MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

小田原城総構散策

2019年11月20日 | まち歩き

先日、小田原城総構を巡る歩こう会に参加してきました。

小田原城総構は、天下統一を目前にした豊臣秀吉の小田原攻めに対抗して北条氏が築いた全長9kmの防衛ラインで、今も残る遺跡は壮大なもので初めて参加してその偉大な遺跡を見てきました。

この日は、小田原駅の北条早雲像前をスタートし、小田原城を取りまく総構の全容を学んできました。

北条早雲像から反時計周りに総構のあった跡の丘陵地帯を進みます。「史跡標柱」と名付けられた場所には城門の跡らしき堀跡や掻揚土塁などが見られ、傾斜60度近い城壁が残されていますが、此処を攻め上るのは、大変なことでしょう。

竹林が続く谷津山の小径を登り「城下張出」に着くと、東西約50m、南北45mの台地があり、敵兵に対して横矢掛と呼ばれる攻撃を仕掛けた総構の最前線地だったようです。

周辺は住宅街になっていますが、高台からは小田原城を望めるスポットとなっています。

その先には切通があり「山の神堀切」となって谷津丘陵を東西に分断する堀となっています。

続いて「山の神堀切」の崖下にある「稲荷森」に入ると、孟宗竹に覆われた深い堀がありお城に向かって湾入り地形に合わせて深い堀が見られます。

「小峰御鐘ノ台大堀切」では、三つの尾根に沿って大きな3本の堀切があり、東堀・中堀・西堀が出来ています。

延長160m、堀幅約30m、高低差約15mの「東堀」は、三堀で最大の堀で圧巻でした。

東堀の上は、広大な雑木林となっています。

東堀と西堀に挟まれた「中堀」はくの字型に屈曲した堀で、一部が一般道となっています。

「西堀」では、三掘で最大の堀で約150mの堀が残されていますが、以前は215mあったようでかなり埋められていて、土留めの石垣もあり、西堀とほぼ同じ規模のようです。

西堀から、海と城が見える城山公園に入り、小田原城と相模湾を眼下に眺める園内で昼休みでしたが、園内には戦没者の慰霊塔が立っています

 後半は、総構の西側の遺構を巡り相模湾の海岸から小田原城の城址公園を巡っていました【続く】

 

コメント

こども餅つき大会

2019年11月19日 | 地域活動

正月まで一か月余りありますが、地域の「市民の家」の利用団体や自治会、サークルが集い、「子ども餅つき大会」を開催し、地域の子どもを中心に保護者や参加した地域のサークルと交流会となりました。

昨今では、餅を搗く習慣も少なくなり、経験者も少なくなりましたが、前日から諸準備を行い、釜やセイロ、臼などを持ち寄り、昔ながらの餅つきを子供たちに体験してもらうための地域のイベントとなっています。

昔は、毎年暮れになるとふるさとで親戚やご近所が集い徹夜で搗いていた昔取った杵柄を活かして昔懐かしい臼取りや搗き方を教えながら楽しんでいました。

搗き始めて適度な搗き具合を見て、子どもたちの出番まで長い列が出来ていましたが、初めての経験として重い杵を持ち上げて楽しい想い出が出来たと喜んでいました。

餅つきを体験した子ども達は、搗き上げた餅を餡子餅、きなこ餅にして搗きたてのお餅を食べながら自分が搗いたお餅を食べながら美味しそうに食べ比べしていたようです。

今年は、17臼を搗きましたが、最後には残り少なくなり、子供たちの笑顔に癒されていました。

中庭に咲く可憐な黄菊を眺めながら搗き上がった餅を食べ合い、地域の世代間の交流を行い意義ある餅つき大会でした。


コメント

ブラ散歩~大磯照ケ崎海岸

2019年11月18日 | まち歩き

湘南平をトレランした後、大磯駅から近い照ケ崎海岸に向かいました。

大磯駅近くの虎御石を祀る延台寺に立ち寄ってみると、日本三大仇討物語の「曽我物語」の曽我十郎ゆかりの虎御石が曽我堂に安置されていました。

虎御石は、「十郎の身代わり石」とも言われる石で、大願成就のご利益があるようです。

境内には、虎女の供養塔や虎御前祈願の龍神、大磯宿遊女の墓などが安置されており、大磯の歴史を感じる名寺でした。

多い大磯海岸へ出ると、日本初の海水浴場として出来た人気の海水浴場ですが、シンボルの「かぶと石」と間違えるような巨大なごみの山が沢山出来ており、台風19号の置き土産でしょうか?

