松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

ヒョウを降らせた雲

2017-09-30 19:21:40 | 日記・エッセイ・コラム

 午後1時頃、新屋方面で15分にわたってヒョウが降って、一面真っ白になったと、映像がニュースで流れた。

 その頃、空を見ていて、見慣れない怪しげな雲が流れて来たので撮影していた。

 まるで雲の底が沸騰しているような、ボコボコと凹凸を繰り返し、こっちにやって来る。

 龍が泳いでいるような、ダイナミックな雲の流れだった。

 色気を出してフィルターを掛けてみた。これが多分、新屋にヒョウを降らせた雲だろう。

コメント

抵当権抹消手続きを、自分でやってみた。

2017-09-29 07:00:14 | 日記・エッセイ・コラム

 住宅ローンを完済して、抵当権を抹消してもらうのを銀行に任せると、1万4千~5千円掛かるそうな。ネットで見ると1件につき手数料1,000円で済むらしい。

 妻が、あなたはこういう事務得意でしょうとおっしゃる。それで勉強した。

 なるほど大したことはない。申請書の様式は法務局のページからダウンロードできる。多少慣れない字を書くことになるが、これがおっくうだ。住宅の構造が「木造2階建て何とか鋼板葺」なんて書くのだが、葺きなんて言葉を書いたことがない。案の定、ミミズが這ったような書類になった。

 それでも法務局の受付が若い女性で良かった。前に仕事でお邪魔した時の印象が良くなくて、めんどくさい思い出しかない。

 彼女は顔色ひとつ変えずに書類を見てくれた。印紙を貼る紙を1枚追加してホチキスで閉じ、割り印をどうぞとやってくれた。同じ階で印紙を2,000円買い、貼って戻る。2千円というのは、土地と建物で2件になるからだ。

 すんなり行き過ぎて実感がない。もっとも不備があれば、あとで電話が来る。

 浮いた1万円で、カニでも買おう。

 となるはずがないだろっ。現実は。

 

 ps. なにも手書きする必要無かった。バカみたい。わざわざ、一太郎とワードで載っているのに ね。さすがオレ。まだ頭に膜が一枚かぶっているようだ。

コメント

小池劇場、始まる。

2017-09-28 07:49:15 | 日記・エッセイ・コラム

 小池さんは、自民党の嫌がることを、徹底してやったらいい。

 自民党が絶対出来ないことを、政策にするべきだ。

 改憲で安全保障見直し。いいですねえ。日本の地位が低い、地位協定。改善すべき。

 女性の武器も使ったらいい。女性宮家の創設も盛り込んで欲しい。小林よしのり氏が後押ししてくれる。

 安倍さんに引っ張り出された格好だけど、今がチャンスと捉えているかも知れない。風はこっちに吹いている。

 小泉劇場の第二弾が見たい。政権、取るまで。頑張って欲しい。

 今、保守ってどういうことか、説明できる人がいるだろうか。案外サヨクが日本を守れるのかも知れないじゃないか。そう思えてきた。弱者の味方は、誰なのかな。

コメント

ストーブ、点火!

2017-09-27 08:21:34 | 日記・エッセイ・コラム

 三日くらい前から、朝方寒くて暖房が欲しいなあと思うようになった。外気温で15度くらい。遅く起きる妻には関係ない。日が差しているものだから、窓全開放で掃除機をかけている。

 今朝、小型のFFストーブを部屋に入れて初めて点火した。タンクが満タンになっていた。その暖かさのなんと快適なこと。

 朝からエンジン全開で、動ける。冷えた体はなかなか動いてくれない。でも暖房で暖まった体は、そのまま外へ行っても支障なく動く。

 なんで我慢していたんだろう。損した三日間を返してくれっ。

 三日前というと、彼岸の中日あたり。自然はうまく出来ている。

コメント

小林旭、自動車ショー歌。

2017-09-26 15:42:26 | 日記・エッセイ・コラム

 何の拍子にか、出し抜けに小林旭の自動車ショー歌を思い出したんです。

 それで真面目に聴いてみたら、意外とイケました。今でも十分通用すると思います。と言うか、誰かがカバーしたら確実ヒットすると思います。

 それでなんで今まで皆さん、放って置いたのかと思いました。多分、歌詞に難があるのだと思います。いきなり「あの子をペットにしたくって」ですからね。女性の権利を主張する団体に、すぐにクレームをもらうと思います。

 そんなもん、怖くてやってられっかい。って思う人がいれば、世に出て来るはず。それほど洗練されています。あの当時、小林旭の歌はヘタだと思っていました。なんのなんの。茶目っ気たっぷりで、結構上手に歌っていますよ。

 明るい曲だし、テンポも軽快。今でもウケると思うんだがなあ。

 いっけねえ、まだお元気だったわ。どおりで誰も手ー付けねえわけだ。

 

コメント