松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

STAP細胞で可能になる、SFの世界

2014-01-30 09:47:06 | 日記・エッセイ・コラム

5年がかりで、やっと認められた万能細胞。すでに可哀想な人生です。

でも、そういうアカデミズムに邪魔されて、こんちけで(秋田弁です)

人里離れた山奥で、ひっそり研究にいそしむ人を「マッドサイエンテスト」

と呼びます。

P1232406


こういう人は案外、昔から存在したのかも知れませんよ。例えばコナン・ドイル

の「失われた世界」の中の「ドクター・モローの島」のように。

忘れた頃に話題になる「UMA」未確認生物は、案外そうやって生まれた

可哀想な半獣半人なのかも知れません。

このSTAP細胞は、iPS細胞と違って胎盤にもなれるという。

ということは、受精卵の状態まで戻った自分の細胞から、

もうひとりの自分ができる可能性を示している。もちろん人道的な

問題は別にしての話。そこまでのステップは、何段階か問題が

あるようだが、もちろんSFとしての話だ。

そうすると、魂の移植ができるならば、永遠に若返った体を次々

乗り換えて生きていくことが可能となる。これが「非(ナル)Aの世界」の

ギルバート・ゴッセンとなるのだ。いやー、昔読んだSFが、俄然、現実味

を帯びてまいりました。

それと別に、細胞に刺激を加えると若返るという性質。これも重要な意味

を持っていますね。生体内でこれが可能となれば、上のような、まどろっこしい

操作すら必要無くなります。この考えを進めていくと、平均年齢3000歳の

超高齢社会が出現します。どの人も自分の得意分野を徹底して研究する

ことができます。その結果、平和な社会が訪れるかどうか。SF小説では

そううまくはいきません。そろそろ死んでみたい、と思うかも知れません。

そもそも魂の成長が目的なので、輪廻を繰り返した方が速く、次の

ステップに進めるのかも知れません。

別の副産物も考えられます。中には、にわとりが原子を変換できるように

カルシウム以外の物質からカルシウムの殻を作るように、

今有害な放射性物質を、無害な安定した元素に変換する技術が

生まれていることでしょう。

そういう楽しい夢を、どうせなら

観ようじゃ、あーりませんか。

コメント

中国と韓国が、横槍を入れてきた時のイライラ解消法

2014-01-29 08:12:15 | 国際・政治

P1232412


その前に、きのうのいいともに出た、ギバちゃん、途中から見ました。

刈和野大綱引きの、ミニ版の綱を持参で説明してました。

最初を見てないので、男綱(おづな)と女綱(めづな)の説明があったか

どうか分かりませんが、そこが大事なところです。めづなの輪に、おづなを

通すところが、肝心なところです。日本の伝統的な行事というものは、

少なからずエロスの香りが残っているものです。それは豊作につながる

ものだからです。元気がないと、野良仕事もできませんからね。

そして、秋田では今、何をしているかと聞かれて、毎日雪かきが日課だと

答えてました。それも日に何度も。子供たちの通学のためならば、朝早い

のも、苦になりません。親というのは、そういうものです。

P1232410_2


もう一つその前に、海江田の国会質問はひどかったなあ。まるで、お隣の

国の代弁者のようだった。中国と韓国なら、こう言うだろうと思える

ことを、延々と演説していた。同じ国内でああいうのがいると、国賊

と言いたくなる。彼は名前が良すぎる。「沈黙の艦隊」の艦長と同じ

名だ。それに万里が付く。海江田万里。かっこ良過ぎ。名前負けか。

P1232417


おまたせ。で、またもやNHK会長の就任会見に対して、隣国の横槍が入った。

当然入るだろう。降って湧いたチャンスだもんね。しかしノーコメントと

一旦、言っておきながら、スラスラ口をついて出た会長も悪ノリだが、

質問者の質問も、どうかと思うよね。いきなり就任会見で思想を

チェックするんだもんね。

加えて、尖閣・竹島の教科書記述に関する、いちゃもん。

こういうイライラした時はボクは、右翼のチャンネルを見る。

保守なんとか、や大艦巨砲がどうとか言うサイトだ。

すると日本の海上自衛隊の実力は、世界の5本指に入るとか、

アメリカを除いたら、そこそこいいところまでいけるとか、

核は使えない現状で、通常型潜水艦の最新型の潜水能力のことや

静寂性や、その最先端技術の数々。

うっとり、してしまいますね。同時に隣国に対してある種の優越感を

覚えます。こんなこと書くと、首が左に傾いた人は、危険な軍国思想だ

なんて、言い出すことでしょう。構いませんよ、それで。

皆、それぞれ考え方が違うのが民主主義でしょうから。

でも、自分の国を、伝統を、おとしめるやり方は、

なしに、しましょうや。

コメント

裏日本で、天気の変化を楽しむ。

2014-01-28 10:08:08 | 日記・エッセイ・コラム

14012806


去年までは、太平洋側の晴天が、ねとましくて散々イヤミを言っていたが、

今はそれすら楽しめる。

20140128083002


気象庁レーダーナウキャストだ。典型的な、前線による雨雲の様子だ。

9時ちょうど位に通過するようなので、楽しみに待っていた。

500hpa_01


上空の寒気は、雨か雪か微妙な境界線上にある。おそらく

雨だろうと思っていたら、カミナリと共にみぞれが降ってきて、それが

雪になった。しかし今は雨が降っている。

ゆうべのテレビタックル、見ました?。今は氷河期の真っ最中だと考える

学者さんが、気象学者と石原環境相を相手に、孤軍奮闘してました。

異常気象は氷河期初期の特徴的な現象で、つまり大気が冷えても、

海水の温度はすぐには下がらない。その差が大きくなるから、大気が

不安定になる。なるほど。

2020年頃から地球は気温が下がり始める、そうな。なに?それは

オリンピックの年ですがな。

地球の平均気温の変化はCO2が原因ではなくて、取り巻く雲の影響が

断然大きいという。雲というのは「水蒸気」と同じ意味だ。

太陽活動との関係で、雲の量が増えたり減ったりする。

雲が多いと、光が遮られて、地上まで達しない。

さて、あなたはどう思いますか。

 

