松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

ハマナス・ハ・タマフシ

2014-08-31 15:42:01 | 日記・エッセイ・コラム

ハマナスは、バラ科の植物で、花は一日で、しぼんで

しまうが、そこに赤い実が成るので、二度おいしいから

好きだ。

P8312348


その赤い実がなる頃、気になるのが、緑色の球で、

何気なく、毎年できるなあ、とは思っていた。

これが、ハマナスハタマフシという、「虫こぶ」だそうだ。

中身は、ハマナスハタマバチの幼虫らしい。

P8312349


特に害はないらしいから、放っておく。触りたくないし。

でも自然界は、うまくできている。この玉をつくるのは、

虫のほうじゃなくて、植物の方らしい。つまり植物に寄生

して、ハマナスの葉に奇形を作らせるそうなのだ。

宿とエサを同時に得られる、まことに賢いやり方だ。

P8312350


今、二度目の花が、咲いているところだ。

日本海が近いことを、感じさせるし、確か

雅子様の、おしるしだったと思う。

我が家の目印でもある。

コメント

第三の涼子、広末。トークでも魅惑。

2014-08-31 12:30:03 | 日記・エッセイ・コラム

土曜スタジオパークに、生で、出演した広末涼子に

コロッと、いてもうた。

P8252268


ヤツは、ドラマだけが魅力でない。普段の、しゃべりが

物凄いオーラを放つ。

変幻自在の、顔の表情。目の動き、口角の上げ方、

一人ずつ、相手の方を振り向いて話す時の仕草。

何をとっても飽きさせない、顔を見ているだけで。

顔の表情に、内から湧き上がる、理性、というか、知性が、

感じられる。まったくもって、いい女に、成長したもんだ。

同じ涼子に、篠原涼子がいて、米倉涼子がいる。

P8252266


どれも、悩殺的色気には、甲乙つけ難いが、トーク中に、

顔を見ているだけで、飽きさせない女優は、そう多くはない。

NHKは、それに気づいて、顔を大きく、クローズアップする。

画面いっぱいの、彼女の魅力は、意図したとおり、良く

伝わってくる。

きっと私生活でも、いい経験を、積んでいるんだろう。

「聖女」が、これからも、楽しみだ。

コメント

賢治と、光原社の、魅力。

2014-08-29 12:52:25 | 日記・エッセイ・コラム

実は、光原社が「注文の多い料理店」の出版社である

ことを知らずに、学生時代通っていた。知っていたかも

知れないが、その頃、宮沢賢治には全く興味が無かった。

注文が多いなら、良かったじゃない、程度の無知だった。

Img024


ただ、庭が気に入って、よく遊びに行った。

かわいいでしょ。知り合いの妹さん。たった一度きりの、

保護者付きのデイト。

Img023


後ろに見えるのが北上川。この間行ってビックリしたのは、

向かい側に、立派な立体駐車場ができて、駐車に困らなく

なっていた事。

賢治を、いい加減大人になってから、読んだら、

虜になってしまった。銀河鉄道を語る人間は皆、パクリだと

思う。松本零士も例外ではない。「銀河鉄道の夜」より

平易で、衝撃的な物語は、「グスコーブドリの伝記」だと

思う。ブドリとネリの兄妹愛。それは現実の賢治と妹トシとの

関係そのものだ。この火山局に、潮汐発電所が出てくる。

100年も前に、あったのかと、調べてみた。フランスで、

アイディアが出され、実用化しようとしたが、頓挫したらしい。

賢治は、その情報を、上京していた時期に知ったに違いない。

Img026


この美人さんも、40年の時間が経過しているはずだ。

今はないが、海外の民芸品を収集する趣味のあった

経営者が、世界中回って集めた小物を並べていた。

中南米のどこかの素朴な作りのスプーン、というより

「しゃじ」を2~300円で、買った記憶がある。

Img025


この彼女会いたさもあって、足しげく、通ったの

だったかも、知れない。

これだから、友達の妹にも、スルーされるのだろう。

コメント

盛岡、40年前、と今。

2014-08-28 08:37:08 | 日記・エッセイ・コラム

実は、一番見たかったのは、岩手銀行です。ところが、

P8272285


現在、改修中で、相当がっくり。

P8272283


どこかで、見たような、外観でしょう。それもそのはず。

P8272302


東京駅ができるより、3年早く完成した、同じ設計者に

よる、国の重要文化財なのです。

これも珍しい、

P8272293


大正2年の、消防団、番屋。当時ハイカラだった

物見やぐら、がシンボルです。

盛岡へ来たら、「光原社」へ寄らなきゃ、うそでしょう。

賢治ファンの聖地「可否館」

P8272312


お店は、民芸品が主ですが、昔は無かった

P8272316

賢治ゆかりの、カルタがあったり、賢治を書いた本が

並んでました。

あと、名所は、学生時代の下宿ですな。この広場でよく

遊びました。

P8272323


40年前、

Img021


結構モテたんです、子供には。「メガネーッ」って

言って、飛んできましたわ。

Img002


もう、時効ってことで。

時間というやつは、誰にも公平に訪れるから、

この子らも、間違いなく、孫にバアバアと

呼ばれているんだろうなあ。

コメント

盛岡前編、明治・大正・昭和初期の建築物

2014-08-27 20:46:55 | 日記・エッセイ・コラム

毎日が日曜だとボケが早いぞと、中学の同級生から、

忠告され、早速探検に出掛けた。

P8272294


盛岡は、3本の川が流れ込み、それがアクセントになって、

街に独特の風情を、かもしだす、面白いところだ。

上は中津川沿いの散策路。盛岡城址の真下では、

P8272286


アユ釣りをする人。それを見守るガン・カモね。

P8272297

川岸で、ツタに覆われたカフェ。

P8272299


窓全開で、夏でも涼しそう。

さて、建築物です。明治43年建築の

P8272278


第九十銀行。花崗岩の、ごつい塊が、

P8272281

力強い、アクセントになっている。

次が、昭和2年の、旧盛岡貯蓄銀行。

P8272288


ギリシャ神殿を、彷彿とさせる円柱が、見事です。

P8272289


この脇の小路を入ると、

P8272291


正面に、デンと、わんこそばの老舗が現れる。

さっきの喫茶店「ふかくさ」は、知る人ぞ知る

隠れ家のようだ。女主人に「どうぞ」と誘われたが

カフェインを断っているオレには、アイスミルクじゃ、

似合わない。

コメント