海岸の西湘バイパスの支柱には、市民の方々が描かれた素敵な壁画が描かれ「浜辺のギャラリー」となっています。

その中の知人の作品です。

壁画の周りの砂の上には、ギャラリーの画を楽しんでいたのでしょうか、鳥が描いた足跡のアートな作品が見られましたよ(笑)

隣の大磯漁港では、とれ立ての地元の特産のシラスが干されていました

照ヶ崎海岸では、名物のアオバトの姿は既になく波静かな光景と遥か先に富士山を望む「こゆるぎの浜」が見られました。

西防波堤の先の埠頭には、白砂利の富士山が出来ており、富士山とのダブル富士や湘南平の展望テラスが見られます。

防波堤には、巨大なテトラポットが並び、その先には「OISO白灯台」があり、アートなデザイン灯台となっています。

上空には、珍しいパラグライダーが大音響を立てて飛び回っていました。

白灯台からこゆるぎ浜に戻りビーチで一休みし、「さざれ石」の産地となっている白砂青松と言われる浜では美しい小石も多く見られ、アートに挑戦していました。

一休みして大磯駅に戻る途中の切通しの崖上に「愛宕神社」があり、昔の大磯宿の火防の神として信仰があった神社で、現在は富士ビューポイントとして旅人の人気スポットとなっています。

快晴の湘南平や大磯海岸の富士山や湘南の絶景を見ながらのラン&ウオークでした。

 


コメント (2)

湘南平~トレラン

2019年11月17日 | 山行・ハイキング

湘南の人気のトレイルランコースである高麗山公園の湘南平が開園60年を迎え、「かながわの景勝50選」に選ばれている絶景ポイントを走れるコースで、久しぶりに雲一つない絶好のコンデイションとなりトレランしてきました。

大磯駅から旧東海道の松並木を経て高来神社から高麗山へ向かうコースに挑戦しました。

旧東海道には、曽我兄弟の兄十郎に恋した虎御前が十郎と会う時に化粧したと伝えられる「化粧井戸」が今も残されています。

 旧東海道から「高来神社」に向かい安全祈願していました。神社の境内には、高麗山の霊水が湧き出ており龍神が祀られ御供水をかけて安全完走を祈願し、比良加久社の左手の男坂の激坂に取り付きます。

男坂を登り切り細い山道を経て小さな木橋を渡って「八俵山(160M)」に着きます。

途中のアップダウンが続く坂道では、ランナーと行き交いました。

さらに比較的平坦な山道を走り高麗山の最高点の「浅間山(181m)」に着くと、浅間神社があります。神社の脇には、一等三角点もありました。

浅間山からさらに尾根道の坂道を登り最後の急階段を登って湘南平のテレビ塔に到着しましたが、大磯駅から42分でした。

テレビ塔前の展望台からは、期待以上の富士山や大山などの大パノラマ風景が望まれ、疲労感も忘れるほどの絶景でした。

テレビ塔の展望階から千畳広場と展望テラスを望む光景も最高ですね~

千畳広場では、湘南平開園60年を祝う記念イベント(愛と虹の架け橋)が行われ、多くの模擬店と共に楽しい雰囲気で盛り上がっていました。

展望テラスに向かいテラスからの眺望も澄み切った青空の下、富士山、丹沢連峰、大山、相模湾など期待以上の眺望で”絶景かな~絶景かな~”で、離れがたい眺望が見られました。

千畳広場とテレビ塔を見下ろす光景です

愛の南京錠の発祥の地と言われる湘南平ですが、今回は愛のモニュメントとして「AINOWA(愛の輪)が出来てインスタ映えスポットとなっています。

また、テラスの壁には平塚の画家が素敵な画を描いて新しいフォトスポットとなっていました。

絶景に魅せられて一休みして、紅葉山コースを経て大磯照ケ崎海岸へ向かいました。

コースの入口には、曽我十郎「硯水の池」があり、十郎が湧き出る水で墨をすって虎女にラブレターを書いた伝説の池のようです。

細い山道を下り途中、巨大な岩に多くの横穴の石室の「楊谷寺谷戸横穴群」があり、古墳時代末期横穴墓だそうで、大磯丘陵地帯には他にも横穴墓があったそうで貴重な遺跡でした。

