MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

第63回 藤沢市中学駅伝競走大会

2018年10月16日 | スポーツ
駅伝シーズン真っ只中で市内の中学駅伝競走大会がマイコースの引地川親水公園で開催され、応援に出かけてきました。
コースは、引地川の天神橋の芝生広場をスタート・中継点とし鷹匠橋を経て対岸で折り返す桜道の3Kmのコースで男子16校、女子15校が参加し県大会への出場権を競っていました。

会場には、各校の生徒達や保護者が応援に駆け付け、特に地元の中学校からは先生や生徒達、保護者が多く見られ、日頃見慣れた生徒達と交流しながら勝利を願っていました。

女子15校の各校のエースが一斉にスタートし、各校の応援団が力強い声援で選手たちの背中を押していました。


選手を見送って対岸の折り返し点へ向かいレース展開を予想していると、各校とも予想以上のハイペースでレースが動いて、全国大会で入賞したというエリート・アスリートが属する中学が1区から独走し予想外の展開となっていました。




地元の中学は1区から出遅れていましたが、力強い声援を受けて懸命の走りが見られ2区以降の展開に期待しながら、後を追いかけていました。


結果は、1区から独走した藤が丘校が他校を寄せ付けず新記録に近い、各選手の力走とチームワークで快勝し、県大会での活躍に大きな期待が膨らんでいました。
 地元校は、残念ながら今年は再会でしたが、更なる努力に期待したい結果でした


男子の部では、16校が参加し最後の6区まで抜きつ抜かれつの激戦が続いていました。




1区の折り返し地点の先頭集団です。


地元校も中段で大声援を受けて懸命な走りを見せていました。


選手たちのペースには付いて行けませんが、鷹匠橋付近で待ち受けて檄を飛ばしていましたが、各区間で順位も激しく動いていたので、選手たちの負けられないという気持ちが伝わっていましたね~




地元校も最終区まで頑張って優勝は果たせませんでしたが、素晴らしい走りを見せてくれました。


最終区では、ゴール地点まで抜きつ抜かれつの激走が続き、長距離走では滅多に見られない同タイムの胸の差で勝負が決まる激戦となり、両校の選手団や応援団のうれし涙や悔し涙が交差する喜怒哀楽のシーンが見られました。


共に来月の県大会での活躍に期待したい熱戦でした。

コース周辺では稲刈り真っ最中で、選手たちからパワーや刺激を受けて、マイコースをジョグっていました【続く】
コメント (2)

第37回 地区レクリーション大会

2018年10月15日 | トライアスロン
地区社会体育振興協議会(社体協)が主催する毎年恒例の一大イベントである「第37回 地区レクリエーション大会」を地域の自治会・町内会との共催で開催しました。
今年は、天候不順が続き心配されましたが、早朝にはかなりの降雨があり校庭には水溜りが沢山出来てグランドコンデイション悪かったのですが、地域の皆さんの協力を得て校庭の水をスポンジで吸い取って何とか開催にこぎ着けました。




本レクリエーション大会は、スポーツ基本法に基づき市より委託されて「県民スポーツ月間」の事業として毎年開催していますので、健康寿命を延ばすための事業の一環として、自治会・町内会と共に多くの市民が集いスポーツを通じて交流の場としても大変意義ある大会となっています。

準備に時間を要して約30分遅れの開催となりましたが、高齢者から子どもが揃い11自治会・町内会の入場行進から開会式が始まりました。






開会式後には、老若男女の参加者全員で掛け声を出しながら全員体操で盛り上がっていました。


小学生の徒競走では、学校の運動会では味わえない雰囲気の中で興奮した顔も見られ、豪華な?賞品をもらえてピースする子ども達の笑顔が見られました。


15の競技種目の中で、5種目では遊びの要素を取り入れた自治会対抗競技となっており、「玉入れ・筒ころがしリレー」では、自治会の皆さんの大声援を受けて日頃経験していないプレーで勝負に拘りながら懸命に競い合っています。


紅白玉入れ合戦では、子供と大人に分かれて子ども達には負けない運動会の光景でした。


お昼近くには、青空が拡がり絶好の運動会日和となり、国旗や市旗、大会旗が翻っていました。


お昼休みの後は、恒例の○×クイズが行われ、我が街に関する知っているようで知らない身の回りのデータに答える問題に参加者全員が答えて悲喜こもごもの光景が見られました。


