ヤンマ探索記

トンボの観察記録です。

タイトルはヤンマですが、トンボなら何でも撮ります。
勿論、ヤンマが優先です。

アオヤンマ 2016<6月②>

2016-06-30 | アオヤンマ

<6.25>

6月のアオヤンマ

例年アオヤンマを観察している池の環境が変わり、交尾態を見る機会がかなり減りました。
葦原の外に出てくる個体の確率は以前の半分以下、さらに偶然性の高い産卵には遭遇できていません。
6月初旬から単体も殆ど撮影できず大不振。個体数自体も減っているようです。

この日は、久々の青空が見られた雨上がりの午後で絶好の天候でしたが、やはり不発でした。
最高気温は29℃になり、やや上がり過ぎたのかもしれません。

葦原の奥で産卵を終えた個体が池端の木に一時休止。しばらくして高い梢に飛びました。
産卵は順調に進行中のようですが、撮影可能な所に出てくるかどうかが問題です。

♀ 静止

2016.6.25 東京都


6月中旬、他県のアオヤンマの様子を見てきました。
前夜からの雨が早朝に止んで現地は晴れ上がり気温がどんどん上昇、最高気温30℃に達しました。

♀が繁みに入るのを目撃、産卵を期待して待機しましたが、そうそう狙いどおりに事は運びません。
盛んに探雌行動する個体が現われて、草叢の中から交尾態で飛び出しました。

枝の影を避けるべく距離を詰めた途端に飛ばれ、これまで。

交尾態


♂ 静止

2016.6.17 埼玉県

コメント

アマゴイルリトンボ 2016<6月>

2016-06-29 | モノサシトンボ科

<6.18>

交尾態

この日はアマゴイルリトンボが目的ではないので森の中を一周した程度ですが、運よく交尾態が撮影できました。
連結産卵は探す時間がなく、見つけていません。

雲がかかり強風が吹いていた朝のうちは、♀は集まっていても成熟♂が殆ど姿を見せませんでした。
漸く晴れ間が出ると♂の動きが漸く活発になってきました。とはいっても、そう簡単には交尾に至りません。

静止の♂に突っかかる♂


やっと飛翔する連結態を見つけましたが、交尾寸前に他の♂に干渉されて草叢に逃げられました。

連結態


断念していたところ、産卵場所のすぐ上にいる交尾態を発見しました。

交尾態


少々移動してよい位置に着地。撮影中も日が射したり陰ったりでした。





交尾を解いて連結産卵に向かいますが、撮影困難な場所に潜り込まれました。

連結態


♂ 静止




♀ 静止



2016.6.18 福島県

コメント

カラカネトンボ 2016<6月>

2016-06-27 | エゾトンボ科

<6.18>

産卵見られず

約1週間前、カラカネトンボを目的に中越に出かけましたが、1頭も見られずに帰ってきました。
こうなると、シーズン中に他の生息地に行き、何としても撮影しておきたくなります。
梅雨時の天候待ちのこの日、関東地方も広く晴れましたが、カラカネトンボを優先して会津に向かいました。

10時頃到着すると、現地は予報に反して黒い雲が次々に通り強風が吹く厳しい状況でした。
それでも、当地ではカラカネトンボが飛んでいたので一安心。日が射すと多数の♂が水面に出てきました。
皮肉なことに、今度は♂が多いので争いが激しく、じっくり撮ることができません。

狙いは産卵でしたが、6時間程いて守備範囲では一度も見られずに終わりました。
連結態が木立に消えるのは2回目撃しています。おそらく産卵に来た個体が直ちに捕らえられたものと思われます。
高原の気温は低く最高24℃位でした。

♂ 飛翔











2016.6.18 福島県


昨年は時期がやや遅いこともあり見られず、2年連続の空振りです。同所で♀の撮影ができたは4年前に遡ります。

夕方近くやっと産卵個体が飛来しましたが、水面際を低空飛行し草陰に消えて見失いました。

♀ 産卵


発見した時は、もがいて水没寸前の状態。植物に後肢か絡んだようですが、よく分かりません。









救出後です



2012.6.18 福島県

コメント

ハッチョウトンボ 2016<6月>

2016-06-24 | トンボ科

<6.15>

素早い

グンバイトンボの交尾態を探しているうち、正午直前に晴れ渡りました。ハッチョウトンボの生殖活動が見られそうです。
急いで湿地に向かうと、すでに産卵中。日が陰った12時15分に終了したので撮影時間は約15分でした。少々出遅れたか。

目が慣れるまで♀は見逃しがちですが、2、3頭しかいないようでした。多数いる♂に次々に交尾されています。
交尾はすぐ止まるものの数秒間で終わり、産卵も数秒間で休止。相変わらず何とも素早い動きです。

交尾態










短時間で何度か交尾態が撮れたものの、突然始まる産卵には翻弄され続けました。好んで産卵していた場所です。

♀ 産卵




見つけてピントを合わせるうちに大概は草の陰に入ってしまいます。











警護の♂と産卵個体です。産卵を休止すると、♂は近くに止まります。





♀ 産卵休止


最後までいた産卵個体が湿地を離れて近くの草叢に着地しました。♂が追うことはありません。

♀ 静止 産卵後


昼下がり14時半の湿地の様子です。♂は定位置にいますが、この時間に♀が産卵に来るのを見たことがありません。
♀は隣接する湿地の草叢で見られました。

♂ 静止






♀ 静止

2016.6.15 岐阜県

コメント

グンバイトンボ 2016<6月②>

2016-06-22 | モノサシトンボ科

<6.15 >続編

少ない産卵個体(午後の部)

待機したポイントで、午前中のグンバイトンボの連結産卵はゼロ。午後に期待していたものの、1例のみに終わりました。
昨年は、正午前後をピークに14時過ぎまで多数の連結産卵を見ています。小川の淀みに環境変化はなく不可解です。

一方、午前の様子から半ば断念していた交尾態は、妙な展開から撮影することができました。

12時半、漸く連結態が飛来して産卵を開始。5分程で産卵を止めて水辺のツルヨシに止まりました。

連結産卵


静止した連結態


しばらく見ていると、交尾を始める様子。移精行動は見られず、何度も失敗しながら約3分かけて交尾態になりました。



交尾失敗


再度試みる


交尾態




交尾は約30分間に及びました。その後、連結産卵を再開です。

連結産卵




産卵移動


連結産卵


連結産卵は約1時間続き、産み足りないのか単独産卵を始めます。一時休止しながら30分以上続きました。

♀ 単独産卵










近くに止まる警護の♂が様子を窺って飛ぶと、交尾拒否の姿勢を見せる


最後まで他の産卵個体の飛来はなく、この個体を逃していたら産卵の撮影機会がありませんでした。
別の場所で見た連結産卵も2個体のみ。機が熟していないのか、この日の条件が悪いのか分かりません。

交尾態はもう1例撮影しています。14時前、草叢から出てきた♀を縄張りの♂が連結しました。
移精したところで別の♂が干渉して見逃しましたが、丹念に探すと近くで交尾態になって止まっていました。

交尾態




強い風が吹いて近くに移動。




2016.6.15 岐阜県

コメント