湘南平から30分で大磯駅に到着し、久しぶりに大磯海岸へ行ってみました【続く】


 


 

コメント (2)

富士見ポタリング~里山風景

2019年11月16日 | サイクリング

晩秋の快晴となり湘南の里山の富士見ポイントを巡りながらポタリングしていました。

激坂を昇り降りしながら藤沢の最北部の宇都母知神社周辺の高台に着くと、富士山が青空を背景に積雪を増して美しく浮かんでいました。

さらにその先の花農園の富士見ポイントでは、冬の花とコラボした富士山も最高の素晴らしい姿を見せていました。

宇都母知神社裏の高台からも丹沢連峰や大山の先に浮かぶ絶景が見られます。

御所見地区を一回りして、盛岩寺に立ち寄ってみました。盛岩寺は、開祖400年を迎えた禅寺で延命地蔵菩薩が祀られていました。

境内の本堂前には、箒をもって境内を掃くお掃除小僧が(洗心童子)立ち、奇麗になっているでしょうか?と可愛い姿で訴えていましたね~

その横では観世音菩薩も美しい笑顔で迎えられ癒されていました(^_-)-☆

盛岩寺から先月には彼岸花が咲き誇っていた小出川周辺に向かうと、稲刈りが終わった田園地帯には、藁ボッチが並び懐かしい里山の光景が見られ、富士山と共に晩秋の風景でした。

田園地帯から日本武尊が石に腰かけて大山を眺めたと伝えられる日本武尊ゆかりの腰掛神社へ向かい、茅ヶ崎の富士見百景に選ばれている富士見ポイントで日本武尊と同じ心境で富士山を眺めていました。

里山公園に入り、湘南の丘からもススキ原の先に富士山や大山を望み一休みして湘南の富士山巡りを堪能していました。

 

 

コメント

ブラ散歩~ざる菊園・バラ園

2019年11月15日 | まち歩き

秋色が深まり晩秋の菊やバラも見頃となり、近くの「ざる菊」園では、秋の日差しを受けて鮮やかに光り輝く光景を観てきました。

ざる菊園は個人の方の畑ですが、今年も約700株のざる菊が色鮮やかに咲き誇り、期間限定で一般開放されていました。

園内には、赤や黄、白の大きな菊の花が咲き華やかなカラーベルトが敷かれたようなフラワーワールドが作られています。

園内には散策路も作られていて、美しい花を愛でながらその美しさに魅せられていました。直径約1m程の大株には1,000個以上の小さな菊が密集して咲いていて、大きな丸いざるの花の周りには、蜂が蜜を求めて飛び回っていました。

ざる菊園から近くの日大生物資源科学部の研究施設のバラ園に行ってみました。秋のバラは春に比べて咲く花数も少なかったですが、約500株のバラが咲き美しさを競うような姿が見られました。

その名前も著名人の名前が付けられており、その由来は判りませんが、花の姿から連想していました(^_-)-☆

「クイーンエリザベス」

東京五輪2020まで約250日となり聖火を連想する「オリンピックファイヤー」です

「ノックアウト」

「ネルマーチン」

「エミールノルデ」

珍しいバラの実の「ローズヒップ」


バラ園の中心にはバラの花やアコーデオンを抱いた可愛い像も見学者と共に”バ~ラが咲いた バ~ラが咲いた 真っ赤なバラが~”楽しんでいました。

バラ園から学内の博物館へ向かい見学していました。

博物館には、家畜や野生生物の骨格や昆虫・蝶など生体展示があり、日頃見たことのない貴重な資料や生態を学べる機会となりました。

ニホンネコやシーズー犬の骨格です。

ウマの骨格とはく製

豚・ウシの骨格

昆虫コーナーでは、世界各国のアゲハ蝶など貴重な600種類の標本が展示されています。

水槽には、生きたトノサマガエルが迎えてくれました(^_-)-☆

晩秋の花々や生物の姿に親しみを感じながら、季節の移り変わりを実感したひと時でした。

コメント (2)

