ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

カラカネトンボ 2017<6月>

2017-06-30 | エゾトンボ科

<6.23>

5年振りの産卵個体

沼で探雌飛翔するカラカネトンボの個体数は、この3年間で最高。オオトラフトンボにも攻撃を仕掛けていました。
ホバリング時間が微妙で、ピントが合った瞬間に移動、毎度ストレスが大ですが、個体数が多い分、撮影チャンスはまずまず。

♀は死角になった所に来るようで、交尾態は目撃しましたが、いつもの待機場所では今年も産卵は見られませんでした。
ところが、意外な場所で、5年振りに産卵個体に出会いました。

♂ 飛翔




光線状態がよいのはこの角度のみで、同じパターンばかり。





気分転換で沼の周りを巡っている時、目の前に産卵個体が現われました。♂を見ることのない一角で、予期せぬ場所でした。
やっと出会った産卵、激しく動き回る個体を必死で追いますが、結末は、暗い草叢に入り込まれてあっけなく見失いました。

♀ 産卵



2017.6.23 福島県

コメント

オオトラフトンボ 2017<6月>

2017-06-29 | エゾトンボ科

<6.23>

三度目の正直

今季のオオトラフトンボ、6月になってから新規開拓で山梨、長野に行ってみましたが、空振り。長野に至っては1頭も見ずでした。
この時期、新潟か福島か、あるいは止めにするかと迷いながら、やはりもう一仕事。天気予報を見つつ福島に出かけました。

例年行く沼は、昨年より植生が良好、オオトラフトンボが遠いながらも3頭以上飛び交い、漸く撮影できそうなムードです。
無論、産卵個体が狙いですが、当所では2年連続で見ているものの、1日1回で運次第。快晴で最高気温は25℃でした。

10時41分、何処から来たのか♀が近くの岸辺に止まりました。これから卵塊造りが始まるに違いありません。
久々に訪れた絶好のチャンス、慎重に近寄りました。それにしても撮り難い場所です。

♀ 静止


卵塊を造る前


約30秒後、卵塊を造り始める


約50秒経過


約2分30秒経過




着地して約7分経過、卵塊も大きくなり、いよいよ産卵に飛立つ頃です。息を飲んでその瞬間を待ちます。
ゆるゆる飛ぶ想定が、かなりのスピ―ドで飛立ち、遠く沼の中央に。戻ってきたものの、ピントが合わず産卵撮影は失敗でした。

飛立つ寸前


次の個体を待ちますが、そう簡単に来るはずはなく、15時過ぎ、漸く卵塊を付た個体が樹上から現われて草陰に入りました。
出て来るのを待ちますが、近くを飛んでいた♂が襲いかかり、卵塊を付けたまま沼の奥に逃げてしまいました。
不意打ちを食らい、シャッターを切る間もありませんでした。

探雌する♂です。当所では、これまで目視すら難しい遠い所ばかりを飛びましたが、この日は撮影可能な所。それでも遠い。

♂ 飛翔









2017.6.23 福島県

コメント

アオヤンマ 2017<6月③>

2017-06-25 | アオヤンマ

<6.22>

交尾終了まで

3日前と同様、梅雨の晴れ間となったのでアオヤンマの池の様子見です。この日は交尾態の目撃が4回あり、久々に活況でした。
そろそろ被らずに、すっきり交尾態を撮影したいもの。11時半頃、どこから飛んで来たのか、近くの葦原に交尾態が止まりました。
慎重に近づいて落着くのを待ちます。今度こそは交尾終了まで撮影できそうです。最高気温は28℃。

交尾態




♂が翅を閉じる動作




探雌していた♂が飛びかかる シャッター速度が遅く攻撃♂の動きは止められず




♂が目掻きしても♀の動きはなく、未だ飛ばない様子


交尾を解いた後の連結態を撮影しないと気が済まないので、待ち構えます。交尾時間はやや長く約52分でした。
待ちに待って、交尾を解いてから飛立つまでは約30秒。狙った位置から撮れたので満足です。

連結態 交尾後




♂ 静止

2017.6.22 東京都

コメント

コシアキトンボ 2017<6月>

2017-06-24 | トンボ科

<6.20>

次々に産卵

ウチワヤンマの交尾態を待っていた近辺では、コシアキトンボの羽化殻が多数見られ、次々に産卵個体が飛来しました。
なかなか撮影できない交尾態を撮るチャンス。産卵個体と交尾する♂がいるのでその気になりましたが、見事に失敗でした。
コシアキトンボは、交尾撮影で最難関のトンボです。

♀ 産卵




ここは格好の産卵スポットのようで、頻繁に産卵個体がやってきました。無視するわけにもいかず撮影。















♂ 飛翔 縄張り争い



2017.6.20 東京都

コメント

コフキトンボ 2017<6月>

2017-06-23 | トンボ科

<6.20>

少ないオビトンボ

ウチワヤンマの池、午前中にコフキトンボの交尾態が続々と現われて飛回りましたが、何故か♀は♂型ばかり。
時間をかけて観察していませんが、昨年目立っていたオビトンボ型の♀は殆ど見ませんでした。

交尾態






右の♂が交尾態を襲う


♀はオビトンボ型 通過したのみ


交尾を解いた瞬間


♀ 産卵





2017.6.20 東京都

コメント