咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

日本馬のワンツーの偉業達成

2011-03-27 22:34:00 | スポーツ
 アラブ首長国連邦・ドバイの地において、日本時間27日2時35分発走(現地時間:26日21時35分)のドバイワールドカップが行われた。

 世界最高賞金レースのドバイワールドカップに日本馬の精鋭3頭(ヴィクトワールピサ、トランセンド、ブエナビスタ)が挑戦し、なっ、何と、何と・・・・ヴィクトワールピサ、トランセンドが最後の直線で叩き合い、M.デムーロ騎手が騎乗したヴィクトワールピサ(牡4、栗東・角居)が、2分の1差抑えて、日本馬のワンツーと歴史的な快挙を達成

 「東北関東大震災」で重苦しい空気の流れている日本へ、遠くドバイの地から日本を元気づける歴史的なレース結果という朗報が届いた。

 もの凄いことであり、特にダート馬のトランセンド(牡5、栗東・安田)が馬群を引っ張る形で、先頭を走りぬけ最後の直線では鞍上の藤田伸二騎手、安田隆行調教師とも一瞬勝ったと思ったとのこと・・・・。

 勿論、勝ったヴィクトワールピサは、昨年の有馬記念で大接戦の末ブエナビスタを下した日本の誇りであるグランプリホース・・・・・鞍上との息もぴったり。

 さすが、M.デムーロ騎手の好騎乗、好判断が随所に光ったレース。

 ブエナビスタ(牝5、栗東・松田博)は、後方から追走し勝負どころで再三にわたり前をカットされ、競馬にならなかったとのこと。

 そのほか、UAEダービーに日本から参戦したレーザーバレット(牡、美浦・萩原)は9着、ドバイシーマクラシックに参戦のルーラーシップ(牡4、栗東・角居)は6着に終わった。(夫)


[追 記]
<ドバイワールドカップ>◇26日=メイダン◇G1◇AW2000メートル◇4歳上◇出走14頭
 昨年の有馬記念の覇者ヴィクトワールピサ(牡4、栗東・角居)が好位から差し切り、日本調教馬として初めて世界最高賞金レースの頂点に立った。
 スタート直後は最後方に控えたが、スローペースを読み切ったデムーロ騎手の好判断によって向正面で追い上げ、逃げるトランセンド(牡5、栗東・安田)をぴったりマーク。最後の最後まで懸命に粘るトランセンドを半馬身かわし、昨年まで日本から延べ18頭が挑戦して成し得なかった悲願を達成した。勝ち時計は2分05秒94。

 ゴール手前でガッツポーズを繰り出したデムーロは「信じられない! いつもはいいスタートが、今日は良くなかった。バックストレッチでスローペースになったことがラッキー。いいポジションに付けられた。直線がすごく長くて、終わらないかと…。家族のみんな、ありがとう! 日本のみなさん、ありがとう!」と感涙にむせんだ。

 トランセンドが2着に残り、海外G1での日本調教馬ワンツーは07年シンガポール航空国際カップ(1着シャドウゲイト、2着コスモバルク)以来4度目。大震災に見舞われた日本の重苦しい雰囲気を吹き飛ばす快挙となった。3着は地元UAEのモンテロッソ。ブエナビスタ(牝5、栗東・松田博)は後方に置かれたまま8着に終わった。
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)



「左:ヴィクトワールピサ、右:トランセンド」(出典:JRA公式HP抜粋)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他








にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へにほんブログ村


クラブケイバ



コメント

第58回毎日杯・・・・この一頭

2011-03-27 14:46:40 | スポーツ
 福島第一原子力発電所で、26日夕方、3号機、1号機に続いて2号機でも中央制御室の照明が点灯したとの報道・・・・収束への第一歩、少しずつ光明が見えている。

 被災地の皆さんにとっては、まだまだ遠い道のりであるが・・・・・。

 
 さて、競馬の方の話に戻して、本日は阪神競馬場においてG1レースが開催される。ここは、追っかけ馬のジョーカプチーノ、キンシャサノキセキを中心にもう1頭のスプリングソングへ。

 そのほか、ダッシャーゴーゴー、エーシンフォワード、サンカルロあたりも絡めての3レンタンフォーメーションを購入済み。

 人気上位3頭にスプリングソングがうまく絡むと・・・・・うれしいけど


 さて、最終レースに組まれている重賞レース、[被災地支援競争]「第58回 毎日杯」を検討・・・・是非ともここで勝利し、クラシックで花を咲かせてもらいたい馬がいる。

 確か、U.リスポリ騎手の短期免許は、本日限りではなかったか。ここは、是が非でも最後に頑張って、ブエナビスタの半弟 ⑭トーセンレーブで有終の美を飾ってもらいたい。

 前走、最後の直線で中を割って先頭へ、上がり33秒3と最速の末脚でゴール板を駆け抜けた・・・・その時の0秒2差の2着馬ステラロッサが、昨日のスプリングSに出走して、スプリンングSを制覇したオルフェーヴルに0秒2差の3着。

 これから計っても、トーセンレーブの実力のほどが分かる。

 「前走でポテンシャルの高さを改めて示したし、重賞でも期待が大きい」と、コメントの池江泰寿師。


 相手筆頭は、前走のシンザン記念でオルフェーヴルを抑えた⑥レッドデイヴィス、1F(ハロン)延びる1800m戦は、0-1-0-0であり、母の父はトニービーンで中距離もOK。

 音無秀孝師も「能力的にヒケはとらない」と・・・・コメント。


 2週連続併せ馬でキッチリ伸び勝つなど、心身ともに充実してきたとの⑤スマートロビン、「時期的に毛づやがよくなり、筋肉がついて良化」と陣営が評価。


 そのほか、前々で競馬しどこまで踏ん張れるか⑬サンビーム、鞍上は前日3勝と上向きの佐藤哲三騎手、ディープインパクトの産駒の1頭③コティリオン、3走前のラジオNIKKEI杯では、0秒1差3着と実力の一片を見せている。

 距離延長も問題ないとのジャングルポケット産駒の⑯カルドブレッサ、新馬戦で実力の片りんを見せた⑨エチゴイチエ、先週は調教評価8点、今週も7点計上。


予想レース


 阪神 12 R ⑭ ⇒ ③⑤⑥⑨⑬⑯ ⇒ ③⑤⑥⑨⑬⑯  3レンタン30点。

    ウマタンなら、⑭ ⇒ ⑨⑬⑯  が面白い。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)


 参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



「スリット写真・・・有馬記念」








にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へにほんブログ村


クラブケイバ


コメント