松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

水心苑の紅葉。ほぼ終わりに近い感じがした。

2013-10-29 15:48:20 | まち歩き

Pa291697

晴れ男だから、出かけると青空が出てきた。きょうは関東は天気が悪いはず

だから、こういう日は気分がいい。仙台の寒さをバカにした報いだと、思えばいい。

Pa291692


水心苑は、葉が落ちた木々もあり、紅葉も終わりに近いという

感じがする。風で飛ばされたからか。

Pa291694


その中で、古都京都の秋を彷彿とさせるモミジがある。

それもそのはず、設計は大阪万博の日本庭園を手掛けた田治六郎氏

の遺作だそう。

Pa291695

空を見上げた。二重の意味で気分がいい。

Pa291696

何気なく普段から享受しているけど、価値ある財産だと思う。

Pa291701


この前、嫌な思いをした広場だ。しかし今日は落ち葉を踏みしめて歩く。

子供のように、かき集めて、空に思いっきり飛ばしたい気分だ。

コメント

朝の散歩、家から5分の森の秋

2013-10-28 10:01:43 | まち歩き

Pa281649


日本シリーズを見ていた。朝日のアナウンサーは、しきりに寒がっていた。

仙台が寒いなら、わしらはどうなるのよ。たまたま気圧配置が冬型だった

こともあるが、東京と5度も違うかい?メジャーを見ろよ。ボストンも10度前後

だが、やつら半袖でプレーしてるで。

Pa281659


そもそも、30度を超えるような日を、秋とは言わない。秋とは木々が寒さを感じる

季節をいう。

Pa281662


故に、秋田では今を秋という。

Pa281674


お約束の森に秋がきた。自宅から歩いて5分。これを贅沢という。

Pa281682


この森がある通りは、ソメイヨシノの紅葉が美しい。桜の中でも、八重は

あまりきれいな色が出ない。井川の桜の名所、国花苑にも行ってみたが

全山、桜な割に、たいしたことはなかった。

Pa281686


まだ、西洋アサガオが咲いていやがる。しぶといヤツだ。でも盛りの頃、

ここを通るとハッとする。西洋アサガオも悪くはない。

コメント

作家の百田尚樹氏は財布を持たない。実は私もそう

2013-10-25 13:42:11 | 日記・エッセイ・コラム

永遠のゼロを書いた百田尚樹氏の変わった習慣に、財布を持たない、

というのがあるそうだ。ごきげんようの客席から一斉に「えーっ」と声が上がる。

札は胸ポケットに、小銭はズボンのポケットに入れているらしい。

Pa260253

理由はほぼ察しがついた。私と同じだからだ。要するに、早い、という理由。

長財布を取り出す手間が要らない。なんだかうれしい。大作家と同じくせ、同じ理由。

私の方が、これを始めてから長いかも。30年とか言っていたようだ。

私は勤続年数とほぼ同じ。36年以上。つまり長財布は持ったことも、

使ったこともない。

そもそもの始まりは、飲み屋の勘定をするのに、いつも負けていたから。

金を出す気持ちはあるが、スピードで負ける。すると大体、「いいから」と

言われる。それが嫌で、ワイシャツの胸ポケットに札を入れて歩くように

なった。札の順序も決まっている。千円札から順番に出しやすいように

重ねてある。

Pa260254

このやり方にも欠点はある。夏場、上着を脱ぐ季節は、札が透けて見える。

このことに長いこと気が付かなかった。冷や汗をかいてからは、札の前に何かを

入れるようになった。例えばメガネ拭きの布とか。

小銭はさすがにジャラジャラ言わないように、小銭入れに

入れている。これで常に勝てるようになった。タクシーの場合でも、

めしでもなんでも。ついでに言うと、割り勘も好きではない。

1軒目におごられたら、2軒目で返す。そういう飲み方が好きだ。

占いの先生、こともあろうに、財布を持たない人は運気が上がらない

と、のたまう。

誰に向かって言ってるの、300万部突破の売れっ子先生ですよ。

言うならオレでしょうよ。

なんて庶民感覚な占い師さんでしょう。

Pa260255


こんな青空は当分、望めそうもない。これは去年の映像。

去年の10月26日の、或る晴れた日のことです。

コメント

スナイパー対無線操縦対決は演出の範疇ではダメ?

