雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

笑ふなよあとかたもなき陽炎の揺らぐどこかは今も青春

2018-07-31 21:38:30 | Weblog

猛暑に。


さて、油絵のエスキースとして水彩で「大公の聖母」を描き始めた。




この聖母は、なんと柔らかく、さまざまな感情を含んだ微笑だろう。


楽しみながら仕上げよう。

感謝。



コメント

星屑よりちひさくなりて母老いぬかつてまばゆき言葉を浴びし

2018-07-30 21:20:49 | Weblog


星空に






感謝。





コメント

8月の風信子

2018-07-29 17:55:22 | Weblog

8月21日から、館山市内ヒロイギャラリーで個展をいたします。






立原道造の朗読と絡めて演奏するチェロは以下の曲目です。



心地よく、涼しい時間を差し上げたく存じます。

お立ち寄りください。


コメント

夏の雪静かに降りぬ青いこと皮肉にはせずとモナリザに言ふ

2018-07-28 15:50:38 | Weblog


青いモナリザ擱筆。




描いている間じゅう楽しかった。


次は何を描こうかな。渋い淡彩を楽しんだから、今度はポリクロームを試してみようかな。






感謝。



コメント

蒼ざめた迷路の壁に尖りたる釘見るごとき油照りかな

2018-07-27 16:31:35 | Weblog





台風が近づいている。


風音が荒い。



コメント

立ち停まる街を描きぬ波の音を鼓動に混ぜて君はいないよ

2018-07-26 21:50:31 | Weblog

青いモナリザを描き始めた。





好きなことに熱中していると、あっと言う間に時が過ぎてゆく。それは、とても幸せな時間だ。

今描いているモナリザの顔は、これまでの私の習作の中で、いちばんあどけない。10代の少女のようだ。気に入っている。


水彩にだいぶ慣れてきた。


午後から活花のお稽古、投げ入れ。







花に囲まれている時間も無垢で純粋だ。


良い日だった。


感謝。





コメント

夏の蝉空に溢るる待つことの豊かさのなかに少年少女

2018-07-26 07:39:59 | Weblog


蝉の声に。


今日も暑い。


良い日でありますように。





感謝。

コメント

天使なれば羽ばたき運ぶ空あらむ蝉しぐれ響く背筋伸ばしぬ

2018-07-24 22:10:56 | Weblog


蝉の声に。



ラファエルロ、1500年の油彩を水彩画で。






レオナルドとラファエルロの天使の顔を比べると、それぞれの画家の「イノセントー天使性」観の違いが面白い。


少年であり少女であり……またそのどちらでもなく。


感謝。


コメント

いつまでの夏なら黄金(きん)の輪の中の愉しさだけに浮かんでいたか

2018-07-23 21:13:01 | Weblog


向日葵に






今日の全てに感謝




コメント

蝉時雨ひしひしと聴くうら若き声に満ちたる無言館かな

2018-07-22 15:33:23 | Weblog

無言館を訪ねた。


まるで礼拝堂のような外観、そして内陣だった。


蝉時雨が建物を覆う梢から降りしきる。

















内陣のなかにも、声が満ち満ちている。


青春のさかりにひしがれた画家たちの声。



コメント

アルファポリス