MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

よみうりランド・ジュエルミネーション

2016年01月12日 | まち歩き
都内1位の人気イルミネーションのよみうりランド ジュエルミネーションに、孫たちに誘われて今年も出かけてきました。

今シーズンは、世界初めての7色の宝石色のイルミネーション400万球が輝く「宝石ワールド」を楽しんできました。

園内では、子ども達の猿軍団パレードが行われて観客に猿飴を配り、奪い合うようにヒットしていましたね~


イルミネーションが点灯されるまでは、孫に付き合って、スカイサイクルやジャイアントスカイリバー乗り物に挑戦しましたが、シニアにはとても怖くて心臓が止まりそうでしたね。
一番人気のバンデットは、大変な人気で約1時間待ちの大行列でしたね~

ルーピングスターシップも振り子のように振られた後には、完全に一回転するもので、見ているだけで心臓が止まりますね(泣)

ゴムボートで約30mのタワーから急流をグルグル回りながら下るジャイアントスカイリバーも目が回りながら落下するスリルと怖さは、表現も難しい程でしたが、タワーから眺める夕陽は最高でした。

陽が落ちると、園内の遊園地エリア・キュートエリア・フォレストエリアなどには、7色の宝石が輝き幻想的な光の海と化したいました。






キュートエリアの桜道には、こんな素敵なハートが描かれており、キュンとする演出ですね~

大観覧車もジュエリー・オーロラに輝いていました。


ラブリーストリームエリアでは、「LOVE」をテーマにした赤・紫・オレンジなどのイルミが池の水面に映り込んで、正にラブ・ラブの幻想的なエリアとなっており、カップル専用のラブ・コーナーとなっていました。

水面に浮かぶラブリー・エンジェルもキラキラの星のオブジェに囲まれていますが、愛が実るといいですね・・・


夏はスイマーで賑わうアクアエリアでは、 ”アクアジュエリーカラー”のライトが光り、光と音と噴水で素晴らしい大空間が創られていました。
パリ・ラ・メルヴェイユでは、素晴らしきパリをテーマにトリコロール・カラーで巴里の風景を表現されていました。




「光と影のダンスショー」
では、ダンサーのシルエットがステージに描かれて、音楽のリズムに乗って踊りと噴水のダイナミックな光のファンタジックなショーでした。




「ラ・フォンテーヌ」の噴水ショーでは、ビーチに6色のサファイヤ宝石を散りばめた美しいビーチが創りあげられています。





「幻想的な宝石ワールド」の音と光のページェントに魅せられて去り難い気持ちを抱いて帰路につきました。
コメント (2)