松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

はやぶさⅡの、ここが凄い。

2018-06-30 08:09:22 | 日記・エッセイ・コラム

 はやぶさⅡが、リュウグウに到着したというニュースを見た。

 リュウグウから20km手前の上空に到達して、それが到着なんだそうだ。で、疑問に思った。普通なら重力のある星の引力に引っ張られるから、黙っていても進む。しかし小惑星は、そうもいかない。

 ミリ単位の精度で、1秒間に1cmの速度まで落としたのだそうだ。これをもって到着と表現する。確かに、1cm以下ならミリ単位と言える。プロジェクトマネージャーの津田さんは、喜びをかみしめる。

 そうだよなあ。ブレーキを掛けて止まることが、どれほど大変な作業か。10回目の軌道制御は、徹夜だったそうだ。

 自分の位置が、どこにあるのか。「非常に神経を使った。軌道の推定作業も運用も間違えれば大変なことになるので、何度も確認を重ねて進めた」

 それが例えば、ブラジルにいるトンボを落とす、という表現になる。これは私のオリジナルですけどね。

 そのくらい凄い!しかも無傷で。

 このプロジェクトはね、もっと評価されていい。

 サンプル・リターンで石を持って帰って、

 それが太陽系の起源を解き明かすことになったとしても、大したことではない。

 宇宙小国の日本が、探査機をこれぐらい制御できることの方が、凄いと思う。

コメント

あじさい寺の、観光地ぶり。

2018-06-29 14:52:52 | 日記・エッセイ・コラム

 男鹿の雲昌寺です。驚きました。

 何がって、1年でこうも変わるものなんですね。

 それは副住職の17年間の努力もありましょうが、何といっても2017年の絶景に選ばれたのが大きいのでしょう。すっかり観光地です。人の多いこと。

 モデルを連れてくるとは、うらやましい。

 関所で一人300円取ったら、100人で3まんえん。協力費としては十分ではないでしょうか。200円でもいいと思うな。商売じゃないんだから。きょうの感じでは、午前だけで100人は来たでしょう。ああ、受付の建物ね。あれも協力費に入ってるか。

 もう寺の駐車場には上がれません。ババヘラやなんやらで使われています。下の臨時駐車場から歩いて来ます。

 近くにハタハタの北浦漁港があるほか、さしたる名所のないのが残念です。ボクらは男鹿駅とその隣の観光案内所の、看板取り外しと自販機撤去の様子を見て来ました。長年、終電車で帰った駅舎がいとおしいです。

コメント

取材を受けた日

2018-06-27 09:32:10 | 日記・エッセイ・コラム

 だいぶ前で時効なので、思い出したついでにバラしましょう。去年の12月のある日、北朝鮮の船が座礁して漂着したことがありましたね。

 船の中からは遺体が出てきたりするので、近づけば警察沙汰になります。実際、後から来た警察に身元を確認されました。正直に名前を言いました。そう言えば昔、職場でガス爆発事故があった時、調書とともに指紋を取られたこともありました。犯罪者じゃないので構いませんが、いい気分なものではありません。

 さてこの日、取材に来たのは秋田朝日放送の記者でした。彼らも警察(海保?)の見分が終わるのを見守っています。見分が一段落して、記者が近づいてきます。いろいろ雑談のようなことをしゃべっているけど、相手が待っている答えを、オレがしゃべっていないらしい。それで誘導尋問のように、そりゃ怖いですよと標準語で答えた。「おっかねえよなあ」それだけ映った。2秒か3秒。

 良く言われるが、自分では標準語のつもりだが、訛ってると言われる。これは役所勤めのせいなんだ。「んだスな」「~してもいスか」

 夕方ニュースの時間、ドキドキしながら録画して見ていた。6時15分に始まってわずか1分後にいきなり登場した。逆光だったので、あの一瞬でオレと分かった人は居なかっただろう。カメラマンが逆光のままで撮っているのを、いいのかなと思ってしゃべっていた。

 さいわい、そのあと誰からも言われなかった。野次馬で見に行ったのが、バレなくて良かった。

コメント

ダッシュボードが、暑いっ。

2018-06-26 15:09:25 | 日記・エッセイ・コラム

 夏場になると、車で外出がおっくうになります。

 私には人に言えない悩みがあるからです。それは座高が高い事。

 妙に顔だけ良く焼けるなあと思っていたら、それは顔面にダッシュボードの照り返しがモロに反射してくるせいだった。背の低い妻は、何も感じていない。

 それではっきりした。ひらめくと、居ても立ってもいられない。カー用品の店にすぐ行こうとした。ダッシュボードマットなるものがあるらしい。しかし照り返しを謳った商品は無い。ダッシュボード自体を、照り返しから守る説明文は見つけた。でも人間を守るのが無い。やっぱりオレは普通の地球人じゃないらしい。

 良く考えてみると、タオルでいいじゃないか。白くも黒くもないタオルを敷いてみた。チェック柄が邪魔になるし、おまけに外が見づらい。

 100均でナイスな色のバスタオルを見つけた。200円。幅がちょうど良い。景色もまあまあ邪魔にならない。

 やってみて効果があることが分かった。エアコンが良く効く。おまけに帰って来て、顔を洗いたくならない。それほど焼けてない。

 またひとつ、かしこくなってしまった。どうしよう。

 とっくに気が付いているって? あーら、ごめんあさあせ。

コメント

早起きは、するもんだ。

2018-06-25 07:33:46 | 日記・エッセイ・コラム

 セルビア戦、頑張りましたね。私は寝不足が怖いので、寝てました。

 すると3時過ぎ、目を覚まして結果が気になりパソコンを起動しました。

 引き分け?ゼロゼロか?いや2対2、おーすごい。2点も入れたんだ。テレビで見たら最初の失点は、キーパーがはじいて、たまったまそれが相手に当たって入った。あれはたまたまですよ。キーパーの判断が悪いわけじゃない。と思いたい。

 提案ですが、キーパー、替えましょ。厄を背負った人間って、現れるんですよ。ツキを呼ぶためには、そういうことは大事です。人情が挟む余地はない。

 早起きはするもんですね。菖蒲園、太陽はまだ顔を出していませんでした。

 そこから日が差して見たこともない光景が出現しました。

 逆光で、きらめく菖蒲を撮れるチャンスは、そうあるものではありません。

 朝の雰囲気を感じてもらえたら、いいですね。

コメント