ふるさと特別便

2019年11月14日 | うんちく・小ネタ

秋の収穫期を迎えてふるさと福井のブランド品「越前大野上庄の里芋」が知人より送られてきました。

「上庄の里芋」は、独特の歯ごたえと煮崩れしないまろやかな甘みは、他の里芋では味わえないうま味があり、先日もテレビで紹介されていたようで、毎日、いろいろな料理でふるさとの自然を思い浮かべながら味わっています。

また、先日も知人から山形の特産品の西洋梨「ラ・フランス」が届きました。

ラ・フランスは「果物の女王」とも言われ、たっぷりとした果汁が口の中に拡がり爽やかな甘みと酸味を感じる味に食後のデザートとしていただいています。

また、独特の姿と色合いは、モチーフとしても最高でスケッチブックに書き残してみました。

先日、有楽町のアンテナショップを訪れて、発売が始まった大好物の「水羊かん」と「はまな味噌」を求めてきました。

「水羊かん」は、福井人にとっては冬の到来で外せない味覚で、食後の友として家族で取り合っていただいています(笑)

また、「越前はまな味噌」も冬には外せないご飯の友で、家康が愛したおかず味噌でこの時期には外せない伝統のおかずとなっています。

ふるさとの特産品で食欲の秋を満喫していますが、食べ過ぎを心配しています 

コメント (2)

ブラ散歩~お台場・レインボーブリッジ

2019年11月13日 | まち歩き

先週まで横浜会場で開催していたOB絵画展が、豊洲の本社に会場を移して開催し、多くの知人や現役組と交流してきました。

今年の出展作品(日本橋高島屋・蔵まち風景)です

会場近くの元船舶工場跡は、アーバンドックららぽーと豊洲として再開発されて見違える新しい景観がみられます。

豊洲からお台場海浜公園へ向かうと、お台場のシンボルである「台場の女神像(自由の女神)」秋晴れの空に向けて聖火を掲げて東京五輪2020を祝っているようでした。

海浜公園から望むレインボーブリッジも久々の素晴らしい景観が見られました。

ブリッジに誘われるように第三台場からレインボーブリッジを渡って橋上からの大パノラマを観ていました。

海浜公園のサンドビーチには、台場の名物ゆりかもめが集い秋の風景を楽しんでいるようです。

第三台場は品川台場の一つで陣屋や砲台、弾薬庫の痕跡が保存されています。

第三台場は、石垣や土塁に囲まれており、ペリー来航に備えて出来た砲台が設置されて江戸の防御を担った史跡となっています。

台場の中には、弾薬庫跡やかまど場跡、守備兵のお休み所の陣屋跡が残されています。

2基の砲台

陣屋跡の礎石

弾薬庫跡

かまど場跡

レインボーブリッジが最も近くで見れる第三台場のスポットです。

第三台場からレインボーブリッジ・プロムナードのノースルートを経て芝浦へ向かいます。

ノースルートからは、快晴の秋空をバックに東京スカイツリーや豊洲・晴海の高層ビル群の臨海副都心シーサイドの絶景が見られました。

台場側の海上に建つ主塔のアンカレレイジです。

海面から約50mの高さから望む晴海の客船ターミナルや東京五輪2020の選手村や豊洲市場などが眼下に見られます

ブリッジの最高点での高速道と併行するプロムナードの光景です。

芝浦口の地上から見上げるレインボーブリッジの姿です。

秋晴れの臨海副都心のパノラマ光景を堪能して帰路につき、辻堂駅に着くと駅付近の高台から、サンセットが始まり夕焼けに染まる富士山や伊豆半島方面に沈む素晴らしいサンセットシーンが見られました

秋晴れに恵まれて久しぶりのロングウオーキングでした。

 

 

 

 

コメント (2)

