松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

退位容認論、一体誰が容認するんだろう。

2016-11-30 16:06:39 | 日記・エッセイ・コラム

 陛下の退位容認論って、どんだけおごり高ぶって、上から目線で言えるんだ。退位を容認するって、だれが認めてあげますと言えるの?

 2年の猶予をもらったのだから、急ぐ必要はない。もっと議論を深めなくてはいけないでしょう。

 2年かけて、まとまらないものは、永久にまとまらない。

 国民の総意に基づくからって、まさか代議士の代表? あべさん? それはまずいでしょ。

 

 生まれ変わって、と言えば大げさだけど、4日目。今までいかに6時間という制約の中で生きてきたか、良く分かった。前の4時間は、活動できる時間。あとの2時間は、おとなしくしている時間。制限の撤廃って、気持ちいいものなんですね。

コメント

反省しています、常習者です、サプリの。

2016-11-29 15:55:25 | 日記・エッセイ・コラム

 ASKAはともかく、私はヤクをやってません。きのうより楽です。前回デパスを絶った時は幻聴が出ましたが、今回はありません。

 ひどかったのは自分の腹から、きつーい匂いがして、それが鼻毛に移ったのか一晩中、薬品のような刺激臭が文字通り鼻を突いたことです。食欲がないから、昼を抜いたんです。軽く胃がやられたのでしょう。

 ゆうべは9時に電気消して寝ようとしました。断続的に睡眠が取れました。

 しかしこんなに軽く済むとは考えもしませんでした。あとはリハビリを頑張るだけです。つまり晩酌とか散歩とか・・。

 最後に飲んだ時間を、常に気にして、思い出す努力をしなくて済むのは、とても楽です。

  さっそく、ひと仕事してきました。書いている途中で、近所の奥様に呼び出されて、犬のウンチの写真撮って来ました。見ますか?要らない?あら残念。いい状態なのに。

 いつも家の前に置いて行かれると、Sさんに相談されました。そうなんです。苦情処理も町内会長の仕事です。常識がないのは、犬なのか、人なのか分かりませんがね。

 何もしなきゃ納得しないだろうと思って、一応角度を変えて3枚程、写真を撮るふりをしてきました。

コメント

脱「デパス」チャレンジ中、シャブではありません。

2016-11-28 15:02:01 | 日記・エッセイ・コラム

 「振り返ればヤツがいる」を見ています。主題歌は「YAH YAH YAH」です。貴重だと思いませんか。

 ちょうど今、ヤクからの脱出をチャレンジ中です。最後にヤクをやったのは、おとといの午後10時。ゆうべは結構つらかったです。

 心臓から体全体にドック・ドックと波動が伝わり、眠れません。時計を見たのが2時半ごろ。わずかに眠ったようです。その後もうつらうつら。4時過ぎ、時計を見ました。朝方少し眠ったようです。動悸も小さくなりました。

 でも一枚、薄皮をかぶったような、半分寝ぼけた状態が続いています。薬を飲んだら、楽なのに、と考えます。それでもチャレンジするのは、鼻を取り戻したいから。

 香りが分かりません。デパスは神経を鈍くする薬なので、特に鼻に顕著に表れるようです。せっかくの菊の香りが分かりません。今年は夏の朝顔の匂いも感じませんでした。

 今は回復しつつあるのです。ゆうべの発汗に伴う、布団の中の匂いが良く分かりました。

 今回は、心臓のほうが持ちそうなので、もう少しねばってみます。

コメント

夢の中で、聴いている音楽。

2016-11-27 15:02:21 | 日記・エッセイ・コラム

 おとといの朝、起きた時、頭の中で或るメロディが鳴っていました。それは「ガラスの部屋」でした。ケヴォレクェスタムジカ スタセーラ 

 このいわくつきの映画は実際見ました。馴染の曲ではあります。カセットにも入っています。

 きのうは吉田拓郎でした。「ふるさと」

 そして今日は、やはり古い曲でしたが、NHKのニュースの時間に近田アナが歌いだすものだから、すっかり新沼謙治の「津軽恋女」に置き換わってしまいました。

 雪の分類をしている、気象の話の最中の出来事です。♪津軽には七つの雪が降るとか~。

 私はラジオを掛けたまま寝たりしないし、早朝に何かの音源がある訳ではありません。だから一体どこから出てくるのだろうと不思議です。

 多分音楽も夢で見る(聴く)のでしょう。或いは単なるBGMとして、流れているのかも知れません。夢にルールはありませんから。

コメント

かわい農場へ、北帰行。

2016-11-26 16:42:19 | 日記・エッセイ・コラム

 ショッピングを兼ねて、森岳近辺までドライブです。

 ここは内部撮影禁止なので、購入したものだけ披露します。

 かつて森岳温泉と言えば歓楽街で、ボーリング場付きの丸〇ホテルを良く利用しました。

 飲んで、200UPしたこともあります。フィリピンあたりから出稼ぎの女の子がたくさんいた頃は、楽しかったです。宴会場でのショーや、空き時間に一緒に記念写真撮ったり、バブルサイコーッ。

 石倉山経由で上岩川方面へ向かう途中、展望台から西を望むと、大河のような八郎潟東部承水路の向こうに大潟村、さらに男鹿の山々があります。

 上岩川は、なぜか行きたくなる場所です。

 看板や石碑が気になるのかも知れません。

 しかし鎖に繋がれた犬には騒がれるものの、人間は全く出て来ません。

 さびしさや 岩に染み入る 犬の声 

コメント