な)のうちに眉たかき男児鯉のぼりかな

2012-05-01 12:24:16 | Weblog

 五月、鯉のぼりに。












 『未来』五月号届く。

 保田斐佐子さんの歌集紹介執筆の機会を編集部からいただき、それがこの号に掲載。


 すこし緊張して書いたような、と思ったけれど、丁寧に保田さんお電話下さり、よろこんでくださった。


 歌に接するとき、できるだけ「とらわれ」のない眼で、心で、と思う。


 わたし自身であることに変わりはないにしても。

 自分の歌についても、いろいろ考えることしきり。





 今朝から走り梅雨のような通り雨、お天気雨が、何度か。

 そのたびごとに、若葉潤い、勢いづいて美しい。








 


















コメント

アルファポリス