ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

ルリボシヤンマの回想<後編>

2014-02-26 | ルリボシヤンマ

<2012>

12年は、9月の初日、遠征した信州の湿原でルリボシヤンマに出会いました。
ホバリングしていましたが、オオルリボシヤンマが本命なので、じっくり撮りませんでした。

♂ 飛翔



2012.9.1 大町市

翌週、秩父方面に出かけました。昨年ルリボシヤンマが産卵に来た辺りを探索すると、首尾よく産卵個体が現われました。
時期も早く新鮮な個体でしたが、相当敏感で即飛ばれました。

♀ 産卵

2012.9.7 埼玉県

9月中旬、例年行っている埼玉の湿地に出かけましたが、ルリボシヤンマは全く姿を見せませんでした。
気温が30℃まで上昇、日の選択と時間帯を誤ったようでもあります。それにしても、ここ3年出が悪すぎます。

翌々日、他を探索することにして、一か八か都内の山を登ってみると、小さな池でルリボシヤンマが縄張り争いをしていました。
雨が降ったり止んだりの生憎の天候でしたが、久し振りにホバリングが撮影できました。
2週間後、再び様子を見に行きましたが、姿がありませんでした。関東で出会うのは出かける日次第です。

♂ 飛翔




(・・・秋海棠咲く池)










(・・・別個体)

2012.9.17 東京都

コメント

ルリボシヤンマの回想<前編>

2014-02-20 | ルリボシヤンマ

2012年までの回想です。

ルリボシヤンマは、トンボを撮り始めた07年に上高地で出会っていますが、飛回っていて撮影できませんでした。
いずれ北の方に行けば撮れると気長に構えていたところ埼玉の生息地を知るに至り、09年に出かけて撮影しました。
行った日がまさに当たり日で、多数の♂がホバリングを展開、その後見ることがない光景に遭遇しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<2009>

09年9月下旬、ルリボシヤンマの撮影に埼玉の湿地に初めて出かけました。
午前中は気配がなく、正午過ぎに遠くを飛ぶ姿が視界に入ったので、近くの水溜りでしばらく待機することにしました。

首尾よく♂が飛来、すぐにホバリングが始まり、ほぼ同時に、辺りの水溜りでも2、3頭のホバリングが見られました。
♂が飛来した地点を慌しく移動して、殆ど待ち時間なしで撮影。帰り道、産卵にも出会い、初回にして十分な成果がありました。

♂ 飛翔








♀ 産卵



2009.9.23 飯能市


10年9月下旬、前年同様の成果を期待して、同じ所に出かけました。
ところが、夏の渇水の影響で水溜りが干上がっていました。ルリボシヤンマは1頭も確認できませんでした。


<2011>

11年は、前年撮れていない分を挽回すべく、9月中旬から下旬にかけて3回出かけました。
毎回2、3頭の♂は見かけるものの、ホバリングが殆ど見られず、大半を待ち時間に費やす結果に終わりました。

9月下旬の2回目は、雨が2日連続した後の好条件で、度々産卵個体が現われました。
しかし、撮影する前に悉く♂に捕えられてしまい、♂も不在がちになるのでどうしようもない悪循環に陥りました。

♂ 飛翔

2011.9.17 飯能市

♂ 飛翔 探雌行動



2011.9.23 飯能市


2011.9.25 飯能市

10月中旬、秩父のカトリヤンマの撮影に出かけ、産卵個体を探していると、現われたのはルリボシヤンマの♀でした。
近くの池で産卵始めましたが、すぐ移動して草叢に潜り込まれました。翅の音を頼りに探すと、草陰から一瞬姿を見せました。

♀ 産卵







2011.10.16 埼玉県

10月下旬、2週間後に再び秩父のカトリヤンマの撮影に行くと、またもやルリボシヤンマが産卵していました。
老熟した♀が、遮る草もない開けた場所で、日射しを浴びて悠々と産卵。近寄っても逃げる気配がありませんでした。

♀ 産卵







2011.10.29 埼玉県

コメント

ミルンヤンマの回想

2014-02-14 | ミルンヤンマ

2012年までの回想です。

ミルンヤンマは、トンボを撮り始めるまで知見がなかったように記憶しています。
鎌倉の谷ではコシボソヤンマと混生していますが、見かけるのは稀で、撮影の機会も限られます。
とくに、産卵は狙って撮れるものでなく、突然の遭遇に任せるしかないとの印象です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<2009>