テラスハウスは、展開が速くなってきました。りなてぃがいきなりの

退去宣言。先週の録画を消さないで良かった。あれは別れの曲だったのだ。

それがみんなに伝わって涙となったのだなあ。

小貫智恵ちゃんはすっぴんで、ぐいぐい来るね。ニットの胸強調の登場の

仕方が、計算高いとかいう人もいるが、秋田の人間は素朴です。

そんな関西風の人はいません。

コメント

剛力彩芽の演技力に、大女優の予感

2014-01-25 08:12:49 | テレビ番組

P1232409


週末で、金曜夜遅いドラマだから、あんまり見ている人少ないと

思いますが、「私の嫌いな探偵」で玉木宏と演じる剛力は、

ちょっと注目したい女優です。

ドラマ自体は、コミカルさを徹底追及した、どうでもいい、展開なので

かえって剛力彩芽に集中することができます。セリフの意味なんかどうでも

よくて、ただ、彼女の表情、そしてコケティッシュさを徹底追及した

玉木とのカラミ。これを堪能できます。先週、眠い目で何気なし見たの

ですが、剛力の意外な演技にびっくりしました。大げさなリアクション。

大げさな表情。大げさなセリフ。しかし、これをこなすには相当な経験が

普通は必要なはず。なんで、ぽっと出の彼女にそれができるのか、

非常に興味があります。日常の友達との会話、そのもの、と言って

しまえば、その通りなんですが、これを演じるとなると話はまた別です。

いきなりこんな演技をしてくれるとは、驚きです。

初回の視聴率10%だったそうですが、この1点に注目して、

見る価値、あります。さあ、みなさんで視聴率上げましょう。

  ps.ぽっと出なんかじゃなかったですね。2007年、女優デビューで

    IS:男でも女でもない性というドラマに出てたね。あれも印象的だった。

コメント

「カンブリア宮殿」が長く続くわけ

2014-01-24 14:12:00 | テレビ番組

P1232423


今の日本を元気づける番組は、いろいろあると思うが例えば

NHKのクール・ジャパン。各国の人達がクールな日本をレポートし、

みんなでクールかどうか判定する。この前、「漬物」についてやっていた。

海外ではピクルスくらいしか種類がないのに、漬ける野菜の種類や野菜以外

にもあり、味付けの仕方も塩から味噌、醤油さまざまあって、そのバリエーション

はクールだということだった。真っ先に食べたくなったのが、京漬物のお茶漬け。

米を水に浸すのは、おかゆくらいだと中国人の女が言う。あいつはいつでも

一言反論をかます、いかにも中国らしい女だ。負けず嫌いというか、何しに

来てるんだろうと思う。日本を持ち上げる企画なのに。

この企画もそろそろ飽きてきた。もう限界だろう。

もう一つ、限界に近いのが「ガイアの夜明け」

いつまでもトレンド俳優の江口洋介の語りが、要らない気がする。

これも飽きてきた。どっかで1回取り上げたものを放送している。

ガリレオや地球アステク、なんてのもあるが、地味に頑張っている。

何と言ってもカンブリア宮殿だろう。未だ、ふーんと唸る企業が出てくる。

前回の「浜松ホトニクス」もそうだった。

P1232418


ホトニクスのホトの使い方がにくい。普通はフォトだろう。

〇〇ボデーという板金塗装の修理屋があるが、同じ発想だろうと

思いきや、多分そうじゃない。ホトで反応した方は「古事記」に精通して

いらっしゃる方だろう。社長さんもそうではないかと、勘ぐったりする。

古事記には割と多く、「ほと」に関する記述が出てくる。それほど神話と

性は根源的な結びつきがあるのだろう。

無駄話が多くて、なかなか進まない。悪いくせだ。司馬遼太郎のまねして、

本論に戻る。この会社、自動車部品を納める会社だが、ただの下請けとは

違う。「光に関する研究」を行う最先端企業だ。

今、CMで盛んに見る、「障害物を発見して止まる技術」に使われる光センサー

を供給している。しかし、トヨタあたりを頂点とする三角形の末端にいるのではなく、

逆三角の頂点にいる。浜松ホトニクスが開発した製品は、車以外の医療、バイオ

その他あらゆる産業に可能性がある「光の種」を研究している。

その最たるものが、カミオカンデの「光電子増倍管」だろう。

あのずらり並んだ、目玉のお化けだ。

セルンでヒッグス粒子を発見した、心臓部に使われたのも同じものだ。

これで驚いてはいけない。(いいけど)。年間10億円の研究費を

毎年つぎ込んで、30年、レーザーによる核融合の実験を続けてきた。

短時間ではあるが、10の4乗回、核融合反応を起こすところまできた。

国家予算に頼らず、自分たちで夢を追いかける。このポリシーがいい。

さて、この写真だが、ピントを合わせるのがしんどい。安いカメラだから

同じ赤外線センサーでも、別の会社のものかも知れない。

車の場合、1秒間に5万回レーザー光を出して、反射した光を拾っているそうだ。

つまり1秒間に5万回、光の往復する時間を測っているそうな。

これを驚異的と言わずして、何をいう。てなもんですわな。

それで結論:もっといいカメラが欲しい。

コメント