運動会では欠かせない種目の綱引きでは熱戦が繰り広げられましたが、30秒の制限時間一杯引き合う戦いが多く、中には人数が不足して高齢者や子供も加わっての引き合いでしたね


成人の徒競走では、足自慢の人と日頃走ったこともない人が混じっていましたが、中にはこんな筈じゃなかったとダッシュ走の苦しみを味わっていたようです。


自治会対抗の下駄ばきリレー競走(ムカデ競走)では、元気な掛け声を合わせて進むも思わず転倒したり、肩組み合った5人の仲間同士が抱き合っての雄叫びが湧いていました。


友人や親子で参加できる二人三脚競技では、子供のペアや親子などが足を結び合って競い合って楽しさを味わっていたようです。


来賓や高齢者が行うグランドゴルフの「ホールインワン」では、多くのホールインワンを達成したプレイヤーが出て歓声が湧きあがっていました。


最後のレースの自治会対抗リレーでは、各自治会とも高齢化に伴い走者を見つけることが困難だったようで、kormanも我が自治会から依頼されてアンカー役で走りましたが、残念ながら結果を出すことは出来ませんでした

寒さも感じられる日和でしたが、後半はスポーツ日和となり熱気と和気あいあいの雰囲気の中で、スポーツを通じて運動不足の解消や地域の交流を深める機会となり、スポーツの秋を満喫していました。

地域の総合力を発揮し交流の場となったレクリエーション大会も無事終了して、各自治会では、終了後は参加者などが集い慰労親睦会が続いていたようです。
コメント

第95回東京箱根駅伝大会・予選会

2018年10月14日 | スポーツ
駅伝シリーズを迎えて「第95回箱根駅伝大会・予選会」が昭和記念公園で開催されました。
例年、予選会には昭和記念公園へ応援に出かけてあの雰囲気を感じながら応援してましたが、今年は残念ながら、地域のイベントと重複しテレビ観戦しながら応援していました。

今回は、第95回の記念大会となり、通年より1校多い11校が本大会に出場出来るため11枚の出場切符を掛けた熱戦が期待されていました。
特に、毎年シード権を獲得している駒沢大や順天大、山梨学院大など常連校も予選会に回っており、大変な激戦が予想されていました。

今回からコースもこれまでの20KMからハーフマラソンの21.0975Kmに変更されたことで、参加資格が一万mが34分以内となり、前回までと10校減って39校となり、457名の選手が1秒を争う激戦となっていました。


立川駐屯地の広いコースを3周して市街コースへと向かっていましたが、各校の留学生が先頭グループを形成し、各校も集団を形成してチームの合計タイムを上げるべく作戦が観てとれていました。




市街コースから国立公園に入った15km地点では、今年の学生最強ランナーの塩尻選手がキサイア選手(桜美林大)に続いて第2位でリードし、強豪校駒沢大が断トツで10人が通過し、各校も後半戦向かって激しく一秒を争う激走が見られていました。


最後は、留学生ランナーのキサイサ選手(桜美林大)に続いて、塩尻選手(順天大)が2位に入り圧倒的な強さを発揮していました。




各選手がゴール後は、「みんなの原っぱ」の大ケヤキ周辺には、各校の走り終えた選手を取り囲み各校の幟が林立する中で、緊張した雰囲気がテレビ画面からも伝わっていました。


圧倒的な強さを発揮した駒沢大に続いて順天大、神奈川大、国学院大と大学名が発表されると当該校からは歓声が沸き起こっていたが、その瞬間の緊張感が伝わってきました。


最後の枠の11校目には、上武大が逆転で滑り込んで大歓声が湧き、一方次点となった麗澤大では、悔しさで涙する喜怒哀楽の様子が見られました。






結果では、ほぼ予想通りの常連校が本大会出場権を獲得し、新春の本大会では、青山学院・東海大・東洋大の強豪3校と共に、23校の激戦が予想されますが、今から期待が膨らんでいます。


(挿入写真は、TV画面から)
コメント

ぶらりJOG~引地川親水公園・ふるさとの森

2018年10月13日 | ジョギング
小雨降る寒さを感じる朝でしたが、秋のマラソンシーズンを控えてホームコースの引地川親水公園のふるさとの森をジョグってきました。
小糸川沿いから引地川城下橋を渡り親水公園に入り湿性植物園に向かうと、ススキや雑草が茂り秋深しの様相と変わっています。