コシボソヤンマの産卵を目的に、鎌倉の谷を初めて訪れた時、最初に出会ったのは産卵中のミルンヤンマでした。
何がいるのか分からないうちに逃げられましたが、上流に進むと再び産卵個体が現われて、何とか撮影できました。

♀ 産卵(・・・初撮り)

2009.9.5 鎌倉市

午後、自然公園に立寄ると、そこでもミルンヤンマが見られました。丁度産卵を終えた♀が小川から飛出し林縁に止まりました。
撮影中、近くにもう1頭、若い♀が休止しているのに気付きました。一時、♂が探雌に飛来しましたが、撮れませんでした。

♀ 静止


(・・・別個体)

2009.9.5 鎌倉市

翌週の9月中旬、再び鎌倉の谷の様子を見に行きました。この日も、前回最初に見た辺りに産卵個体がいました。
かなり敏感ですぐに逃げられましたが、今にして思えば、2回連続して産卵に出会うのは滅多にない出来事です。

♀ 産卵

2009.9.13 鎌倉市

初撮り以来♀ばかりの撮影で、シーズン中に何とか♂を撮りたくて探索を続けていました。
9月中旬と10月中旬、いずれも高い樹上でしたが、鎌倉市内の2ヵ所で♂の静止を無事撮影しました。

♂ 静止





2009.9.19 鎌倉市


2009.10.18 鎌倉市


<2010>

10年は、じっくりミルンヤンマの産卵を撮るつもりでいましたが、鎌倉での目撃は9月上旬の一度のみ、すぐ逃げられました。

♀ 産卵

2010.9.5 鎌倉市

9月下旬、ルリボシヤンマの撮影に埼玉に出かけた折、産卵個体に遭遇しました。ここでも、あっという間に逃げられました。

♀ 産卵


♀ 静止

2010.9.20 埼玉県


<2011>

11年の鎌倉の谷は、ミルンヤンマどころかコシボソヤンマもさっぱりでした。
9月下旬、埼玉のルリボシヤンマの撮影に行き、ミルンヤンマに出会いましたが、年々個体数が減ってきているようです。

♂ 静止(・・・珍しく湿地の葦に止まる)


♀ 静止 捕食

2011.9.23 埼玉県


12年は、鎌倉の谷のコシボソヤンマは戻ったものの、ミルンヤンマは2年連続で見られませんでした。
最初に出会った年の盛況ぶりはどうなってしまったのか。

コメント

コシボソヤンマの回想<後編>

2014-02-06 | コシボソヤンマ

<2012>

例年、コシボソヤンマは主に横浜市の円海山周辺部と鎌倉市の谷の2ヵ所で撮っています。
12年は、前年激減した鎌倉の谷も順調で、2年ぶりに産卵に出会いました。どちらも個体数が多く、何度も静止を撮影しました。

以下は12年のコシボソヤンマの記録です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1回目(8.4)

シーズン初日、まずは横浜。曇、最高気温31℃。暗くなり、早くも14時半頃から縄張り飛翔する♂が見られた。
しばらくして土砂降りの雷雨、ずぶ濡れで1時間程足止め。小降りになり多数のオオシオカラトンボが出て交尾後、道の水溜りで産卵。

小川の濁流が治まると♂が一斉に飛来、いつもながらの数メートル範囲での縄張り行動が始まった。いつになくバトルが多い。
バトルの後、一方が休止するパターンがよく見られ、川沿いの奥まった躑躅に休止した個体を発見。珍しく枝葉が被らない位置にいた。

♂ 静止







2012.8.4 横浜市

2回目(8.12)

翌週は産卵狙いで鎌倉の谷。曇、最高気温32℃。1時間程探索し10時半頃に産卵個体を発見した。
川に入り接近すると産卵を止め、真上の笹に休止。数分後、大粒の雨が降り出し、何処へか消えた。

♀ 産卵








♀ 静止 産卵休止




雨が降ったり止んだりで一旦引き返し、午後の様子を見に出直したが、産卵個体は現われず。15時頃から多数の♂が飛び回った。

♂  飛翔

2012.8.12 鎌倉市

3回目(8.19)

1週間後、再び鎌倉の谷。晴、最高気温33℃。コシボソヤンマは1頭も見られず。

4回目(8.25)

次の週も鎌倉。晴、最高気温34℃。8月下旬も暑い日が続く。
11時頃、目を付けていた朽木に産卵個体が飛来したが、すぐに一時避難。産卵を再開したので接近すると、再び中断。
もう一度機会があったが、安易な動きをして、今度はさすがに逃げられた。産卵集中まで敏感であることを、余りの暑さで失念していた。

