松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

火星は赤かった

2018-07-31 13:35:17 | 日記・エッセイ・コラム

 月食の日、ちょうど眠れないので時々空を見ていた。

 零時半ごろ、まだ雲が薄く、全体が見えていた。月食の始まる3時半には、もう空に居なかった。その後も晴れることは無かった。

 しかしモニターでは、くっきり赤く写っているのに、色が出ていない。それはいいとして、バイキング1号が初めて火星から画像を送った時、空は赤かった。あれはNASAが、最初は青い空を、操作して赤く変えたんだというウワサがずーっとある。

 でも宇宙から見ても、赤いよなあ。地球の大気を通したからって、色が変わるかなあ。やっぱり赤は赤なんじゃないだろうか。

 その日、朝。日の出前の空は、見応えがあった。空全面、赤かった。

 話変わるけど、校閲ガール、石原さとみ、始まりましたね。このドラマは好きでした。だから全部録画しようと思います。タイムリーですしね。

 あの子は、彼氏と過ごした翌朝は、仕事に集中できるらしい。誰でもそうかも知れないけど、そういう目で、再放送を見ている。途中のCMが気にならない。とてもうまくCM明けを利用していると思う。

 きょうの気温30度が、とても楽に感じる。猛暑日連続、熱帯夜連続のあとでは、そう感じるのか。感覚がバカになったのか。いづれ盆に墓参り行ったら、分かるだろう。

コメント

水着コンテスト2018・その2

2018-07-30 10:33:53 | 日記・エッセイ・コラム

 この人は水着に込めた三種愛が、すごかったです。メロンの緑にジュンサイで、ヒラヒラしたのが何だっけな。

 8番の彼女は、エキゾチックな顔立ちでした。足が太いなあと、言わない男が好きだそうです。

 9番と10番は、姉妹で参加です。

 背が高く、しぐさも似ています。

 娘二人のお母さんは、縄跳びが得意で二重飛びを始めますが、力があり過ぎて縄が飛んで行ってしまいました。

 ツートーンカラーの彼女は毎日、釜谷浜に来て焼いているそうで、その成果を自らお見せするというので一同、目が皿のようです。

 これはかなりアピールポイントが高かったので、きっと何か賞をもらったでしょう。

 最後の方は、農業女子でお父さんが亡くなって田んぼを継ぎ、300人以上の顧客があるので、作付けを増やす計画だそうです。

 順位は分かりませんが、あとは金田議員や橋本五郎さんが審査したので、みなさんが考えている通りだと思います。

 みたね町から、たくさんエントリーしているのを知って、地元の活気を感じました。

 こういうイベントで知名度が上がって、みなさんに来てもらう。いい循環が出来つつあることを実感します。

コメント

サンドクラフト水着コンテスト2018・その1

2018-07-29 16:21:33 | 日記・エッセイ・コラム

 秋田市もついに猛暑日の仲間入りしました。これを知っていたら、出掛けなかったと思います。ほとんど記憶がありません。三種町の彼女で、第1回目から見ていて、ずっと出たかったという人が誰だったか、思い出せません。

 アシスタントのサンドマンさんは、早い段階でギブアップして退席してしまいました。

 私は最後の一人まで見ましたが、採点の頃は脱出していました。

 車まで、風車2台分歩きました。それよりもきつかったのは、車内の熱が取れなくて、シートにもたれることが出来なかったことです。

 と言いながら、エピソードが浮かばない方は、スルーしていきます。

 この方はスポーツウーマンだったと思います。メロンマラソンの5kを走ってきたあとだと言ってました。

 この人は、開脚を見せた割に、体を動かすことは苦手だそうです。

 今回は地元出身者が多かったと思います。三種町愛があふれていました。あとは秋田市方面とか、仙台、青森の方もいましたが、誰が誰やら分からんわ。

 生きて帰っただけでも、もうけもんだと思います。

コメント

追分夏祭りの人々

2018-07-28 18:34:36 | 日記・エッセイ・コラム

 開始の午後3時。うちの気象台の温度計が34度を指していた。大体一緒ですよ。木陰で計ってますから。絶対無理だ、と思って家にいた。

 4時半、日が陰って、いい具合になってきた。でも33度ある。屋台の焼きそばが、今日の晩ご飯。ひげのマスター、ポニーテールの焼きそばにする。

 女性は、ポニーハワイアンズのメンバー。

 じっくり、宴会にいそしむ人たち。

 金足農業高校の出張販売。

 舞台に合わせて、踊る女の子。

 ババヘラアイス、健在。

 なんとかショー。これには、ついていけない。

 スナックのママ。

 間違いない。夏だ。

コメント

子供は静かに溺れる

2018-07-27 08:24:32 | 日記・エッセイ・コラム

 子供は静かに溺れる。さもありなん。まず空気を吸うのが先だ。助けを呼べる元気と余裕があるなら、自力で簡単に脱出できる。

 私は心臓の発作が起きる時、助けを呼ぶことが出来ない。そんな無謀な賭けはしない。酸素を吸うだけで精一杯。呼吸も満足に出来ないのに、大きな声が出るわけない。妻は、いつものことだから気にも留めない。30分格闘する。妻の鼻歌さえ聞こえてくる。二重苦三重苦の環境。まあAEDの必要な発作じゃないそうだから、死ぬ心配はないんだけど。

 きのう、気象台から高温注意情報が出る中、アスファルトの海を泳いで渡った。あそこは宇宙空間にも等しい。

 秋田駅まで1km弱なんだが、妻を整形のリハビリに届けて歩き始める。すぐに水を持ってこなかったことを後悔した。一応ドリンクを余計目に飲んで出発したのだが、駅まで持つか心配になった。心配になると心臓も弱気になる。

 知らずに猫背になっていた。空威張りで胸を張る。これで楽になった。心臓が大丈夫と言っている。途中のローズマリーを初めて素通りしてしまったが、信号のなんと長いこと。NHKが見えてきた。

 アルヴェに到着。すぐにトイレに向かう。髪の毛を濡らし、首のタオルを冷やして、若干正気を取り戻す。それから飲み物だ。ポカリを買ってミネラル補給。アルヴェは座る所がなくて、小学生で満員だった。ジオパーク体験のイベントだ。それでNHKに入る。ここで座って、体力回復をはかる。中川安奈アナがおやつでも買いに出てこないかなあ、なんて考える。

 駅の東西連絡通路は、直射はないものの暑かった。こんな所で座っている人もいる。元気だなあ。

 そのままフォンテ秋田の2階へ入る。冷たい空気は呼吸が楽~っ。5階の書店をぶらぶらしたが、欲しい本はない。

 帰りも風呂上がりのように髪を濡らし、背中に太陽を浴びながら一気に帰ってきた。頭さえクールならば、体はなんとかなるもんだ。

 今季一番の宇宙空間を克服したぞ。

コメント