小学校工作展覧会

2019年11月12日 | アート・文化

芸術の秋を迎えて、孫の小学校のアート作品展覧会の保護者鑑賞会が行われ、素晴らしいアート作品を観てきました。
展覧会の作品は、会場の体育館一杯に全生徒の約2000点近い作品が展示されており、大きな美術館のような大展覧会で多くの保護者で大変な賑わいでした。
今年は、「”楽しく表現しよう”~みんなのひらめき あふれる思い~こどもたちの力~」をテーマにひらめきと溢れる思いを力いっぱい表現された作品が、広い体育館の天井や床、テーブルに展示されていました。

各学年毎に子供達が作品の制作過程や発想について工夫した点を説明する子供ガイドが行われ、保護者もその成長ぶりに大拍手を送っていました。

6年生コーナーでは、「つながるオブジェ」や「ウオールポケット」・「思い出の場所」・「ナイスなイス」など立体・平面作品など生徒全員の力作が見られます。

6年生の孫からも自分の作品に対する思いや苦労話を聞きながら感動を得ていました。

5年生コーナーでは、「ハッピーツリー」や「空中に浮かぶみんなの輪」、「夢を描けるタオル掛け」などの大作です。

4年生コーナーでは、「カラフルワールド」、「木のミニショップカー」、「みんなの力で舞い上がれ」の作品です。

3年生コーナーでは、「月夜の木の物語画」や「ビー玉コースター」、「コロコロあーと」の作品です。

2年生コーナーでは、「元気の出るお弁当」や「それゆけ粘土くん」の作品です。

1年生コーナーでは、「ペタペタぺったん」や「こんなパフェで食べたいな」などの作品です。

どの作品も身の回りにあるペットボトルやビー玉、紙、綿などを巧みに組み合わせて創り上げたカラフルな作品は、その創造力や創作力の素晴らしさに驚きの作品ばかりで、美大ならず美術小学校のような錯覚を覚える「創作の自由」展でしたね

コメント

スポーツまつり・ふじさわ2019

2019年11月11日 | スポーツ

スポーツの秋を迎えて、生涯にわたってスポーツに親しめる環境づくりと市民の健康増進を目的に、開催される「スポーツまつり・ふじさわ」が、文化体育館で開催され、体育推進委員として参加してきました。

「スポーツ祭」は市民が多様なスポーツに親しみ、健康で明るく豊かなスポーツライフを実現し、スポーツを楽しめる環境づくりと健康増進に寄与することを目的にしたスポーツの祭典で、今年も家族連れなど多くの市民が参加されて、誰もが楽しめる新しいスポーツにチャレンジしていました。

秋葉台体育館では、ニュースポーツの人気のスポーツクライミングやカローリング、シャッフルボード、ボッチャ、スポーツ吹き矢、トランポリンなど20種目の体験コーナーと健康チェックコーナーが体育館と屋外球技場に準備されて、参加者の誰もが初めての体験でルールの説明を受け、初体験を楽しむ光景が見られました。

スポーツクライミングやトランポリンは、他では体験出来ないスポーツで子供達には大変な人気を呼んでいましたね~

シャッフルボードも高齢者や幼児が刺又状のキューを使ってデイスクを打ち合っていましたが、慣れるに従い要領を得て楽しむ光景が見られました。

チャレンジ・ゲームでは、ネットとボールを使って勝負を争いお土産をゲットして楽しんでいたようです。

スポーツ吹き矢でも、慣れるに従い的に当ててお土産をゲットしていました。

キッズ・プレーコーナーでは、幼児たちが大きなブロックやボールを使ってアート作品作りに精を出して大きな積み木遊びを楽しんだり、段ボールで作った迷路遊びを楽しんでいました。

パラスポーツのボッチャや卓球バレーも参加者にとっては初めての経験でルールを学びながらボールを寄せ合って勝利を喜ぶ光景が見られました。

屋外の球技場では、高齢者には人気のグランドゴルフを子供達が持ち慣れないステッキを使ってボールを打ちあいホールインワンこそ無理でしたが、初経験を楽しんでいるようでした。

スポーツ祭も社会体育振興協議会(社体協)のスポーツ推進委員や各地域のサークルの指導のお陰で今年も大変盛会でしたが、高齢者や子供達が日頃スポーツを楽しむ機会が少ない中でコミュニケーションや交流の貴重な機会となっていました。


コメント