2013-10-25 08:59:36 | テレビ番組

ほこたての米軍スナイパー対ニッポンラジコン軍団対決で、

順序が実際と違うということで問題になっているが、

時間軸に忠実に再現しないとダメなんでしょうか。

Pa231647


最初にヘリが登場した時、いきなり切り札を出すのか、とは思った。

それが見事に撃墜されて、かなりがっかりした。スナイパーの近くに寄って

挑発していたが、あれは結果ありきの遊びだったのかも知れない。

ラジコンカーも期待に応えられず、あっさり撃ち抜かれた。

ボートにはまるで期待していなかった。時速200キロを超えるとはいっても

ボートは急に曲がれない。進路を予測可能だ。

だからボートが生き延びることは予想外だった。

Pa231645


大逆転でラジコン軍団の勝利、のはずが実は最初の対戦で

ボートが勝ち、対戦は決していたのだ。

しかし番組として、それじゃあ盛り上がりに欠けることは確かだ。

オレでも、編集したくなる結果だ。これは許されないことなのだろうか。

それに引き換え、重機による棒倒しは何なんだ、いったい。

あんなつまらない対決はやめてほしい。

金属対ドリルに匹敵する面白いネタはそうないとは思うが

この際、提案しよう。オレの頭にいつまでも引っかかって離れないのが

日本刀対マシンガン対決だ。これはほこたての趣旨に反するので

実現は無理だと思うが、例えば日本刀対西洋甲冑というのは

どうだろう。片や、何でも真っ二つにする日本刀。

対するは、絶対剣を通さない甲冑。

こんなことで、美術品に値する日本刀をボロボロにするに

忍びないが、私の中ではあり、なのだ。

ps.ほこたては強制終了と決まった。

  なら、トリビアの復活はありだな。

  タモリに余裕もできるし。

コメント

斉藤和義も、降りてくるタイプだった。いい話だね。

2013-10-23 07:08:54 | 日記・エッセイ・コラム

斉藤和義は二十歳(ハタチ)の時、曲の作り方が分かったらしい。

それは「僕の見たビートルズはTVの中」だそうだ。

吹っ切れたそうだ。これでいいんだ、と。

そして名曲は、昔から存在していて、ずーっと同じチャンネルで流れている。

たまたま、そのチャンネルに周波数を合わせたのが、自分だけだった。

そういう感覚から、新曲が生まれるそうだ。

Pa161595

その通り。オレはミュージシャンじゃないから、けさひとりでに繰り返していた

フレーズをメモしたりはしない。しかしそれは聞いたことのないメロディでは

あった。夢の中では、そんなことは日常茶飯事に起こる。ことだと思う。

これはある意味、アカシックレコードと同じ意味ではないかと考えている。

一時はやった「アガスティアの葉」のことだ。自分の未来のことを知るために

インドまで出かける。すると数あるアガスティアの葉の中から、自分の葉を

探してくる。それにはその人の過去・未来が書き込まれている、というヤツだ。

アカシックレコードとは、それに接触できる者だけが、未来を見ることができる。

名曲に巡り合う。

Pa141559

斉藤和義はまた、新しいアルバムができても、それは完成ではない、と言う。

ツアーでファンの前で演奏して、この曲は意外と盛り上がるんだ、とか違うんだ

とかいうことが、初めて分かるそうだ。そこまで行ってようやく完成した、という

感覚になるらしい。

ちなみに、たまたま見たこのインタビューは日テレだったが、

普段は、朝は見ない。

何かが作用して、こういう事が起こるのだ、

オレに、この放送を見せる、

のだと思う。

コメント