周囲には早くもガマの綿毛が沢山飛び散っていました。


木道沿いにはセイタカアワダチソウやススキが大きく伸びていますね~


富士見の丘からは、雲に包まれた珍しい富士山が望める光景でした。


ふるさとの森に入り約1kmのアップダウンのクロカンコースに久し振りに挑戦してみました。
コースには落ち葉が積もり紅葉はまだでしたが、早朝からの雨で落葉も湿って走りにくい悪コンデイションとなっており、滑りやすく難走でした








コースには、腰掛の樹や逆さの「木」も見られました。




森の最頂部の富士見ポイントへ向かうと、富士山は雲の中でしたが、大山と丹沢連峰が雲海に浮かぶ滅多に見られない絶景が見られました。


クロカンコースを一回りして地域の大庭村の鎮守様である古刹大庭神社に立ち寄り参拝し境内の鐘楼を鳴らして健康を祈願していました。






百段坂の急階段を下り引地川に戻り、桜並木を鷹匠橋へとピッチを上げていました。




鷹匠橋付近では、珍しくオオアオサギと出会い久し振りの飛来のようです。


鷹匠橋付近の田園では、刈入れも進みハザ掛けや案山子クンが立つ美しい秋の光景となっています。


久し振りのクロカン&ペース走でしたが、この夏は猛暑が続き走り込み不足でオクトーバーランの目標にはほど遠く気持ちを入れ替えないと今シーズンの完走も危ぶまれる状況でした。
コメント (2)

ブラ散歩~六本木ヒルズ

2018年10月12日 | まち歩き
六本木の国立新美術館の絵画展を観賞した後、久し振りに六本木ヒルズ界隈をブラ散歩していました。

六本木ヒルズの玄関口の66プラザに着くと、ヒルズのシンボルである巨大なクモのオブジェの「ママン(MAMAN)」が8本の長い脚を拡げていますが、人気のインスタ映えスポットとなっていました

ママンのお腹にはよく見ると、白い卵のようなものを抱えていますね~


66プラザ広場からは、東京タワーの雄姿が見えてスカイツリーに負けない景観が望めます。


66プラザからケヤキ坂通りに出ると、ヒルズの中央にある「六本木ヒルズアリーナ」では、ミュージカル・ライブが開催されていましたが、リニューアルされていて訪れる度に都心のクリエイテイブなスペースとなっていました~






アリーナから見上げると「六本木ヒルズ森タワー」が聳え立ち、都心のランドマークとしての景観が望めます。


高層ビル街に残る緑の庭園の「毛利庭園」へ向かい、池の周りに緑の木々が茂る散策路を巡っていましたが、冬にはイルミネーションが輝くハートのオブジェやせせらぎの渓流などで心休まる憩いのスポットとなっています。






六本木ヒルズ界隈は、江戸時代の長州藩・藩主毛利家の上屋敷跡で大名屋敷の名残が残る自然環境を味わっていました。
コメント (2)

第64回一陽会・第53回一期会絵画展

2018年10月11日 | アート・文化
芸術の秋を迎えて國立新美術館で開催中の第64回一陽展・第53回一期展を観てきました。
一陽展では、今年もふるさと福井支部の画家の皆さんの作品など約450点の大作が展示されており、作品も100号から300号のプロ級の素晴らしい作品が多く観賞することが出来ました。




福井支部から来られた委員の300号の大作も毎年拝見していますが、今年も「ドクダミの花」と名付けられた大作です。


墨絵の「双龍の図」は、この日一番の感動した大作でした。


空に舞飛ぶ猫を描いた大作です。


他にも多くの素晴らしい作品を観ながら広い会場を巡っていましたが、どの作品も圧倒される迫力を感じていました。










特別展示コーナーでは「墨と色彩のドローイング」の墨アート作品が展示されており、墨独特の滲みと筆タッチの模様が描かれています。


「一陽展」を一回りして同じ国立新美術館で開催されている「一期展」会場へ回りました。


一期展でも今年も約300点の大作が展示されており、知人の素晴らしい作品が観られ親しみを感じながら巡っていました。


今年の大賞作品です。


どの作品もその着想や色使い、筆タッチなど作者に聞いてみたい感動を得ながら巡っていましたが、夫々の画風にも身近に感じるものや全く異なるものも多く、画風の幅広さに改めて驚きを感じていました。