♀ 静止 産卵休止






♀ 産卵


(・・・2回目の産卵休止)

2012.8.25 鎌倉市

5回目(8.26)

晴、最高気温34℃。翌日も似たような天候で、同じ時間帯に待機して挽回を図る。しかし、いくら待っても♀は現われず。
午後になって探雌の♂が飛来して林縁に入ったのを目撃。止まっていた個体を見つけて撮影し、産卵は断念。

♂ 静止




(・・・移動して)

2012.8.26  鎌倉市

縄張り飛翔が始まる頃合をみて横浜に移動。

3週間前より個体数が増え、♂同士のバトルが頻発。やはりバトル後にいずれか一方が川沿いに止まるパターンが多い。
入組んだ場所を好み、よく笹に休止するが、止まる辺りを見ていても探し辛い。
♀は数回現われたが、行方を追ううちに♂に捕まる繰返し。交尾態はいずれも高い梢に消えた。この日が生殖活動のピークと目される。

♂ 飛翔


♂ 静止





2012.8.26 横浜市

6回目(9.8)

曇時々晴、最高気温32℃。午前中、鎌倉の様子を見に行ったが、探雌する1♂が飛来したのみ。
終盤に近く、この日でコシボソヤンマの観察を終了とした。

コメント

コシボソヤンマの回想<前編>

2014-02-01 | コシボソヤンマ

2012年までの回想です。

コシボソヤンマは、その特異な体型から珍種との印象が強く、簡単には見られないものと思い込んでいました。
ところが、09年、偶然の出会いから始まり、神奈川で安定的な生息地を見つけました。以来、毎年撮影しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<2009> 

09年8月、その頃よく行っていた横浜の自然公園で、小川の朽木に産卵するヤンマを見つけました。
慌てて撮った画像を見ると、ピンボケのコシボソヤンマが写っていたので驚きました。
翌日行くと♂2、3頭が見られ、その後何度か通いましたが、同所の個体数は少なく、まともに撮影できませんでした。 

横浜での生息を確認したので、9月上旬、一帯の山に近い地域を探索してみました。
最初に訪れた谷が大当たりで、いきなりミルンヤンマの産卵、しばらくしてコシボソヤンマの産卵に遭遇しました。 
コシボソヤンマを撮影中、♂に捕えられたので移動すると、数10m先でも産卵が見られました。

これまでで最高の一日でしたが、舞い上がってしっかり撮れず、経験不足を露呈しました。

♀ 産卵




♀ 静止 産卵休止


♀ 静止(・・・別個体)


♀ 産卵

2009.9.5 鎌倉市


<2010> 

10年8月下旬、満を持して、昨年見つけた鎌倉の谷にコシボソヤンマの撮影に出かけました。

探索するまでもなく、谷の入口で産卵中の個体を見つけました。驚かせてしまい樹上に退避した♀を撮って、産卵再開を待ちます。
やがて降りてきて、1時間以上に亘り産卵が続きました。複眼がグリーンの美しい個体でした。
撮り飽きるほど撮っていると、もう1頭が飛来して、同じ場所で産卵を始めました。

♀ 静止


(・・・始動開始)


♀ 産卵












♀ 産卵(・・・別個体)



2010.8.22 鎌倉市

産卵を堪能して、以前から気になっていた別の沢に向かいました。夕方になると多数の♂が水面近くを飛び始めました。

♂ 飛翔

2010.8.22 横浜市

9月上旬、少し余裕ができたので他地域の小川に行きましたが、個体数は多くはありませんでした。
漸く♂の静止を撮りましたが、葉隠れ。大抵このパターンで休止するので、すっきり撮れません。

♂ 静止

2010.9.4 愛川町


<2011>

11年は、鎌倉のコシボソヤンマが激減、殆ど見かけず、産卵にも出会えませんでした。横浜の沢の個体は、例年どおりでした。

8月初旬の横浜の沢で、暑い日の夕方、縄張りの♂が産卵個体を捕え、交尾態が樹上高く着地するのを見届けました。
一苦労する高さでしたが、やっと交尾態を撮影。1時間を超えて交尾が続いていましたが、日没まで苦戦して帰還しました。

交尾態



2011.8.7 横浜市

♂の縄張り飛翔は、いつもながらの光景。この時期は数mの範囲で水面すれすれを行ったり来たり。

♂ 飛翔

2011.8.6 横浜市 


2011・8・7 横浜市

コメント