雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

星の降るまで

2021-01-21 08:12:00 | Weblog

2019年 「未来」 12月







コメント

うららかに桜ゆめ見む命あるガラスの檻を楽譜となして

2021-01-20 20:30:00 | Weblog

 思いたって、3月半ば桜の季節に、チェロと詩の朗読をパフォーマンスすることにした。

 コロナ禍の事態がどうなるか不穏だが、それはそれとして、次の実りを考えながら、日々の楽しみを紡ぐ。現実、とはうまい表現だとわかる。うつつの生に実りを結ぶこと。

 朗読する詩は、安房詩人会の前原会長にご教示いただいた、尼崎四郎の作品を取り上げたいと思う。
 彼は立原道造と同年だ。関西人で、京大を中退したインテリだが、不器用な人生を短く、濃く生きた。
 多くないその遺作品は素晴らしいと私は思う。尼崎自身が生前にあらかたの作品を取捨してしまい、駄作も余作もない。

 




一兵卒として太平洋戦争に従軍し、激戦下を凌いだ彼の詩は、生死を凝視して冷たい内容も多々あるが、恋人への愛を歌った作品は、心がふるえるほど無垢で美しい。

 チェロを弾いている時、私はうつつを離れた夢を見ているのかもしれない、と思う。

 それに尼崎四郎や立原道造の作品を加えて、この疫病に苛まれる息苦しい世界に、純な愛の夢を広げてみようと思う。

 きれいな夢を。


 


 良い日だった。感謝。




 



コメント

木洩陽

2021-01-20 07:22:00 | Weblog
2020年  「未来」  1月号







コメント

巣籠もりのガラスを運ぶ月の舟どこへ行くにもまた明日奏でむ

2021-01-19 20:34:00 | Weblog

 今日もチェロ。

 バッハの魅力はすごい。引き寄せられて、腕が痛くなるほど疲れても楽器を構えてしまう。
 五十路という年齢を実感する練習だが、幸いにも私はまだ身体が柔らかいようで、今のところ、疲労が後残りしない。

 在宅で、家事を済ませて時間が余ればもっと弾きたいと思う。けれども、無理はしない。

 今年は無伴奏の3番まで仕上げたい、というのが、夢かな。3番全曲を、年末のクリスマスリサイタルに弾きたい。
 
 ほどよい能天気な目論見。
 


油彩「この子が欲しい」  F8号

良い日だった。感謝。

コメント

白磁と修羅

2021-01-19 09:19:00 | Weblog
2020年  「未来」 2月号







コメント

冬の海心つかみて吹き抜ける破らるるゆゑ禁忌とされし

2021-01-18 20:58:00 | Weblog
 夜の海風に。

 一応、アレマンドを鳴らす。これでだいたい1番の全曲を流した。まだ演奏とは言えないが、これから丹念に全部の音とフレーズを磨く。
 予想より早く1番が手に入ったので嬉しい。

 


油彩「ACCA」F0号

良い日だった。

感謝。



 
コメント

書棚と風景

2021-01-18 07:44:00 | Weblog
2020年  「未来」  3月号







コメント

夜空には亡き人あまたきらめきぬこの現世を鏡となして

2021-01-17 20:39:00 | Weblog

 星空を眺めて。外海に面した房総は空が大きく、空気が澄んでいるので、満天の星がきれいだ。

 まだオリオンが高く残っている。


 丸一日、ほぼ巣籠り。静かな日だった。

 感謝。

 


習作デッサン。鉛筆。

コメント

2021-01-17 09:05:00 | Weblog
2020年  「未来」 4月号







コメント

海の音が人の世界になだれこむ激しさばかりを許して恋ひし

2021-01-16 20:34:00 | Weblog

 夜風が吹いている。その音は海際だけにすごい。内陸では感じられないエネルギーがさかまく。今夜は穏やかな気候のはずだけれど。

 春先は、日ごとに寒暖のせめぎあいが激しい。それは、まるで人間の思春期から青年時代の有様のようだ。海の夜風の音がそのように聞こえる。

 今日も家事のほかはチェロに夢中だった。クーラントをざっと流してアレマンドに入る。これで無伴奏の1番を全曲流し始めたわけだ。

 たしかに、昔より上手くなった。何故だろう?
 練習時間は少なく、無理が効くほどの若さもない。ブランクあり、挫折あり、そのたびにボーイングと運指のスケール練習の原点から始めてきた。
 さまざまな思いを味わいながら、音楽への理解や憧憬は深くなったと言える。それが、バッハに接近できる理由だろうか。
 上手いとは到底言えないが、練習している時間は至福、に違いない。絵を描いている時間もそうだが、譜読みのために視力を惜しむので、今は絵を描いていない。

 こうした日常に感謝。

 


油彩「ゆふまどひ」F10号

ティツィアーノの「ヴィーナス」を模写したが、あちこち変えている。




 
 

コメント

アルファポリス