一陽会・一期展と素晴らしい作品に触れた後、六本木界隈をぶら散歩していました【続く】
コメント

湘南海岸ポタリング

2018年10月10日 | サイクリング
先日、平塚球場で行われた高校野球秋季大会の決勝戦を観戦した後、「湘南海岸サイクリングロード」をポタリングしてきました。

129号線から湘南大橋を経て茅ヶ崎の柳島海岸へ出ると、石積みの岩場は海釣りスポットですが、人影も少なく静かな海岸風景でした。


茅ヶ崎漁港ヘ向かうと、先日の台風21号の強風によりロードには砂が1m以上積もり砂山ロードとなってジョガーにとっても大変な砂浜のみちと化していました


喘ぎながら茅ヶ崎サザンビーチへ着くと、真夏日のような陽気でしたのでビーチには多くのサーファーや水遊びを楽しむ家族連れで賑わい、シンボルの「茅ヶ崎サザンC」もインスタ映えスポットとなっていました。


茅ヶ崎ヘッドランドビーチでは、烏帽子岩も間近に見えて烏帽子らしい姿を見せていました。


汐見台のウッドデッキでは、多くのサイクリストやジョガーのお休みスポットとなって夕暮れ迫る湘南海岸の美景を眺めながら一休みしていました。




藤沢に入り辻堂海岸入口のビーチに着くと西の空は陽が沈みはじめて雲の合間に沈みゆく夕陽が描くネイチャーアートが見られました。




海浜公園の展望台に駆け上がり、茜色に染まり始めたサンセットシーンを見ていましたが、多くのカメラマンが集い「凄~い凄いね~」の陽が沈みゆく幻想的なシーンに見惚れながら撮り合っていました 










伊豆半島や江の島も茜色の空に浮かび上がっていました。




海浜公園の園内からもヤシの木が茂る湘南の森に灯が沈む真っ赤な空を望める絶景が拡がっていました。
コメント (2)

第30回 出雲駅伝

2018年10月09日 | スポーツ
駅伝シーズンを迎えて「学生三大駅伝」の出雲駅伝競走が行われ、テレビに釘付けとなって観戦していました。

出雲駅伝は、三大駅伝では最も短い6区間45Kmでスピードを競う駅伝で、箱根駅伝とは異なる興味ある駅伝大会で各校の作戦等に注目していました。

一区(8.0Km)から各チームのエース級が揃い、激しいスピード勝負となっていましたが、前回優勝の東海大と王座奪回して三大駅伝制覇を狙う王座・青山学院、エース級が揃う東洋大の3校の熱い闘いとなっていました。




1区では、青学と東洋大の激しいスピード勝負となり6秒差で青山学院(橋詰選手)が1位で襷を繋ぎ、王者東海は20秒差で7位と激戦でした。






第2区でも青学が連続して区間賞を取り、東海大も追い上げて2位に浮上し、予想通り青学・東海大・東洋大の3校の争いとなりました。


第3区のエース区間では、拓殖大の留学生デレセ選手の快走があり、第3中継点では、青学がトップで、拓殖大、東洋大、東海大の3校が続きます。




第4区では、青学が区間賞の走りを見せて2位以下に大差をつけてほぼ優勝を確定するような差をつけていました。


第5区では、東洋大のエースが区間賞で追い上げて、最終の6区でのアンカー勝負に希望をつなぐ展開となっていました。


総合優勝の決着が最長区間10.2Kmの最終区に持ち越され、東洋大のエースが襷を繋いだ時の27秒差を一気に詰めて一時6秒差まで追い上げていたが、余裕の青学は残り4km辺りから突き放して、東洋大の逆転を許さず快勝でした。


最終結果では、1位青山学院、2位東洋大、3位東海大と予想通りの3校が並び、以下、拓殖大、帝京大、中央学院と関東の箱根駅伝の常連校が順調に並び、箱根駅伝での激戦に期待が膨らんでいました。

