情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新たな水漏れか?と批判的に書くニューヨークタイムズ…書けない日本のメディア&木野氏支援詳細

2011-04-17 10:30:46 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 昨日の会見で、高濃度放射性物質汚染排水が流出していた2号機の配線ピット付近の海水の放射能濃度が再び高くなっていることが発表された。東電は、これをシルトフェンス(汚濁拡散防止水中カーテン)を設置した効果だと前向きな解釈を示した。そして、なぜ、横ばいではなく、高くなったのかについては、貯まっていた放射性物質が水流でまきあがったというような趣旨の解説をした。日本のマスメディアの多くは、その情報をそのまま流した。しかし、ニューヨークタイムズは、短期間に半減するヨウ素の数値までも上がっていることに触れたうえ、海面下での新たな漏れの可能性を指摘した。

http://www.nytimes.com/aponline/2011/04/15/business/AP-AS-Japan-Earthquake.html?_r=1


 今後の数値変化をまたないと確かなことは言えないが、現時点での分析としては、ニューヨークタイムズのような見方が普通だと思う。


 日本のメディアは、不況などで疲弊し、東京電力、そして、各電力会社が広告費を出し合っている電事連との力関係で圧倒的に不利な立場におかれている。おそらく、現場の記者が頑張ろうとしても本社からストップがかかったり、頑張って出稿しても採用されない状態が続いていると思う。

 批判すべきは、各マスメディアの経営陣である。無用な東電の謝罪CMを放送して広告料を得るなんて、本当に恥ずべきことだ。

 第二次大戦に向かうとき、新聞は、ペンかパンかを問われ、パンを選択した。その結果、悲惨な戦争に繋がったことは否定できない事実だ。

 いま、再度、ペンか、パンか、問われている…。

 ただ、幸い、インターネットが発達し、大手メディア以外のペンの存在が重くなりつつある。

 今回の東電事故取材で頑張っているペンの1人がフリーライターの木野龍逸さんだ。彼は3月17日から連日、東電の会見に出席し、従前の記者会見の内容と比較しながら、鋭い追及を続けている。

 フリーの木野さんは、定期的な収入はない。この取材を続け、ツイッターやブログで情報を発信している間、収入はまったくない状態が続く。

 そんな木野さんを支援したいという声が多数寄せられた。東電になんら配慮することのない立場から質問することができる木野さんの存在に期待する人が多いのだと思う。

 そこで、同僚が木野さんを支援する会を立ち上げ、支援金振込用の口座を開設してくれました。

 入金については、金額と都道府県名をこのブログで報告します。

 出金については、一定の額を生活費として木野さんに渡すことにしたいと思います。

 もし、余るような場合には、今回の震災の支援のために使いたいと思います。

 郵便局の振替口座です。
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)

 です。

 よろしくご支援ください。

 







 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 






   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被曝することが協力すること... | トップ | 東電が公表した工程表にはま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。