(挿入写真はテレビ画面より挿入)
コメント

神奈川県高校野球秋季大会・決勝戦

2018年10月08日 | スポーツ
神奈川県高校野球の秋季大会決勝戦が平塚球場で行われ、家族の母校である桐蔭学園が9年ぶりに決勝に進んだので、応援に行ってきました。

平塚球場へポタリングして向かうと、途中の富士見ファームや湘南銀河大橋の富士見ポイントでは、雄大な富士山が望めて「一富士・二野球・三桐蔭~」の運を呼んでいるようで大きな期待を抱き球場へ向かっていました。







球場からも桐蔭学園のスタンド側から富士山が応援してくれていました。


試合が始まると、1回に先制点を奪う素晴らしいスタートで、期待が膨らんでいましたが、リードを保つことが出来ず、2回以降は毎回先頭打者の出塁を許して、2回には逆転されていました。




久し振りのTOINの応援歌を唄いながら、再逆転を期待していましたが、エラーやタイムリーを許し、リードを許していました。


結果は、大量点を奪われて2対11の大敗となり、王者・横浜の前に惨敗で14年ぶりの優勝を果たせませんでした


秋季大会は、各チームは新人が多い編成となっていて、桐蔭も一年生は実戦の経験不足でミスが目立ち期待が大きく外れていましたが、関東大会までに修正して雪辱を期待しています。


試合終了後は、秋季大会の閉会式が行われ、王者・横浜と準優勝の桐蔭学園の雄姿を観ながら、両チームの関東大会の活躍と春の選抜出場を期待していました。


平塚球場を後にして、久し振りに平塚から茅ヶ崎、藤沢へとポタリングして家路に着きました【続く】

昨夜は、4万人ランナーが走るシカゴマラソンのライブ放送が行われ、テレビ観戦していました。
出場した日本選手で大迫選手や川内選手に期待して応援していました。
結果は、3度目の挑戦の大迫傑選手がトップ集団に食らいつき、日本新記録となる2時間5分50秒で初の6分切の好タイムで3位に入賞し、日本実業団連合から賞金1億円が贈られ、東京オリンピックへの期待が膨らんでいました。




(シカゴマラソン写真はテレビ画面から挿入)
コメント (2)

小学校運動会

2018年10月07日 | 地域活動
秋の運動会シーズンを迎え各地で運動会が開催されていますが、地域の小学校の運動会に招かれて元気な子ども達の活躍を見てきました。

前日まで続いた雨の心配も消えて暑さが残る運動会日和となり、朝から多くの保護者の場所取りも行われていた保護者や地域のボラテイアが見守る中で、小規模校ながら校庭には紅白に分かれて開会式が行われ、全校生の活気溢れる顔が並んでいました。


今年のスローガンは、「燃えろよ~響け 勝利の道へ 小糸のみんな 光り輝く 運動会」で生徒達の元気な顔が耀いていました。


開会式の後には、紅白の応援合戦が行われ、「赤き者達」VS「白き者達」の「平成最後の熱きガチンコの戦い」を高学年・低学年が一緒になって勝利を誓い合っていました。


開会式後のみんなで体操にも、日頃見守りや学童クラブで見慣れた児童の元気な顔が見られました。


競技が始まると、徒競走や元気な踊りでは、保護者からも我が子の元気な姿に大声援が飛び、児童の喜怒哀楽の顔も見られました。




低学年と高学年が一緒になって競う「棒回し」でも、赤・白のチームワークを競い合い歓びを分かち合っていたようです。


練習に取り組んできたヨイサー踊りでは、グランド一杯に拡がって勇壮な姿を披露してくれました。


恒例の騎馬戦や紅白玉入れ、保護者の綱引きなど、大変な盛り上がりとなっていました。




「紅白対校リレー」では、毎朝の登校時にリレーの選手になったと喜んでいた子も激走を見せており、全校生が手に汗握る熱戦でした。
我が子の力走に感激していた保護者からも感動の言葉が聞かれていました。


素晴らしい秋空の下で、繰り広げられた運動会でしたが、皆が力を合わせて目標に向かっていく努力は、勝敗の結果ではなくその過程が次へのステップに繋がるものと大いに称賛したいですね。

日頃は、地域の小学校をベースに地域スポーツの普及・振興を図っていますが、この日は子ども達の運動会を通じて学校関係者や保護者、地域が一体となって子ども達の元気溢れる活躍を見守る意義ある一日となりました。

コメント